原亨和の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 原研究室 / 原亨和(みちかず)教授のご紹介

    原 亨和(みちかず) 教授のご紹介 -生年月日-昭和40年3月7日 八白土星 巳年 魚座O型左利き -学歴-昭和58年3月 : 関東学院高等学校卒業 昭和58年4月 : 東京理科大学理学部化学科入学 昭和62年4月 : 東京工業大学総合理工学研究科電子化学専攻修士課程入学 平成1年4月 : 東京工業大学総合理工学研究科電子化学専攻博士課程入学 平成4年3月 : 同修了 -学位-理学博士(平成4年3月 東京工業大学) -職歴-平成4年4月 : 株式会社東芝研究開発センター勤務 平成7年9月 : 東京工業大学資源化学研究所触媒化学部門助手 平成11〜12年5月 : 米国ペンシルバニア州立大学博士研究員 平成12年9月 : 東京工業大学 資源化学研究所 触媒化学部門 助教授 平成18年8月 : 東京工業大学 応用セラミックス研究所 セラミックス機能部門 ...
    引用元: 原研究室 / 原亨和(みちかず)教授のご紹介

  • 研究者プロフィール

    氏名 原 亨和 よみがな ハラ ミチカズ 職名 教授 所属(本務) ソリューション研究機構/ 所属(協力) / 生年月 1965年 03月 連絡先番号 045-924-5311 ホームページのURL http://www.msl.titech.ac.jp/~hara/ E-mailアドレス mhara\0684\msl.titech.ac.jp メールアドレスは自動収集を避けるため,正しく表記しておりません。 ご面倒ですが,「\」から「\」までの記号及び数字を「@」に書き換えてメールをお送りください。 研究テーマ バイオフューエルの高効率製造のための固体触媒の創生 カーボン太陽電池 学歴 東京工業大学総合理学研究科電子化学博士課程修了(1992) 東京理科大学理学部化学卒業(1987) 職歴 東京工業大学応用セラ...
    引用元: 研究者プロフィール

  • 教員プロフィール 原 亨和|教員一覧|東京工業大学大学院総合理工学研究科 ...

    トップページ > 教員・研究室の紹介 - 教員一覧 > 教員プロフィール 原 亨和(Michikazu Hara) 教員プロフィール 学 位 理学博士 専門分野 触媒化学、表面科学 研究内容 光触媒による水の分解、力学エネルギー変換触媒による水からの水素生成 略 歴 1965年 生まれ 1986年 東京理科大学理学部化学科卒業 1992年 東京工業大学総合理工学研究科電子化学博士課程修了。同年株式会社東芝入社、研究開発センター勤務 1996年 東京工業大学資源化学研究所触媒化学部門助手 1999年 米国ペンシルバニア州立大学化学科で博士研究員 2000年 東京工業大学資源化学研究 所触媒化学部門助教授、現在に至る 東京工業大学 資源化学研究所 すずかけ台キャンパスR1棟5階510号室 〒226-8502 横浜市緑区長津田町4259 TEL:045-924-5239 FAX ...
    引用元: 教員プロフィール 原 亨和|教員一覧|東京工業大学大学院総合理工学研究科 ...

  • 月刊「化学」 2006年(61巻)5月号執筆者プロフィール

    原 亨和(はら みちかず) 東京工業大学資源化学研究所助教授 1.1965年 3.関東学院高校 4.東京工業大学総合理工学研究科電子化学専攻(1992年修了) 5.グリーンケミストリー,太陽エネルギー変換(固体酸触媒,バイオディーゼル,太陽電池) 6.環境に負荷を与えることなく,エネルギー,化学資源を生み出す新材料の創出 8.寺田寅彦『寺田寅彦随筆集』岩波書店 9.園芸 10. http://www.res.titech.ac.jp/~shokubai/hara/index.html
    引用元: 月刊「化学」 2006年(61巻)5月号執筆者プロフィール

