中川和道の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 環境物理学/中川和道/共著 蛯名邦禎/共著 伊藤真之/共著 本・コミック : オンライン書店e-hon

    中川 和道 (ナカガワ カズミチ) 1950年愛媛県出身。名古屋大学工学部原子核工学科卒,同大学院博士後期課程修了。東京大学教養学部助手,神戸大学教育学部助教授を経て,現在,神戸大学発達科学部教授。工学博士 蛯名 邦禎 (エビナ クニヨシ) 1951年神奈川県出身。京都大学理学部卒(主として物理学を専攻)。大阪大学大学院基礎工学研究科博士後期課程物理系専攻修了。神戸大学教養部助手,神戸大学発達科学部助教授を経て,現在,同学部教授。工学博士 伊藤 真之 (イトウ マサユキ) 1960年東京都出身。東京大学理学部物理学科卒,同大学院理学系研究科博士課程物理学専攻修了。文部省宇宙科学研究所助手を経て,現在,神戸大学発達科学部助教授。理学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
    引用元: 環境物理学/中川和道/共著 蛯名邦禎/共著 伊藤真之/共著 本・コミック : オンライン書店e-hon

  • 環境物理学/中川和道/共著 蛯名邦禎/共著 伊藤真之/共著 本 ...

    中川 和道(ナカガワ カズミチ) 1950年愛媛県出身。名古屋大学工学部原子核工学科卒、同大学院博士後期課程修了。東京大学教養学部助手、神戸大学教育学部助教授を経て、現在、神戸大学発達科学部教授。工学博士 蛯名 邦禎(エビナ クニヨシ) 1951年神奈川県出身。京都大学理学部卒(主として物理学を専攻)。大阪大学大学院基礎工学研究科博士後期課程物理系専攻修了。神戸大学教養部助手、神戸大学発達科学部助教授を経て、現在、同学部教授。工学博士 伊藤 真之(イトウ マサユキ) 1960年東京都出身。東京大学理学部物理学科卒、同大学院理学系研究科博士課程物理学専攻修了。文部省宇宙科学研究所助手を経て、現在、神戸大学発達科学部助教授。理学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
    引用元: 環境物理学/中川和道/共著 蛯名邦禎/共著 伊藤真之/共著 本 ...

  • セブン&アイのセブンネットショッピング - 書籍 - 環境物理学 ...

    中川 和道(ナカガワ カズミチ) 1950年愛媛県出身。名古屋大学工学部原子核工学科卒、同大学院博士後期課程修了。東京大学教養学部助手、神戸大学教育学部助教授を経て、現在、神戸大学発達科学部教授。工学博士 蛯名 邦禎(エビナ クニヨシ) 1951年神奈川県出身。京都大学理学部卒(主として物理学を専攻)。大阪大学大学院基礎工学研究科博士後期課程物理系専攻修了。神戸大学教養部助手、神戸大学発達科学部助教授を経て、現在、同学部教授。工学博士 伊藤 真之(イトウ マサユキ) 1960年東京都出身。東京大学理学部物理学科卒、同大学院理学系研究科博士課程物理学専攻修了。文部省宇宙科学研究所助手を経て、現在、神戸大学発達科学部助教授。理学博士
    引用元: セブン&アイのセブンネットショッピング - 書籍 - 環境物理学 ...

  • J-GLOBAL - HAUPによるキラル薄膜の分光学的研究 【文献】

    中川和道 所属機関: 神戸大学 大学院人間発達環境学研究科 人間環境学専攻 神戸大学 大学院人間発達環境学研究科 【この人名をキーに探す】 研究者リゾルバー | GeNii | PORTA 田中真人 所属機関: 独立行政法人産業技術総合研究所 計測フロンティア研究部門 光・量子イメージング技術研究グループ 研究分野: シンクロトロン放射光 円二色性 アンジュレータ 真空紫外線 生体物質 【詳細情報】 研究者HP 【この人名をキーに探す】 研究者リゾルバー | GeNii | PORTA 朝日透 所属機関: 早稲田大学 理工学術院 研究分野: 機能・物性・材料、固体物性I(光物性・半導体・誘電体)、固体物性II(磁性・金属・低温) 【この人名をキーに探す】 研究者リゾルバー | GeNii | PORTA
    引用元: J-GLOBAL - HAUPによるキラル薄膜の分光学的研究 【文献】

