中江滋樹の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 中江滋樹 - Wikipedia

    中江 滋樹 (なかえ しげき、1954年1月31日 - )は滋賀県近江八幡市出身の元証券ジャーナリスト。
    引用元: 中江滋樹 - Wikipedia

  • 書籍 兜町コンフィデンシャル | 商品案内 | 投資・経済・ビジネスの ...

    目次 著者プロフィール 第一章 中江滋樹と空白の八年第二章 ベンチャーを狙え!第三章 消えたクレイフィッシュ株第四章 私募CBの錬金術第五章 ハコ企業第六章 タックスヘイブンへの招待第七章 取引所麻痺第八章 大阪府警の奮闘第九章 浄化作戦終わりなき終章 強欲の彼岸と此岸 高橋篤史 たかはし・あつし 1968年愛知県生まれ。93年早稲田大学教育学部卒業。日刊工業新聞社を経て98年から東洋経済新報社記者。2009年に同社を退社。現在はフリーランスのジャーナリスト。 著書に『ドキュメント ゼネコン自壊』(2002年)、『粉飾の論理』(2006年)、『凋落 木村剛と大島健伸』(2011年、いずれも東洋経済新報社)
    引用元: 書籍 兜町コンフィデンシャル | 商品案内 | 投資・経済・ビジネスの ...

  • 中江滋樹 - BIGLOBE百科事典

    中江 滋樹 (なかえ しげき、 1954年 1月31日 - )は 滋賀県 近江八幡市 出身の元証券ジャーナリスト。 目次 1 来歴・人物 2 エピソード 3 脚注 4 関連項目 来歴・人物 投資ジャーナル 社を 1978年 に設立。投資ジャーナル、月刊投資家などを初めとした証券関連雑誌を発行し「絶対に儲かる」株式売買のテクニックを披露した。こうした雑誌は書店の経済、株式コーナーで平積みにされるほど発行部数が多く、後に 投資ジャーナル事件 の下敷きとなった。雑誌の売れ行きが良くなるとともに、多くの関連 会社 を設立、マスコミへの露出機会も増え「 兜町 の風雲児」といわれた。 投資ジャーナル事件で1985年に 逮捕 され、 1989年 に懲役6年の 実刑 を受ける。 1992年 10月に 仮釈放 となったものの、 1998年 4月に暴力団関係者から集めた数十億円を持ち逃げし...
    引用元: 中江滋樹 - BIGLOBE百科事典

  • 中江滋樹 - Wikipedia

    中江滋樹 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 移動: 案内 , 検索 中江 滋樹 (なかえ しげき、 1954年 1月31日 - )は 滋賀県 近江八幡市 出身の元証券ジャーナリスト。 目次 1 来歴・人物 2 エピソード 3 脚注 4 関連項目 [ 編集 ] 来歴・人物 投資ジャーナル 社を 1978年 に設立。投資ジャーナル、月刊投資家などを初めとした証券関連雑誌を発行し「絶対に儲かる」株式売買のテクニックを披露した。こうした雑誌は書店の経済、株式コーナーで平積みにされるほど発行部数が多く、後に 投資ジャーナル事件 の下敷きとなった。雑誌の売れ行きが良くなるとともに、多くの関連 会社 を設立、マスコミへの露出機会も増え「 兜町 の風雲児」といわれた。 投資ジャーナル事件で1985年に 逮捕 され、 1989年 に懲役6年の 実刑 を受ける...
    引用元: 中江滋樹 - Wikipedia

  • 芸能ジャーナリスト・渡邉裕二のギョウカイヘッドロック " Blog ...

    投資ジャーナル・中江滋樹逮捕でクローズアップされた元アイドルの倉田まり子 (1) 自宅に火を付けようとしたとして滋賀県警近江八幡署は4日、現住建造物放火未遂の疑いで、元投資顧問会社「投資ジャーナル」会長の中江滋樹を逮捕した。中江といえば、かつて「兜町の風雲児」と呼ばれた男である。そして、中江と言えば、元アイドルの倉田まり子だった。 中江は9月22日、現住建造物放火未遂の疑いで現行犯逮捕された。ところが、麻原彰晃を真似たのか、意味味不明のことを口走ってばかりいて取り調べにならなかった。このため、逮捕の日に釈放し、その後は入院していた。 中江は、84年に「投資ジャーナル事件」で逮捕され、6年の実刑判決を受けたが、服役後8年間も行方不明になっていた。その中江が、今回「放火未遂」を引き起こしたことから「消息」が明らかになった。この中江の消息が確認されたことで、再びクローズアップされたのが、「中江の...
    引用元: 芸能ジャーナリスト・渡邉裕二のギョウカイヘッドロック " Blog ...

