吉岡洋の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 吉岡 洋

    氏名 よしおか ひろし 吉岡 洋 所属 愛知県立大学 情報科学部 地域情報科学科 教授 所属先住所 〒480-1198 愛知県長久手町大字熊張字茨ヶ廻間1522-3 研究職歴 京都大学 防災研究所 研究キーワード 沿岸海洋学, 海岸工学, 防災科学, 環境モニタリング, 超音波計測 所属学会 団体 日本海洋学会 海洋気象学会 土木学会 気象学会 自然災害学会 民間企業と研究協力できるテーマ 環境モニタリングシステムの開発 民間企業との協力形態 セミナー レクチャー 技術相談 指導 奨学寄付金受入 コンタクト方法 研究室へ直接連絡
    引用元: 吉岡 洋

  • Windows PowerShell宣言! 実践コマンド&スクリプト ...

    著者情報 吉岡 洋 2002年北海道大学大学院理学研究科卒業。「エスエムジー株式会社」に入社。Javaによる全国規模のミッションクリティカルシステムの開発を経て、現在はテクニカルコンサルタントとして社外セミナーの講師などを担当する。2006年7月、PowerShellに関する情報発信がMicrosoft社に評価され、S・・・ ・・・ ⇒ もっと詳しく ⇒この著者名で検索する ⇒新刊パトロールに登録 同じ著者名で検索した本 モノ学・感覚価値論 鎌田東二/編著 鎌田東二/執筆 近藤高弘/執筆 大西宏志/執... 晃洋書房 文学・芸術は何のためにあるのか? 吉岡洋/編 岡田暁生/編 東信堂 ヨロボン Diatext./Yamaguchi 吉岡洋/〔編〕著 辛酸なめ子/ほか〔著〕 管啓次郎/ほか〔著... ブイツーソリューション ダイアテ...
    引用元: Windows PowerShell宣言! 実践コマンド&スクリプト ...

  • Windows PowerShell宣言!: 紀伊國屋書店BookWeb

    吉岡洋 [ヨシオカヒロシ] 2002年北海道大学大学院理学研究科卒業。「エスエムジー株式会社」に入社。Javaによる全国規模のミッションクリティカルシステムの開発を経て、現在はテクニカルコンサルタントとして社外セミナーの講師などを担当する。2006年7月、PowerShellに関する情報発信がMicrosoft社に評価され、Scripting分野のMicrosoft MVPを受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
    引用元: Windows PowerShell宣言!: 紀伊國屋書店BookWeb

  • 愛知県立大学

    ●氏名 吉岡洋 (よしおか ひろし:yoshioka hiroshi) ●生年月 昭和19年7月(1944年) ●職名 教授 ●学位 京都大学理学博士 ●最終学歴 昭和46年3月 京都大学大学院理学研究科(修士課程)地球物理学専攻修了(1971年) ●専門分野 海洋物理学 海岸工学 ●研究課題 高潮・津波の被害軽減 高潮に伴う局地的副振動 大気海洋境界過程 砕波に伴う気泡を通してのガス交換 閉鎖性海域の海水交換過程 伊勢湾・三河湾の水質保全 ●研究業績 Yoshioka H., Takayama, T., Tanabe, Y. and Shiraishi, N. :ADCP application for long term monitoring of coastal water q...
    引用元: 愛知県立大学

  • 愛知県立大学

    ●氏名 吉岡洋 (よしおか ひろし:yoshioka hiroshi) ●生年月 昭和19年7月(1944年) ●職名 教授 ●学位 京都大学理学博士 ●最終学歴 昭和46年3月 京都大学大学院理学研究科(修士課程)地球物理学専攻修了(1971年) ●専門分野 海洋物理学 海岸工学 ●研究課題 高潮・津波の被害軽減 高潮津波に伴う局地的副振動 大気海洋境界過程 砕波に伴う気泡を通してのガス交換 閉鎖性海域の海水交換過程 赤潮の予測や水質保全 ●研究業績 吉岡 洋・芹沢重厚・高山知司・田中祐志:夏季田辺湾における内部急潮による海水交換,海岸工学論文集,45,pp.456-460, 1998. Yoshioka H., Takayama, T., Tanabe, Y. and Shi...
    引用元: 愛知県立大学

  • 文学・芸術は何のためにあるのか?/吉岡洋/編 岡田暁生/編本 ...

    著者情報 吉岡 洋 1956年生まれ、京都大学大学院文学研究科教授。専攻:美学・芸術学 ⇒この著者名で検索する ⇒新刊パトロールに登録 同じ著者名で検索した本 政治的リーダーと文化 筒井清忠/編著 瀧井一博/〔執筆〕 奈良岡聰智/〔執筆〕 待... 千倉書房 「クラシック音楽」はいつ終わったのか? 音楽史における第一次世界大戦の前後 岡田暁生/著 人文書院 ツェルニーピアノ演奏の基礎 カール・ツェルニー/著 岡田暁生/訳・解題 春秋社 音楽の聴き方 聴く型と趣味を語る言葉 岡田暁生/著 中央公論新社 CD&DVD51で語る西洋音楽史 岡田暁生/著 新書館 このジャンルの本 新自治会・町内会モデル規約 条文と解説 中田実/著 山崎丈夫/著 小木曽洋司/著 新しいみんなの公民 こんな教科書で学びた...
    引用元: 文学・芸術は何のためにあるのか?/吉岡洋/編 岡田暁生/編本 ...

