古田佑紀の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 古田佑紀 - Wikipedia

    古田 佑紀(ふるたゆうき、男性、1942年4月8日 - )は、日本の元検事、最高裁判所判事(2005年8月2日- 2012年4月7日)。
    引用元: 古田佑紀 - Wikipedia

  • 刑法という法律: 紀伊國屋書店BookWeb

    古田佑紀 [フルタユウキ] 昭和17年4月北海道に生まれる。昭和42年東京大学法学部卒業。同44年東京地検検事、以後、法務省刑事局参事官、東京地検検事、法務省刑事局青少年課長、同国際課長、法務大臣官房審議官、宇都宮地検検事正、最高検検事、法務省刑事局長、最高検刑事部長などを経て次長検事。平成16年12月退官し、平成17年4月から同志社大学法科大学院教授。刑法、刑事訴訟法の司法試験考査委員、国際連合犯罪防止及び刑事司法委員会日本代表などを多数回務めたほか、国際共助法、コンピュータ犯罪関係刑法改正、刑法の現代用語化、組織犯罪処罰法、被害者保護関係法など15を超える刑事立法に従事
    引用元: 刑法という法律: 紀伊國屋書店BookWeb

  • 古田佑紀 - BIGLOBE百科事典

    古田 佑紀 (ふるたゆうき、男性、 1942年 4月8日 - )は、日本の元 検事 、 最高裁判所判事 ( 2005年 8月2日 - )。 目次 1 略歴 2 担当審理 2.1 大法廷判決に対する対応 2.2 小法廷判決に対する対応 略歴 都立戸山高校 を経て、 1967年 東京大学 法学部 卒業 同年 司法修習生 1969年 検事 任官 1984年 法務省刑事局 参事官 1987年 東京地方検察庁 検事 1990年 法務省刑事局 青少年課長 1991年 法務省刑事局国際課長 1993年 法務大臣官房審議官(刑事局担当) 1998年 宇都宮地方検察庁 検事正 1999年 最高検察庁 検事 同年 法務省刑事局長 2002年 最高検察庁刑事部長 2003年 次長検事 2004年 退官 2005年 同志社大学 法...
    引用元: 古田佑紀 - BIGLOBE百科事典

  • 裁判所 | 最高裁判所の裁判官

    最高裁判所判事 古田佑紀 ( ふるたゆうき ) (昭和17年4月8日生) 略歴 昭和42年 東京大学法学部卒業 昭和42年 司法修習生 昭和44年 検事任官 その後,東京地検,法務省刑事局, 札幌地検,名古屋地検,浦和地検川越支部, 法務省刑事局で勤務 昭和59年 法務省刑事局参事官 昭和62年 東京地検検事 平成 2年 法務省刑事局青少年課長 平成 3年 法務省刑事局国際課長 平成 5年 法務大臣官房審議官(刑事局担当) 平成10年 宇都宮地検検事正 平成11年 最高検検事 平成11年 法務省刑事局長 平成14年 最高検刑事部長 平成15年 最高検次長検事 平成16年 退官 平成17年 同志社大学法科大学院教授 平成17年 8月 2日 最高裁判所判事
    引用元: 裁判所 | 最高裁判所の裁判官

  • 古田佑紀 - Wikipedia

    古田佑紀 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 移動: 案内 , 検索 古田 佑紀 (ふるたゆうき、男性、 1942年 4月8日 - )は、日本の元 検事 、 最高裁判所判事 ( 2005年 8月2日 - )。 目次 1 略歴 2 担当審理 2.1 大法廷判決に対する対応 2.2 小法廷判決に対する対応 [ 編集 ] 略歴 都立戸山高校 を経て、 1967年 東京大学 法学部 卒業 同年 司法修習生 1969年 検事 任官 1984年 法務省刑事局 参事官 1987年 東京地方検察庁 検事 1990年 法務省刑事局 青少年課長 1991年 法務省刑事局国際課長 1993年 法務大臣官房審議官(刑事局担当) 1998年 宇都宮地方検察庁 検事正 1999年 最高検察庁 検事 同年 法務省刑事局長 ...
    引用元: 古田佑紀 - Wikipedia

