一木努の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 建築の忘れがたみ—一木努コレクション | 感想・口コミ【JUGEM レビュー】

    建築の忘れがたみ―一木努コレクション Tweet mixiチェック 商品カテゴリー: − Amazonランキング: 1159924位 定価: ¥ 1,050 ユーズド価格: ¥ 2,400 ISBN/ASIN:B000J6O6FU(Inax東京ショールーム) 送料無料! 15ポイント が貯まるカラメル BOOKSで、「 建築の忘れがたみ―一木努コレクション (1985年) (Inax booklet〈vol.5 no.4〉) 」を探す! >>詳細ページへ JUGEMユーザーのレビュー・感想 この商品を紹介しているユーザーはまだいません。 » 「建築の忘れがたみ―一木努コレクション 」についてもっと詳しくみる ブクログユーザーのレビュー・感想 » ブクログユーザーの「建築の忘れがたみ―一木努コレクション 」のレビューを見る アマゾンユーザーのレビュー・...
    引用元: 建築の忘れがたみ—一木努コレクション | 感想・口コミ【JUGEM レビュー】

  • 建物のカケラ 〜一木努コレクション〜展 - Frog's Blog ...

    建物のカケラ 〜一木努コレクション〜展 かえる ( 2009年1月 7日 20:48 ) | コメント(0) | トラックバック(0) 江戸東京たてもの園 で1/4〜3/1。 イカルの群れ見物にわざわざお出かけしたのは、実はこの展覧会の始まるのを待ってました。 赤瀬川<ステレオ>源平さんや、藤森<タンポポ>照信先生や、南<おにぎり>伸坊さんなんかの 路上観察学会 の本がおもしろくって次々に読んでいた頃に、この人のコレクションもすごい!と、覚えた学会唯一の堅気のメンバー(!?)歯医者さんで、古い建物の解体現場に行ってはカケラを集めてくるというコレクター。 前回の展覧会はなんと23年前の1985年にINAXギャラリーだったそうですが、その時は残念ながらまだ路上観察学会に気がついてなくて、『 建築の忘れがたみ 』もずいぶんたってから古本で買ったはず。85年の段階で「20年にわたって集められた」だ...
    引用元: 建物のカケラ 〜一木努コレクション〜展 - Frog's Blog ...

  • 建築浴のおすすめ 江戸東京たてもの園で「建物のカケラ - 一木努コレクション」展

    江戸東京たてもの園で 「建物のカケラ - 一木努コレクション」展 が始まったので、行ってきた。 建物は生まれ、やがて消えゆく。約900箇所の解体現場に赴き、失われる建物の断片を救い出すこと40年の「カケラ」コレクター。一木努さんの個人コレクションをお蔵出しした展覧会だ。 まずその量に圧倒された。銀座煉瓦街の基礎レンガ、鹿鳴館の杭、帝国ホテルの装飾レンガ、吉阪隆正邸の玄関床タイルといった建築史上で著名なものから、一木さんのふるさとである旧下館市の消防署やなじみの銭湯のタイルまで、展示総数は約700点にもおよぶ。 東京主要部にあった建物のパーツは地図のように構成され、「カケラの街」になっている。見る人によって、琴線に触れる断片も違うはずである。 「建築雑誌」の編集長を藤森照信さんが務めていた2年間、毎号の表紙に一木努コレクションの写真が使われていた。撮影が増田彰久さん、表紙デザインが南伸坊さん...
    引用元: 建築浴のおすすめ 江戸東京たてもの園で「建物のカケラ - 一木努コレクション」展

  • INAX | INAXについて | 文化活動 | INAX出版 | 建築 ...

    建築の忘れがたみ 一木努コレクション 著者 一木努、陣内秀信、堀勇良 定価 1,050円(税込) A4判変型(210mm×205mm) 並製 84頁 ISBN 4-87275-515-4 1985年12月6日発行 20年間にわたって拾い集められた、膨大な解体された建物のカケラ群。それらは自ら一つの秀れた都市論となって世に衝撃と感動の渦をひきおこしたが、本書はその異色の記念碑。 煙突が消えた日から 一木努 【写真構成】 建物とカケラの間 (構成)一木努×(カケラ撮影)増田彰久 中央気象台/琉球立法院/最高裁判所/旧内閣文庫/米国大使館/旧巣鴨プリズン/旧大森町役場/中野刑務所/福岡市庁舎/京橋通郵便局/愛宕警察署/東京都美術館/警視庁/日本万博博覧会・日本館/旧水交社/明治大学八号館/岸記念体育会館/如水会館/旧信愛会館/鹿鳴館/建築会館/新橋会館/飛行館/日本青年館/東劇/俳優座劇場/新橋...
    引用元: INAX | INAXについて | 文化活動 | INAX出版 | 建築 ...

