中村米吉の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 中村米吉 - Wikipedia

    中村 米吉(なかむら よねきち)は、歌舞伎役者の名跡。屋号は播磨屋、四代目および五代目のときに一時萬屋としている( → 詳細は「萬屋」の項を参照)。定紋は播磨屋のときが揚羽蝶、萬屋のときが桐蝶、替紋は蔓片喰(つるかたばみ)。「米吉」は初代の幼名に由来する。 初 代 中村米吉 初代中村歌六の三男、1849–1919。 初代中村米吉 → 初代中村梅枝 → 初代中村時蔵 → 三代目中村歌六 二代目 中村米吉 初代の次男、1895–1959。 二代目中村米吉 → 三代目中村時蔵 三代目 中村米吉 初代の三男。1909–88。 三代目中村米吉 → 四代目中村もしほ → 十七代目中村勘三郎(中村屋) 四代目 中村米吉 二代目 中村歌昇の長男、二代目の孫。1950– 。 四代目中村米吉 → 五代目中村歌六 五代目 中村米吉 四代目の長男、1993– 。当代。
    引用元: 中村米吉 - Wikipedia

  • 歌舞伎俳優名鑑 現在の俳優篇 「五代目中村米吉」

    中村 米吉 (五代目) なかむら よねきち 【家系図】 屋号 播磨屋 定紋 揚羽蝶 プロフィール | 舞台写真 | ページ先頭へ プロフィール ▼中村歌六の長男。平成5年3月8日生まれ。12年7月歌舞伎座『宇和島騒動』の武右衛門倅(せがれ)武之助で父・歌六の前名を継ぎ五代目中村米吉を襲名し初舞台。13年7月歌舞伎座『楼門五三桐』で父が演じた三二五郎七の倅(せがれ)五郎市、18年3月歌舞伎座『水天宮利生深川』の娘お霜、5月新橋演舞場『道成寺』の所化、21年3月歌舞伎座『元禄忠臣蔵』の細川内記を演じる。 プロフィール | 舞台写真 | ページ先頭へ 舞台写真 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます) 『水天宮利生深川』筆屋幸兵衛 幸兵衛娘お霜 プロフィール | 舞台写真 | ページ先頭へ
    引用元: 歌舞伎俳優名鑑 現在の俳優篇 「五代目中村米吉」

  • 中村歌六 (5代目) - BIGLOBE百科事典

    ごだいめ なかむら かろく 五代目 中村歌六 屋号 播磨屋 定紋 揚羽蝶 生年月日 1950年 10月14日 (60歳) 本名 小川進一 襲名歴 1. 四代目中村米吉 2. 五代目中村歌六 父 二代目中村歌昇 兄弟 三代目中村歌昇 子 中村米吉 (5代目) 中村龍之助 五代目 中村歌六 (ごだいめ なかむら かろく、 1950年 (昭和25年) 10月14日 - )は 歌舞伎 役者。本名は 小川 進一 (おがわ しんいち)。 屋号 は 播磨屋 。 定紋 は 揚羽蝶 [1] 、替紋は 蔓片喰 ・ 歌六梅 。 二代目中村歌昇 の長男。 1955年 (昭和30年)9月の歌舞伎座『松竹梅湯島掛額』(お土砂)の小僧、『 夏祭浪花鑑 』の倅市松で四代目中村米吉を名乗って初舞台。 1976年 (昭和51年)6月歌舞伎座『鬼一法眼三略巻』(一條大蔵譚)の一...
    引用元: 中村歌六 (5代目) - BIGLOBE百科事典

  • 歌舞伎俳優名鑑 現在の俳優篇 「二代目中村小山三」

    経歴 芸歴: ▼大正9年生まれ。幼くして三代目中村米吉(十七代目中村勘三郎)に入門。大正15年10月本郷座『忠臣講釈』の重太郎の一子で中村小米を名のり初舞台。中村蝶吉を経て、昭和23年6月東京劇場で中村しほみと改め名題昇進。34年4月歌舞伎座で二代目中村小山三を襲名。 受賞: ▼国立劇場奨励賞、同特別賞など多数。平成9年第三回日本俳優協会賞功労賞。18年文化庁長官表彰。
    引用元: 歌舞伎俳優名鑑 現在の俳優篇 「二代目中村小山三」