  • 芸能ジャーナリスト・渡邉裕二のギョウカイヘッドロック " 2006" 11月

    投資ジャーナル・中江滋樹逮捕でクローズアップされた元アイドルの倉田まり子 (1) 自宅に火を付けようとしたとして滋賀県警近江八幡署は4日、現住建造物放火未遂の疑いで、元投資顧問会社「投資ジャーナル」会長の中江滋樹を逮捕した。中江といえば、かつて「兜町の風雲児」と呼ばれた男である。そして、中江と言えば、元アイドルの倉田まり子だった。 中江は9月22日、現住建造物放火未遂の疑いで現行犯逮捕された。ところが、麻原彰晃を真似たのか、意味味不明のことを口走ってばかりいて取り調べにならなかった。このため、逮捕の日に釈放し、その後は入院していた。 中江は、84年に「投資ジャーナル事件」で逮捕され、6年の実刑判決を受けたが、服役後8年間も行方不明になっていた。その中江が、今回「放火未遂」を引き起こしたことから「消息」が明らかになった。この中江の消息が確認されたことで、再びクローズアップされたのが、「中江の...
    引用元: 芸能ジャーナリスト・渡邉裕二のギョウカイヘッドロック " 2006" 11月

  • 投資ジャーナル・中江滋樹: 知泉的雑記

    知泉的雑記 投資ジャーナル・中江滋樹 いやはや懐かしい名前が出てきました。 1980年代前半、歌舞伎町の風雲児と呼ばれていた投資顧問会社「投資ジャーナル」の運営者・中江滋樹が「自宅放火未遂」ということで逮捕された。 1980年代前半7800人ほどの会員から総額584億円以上の資金を調達していたが、それが詐欺罪として逮捕された「投資ジャーナル事件」 もっとも、多くの人にとってその事件そのものより、逮捕直前の1984年に写真週刊誌にスクープされた、アイドル倉田まり子との関係写真だったと思う。オウムの教祖やひょうきん族の懺悔の神様と同列のむさい顔のオッサンと旬は過ぎていたけどアイドルのツーショットはかなりインパクトがあった。 どこぞの和風旅館の布団の上に二人で座っている写真が掲載され「愛人関係だった」と書かれていた。そんなに倉田まり子に思い入れもなかったので、事件の詳細や、その後はどうなったかな...
    引用元: 投資ジャーナル・中江滋樹: 知泉的雑記

  • 中江滋樹とは - Weblio辞書

    中江滋樹 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/06/16 10:04 UTC 版) 中江 滋樹 (なかえ しげき、 1954年 1月31日 - )は 滋賀県 近江八幡市 出身の元証券ジャーナリスト。 脚注 ^ ただし、 関西 ローカルニュース としての報道だったため、全国的には逮捕は知られなかった。 [ 続きの解説 ] 「中江滋樹」の続きの解説一覧 1 中江滋樹とは 2 中江滋樹の概要 索引トップ 用語の索引 ランキング カテゴリー
    引用元: 中江滋樹とは - Weblio辞書

  • 滋樹のウェブ検索|ヤプログ!サーチ|yaplog!

    ウェブ検索結果 (最新記事一覧) 1. 中江 滋樹 - Wikipedia 中江 滋樹 . 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. 移動: 案内, 検索 . 中江 滋樹 (なかえ しげき、1954年1月31日 - )は滋賀県近江八幡市出身の元証券 ジャーナリスト。 目次. 1 来歴・人物; 2 エピソード; 3 脚注; 4 関連項目 ... ja.wikipedia.org 2. 管野 滋樹 - Wikipedia 管野 滋樹 (かんの しげき)は日本のオペラ歌手(バリトン). [編集] 経歴. 3歳より ピアノとソルフ ... ja.wikipedia.org 3. 後藤 滋樹 教授 (GOTO Laboratory) 後藤 滋樹 先生は、早稲田大学基幹理工学部情報理工学科の教授です。東京大学理学部の 卒業で、同大学大学院修士課程を修了した後、NTTの研究所に勤...
    引用元: 滋樹のウェブ検索|ヤプログ!サーチ|yaplog!