  • Good Design Award

    プロデューサー 下館・時の会 会長 一木努 ディレクター 吉田周一郎建築設計 デザイナー 吉田周一郎、高木次郎(構造設計協力) デザイナーのコメント 床面積わずか2.6坪のトイレは、街の持つ歴史や多くの関係者の方々の協力によって実現できた。時の蔵や周辺の街並みと共にさらなる時間を刻み、いつしか風景の一部となって静かに佇み続けることを願っている。 どのような使用者・利用者を想定したか 隣接する「時の蔵」で展覧会などが催されるときに、訪れた人や近隣や通りがかりの誰もが利用できるトイレ。また身体の不自由な方、お年寄り、子供が無理なく使えること。 その使用者・利用者にどのような価値を実現したか トイレブースで一人になって過ごす静かなひと時に、上空からやわらかく降りてくる光と、蔵の石壁の切り取られた風景に囲まれることで、わずかな時間であろうとも豊かな気持ちになれること。 社会・文化および地球環境の視...
    引用元: Good Design Award

  • INAX | INAXについて | 文化活動 | INAX出版 | 林 ...

    林丈二的考現学 屁と富士山 著者 一木努、松田哲夫、林節子 定価 1,575円(税込) A4判変型(210mm×205mm) 並製 72頁 ISBN 978-4-87275-813-9 2000年 9月15日発行 路上観察学会でも特異な存在として知られていた林丈二。「じぶん考現学」ともいえる数々の仰天記録とコレクションに、仲間の赤瀬川原平・藤森照信・南伸坊もあらためて驚嘆。 座談会 純度100%の子ども? いや宇宙人? それとも神様? 赤瀬川原平+藤森照信+南伸坊 図版構成 林丈二のタイムカプセル 切符のパンチ屑 プラットホームの白い線 アイスキャンディーの当たりクジ きつねうどん・そばの油揚げ 英字ビスケット パチンコ玉の模様 理想的なコーヒーサービスを求めて 路上探偵事務所 化粧石 狛犬の尾 水々流転 植物・自転車 フェイス・ハンティング 石文 ミニ鳥居 一日で五県を歩く 面白地名散歩...
    引用元: INAX | INAXについて | 文化活動 | INAX出版 | 林 ...

  • 建物のカケラ 一木努コレクション:artscapeレビュー/プレビュー ...

    歯科医・一木努のコレクション展。といっても、ここで展示されていたのは美術作品ではなく、建物のカケラ。900箇所にも及ぶ建物の解体現場に40年ものあいだ通い詰め、その断片を収集してきた個人コレクションのなかから、およそ700点あまりのカケラを一挙に公開した。東京都(府)美術館の階段の手すりから、美空ひばり邸の門扉、山口百恵が通っていたという銭湯のタイル(!)まで、じつにおびただしい。ひとつひとつ丁寧に見ていくと、建物のカケラといえども、形態からテクスチュア、ボリューム、模様、色合いなど、その構成要素は複雑多様で、絵画や彫刻にも勝る豊かな物質であることがわかる。それらが歴史的な時間性を感じさせることはいうまでもないが、都心部の建物のカケラを同心円状に配置することで、その空間的な広がりも想像させるなど、展示の仕方もたいへん優れていた。図録も無料で配布するなど、腹が太い。
    引用元: 建物のカケラ 一木努コレクション:artscapeレビュー/プレビュー ...