  • 中村米吉 - goo 映画

    中村米吉 (ナカムラヨネキチ) リンクするには 出演 - 中村米吉 柳生一族の陰謀(1978) お役者文七捕物暦 蜘蛛の巣屋敷(1959) 中村米吉 はこんな人とよく仕事をしています 井川徳道(イカワノリミチ) 中村時之介(ナカムラトキノスケ) 原健策(ハラケンサク) 深作欣二(フカサクキンジ) 萬屋錦之介(ヨロズヤキンノスケ) 検索 - 中村米吉 ウェブ検索 [中村米吉]について、ウェブ検索で調べる ブログ検索 [中村米吉]に関連するブログを探す Wikipedia検索 [中村米吉]について、Wikipedia検索で探す 映画 | 俳優・監督 俳優・監督 ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ナ ニ ヌ ネ ノ ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行 A, B, C, D, E F, G...
    引用元: 中村米吉 - goo 映画

  • 中村蝶吉 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

    歌舞伎俳優名鑑 現在の俳優篇 「二代目中村小山三」 幼くして三代目中村米吉(十七代目中村勘三郎)に入門。大正15年10月本郷座『忠臣講釈 』の重太郎の一子で中村小米を名のり初舞台。 中村蝶吉 を経て、昭和23年6月東京劇場で 中村しほみと改め名題昇進。34年4月... http://www.kabuki.ne.jp/meikandb/meikan/actor/128 歌舞伎俳優名鑑 想い出の名優篇 「二代目中村千彌」 四代目中村もしほ(十七代目中村勘三郎)に師事し、昭和23年9月新橋演舞場で 中村蝶吉 を ... http://www.kabuki.ne.jp/meikandb/omoide/actor/420 中村蝶吉 のプロフィール - allcinema 中村蝶吉 なかむら・ちょうきち. 中村蝶吉 をYahoo!で検索; Yahoo!で検索. 作品; コメント(0). 【フィルモグラ...
    引用元: 中村蝶吉 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

  • 「中村米吉」の関連映画・プロフィール | Movie Walker

    中村米吉(ナカムラヨネキチ)の映画作品 年代別 映画作品(1959年~1978年まで合計 2映画 作品) 1978年 柳生一族の陰謀 1978/1/21(土)公開 猿若雪之丞 役 :出演 権力に生きる柳生一族の存続を賭けた陰謀が、骨肉の争いへと展開していく姿を描く。脚本は「トラック野郎 度胸一番星」の野上龍雄と「仁義と抗争」の松田寛夫と「ドーベルマン刑事」の深作欣二の共同執筆、監督も同作の深作欣二、撮影は「仁義と抗争」の中島徹がそれぞれ担当。 監督 深作欣二 出演キャスト 萬屋錦之介 松方弘樹 西郷輝彦 山田五十鈴 1959年 お役者文七捕物暦 蜘蛛の巣屋敷 1959/4/1公開 秀太郎 役 :出演 中村錦之助の文七捕物暦シリーズ第一作。横溝正史の原作を「忠臣蔵(1959)」の比佐芳武が脚色し「右門捕物帖 片眼の狼」の沢島忠が監督、「美男城」の坪井誠が撮影した。 監督 沢島...
    引用元: 「中村米吉」の関連映画・プロフィール | Movie Walker

  • 中村歌六 (3代目) - BIGLOBE百科事典

    さんだいめ なかむら かろく 三代目 中村 歌六 『芽出柳翠松前』の大久保彦左衛門 屋号 播磨屋 定紋 揚羽蝶 生年月日 1849年 5月8日 没年月日 1919年 5月17日 (満70歳没) 本名 波野時蔵 襲名歴 1. 初代中村米吉 2. 初代中村梅枝 3. 初代中村時蔵 4. 三代目中村歌六 俳名 獅童 出身地 大阪市 島之内 父 初代中村歌六 母 小川かめ 兄弟 中村歌六 (2代目)(兄) 子 中村時蔵 (2代目) 初代中村吉右衛門 三代目中村時蔵 十七代目中村勘三郎 三代目 中村 歌六 (さんだいめ なかむら かろく、 嘉永 2年 4月16日 ( 1849年 5月8日 ) - 1919年 (大正8年) 5月17日 )は 明治 時代の 歌舞伎 役者。 俳名 は獅童、 屋号 は 播磨屋 。 定紋 は 揚羽蝶 、...
    引用元: 中村歌六 (3代目) - BIGLOBE百科事典

