佐藤紅緑の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 佐藤紅緑 - Wikipedia

    佐藤 紅緑(さとう こうろく、1874年(明治7年)7月6日 - 1949年(昭和24年)6月3日)は、日本の作家、俳人。
    引用元: 佐藤紅緑 - Wikipedia

  • 思い立ったら北東北/北東北こだわり百科

    佐藤紅緑は、<少年小説>のジャンルで最も人気を博しましたが、本人は恐らく大人の読む小説、戯曲、そして俳句などで名を成したかったのではないかと思われます。<少年倶楽部>の編集者が紅緑に執筆依頼をしたとき、「オレにコドモの小説を書けというのか」と猛烈に怒ったそうですが、昭和初期の少年倶楽部の人気はすさまじく、発売日には行列ができたといわれるほどであり、こうした背景もあって不承不承<小僧の小説>に筆を染めることになります。ところが、1927年、初めての少年小説「あゝ玉杯に花うけて」は、少年たちの熱狂的な支持を得、1929年に連載した「少年讃歌」も大ヒットとなりました。 紅緑の少年小説の主人公は、いずれも家は貧しく田舎者ですが、素朴な正義感をもってその志しを失わず、彼を助ける仲間たちの友情を描いて読者の胸を熱くたぎらせたのです。紅緑自身が中学を退学して上京した地方出身者であり、自己の体験から、...
    引用元: 思い立ったら北東北/北東北こだわり百科

  • 佐藤紅緑・福井新聞社時代の書簡

    弘前市出身の佐藤紅緑(1874〜1949、本名・洽六)は、1927(昭和2)年5月「少年倶楽部」に「あゝ玉杯に花うけて」の連載を開始。以後二十余編の少年少女小説を書き全国の少年読者を熱狂させたことは周知のことである。しかし、紅緑の文学活動の出発が俳句であり、その時期に新聞社を転々としていたことはあまり知られていない。 1894(明治27)年、紅緑は陸羯南の日本新聞社に入社、正岡子規と出会い俳句を学ぶ。紅緑という号は子規が命名したものである。その後、郷里の東奥日報社、東北日報社(現・河北新報社)、富山日報社、帰郷して陸羽新報社をおこし、報知新聞社、福井新聞社、万朝報社、大阪関西日報社と渡り歩いた。二十代から三十代はじめにかけての時期である。 今回紹介するのは、福井新聞社の佐藤洽六が毎日新聞社員・吉川正毅に宛てた書簡(明治36年2月17日付)である。「ドウダイ一つ福井で敏腕を振ふ気が無い...
    引用元: 佐藤紅緑・福井新聞社時代の書簡

  • 佐藤紅緑とは - はてなキーワード

    「佐藤紅緑」を含むブログ このキーワードについてブログを書く 2011年06月24日 19時39分 現在 小沢信男著作 68 vzf12576 2011-05-22 小沢信男著作 67 vzf12576 2011-05-21 マッチーが読んだミッチーダイアリー josaiya 2011-05-15 第34回 これからの教育からみた柔道(6) sakais 2011-05-15 [鈴木貞美] jun-jun1965 2011-05-14 今回は斉藤五百枝「挿絵漫語(1)」(「さしゑ」第2号、平凡社、昭和10年)から転載させて頂こう。斉藤五百枝(さいとう いおえ 1884〜1966)は、千葉県生まれ。白馬会研究所、東京美術学校洋画科に進み、岡田三郎助に師事。「少年倶楽部」創刊号から表紙絵を描く。少年小説、大佛次郎「狼隊の少年」「山嶽党奇談」、佐藤紅緑「あゝ玉杯に花うけて...
    引用元: 佐藤紅緑とは - はてなキーワード

