北浦良の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • NII研究者リゾルバー - 研究者情報検索

    北浦 良 キタウラ リヨウ Kitaura Ryo 研究者リゾルバーID: 1000050394903 科研費研究者番号 : 50394903 所属(KAKENから): 名古屋大学/理学(系)研究科(研究院)/准教授 (※注)この項目の値は科学研究費補助金データベースにおける最も新しい報告書に記載された所属を表示しています.必ずしも現在の所属を示しているとは限りません. 研究者リンク KAKEN 所属組織研究者ページ ReaD 検索(氏名および所属による)[日本語] Google 検索(氏名) 日本語 CiNii Webcat Plus ReaD Google Scholar Google 検索(氏名) アルファベット CiNii Webcat Plus ReaD Google Scholar Google 科研費研究課題の研...
    引用元: NII研究者リゾルバー - 研究者情報検索

  • 北浦 良

    氏名 きたうら 北浦 良 所属 名古屋大学 大学院理学研究科 物質理学専攻 物質理学・化学系 物理化学研究室 助教 所属先住所 〒464-8602 愛知県名古屋市千種区不老町 民間企業との共同研究の実績 産学に関わる競争的研究資金獲得の実績 主な公開特許 保有する主な研究設備、測定機器・装置 NEDO、経済産業省等の公的資金によるプロジェクトとして提案したいテーマ 産学連携への思いや産業界へのひとこと 著書・共著など 検索経路 大学・独立法人別 名古屋大学 役職別 助教 担当科目別 データなし ReaD登録有無別 データなし 研究分野別 データなし 所属学会・団体別 データなし 研究協力可能テーマ名別 データなし 協力形態別 データなし 公開特許題目別 データなし 保有装置名別 ...
    引用元: 北浦 良

  • 研究者プロフィール

    更新日: 2011/01/04 [ 英語ページへ ] 大学院理学研究科・理学部 物質理学専攻 准教授 北浦 良 男 KITAURA RYO / 1974年生 ■ 学歴 2003年 京都大学工学研究科博士後期課程 修了 2000年 京都大学工学研究科化学工学専攻博士前期課程 修了 1998年 大阪府立大学工学部化学工学 卒業 ■ 職歴 2003/04-2005/03 (株)豊田中央研究所 研究員 2005/04-2008/07 名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻助教 2008/08- 名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻准教授 ■ 取得学位 博士(工学) (2003/03 京都大学) ■ 現在の専門分野 ナノ構造科学 機能物質化学 物性�...
    引用元: 研究者プロフィール

  • 国立大学法人 名古屋大学 産学官連携推進本部 -シーズ集 篠原研究室-

    教授 篠原 久典 052-789-2482 noris@cc.nagoya-u.ac.jp 助手 菅井 俊樹,北浦 良 私の研究室で生まれた幹の太い素晴らしいナノカーボンの研究成果を,社会で活用される工業的な物質や材料になるように,民間企業と協力して応用展開を図りたい。ナノカーボンの分野は予想外に研究開発が進展する分野で,予想を遥かに超えた用途展開で素晴らしい成果が出てきている。ナノカーボンの研究開発は,分野をまたぐ,いわば異種格闘技戦です。本気で取り組む企業には,私も本気で応じます。 昭和 52 年 信州大学理学部化学科 卒業 昭和 54 年 京都大学大学院理学研究科博士後期課程 中退 同 年 岡崎国立共同研究機構 分子科学研究所 助手 昭和 58 年 理学博士(京都大学) 昭和 61 年 エデインバラ大学化学教室 日英協力博士研究...
    引用元: 国立大学法人 名古屋大学 産学官連携推進本部 -シーズ集 篠原研究室-

  • J-GLOBAL - Systematic Study of ・・・ 【文献】

    北浦良 所属機関: 名古屋大学 大学院理学研究科 物質理学専攻 大学院理学研究科・理学部 物質理学専攻 研究分野: ナノカーボン、ナノワイヤー、ナノチューブ、低次元物質、電子物性、電子デバイス、構造物性 【この人名をキーに探す】 研究者リゾルバー | GeNii | PORTA
    引用元: J-GLOBAL - Systematic Study of ・・・ 【文献】

  • ナノチューブの中でナノ物質合成に成功 2008/08/22(金) 14 ...

