下村眞美の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 研究者詳細 - 下村 眞美

    基本情報 下村 眞美SHIMOMURA Masamiキーワード 民事手続法 このページの先頭へ▲ 所属組織 【 表示 / 非表示 】このページの先頭へ▲ 所属組織 【 表示 / 非表示 】 2002年04月01日 ~ 2003年03月31日,法学研究科 法学 政治学専攻,助教授,専任 2003年04月01日 ~ 2004年03月31日,法学研究科 附属法政実務連携センター,助教授,専任 2004年04月01日 ~ 継続中,高等司法研究科 法務専攻,教授,専任このページの先頭へ▲ 学歴 【 表示 / 非表示 】このページの先頭へ▲ 学歴 【 表示 / 非表示 】大阪大学 法学部  卒業 法学修士 1984年03月 大阪大学 法学研究科 民刑事法専攻 修了 法学修士 1987年03月 このページの先頭へ▲ 職歴 【 表示 / 非表示 】このページの先頭へ▲ 職歴 【 表示 / 非表示 】司法修...
    引用元: 研究者詳細 - 下村 眞美

  • 一般財団法人日本スポーツ仲裁機構

    名前 (ふりがな) 下村 眞美(しもむら まさみ) 1961年兵庫県生まれ 職業・肩書 教授 所属 大阪大学大学院高等司法研究科 勤務先住所 大阪府豊中市 専門分野 民事手続法(民事訴訟法・民事執行法) ▲ このページの先頭へ
    引用元: 一般財団法人日本スポーツ仲裁機構

  • JSAA

    名前 (ふりがな) 下村 眞美(しもむら まさみ) 1961年兵庫県生まれ 職業・肩書 教授 所属 大阪大学大学院高等司法研究科 勤務先住所 大阪府豊中市 専門分野 民事手続法(民事訴訟法・民事執行法)
    引用元: JSAA

  • 下村 眞美 弁護士(北総合法律事務所) - 弁護士・法律事務所データベース

    弁護士情報の修正 北総合法律事務所 下村 眞美 弁護士 (女性) 得意分野 取扱分野 基本情報 所属事務所情報 他の弁護士を探す 基本情報 姓名 下村 眞美 (しもむら まさみ) 性別 女性 出身地 所属弁護士会 大阪弁護士会 登録年度・登録番号 年/No.41984 執務時間 料金の目安 料金の 支払い方法 見積書作成の可否 経歴 著書・論文など 学歴・職歴 趣味・特技 URL 基本情報 所属事務所情報 他の弁護士を探す 所属事務所情報 ※リンクをクリックすると法律事務所の詳細情報が表示されます。 事務所名 北総合法律事務所 所在地 大阪府大阪市北区西天満4-7-1 北ビル1号館2階 TEL 06-6365-7778代 基本情報 所属事務所情報 他の弁...
    引用元: 下村 眞美 弁護士(北総合法律事務所) - 弁護士・法律事務所データベース

  • CiNii - 下村 真美

    1 重要判例解説 民事執行関係重要判例の回顧(平成19年・20年) 下村 眞美 新民事執行実務 (7), 121-136, 2009-03 2 民事執行制度の現状と展望 (特集 民事司法アクセスの現状と展望) 下村 眞美 法律時報 80(2), 58-63, 2008-02 3 最新判例批評(60)社団たる医療法人の社員の入社承認、理事選任及び診療所の開設に係る定款変更の各社員総会決議不存在確認の訴えにつきいずれも確認の利益があるとされた事例(最二判平成16.12.24) (判例評論(第570号)) 下村 眞美 判例時報 (1931), 194-198, 2006-08-01 4 日本の倒産実体法について--否認権と双方未履行契約の処理を中心に (特集 ウズベキスタン倒産法注釈書作成支援プロジェクト) -- (現地フォローアップセミナー(2005年9月6日開催)) 下村 眞美 法務省法務総...
    引用元: CiNii - 下村 真美