  • 吉岡洋

    吉岡 洋 石川県白山市出身 関西大学経済学部二回生 サークル:サッカーサークル「FCミヤサコ」所属 趣味:読書、映画・ビデオ鑑賞 好きなチーム:阪神タイガース 好きな食べ物:餃子と天津飯(王将の) 嫌いな食べ物:納豆、いくら、うに、数の子 好きな作家:新堂冬樹、松久淳+田中渉、 よく聞く音楽:ケツメイシ、10FEET、SQUEEZE!!
    引用元: 吉岡洋

  • YCAM Blog : [blog]エデュケーション : 吉岡洋氏による ...

    明日13:30より、山口情報芸術センター1F ホワイエにて吉岡 洋氏によるアーティストレクチャーを開催します。 吉岡氏のこれまでの活動紹介、編集についての哲学、そして山口で行うこれからのプロジェクト meets the artist 2007 について。 これまでユニークな活動をされてきた吉岡氏ご本人による、お話を聞く事ができるレクチャーになっております。どうぞ、お気軽にご参加ください。 * * * アーティストレクチャー・吉岡 洋 「編集的脳みその獲得」 雑誌、映画、新聞、音楽、あらゆるシチュエーションで「編集」という言葉が使われます。 デザインという言葉にも、編集という意味がありますし、もっと広げると、部屋の掃除や模様替え、献立を考えたりお弁当を詰めたりすることまで「編集」と捉えることも出来ます。 レクチャーでは、吉岡さんがこれまで行ってきた活動の紹介や、今回のキーワードとなる「編集的...
    引用元: YCAM Blog : [blog]エデュケーション : 吉岡洋氏による ...

  • IAMAS OPEN HOUSE2004

    吉岡洋 京都大学哲学科(美学専攻)、同大学院修了。甲南大学教授を経て、現在、情報科学芸術大学院大学教授。著書に「情報と生命」「〈思想〉の現在形」など。1999年、京都市の元龍池小学校を中心とした美術展「SKIN-DIVE」の企画に関わり、2000年の京都芸術センター発足後は批評誌「Diatxt.」(ダイアテキスト)の編集長を8号までつとめた後、「京都ビエンナーレ2003」のディレクターとして活動した。2001年より情報科学芸術大学院大学教授。 close
    引用元: IAMAS OPEN HOUSE2004

  • <対談形式レクチャー>「エリック・マイエ(メディアアーティスト)×吉岡洋 ...

    >>リストに戻る <対談形式レクチャー> 「エリック・マイエ(メディアアーティスト)×吉岡洋(IAMAS教授)」 エリック・マイエ(フランス・マルセイユ美術大学教授・メディアアーティスト) 吉岡洋(情報科学芸術大学院大学教授) 10月14日(火) 16:30〜18:30 会場:京都精華大学情報館1F AVホール 予約不要 料金:無料 エリック・マイエ氏のアーティスト活動の紹介ののち、フランスにおけるメディアアートの現状や日本での制作・発表の経験などを対談形式でお話しします。 また、「都市を読む(Reading the City)」の参加者にも加わっていただき、今回のワークショップについても話してゆきたいと思います。 Eric Maillet (エリック・マイエ) 映像を扱ったマルチメディア・インスタレーションを主に制作。2002年のワールドカップの放...
    引用元: <対談形式レクチャー>「エリック・マイエ(メディアアーティスト)×吉岡洋 ...

  • 京都精華大学情報館 - <対談形式レクチャー>「エリック・マイエ ...

    <対談形式レクチャー>「エリック・マイエ(メディアアーティスト)×吉岡洋(IAMAS教授)」 講演: エリック・マイエ(フランス・マルセイユ美術大学教授・メディアアーティスト)、吉岡洋(情報科学芸術大学院大学教授) 日時: 2003年10月14日(火)16:30〜18:30 会場: 京都精華大学情報館1F AVホール 予約不要 料金:無料 講演要旨 エリック・マイエ氏のアーティスト活動の紹介ののち、フランスにおけるメディアアートの現状や日本での制作・発表の経験などを対談形式でお話しします。 また、「都市を読む(Reading the City)」の参加者にも加わっていただき、今回のワークショップについても話してゆきたいと思います。 プロフィール Eric Maillet(エリック・マイエ) 映像を扱ったマルチメディア・インスタレーションを主に制作。2002年のワールドカップの放送を素材とし...
    引用元: 京都精華大学情報館 - <対談形式レクチャー>「エリック・マイエ ...