  • 「投資ジャーナル」の中江滋樹元会長らが詐欺容疑で逮捕された。 : あの日 ...

    06月19日 「投資ジャーナル」の中江滋樹元会長らが詐欺容疑で逮捕された。 ‐1985年(昭和60年)‐ Tweet Check 車で警視庁に入る中江滋樹元会長(後部座席右側) 東京証券取引所がある兜町は、人間の欲望が渦巻く場である。架空の株式上場を材料にした詐欺、インサイダー情報や風評による株価の乱高下など、株価を巡る騒動は後を絶たない。 その兜町を舞台に、個人投資家から約18億3000万円をだまし取ったとして、警視庁は、「投資ジャーナル」グループの中江滋樹元会長(当時31歳)ら11人を詐欺容疑で逮捕した。 昨日18日掲載の当欄では、大阪で現物まがい商法で悪名をとどろかせた豊田商事の永野一男会長が刺殺された事件を取り上げているように、2日連続で、巨額の金がらみの事件の主人公が新聞の1面で報じられるという異常な事態が生じた。中江元会長は、テレビで繰り返し放映された永...
    引用元: 「投資ジャーナル」の中江滋樹元会長らが詐欺容疑で逮捕された。 : あの日 ...

  • 中江滋樹|キーワード|コブス オンライン

    HOME > 人気 > キーワード > 中江滋樹 コブスキーワードとは、コブスの中にあるコンテンツの単語とウィキペディアの中にある単語を結びつけるコンテンツです。リンクされたキーワードをクリックするとその意味を表示します。 →携帯版は こちら 中江滋樹 中江 滋樹 (なかえしげき、 1954年 1月31日 - )は 滋賀県 近江八幡市 出身の元証券ジャーナリスト。 カテゴリー: 日本のジャーナリスト 滋賀県出身の人物 1954年生 詳細をwikipediaで見る キーワードを含むページ ユーザー登録すると様々な特典を受けられます。 おトクなユーザー特典とは? 100マイポプレゼントキャンペーン COBSユーザー登録 登録情報変更 退会
    引用元: 中江滋樹|キーワード|コブス オンライン

  • 投資ジャーナル・中江滋樹: 知泉的雑記

    投資ジャーナル・中江滋樹 いやはや懐かしい名前が出てきました。 1980年代前半、歌舞伎町の風雲児と呼ばれていた投資顧問会社「投資ジャーナル」の運営者・中江滋樹が「自宅放火未遂」ということで逮捕された。 1980年代前半7800人ほどの会員から総額584億円以上の資金を調達していたが、それが詐欺罪として逮捕された「投資ジャーナル事件」 もっとも、多くの人にとってその事件そのものより、逮捕直前の1984年に写真週刊誌にスクープされた、アイドル倉田まり子との関係写真だったと思う。オウムの教祖やひょうきん族の懺悔の神様と同列のむさい顔のオッサンと旬は過ぎていたけどアイドルのツーショットはかなりインパクトがあった。 どこぞの和風旅館の布団の上に二人で座っている写真が掲載され「愛人関係だった」と書かれていた。そんなに倉田まり子に思い入れもなかったので、事件の詳細や、その後はどうなったかなどはそんなに...
    引用元: 投資ジャーナル・中江滋樹: 知泉的雑記

  • ある相場師の想い出 中江滋樹 | 株式会社M&Aバンク

    中江滋樹(なかえしげき)氏と出会ったのは昭和51年、今から30年ほど前のことでした。私は郷里の松江市で会計事務所を開設するために、準備をしていました。当時私は34歳、中江氏は私より一回り若い22歳でした。 中江氏は、京都で投資コンサルタント会社(株式会社ツー・バイ・ツー)を設立した直後であり、私はその会計顧問を引き受けることになりました。山根会計の第一号顧問先が中江氏の会社だったのです。このことから中江氏は、私には忘れることのできない存在となっており、氏との出会いがなければ経験することのできなかった数多くの体験をしたことからも、終生忘れることのできない存在でした。ちなみに株式会社ツー・バイ・ツーという名前は、中江氏の22歳のときに起した会社(2×2)という意味と顧客の資産を2倍に増やす(2×2)ことを目指す意味をこめてつけられたものです。 私が中江氏のことを過去形で語らざるを得ないのは、氏...
    引用元: ある相場師の想い出 中江滋樹 | 株式会社M&Aバンク

  • 元投資ジャーナルの中江滋樹、自宅放火未遂で逮捕 ぶら〜りネット探訪 ...

