出村裕英の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 出村 裕英

    氏名 でむら ひろひで 出村 裕英 所属 会津大学 コンピュータ理工学部 コンピュータソフトウェア学科 マルチメディアシステム学講座 講師 所属先住所 〒965-8580 会津若松市一箕町鶴賀 ReaD & Researchmap [ReaD & Researchmapページへ] 研究職歴 東京大学大学院理学系研究科地球 宇宙開発事業団宇宙開発特別研究 民間企業との共同研究の実績産学に関わる競争的研究資金獲得の実績主な公開特許保有する主な研究設備,測定機器 装置NEDO,経済産業省等の公的資金によるプロジェクトとして提案したいテーマ産学連携への思いや産業界へのひとこと著書 共著など
    引用元: 出村 裕英

  • 出村 裕英 - University of Aizu

    教員名 出村 裕英 所属 コンピュータ理工学科マルチメディアシステム学講座 先端情報科学研究センター(CAIST)宇宙情報科学クラスター 職位 上級准教授 最終学歴 東京大学大学院理学系研究科地球惑星物理学教室 博士(理学) 主な研究課題 月惑星探査機のリモートセンシングデータに基づく画像解析を手がけている。太陽系各天体の進化履歴の解明と、 宇宙機の画像に基づく運用に興味があり、次の日本の探査ミッションにも積極的に関わっている。小惑星探査機はやぶさ分光多帯カメラ、月探査機かぐや(SELENE)月撮像/分光機器など。
    引用元: 出村 裕英 - University of Aizu

  • 出村 裕英 - University of Aizu

    教員名 出村 裕英 所属 コンピュータ理工学科マルチメディアシステム学講座 先端情報科学研究センター(CAIST)宇宙情報科学クラスター 職位 上級准教授 最終学歴 東京大学大学院理学系研究科地球惑星物理学教室 博士(理学) 主な研究課題 月惑星探査機のリモートセンシングデータに基づく画像解析を手がけている。太陽系各天体の進化履歴の解明と、 宇宙機の画像に基づく運用に興味があり、次の日本の探査ミッションにも積極的に関わっている。小惑星探査機はやぶさ分光多帯カメラ、月探査機かぐや(SELENE)月撮像/分光機器など。
    引用元: 出村 裕英 - University of Aizu

  • サイエンスカフェにいがた(予告と報告)

    渡部潤一 編著,出村裕英・平田成・寺薗淳也 著,「最新・月の科学 ─残された謎を解く─」,NHKブックス(2008) * フィリップ・プレイト 著,江藤巌・熊谷玲美・斉藤隆央・寺薗淳也 訳,「イケナイ宇宙学 間違いだらけの天文常識」,楽工社(2009) * 天文学大事典編集委員会 編,「天文学大事典」,地人書館(2007) * ※寺薗さんが執筆参加 左巻健男 監修,池田圭一 編集・執筆,一色健司・桑島幹・寺薗淳也ほか 著,「いまさらきけない物理の疑問 身近に感じる物理編」,技術評論社(2009) * 青木満,「月の科学 「かぐや」が拓く月探査」,ベレ出版(2008) * 山本弘ほか,「人類の月面着陸はあったんだ論」,楽工社(2005) * 白尾元理,「月のきほん」,誠文堂新光社(2006) * 大貫美鈴,「来週、宇宙に行ってきます」,春日出版(2009) * ...
    引用元: サイエンスカフェにいがた(予告と報告)

  • サイエンスカフェにいがた(予告と報告)

    渡部潤一 編著,出村裕英・平田成・寺薗淳也 著,「最新・月の科学 ─残された謎を解く─」,NHKブックス(2008) * フィリップ・プレイト 著,江藤巌・熊谷玲美・斉藤隆央・寺薗淳也 訳,「イケナイ宇宙学 間違いだらけの天文常識」,楽工社(2009) * 天文学大事典編集委員会 編,「天文学大事典」,地人書館(2007) * ※寺薗さんが執筆参加 左巻健男 監修,池田圭一 編集・執筆,一色健司・桑島幹・寺薗淳也ほか 著,「いまさらきけない物理の疑問 身近に感じる物理編」,技術評論社(2009) * 青木満,「月の科学 「かぐや」が拓く月探査」,ベレ出版(2008) * 山本弘ほか,「人類の月面着陸はあったんだ論」,楽工社(2005) * 白尾元理,「月のきほん」,誠文堂新光社(2006) * 大貫美鈴,「来週、宇宙に行ってきます」,春日出版(2009) * ...
    引用元: サイエンスカフェにいがた(予告と報告)