  • 2000年1月 - みっちょるん@Tokyo 彡

    建物のカケラ 一木努コレクション 2000-01-05 19:10:14 | ・アート・展覧会 ★ 江戸東京たてもの園開園15周年記念 昨年春から始まった特別展日本の建物もいよい最終第四部となりました。有終の美を飾るのは`建物のカケラ、一木努コレクション`です。700点近くにもおよぶ壊された建物のカケラが目の前に現れる、私はトキメキを感じて胸の高鳴りを押さえられず、初日にさっそく出かけました。思い描いていた以上にそれはとてもステキな展覧会でした。会場に着いてすぐ意表を突かれたのは、これまでとは違って会場の展示室の出入り口が反対になっていたことです。その理由はすぐわかりました。選択の結果、展示空間の構成はよかったです。 ★展示構成 1.始まりのカケラ 2.場のカケラ〜TOKYOカケラの街〜 3.時のカケラ 4.カケラの園 5.カケラの壺〜コレクター、建築史家キュレーターによるベスト・セ...
    引用元: 2000年1月 - みっちょるん@Tokyo 彡

  • 【Memo】一木努コレクション - 演算記録

    路上観察学会 で一木努さんともなじみの深い、 建築 探偵にして 東京大学 生産技術研究所教授である 藤森照信 さんが、日本 建築学 会誌「 建築 雑誌」の編集主幹を行っていた時期、その表紙は一木努コレクションのほぼ原寸大の写真を掲載していました。本展の壁の一面を使用し、各号の表紙とその実物を対比展示していました。
    引用元: 【Memo】一木努コレクション - 演算記録

  • Tokyo Art Navigation

    江戸東京たてもの園開園15周年記念 特別展 日本の建物 第四部 建物のカケラ 〜一木努コレクション〜 大きな建物が遺した小さなカケラたち 建物は、時が経てば解体される運命にあります。本展で紹介する大小数百点に及ぶ建物のカケラは、現役の歯科医師である一木努(いちきつとむ)氏が収集した個人コレクションの一部です。一木氏は、約900ヶ所もの解体現場に足繁く通い、解体されゆく建物のカケラを約40年間にわたり収集されてきました。そのコレクションは、三菱1号館、鹿鳴館、帝国ホテル、巣鴨プリズン、浅間山荘、美空ひばり邸など、有名建築家の作品や時代を物語る建物のカケラの宝庫です。今回は、一片のカケラに凝縮された建物の質感を多くの方に実感していただくため、貴重な資料の一部に触れることができます。建築に対する専門的な興味だけでなく、オブジェとしてカケラを鑑賞する美術的な興味など、大きな...
    引用元: Tokyo Art Navigation

  • 赤瀬川原平 藤森照信 林丈二 一木努『京都おもしろウォッチング』|新潮社

    赤瀬川原平 / 著 藤森照信 / 著 林丈二 / 著 一木努 / 著 他 錦小路の珍鳥居、御所にある謎の細道、奇妙な形の犬矢来や縁石、表情豊かな狛犬、抱腹絶倒の看板など、路上観察の権威たちが案内するもう一つの京都。 発行形態 : 書籍 シリーズ : とんぼの本 判型 : A5判 ISBN : 978-4-10-601962-3 C-CODE : 0326 ジャンル : 旅行 旅行 発売日 : 1988/09/28 芸術新潮 から生まれた本 1,575 円(定価) 赤瀬川原平 / 著 アカセガワ・ゲンペイ 1937(昭和12)年横浜生れ。画家。作家。1960年代に「ハイレッド・センター」を結成...
    引用元: 赤瀬川原平 藤森照信 林丈二 一木努『京都おもしろウォッチング』|新潮社

  • お茶の水から荻窪へ。江戸東京たてもの園で「建物のカケラ」展。 - 日用 帳

    と、 野口冨士男 に導かれるようにして、やってきた「建物のカケラ」展は期待以上の充実度で、丁寧に設計された展示会場がたいへん好ましかった。まずは、入口から展示室までの壁面に「一木努物語」と題して、昭和24年生れの一木努氏の人生とともに建物のカケラが紹介されている。1968年に大学受験を機に上京して、大学卒業後の10年間通ったという銭湯のタイルがわが自宅と同じ町内の銭湯なので、びっくりだった。そう今は町内に銭湯はないのだったが、いったいどのあたりにあったのだろうと思いを馳せて、たのしい。というふうに、いろいろと思いを馳せつつ、フムフムと一木氏の歩みとともに展示室に足を踏み入れるというのが、展覧会の絶好の導入となった。
    引用元: お茶の水から荻窪へ。江戸東京たてもの園で「建物のカケラ」展。 - 日用 帳

  • 特別展 "建物のカケラ 一木努コレクション" @ 江戸東京たてもの園 ...