  • 原 亨和

    氏名 はら みちかず 原 亨和 所属 東京工業大学 資源化学研究所 准教授 所属先住所 〒226-8503 神奈川県横浜市緑区長津田町4259 ReaD [ReaDページへ] 研究職歴 東京工業大学助教授 (2000-) ペンシルバニア州立大学博士研究 東京工業大学助手 (1995-) (株)東芝研究員 (1992-) 研究キーワード 光触媒, photocatalyst, 光触媒, photocatalyst, 自己組織化ナノ材料, self-assembled nano, ナノテクノロジー, nano technology, 固体表面, solid surface, 表面科学, surface science 所属学会・団体 日本化学会 触媒学会 民間企業との共同研究の実績 産学に関わる競争的研究資金獲得の実績 主な...
    引用元: 原 亨和

  • 特別講演会

    [プロフィール] 原 亨和 先生 (HARA Michikazu) 1965年生まれ.平成4年㈱東芝入社、平成7年東京工業大学資源科学研究所助手、平成12年同所助教授、平成18年より現職。平成19年より(財)神奈川科学アカデミー創造展開プロジェクト「エコ固体酸触媒」総括責任者。東京工業大学挑戦的研究賞、Scientific American 50 Awardなどを受賞。
    引用元: 特別講演会

  • 原亨和 研究者情報 | T2R2 東京工業大学リサーチリポジトリ

    ヘルプ 原亨和 研究者情報 研究者情報 研究業績一覧 姓 原 HARA 名 亨和 MICHIKAZU 所属組織 東京工業大学 ソリューション研究機構 Tokyo Institute of Technology Solution Science Research Laboratory 専門分野 その他 (触媒化学) 機能物質化学 (材料科学, 表面化学) 教員プロフィール 講義ノート TokyoTech Open Course Ware 学位論文 Surface Chemistry on Aluminum Single Crystal Surfaces , 博士(理学), 東京工業大学総合理工学研究科電子化学専攻, 1992/01/01.
    引用元: 原亨和 研究者情報 | T2R2 東京工業大学リサーチリポジトリ

  • 爆笑問題のニッポンの教養 | 過去放送記録 | FILE069:「永久 ...

    原亨和(はらみちかず) 東京工業大学教授 機能セラミックス・触媒1965年生まれ。1986年 東京理科大学理学部化学科卒業。1996年 東京工業大学資源化学研究所触媒化学部門助手を経て2006年より現職。カーボン固体酸の開発により、2006年サイエンス・アメリカ誌によって世界で注目される研究者50人に選ばれる。
    引用元: 爆笑問題のニッポンの教養 | 過去放送記録 | FILE069:「永久 ...

  • 原 亨和

    氏名 原 亨和 所属機関 東京工業大学 資源化学研究所 助教授 分野 バイオ・応用 展示製品 硫酸代替固体 触媒 の応用展開―バイオディーゼル製造 触媒 ― 年度 2006 年 出展展示会 イノベーション・ジャパン2006 - 大学見本市 区分 展示会, 講演会 和名 硫酸代替固体 触媒 の応用展開―バイオディーゼル製造 触媒 ― 英名 Biodiesel made with sugar catalyst 技術の概要 セルロース、デンプンといった豊富な天然 有機物 を低温で炭化、その後スルホ化すると高密度のスルホ基が結合した アモルファス カーボンが生成する。このカーボン材料は分離・回収が容易で、何回でも反応に使える固体の硫酸として、硫酸を 触媒 とした化成品の製造プロセスの全て、およびバイオディーゼル、バイオエタノール製造の低コスト化に大きく貢...
    引用元: 原 亨和

  • 原 亨和 | 全国共同利用 応用セラミックス研究所

    教授 原 亨和 Professor: Michikazu Hara 所属部門 セラミックス機能部門 Office R3棟 4階 ポスト番号 R3-33 電話番号 045-924-5311 FAX番号 045-924-5381 メールアドレス mhara@msl.titech.ac.jp 専門分野 材料科学,触媒化学,表面化学 研究キーワード エネルギー変換触媒(光触媒),新規固体酸触媒,金属酸化物触媒,CO水素化反応,メソポーラス材料(遷移金属酸化物・有機無機ハイブリッド),赤外分光,プロトニック・ソリッド,バイオフューエル,カーボン・ソーラーセル,酸触媒反応,イオン伝導体,プロトン伝導,バンド・エンジニアリング ホームページ 研究室ホームページ
    引用元: 原 亨和 | 全国共同利用 応用セラミックス研究所

  • 原亨和のウェブ検索|ヤプログ!サーチ|yaplog!