  • 県出身文学者紹介

    ●第4 回 〜佐藤 紅緑〜 佐藤 紅緑(1874〜1949・弘前市生まれ) 佐藤 紅緑 「少年倶楽部」第14巻第5号 (昭和2年5月) 「あゝ玉杯に花うけて」 第1回目連載 『あゝ玉杯に花うけて』 (昭和3年3月・ 大日本雄弁会講談社刊) 佐藤紅緑は、津軽藩士の子として弘前市に生まれた。上京して陸羯南の玄関番となり、日本新聞社に入社。正岡子規と出会い俳句をはじめる。 やがて、新聞や雑誌に長編小説を次々と連載、大衆小説を書かせれば当代の人気随一と言われていた。その紅緑に郷里の後輩で「少年倶楽部」の編集長・加藤謙一が少年小説の執筆を懇願するが、紅緑は激怒する。 「なにッ、このおれにハナたれッ小僧の読む小説を書けというのか!」 加藤は次のように応酬する。 「先生はハナたれ小僧といわれるが、子どもは国の宝ですぞ。ハ...
    引用元: 県出身文学者紹介

  • 佐藤紅緑 - Yahoo!百科事典

    佐藤紅緑(さとうこうろく) [ 日本大百科全書 ( 小学館 ) ] (1874―1949) 小説家、劇作家。本名洽六(こうろく)。青森県弘前(ひろさき)市の生まれ。旧制弘前中学中退。上京して新聞記者となり 正岡子規 (まさおかしき)を知る。俳人として認められるが、1906年(明治39)に脚本『侠艶録(きょうえんろく)』が新派で上演されて好評を博した。その後しだいに小説に専念、『虎公(とらこう)』(1914)、『桜の家』(1917)、『大盗伝』(1921)、『荊(いばら)の冠(かんむり)』(1922)、『富士に題す』(1930)など、 家庭小説 の系統を引く、社会小説的な色彩の大衆小説を書く。昭和に入ってからは少年 少女小説 も多く、ことに『あゝ玉杯(ぎょくはい)に花うけて』(1927~28)は、少年の友情を描いて、その掲載誌である『少年倶楽部(くらぶ)』の読者を熱狂させた。ほかに『少年讃歌...
    引用元: 佐藤紅緑 - Yahoo!百科事典

  • e-短冊.com / 佐藤 紅緑 / 俳句

    No.004416 佐藤 紅緑 鷹の眼にうつる冬雲こくならね 紅 ◆俳句 ◆明治 大正 昭和 定価 10,000 円(税込) 少年小説の作家として有名な佐藤紅緑ですが、その創作の出発点は俳句でした。 津軽に生まれた紅緑は、中学校中退後に上京し、日本新聞社へ入社します。そこで出会ったのは正岡子規でした。「紅緑」というペンネームの名づけ親も子規であり、新聞記者として活動する傍ら俳句づくりに励みました。その実力は師である子規をも唸らせ、高浜虚子、河東碧梧桐、石井露月と並び、子規門下四天王と称されるほどでした。しかし脚本・小説の分野で売れっ子作家となり、次第に俳句からは遠のいていきました。 鷹の眼にうつる雲、実際にはそんな情景を見ることはできないとは思うのですが、きわめて映像的な描写です。どんよりとした冬空の雲とするどい鷹の目とい...
    引用元: e-短冊.com / 佐藤 紅緑 / 俳句

  • 詳細情報 (図書)

    タイトル サトウ コウロク シキ ガ アイシタ ハイジン 佐藤紅緑子規が愛した俳人 人名 フクモト イチロウ 復本 一郎/著 出版者 イワナミショテン 東京:岩波書店 出版年月 2002年06月 ページ数,サイズ,価格 237p,20cm,¥2700 ISBN 4-00-023006-9 分類 911.362 件名 正岡 子規 佐藤 紅緑 注記等 内容紹介: 少年小説「あゝ玉杯に花うけて」で知られる佐藤紅緑の青春は、俳句革新運動に情熱をそそぐ正岡子規とともにあった。二十歳の青年として子規と出会い、子規に最も愛された弟子紅緑。俳人2人の絆を軸に描かれる意欲的評伝。 著者紹介: 1943年愛媛県生まれ。早稲田大学大学院文学研究科日本文学専攻博士課程修了。現在、神奈川大学経営学部教授。著書に「正...
    引用元: 詳細情報 (図書)