  • 出水 順 弁護士(北総合法律事務所) - 弁護士・法律事務所データベース

    北総合法律事務所の所属弁護士一覧 下村 眞美 同一エリアの弁護士 大阪府の弁護士一覧 大阪府大阪市北区の弁護士一覧 同一取扱分野の弁護士 「近隣トラブル」分野を取り扱う弁護士一覧 「金銭貸借・保証」分野を取り扱う弁護士一覧 「サラ金・多重債務」分野を取り扱う弁護士一覧 「交通事故」分野を取り扱う弁護士一覧 「離婚」分野を取り扱う弁護士一覧 「遺言・相続」分野を取り扱う弁護士一覧 「高齢者・障害者問題」分野を取り扱う弁護士一覧 「不動産売買」分野を取り扱う弁護士一覧 「不動産賃貸借」分野を取り扱う弁護士一覧 「会社法一般(株主総会・代表訴訟など)」分野を取り扱う弁護士一覧 「事業承継・M&A・企業再編」分野を取り扱う弁護士一覧 「債権保全・債権回収」分野を取り扱う弁護士一覧 「法人(会社)倒産問題」分野を取り扱う弁護士一覧 スポンサードリンク
    引用元: 出水 順 弁護士(北総合法律事務所) - 弁護士・法律事務所データベース

  • 【大阪弁護士会】会員検索サービス

    ◆ 検索結果 下村 眞美 (しもむら まさみ) 北総合法律事務所 住所 〒530-0047 大阪市北区西天満4-7-1北ビル1号館2階 地図(Google Maps) TEL 06-6365-7770 FAX 06-6365-7248 登録年 2010年 修習期 41期 ■ 著作権について 本ホームページの会員情報(データベース)に関する著作権は、大阪弁護士会に帰属しております。複製、転載、公衆送信等一切の行為を行うことはできません。
    引用元: 【大阪弁護士会】会員検索サービス

  • 法学教室 2010年12月号(No.363) | 有斐閣

    当号の執筆者一覧 下井 康史 下村 眞美 佐伯 仁志 名津井 吉裕 堀野 出 増井 良啓 大村 敦志 宇野 聡 山本 爲三郎 山本 隆司 山田 文 杉山 悦子 松下 淳一 松尾 健一 森田 宏樹 渡辺 咲子 田頭 章一 田高 寛貴 石川 健治 菱田 雄郷 葛原 力三 衆議院法制局法制執務研究会 酒巻 匡 長谷部 恭男 青井 未帆 高見澤 磨 鶴田 順 当号の分野一覧 4... 民事訴訟法 6... 民事訴訟法 > 当事者 10... 民事訴訟法 > 当事者 15... 民事訴訟法 > 訴え 20... 民事訴訟法 > 証拠(民訴法) 25... 民事訴訟法 > 判決(民訴法) 30... 民事訴訟法 > 共同訴訟・訴訟参加・訴訟承継 1... 常設欄 > 巻頭言 2... 常設欄 > J...
    引用元: 法学教室 2010年12月号(No.363) | 有斐閣

  • 著作一覧:下村 眞美(シモムラ マサミ) | 有斐閣

    在庫あり 全書籍 刊行予定 HOME > 著訳編者一覧 > 著作一覧 (下村 眞美) 下村 眞美 (シモムラ マサミ) 印刷用ページ 書籍一覧 分野 書名・価格・ISBN 著者 発行年月 >書籍一欄へ 雑誌記事一覧 民事訴訟法判例百選 第3版〔No.169〕 (定価 2,940円) Ⅲ_当事者・訴訟代理人 (4)訴訟能力 訴訟能力――特別代理人 在庫なし 民事執行・保全判例百選 〔No.177〕 (定価 2,730円) 【民事保全】 違法な保全命令による損害賠償責任(2)――損害の範囲 まとめて購入 ○在庫あり 法学教室 2...
    引用元: 著作一覧:下村 眞美(シモムラ マサミ) | 有斐閣

  • はじめに

    メンバーの一覧 野村美明 取引法研究 研究代表者 大阪大学大学院国際公共政策研究 教授 下村眞美 大阪大学大学院法学研究科 教授 森下哲朗 上智大学法学部 教授 山下典孝 大阪大学大学院高等司法研究科 准教授 Kent Anderson オーストラリア国立大学法学部 教授 Harald Baum マックスプランク外国法国際私法研究所 上級研究員 久保田隆 規制法研究 研究代表者 早稲田大学大学院法務研究科 教授 木下孝治 同志社大学司法研究科 教授 田澤元章 明治学院大学法学部 教授 弥永真生 筑波大学ビジネス科学研究科 教授
    引用元: はじめに

