三宅勝久の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • プロフィール|三宅勝久|エルパカBOOKS

    三宅勝久の商品 本 雑誌 コミック(7) プロフィール| アーティストユーザーレビュー三宅勝久のプロフィール 1965年岡山県生まれ。フリーカメラマンとして中南米 アフリカの紛争地などを取材,『山陽新聞』記者を経て2002年からフリージャーナリスト。「債権回収屋G野放しの闇金融」で第12回『週刊金曜日』ルポルタージュ大賞優秀賞受賞。2003年,同誌に連載した武富士批判記事をめぐって同社から1億1000万円の賠償を求める訴訟を起こされるが最高裁で武富士の完全敗訴が確定。不当訴訟による損害賠償を,同社と創業者の武井保雄氏から勝ち取る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 『自衛隊員が泣いている 壊れゆく“兵士”の命と心』より 三宅勝久の著者ユーザーレビュー こちらは三宅勝久のアーティストユーザーレビューです。表示順: 共感数の多い順 最新のレビュー順
    引用元: プロフィール|三宅勝久|エルパカBOOKS

  • オンライン書店ビーケーワン:サラ金・ヤミ金大爆発 亡国の高利貸

    三宅 勝久著 税込価格:¥1,575(本体 : ¥1,500) bk1ポイント倶楽部 : 15 ポイント(1%進呈) 国内送料無料でお届けできます 出版 : 花伝社 発売 : 共栄書房 サイズ : 19cm / 236p ISBN : 4-7634-0407-5 発行年月 : 2003.8 利用対象 : 一般 出荷可能時間: 出荷までに要する日数について 配達方法について この本を 1 2 3 4 5 6 7 8 9 冊買う 10冊以上買う お困りの方 ◆ 本の贈り物はいかがですか?【ギフトラッピング】承ります → くわしくはこちら お得なお買い物 10,000円以上ご購入キャンペーンで 【 bk1ポイント1,000ポイント 】 を進呈! ※ 【10,000円以上ご購入キャンペーン】 は10,000円以上(税抜)のご購入と、お客様のご応募が必...
    引用元: オンライン書店ビーケーワン:サラ金・ヤミ金大爆発 亡国の高利貸

  • <書籍紹介>『武富士追及』(三宅勝久。リム出版新社): 情報紙「ストレイ ...

    <書籍紹介>『武富士追及』(三宅勝久。リム出版新社) 大手マスコミが広告費漬けで報道しないなか、執拗に武富士の営業における問題という“本丸”を追及し続けたのがジャーナリスト仲間の三宅勝久氏と、媒体を提供した『週刊金曜日』だった。 お決まりのように、広告になびかない者には、豊富な資金を背景に高額訴訟を提起し、言論封殺を図ろうとした武富士ーー本書はその言論弾圧裁判1000日の闘いの記録だ。 「三宅さんの取材記事は、利息制限法違反の違法金利で利用者の支払い能力を超えた過剰融資を行う一方で、違法な取立て・第三者請求を繰り返す武富士の業務実態と深刻なサラ金被害者の実態を鋭く告発した。また、武富士社内における武井前会長の異常な独裁体制と社員の人権を無視する過酷なノルマ体制を暴露した……」(弁護士・宇都宮健児氏の推薦文より) 2005.12.21 報道・マスコミ , 書評 , 武富士・SFCG(サラ金....
    引用元: <書籍紹介>『武富士追及』(三宅勝久。リム出版新社): 情報紙「ストレイ ...

  • 債鬼は眠らず: 紀伊國屋書店BookWeb

    三宅勝久 [ミヤケカツヒサ] ジャーナリスト。1965年岡山県生まれ。大阪外国大学イスパニア語学科卒業後、フリーカメラマンとして中南米・アフリカの紛争地を取材。『山陽新聞』記者として高松支社などを経て2002年から再びフリーになる。「債権回収屋G野放しの闇金融」で第12回『週刊金曜日』ルポルタージュ大賞優秀賞受賞。東京都杉並区在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
    引用元: 債鬼は眠らず: 紀伊國屋書店BookWeb

  • 武富士追及 言論弾圧裁判1000日の闘い/三宅勝久/著本 : オンライン ...

