友田修司の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • http://bio.c.u-tokyo.ac.jp/labs/tomoda/members.html

    ●友田修司  (教授) 略歴 東京大学理学部化学科、同大学院修士課程卒業後、米国コーネル大学大学院理学系化学専攻に留学。Roald Hoffmann教授に量子化学理論、Goldstein教授にビシクロ芳香族性に関する物理有機化学(実験)を学ぶ。1972年Schleuderburg Fellow. Ph.D.取得後、東京大学助手、助教授。その間、米国プリンストン大学化学科で博士研究員。平成2年より、東京大学大学院教授。 専門:量子化学、物理有機化学。EFOEモデル
    引用元: http://bio.c.u-tokyo.ac.jp/labs/tomoda/members.html

  • http://books.rakuten.co.jp/rb/%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E8%BB%8C%E9%81%93%E8%AB%96%E3%81%A7%E5%8C%96%E5%AD%A6%E3%82%92%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%8B-%E5%8F%8B%E7%94%B0%E4%BF%AE%E5%8F%B8-9784061543324/item/4702824/

    【著者情報】(「BOOK」データベースより) 友田修司(トモダシュウジ)1968年東京大学理学部化学科卒業。1970年同大学院理学系化学専攻修士課程修了。1975年Cornell大学大学院博士課程修了。Ph.D.(物理有機化学)。東京大学助手、Princeton大学博士研究員、東京大学助教授を経て1991年より東京大学大学院教授(総合文化研究科生命環境科学系)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
    引用元: http://books.rakuten.co.jp/rb/%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E8%BB%8C%E9%81%93%E8%AB%96%E3%81%A7%E5%8C%96%E5%AD%A6%E3%82%92%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%8B-%E5%8F%8B%E7%94%B0%E4%BF%AE%E5%8F%B8-9784061543324/item/4702824/

  • http://booklog.jp/item/1/4061543326

    フロンティア軌道論で化学を考える 本棚に登録3人が登録 ★評価5.00 1レビュー 著者 : 友田修司  (1) (0) (0) (0) (0) 本 / 講談社 / 212ページ / 2007年09月27日発売 ISBN/EAN: 9784061543324 価格 : ¥ 2,940 (参考価格:¥ 2,940) みんなに広める Tweet フロンティア軌道論で化学を考える (KS化学専門書)の感想 レビュー 書評 すべて ★5 ★4 ★3 ★2 ★1 johmotoさんのレビュー 読み終わった 大学で学ぶ基礎科学の部分をフロンティア軌道論で説明されている。 かなり勉強になったし面白かった。 フロンティア軌道論が多くの現象を説明できることが学べる。 買うに値する。 これいいね!2011-03-23 | コメントする» 全1件中 1 - 1件を表示 友田修司の作品一覧 基礎量子化学―軌道概念...
    引用元: http://booklog.jp/item/1/4061543326

友田修司 の相関図を読込中

●友田修司  (教授) 略歴 東京大学理学部化学科、同大学院修士課程卒業後、米国コーネル大学大学院理学系化学専攻に留学。Roald Hoffmann教授に量子化学理論、Goldstein教授にビシ

スポンサードリンク