  • 日本惑星科学会

    会津大学CAIST/ARC-Space紹介: 出村裕英 / Introduction of CAIST/ARC-Space, University of Aizu: Hirohide Demura [ 157 ] 千葉工業大学 惑星探査研究センター (PERC/Chitech) の紹介: 並木則行 / Introduction of Planetary Exploration Research Center, Chiba Institute of Technology: Noriyuki Namiki [ 159 ] 第 1 回惑星探査国際シンポジウム報告: 千秋 博紀 / Report of The 1st Annual Symposium on Planetary Exploration: Hiroki Senshu [ 162 ] 2009年度 惑星科学フロンティアセミナー参加...
    引用元: 日本惑星科学会

  • 第1回パネルディスカッション「月の氷」 - パネルディスカッション ...

    No. 20 2000年11月23日【木】20:25 出村裕英(NASDA) 他パネラーからの意見が届くまでに、おもしろい意見を紹介、コメントします。 > 生きてるうちに月に棲みたいのですが(笑) そうですねー。私も老後、足腰が立たなくなったら、重力の小さい月で余生を送ってみたいです。私たちの生きているうちに一般の人が「普通に」行ける場所になると、いいですなぁー。 また、高出力レーザーで極の永久影を照らして、氷を気化させてそれを見よう、という意見がありました。日本の月探査SELENE計画は太陽を光源とした、受動型センサーで全球組成マッピングをします。 これに対して、「自前の制御された」光源で能動的にマッピングしよう、という野心的なアイデアが付けられていました。 「原理的には大賛成!」です。太陽光量は活動度に応じて日々変化しています。太陽光は無偏光ですから、円偏光させた...
    引用元: 第1回パネルディスカッション「月の氷」 - パネルディスカッション ...

  • 福岡工業大学|研究者情報|

    内容 SSP(SurfaceScience Package)要素の開発と現状 出村裕英、吉川真、岩田隆浩、吉光徹雄、矢野創、安部正真、岡田達明、小川和律、加藤学、佐々木晶、奈良岡浩、三田肇、小林敬生、SSP サブグループ 第 6 回宇宙科学シンポジウム, 巻: 号: 頁: 2007/1 神奈川県相模原市、宇宙科学研究本部 国内
    引用元: 福岡工業大学|研究者情報|

  • 第1回パネルディスカッション「月の氷」 - パネルディスカッション ...

    No. 7 2000年11月20日【月】21:33 出村裕英(NASDA) 川勝さま、みなさま: 出村です。 > 月面では、環境条件とかから「基本的に水は存在しえない」 > ということだと思うんです。 > 大体のところは、押さえているつもりなんですが、 > 出村さん、ここらへんのところをわかりやすく説明していただけますか。 現在の月大気圧は7x10^(-7)Pa以下であることが分かっています。 地球大気圧1x10^(5)Paの約一千億分の一。まぁ「真空」です。H 2 Oの三重点圧力610.6Paを下回っているので、H 2 Oは固体の氷か気体でしか存在できません。その意味で、液体の水はありえません。 昼間の月地表温度は380K[ケルビン、温度の単位。0℃=273.15K。]にもなります。もしここに水を一滴垂らしたら、たちまち気体分子になって自由に飛び回ります。そ...
    引用元: 第1回パネルディスカッション「月の氷」 - パネルディスカッション ...

  • PLAINセンターニュース -- バックナンバー

    第1回) PDS と日本の現状 山本 幸生 (著) / 第188号 (2009年6月) 第2回) 理・情報工学連携拠点:会津大学 ARC-Space の紹介 出村 裕英 (著) / 第189号 (2009年7月) 第3回) DARTS 月惑星科学のはじまり 山本 幸生 (著) / 第190号 (2009年8月) 第4回) Planetary GISと不規則形状小天体向け三次元GISの開発 平田 成 (著) / 第194号 (2009年12月)
    引用元: PLAINセンターニュース -- バックナンバー

  • PLAINニュース第189号

    日本の月惑星探査と科学データアーカイブ 第2回 理・情報工学連携拠点:会津大学 ARC-Space の紹介 出村 裕英 会津大学 宇宙情報科学研究クラスターリーダー 会津大学は、大学設置基準緩和前の 1993 年に、日本で最初にコンピュータ理工学に特化して開学した大学です。2006 年に福島県立大学から公立大学法人に衣替えし、最初に立てられた中期目標・計画において、萌芽的研究『次の世代へ科学の重要性を伝えていく研究の一つとして宇宙フロンティア・プロジェクトへの参画』という文言を掲げました。以来、深宇宙探査ミッションにおいて理学・工学にまたがる積極的な役割を果たす教員を迎えつつ、この 2009 年4月より新しい研究組織、先端情報科学研究センター (CAIST: Research Center for Advanced Information Science and Technology)...
    引用元: PLAINニュース第189号