  • 『中村龍之助』人物情報 - NAVER人物検索

    中村龍之助 なかむらりゅうのすけ 生年月日 1995年4月22日 職種 歌舞伎役者 性別 男 星座 おうし座 現所属 日本俳優協会 関連人物 四代目中村歌六 (祖父) 五代目中村歌六 (父) 五代目中村米吉 (兄) 三代目中村歌昇 (叔父) 四代目中村種太郎 (いとこ) 中村種之助 (いとこ) 関連リンク 所属協会公式プロフィール 中村龍之助との関連検索 同じ年生まれの人物 同じ職種の人物 同じ星座の人物 今、話題の人物 もっと見る NMB48 NMB48「じゃんけん大会」予備戦 チャン・グンソク 「ビストロSMAP」出演へ 桂三枝 「六代 桂文枝」襲名発表会見 人物ファインダー 職種などによる絞り込み検索
    引用元: 『中村龍之助』人物情報 - NAVER人物検索

  • 中村歌六 (5代目) - Wikipedia

    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 移動: 案内 , 検索 ごだいめ なかむら かろく 五代目 中村歌六 屋号 播磨屋 定紋 揚羽蝶 生年月日 1950年 10月14日 (60歳) 本名 小川進一 襲名歴 1. 四代目中村米吉 2. 五代目中村歌六 父 二代目中村歌昇 兄弟 三代目中村歌昇 子 五代目中村米吉 中村龍之助 表示 五代目 中村歌六 (ごだいめ なかむら かろく、 1950年 (昭和25年) 10月14日 - )は 歌舞伎 役者。本名は 小川 進一 (おがわ しんいち)。 屋号 は 播磨屋 。 定紋 は 揚羽蝶 、替紋は 蔓片喰 ・歌六梅。俳名に紫琴、芝琴がある。 二代目中村歌昇 の長男。昭和30年 (1955) 9月、 歌舞伎座 『 松竹梅湯島掛額 』(お土砂)の小僧と『 夏祭浪花鑑 』(三婦内・...
    引用元: 中村歌六 (5代目) - Wikipedia

  • 中村歌六の出演時間

    ごだいめ なかむら かろく 五代目 中村歌六 屋号 播磨屋 定紋 揚羽蝶 生年月日 1950年 10月14日(60歳) 本名 小川進一 襲名歴 1. 四代目中村米吉 2. 五代目中村歌六 父 二代目中村歌昇 兄弟 三代目中村歌昇 子 五代目中村米吉
    引用元: 中村歌六の出演時間

  • 中村歌六 - Yahoo!百科事典

    (1849―1919)本名 波野 時蔵。初世の三男。中村米吉(よねきち)、梅枝(ばいし)、時蔵を経て、1908年(明治41)3世を 襲名 。初め上方(かみがた)の 小芝居 や中芝居で修業ののち、1873年兄の2世歌六とともに上京して、河原崎権之助(かわらさきごんのすけ)(9世 市川団十郎 )と一座したが、 活歴 (かつれき)についての意見があわず、以後は東京の各座を転勤してその実力を認められた。9世団十郎、5世菊五郎の没後は老巧の俳優として重用された。 立役 (たちやく)に 女方 を兼ね、上方風の細かい芸風の腕利き俳優として大衆に人気があった。晩年は長男の初世 中村吉右衛門 (きちえもん)の後見的立場で、二長町(にちょうまち)の 市村座 に出演していた。その三男が17世 中村勘三郎 である。
    引用元: 中村歌六 - Yahoo!百科事典

  • 歌舞伎俳優名鑑 現在の俳優篇 「五代目中村歌六」

    経歴 芸歴: ▼昭和25年10月14日生まれ。四代目中村歌六の長男。弟は歌昇、いとこに時蔵、錦之助、獅童がいる。30年9月歌舞伎座『夏祭浪花鑑』の倅(せがれ)市松ほかで四代目中村米吉(よねきち)を名のり初舞台。48年名題昇進。56年6月歌舞伎座『一條大蔵譚』の大蔵卿で五代目中村歌六を襲名。 受賞: ▼昭和44年、56年に国立劇場奨励賞。59年歌舞伎座優秀賞。平成7年松竹会長賞。8年眞山青果賞奨励賞。13年十三夜会賞助演賞。19年12月国立劇場優秀賞。
    引用元: 歌舞伎俳優名鑑 現在の俳優篇 「五代目中村歌六」