    元投資ジャーナルの中江滋樹、自宅放火未遂で逮捕 << 作成日時 : 2006/09/25 01:20 >> ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1 スポニチ によりますと、滋賀県警近江八幡署は22日、自宅に火を付けようとしたとして放火未遂の現行犯で、滋賀県近江八幡市小幡町上、元投資顧問会社「投資ジャーナル」会長中江滋樹容疑者(52)を逮捕したそうな。調べでは、中江容疑者は同日午後1時15分ごろ、自宅の階段や廊下に灯油のようなものをまき、マッチで火を付けようとした疑い。事件の約20分前、中江容疑者宅から約50メートル離れた布団店で商品の毛布が燃える不審火が発生。中江容疑者が近くを歩いていたとの情報があり、中江容疑者宅を訪ねた署員が発見した。同署は布団店の不審火についても関連を調べるそうな。 生きていたんですね、中江滋樹!名前を聞かないと思ったら今度は放火で逮捕とは。中江滋...
    引用元: 元投資ジャーナルの中江滋樹、自宅放火未遂で逮捕 ぶら〜りネット探訪 ...

  • 09中江滋樹「大化け株だけが財を20倍にする」投資ジャーナル ...

    中江滋樹 「”大化け株”だけが財(カネ)を20倍にする 巨富を築く逆転の株成金術」 実業之日本社 昭和58年刊 新書 並本です。 クロネコメール便送料は160円です (基本的にクリスタルパック+封筒の簡易梱包となります)。 クロネコメール便で発送の場合、未着・破損の際の補償はご容赦願います。 補償が必要な場合はゆうパックによる発送をご指定ください。 → ゆうパック料金 (60サイズ。表の料金から持込割引で100円引きとなります) 振込先銀行 ゆうちょ銀行・楽天銀行(旧イーバンク)・ジャパンネットバンク・みずほ銀行(インターネット支店)・三菱東京UFJ銀行 の他に、りそな銀行・新生銀行・三井住友銀行・スルガ銀行をご用意しております。 お手持ちの口座にあわせ振込手数料の安いところ、かからないところをお選びください。 同時出品物 この画面の右上の「出品者の情報」欄の「出品者のその他のオークション...
    引用元: 09中江滋樹「大化け株だけが財を20倍にする」投資ジャーナル ...

  • 仕手株中江滋樹

    仕手株中江滋樹 / 2009年01月21日(水) 今現在も株式投資の書籍や情報商材が飛ぶように売れています。 「5千万円稼いだ方法!」とか「この投資法で億万長者になれる!」とか。 しかし実際その本を読んで、本当に大儲けできた人の話を聞いたことはありません。 (いないわけではないと思いますが) 「株式投資は儲かる!」という甘い誘いと、 証券がインターネットで買えるようになったという手軽さも加わり、 株式投資を始める人は後を絶たない状況です。 ですが株式投資で「一気に億万長者になろう」と、 怪しげな情報に惑わされて、大半の人が大切なお金を失っているのも事実ではないでしょうか? このようにして、 株式投資をやっている95%の人はお金持ちになることなく終わるのです。 ではなぜ、みんなお金が欲しいのでしょうか? (もちろん私もそうですが、笑) そうですよね。 美味しいものは食べたいし、海外に...
    引用元: 仕手株中江滋樹

  • 仕手株中江滋樹

    仕手株中江滋樹 / 2008年08月24日(日) 今現在も株式投資の書籍や情報商材が飛ぶように売れています。 「5千万円稼いだ方法!」とか「この投資法で億万長者になれる!」とか。 しかし実際その本を読んで、本当に大儲けできた人の話を聞いたことはありません。 (いないわけではないと思いますが) 「株式投資は儲かる!」という甘い誘いと、 証券がインターネットで買えるようになったという手軽さも加わり、 株式投資を始める人は後を絶たない状況です。 ですが株式投資で「一気に億万長者になろう」と、 怪しげな情報に惑わされて、大半の人が大切なお金を失っているのも事実ではないでしょうか? このようにして、 株式投資をやっている95%の人はお金持ちになることなく終わるのです。 ではなぜ、みんなお金が欲しいのでしょうか? (もちろん私もそうですが、笑) そうですよね。 美味しいものは食べたいし、海外に...
    引用元: 仕手株中江滋樹

  • <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(84)あの中江滋樹氏が仕手筋と ...