  • 佐藤紅緑子規が愛した俳人: 紀伊國屋書店BookWeb

    サトウコウロクシキガアイシタハイジン 佐藤紅緑 子規が愛した俳人 復本 一郎【著】 岩波書店 (2002/06/20 出版) 237p / 19cm / B6判 ISBN: 9784000230063 NDC分類: 911.36 価格: ¥2,835 (税込) 入手不可のため注文できません。 震災の影響により、福島県の一部地域では、ヤマト運輸営業所でのお引渡しとなります。 *最新の詳細情報は ヤマト運輸のホームページ を参照下さい。 詳細 明治二十六年の春、青森県よりひとりの青年が上京する。 のちに少年小説『あゝ玉杯に花うけて』で一世を風靡する若き日の佐藤紅緑である。 彼の青春は俳句革新運動に情熱をそそぐ正岡子規とともにあった。 その実力から高浜虚子、河東碧梧桐、石井露月と並び、子規門下四天王と目された紅緑は、子規が最も愛した弟子であった。 明治を生きた俳人ふたりのきずなを軸に...
    引用元: 佐藤紅緑子規が愛した俳人: 紀伊國屋書店BookWeb

  • 佐藤紅緑

    少年小説「あゝ玉杯に花うけて」で一世を風靡した佐藤紅緑は、明治7年弘前市に生まれた。青森県尋常中学校(現弘前高校)を中退、上京し同郷の先輩・陸羯南(くがかつなん)の玄関番となる。明治27年、羯南の経営する新聞「日本」に入社、そこの社員であった正岡子規と出会い俳句を学んだ。〈紅緑〉という号は、子規が紅緑の本名・洽六(こうろく)からつけたものである。明治28年、帰郷した紅緑は東奥日報社に入社、日本派の俳句を唱道し、いち早く本県に新派の俳句の種を蒔いた。 子規門下の俳人として一家をなした紅緑であったが、明治39年最初の脚本「倈 艶録(きょうえんろく)」が上演され大成功を収めると、一躍新派の人気劇作家となる。また、この時期には小説も発表、劇作家・小説家としての活動が顕著となり、俳句から遠ざかっていく。 「家出せし子を思ふ夜の雪深し」 世に認められた紅緑ではあったが、紅緑の家庭内は穏やかなもの...
    引用元: 佐藤紅緑

  • 佐藤紅緑 とは - コトバンク

    デジタル大辞泉 の解説 さとう‐こうろく【佐藤紅緑】 [1874~1949]小説家・劇作家・俳人。 青森 の生まれ。本名、洽六 (こうろく) 。 詩人 サトウ・ハチロー 、作家 佐藤愛子 の父。 正岡子規 に俳句を学び、のち小説に転じた。少年小説「あゝ玉杯に花うけて」など。 この辞書の凡例を見る 監修:松村明 編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文 編集協力:曽根脩 (C)Shogakukan Inc. それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。 全文を表示する
    引用元: 佐藤紅緑 とは - コトバンク

  • 佐藤愛子 −− 西宮文学回廊 (文学の舞台になった西宮を訪ねて)

    プロフィール 1923年11月5日- 小説家の佐藤紅緑を父に、女優の三笠万里子を母として生まれる。異母兄に詩人のサトウハチロー、脚本家で劇作家の大垣肇がいる。 上京して後、ハチロー宅から双葉女学院に通う(中退)北杜夫、田畑麦彦らと「文芸首都」の同人となる。「戦いすんで日が暮れて」で直木賞受賞。「幸福の絵」で女流文学賞受賞。佐藤家一族の歴史を描いた大作「血脈」で菊池寛賞受賞。 父紅緑ゆずりの反骨精神が常にその言動にあらわれて、「怒りの愛子」とも言われている。 学歴 甲南高等女学校 文学賞 1969年直木賞 1979年女流文学賞 2000年菊池寛賞 主要作品 『二人の女』 『戦いすんで日が暮れて』 『幸福の絵』 『血脈』 出典 「佐藤愛子」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』 2011年1月31日 (月) 06:53 UTC、URL: http://ja.wikipedia.org/ ...
    引用元: 佐藤愛子 −− 西宮文学回廊 (文学の舞台になった西宮を訪ねて)