  • リンクのしかた 中村米吉 -

    リンクのしかた - 中村米吉 (ナカムラヨネキチ) goo 映画は、リンクフリーです。下のHTMLソースをコピーして貼り付けるだけで、簡単にリンクできます。 gooの了解をとる必要はありません。どしどしリンクしてください! テキストタイプ(詳細) 次のように表示されます。 中村米吉 - goo 映画 HTMLソース <a href="http://movie.goo.ne.jp/cast/c101150/index.html" title="中村米吉 - goo 映画" target="_blank">中村米吉 - goo 映画</a><br> テキストタイプ(シンプル) 次のように表示されます。 goo 映画 HTMLソース <a href="http://movie.goo.ne.jp/index.html" title="goo 映画" target="_blank">goo 映画<...
    引用元: リンクのしかた 中村米吉 -

  • スタッフブログ | 江差 旅庭 -群来-

    江差の文化財紹介『旧中村家住宅』 中歌町に残されている旧中村家住宅は、江戸時代から日本海沿岸の漁家を相手に、海産物の仲買商を営んでいた近江商人の大橋宇兵衛が建てたものです。大正初期に大橋家から中村米吉が譲り受け、昭和46年に重要文化財に指定され、昭和49年に中村家より町に寄贈。昭和57年に修復が完成し一般に公開しています。家屋は、当時江差と北陸を往復していた北前船で運んできた笏谷石(しゃくだにいし)を積み上げた土台に、総ヒノキアスナロ(ヒバ)切妻造りの大きな二階建ての母屋、さらに母屋から浜側まで文庫倉、下の倉、ハネ出しまで続く通り庭株式で当時の問屋建築の代表的な造りとなっています。kuma
    引用元: スタッフブログ | 江差 旅庭 -群来-

  • あなたに、プラスアルファインターネット - カテゴリー検索 - 十七代目 ...

    女形・立役をともにこなし、戦後の歌舞伎界の復興に力を尽くした名俳優。三代目中村歌六の三男として1909年に生まれる。1916年、『花川戸噂の俎板』の倅長松で三代目中村米吉を襲名して初舞台を踏む。1950年、十七代目中村勘三郎を襲名し、新たに中村屋を創設。六代目菊五郎と初代吉右衛門の芸風を吸収し、種別を問わない広い芸を身に着け、女形出身らしい柔らかな味わいと人情味で人気を博した。1975年、人間国宝指定、1980年、文化勲章受章。1988年になくなるまで通算800役以上を勤めた記録は、ギネスブックに登録されているという。
    引用元: あなたに、プラスアルファインターネット - カテゴリー検索 - 十七代目 ...

  • 十七代目中村勘三郎(中村屋)|Kiraku

    女形・立役をともにこなし、戦後の歌舞伎界の復興に力を尽くした名俳優。三代目中村歌六の三男として1909年に生まれる。1916年、『花川戸噂の俎板』の倅長松で三代目中村米吉を襲名して初舞台を踏む。1950年、十七代目中村勘三郎を襲名し、新たに中村屋を創設。六代目菊五郎と初代吉右衛門の芸風を吸収し、種別を問わない広い芸を身に着け、女形出身らしい柔らかな味わいと人情味で人気を博した。1975年、人間国宝指定、1980年、文化勲章受章。1988年になくなるまで通算800役以上を勤めた記録は、ギネスブックに登録されているという。
    引用元: 十七代目中村勘三郎(中村屋)|Kiraku

  • 中村時蔵 (3代目) - Wikipedia

    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 移動: 案内 , 検索 さんだいめ なかむら ときぞう 三代目 中村 時蔵 『太平記忠臣講釈』七段目のおりえ 屋号 播磨屋 定紋 揚羽蝶 生年月日 1895年 6月6日 没年月日 1959年 7月12日 (満64歳没) 本名 小川米吉郎 襲名歴 1. 二代目中村米吉 2. 三代目中村時蔵 俳名 獅童 出身地 大阪府 大阪市 父 三代目中村歌六 母 かめ(嘉女) 芝居茶屋 萬屋吉右衛門の娘 兄弟 初代中村吉右衛門 十七代目中村勘三郎 妻 小川ひな 子 四代目中村時蔵 四代目中村歌六 初代中村獅童 萬屋錦之介 中村嘉葎雄 当たり役 『 八重桐廓噺 ・嫗山姥』の八重桐 『 艶姿女舞衣 ・酒屋』 『 妹背山婦女庭訓 ・吉野川』の定高、 『摂州合邦辻』の玉手御...
    引用元: 中村時蔵 (3代目) - Wikipedia