    記 事 ブロガー 画 像 ウェブ レシピ 原亨和 の検索結果 ウェブ検索結果 (最新記事一覧) 1. 原 亨和 | 全国共同利用 応用セラミックス研究所 応用セラミックス研究所は、セラミックスおよび建築材料の研究で世界をリードし全国 共同利用機関として産学官の連携を強力に推進します。 www.msl.titech.ac.jp 2. 教員プロフィール 原 亨和 |教員一覧|東京工業大学大学院総合理工学 ... 略 歴, 1965年 生まれ 1986年 東京理科大学理学部化学科卒業 1992年 東京工業大学 ... www.echem.titech.ac.jp 3. 原亨和 - トップページ 研究成果として. 「チタン酸ナノチューブの固体酸触媒としての利用」 というタイトル で米国化学 ... www.msl.titech.ac.jp 4. 原亨和 先生がTVに出演|東京工...
    引用元: 原亨和のウェブ検索|ヤプログ!サーチ|yaplog!

  • 教員情報 - TOKYO TECH OCW

    923 33 English ? ホーム > 教員情報 教員情報 : 原 亨和 (hara michikazu) 所属部局 所属部局(大分類) 所属部局(小分類) 統合研究院ソリューション研究機構 応用セラミックス研究所 セラミックス機能部門 担当講義一覧 ●概要・シラバス・講義ノート ◎概要・シラバス 全て表示 0 2 公開 状況 No 講義名 学科・専攻名 開講年度 (推奨学期) 公開・ 更新日 アクセス指標 1 固体光化学 物質科学創造専攻 H23年度 前期 2011/3/23 2 反応設計特論 物質科学専攻 H23年度 前期 2011/3/23 関連リンク
    引用元: 教員情報 - TOKYO TECH OCW

  • 新規事業研究会月例会講演要旨2005-1

    講演:『炭の固体強酸』 東京工業大学 応用セラミックス研究所 教授 原 亨和(みちかず)氏 講演日:平成19年2月10日(土)於て 東工大(大岡山) 百年記念館 【講演要旨】 硫酸のように強い酸性をもつ個体―固体強酸―は、燃料、繊維・ポリマー・樹脂の原料、医薬品、添加物…といった必要不可欠な化学資源の生産を革新する触媒の可能性をもつ。しかし、これまで満足のいく材料は開発されていなかった。このような状況下、我々は砂糖、セルロース、デンプンといった豊富な天然有機物から簡単につくれる固体材料が高い酸触媒性能をもつことを見出している。本講演ではこの材料の実用的展開と可能性について述べる。 【略歴】 原 亨和(はら みちかず) 1990 東京工業大学総合理工学研究科電子化学専攻博士課程修了(理学博士) 1992 株式会社 東芝 総合研究所(現研究開発センター)勤務 ...
    引用元: 新規事業研究会月例会講演要旨2005-1

  • 2009年04月のブログ|50代オヤジの独言

    2009-04-21 22:55:15 爆問学問:原亨和 テーマ: テレビ録 もしも・・・石油が無くなったら。トイレットペーパー争奪戦? 今回は東京工業大学の教授。「犯罪者と間違われて成田空港で荷物開けられなかったことは一度も無い。」 昭和40年生まれで、爆笑とも同い年。ちょっと破れて汚れたズボンにスキンヘッドのおじさんだ。 触媒科学の第一人者。硫酸マニアだという。硫酸は1億トンも年間で使われれいて、セルロースに硫酸を入れると溶ける、それをアルカリ剤で中和しないと砂糖は採れない。そこで液体にしないで採れないかと考えた。それが「炭」であり、カーボン固体酸を世界で初めて成功させた。「お砂糖は全ての素。石油は様々な糖分が結合したもの。」「砂糖からエタノールを作る。」 つまり砂糖から燃料ができるのだ 。 バイオエタノールを木屑などから簡単にできるという実験をする。 水に溶けない硫酸を飲む。ゴクゴク...
    引用元: 2009年04月のブログ|50代オヤジの独言

原亨和 の相関図を読込中

原 亨和(みちかず) 教授のご紹介 -生年月日-昭和40年3月7日 八白土星 巳年 魚座O型左利き -学歴-昭和58年3月 : 関東学院高等学校卒業 昭和58年4月 : 東京理科大学理学部化

スポンサードリンク