吉尾弘氏の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • http://tamasaka.typepad.jp/tama/%E5%B1%B1%E6%9B%B8%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%82%A2%E5%90%89%E5%B0%BE%E5%BC%98/

    私たちの『まつど岳人倶楽部』は、故 吉尾弘氏が最後に産み落とした(と、僕らが勝手に思い込んでる)山岳会だし、氏の最後の弟子(である、と勝手に思い込んでる)を自認するものとしては、まず初めに紹介しないわけにはいかないでしょう。本題に入る前に少し…。左の写真は、1996年6月、一ノ倉沢南稜テラスにて、同人「星とワイン」のメンバーと。右の写真は1958年8月、所属する東京朝霧山岳会の涸沢での夏合宿の1コマ。当時20歳。ヘルメットにはR.C.C.Ⅱと書いてあるのが読める。氏のプロフィールは、今さらここで紹介する必要もないだろう。(知りたい人は、拙著『岳人になるための本』を読んでね。)吉尾弘氏は不思議な魅力を持った人だ。空に浮かんだ雲のようにフワフワとしてあたたかく、どこか浮世離れしていて、風のように自由に生きているようにも見える。世間でいう“岩壁の闘将”とか“激情派クライマー”といった激しいイメ...
    引用元: http://tamasaka.typepad.jp/tama/%E5%B1%B1%E6%9B%B8%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%82%A2%E5%90%89%E5%B0%BE%E5%BC%98/

  • http://tamasaka.typepad.jp/tama/2006/07/%E5%90%89%E5%B0%BE%E5%BC%98%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%95%8C.html

    私たちの『まつど岳人倶楽部』は、故 吉尾弘氏が最後に産み落とした(と、僕らが勝手に思い込んでる)山岳会だし、氏の最後の弟子(である、と勝手に思い込んでる)を自認するものとしては、まず初めに紹介しないわけにはいかないでしょう。本題に入る前に少し…。左の写真は、1996年6月、一ノ倉沢南稜テラスにて、同人「星とワイン」のメンバーと。右の写真は1958年8月、所属する東京朝霧山岳会の涸沢での夏合宿の1コマ。当時20歳。ヘルメットにはR.C.C.Ⅱと書いてあるのが読める。氏のプロフィールは、今さらここで紹介する必要もないだろう。(知りたい人は、拙著『岳人になるための本』を読んでね。)吉尾弘氏は不思議な魅力を持った人だ。空に浮かんだ雲のようにフワフワとしてあたたかく、どこか浮世離れしていて、風のように自由に生きているようにも見える。世間でいう“岩壁の闘将”とか“激情派クライマー”といった激しいイメ...
    引用元: http://tamasaka.typepad.jp/tama/2006/07/%E5%90%89%E5%B0%BE%E5%BC%98%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%95%8C.html

吉尾弘氏 の相関図を読込中

私たちの『まつど岳人倶楽部』は、故 吉尾弘氏が最後に産み落とした(と、僕らが勝手に思い込んでる)山岳会だし、氏の最後の弟子(である、と勝手に思い込んでる)を自認するものとしては、まず初めに紹介しない

スポンサードリンク