  • 佐藤紅緑と佐藤節氏のこと、佐藤愛・サトーハチロー

    ◇佐藤紅緑と次男・節(たかし)氏のこと 正岡 浩 いつの世にも流行作家と呼ばれる人達がいる。併し時が経つにつれて、 その大半は忘れられ、漱石の様に一世紀近くが過ぎても多くの人々に愛読 されるケースは稀である。大正から昭和の初め頃にかけての佐藤紅緑は、 その作品が出た雑誌や新聞が飛ぶ様に売れた小説家であった。 ー 陸羯南の書生にー 紅緑は津軽の生まれで、弘前中学校を四年で中退して上京し、尊敬する 郷里の大先輩の陸羯南( くがかつなん )を尋ねてその家の書生となった。彼の 作品を貫いている正義感と反骨精神は、新聞社を主宰してしばしば発行停 止を食いながらも、時の権力と闘った羯南の影響があるにちがいない。 彼はやがてその日本新聞社に入って、そこで七歳年上の子規と机を並 べるのであり、紅緑というペンネームをつけたのも子規であった。 元気旺盛な乱暴者であったこの若者は、いつも子規に叱られ...
    引用元: 佐藤紅緑と佐藤節氏のこと、佐藤愛・サトーハチロー

  • 雑司ケ谷霊園に眠る著名人[さ行]/雑司ケ谷霊園/Com-Support

    サトウ ハチロー さとう はちろー 明治36〜昭和48(1903-1973)年 墓碑位置: 1種5号25側25番 職 業: 詩人 略 歴: 本名、佐藤八郎。作家佐藤紅緑の長男として東京牛込に生まれる。童謡、歌謡曲の作詞者とりて活躍。戦前の「二人は若い」、戦後の「リンゴの唄」「長崎の鐘」はあまりにも有名。また、ユーモア小説、軽演劇にも才能を発揮した。日本童謡協会、作詞家協会の会長をつとめる。 墓碑には、「ふたりでみると すべてのものは美しくみえる サトウハチロー 房枝」と刻まれている。自由奔放に生き、作品は多くの人に愛唱された。 撮影日:0000.00.00
    引用元: 雑司ケ谷霊園に眠る著名人[さ行]/雑司ケ谷霊園/Com-Support

  • 佐藤紅緑子規が愛した俳人 - カラメルBOOKS 全品送料無料!本、CD ...

    ホーム > 本:小説・エッセイ > 佐藤紅緑子規が愛した俳人 商品詳細 佐藤紅緑子規が愛した俳人 4000230069 販売価格 2,835円(税込) 送料無料 85 ポイント 特定商取引法に基づく表記 (返品など) この商品について問い合わせる Twitterでつぶやく ログピでつぶやく 発送可能日: 入荷予定なし ( お届け時期 ) 著者: 復本一郎 出版社名: 岩波書店 発売日: 2002年06月 ●内容紹介 明治二十六年の春、青森県よりひとりの青年が上京する。のちに少年小説『あゝ玉杯に花うけて』で一世を風靡する若き日の佐藤紅緑である。彼の青春は俳句革新運動に情熱をそそぐ正岡子規とともにあった。その実力から高浜虚子、河東碧梧桐、石井露月と並び、子規門下四天王と目された紅緑は、子規が最も愛した弟子であった。明治を生きた俳人ふたりのきずなを軸に、近代俳...
    引用元: 佐藤紅緑子規が愛した俳人 - カラメルBOOKS 全品送料無料!本、CD ...