  • はやぶさ 2 - JAXA 太陽系小天体探査プロジェクト

    阿部新助(台湾 國立中央大學) 荒井武彦 (国立天文台) 浅田智朗 (会津大学) 出村裕英 (会津大学) 布施哲治 (国立天文台) 平田成 (会津大学)) 廣井孝弘 (ブラウン大学) 本田親寿 (会津大学) 伊藤正一 (北海道大学) 川久保学 (東京工業大学) 北里宏平 (会津大学) 松永三郎 (東京工業大学) 道上達広 (国立福島工業高等専門学校) 三河内岳 (東京大学) 三田肇 (福岡工業大学) 三浦弥生 (東京大学) 森下拓往 (東京工業大学) 中村良介(産業技術総合研究所) 中村智樹 (東北大学) 奈良岡 浩 (九州大学) 鳴海智博 (九州工業大学) 野口高明 (茨城大学) 小川佳子 (会津大学) 岡崎隆司 (九州大学) 奥平恭子 (会津大学) 奥村真一郎 (日本スペースガード協会)...
    引用元: はやぶさ 2 - JAXA 太陽系小天体探査プロジェクト

  • ISAS発コラム集 - はやぶさまとめ

    2009-07-21: 理・情報工学連携拠点:会津大学 ARC-Space の紹介(日本の月惑星探査と科学データアーカイブ 第2回)(出村 裕英) 2008-12-18: 国際惑星データ連合:IPDA 〜International Planetary Data Alliance〜(笠羽 康正) 2007-08-29: 宇宙情報システム講義第1部 衛星データ処理システムをこう作ってきた(最終回 衛星運用)(山田 隆弘) 2007-06-19: 宇宙情報システム講義第1部 衛星データ処理システムをこう作ってきた (第5回 搭載データ処理)(山田 隆弘) 2007-05-17: 「はやぶさ」のサイエンスデータアーカイブ公開(安部 正真) 2007-02-21: 宇宙情報システム講義第1部 衛星データ処理システムをこう作ってきた(第1回 はじめに)(山田 隆弘) 2004-04-13: 「はやぶさ...
    引用元: ISAS発コラム集 - はやぶさまとめ

  • KAKEN - 出村 裕英(10360009)

    深宇宙探査機データのGISへの統合と遠隔共同解析技術の研究 出村 裕英 研究期間 : 2007年度~2009年度 研究分野 : 固体地球惑星物理学 研究種目 : 基盤研究(A) 研究機関 : 会津大学 月惑星画像大容量データから進化履歴を復元するための地形特徴を抽出する方法の研究 出村 裕英 研究期間 : 2003年度~2005年度 研究分野 : 固体地球惑星物理学 研究種目 : 若手研究(B) 研究機関 : 会津大学
    引用元: KAKEN - 出村 裕英(10360009)

  • CiNii Article - BK-1-4 MUSES-C ...

    橋本 樹明 JAXA ISAS JAXA ISAS 久保田 孝 JAXA ISAS JAXA ISAS 出村 裕英 会津大 齋藤 潤 西松建設技術研究所 安部 正真 JAXA ISAS JAXA ISAS 岡田 達明 JAXA ISAS JAXA ISAS 藤原 顕 JAXA ISAS JAXA ISAS 川口 淳一郎 JAXA ISAS JAXA ISAS
    引用元: CiNii Article - BK-1-4 MUSES-C ...

  • 連絡先

    出村裕英(でむらひろひで) (上記情報に同じ) 会津大学教員紹介ページ
    引用元: 連絡先

  • PLAINニュース第189号 -- 目次

    PLAIN ニュース 第189号コンテンツ 理・情報工学連携拠点:会津大学 ARC-Space の紹介 (日本の月惑星探査と科学データアーカイブ 第2回) ・・・ 出村 裕英 会津大学 宇宙情報科学研究クラスターリーダー (504KB/ 2pages) 理・情報工学連携拠点:会津大学 ARC-Space の紹介 (日本の月惑星探査と科学データアーカイブ 第2回) へ
    引用元: PLAINニュース第189号 -- 目次