  • 裁判官検索:古田佑紀 | 法律情報サイト e-hoki

    HOME > 裁判官検索 > 古田佑紀 裁判官検索 裁判官一覧 平成14年7月1日以降の全国の裁判官の異動履歴を表示しています。 履歴欄に記載のない場合は異動がないことを示します。 古田佑紀 所属 最高裁判所判事 異動履歴 H.17. 8. 2 〜 最高裁判事 H.16.12.10 依願退官 S.44. 4. 8 〜 H.16.12.10 検事 裁判官一覧 ・ 会員ID・パスワードをお忘れの場合 ・ 会員登録をする 弁護士タウン 税理士タウン 裁判官検索 法曹界人事 イベント情報 法律サイトナビ 法律情報メールマガジン LIMM 官公庁新着情報 ウエストロー・ジャパン株式会社 株式会社ロータス21 日本電算企画株式会社 ...
    引用元: 裁判官検索:古田佑紀 | 法律情報サイト e-hoki

  • 古田佑紀 - 百科事典ディスマス

    古田 佑紀 (ふるたゆうき、男性、 1942年 4月8日 - )は、日本の元 検事 、 最高裁判所判事 ( 2005年 8月2日 - )。 目次 1 略歴 2 担当審理 2.1 大法廷判決に対する対応 2.2 小法廷判決に対する対応 略歴 都立戸山高校 を経て、 1967年 東京大学 法学部 卒業 同年 司法修習生 1969年 検事 任官 1984年 法務省刑事局 参事官 1987年 東京地方検察庁 検事 1990年 法務省刑事局 青少年課長 1991年 法務省刑事局国際課長 1993年 法務大臣官房審議官(刑事局担当) 1998年 宇都宮地方検察庁 検事正 1999年 最高検察庁 検事 同年 法務省刑事局長 2002年 最高検察庁刑事部長 2003年 次長検事 2004年 退官 2005年 同志社大学 法...
    引用元: 古田佑紀 - 百科事典ディスマス

  • 古田佑紀 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

    プロフィール情報はありません 古田 佑紀(ふるたゆうき、男性、1942年4月8日 - )は、日本の元検事、最高裁判所判事(2005年8月2日- )。略歴 都立戸山高校を経て、 1967年 東京大学法学部卒業 同年 司法修習生 1969年 検事任官 1984年 法務省刑事局参事官 1987年 東京地方検察庁検事 1990年 ... Feペディア(出典:Wikipedia)で詳細を見る
    引用元: 古田佑紀 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

  • 古田佑紀 - エキサイト キーワード

    古田佑紀 古田 佑紀(ふるたゆうき、男性、1942年4月8日 - )は、日本の元検事、最高裁判所判事(2005年8月2日- )。 略歴 都立戸山高校を経て、 1967年 東京大学法学部卒業 同年 司法修習生 1969年 検事任官 1984年 法務省刑事局参事官 1987年 東京地方検察… http://ja.wikipedia.org/wiki/古田佑紀
    引用元: 古田佑紀 - エキサイト キーワード

  • 弾圧当時の最高検次長が、最高裁の裁判官になっていた! | パワー・トゥ ...

    【最高裁第二小法廷の裁判官古田佑紀について】 ◆ 弾圧当時の最高検次長が、最高裁の裁判官になっていた! ≪三権の癒着!≫ ◆ 最高裁第2小法廷裁判官古田佑紀 は、 2002年8月1日に最高検事部長に就任し、 2003年9月29日に 最高検次長検事 に就任し、 2004年12月10日に検察官を退官、 翌2005年8月2日 最高裁判所判事 に就任しています。 当時の 一連のビラ配布弾圧事件 (公選法違反大石事件・立川反戦ビラ・葛飾政党ビラ) の最高裁判決は3事件とも 第2小法廷で不当判決 を受けています。 国公法弾圧堀越事件 は、3月に当然の無罪判決を勝ち取ったものの、不当にも検察が上告し、 世田谷国公法弾圧事件 は、一審に続いて、二審では実質審理なしで国連の勧告を無視した不当判決が出され、いずれも 最高裁第2小法廷 に係属することになりました。 ≪第二小法廷は、まるでナチスのガス室だ!≫ 【...
    引用元: 弾圧当時の最高検次長が、最高裁の裁判官になっていた! | パワー・トゥ ...