    三宅 勝久(ミヤケ カツヒサ) 1965年岡山県生まれ。フリージャーナリスト。大阪外国語大学イスパニア語学科卒。フリーカメラマンとして中南米・カリブ・アフリカ諸国で取材活動。その後『山陽新聞』記者。2002年より再びフリー。「債権回収屋“G”―野放しの闇金融」で第12回『週刊金曜日』ルポルタージュ大賞優秀賞受賞。2003年3月、『週刊金曜日』連載の武富士批判記事をめぐり、同社から1億1000万円の損害賠償を求める訴訟を起こされるが、東京地裁・高裁は武富士の請求をすべて棄却。2005年6月、最高裁で完全勝訴が確定した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
    引用元: 武富士追及 言論弾圧裁判1000日の闘い/三宅勝久/著本 : オンライン ...

  • 武富士追及 - 電子書店パピレス

    三宅 勝久(みやけ かつひさ) 1965〜 岡山県生まれ。フリージャーナリスト。大阪外国語大学イスパニア語学科卒。フリーカメラマンとして中南米・カリブ・アフリカ諸国で取材活動。その後『山陽新聞』記者。2002年より再びフリー。「債権回収屋“G”――野放しの闇金融」で第12回『週刊金曜日』ルポルタージュ大賞優秀賞受賞。2003年3月、『週刊金曜日』連載の武富士批判記事をめぐり、同社から1億1000万円の損害賠償を求める訴訟を起こされるが、東京地裁・高裁は武富士の請求をすべて棄却。2005年6月、最高裁で完全勝訴が確定した。著書に『サラ金・ヤミ金大爆発――亡国の高利貸』『悩める自衛官――自殺者急増の内幕』(共に花伝社)。
    引用元: 武富士追及 - 電子書店パピレス

  • 次回は7月12日に第16回口頭弁論、報告集会の後に三宅勝久氏(フリー ...

    次回は7月12日に第16回口頭弁論、報告集会の後に三宅勝久氏(フリージャーナリスト)が講演 [2010年06月06日(日)] 第16回口頭弁論は、7月12日(月)16時15分から、仙台地裁大法廷で行われます。原告が申請している証人を裁判所が採用するかどうか、注目されます。 報告集会のあと、原告団・弁護団・支援する会の主催で、フリージャーナリストの三宅勝久氏の講演会を開催します。三宅氏は、自衛隊の実情を追い続けている気鋭のルポライターとして知られています。 <三宅勝久氏の略歴> 学生時代から、休学してスペインとメキシコなどで生活し、ドキュメンタリー写真を撮影。 大学を卒業した後の1993年から内戦状態のモザンビークとアンゴラをはじめ、キューバ、ニカラグア、ハイチ、東ティモールなどを取材。 1997年4月、山陽新聞社(岡山市)記者に。 2002年3月、退社しフリージャーナリストに...
    引用元: 次回は7月12日に第16回口頭弁論、報告集会の後に三宅勝久氏(フリー ...

  • セブン&アイのセブンネットショッピング - 書籍 - 債鬼は眠らず ...

    著者情報 三宅 勝久 ジャーナリスト。1965年岡山県生まれ。大阪外国大学イスパニア語学科卒業後、フリーカメラマンとして中南米・アフリカの紛争地を取材。『山陽新聞』記者として高松支社などを経て2002年から再びフリーになる。「債権回収屋G野放しの闇金融」で第12回『週刊金曜日』ルポルタージュ大賞優秀賞受賞。東京都杉並区在住 ※本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです
    引用元: セブン&アイのセブンネットショッピング - 書籍 - 債鬼は眠らず ...

  • 自衛隊という密室 いじめと暴力、腐敗の現場から/三宅勝久/著本 ...