    名古屋大学の北浦良・助教、篠原久典・教授らは、高輝度光科学研究センター、産業技術総合研究所と共同で、カーボンナノチューブを反応炉に、ナノワイヤーを創製する方法を開発した。この方法を使って、90%以上の効率で塩化エルビウムのナノワイヤーを作り出すことに成功した。独科学誌NanoResearchオンライン版に掲載された。 原始数個の太さしかないナノワイヤーは、特異な性質を持っているため、量子伝導や電子相関に関する基礎研究、FETチャネルや配線、高感度センサー、レーザー発振などの様々な応用への展開が期待されている。しかし、これまでのナノワイヤーはSTMを使って原子を一つずつ並べるといった非効率な作り方しかなかったため、応用への展開ができなかった。 研究チームは、ナノチューブが熱的・化学的に極めて安定であり、0.4〜50nm位までの幅広いサイズがあることから、ナノワイヤー作製のための反応炉とし...
    引用元: ナノチューブの中でナノ物質合成に成功 2008/08/22(金) 14 ...

  • 北浦のホームページ

    北浦 良 (Ryo Kitaura) 名古屋大学理学研究科物質理学専攻(化学) 准教授 博士(工学) 研究テーマ 新規ナノカーボン物質およびハイブリッドナノカーボン物質の創製と構造・物性解明 連絡先 464-8603名古屋市千種区不老町 名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻(化学) 物理化学研究室(理学館107号室) 電話(052)789-2477 E-mail: kitaura@nano.chem.nagoya-u.ac.jp
    引用元: 北浦のホームページ

  • 研究者プロフィール

    No. 書名・タイトル 全著者名 出版社名 出版年月 巻 号 頁 1 ナノマテリアル技術大系 第2巻 ナノ金属編 北浦 良、北川 進 株式会社フジ・テクノシステム 2006/01 766-770 2 新時代の多孔性材料とその応用-ナノサイエンスが作る新材料- 北浦良、北川進 シーエムシー出版 2004/12 3 3 集積型金属錯体の科学 -物質機能の多様性を求めて- 北川 進、北浦 良 化学同人 2003/03 135-143
    引用元: 研究者プロフィール

  • J-GLOBAL - カーボンナノチューブを用いた物質創製:新・・・ 【文献】

    カーボンナノチューブを用いた物質創製:新規カーボンナノチューブハイブリッド物質の創製と構造・物性 北浦良 (名古屋大 大学院)、 篠原久典 (名古屋大 大学院) 【全文情報】 印刷画面 | URL 関連情報を見る 更新日 2009年03月04日 J-GLOBAL ID 200902273166431997 整理番号 09A0031571 タイトル(和文) カーボンナノチューブを用いた物質創製:新規カーボンナノチューブハイブリッド物質の創製と構造・物性 タイトル(英文) タイトル(原文) 著者(所属機関)(2件) 北浦良 所属:名古屋大 大学院 篠原久典 所属:名古屋大 大学院 発表資料(1件) 中部化学関係学協会支部連合秋季大会講演予稿集 JST資料番号(1件) L0502A ...
    引用元: J-GLOBAL - カーボンナノチューブを用いた物質創製:新・・・ 【文献】

  • 国立大学法人 名古屋大学 産学官連携推進本部 -シーズ集 森研究室-

    トップページ > 産学官連携への取り組み > シーズ集 > 森研究室 教授 森 滋勝 052-789-3377 助手:菅井 俊樹,北浦 良 糖など有用成分が含まれる液化した木質をさまざまな用途に利用展開し,日本の山林を守る木質バイオクラスターを展開したい。 昭和 45 年 名古屋大学鉄鋼工学科助手 昭和 46 年 名古屋工業大学工学部講師 昭和 50 年 同上 助教授 平成 5 年 名古屋大学工学部教授 平成 13 年 名古屋大学先端技術共同研究センター教授 平成 15 年 同上 センター長 間伐材,廃木材といった木質のリサイクルが社会的な課題になっているが,木質を10ミクロン程度の微粉末にする連続式の振動ミルを企業と...
    引用元: 国立大学法人 名古屋大学 産学官連携推進本部 -シーズ集 森研究室-

  • 極細のナノワイヤを作製 毛髪の1万分の1以下 - 47NEWS(よんななニュース)