    <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(84)あの中江滋樹氏が仕手筋として復活!? 最近、兜町では、バブル時代、「兜町の風雲児」と呼ばれ、投資顧問会社「投資ジャーナル」会長として一世を風靡した中江滋樹氏が、近く現場復帰するのではとの情報が流れ、ちょっとした話題になっている。89年、詐欺罪で懲役6年に問われ、服役後、兜町に舞い戻ったものの98年から失踪といわれていた。そして、昨年は自宅放火で逮捕……。その信ぴょう度は? 8月20日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事 アクセス・ジャーナルへ 2007.08.20 兜町情報 | 固定リンク « <お知らせ>基調講演『「鎮守の森」が地球を救う』(宮脇昭・横浜国立大学名誉教授) | トップページ | 自社株をインデックスホールディングスに大量売却された!? 学習研究社の見解 » コメント コメントを書く 名前: メールアドレス: (ウ...
    引用元: <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(84)あの中江滋樹氏が仕手筋と ...

  • 月刊「創」のご案内: 1985年10月アーカイブ

    【特集】日本を蝕むマネー・シンドローム [総論]中江滋樹と永野一男を生み出した背景は何か 出版界を襲ったマネーブームの行方 西武vs日経─火を噴くかマネー誌戦争 『産業と経済』グループの金脈と人脈 加藤復活も噂される兜町錬金術師の影 続々新手登場恐怖の先物取引現場 被害続出必至といわれる抵当証券の実態 マスコミが書けない大手証券の"犯罪" 投資家を食い物にする大企業のマネーゲーム 政治銘柄に群がる政治家たちの思惑 ●マスコミ就職志望者必読! 今秋マスコミ採用戦線の最新ウラ情報 86年度マスコミ各社採用予定一挙掲載! ●凄絶だった報道合戦の内幕─日航機墜落事件現場取材体験記 ●「河本派は崩壊か」の声も─三光汽船倒産が政界へ与えた衝撃 ●連載小説・第12回─北のレクイエム ●いま永田町で流れる渡辺美智雄をめぐる噂 ●民営化した「日本たばこ産業」の内憂外患 ●ミネベア"TOB劇"の裏側に...
    引用元: 月刊「創」のご案内: 1985年10月アーカイブ

  • 投資ジャーナル事件 - Wikipedia

    投資Jは 1978年 に設立。 中江滋樹 会長は証券ジャーナリストとして投資J、月刊投資家などを初めとした証券関連雑誌等で「絶対に儲かる」株式売買のテクニックを披露するとともに、関連会社を設立し「 兜町 の風雲児」といわれた。
    引用元: 投資ジャーナル事件 - Wikipedia

  • 豊田商事永野会長刺殺事件

    翌19日、投資顧問会社「投資ジャーナル」の元会長の中江滋樹ら幹部11人が詐欺罪で逮捕された。仕手の介入で確実に儲かる株を安く分けてあげるなどと言葉巧みに投資家を募り、約8000人から約600億円近く集めたが、株には投資せず、私的に流用していた。中江はタレントの倉田まり子に7000万円の豪邸をプレゼントして愛人関係にあったなどとワイドショーなどで騒がれたが、真相は不明。
    引用元: 豊田商事永野会長刺殺事件

  • 中江滋樹が生きていた 〜投資ジャーナル事件の中心人物〜 - あきやまけんいちろう

    投資ジャーナル事件の中江滋樹元会長が逮捕されましたね。 生きていたことに、少なからず驚きました。 報道によると、何年か前から近江の自宅に戻り、母親の年金で生活していたとか。 この手のニュースを見聞きすると、また「投資」のイメージが悪くなりかねませんね。 そうした意味で気になるニュースではあります。 どうでもいいですけど、中江元会長って、ほんと麻原そっくりですよね? 【以下「ZAKZAK」HP 2006/09/27付記事から引用】 URL;http://www.zakzak.co.jp/top/2006_09/t2006092773.html 「兜町の風雲児」故郷で問題人物に、犬のフンを… 奇行連発、放火未遂で現行犯逮捕 恍惚の人となった中江元会長(左下)。“栄華”を誇っていた時代には、事務所前に高級外車が止まっていた 「兜町の風雲児」のなれの果ては…。20年前、巨額詐欺事件で逮捕さ...
    引用元: 中江滋樹が生きていた 〜投資ジャーナル事件の中心人物〜 - あきやまけんいちろう

