劉孝之の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:ネット規制が始まるのか。

    −上記の続き− 1968年4月には文鮮明、劉孝之、笹川良一、児玉誉士夫代理白井為雄らが参加して会合が持たれました。話し合いの結果、統一教会の反共運動を日本国内で受け入れることが決まり、同教政治部門としての国際勝共連合が活動を始めました。 国際勝共連合の初代会長は久保木修己です。久保木は 元首相・岸信介の支援を得て 日本国内で統一教会=勝共連合の勢力拡大を推進。また、自民党の支持団体として。選挙協力も積極的に行いました(※注4)。勝共連合の支援を受けている議員は勝共推進議員として公開されています。(資料・1) 中曽根康弘、 安倍晋太郎(安倍晋三の親)、亀井静香らが とくに統一教会と親密でした。 (引用終了)
    引用元: せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:ネット規制が始まるのか。

  • ハッピーワールド ブログ記事一覧 - にほんブログ村キーワード

    偽メシア文鮮明の統一教会を日本から叩き出せ!不浄な金にたかる恥知らずの政治屋どもを議場から駆逐せ の肝入りで山梨県本栖湖畔にある全日本モーターボート競走連合会の施設で開催される.市倉徳三郎,統一教会の劉孝之,児玉誉士夫の代理人白井為雄などが参加.1968年1月統一教会系の輸入会社「幸世物産(のちの ハッピーワールド )」が鋭和B3空気散弾銃2500丁を輸入.この時期に国際勝共連合設立.日本では会長に久保木修巳統一教会会長,名誉会長に笹川良一が就任.→これらの事実から国際勝共連合が最初から武装集団として組織され(よ... 関連キーワード 演説 訴訟 悪魔 11/06/28 02:50 ようのブログ
    引用元: ハッピーワールド ブログ記事一覧 - にほんブログ村キーワード

  • 国際勝共連合 - goo Wikipedia

    1967年 7月 山梨県 の 本栖湖 畔の「 全国モーターボート競走会連合会 」の施設に日韓両国の反共首脳が集まり、「第一回アジア反共連盟結成準備会」を開催。統一教会からは教祖、文鮮明と劉孝之(ユ・ヒョウジ)、日本側は 笹川良一 、 児玉誉士夫 代理の白井為雄、市倉徳三郎らが集まり、反共団体設立に向けて会合を持つ (注1) 。 1968年 1月13日 韓国で「国際勝共連合」を創設。全国勝共幹部50人が、韓国を訪問し、 38度線 を視察。 7月7日 江利川安栄(後の統一教会7代目会長)が東京都 小平市 の 朝鮮大学校 正門前で勝共講義を始める。 1968年 4月1日 日本で、「国際勝共連合」を創設。統一教会の初代会長、久保木修己を会長に、笹川良一を名誉会長に。 1969年 朝鮮大学校認可取り消し運動を展開。 1970年 世界反共連盟 (WACL)世界大会を開催。 7月13日 東郷記念会...
    引用元: 国際勝共連合 - goo Wikipedia

  • おすすめブログ - 日本人が知らない 恐るべき真実

    かねてから 統一教会 と交流のあった大物 フィクサー 笹川良一 は、 60年代 一貫して同教を 日本国 内に進出させることに尽力。 1968年 4月には 文鮮明 、劉孝之、 笹川良一 、 児玉誉士夫 代理 白井 為雄らが参加して会合が持たれました。話し合いの結果、 統一教会 の 反共 運動を 日本国 内で受け入れることが決まり、同教 政治 部門としての 国際勝共連合 が活動を始めました。
    引用元: おすすめブログ - 日本人が知らない 恐るべき真実

  • 9_6_2

    国際勝共連合が、日本で誕生したのは1968年4月である。発足に至る具体的経過も明らかにされており、それによると1967年7月、笹川良一の肝入りで、韓国側文鮮明(統一協会教祖)、劉孝之、日本側笹川良一、児玉誉士夫代理の白井為雄、市倉徳三郎らが山梨県本栖湖畔にある全日本モーターボート競走連合会の施設に集まり、「第一回アジア反共連盟結成準備会」が開催されたが、ここで韓国流の反共運動を日本で受け入れることが決められた。 日本の右翼暴力団の「二人の首領(ドン)」が、そのシマ(縄張り)の中で、韓国系ヤクザの活動を承認した手打式と言うことができる。会合の目的とされた日本における「アジア反共連盟」という名の団体の結成は、日本の旧右翼の中につよい反発があって実現しなかったが、その後の話し合いで、日韓両国の統一協会が、「国際勝共違合」という看板を掲げ、宗教と反共団体の二足のわらじをはくことが合意された。 ...
    引用元: 9_6_2

  • 日本の新興宗教概観part.2|日刊・日本の深層

    かねてから統一教会と交流のあった大物フィクサー笹川良一は、60年代一貫して同教を日本国内に進出させることに尽力。1968年4月には文鮮明、劉孝之、笹川良一、児玉誉士夫代理白井為雄らが参加して会合が持たれました。話し合いの結果、統一教会の反共運動を日本国内で受け入れることが決まり、同教政治部門としての国際勝共連合が活動を始めました。
    引用元: 日本の新興宗教概観part.2|日刊・日本の深層

劉孝之 の相関図を読込中

−上記の続き− 1968年4月には文鮮明、劉孝之、笹川良一、児玉誉士夫代理白井為雄らが参加して会合が持たれました。話し合いの結果、統一教会の反共運動を日本国内で受け入れることが決まり、同教政治部門とし

スポンサードリンク