  • 組織図 - 特定領域研究プロジェクト「日本法の透明化」

    大阪大学 大学院国際公共政策研究科・教授 野村美明 ※金融取引法研究代表者 大阪大学 大学院法学研究科・教授 下村眞美 上智大学 法科大学院・教授 森下哲朗 慶應義塾大学 法学部・教授 北澤安紀 大阪大学 大学院高等司法研究科・准教授 山下典孝 オーストラリア国立大学 法学部・教授 Kent Anderson マックスプランク外国法国際私法研究所 上級研究員 Harald Baum 早稲田大学 大学院法務研究科・教授 久保田隆 ※監視規制法研究代表者 同志社大学 司法研究科・准教授 木下孝治 明治学院大学 法学部・教授 田澤元章 筑波大学 ビジネス科学研究科・教授 弥永真生
    引用元: 組織図 - 特定領域研究プロジェクト「日本法の透明化」

  • 判例紹介 会社破産における別除権放棄の意思表示の相手方(平成16年10月 ...

    判例紹介 会社破産における別除権放棄の意思表示の相手方(平成16年10月1日最高裁第二小法廷決定) 著者 下村 眞美 雑誌名 民商法雑誌 132(6) 号 出版社名 有斐閣 / 有斐閣 〔編〕 発行日 2005-09
    引用元: 判例紹介 会社破産における別除権放棄の意思表示の相手方(平成16年10月 ...

  • 大阪府/平成22年度 大阪府建設事業再評価監視委員会委員名簿 (平成22 ...

    いわい たまえ 岩井 珠惠 ヴィジュアルデザイナー かも 加茂 みどり 大阪ガス株式会社エネルギー・文化研究所 主任研究員 こいけ しゅんじ 小池 俊二 株式会社サンリット産業 代表取締役会長 しもむら まさみ 下村 眞美 大阪大学大学院高等司法研究科 教授 たたの ひろかず 多々納 裕一 京都大学防災研究所 教授 どい としき 土居 年樹 天神橋三丁目商店街振興組合 理事長 にいかわ たつろう ○ 新川 達郎 同志社大学大学院総合政策科学研究科 教授 ほしの さとし 星野 敏 京都大学大学院農学研究科 教授 まがた ひでお 曲田 秀男 株式会社曲田商店 代表取締役社長 まつざわ としお ◎ 松澤 俊雄 大阪市立大学大学院経済学研究科 教授 (50音順 ◎:委員長 ○:委員長代理) このページの作成所属 総務部 行政改革課 計画推進グループ
    引用元: 大阪府/平成22年度 大阪府建設事業再評価監視委員会委員名簿 (平成22 ...

  • 国立国会図書館 NDL-OPAC(雑誌記事索引 詳細表示)

    論題 重要判例解説 民事執行関係重要判例の回顧(平成19年・20年) 著者 下村 眞美 請求記号 Z71-J322 雑誌名 新民事執行実務 出版者・編者 民事法研究会 / 日本執行官連盟 編 巻号・年月日 (7) [2009.3] ページ 121〜136 ISSN 1346-5422 本文の言語コード jpn: 日本語 記事種別コード 8: 判例研究 記事登録ID 10250326 雑誌記事ID 793016100
    引用元: 国立国会図書館 NDL-OPAC(雑誌記事索引 詳細表示)

  • 法理論を語る: May 2005

    2005年5月16日18時30分から、法・経総合研究棟4F大会議室にて、 第4回先端系法領域研究会 が開催されました。今回は新年度体制になって初回ということで、研究会の代表である池田辰夫教授の報告と、下村眞美教授の報告でした。池田教授は「先端訴訟概論-先端訴訟をどう学ぶか-」という報告で、先端訴訟の特色や特有の困難などについて概説されました。下村教授は、「効率的な争点及び証拠の整理」という報告で、裁判所による医療関係訴訟の審理合理化の試みを手がかりとして、先端訴訟への対処のあり方についてかいつまんで紹介されました。いずれも今後の議論の大枠を明らかにする報告と理解しました。次回以降はより具体的なテーマで報告が行われます。 次回は大阪大学医学部付属病院クオリティーマネージャー中島和江助教授(医学系研究科)と私とで、「医療におけるコミュニケーション:医療紛争の発生拡大とコミュニケーションの意義」...
    引用元: 法理論を語る: May 2005

  • 法学教室|2010/11/27発売号|雑誌のネット書店 Fujisan ...