    著者情報 三宅 勝久 1965年岡山県生まれ。ジャーナリスト。元『山陽新聞』記者。「債権回収屋“G”―野放しのヤミ金融」で第12回『週刊金曜日』ルポルタージュ大賞優秀賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) ⇒この著者名で検索する ⇒新刊パトロールに登録 同じ著者名で検索した本 債鬼は眠らず サラ金崩壊時代の収奪産業レポート 三宅勝久/著 同時代社 自衛隊員が死んでいく “自殺事故”多発地帯からの報告 三宅勝久/著 花伝社 悩める自衛官 自殺者急増の内幕 三宅勝久/著 花伝社 サラ金・ヤミ金大爆発 亡国の高利貸 三宅勝久/著 花伝社
    引用元: 自衛隊という密室 いじめと暴力、腐敗の現場から/三宅勝久/著本 ...

  • 悩める自衛官 自殺者急増の内幕/三宅勝久/著本 : オンライン書店e-hon

    著者情報 三宅 勝久 1965年岡山県生まれ。フリージャーナリスト。大阪外国語大学イスパニア語学科卒。フリーカメラマンとして中南米・カリブ・アフリカ諸国で取材活動。その後「山陽新聞」記者。2002年より再びフリー。「債権回収屋“G”―野放しの闇金融」で第12回『週刊金曜日』ルポルタージュ大賞優秀賞。『週刊金曜日』連載の武・・・ ・・・ ⇒ もっと詳しく ⇒この著者名で検索する ⇒新刊パトロールに登録 同じ著者名で検索した本 債鬼は眠らず サラ金崩壊時代の収奪産業レポート 三宅勝久/著 同時代社 自衛隊という密室 いじめと暴力、腐敗の現場から 三宅勝久/著 高文研 自衛隊員が死んでいく “自殺事故”多発地帯からの報告 三宅勝久/著 花伝社 サラ金・ヤミ金大爆発 亡国の高利貸 三宅勝久/著 花伝社 このジャンルの本 エ...
    引用元: 悩める自衛官 自殺者急増の内幕/三宅勝久/著本 : オンライン書店e-hon

  • 自衛隊員が死んでいく "自殺事故"多発地帯からの報告 (三宅勝久)版元ドットコム

    三宅勝久 :著 発行:花伝社 発売: 共栄書房 この版元の本一覧 四六 224ページ 並製 定価:1,500円+税 総額を計算する ISBN 978-4-7634-0520-3 C0036 在庫あり 奥付の初版発行年月:2008年05月 書店発売日:2008年05月22日 ※送料は無料です。 ※お支払いは郵便振替(到着後後払い)・クレジットカード(VISA、MasterCard、DC、JCB、AMEX、Diners、Nicos、UFJ)がご利用になれます タグ: 自殺 , 自衛隊 タグは版元ドットコム事務局で編集することがあります。 あらかじめご了承下さい。 本の情報のタグ付けにご協力下さい Tweet 他のオンライン書店で購入 ※リンク先の書店では、お取り扱いしていない場合があります。あらかじめご了承ください アマゾン | boople.com | 紀伊國屋BookWeb | ブックサー...
    引用元: 自衛隊員が死んでいく "自殺事故"多発地帯からの報告 (三宅勝久)版元ドットコム

  • 4号炉使用済み燃料プールの補強工事|ジャーナリスト三宅勝久公式毒舌ブログ ...

    PR プロフィール プロフィール | なう | ピグの部屋 ニックネーム: miyake 自己紹介: 三宅勝久みやけ かつひさ ジャーナリスト1965年岡山県生まれ。フリーカメラマンとして中南米... >>続きをみる ブログジャンル: 公務員 / 法律・裁判 メッセージを送る アメンバーになる プレゼントを贈る [ 記事作成・編集 ] 最近の記事一覧 杉並区「税金でパー券裁判」が結審 4号炉使用済み燃料プールの補強工事 記事掲載のお知らせ『取引業者から高級クラウンの“プレゼント”受ける海自司令官の公私混同ぶり』 「杉並区ボッタクリ報酬を返せ裁判パート2」は却下 明日5月26日13時15分、東京地裁522号で「杉並区ボッタクリ報酬を返せ」裁判の判決です 東電天下り1位は東京都幹部 「杉並区選管委員140万円ボッタクリ裁判」初公判...
    引用元: 4号炉使用済み燃料プールの補強工事|ジャーナリスト三宅勝久公式毒舌ブログ ...

  • ショージとタカオ|ジャーナリスト三宅勝久公式毒舌ブログ 借金、自衛隊の ...