    47NEWS > 共同ニュース > 記事詳細 ニュース詳細 極細のナノワイヤを作製 毛髪の1万分の1以下 カーボンナノチューブの内側に並んだナノワイヤの電子顕微鏡写真(北浦良・名古屋大助教提供) 毛髪の約1万分の1という細さで筒状に炭素原子が結合したカーボンナノチューブの内部に、原子レベルで化学物質を連結した極細の「ナノワイヤ」を合成することに、名古屋大などのチームが成功、31日発表した。高感度センサーや超微細配線など、ナノテクを駆使した将来の電子機器につながる成果という。 チームは、直径2ナノメートル(ナノは10億分の1)のカーボンナノチューブを作った。これと塩化エルビウムという化学物質とを試験管に入れ、真空にして7日間、約700度に加熱し続けた。 電子顕微鏡で観察すると、チューブの内部に塩化エルビウムが9割以上の高効率でぎっしり詰まっていた。大型放射光施設「スプリング8」(兵庫...
    引用元: 極細のナノワイヤを作製 毛髪の1万分の1以下 - 47NEWS(よんななニュース)

  • KAKEN - 北浦 良(50394903)

    ハイブリッドナノチューブを軸とした新規物質の創製と構造・物性評価法の開発 北浦 良 研究期間 : 2009年度~2010年度 研究分野 : 機能物質化学 研究種目 : 若手研究(B) 研究機関 : 名古屋大学 新奇カーボンナノチューブハイブリッドの合成と評価 篠原 久典 研究期間 : 2007年度~2011年度 研究分野 : カーボンナノチューブナノエレクトロニクス 研究種目 : 特定領域研究 研究機関 : 名古屋大学 糖およびDNAとカーボンナノチューブのハイブリッド物質の創製と評価 篠原 久典 研究期間 : 2007年度~2009年度 研究分野 : 物理化学 研究種目 : 基盤研究(A) 研究機関 : 名古屋大学 カーボンナノチューブ・ピーポット物質の創製と物性評価 篠原 久典 研究期間 : 2004年度~2005年度 研...
    引用元: KAKEN - 北浦 良(50394903)

  • Shinohara Laboratory

    English Page 篠原久典 教授 プロフィール >> ホーム 研究活動 メンバー 論文・出版 写真 アクセス リンク 講義資料 フラーレン・ナノチューブ学会 研究室専用 スタッフ 教員 篠原 久典 教授 北浦 良 准教授 ResearcherID >> 宮田 耕充 助教 研究員 山口 貴司 張 錦英 E-mail: jinyingzhang$at$nano.chem.nagoya-u.ac.jp 秘書 井上 志保 フラーレン・ナノチューブ学会 事務局 小川 良子 事務補佐員 Department of Chemistry & Institute for Advanced Research, Nagoya University, Nagoya, 464-8602, Ja...
    引用元: Shinohara Laboratory

  • 名古屋大学 研究推進室

    平成23年度文部科学大臣賞の受賞について、名古屋大学から以下の先生方が受賞されました。 【科学技術賞・研究部門】 佐藤 一雄 教授(工学研究科) 【若手科学者賞】 溝口 大輔 講師 (工学研究科) 北浦 良 准教授(理学研究科) 西堀 英治 准教授(工学研究科) 野中 千穂 助教 (基礎理論研究センター) 平原 華奈子 准教授(太陽地球環境研究所)
    引用元: 名古屋大学 研究推進室

  • KAKEN - ハイブリッドナノチューブを軸とした新規物質の創製と構造 ...

    代表者 2009年度~2010年度 北浦 良 研究者番号: 50394903 名古屋大学・理学(系)研究科(研究院)・准教授
    引用元: KAKEN - ハイブリッドナノチューブを軸とした新規物質の創製と構造 ...

  • 最近の受賞

    2011年 篠原久典 教授 弟64回中日文化賞 受賞 2011年 北浦 良 准教授 文部科学大臣表彰若手科学者賞 受賞 2011年 吉川浩史 助教 日本化学会「第25回若い世代の特別講演会賞」 受賞 2011年 宮田耕充 助教 第29回応用物理学会講演奨励賞 受賞 2010年 斉藤尚平 助教 第27回井上研究奨励賞 受賞 2010年 瀬川泰知 助教 第27回井上研究奨励賞 受賞 2010年 斉藤尚平 助教 第23回有機合成化学協会研究企画賞 受賞 2010年 深澤愛子 助教 第5回アジア最先端有機化学国際会議 受賞 2010年 宮田耕充 助教 応用物理学会論文賞 受賞 2010年 吉川浩史 助教 ナノ学会第8回大会産業タイムズ社賞 受賞 2010年 山口茂弘 教授 有機合成化学協会DIC・機能性材料賞 受賞 2010年 篠原久典 教授 日本化学...
    引用元: 最近の受賞

北浦良 の相関図を読込中

北浦 良 キタウラ リヨウ Kitaura Ryo 研究者リゾルバーID: 1000050394903 科研費研究者番号 : 50394903 所属(KAKENから): 名古屋大学/理学(系)

スポンサードリンク