  • 佐藤愛子展

    大正12年、作家佐藤紅緑の次女として誕生した佐藤愛子は、 昭和25年26歳の時に母の勧めで文学を志しました。 同人雑誌「文藝首都」に参加し、川上宗薫、北杜夫、田畑麦彦、なだいなだらと共に文学活動を行い、昭和44年『戦いすんで日が暮れて』 で直木賞を受賞、以来多くの作品で親しまれています。 昭和31年に世田谷区太子堂に居を定めてから、世田谷を拠点にして活動を続ける佐藤愛子は、平成12年、自身の一族、父紅緑、詩人である兄サトウハチローらをモデルとしたライフワーク『血脈』をついに完成させ、菊池寛賞を受賞しました。 本展では、自伝小説『愛子』や父母をモデルにした『花はくれないー小説佐藤紅緑』『女優万里子』から『血脈』に至るまでの作品世界、自己の分身を登場させ、作品化した『ソクラテスの妻』『戦いすんで日が暮れて』『幸福の絵』、現代社会を鋭く描く『凪の光景』『風の行方』、そして独自のユーモア感覚...
    引用元: 佐藤愛子展

  • サトウハチロー - Wikipedia

    作家の 佐藤紅緑 の長男として、東京市 牛込区 市谷薬王寺前町(現在の 東京都 新宿区 市谷薬王寺町 )に生まれる。中学に入学後、父が舞台女優の三笠万里子と同棲するようになり離婚、父への反発から中学を落第、退校、勘当、留置場入りを重ねる。
    引用元: サトウハチロー - Wikipedia

  • 思い立ったら北東北/北東北こだわり百科

    言葉 < みちのく近代文学 佐藤紅緑「少年讃歌」 少年小説『少年讃歌』(昭和5年) 佐藤紅緑(さとう こうろく) 明治7年(1874)〜昭和24年(1949) 【作家紹介】 青森県弘前市の唐物屋の次男として生まれました。本名は洽六。紅緑は雅号で、後年、本名の音に因み正岡子規(まさおかしき)が命名。唐物屋、すなわち父弥六は津軽藩の漢学者でしたが、蘭学・英学を福沢諭吉に学び、弘前に帰郷して和洋雑貨や書籍販売を生業とした開明的な人物で、当地の啓蒙的指導者でした。 明治23年、紅緑は青森県尋常中学校に入り、在学中雑誌「覚眠」を出し北柳山人の号で執筆するなど早熟の才を示しました。明治26年中学を中退して上京、陸羯南(くがかつなん)の書生になり国学院に学びますが、翌年、羯南の斡旋で日本新聞社に入社。同社には子規が在籍しており、俳句の手ほどきを受けます。...
    引用元: 思い立ったら北東北/北東北こだわり百科

  • 福士幸次郎

    青森県弘前市生まれ。1905年、上京。1908年、国民英学会を卒業。この年、秋田雨雀の紹介で佐藤紅緑に会い奇 遇した。1909年、自由詩社の「自然と印象」に処女作【白の微動】ほか四篇を発表。自分の一生の動揺と伴って起っ た最初の霊魂の叫び、呻きだという。「創作」「新文芸」「劇と詩」にも発表するが、1910年、沈衰した思想、放蕩生活 に耐えられず放浪の途に上る。1912年、自己懐疑の苦境を脱し、人生を見直す決意をする。同年12月、千家元麿と 「テラ・コッタ」を創刊。翌年頃より三木露風の‘神秘的象徴主義の詩風’を痛烈に批判するようになる。萩原朔太郎 の「三木露風一派の詩を放追せよ」の先駆的意味を持つものである。1914年、処女詩集『太陽の子』を自費出版す るがこの詩集以後10数篇の散文詩を書いただけで詩作を中断した。/「日本現代詩辞典」より
    引用元: 福士幸次郎