    PR プロフィール プロフィール | なう | ピグの部屋 ニックネーム: miyake 自己紹介: 三宅勝久みやけ かつひさ ジャーナリスト1965年岡山県生まれ。フリーカメラマンとして中南米... >>続きをみる ブログジャンル: 公務員 / 法律・裁判 メッセージを送る アメンバーになる プレゼントを贈る [ 記事作成・編集 ] 最近の記事一覧 杉並区「税金でパー券裁判」が結審 4号炉使用済み燃料プールの補強工事 記事掲載のお知らせ『取引業者から高級クラウンの“プレゼント”受ける海自司令官の公私混同ぶり』 「杉並区ボッタクリ報酬を返せ裁判パート2」は却下 明日5月26日13時15分、東京地裁522号で「杉並区ボッタクリ報酬を返せ」裁判の判決です 東電天下り1位は東京都幹部 「杉並区選管委員140万円ボッタクリ裁判」初公判...
    引用元: ショージとタカオ|ジャーナリスト三宅勝久公式毒舌ブログ 借金、自衛隊の ...

  • 自衛隊の情報保全隊は国民監視をやめなさい! 平和と人権のため、自衛隊を ...

    次回は7月12日に第16回口頭弁論、報告集会の後に三宅勝久氏(フリージャーナリスト)が講演 [2010年06月06日(日)] 第16回口頭弁論は、7月12日(月)16時15分から、仙台地裁大法廷で行われます。原告が申請している証人を裁判所が採用するかどうか、注目されます。 報告集会のあと、原告団・弁護団・支援する会の主催で、フリージャーナリストの三宅勝久氏の講演会を開催します。三宅氏は、自衛隊の実情を追い続けている気鋭のルポライターとして知られています。 <三宅勝久氏の略歴> 学生時代から、休学してスペインとメキシコなどで生活し、ドキュメンタリー写真を撮影。 大学を卒業した後の1993年から内戦状態のモザンビークとアンゴラをはじめ、キューバ、ニカラグア、ハイチ、東ティモールなどを取材。 1997年4月、山陽新聞社(岡山市)記者に。 2002年3月、退社しフリージャーナリストに...
    引用元: 自衛隊の情報保全隊は国民監視をやめなさい! 平和と人権のため、自衛隊を ...

  • 馬の骨 ブログ:「自衛隊員が死んでいく」 三宅勝久

    ジャーナリスト三宅勝久氏の著「自衛隊員が死んでいく」(花伝社) 自衛隊に入るといろいろな免許が取れる、なんて言っていた時代と大きく変わった。海外派遣は当然のようになってきた。それが良いとか悪いとかの議論はさておき、海外に出るようになったことで、自衛隊員へのプレッシャーは想像を超えるものだろう。「テロ特措法」「イラク特措法」に基づき派遣された自衛隊員の総数19700人、そのうちの自殺者は16名です。この自殺率81.2人(10万人当たりの自殺者数)は日本の自殺率24人と単純比較できないが、相当高い数字だと社民党の照屋寛徳議員も指摘している。 「年間100人を越す自殺・不明者」「防衛官僚・腐敗の陰で自衛隊に何が起きているのか?」と三宅氏の著書のオビの一部には書かれています。三宅氏によると、自衛隊員による犯罪は800を上回っているという(2007年)。「年間予算4兆7000億円、職員数26万人。日...
    引用元: 馬の骨 ブログ:「自衛隊員が死んでいく」 三宅勝久

  • 寺澤有「国家公安委員長の記者会見に出席させろ」: 草の実アカデミー(第二 ...

    « 三宅勝久「『記者クラブ』というアパルトヘイト政策と御用新聞の100年 | トップページ | 志葉玲「ジャーナリスト・政治家・市民活動家によるイラク戦検証」 » 2010年5月 6日 (木) 寺澤有「国家公安委員長の記者会見に出席させろ」 寺澤有(ジャーナリスト)といえば、警察の腐敗追及で知られる。 報道されない警察とマスコミの腐敗~映画「ポチの告白」が暴いたもの(発行インシデンツ) という著書がある。第一言論(記者クラブ加盟社など大マスコミ)に対しても手厳しく、記者会見開放も昔から要求している人物だ。 中井ひろし国家公安委員長の記者会見出席妨害をめぐって訴訟を起こしていもいる。そのため「5・23第二言論サミット」の発言テーマはズバリ「国家公安委員長の記者会見に出席させろ」だ。 実は、寺澤氏がこの「5・23第二言論サミット」の発想の生みの親という見方もできるのである。といっても彼がこの企...
    引用元: 寺澤有「国家公安委員長の記者会見に出席させろ」: 草の実アカデミー(第二 ...