    ◆特集 つまずきのもと民事訴訟法 はしがき…松下淳一……4 ◇�T_当事者の確定…堀野 出……6 ◇�U_法人でない社団の当事者能力…下村眞美……10 ◇�V_確認の利益…山田 文……15 ◇�W_弁論主義の第一テーゼ――主要事実と間接事実の区別…杉山悦子……20 ◇�X_判決理由中の判断の拘束力…宇野 聡……25 ◇�Y_必要的共同訴訟…菱田雄郷……30 ◇�Z_独立当事者参加 八田卓也……34 【巻頭言】 ◇何処に…石川健治……1 【KEY_WORD】 ◇尖閣諸島沖中国漁船衝突事件…鶴田 順……2 【外国法紹介】 中国�B ◇中国法への誘い(3)――中国と長くつきあう…高見澤 磨……39 【条文の読み方――法制執務用語解説】〔第21回〕 ◇「適法」「正当」「適当」「適正」…衆議院法制局法制執務研究会……42 【短期集中連載】 会社法学習のための金商法入門〔第3回〕 ◇企業内容開示制度(...
    引用元: 法学教室|2010/11/27発売号|雑誌のネット書店 Fujisan ...

  • KAKEN - 紀ノ定 保臣(50161526)

    医事訴訟における医療情報システムのあり方に関する研究 下村 眞美 研究期間 : 2008年度~2010年度 研究分野 : 医療社会学 研究種目 : 基盤研究(C) 研究機関 : 大阪大学 医療組織での携帯端末の活用による医療リスク防止のための研究 前田 利之 研究期間 : 2007年度~2009年度 研究分野 : 社会システム工学・安全システム 研究種目 : 基盤研究(A) 研究機関 : 阪南大学 磁気共鳴法による生体組織病変検出のための分子イメージングの開発と臨床応用 恵良 聖一 研究期間 : 2007年度~2008年度 研究分野 : 生理学一般 研究種目 : 基盤研究(C) 研究機関 : 岐阜大学 MRIを用いた腫瘍細胞密度を可視化する分子画像の開発と癌治療への応用 松島 秀 研究期間 : 2007年度~2008年度 研究...
    引用元: KAKEN - 紀ノ定 保臣(50161526)

  • KAKEN - 紀ノ定 保臣(50161526)

    医事訴訟における医療情報システムのあり方に関する研究 下村 眞美 研究期間 : 2008年度~2010年度 研究分野 : 医療社会学 研究種目 : 基盤研究(C) 研究機関 : 大阪大学 医療組織での携帯端末の活用による医療リスク防止のための研究 前田 利之 研究期間 : 2007年度~2009年度 研究分野 : 社会システム工学・安全システム 研究種目 : 基盤研究(A) 研究機関 : 阪南大学 磁気共鳴法による生体組織病変検出のための分子イメージングの開発と臨床応用 恵良 聖一 研究期間 : 2007年度~2008年度 研究分野 : 生理学一般 研究種目 : 基盤研究(C) 研究機関 : 岐阜大学 MRIを用いた腫瘍細胞密度を可視化する分子画像の開発と癌治療への応用 松島 秀 研究期間 : 2007年度~2008年度 研究...
    引用元: KAKEN - 紀ノ定 保臣(50161526)

  • 資料詳細

    法学教室/月刊 2010−12 2010.12.01 通巻363号 有斐閣 1400円 月刊 つまずきのもと民事訴訟法 特集 つまずきのもと 民事訴訟法 〈1〉当事者の確定 堀野出 〈2〉法人でない社団の当事者能力 下村眞美 〈3〉確認の利益 山田文 〈4〉弁論主義の第一テーゼ 主要事実と間接事実の区別 杉山悦子 〈5〉判決理由中の判断の拘束力 宇野聡 〈6〉必要的共同訴訟 菱田雄郷 〈7〉独立当事者参加 八田卓也 巻頭言 何処に 石川健治 KEY WORD 尖閣諸島沖中国漁船衝突事件 鶴田順 外国法紹介 中国〈3〉中国法への誘い〈3〉中国と長くつきあう 高見澤磨 条文の読み方−法制執務用語解説〈第21回〉「適法」「正当」「適当」「適正」 衆議院法制局法制執務研究会 短期集中連載 会社法学習のための金商法入門〈第3回〉企業内容開示制度〈3〉開示規...
    引用元: 資料詳細

下村眞美 の相関図を読込中

基本情報 下村 眞美SHIMOMURA Masamiキーワード 民事手続法 このページの先頭へ▲ 所属組織 【 表示 / 非表示 】このページの先頭へ▲ 所属組織 【 表示 / 非表示 】 2002年

スポンサードリンク