  • 神戸大学 環境報告書2008:環境に関する教育・研究と地域連携

    環境に関する教育 「自然環境総合演習」の15年 人間発達環境学研究科 教授 中川 和道 発達科学部自然環境論コースの2年生の科目に自然環境総合演習がある。つくば地区の研究所を訪問見学する研修科目である。本稿では15年にわたって続いているこの科目を紹介する。 現在この科目は1単位の選択科目である。4月にイントロ ( 90分 ) を行って参加者を募集し、5月、6月、7月に一度ずつ自分の下調べテーマを発表してもらう機会を設け ( 毎回90分 ) たのち、9月につくば旅行を行う。費用約2万円は学生の個人負担である。主な見学箇所は国立環境研究所、宇宙航空技術研究機構筑波宇宙センター、産業技術総合研究所などである。これらの研究所にはあらかじめ見学申込みを行い、見学する研究部門と内容を打合わせておく。例年、2年生約15名に1年生、3年生や4年生、時には大学院生も含めて大体20名程度の規模で実施している。...
    引用元: 神戸大学 環境報告書2008:環境に関する教育・研究と地域連携

  • 環境物理学: 紀伊國屋書店BookWeb

    中川和道 [ナカガワカズミチ] 1950年愛媛県出身。名古屋大学工学部原子核工学科卒、同大学院博士後期課程修了。東京大学教養学部助手、神戸大学教育学部助教授を経て、現在、神戸大学発達科学部教授。工学博士
    引用元: 環境物理学: 紀伊國屋書店BookWeb

  • naka15nov.htm

    第 2回新BL16検討会は中川和道さん(神戸大学)をお招きして 「円偏光スイッチングによる生体分子のVUV・SX自然円二色性の研究」 という題名でセミナーをお願いしました。 日時: 2004年11月15日(月)13時30分から 場所: PF研究棟2F会議室 内容:アミノ酸蒸着膜の自然円二色性N CDを軟X線領域で測定することに成功した.SPring-8 BL23SUのヘリカルアンジュレーターを用いて左右円偏光を0.1 Hzで機械的にスイッチングし,ドレイン電流法で統計処理を加味した測定手法を用い,窒素K殻領域(408eV付近)と酸素K殻領域(540eV付近)とで測定を行った. 右旋性アミノ酸の CDは左旋性フアミノ酸のCDと絶対値(吸収極大の0.2 %程度)が等しく,符号が反対であり,ラセミ体はCDを示さないことが分かった.実験で得られたCDピークのエネルギー位置は,Agrenグループによ...
    引用元: naka15nov.htm

  • 中川 和道 (なかがわ かずみち) | 神戸大学発達科学部・神戸大学大学 ...

    階層表示: Top » 学内情報 » 「在学生」「教職員」向け (共通) » 教員一覧 » 氏名 [な行] » 中川 和道 (なかがわ かずみち) 氏名・職名 メールアドレス 中川 和道 (Kazumichi NAKAGAWA) 教授 メール: nakagawa@ 【続けて「 kobe-u.ac.jp 」を入力してください】 取得学位 工学博士 (名古屋大学) 研究分野 放射光物性物理学,環境物理学 [学部] 所属 研究テーマ 人間環境学科 自然環境論コース 大気環境科学 (太陽を光源とした温暖化ガスの検出など) やシンクロトロン放射を用いた生体分子の分光 (アミノ酸やDNA分子など) に関する研究を行っています。 [大学院] 所属 研究テーマ [博士課程前期課程] 人間環境学専攻 自然環境論コース [博士課程後期課程] 人間環境学専攻 自然環境論分野 大気環境科学 (...
    引用元: 中川 和道 (なかがわ かずみち) | 神戸大学発達科学部・神戸大学大学 ...

  • ひらめきときめき サイエンス- 日本学術振興会

    先生(実施担当) 三浦 伸夫(みうら のぶお) 国際文化学研究科・教授 中川 和道(なかがわ かずみち) 人間発達環境学研究科・教授 蛯名 邦禎(えびな くによし) 人間発達環境学研究科・教授 福田 行男(ふくだ ゆきお) 神戸大学名誉教授 塚原 東吾(つかはら とうご) 国際文化学研究科・教授 経歴紹介:PDFファイル 開 催 日 平成20年11月22日(土) 開 催 場 所 神戸大学百年記念館(神大会館) 住所:神戸市灘区六甲台町1-1 http://www.kobe-u.ac.jp/info/access/rokko/bun-ri-nou.htm#themap 主な募集対象 高校生 30名 内 容 ガリレオはなぜ偉大なのでしょうか? 「地動説」や「ピサの斜塔」だけではありません。...
    引用元: ひらめきときめき サイエンス- 日本学術振興会

  • 「ネットなどではわからない本当の話し聞けてよかった」「今後の社会の在り方 ...