  • 悩める自衛官: 紀伊國屋書店BookWeb

    三宅勝久 [ミヤケカツヒサ] 1965年岡山県生まれ。フリージャーナリスト。大阪外国語大学イスパニア語学科卒。フリーカメラマンとして中南米・カリブ・アフリカ諸国で取材活動。その後「山陽新聞」記者。2002年より再びフリー。「債権回収屋“G”―野放しの闇金融」で第12回『週刊金曜日』ルポルタージュ大賞優秀賞。『週刊金曜日』連載の武富士批判記事をめぐり、同社から1億1000万円の損害賠償を求める訴訟を起こされ係争中
    引用元: 悩める自衛官: 紀伊國屋書店BookWeb

  • 共謀罪を語る(6)三宅勝久さん(ジャーナリスト): 共謀罪反対 THE ...

    共謀罪を語る(6) 三宅勝久さん(ジャーナリスト) たまに「フリーランスジャーナリストになりたい」と話す若者と出会う。そういう人たちには、三宅勝久さん(40歳)の生き様を知ってもらい、真似ができるか否か、考えてもらうことがいちばんだと思う。 現在、三宅さんは4.5畳1部屋(家賃3万2000円)を住居としている(写真)。膨大な資料が部屋中に積み重ねられており、文字どおり足の踏み場もない。とうてい布団など敷くことはできず、寝袋にくるまり、まるで芋虫みたいに体を曲げながら寝ているという。 1980年代末、三宅さんは大学を休学して、スペインとメキシコで1年ずつ暮らした。日本料理店でアルバイトするなどしながら、ドキュメンタリー写真を撮っていた。 1993年3月、大学卒業。アルバイトで資金を貯め、同年末、モザンビークとアンゴラへ。どちらも、長年、内戦が続いており、前者は自衛隊がPKO(国際連合平和維持...
    引用元: 共謀罪を語る(6)三宅勝久さん(ジャーナリスト): 共謀罪反対 THE ...

  • オリコンうがや訴訟2 「裁判なんか起こすんじゃなかったと思わせよう ...

    三宅勝久(ジャーナリスト) 武富士の過酷な取り立てや社員いじめの実態を『週刊金曜日』に連載したところ、武富士から「事実無根の名誉毀損」だとして総額1億1000万円の損害賠償請求訴訟を起こされ、最高裁で勝訴が確定した。 提訴は言論弾圧目的の違法なものだったとして、逆に武富士と故・武井保雄元会長を訴えた裁判では、昨年、120万円の損害賠償を勝ち取った。 武富士裁判は、三宅勝久著『武富士追及 言論弾圧裁判1000日の記録』(リム出版新社)がくわしい。
    引用元: オリコンうがや訴訟2 「裁判なんか起こすんじゃなかったと思わせよう ...

  • 三宅勝久氏の新刊 詳細情報 混乱と反省の日々/ウェブリブログ

    三宅勝久氏の新刊 詳細情報 << 作成日時 : 2008/05/23 15:08 >> ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0 先日、拙ブログでご紹介した、三宅勝久氏の著書、『自衛隊員が死んでいく』について、版元の花伝社のホームページに詳細が公開されている。 http://www1a.biglobe.ne.jp/index/shinkan/shinkan_08/200805_zieitai.html 発行日は5月25日となっているので、来週には全国の書店の店頭に並ぶと思われる。 テーマ 読書 関連テーマ 一覧 本 絵本 小説 << 前記事(2008/05/23) ブログのトップへ 後記事(2008/05/25) >> 月別リンク ブログ気持玉 クリックして気持ちを伝えよう! ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付き...
    引用元: 三宅勝久氏の新刊 詳細情報 混乱と反省の日々/ウェブリブログ