    特別展 ”建物のカケラ 一木努コレクション” @ 江戸東京たてもの園 展示室(小金井市) [編集] 「 建築 の忘れがたみ」展(INAX ギャラリー )から23年、一木努さんの所蔵する建物の「カケラ」が再び公開されます。大きな建物が残した小さな「カケラ」によって往時の建物や街並みに思いを馳せ、現在そしてこれからの建物や都市について再考する良い機会です。なお1月10日(土)14:30からのミュージアムトークには一木さんがゲスト出演します。~3月1日(日)まで。 2009-01-10 00:00 nice!(1) コメント(0) トラックバック(0) 共通テーマ: アート あなたは既にnice!を行っています。一定件数以上前のnice!は表示されませんのでご了承ください。 nice! 1 takagaki コメント 0 コメントを書く コメント投稿に失敗しました。 未入力の項目がありま...
    引用元: 特別展 "建物のカケラ 一木努コレクション" @ 江戸東京たてもの園 ...

  • OTTAVA soave:カケラを通して想像の世界へ

    OTTAVA soave カケラを通して想像の世界へ 小金井公園内にある江戸東京たてもの園では、 医師、一木努氏所蔵のコレクションを展示する 「建物のカケラ」展を行います。 かつてあった建物は解体され、そのカケラは 処分されたものがほとんど。一木氏は40年間、 900カ所の解体現場に足を向け、多くの建物の カケラを収集してきました。一部のカケラは 手にすることもできます。 蔵前国技館の鬼瓦、東宮御所のタイル、鹿鳴館の 松杭、美空ひばりの鉄扉の飾りなど、なかなか 目にすることができない貴重なカケラに触れて みてはいかがでしょうか。 詳しくはこちら(PC)→http://www.tatemonoen.jp/special/next.html 2008/12/27 19:00 前 | メイン | 次 コメント コメントを見る (0) コメントを投稿 名前(必須): メールアドレス(必須): UR...
    引用元: OTTAVA soave:カケラを通して想像の世界へ

  • 無聊写記 " 「建物のカケラ ~一木努コレクション~」を観て

    一木努コレクションのことは、藤森さんか赤瀬川さんの本で知っていたが、実際に拝見するのは初めて。なんと23年ぶりの展示とのこと。久々にかなり行きたいと思っていた展覧会だったのだが、実際の展示は僕の過大な期待を裏切らない大変密度の高い、小さい会場にもかかわらず様々な粋が凝らされ、楽しめる内容だった。
    引用元: 無聊写記 " 「建物のカケラ ~一木努コレクション~」を観て

  • 建築の忘れがたみ展 HOME at.INAXギャラリー

    ごあいさつ このコレクションは茨城県下館市に住む一人の少年の、取り壊された建物への惜別の思いからはじまりました。昔日の少年の名前は一木努。近所の、取り壊された製菓工場の煙突のかけらをきっかけとして、かれが約20年にわたって集めてきた建物のかけらを、この場で初公開することになりました。 ご覧いただいたのは、比較的ひとびとになじみのあった建物の断片、それじたいみごとな装飾たりえている部分―たとえば鹿鳴館をささえていた木杭、東京都美術館の階段の、斜めの切り口のあるバラスター(手すり子)、帝国ホテルのスクラッチ・タイル、東劇ロビーの壁画タイル、故美空ひばりさんの家の、門のフェンスを飾っていたト音記号、霊南坂教会の階段の親柱の頭飾りなど、数ある中から選りすぐった約400点。さらに建物にまつわるエピソード、新旧建物の比較の写真パネルなどです。撮影にあたっては、建築に関する写真を幅広く記録してこられた増...
    引用元: 建築の忘れがたみ展 HOME at.INAXギャラリー