  • 佐藤紅緑 - OKWiki

    佐藤紅緑 出典:フリー百科事典(Wikipedia) 佐藤紅緑についてOKWaveで質問する 佐藤紅緑についてのQ&Aを検索する 文学 ポータル 各国の文学 記事総覧 出版社 ・ 文芸雑誌 文学賞 作家 詩人 ・ 小説家 その他作家 佐藤 紅緑 (さとう こうろく、 1874年 ( 明治 7年) 7月6日 - 1949年 ( 昭和 24年) 6月3日 )は、 日本 の 作家 、 俳人 。 目次 1 略歴・人物 2 参考文献 3 佐藤紅緑を演じた俳優 4 脚注 5 外部リンク 略歴・人物 本人の意に反して執筆する事となった「少年小説」の分野で昭和初期に圧倒的な支持を受け、「少年小説の第一人者」として知られる。作詞家で詩人の サトウハチロー 、作家の 佐藤愛子 、脚本家で劇作家の 大垣肇 の父(3人とも母は異なる)。ただし、肇は愛人の子供であり...
    引用元: 佐藤紅緑 - OKWiki

  • 佐藤愛子の「血脈」

    佐藤紅緑の少年小説は、いつでも善と悪の対照的な人物を登場させ、その周辺に数種類の副人物を配するという構成を取っている。彼はこの固定した人物配置を動かさないで、物語を終末まで運んでいく。作品の背後に流れるモラルも、一貫している。人道精神と立身出世主義をこねまぜた混合型のモラルなのである。彼の作品の畳みかけるような迫力は、こうした単純な構造から生まれている。
    引用元: 佐藤愛子の「血脈」

  • 佐藤愛子 (作家) - Wikipedia

    小説家の 佐藤紅緑 、女優の 三笠万里子 の次女として生まれる。異母兄に詩人の サトウハチロー 、 脚本家 で 劇作家 の 大垣肇 。甲南高等女学校(現・ 甲南女子高等学校 )卒業。雙葉高等女学校英語専攻科中退。
    引用元: 佐藤愛子 (作家) - Wikipedia

  • asahi.com:あゝ玉杯に花受けて/佐藤紅緑/さいたま市-マイタウン埼玉

    佐藤紅緑(本名佐藤洽六=こうろく)は青森県弘前市生まれ。紅緑の雅号は、日本新聞社時代の同僚だった俳人正岡子規から送られた。『あゝ玉杯に花うけて』は少年少女小説のデビュー作で、雑誌『少年倶楽部』の黄金時代の幕開けとなった。同誌には『少年讃歌』なども連載した。童謡詩人サトウ・ハチロー、直木賞作家の佐藤愛子の父親でもある。
    引用元: asahi.com:あゝ玉杯に花受けて/佐藤紅緑/さいたま市-マイタウン埼玉

  • ああ玉杯に花うけて - 電子書店パピレス

    和書> 小説・ノンフィクション > 文芸 > 日本文学 > 近代小説 ああ玉杯に花うけて 著: 佐藤紅緑 発行: 講談社 価格: 1,208円 (税込) 形式: ⇒詳細 対応端末:パソコン みんなの評価 ( 未評価 ) ◆レビューを書く 著者プロフィール 佐藤 紅緑(さとう こうろく) 1874〜1949 青森県弘前市生まれ。劇作家。小説家。本名、洽六。正岡子規に師事し、後に俳人から大衆小説作家へと転じる。『あゝ玉杯に花うけて』『英雄行進曲』など。詩人・サトウハチロー、作家・佐藤愛子の父。 解説 貧しさゆえに進学できない子ども、腕力にものをいわせる餓鬼大将、やさしい心の中学生、また剛直な教師、彼らが織りなす友情と義侠と師弟愛。いつの時代にもあったいじめ・暴力・非行。だが少年らの強靱さはそれをはねかえす。現代に通じる少年群像の心の叫びのなかに、人生問題、社会問題を提起し、時代を...
    引用元: ああ玉杯に花うけて - 電子書店パピレス