  • 中村時蔵(三代)|古美術、掛け軸、日本画に関する調べ物|思文閣

    氏 名 よ み 略 伝 20117 中村時蔵(三代) なかむら ときぞう 歌舞伎俳優。大阪生。三代中村歌六の次男、兄は初代中村吉左衛門、弟は十七代中村勘三郎。本名は小川米吉郎、俳名は獅童。二代中村米吉の名で初舞台。兄の女房役を長くつとめ、時代物・世話物・所作事をよくし、また二枚目の立役をつとめた。芸術院会員。昭和34年(1959)歿、64才。 企業情報 企業情報 採用情報 お問い合わせ 査定・買取 買いたい方 美術品販売 店舗案内 通信販売カタログ オンライン販売 査定・買取 買いたい方 ぎゃらりぃ アクセス案内 現在の催し 過去の催し 通信販売カタログ オンライン販売 古書・古典籍 アクセス案内 日本の古本屋...
    引用元: 中村時蔵(三代)|古美術、掛け軸、日本画に関する調べ物|思文閣

  • 時蔵のウェブ検索|ヤプログ!サーチ|yaplog!

    ウェブ検索結果 (最新記事一覧) 1. 中村 時蔵 - Wikipedia 中村 時蔵 . 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. 移動: 案内, 検索 ... 初代の次男、1895?1959。 二代目中村米吉 → 三代目中村 時蔵 . 四代目 中村 時蔵 . 三代目の次男、1927?62。 二代目中村梅枝 → 六代目中村芝雀(京屋)→ 四代目 ... ja.wikipedia.org 2. 時蔵 株式会社 マルチメディアコンテンツの企画制作、イベント・展示会の企画制作・運営、TV番組制作・CM 制作など、時代にマッチしたコンテンツを提供しています。 www.jizo-image.jp 3. 林家 時蔵 オフィシャルサイト プロフィール、スケジュール、環境落語の紹介。 www.tokizo.com 4. 歌舞伎俳優名鑑 現在の俳優篇 「五代目中村 時蔵 」 四代目...
    引用元: 時蔵のウェブ検索|ヤプログ!サーチ|yaplog!

  • e-net:ブロードバンド接続・ホスティングを提供するプロバイダー ...

    女形・立役をともにこなし、戦後の歌舞伎界の復興に力を尽くした名俳優。三代目中村歌六の三男として1909年に生まれる。1916年、『花川戸噂の俎板』の倅長松で三代目中村米吉を襲名...
    引用元: e-net:ブロードバンド接続・ホスティングを提供するプロバイダー ...

  • 五代目中村歌六(萬屋) ブログ|Kiraku

    [ラジオドラマ]一葉忌に「たけくらべ」を聴く ... 美登利役の二木てるみは当時天才子役として多くの少年を魅了していたし,信如役の中村米吉(現在は五代目中村 歌六 で 歌舞伎 の重鎮)や正太郎役の 池田秀一 ( ガンダム の シャア・アズナブル 役で知った人も多いだろうが 次郎物語 をはじめ ... http://d.hatena.ne.jp/mezala/20101123/1290484350 昭和56年 五代目中村歌六・五代目中村時蔵・二代目中村歌昇襲名 昭和56年6月 歌舞伎座三代目中村時蔵二十三回忌追善五代目中村歌六、五代目中村時蔵、二代目中村歌昇襲名披露演目:昼の部一、双蝶々曲輪日記 角力場二、妹背山婦女庭訓 道行恋苧環・三笠山御殿三、薫風江戸っ子物語演目:夜の部一、一條大蔵譚 奥殿二 ... http://blogs.yahoo.co.jp/c_taixian/58920812...
    引用元: 五代目中村歌六(萬屋) ブログ|Kiraku

  • 中村時蔵 - Yahoo!百科事典

    (1895―1959)3世歌六の次男で、初世 中村吉右衛門 (きちえもん)の弟。17世 中村勘三郎 の兄。1916年(大正5)中村米吉(よねきち)から3世時蔵を 襲名 。 女方 ながら 二枚目 の 立役 (たちやく)も勤め、 所作事 (しょさごと)にも優れていた。初世吉右衛門の相手役として活躍、昭和の立女方(たておやま)として功績があった。1958年(昭和33) 日本芸術院 会員。 [ 執筆者:服部幸雄 ]
    引用元: 中村時蔵 - Yahoo!百科事典

中村米吉 の相関図を読込中

中村 米吉(なかむら よねきち)は、歌舞伎役者の名跡。屋号は播磨屋、四代目および五代目のときに一時萬屋としている( → 詳細は「萬屋」の項を参照)。定紋は播磨屋のときが揚羽蝶、萬屋のときが桐蝶、替紋は

スポンサードリンク