  • 特定非営利活動法人日本都市計画家協会

    ● FOR BEAUTIFUL CITY LIFE 美しい街づくり賞 活動名 蔵の保存と活用を通し、文化的歴史的財産を活かしたまちづくりの実践 活動団体名 下館・時の会 代表 一木 努 活動の特徴 コミュニケーション デザイン まちおこし 水辺空間を創る 緑を生かして育てる 歴史的空間を活かす ● ● ● アートがまちをつなぐ もてなしの感じられるまち 生活感のあるみち・まち 活動概要 ■目的 地元には多くの財産がある。特に街並には昔を伝える家や蔵、坂道、階段等が残っている。こうしたものを伝えていくために、それらをおいておくだけでなく、活用すること。そして、活用することで新たな価値を市民の皆で確かめあうこと。 ■活動体制 会員数約50人。歯医者、...
    引用元: 特定非営利活動法人日本都市計画家協会

  • 江戸東京たてもの園開園15周年記念 特別展 日本の建物 第四部 建物の ...

    江戸東京たてもの園開園15周年記念 特別展 日本の建物 第四部 建物のカケラ 〜一木努コレクション〜 注目度: 0.02 0 人いいかも! 0 人保存 ログインする必要があります 0 コメント ( コメントを書く ) ケータイに情報を送る 友達にイベントを教える ブログパーツ作成 関連イベントをウォッチする イベントを編集する» コピーしてイベントを作成する» 展示会 博物館 歴史 民俗 スケジュール 2009 年 1 月 4 日 ( 日 ) ~ 3 月 1 日 ( 日 ) 終了しました 場所・住所 江戸東京たてもの園 東京都 小金井市 関野町二丁目 Webサイト http://www.tatemonoen.jp 大きな建物が遺した小さなカケラたち 建物は、時が経てば解体される運命にあります。本展で紹介する大小数百点に及...
    引用元: 江戸東京たてもの園開園15周年記念 特別展 日本の建物 第四部 建物の ...

  • OTTAVA soave: カケラを通して想像の世界へ

    小金井公園内にある江戸東京たてもの園では、 医師、一木努氏所蔵のコレクションを展示する 「建物のカケラ」展を行います。 かつてあった建物は解体され、そのカケラは 処分されたものがほとんど。一木氏は40年間、 900カ所の解体現場に足を向け、多くの建物の カケラを収集してきました。一部のカケラは 手にすることもできます。 蔵前国技館の鬼瓦、東宮御所のタイル、鹿鳴館の 松杭、美空ひばりの鉄扉の飾りなど、なかなか 目にすることができない貴重なカケラに触れて みてはいかがでしょうか。 詳しくはこちら(PC)→http://www.tatemonoen.jp/special/next.html
    引用元: OTTAVA soave: カケラを通して想像の世界へ

  • イベント情報 | 小金井市-北部 | 地域情報サイト 街コミZAQ 東京版

    建物のカケラ 〜消えた建物。遺されたカケラ。〜 一木努コレクション1月25日のNHKの朝の番組で紹介されました。大きな建物が遺した、小さなカケラたち。カケラから、思い出される無数の記憶たち...日時 2009年3月1日まで 開催中場所 江戸東京たてもの園 展示室 コメント (0) | トラックバック (0)
    引用元: イベント情報 | 小金井市-北部 | 地域情報サイト 街コミZAQ 東京版

  • 無聊写記: 検索結果

    タグ「一木努」が付けられているもの February 17, 2009 「建物のカケラ ~一木努コレクション~」を観て 東京都立小金井公園内にある 江戸東京たてもの園 にて、3月1日(日)まで。一木努コレクションのことは、藤森さんか赤瀬川さんの本で知っていたが、実際に拝見するのは初めて。なんと23年ぶりの展示とのこと。久々にかなり行きたいと思っていた展覧会だったのだが、実際の展示は僕の過大な期待を裏切らない大変密度の高い、小さい会場にもかかわらず様々な粋が凝らされ、楽しめる内容だった。 一木コレクションとは、主に大正~昭和20年代に建てられた建物が、高度成長期からバブル経済期を経て現在までに取り壊された近代名建築の残骸の一部(石、レンガ、タイル、モルタルの破片、金物、手すり、建具など)を独自の審美眼で採取・保存したものである。収集物はあくまでも「カケラ」であって再利用可能なものは極めて少な...
    引用元: 無聊写記: 検索結果

  • 時の蔵企画展「波山と茨城工芸会」に行ってきました! - 筑西歳時記 ...