    20日、兵庫学生新歓実行委員会は、日本科学者会議兵庫支部が後援し、連続学問講座②「福島原発事故とは何だったのか?」を開催し、チラシやポスターをみた神戸大学生らが参加しました。 講演は、中川和道神戸大学発達科学部教授(放射光物性物理専攻)が映像も使いながらおこないました。 中川氏は、はじめに「もう収束していると予測していたから、こういうタイトルにしましたが、まだまだなんですね」と前置きをしたうえで講演をはじめました。 講演の初めには、ガイガーカウンターで放射線がでるときの音をだし、「こんな感じで、放射線を検知します」と紹介。また参加者からだされた「放射能」「原発の構造」などについて、まずはその構造を核分裂反応などの原理的な部分から説明。そして福島第一原発の「軽水炉」型の構造を紹介したうえで、福島第一原発事故について詳しくふれました。中川氏は、そのなかで東京電力の体質についても指摘。「何か起こ...
    引用元: 「ネットなどではわからない本当の話し聞けてよかった」「今後の社会の在り方 ...

  • 「生命の起原および進化学会」の啓蒙活動から | 神戸大学発達科学部・神戸 ...

    階層表示: Top » ハッタツ概要 » 出版物 » 社会貢献レポート » 2007年度 » 「生命の起原および進化学会」の啓蒙活動から 中川 和道 (人間環境学専攻、環境基礎論講座) 写真 1. ミラーの実験の放電色を見る実験 赤紫は窒素の放電色を表す 学会の啓蒙活動を紹介する。中川が所属している「生命の起原および進化学会」では、研究組織に所属していなくても生命の起原、進化、宇宙での生命の存在などに興味関心をもつ方々の希望に応えようと2年前に「生命の起原および進化 友の会」 (以下「友の会」と略記) を発足させた。 2007年10月8日に「友の会」の第1回イベントを中川の担当で実施した。大阪市立科学館で実験つき講演会「ミラーの実験 (カミナリ放電によるアミノ酸の生成実験) は歴史に何を残したか?」を開催した。友の会会員とともに一般の方々にもご参加いただき、50名の参加者を得て、ミラーの実...
    引用元: 「生命の起原および進化学会」の啓蒙活動から | 神戸大学発達科学部・神戸 ...

  • 低炭素社会への挑戦 資源・エネルギー・社会システムから切り開く未来 ...

    環境物理学 中川和道/共著 蛯名邦禎/共著 伊藤真之/共著 3,150円 大前研一と考える「営業」学 営業こそプロフェッショナルを目指せ 大前研一/編著 大前研一/著 斎藤顕一/著 須藤実和/著 川... 1,575円 中国人を買う気にさせる営業戦略 中国巨大市場は12の消費パターンで攻略せよ! 張晟/著 1,680円 環境白書 循環型社会白書/生物多様性白書 平成23年版 環境省総合環境政策局環境計画課/編集 環境省大臣官房廃棄物・... 2,500円 ドラッカー『マネジメント』 人こそ、最大の資産である! 上田惇生/著 日本放送協会/編集 NHK出版/編集 550円 中国人の面子 知っておくと必ずビジネスに役立つ 吉村章/著 1,365円 マネー避難 危険な銀行預金から撤退せよ! 藤巻健史/著 1,000円 論語 孔子は「白熱教室」の先生だ! ...
    引用元: 低炭素社会への挑戦 資源・エネルギー・社会システムから切り開く未来 ...

  • 主催・共催・協賛・後援

    第53回放射線化学討論会 実行組織 実行委員会 熊谷 純(名大;実行委員長)、中川和道(神戸大;会長)、鷲尾一方(早稲田大)、小嶋拓治(原研機構)、関 修平(阪大) プログラム委員会 熊谷 純(名大;プログラム委員長)、大島昭博(阪大)、小田切丈(東工大)、熊田高之(原研機構)、小泉 均(北大)、古澤孝弘(阪大)、田口光正(原研機構)、永石隆二(原研)、平出哲也(原研) 事務局 熊谷 純(名大;総合)、今井重文(名大;Webサーバー)、清水裕太(名大:会場)、宮田彩子(名大;会計)
    引用元: 主催・共催・協賛・後援

  • 会誌「放射線化学」

    メッセージ 会長からの激励メッセージ 中川和道(日本放射線化学会 会長) [ PDFファイル(63 kB) ] 巻頭言 科学者とセレンディピティ 住吉 孝(北大) [ PDFファイル(111 kB) ] 特集記事 イオン液体入門 高橋憲司(金沢大) [ PDFファイル(247 kB) ] イオン液体の放射線分解反応 高橋憲司(金沢大) [ PDFファイル(416 kB) ] 雰囲気や組成を制御したイオン液体中の放射線分解挙動 永石隆二(原子力機構) [ PDFファイル(1.33 MB) ] イオン液体中の光化学反応 加藤隆二(産総研) [ PDFファイル(491 kB) ] 「放射線化学反応場としてのイオン液体の利用」 木村 敦(原子力機構) [ PDFファイル(466 kB) ] イオン液体中の電子と溶媒和過程とジ...
    引用元: 会誌「放射線化学」