  • 古田佑紀とは - Weblio辞書

    古田佑紀とは? Weblio 辞書 FAQ よくある質問 と一致する で始まる を含む で終わる を解説文に含む 辞書 類語辞典 英和・和英辞典 手話辞典 初めての方へ 参加元一覧 用語解説 | プロフィール | 動画 | 全文検索 Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 政治家 > その他の政治家 > 日本の検察官 > 古田佑紀 の意味・解説 ウィキペディア 古田佑紀 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/04/04 13:21 UTC 版) 古田 佑紀 (ふるたゆうき、男性、 1942年 4月8日 - )は、日本の元 検事 、 最高裁判所判事 ( 2005年 8月2日 - )。 [ 続きの解説 ] 「古田佑紀」の続きの解説一覧 1 古田佑紀とは 2 古田佑紀の概要 索引トップ 用語の索引 ランキング...
    引用元: 古田佑紀とは - Weblio辞書

  • 古田判事の出身地: 法 治国 家 つ ま み ぐ い

    著書「刑法という法律」のプロフィールや、「時の動き」という政府雑誌でのインタビュー記事によると、古田佑紀判事は 「北海道生まれ」 と紹介されています。 たしか新聞報道では「東京都出身」と書いてあったような……。まぁ、北海道で産湯に浸かったけれども、まもなく東京に移ってきた場合でも、東京都出身者を名乗る場合は少なくありませんからね。明日にでも最高裁に問い合わせてみようと思います。 ついでに、審査対象判事の血液型も問い合わせたいんですけど……、それはふざけすぎですかね。 国民審査の特設ページは、しだいに、私が想像していたのを超える公共性を孕みつつあります。本来、こういう国民審査の判断資料というのは、臨時のプロジェクトチームでも組んで、ウソ・大げさ・まぎらわしい記述がないかどうかを相互チェックしてから世に送り出すべきものだと思います。しかし、もう後戻りはできません。衆議院解散に大あわてで対応した...
    引用元: 古田判事の出身地: 法 治国 家 つ ま み ぐ い

  • オンライン書店ビーケーワン:大コンメンタール刑事訴訟法 第2巻 第2版 ...

    河上 和雄編 中山 善房編 古田 佑紀編 原田 國男編 河村 博編 渡辺 咲子編 税込価格:¥7,350(本体 : ¥7,000) bk1ポイント倶楽部 : 70 ポイント(1%進呈) 国内送料無料でお届けできます 出版 : 青林書院 サイズ : 22cm / 501p ISBN : 978-4-417-01513-0 発行年月 : 2010.10 利用対象 : 実務家 出荷可能時間: 出荷までに要する日数について 配達方法について この本を 1 2 3 4 5 6 7 8 9 冊買う 10冊以上買う お困りの方 在庫切れ等により、 手配できない場合がございます この本を見た人は下記の本も見ています 1 / 4 民事尋問技術 刑事訴訟法講義 事件記録教材 第3号 窃盗被疑事件 精神鑑定の乱用 2 / 4 ...
    引用元: オンライン書店ビーケーワン:大コンメンタール刑事訴訟法 第2巻 第2版 ...

  • 三権の癒着! 弾圧当時の最高検次長が、最高裁の裁判官になっていた ...

    【最高裁第二小法廷の裁判官古田佑紀について】 ◆ 弾圧当時の最高検次長が、最高裁の裁判官になっていた! ≪三権の癒着!≫ ◆ 最高裁第2小法廷裁判官古田佑紀は、 2002年8月1日に最高検事部長に就任し、 2003年9月29日に最高検次長検事に就任し、 2004年12月10日に検察官を退官、 翌2005年8月2日最高裁判所判事に就任しています。 当時の一連のビラ配布弾圧事件(公選法違反大石事件)の最高裁判決は3事件とも第2小法廷で不当判決を受けています。 国公法弾圧堀越事件は、3月に当然の無罪判決を勝ち取ったものの、不当にも検察が上告し、世田谷国公法弾圧事件は、一審に続いて、二審では実質審理なしで国連の勧告を無視した不当判決が出されています。 ≪第二小法廷は、まるでナチスのガス室だ!≫ 【古田佑紀裁判官:最高裁第2小法廷】経歴 ⇔ ビラ配布弾圧6事件の年表 1942年(昭和17年)4月8日...
    引用元: 三権の癒着! 弾圧当時の最高検次長が、最高裁の裁判官になっていた ...

古田佑紀 の相関図を読込中

古田 佑紀(ふるたゆうき、男性、1942年4月8日 - )は、日本の元検事、最高裁判所判事(2005年8月2日- 2012年4月7日)。 都立戸山高校を経て、 1967年 東京大学法学部卒業 同年 

スポンサードリンク