    一時は解体されそうになった蔵ですが、今回の展覧会「波山と茨城工芸会」の主催者でもある市民グループ「下館・時の会」(会長・ 一木努さん )の手より、保存活用されています。
    引用元: 時の蔵企画展「波山と茨城工芸会」に行ってきました! - 筑西歳時記 ...

  • 建物のカケラ(江戸東京たてもの園) | イベント情報 | 小金井市-北部 ...

    建物のカケラ 〜消えた建物。遺されたカケラ。〜 一木努コレクション 1月25日のNHKの朝の番組で紹介されました。 大きな建物が遺した、小さなカケラたち。 カケラから、思い出される無数の記憶たち... 日時 2009年3月1日まで 開催中 場所 江戸東京たてもの園 展示室
    引用元: 建物のカケラ(江戸東京たてもの園) | イベント情報 | 小金井市-北部 ...

  • 芸術新潮から生まれた本|芸術新潮|新潮社

    芸術新潮から生まれた本 京都おもしろウォッチング 赤瀬川原平、藤森照信、林丈二、一木努、他 浮世絵の極み 春画 林美一 仏像の見分け方 西村公朝、小川光三 日本のたくみ 白洲正子 唐九郎のやきもの教室 加藤唐九郎/編 やきもの鑑定入門 出川直樹/監修、芸術新潮編集部/編 7/7ページ 世界遺産 ヴェネツィア展 魅惑の芸術―千年の都 のチケットを5組10名様にプレゼント! 東京都江戸東京博物館 9月23日(金)~12月11日(日)
    引用元: 芸術新潮から生まれた本|芸術新潮|新潮社

  • 報告 "建物のカケラ 一木努コレクション" @ 江戸東京たてもの園 展示 ...

    ”おくりびと”(監督:滝田洋二郎) | 前川國男邸 @ 江戸東京たてもの園 (小.. ブログトップ 報告 ”建物のカケラ 一木努コレクション” @ 江戸東京たてもの園 展示室(小金井市) [編集] 先日案内した”建物のカケラ”展に行ってきました。「始まりのカケラ」「場のカケラ」「時のカケラ」「カケラの園」「カケラの壺」というテーマで構成された展示は秀逸です。「カケラ」の持つエナジーが生き生きと伝わってきます。そしてそれ以上に、建物や都市に対して途轍もない興味・愛情を抱き行動するコレクター”一木努”さんのエナジーが津波のように押し寄せてきて圧倒されました。~3月1日。 2009-02-22 00:00 nice!(0) コメント(0) トラックバック(0) 共通テーマ: アート あなたは既にnice!を行っています。一定件数以上前のnice!は表示されませんのでご了承ください。 nice!...
    引用元: 報告 "建物のカケラ 一木努コレクション" @ 江戸東京たてもの園 展示 ...

  • 「建物のカケラ 一木努コレクション」展 〜江戸東京たてもの園その1〜 - 雪景色

    文字の本を作っています。 『文字をつくる 9人の書体デザイナー』のデザインコンセプト その2 『文字をつくる 9人の書体デザイナー』のデザインコンセプト 寄席文字 『文字をつくる 9人の書体デザイナー』紹介御礼&ご感想お待ちしています! 『文字をつくる 9人の書体デザイナー』目次公開 『文字をつくる 9人の書体デザイナー』いよいよ発売です! 見本出来! 印刷立ち会いへ! 「原字ものがたり—デジタルフォントの原型」展 いよいよクライマックスへ! 色校チェック! 最後の校正 タイトル&発売日が決まりました! 片岡朗さんが『日本タイポグラフィ年鑑2010』大賞を受賞 ついに……
    引用元: 「建物のカケラ 一木努コレクション」展 〜江戸東京たてもの園その1〜 - 雪景色

  • 京都おもしろウォッチング 赤瀬川原平 藤森照信他 路上観察学会編-【楽天 ...