  • 小惑星探査機「はやぶさ」みんなで『おかえり!』‐ニコニコインフォ

    出演者 BeDai(ビーダイ) 超電磁P 出村裕英 秋の『』(あきの) 現地特派員 尻P NECOVIDEO VSOL1 探査機は2003年5月9日にM-Vロケット5号機によって打ち上げられ、 小惑星「イトカワ(1998SF36)」に向かって出発しました。 2004年5 月に地球スウィングバイを行なって、2005年9月に小惑星イトカワに到着しました。 2005年11月26日には小惑星イトカワへの降下着陸を行い、 試料採取のためのタッチダウンに成功しました。 その後のトラブルにより地球への帰還を3年延期することとなり、 現在は2010年6月の地球帰還を目指した運用が行われています。 地球帰還時には再突入カプセルが、探査機から分離されて地球大気に突入します。 【 テキスト提供:宇宙航空研究開発機構(JAXA) 】 【生放送情報】 小惑星探査機「はやぶさ」みんなで『おかえり!』
    引用元: 小惑星探査機「はやぶさ」みんなで『おかえり!』‐ニコニコインフォ

  • KAKEN - 岩崎 晃(40356530)

    深宇宙探査機データのGISへの統合と遠隔共同解析技術の研究 出村 裕英 研究期間 : 2007年度~2009年度 研究分野 : 固体地球惑星物理学 研究種目 : 基盤研究(A) 研究機関 : 会津大学
    引用元: KAKEN - 岩崎 晃(40356530)

  • CiNii 論文 - 『月惑星探査の来たる10年』検討の紹介

    並木 則行 Namiki Noriyuki 千葉工業大学惑星探査研究センター 小林 直樹 Kobayashi Naoki 宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所 出村 裕英 Demura Hirohide 会津大学宇宙情報科学クラスター 大槻 圭史 Ohtsuki Keiji 神戸大学惑星科学研究センター
    引用元: CiNii 論文 - 『月惑星探査の来たる10年』検討の紹介

  • Shogo Tachibana's website

    ||| 日本語論文 9. 橘 省吾 (2010) 消滅核種存在度から考える太陽系誕生環境. 地球化学 印刷中. 8. 杉田精司,宮本英昭, 橘 省吾 ,岡田達明,出村裕英,大森聡一,並木則行,高橋幸弘,三浦弥生,長尾敬介,三河内岳,佐藤毅彦 (2009) MELOSの目指す火星表層科学探査. 遊星人 18, 79-83. 7. 寺田直樹,松岡彩子,関華奈子,山崎 敦,二穴喜文,横田勝一郎,斎藤義文,中川広務,笠羽康正, 橘 省吾 ,尾川順子,佐藤毅彦,MELOSワーキンググループ (2009) MELOSが挑む「火星大気散逸・大気進化科学」. 遊星人 18, 73-75. 6. 門野敏彦,重森啓介,境家達弘,弘中陽一郎,佐野孝好,大谷一人,藤原隆史,持山智浩,藤岡慎介,黒澤耕介,城下明之,宮西宏併,尾崎典雅,兒玉了祐,関根康人,杉田精司,松井孝典, 橘 省...
    引用元: Shogo Tachibana's website

  • 星ナビ2005年3月号

    土星探査機カッシーニ・ホイヘンス リングワールドに迫る 田部一志(月惑星研究会) 火星には水があった 出村裕英(福島県立会津大学 講師) 注目をとらえた! すばるとマックホルツ彗星 パナマ金環日食情報 グッズ紹介 スターナビゲーション レポート/佐藤幹哉
    引用元: 星ナビ2005年3月号

  • PLAINセンターニュース -- バックナンバー

    (日本の月惑星探査と科学データアーカイブ 第2回) 理・情報工学連携拠点:会津大学 ARC-Space の紹介 (出村 裕英)
    引用元: PLAINセンターニュース -- バックナンバー

  • SKY WATHCER 1997 October Issue

    解説/的川 泰宣(宇宙科学研究所) 三河内 岳(東京大学理学部) 出村 裕英(東京大学理学部)
    引用元: SKY WATHCER 1997 October Issue

  • 産業技術総合研究所情報技術研究部門 研究成果リポジトリ ...

    20070520 月周回衛星SELENE搭載TCデータを用いたDTM作成に向けた事前精度検証結果 本田親寿; 春山純一; 大竹真紀子; 松永恒雄; 諸田智克; 横田康弘; 小川佳子; 出村裕英; 岩崎晃; 中村良介; 児玉信介; 平田成; LISMグループ
    引用元: 産業技術総合研究所情報技術研究部門 研究成果リポジトリ ...

出村裕英 の相関図を読込中

氏名 でむら ひろひで 出村 裕英 所属 会津大学 コンピュータ理工学部 コンピュータソフトウェア学科 マルチメディアシステム学講座 講師 所属先住所 〒965-8580 会津若松市一箕町鶴

スポンサードリンク