  • 書評・出版物の紹介 | メディア黒書

    山陽新聞の販売会社・社員が自殺した。この事件を友人のジャーナリスト・ 三宅勝久 さんが取材して、マイニュースジャパンに掲載した。 【記事の紹介】 今年3月、岡山で最大の部数を持つ山陽新聞社で販売を担当していた子会社社員のAさん(40歳代)が自殺した。現場の社員寮には新聞代金の領収書の束とサラ金会社などのカード、そして「60万円以上の未集金がある、申し訳ない」(趣旨)との遺書が残されていた。新聞販売のノルマに追われるあまり自腹を切っていた疑いが濃厚だ。 しかし新聞社側は、詳細を語らない。小学生のころから山陽新聞の新聞配達をしてきたという30年に及ぶ新聞人生の結末はあまりに悲劇的だ。「聞きたいことはたくさんあるが、聞いても帰ってくるわけでない」と力を落とす遺族に代わって、社長にアポなし取材を敢行した。 ( 続きはMNJで )
    引用元: 書評・出版物の紹介 | メディア黒書

  • 三宅勝久とは - はてなキーワード

    三宅勝久 みやけかつひさ ( 一般 ) 編集 注目の求人情報 [求人] への正社員転職 募集内容:簿記の知識を活かして働く【税務・会計アシスタント】 [求人] 株式会社桃太郎 への正社員転職 募集内容:【被災者のための求人】映像制作/ディレクター兼プロデューサー 転職ならリクナビNEXT 言及数のトレンド 今週のPV: 69 (100,165位) グラフで詳しく見る 目次 三宅勝久とは 含むブログ 新着エントリー 含むキーワード 注目キーワード 震度5弱 松井大輔 津波注意報 不要 実用 カルパッチョ 特産 もっと見る ジャーナリスト 。 武富士 から 名誉毀損 で訴えられ、勝訴した。 悩める自衛官―自殺者急増の内幕 作者: 三宅勝久 出版社/メーカー: 花伝社 発売日: 2004/09 メディア: 単行本 ...
    引用元: 三宅勝久とは - はてなキーワード

  • Yahoo!プロフィール - BCONさんのMyプロフィール

    プロフィール 基本情報 表示名 BCO​N 名前 三宅 勝久 性別 男性 血液型 - 自己紹介 ジャーナリスト。サラ金、自衛隊内の人権問題をテーマに執筆している。 ​主著に『サラ金・ヤミ金大爆発』『悩める自衛官』(いずれも花伝社)『武富士追及』(リム出版新社』、『​自衛隊員が死んでいく』(花伝社)。『​自衛隊という密室 いじめと暴力、腐敗の現場から』(高文研)。『​債鬼は眠らず サラ金崩壊時代の収奪産業ビジネス』(同時代社)を10月末刊行予定。 ​ 連​絡は、 ​miy​ake​kat​suh​isa​アットyah​oo.​co.​jp ​(アット=@)​まで ​まで。 このユーザーを違反報告する 最近の投稿 新着を受け取る 最近の投稿はありません。 このプロフィールのURL: B C O N お気に入りに登録 友だち登録 メッセージを送る メッセンジャーを送る アクセス拒...
    引用元: Yahoo!プロフィール - BCONさんのMyプロフィール

  • 自衛隊という密室: 紀伊國屋書店BookWeb

    三宅勝久 [ミヤケカツヒサ] 1965年岡山県生まれ。ジャーナリスト。元『山陽新聞』記者。「債権回収屋“G”―野放しのヤミ金融」で第12回『週刊金曜日』ルポルタージュ大賞優秀賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
    引用元: 自衛隊という密室: 紀伊國屋書店BookWeb