  • 『血脈 上』(佐藤 愛子・著) | 単行本 | 書籍情報 | 文藝春秋

    内容紹介 物語は大正四年、当時の人気作家・佐藤紅緑が、新進女優を狂おしい程愛したことに始まります。女の名は横田シナ。松井須磨子のような女優になる以外、何の関心もない彼女に、熱血漢の紅緑は我を忘れ、遂に妻子を捨て同棲する。この時捨てられた長男が後のサトウハチロー、二人の間に生れた娘が著者でした。血の因縁とも言うべき情念にひきずられる佐藤家の人々、その凄絶な生のドラマはまた、大正、昭和、平成と日本人が辿ってきた道でもあります。十二年の歳月をかけた待望の大河小説、中巻は二月上旬刊行です。(HY) Tweet 書誌データ 定価 :2100円(税込) ページ数 :584ページ 判型 :四六判上製カバー装 初版発行日 :2001年01月10日 ISBNコ−ド :9784163197906 Cコード :C0093 関連情報 文春トピックス セールスランキング
    引用元: 『血脈 上』(佐藤 愛子・著) | 単行本 | 書籍情報 | 文藝春秋

  • 旭兄弟推薦者

    佐藤 愛子プロフィール 小説家。大阪市住吉区生まれ。父・佐藤紅緑は作家、異母兄・サトウハチローは詩人という文学一家に育つ。北杜夫、田畑麦彦らと「文芸首都」の同人となる。処女作「青い果実」で文藝首都賞受賞。「幸福の絵」で女流文学賞受賞。「戦いすんで日が暮れて」で直木賞受賞。平成12年には佐藤一族に流れる情念の血を書いた大作「血脈」で第48回菊池寛賞を受賞。 「娘と私の……」「……我が老後」シリーズなどのエッセイにも多くのファンを持つ。
    引用元: 旭兄弟推薦者

  • 佐藤紅緑 - Wikipedia

    佐藤紅緑 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 移動: 案内 , 検索 文学 ポータル 各国の文学 記事総覧 出版社 ・ 文芸雑誌 文学賞 作家 詩人 ・ 小説家 その他作家 佐藤 紅緑 (さとう こうろく、 1874年 ( 明治 7年) 7月6日 - 1949年 ( 昭和 24年) 6月3日 )は、 日本 の 作家 、 俳人 。 目次 1 略歴・人物 2 著書 3 参考文献 4 佐藤紅緑を演じた俳優 5 脚注 6 外部リンク [ 編集 ] 略歴・人物 本人の意に反して執筆する事となった「少年小説」の分野で昭和初期に圧倒的な支持を受け、「少年小説の第一人者」として知られる。作詞家で詩人の サトウハチロー 、作家の 佐藤愛子 、脚本家で劇作家の 大垣肇 の父(3人とも母は異なる)。ただし、肇は愛人の子供であり、同居は...
    引用元: 佐藤紅緑 - Wikipedia

  • 佐藤紅緑 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

    プロフィール情報はありません 佐藤 紅緑(さとう こうろく、1874年(明治7年)7月6日 - 1949年(昭和24年)6月3日)は、日本の作家、俳人。略歴・人物 本人の意に反して執筆する事となった「少年小説」の分野で昭和初期に圧倒的な支持を受け、「少年小説の第一人者」として知られる。作詞家で詩... Feペディア(出典:Wikipedia)で詳細を見る
    引用元: 佐藤紅緑 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

  • 佐藤紅緑『少年連盟』少年倶楽部文庫 - Yahoo!オークション

    商品画像 佐藤紅緑『少年連盟』少年倶楽部文庫のページトップに戻る 商品説明 講談社 昭和51年4月16日 第1刷発行 252P 装幀 安野光雅 挿絵 斎藤五百枝 カバーより 日本の少年富士夫をはじ め英米独仏伊シナなど世界 各国の少年十五人が乗り組 んだ帆船が、南太平洋の無 人島に流れついた。彼らは 連盟を組織して、探検、狩 猟、宇宙、根拠地つくりに 忙しいが、ある日、仲間割 れの危機が来た。折りも折 り、無法船員たちが流れつ いたから、島は大混乱! 帯なし しおりなし その他付属品なし カバー<表紙>:パラフィン紙カバーあり、角折れあり、ヤケ、汚れ、シミ、擦れ汚れ、くすみ、傷あり、天側折れ、破れ少しあり、背折れ、開き折れあり 小口:ヤケ、シミ、汚れ、傷あり 本体:角折れ、角曲がりあり、開き癖あり、ヨレあり ほか破れ、書きこみなし 重量約140g 厚さ約1.2cm サイズ約10...
    引用元: 佐藤紅緑『少年連盟』少年倶楽部文庫 - Yahoo!オークション