    ◆著者/作者 ┗赤瀬川原平 藤森照信 林丈二 一木努 南伸坊 松田哲夫 井上迅 ◆出版社 ┗新潮社 ◆定価(参考) ┗1240円 ◆ISBNコード 例:97843440168XX ※ハイフン「-」やスペース「 」は抜いて記入してください。 ┗4106019620 京都の町の中を歩いていて発見した珍物件の本です。ナニコレ珍百景に通じる感じもします。 1988年初版発行です。 特に目立った汚れはありません。 (2010年 4月11日 17時29分追加) 関連本「超芸術トマソン」も出品しています。よろしかったらどうぞ。 (2010年 6月 3日 19時26分追加) 超芸術トマソンは落札済みです。 ▲上へ ▲上へ ▲上へ ▲上へ
    引用元: 京都おもしろウォッチング 赤瀬川原平 藤森照信他 路上観察学会編-【楽天 ...

  • tanomi.com リクエスト : 一木努「建物のカケラ」コレクション立体化

    ハジメヨウ メニュー ユーザー登録する MYぺージ リクエストを作成する 商品化情報を見る コンテンツ リクエストボード たのみこむSHOP たのラジ コマリマシタ ヘルプ クイックガイド FAQ 規約 利用規約 プライバシーポリシー 特定商取引に基づく表記 たのみこむについて このサイトについて 運営会社について お問い合わせ窓口 こちらよりお問い合わせください 法人のお客様へ ビジネスサービスについて 法人お問い合わせ ©2011 tanomi.com
    引用元: tanomi.com リクエスト : 一木努「建物のカケラ」コレクション立体化

  • 堀勇良 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

    ☆『建築の忘れがたみ~一木努コレクション』図録 2011年1月13日 9時02分
    引用元: 堀勇良 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

  • おせちもいいけどカレーもね(古!) - Frog's Blog(かえるのブログ2)

    このページは、かえるが2009年1月 7日 20:46に書いたブログ記事です。 ひとつ前のブログ記事は「 朝ドリ 空も鳥も薄曇り 」です。 次のブログ記事は「 建物のカケラ 〜一木努コレクション〜展 」です。 最近のコンテンツは インデックスページ で見られます。過去に書かれたものは アーカイブのページ で見られます。
    引用元: おせちもいいけどカレーもね(古!) - Frog's Blog(かえるのブログ2)

  • 林丈二的考現学—屁と富士山 - 赤瀬川原平, 藤森照信, 南伸坊, 松田 ...

    林丈二的考現学―屁と富士山 Tweet mixiチェック 赤瀬川原平, 藤森照信, 南伸坊, 松田哲夫, 林節子, 一木努 商品カテゴリー: 単行本(ソフトカバー) Amazonランキング: 246326位 定価: ¥ 1,575 Amazon価格: ¥ 1,575 在庫状況: 在庫あり。 ユーズド価格: ¥ 1,050 ISBN/ASIN:4872758137(INAX出版) 送料無料! 23ポイント が貯まるカラメル BOOKSで、「 林丈二的考現学―屁と富士山 (INAX booklet) 」を探す! >>詳細ページへ JUGEMユーザーのレビュー・感想 この商品を紹介しているユーザーはまだいません。 » 「林丈二的考現学―屁と富士山 」についてもっと詳しくみる ブクログユーザーのレビュー・感想( 7 件) [ 3.43 ] » ブ...
    引用元: 林丈二的考現学—屁と富士山 - 赤瀬川原平, 藤森照信, 南伸坊, 松田 ...

  • トマソン - Wikipedia

    そのころ 藤森照信 らの建築探偵(古い市井の建物の観察・分析・コレクション)、 林丈二 のマンホールその他路上のもろもろの蒐集、南伸坊のハリガミ採集分析、一木努の建築破片収集などの路上にまつわるコレクションの活動とブッキングされて、筑摩書房から『路上観察学入門』が出版され、それに合わせて1986年、学士会館で 路上観察学会 の発足式と称したイベントが開催され、記者会見などを行なった。企画したのは筑摩書房の編集者 松田哲夫 である。
    引用元: トマソン - Wikipedia

一木努 の相関図を読込中

建築の忘れがたみ―一木努コレクション Tweet mixiチェック 商品カテゴリー: − Amazonランキング: 1159924位 定価: ¥ 1,050 ユーズド価格:

スポンサードリンク