  • フライデー - 百科事典ディスマス

    創刊に際して、 中江滋樹 と 倉田まり子 のツーショットを掲載し名声を高めると同時に、 三島由紀夫 の生首の写真を掲載したとして、三島の妻の 平岡瑤子 が 講談社 に抗議し、出版を差し止められた。 1986年 ( 昭和 61年) 10月 、 井上ひさし の知人女性を隠し撮りしたものを掲載し、 東京法務局 から 人権侵害 だと勧告される。 1986年(昭和61年) 12月 、 ビートたけし と たけし軍団 が編集部を襲撃する事件( フライデー襲撃事件 )が起き、社会問題となる。 1991年 ( 平成 3年) 9月 、 幸福の科学 が記事の内容に抗議して講談社前でのデモや訴訟などを起こした。後に創刊1000号記念で掲載された特集記事では、「この一件により講談社の業務は一時的にストップした」と記されているが、雑誌などの発売が遅れたことは無かった。 『 進ぬ!電波少年 』と『 電波少年に毛が生えた...
    引用元: フライデー - 百科事典ディスマス

  • 【雑誌ネット】私のおすすめ 中沢 明子

    いやあ、しっかし、驚いたなあ。「投資ジャーナル事件」の中江滋樹、生きていたんですねぇ。80年代半ばの事件ゆえ、評者の場合、当時は事件の概要が「なんのこっちゃ」でよくわからなかったが、写真週刊誌にアイドル・倉田まり子サンとツーショットで撮られ、倉田サンがアイドルとして終焉してしまった騒ぎで印象的な事件だ。その後、事件の概要を知るにつけ、また、中江が杳として消息がわからないまま時間が過ぎたことで、「やっぱり、消されたのか」と思っていたら、実家にいたとは! しかも、見た目とともに、言動まで「麻原彰晃化」していたとは! 今見ると、昔の中江も麻原に似ているが、最近の中江はもっと似ていたらしい。たぶん、刑務所の中の麻原と。近所の家に放火して逮捕され、「中江が生存」が広く確認されるハメになるとは、皮肉な成り行きだ。有能であったことは間違いないんだろうけどねぇ…。ところで、倉田サンのほうは、苦境をのりきっ...
    引用元: 【雑誌ネット】私のおすすめ 中沢 明子

  • 「スケコマシ」考 -その2 | 株式会社M&Aバンク

    山根治blog » 中江滋樹の想い出 (「兜町の風雲児」との10年間) » 「スケコマシ」考 -その2 2004-09-21 広辞苑の説明では納得できませんので、我が家にある一番デッカイ“日本国語大辞典”(小学館)にあたってみました。これには、 “スケコマシ”-「女をものにすることをいう。てきや仲間の隠語。(隠語全集)」 とあり、もともとテキヤ(大道商人)仲間の言葉であったことまでは分かったものの、広辞苑と五十歩百歩で、どうも今ひとつピンときません。 それではと、新明解さんをひいてみたところ、スケコマシはなかったものの、スケ(助)の項目の中にそれらしき説明を見つけることができました。 “スケ(助)”-「[やくざ仲間などで]情婦の称。[広義ではカモになる女性を指す]」 スケ(助)とは、「カモになる女性」のことだというのですね。カモをわざわざカタカナで記し、スケの意味の一つを、自信をもって「カ...
    引用元: 「スケコマシ」考 -その2 | 株式会社M&Aバンク

  • デビ記:まじか - livedoor Blog(ブログ)

    投資ジャーナルで名を馳せた壮大な詐欺師&僕の高校の先輩・中江滋樹って服役後、故郷の近江八幡に住んでたんだ。。 ウィキペディアでは消息不明になってたけど。 TVのニュースで名前聞いてちょっとビックリ(;・∀・)放火かよ。。 投資ジャーナル事件と中江滋樹 中江滋樹は、1978年に投資顧問会社「投資ジャーナル」を設立し、資金を集めて株式投機を行い一時は「兜町の風雲児」ともて囃されましたした。 「仕手の介入で確実に値上がりする株を安く分けてあげる」と言葉たくみに一般投資家を誘い、知名度を悪用して約8000人から約580億円を集めました。 ところが、実態は、株にはほとんど投資せず、私的な流用を続けていたのです。 例えば、当時のTVワイドショウの噂によれば、 アイドルの倉田まり子に7000万円の家をプレゼントして愛人にしていたのです。 1985年6月19日 ついに、中江滋樹は詐欺容疑で逮捕され...
    引用元: デビ記:まじか - livedoor Blog(ブログ)