  • 佐藤 愛子 - Webcat Plus

    "佐藤愛子"(さとう あいこ、1923年11月5日 -現在5歳)は大阪市出身の小説家。 小説家の佐藤紅緑、女優の三笠万里子の次女として生まれる。異母兄に詩人のサトウハチロー、脚本家で劇作家の大垣肇。甲南高等女学校(現・甲南女子高等学校)卒業。雙葉高等女学校英語専攻科中退。 [経歴] 1943年 - 12月、最初の夫(病院長長男)とお見合い結婚。 1944年 - 11月、長男出産。 1947年 - 夏、長女出産。 1949年 - 父、紅緑死去。享年74。 夫が太平洋戦争中モルヒネ中毒となり、戦後も治癒せず、別居。世田谷区上馬の父母の家に戻る。 1950年 - 同人雑誌『文藝首都』に... 「Wikipedia」より
    引用元: 佐藤 愛子 - Webcat Plus

  • 花はくれない 小説 佐藤紅緑 - 電子書店パピレス

    和書> 小説・ノンフィクション > ノンフィクション > 伝記・自伝 花はくれない 小説 佐藤紅緑 著: 佐藤愛子 発行: 講談社 価格: 420円 (税込) 形式: ⇒詳細 対応端末:パソコン みんなの評価 ( 未評価 ) ◆レビューを書く 著者プロフィール 佐藤 愛子(さとう あいこ) 1923〜 兵庫県出身。小説家。『戦いすんで日が暮れて』で1969年に直木賞を受賞。 解説 佐藤紅緑――俳人・劇作家・小説家・児童文学者。「ああ玉杯に花うけて」(少年倶楽部連載)などの大衆的な少年少女小説を執筆し、短篇童話中心だった日本の児童文学に長篇小説の礎石をすえる――ひたむきな激情に生きた、明治の男、紅緑の波瀾の青春からその死までを娘の眼から赤裸々に描く感動の長篇。 目次 序章 第一章 第二章 第三章 第四章 第五章 第六章 第七章 第八章 第九章 第十章 第十一章 第十二章 第十三...
    引用元: 花はくれない 小説 佐藤紅緑 - 電子書店パピレス

  • 佐藤紅緑 - 百科事典ディスマス

    佐藤紅緑 百科事典 | ウェブ | 画像 | 動画 | 商品 文学 ポータル 各国の文学 記事総覧 出版社 ・ 文芸雑誌 文学賞 作家 詩人 ・ 小説家 その他作家 佐藤 紅緑 (さとう こうろく、 1874年 ( 明治 7年) 7月6日 - 1949年 ( 昭和 24年) 6月3日 )は、 日本 の 作家 、 俳人 。 目次 1 略歴・人物 2 著書 3 参考文献 4 佐藤紅緑を演じた俳優 5 脚注 6 外部リンク 略歴・人物 本人の意に反して執筆する事となった「少年小説」の分野で昭和初期に圧倒的な支持を受け、「少年小説の第一人者」として知られる。作詞家で詩人の サトウハチロー 、作家の 佐藤愛子 、脚本家で劇作家の 大垣肇 の父(3人とも母は異なる)。ただし、肇は愛人の子供であり、同居はしていない。 1874年 (明治7年)、 青森県 弘...
    引用元: 佐藤紅緑 - 百科事典ディスマス

佐藤紅緑 の相関図を読込中

佐藤 紅緑(さとう こうろく、1874年(明治7年)7月6日 - 1949年(昭和24年)6月3日)は、日本の作家、俳人。本人の意に反して執筆する事となった「少年小説」の分野で昭和初期に圧倒的な支持を

スポンサードリンク