  • 会誌「放射線化学」

    平成21年度 日本放射線化学会各賞の選考結果 中川和道(学会各賞選考委員会委員長) 事務局移転のお知らせ 日本放射線化学会・事務局 放射線化学会誌TeX化のお知らせ 小嶋拓治(編集委員長)
    引用元: 会誌「放射線化学」

  • 会誌「放射線化学 90号」

    平成21年度 日本放射線化学会各賞の選考結果 中川和道(学会各賞選考委員会委員長) 事務局移転のお知らせ 日本放射線化学会・事務局 放射線化学会誌TeX化のお知らせ 小嶋拓治(編集委員長)
    引用元: 会誌「放射線化学 90号」

  • やぐら体験会(個人レッスン)の報告

    百丈やぐら体験会の報告 大阪労山技術委員会 中川和道 百丈やぐらは近畿圏の登山者が自由に使える確保トレーニング用施設として積極的な役割を果たしているが、その利用には山岳会単位での使用団体登録が必要である。現状では自前でやぐらを使用できる山岳会・団体は決して多くはない。そこで今回、個人単位の利用を募集し、そのことを通じてやぐらの使い方を覚えてくださる山岳会・団体を増やしていくことをめざして、個人レベル(費用は一人500円での参加が可能な「やぐら体験会」を大阪労山技術委員会の主催で開催することになった。 期日は2001年3月3日と3月31日の2回であった。結果的にはのべ16名の参加者があって盛会であったが、31日には受講者の1名がやぐらのアングル部のかどにひざをぶつけて3針の縫合治療を受けるという事故がおきてしまい、今後への課題を残すこととなった。 講習にあたっては、受講者のレベ...
    引用元: やぐら体験会(個人レッスン)の報告

  • 会誌「放射線化学」

    学会賞等選考委員会から:平成18年度学会賞および奨励賞について 中川和道(神戸大)
    引用元: 会誌「放射線化学」

  • ナショナル・ミニマムの軸となる最賃制 - Books@BBSP

    So-net blog:科学コミュニケーションブログ 宇宙とニュートリノ (原 俊雄先生) -最初の生命はどこで生まれたか?(中川和道先生) ... 学術会議の黒川議長の動画配信 ... 「日本の科学技術政策の要諦」 客員教授 黒川 清. http://www.rcast.u-tokyo. ...
    引用元: ナショナル・ミニマムの軸となる最賃制 - Books@BBSP

  • 有害紫外線モニタリングネットワーク

    神戸大学大学院 人間発達環境学研究科 環境基礎論講座 神戸大学発達科学部 自然環境絵論コース 中川和道 TEL:078-803-7750 FAX:078-803-7761 E-mail:nakagawa(末尾に@kobe-u.ac.jpを付けてください)
    引用元: 有害紫外線モニタリングネットワーク

  • KAKEN - 中川 和道(00134403)

    シンクロトロン放射光を用いた超臨界流体の溶媒構造の解明 中川 和道 研究期間 : 1992年度~1992年度 研究分野 : 研究種目 : 重点領域研究 研究機関 : 神戸大学
    引用元: KAKEN - 中川 和道(00134403)

  • KAKEN - 中川 和道(00134403)

    シンクロトロン放射光を用いた超臨界流体の溶媒構造の解明 中川 和道 研究期間 : 1992年度~1992年度 研究分野 : 研究種目 : 重点領域研究 研究機関 : 神戸大学
    引用元: KAKEN - 中川 和道(00134403)

  • 東京新聞:岳人2006年11月号(完売):岳人(TOKYO Web)

    ◆トピックス ◆追悼・石岡繁雄さん 文・中川和道 ◆ニュース、新刊紹介、書評、海外図書 ◆インフォメーション
    引用元: 東京新聞:岳人2006年11月号(完売):岳人(TOKYO Web)

  • 【裳華房 図書目録】 環境科学 − 環境全般

    裳華房フィジックスライブラリー 環境物理学 中川和道・蛯名邦禎・伊藤真之 共著 A5判/288頁/定価3150円(本体3000円+税5%)/2004年11月 ISBN978-4-7853-2222-9
    引用元: 【裳華房 図書目録】 環境科学 − 環境全般

  • 日本放射線化学会について

    会長 市川恒樹(北海道大学) 副会長 勝村庸介(東京大学) 南波秀樹(原研高崎) 中川和道(神戸大学) 河内宜之(東工大)
    引用元: 日本放射線化学会について

中川和道 の相関図を読込中

中川 和道 (ナカガワ カズミチ) 1950年愛媛県出身。名古屋大学工学部原子核工学科卒,同大学院博士後期課程修了。東京大学教養学部助手,神戸大学教育学部助教授を経て,現在,神戸大学発達科学部教授。

スポンサードリンク