  • 三宅勝久 - エキサイトブログ検索

    スポンサーリンク 三宅勝久 の本を購入 立ち読み本8千以上で買いやすい!セブン受取なら、送料・手数料0円。 www.7netshopping.jp ご近所の犬猫 お気に入りのぬいぐるみをどこに隠そうかと思案中のルイちゃん。教え子のテトくん。同じくサンちゃん。サンちゃんとテトくん。懐かしいミャーちゃんと私( 三宅 勝久 氏撮影)。野良猫たちを心配してくださっているみなさま、近日中に近況をUPします。 暗川 2010-11-11 20:00:00 lumokurago.exblog.jp 無事終了 夜スペ裁判第4回口頭弁論は無事、終了しました。次回は9月17日(木)11:30からです。報告はまた書きます。週刊ゲンダイの記者とジャーナリストの三宅勝久さんが傍聴に来てくれました。三宅勝久さんの記事(「月額」悪用で年間13ヶ月分水増し報酬にタカる東京・杉並区監査委員)の途中ま...
    引用元: 三宅勝久 - エキサイトブログ検索

  • 花伝社 書評

    いじめや自殺を中心に自衛隊で起きた事件をまとめた「自衛隊員が死んでいく―"自殺事故"多発地帯からの報告」が出版された。道内基地でのセクハラ問題も紹介され、著者のジャーナリスト三宅勝久さん(42)は再発防止へ「第三者が人権侵害を監視すべきだ」と指摘する。 三宅さんは岡山県出身の元地方紙記者。米兵の2倍を超す自衛隊員の自殺率を挙げ、事例を紹介。 空曹(享年29歳)は先輩から反省文100枚を強要され、妻の不調を理由に休もうとすると平手で殴られるなどいじめられ、自宅で首をつった。いじめに遭い自殺した海曹(同21歳)と同じ護衛艦勤務だった元海曹(33)は「暴力はしょっちゅう。スパナでみみず腫れができるまでたたかれた」と証言した。 道内で勤務中に同僚からわいせつ行為を受けた札幌地裁で係争中の女性隊員の例も報告している。
    引用元: 花伝社 書評

  • クルディスタン日本語NEWS

    ジャーナリスト三宅勝久さんプロフィール [ よもやま ] 昨年12/30記事で,「 医師ぐるみで“虐待”か−入管収容者が集団提訴へ」「ペルー日系人 移民社会の闇」を書いたジャーナリスト三宅勝久さんに注目しますと書きましたが,こちらに三宅さんの紹介がありました。たびたび魚住さんからご教唆いただきました。おそれいります。 うむ。四畳半で。頑張っていらっしゃいますね(^^;こんごとも注目します。 http://incidents.cocolog-nifty.com/the_incidents/2005/12/6br_0b09.html 共謀罪反対 THE INCIDENTS (Alternative Version): 共謀罪を語る(6)三宅勝久さん(ジャーナリスト) Posted by postx at 2006-01-05 22:33:35 | コメント( 0 )| Trackback...
    引用元: クルディスタン日本語NEWS

  • 送料無料|本|自衛隊員が死んでいく "自殺事故"多発地帯からの報告|三宅 ...

    本 > 教育・資格検定 > 教養 > ノンフィクション > 事件・犯罪 自衛隊員が死んでいく “自殺事故”多発地帯からの報告 著者 : 三宅勝久 (著) 出版社名 : 花伝社 発行年月 : 2008年 05月 ISBNコード : 9784763405203 ページ数 : 216P 定価 : ¥1,575(税込) boox storeポイント : 45 pt 発送可能日 : 当日~3日で発送 ( 発送可能日について ) 発送可能日「当日~3日」と「お取り寄せ」商品を併せて注文される際のご注意 同じ商品を10冊以上注文される際のご注意 震災の影響による配送の遅延について 内容紹介 年間100人を越す自殺・不明者。 セクハラを告発する現職女性自衛官、多発する陰湿なイジメ、隠蔽される暴力、蔓延する不条...
    引用元: 送料無料|本|自衛隊員が死んでいく "自殺事故"多発地帯からの報告|三宅 ...