  • 夏はこれから!: 知泉的雑記

    « 投資ジャーナル・中江滋樹 | トップページ | しあわせ? » 2006年9月26日 (火) 夏はこれから! 相変わらず携帯電話に無差別DMが着信する。 そこに書かれている内容は相変わらず、脳細胞の欠片も使用していないような頭の悪い内容がほとんどなんだけど、これだけ相変わらずが続くってのはどっかで引っかかっている人が存在しているので、商売として成り立っているって事なのかなぁ。 明らかにウソと思えるような、女性からの「この間はすいませんでした?」とかに反応しちゃう人はいるんでしょうかね? 本当に思い当たる人とか、間違って送ってきたのをキッカケに知り合いになりたいと下心満載で返信する人がいるって事なんすかね? たぶん、これらを送っているのはペーペーの詐欺グループ要員か、それで金儲けできんじゃねえか?と思った街角のチンピラって所なのかも知れないけど、なんかご苦労様という感じでもある。 以前、...
    引用元: 夏はこれから!: 知泉的雑記

  • セブンネットショッピング - 書籍 - "中江滋樹"は滅びず 証券界の ...

    ショッピング > 書籍 > ビジネス > 投資 > 証券 “中江滋樹”は滅びず 証券界の“消された怪物”の内幕 お客様おすすめ度 ☆☆☆☆☆ ランキング 書籍 - 8593位 書籍ランキングへ 著者/訳者 志戸岡高/著 出版社名 翼書院 発行年月 1985年05月 サイズ 196P 19cm 販売価格 1,050円 ポイント 10ポイント *ポイントについて 取扱状況 1~3週間で発送 取り扱い表記について ラッピング 対象外 出版社に在庫確認後、取寄せます。 商品をフォローする 友達にメールで教える Twitter Facebook mixi 商品をフォローします。 下記の商品でよろしければ、「追加する」ボタンを押してください。 ...
    引用元: セブンネットショッピング - 書籍 - "中江滋樹"は滅びず 証券界の ...

  • 中江滋樹の想い出 | 山根治blog | 株式会社M&Aバンク

    山根治blog » 中江滋樹の想い出 (「兜町の風雲児」との10年間) 2004-08-31 ある相場師の想い出 中江滋樹 中江滋樹(なかえしげき)氏と出会ったのは昭和51年、今から30年ほど前のことでした。私は郷里の松江市で会計事務所を開設するために、準備をしていました。当時... 2004-09-07 月給一億円のサラリーマン 私は、中江滋樹氏を通じて、株の世界の実際をつぶさに見ることができましたし、仕手筋と言われる相場師とか、証券外務員という名の歩合制の勝負師とも親しく付き合う... 2004-09-14 「スケコマシ」考 -その1 中江滋樹氏のまわりには、ユニークとしか言いようのない人物がかなり集まっていました。その中でも、ピカ一であったのがS.Sなる人物でした。 2004-09-21 「スケコマシ」考 -その2 広辞苑の説明では納得できませんので、我が家にある一番デッカイ“日本国...
    引用元: 中江滋樹の想い出 | 山根治blog | 株式会社M&Aバンク

  • JBOOK:"中江滋樹"は滅びず:志戸岡 高:書籍

    “中江滋樹”は滅びず 志戸岡 高 商品種別: 書籍 定価: 1050円 (税込) 本体価格: 1000円 販売価格: 1050円 (税込) ▼一配送あたり3,000円(税込)未満のご注文は送料分のポイント付与! ポイント: 3% ポイント還元! (本体価格に対して) ▼3点以上でポイント2%上乗せ! 販売状況 出版社に在庫確認 買い物カゴに入れる 販売状況について 発行年月: 1985年05月 発売元: 翼書院 ISBN: 9784924475137 旧IS: (4924475130) sku: 1322888 Tweet
    引用元: JBOOK:"中江滋樹"は滅びず:志戸岡 高:書籍

中江滋樹 の相関図を読込中

中江 滋樹 (なかえ しげき、1954年1月31日 - )は滋賀県近江八幡市出身の元証券ジャーナリスト。

スポンサードリンク