  • 三宅勝久『自衛隊員が死んでいく』読了 混乱と反省の日々/ウェブリブログ

    三宅勝久『自衛隊員が死んでいく』読了 << 作成日時 : 2008/06/02 04:16 >> ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0 かねてからご紹介申し上げていた、ジャーナリスト三宅勝久氏の新刊『自衛隊員が死んでいく』を読み終えた。同署は、『悩める自衛官』(花伝社)に続く、同氏の自衛隊シリーズの第2作目である。 自衛隊に関する本としては、軍事アナリストの後藤一信氏による『自衛隊裏物語−みんなの知らない国防組織の真実』があるが、こちらは自衛隊を外側から分析した内容である。それに対して、三宅氏の『自衛隊員が死んでいく』は、自衛官や関係者への直接取材による調査報道を基本としている。氏はこのルポをまとめるのに、実に4年を費やし、各地の自衛隊駐屯地などへも何度も足を運んでいる。 本書について難点を申し上げるとしたら、タイトルがややインパクトと工夫に欠けるというところだろうか...
    引用元: 三宅勝久『自衛隊員が死んでいく』読了 混乱と反省の日々/ウェブリブログ

  • 友の会

    *2005年 6月号 No.164のご紹介 巻頭エッセイ 三宅 勝久 (ジャーナリスト) スペシャル イラク戦争は最悪の大ウソ戦争だ 「イラク派兵差止」訴訟 弁護団が聞き取り調査 特集 �@ 大増税! 年金生活者もサラリーマンも 定率減税廃止であなたはいくら負担増? �A 10代の性の健康教育にとりくんで 若者の性感染症・エイズを予防し、望まない妊娠を避けるために シリーズ被爆60年 海外に広島・長崎の被爆者が5000人 憲法を生かそう ぶらり探訪 また来んちゃい 岡山・津山市 けんこう教室 肌の紫外線対策は? 食と健康 コレステロールを下げる ほっと介護 介護の仕方り 筋力トレーニングのすすめ(最終回) 医者の言い分・患者の本音 レギュラー企画 : パズル・囲碁・将棋・文芸・読者のページ 他
    引用元: 友の会

  • 悩める自衛官―自殺者急増の内幕 - gugu-ru - ブクログ

    悩める自衛官―自殺者急増の内幕 5人が登録 ★3.00 著者: 三宅 勝久 花伝社 / 単行本 / 220ページ / 2004-09 ISBN/EAN: 9784763404299 価格: ¥1,575 みんなのレビュー» ブログで紹介する» Tweet gu-guru さんのレビュー 2006年7月 まだレビューは書かれていません。 このレビューへのコメント コメントを書く コメントを書く ログイン してください。 コメントはありません。 この作品が好きな人は、こちらの作品もおすすめです。 「自衛隊員が死んでいく―“自殺事故”多発地帯からの報告」 三宅 勝久 「「私」の思想家・宮沢賢治―『春と修羅』の心理学」 岩川 直樹 「論より証拠!ガンをなおす「いずみの会式玄米菜食」」 中山 武 「抗ガン剤で殺される―抗ガン剤の闇を撃つ」 船瀬 俊介 「日本の発見―朝河貫一と歴史学」 矢吹 晋...
    引用元: 悩める自衛官―自殺者急増の内幕 - gugu-ru - ブクログ

  • 日刊サイゾー : 三宅勝久

    三宅勝久 TOP 暴力、腐敗......思想を超えて突きつけられる国防のリアル『自衛隊という密室』 Tweet Check http://www.cyzo.com/2009/10/post_3002.html 暴力、腐敗......思想を超えて突きつけられる国防のリアル『自衛隊という密室』 『自衛隊という密室―いじめと暴力、 腐敗の現場から』(高文研) 自衛隊が日本の防衛組織として必要不可欠であることは、イデオロギーにかかわらず今や多くが認めるところ。日本共産党ですら「急迫不正の主権侵害があれば自衛隊を活用する(同党22回大会声明より)」との容認姿勢をとっている。 その一方で、機密情報がいとも簡単に漏れてしまうなど、隊内のモラルハザードや様々な組織構成上の問題点が指摘されていることも事実。その象徴的な事例の一つが隊員の自殺の多さだ。防衛省によれば自殺で死亡し...
    引用元: 日刊サイゾー : 三宅勝久

三宅勝久 の相関図を読込中

三宅勝久の商品 本 雑誌 コミック(7) プロフィール| アーティストユーザーレビュー三宅勝久のプロフィール 1965年岡山県生まれ。フリーカメラマンとして中南米 アフリカの紛争地などを取材,『山陽

スポンサードリンク