  • Channel・N_Lecture

    「アフォーダンスと多層的世界」 佐々木 正人(認知心理学) + 吉岡 洋(美学、現代思想) - Lecture and Talk- Guest;SASAKI Masato/Presenter;Yoshioka Hiroshi / free List / Previous / Next [佐々木 正人] 1952年北海道生まれ/1978年東京学芸大学教育学部卒業/筑波大学大学院博士過程終了 現在、東京大学大学院教育学研究科助教授/生態心理学専攻 種々の知覚の技をフィールドワークする。 著書に「からだ―認識の原点」「アフォーダンス―新しい認知の理論」、また訳書に「認識し行動する脳」「認知科学の基礎」などがある。 佐々木 正人+吉岡 洋 [吉岡 洋] 1956年生まれ/京都大学文学部哲学科卒 同大学院博士過程終了 ...
    引用元: Channel・N_Lecture

  • オンライン書店ビーケーワン:文学・芸術は何のためにあるのか? 未来を拓く ...

    〈吉岡洋〉1956年生まれ。京都大学大学院文学研究科教授。専門は美学・芸術学。 〈岡田暁生〉1960年生まれ。京都大学人文科学研究所准教授。専攻は西洋音楽史。「オペラの運命」でサントリー学芸賞受賞。
    引用元: オンライン書店ビーケーワン:文学・芸術は何のためにあるのか? 未来を拓く ...

  • 日本記号学会ウェブサイト JASS WEB

    大会報告:「何でもないことの幸せ」 吉岡洋 第28回大会「遍在するフィクショナリティ」報告01 第28回大会実行委員長 吉岡洋氏のシンポジウムをふまえた、BL・腐女子についてのテキスト「何でもないことの幸せ」を紹介します。 「何でもないことの幸せ」吉岡 洋http://www.nk.rim.or.jp/~hyshk/SiCS/writing/nandemonai-shiawase.html
    引用元: 日本記号学会ウェブサイト JASS WEB

  • 有限会社吉岡洋食器 < 燕市【e-shops 地域情報】

    有限会社吉岡洋食器 広 告 トップ 有限会社吉岡洋食器 Tweet e-shops電話帳 (掲載 2010.9) ■ 住所 : 新潟県燕市灰方14−4 ■ TEL: 0256-63-5860 ■ 地域: 新潟県 > 燕市 ■ 業種: 食器 東日本大震災 たすけあい掲示版 たすけあい掲示板へ情報提供する 掲載情報について 削除依頼 下記の地図はGoogleマップから検索して表示していますので正確ではない場合がございます 上記の企業や店舗の名称、住所、電話番号および業種の情報は、NTT東日本およびNTT西日本が著作権を有する 「タウンページデータベース(R)」 を利用しております。タウンページデータベースはNTTの登録商標です。 燕市 近隣の関連情報 広 告 ホームページ紹介 (5件) 登録は 無料 です [ 新規登録・変更 ] 手作り家具...
    引用元: 有限会社吉岡洋食器 < 燕市【e-shops 地域情報】

  • Space in CyberSpace PROFILE in Japanese

    Profile 更新:2009年3月1日 ここには簡単なプロフィールと、最近撮った写真などを掲載します。 吉岡 洋(よしおか ひろし) 京都大学大学院文学研究科教授。甲南大学教授、情報科学芸術大学院大学(IAMAS)教授を経て、2006年より現職。 1956年京都生まれ。京都市立日吉ヶ丘高校、京都大学文学部卒業、同大学院博士過程修了。専門は美学・芸術学、情報文化論。 京都芸術センター発刊の批評雑誌『Diatxt.』(ダイアテキスト)創刊号〜8号編集長、「京都ビエンナーレ2003」、「岐阜おおがきビエンナーレ2006」総合ディレクター。山口情報芸術センター(YCAM)の「meets the artist 2007」招待アーティストとして、出版プロジェクト『ヨロボン:Diatxt./Yamaguchi』編集長。 美学会会員、日本記号学会編集委員長。 最近撮った写真 2009年8...
    引用元: Space in CyberSpace PROFILE in Japanese

  • オンライン書店ビーケーワン:Windows PowerShell宣言 ...

    この本を 1 2 3 4 5 6 7 8 9 冊買う 10冊以上買う お困りの方 吉岡 洋著 税込価格: ¥2,520(本体 : ¥2,400) bk1ポイント倶楽部 : 24 ポイント(1%進呈) 国内送料無料 出版:ソフトバンククリエイティブ サイズ ISBN 発行年月 利用対象 出荷可能時間 21cm / 285p 一般 出荷までに要する日数について 配達方法について この本を見た人は下記の本も見ています 1 / 4 クラッカーの教科書 クラッキングバイブル ロボット工学 プログラマのための硬派なコンピュータ学 2 / 4 ロボットメカニクス 10日でおぼえるPython入門教室 初めてのPython クラッカー・プログラム大全 3 / 4 IronPythonの世...
    引用元: オンライン書店ビーケーワン:Windows PowerShell宣言 ...

  • スタジオレクチャー|高嶺格 吉岡洋

    smt情報発信プロジェクト スタジオ・レクチャー vol.5 明日のためのガーデニング ゲスト 高嶺格 吉岡洋 日時 2008年11月29日 (土) 14:00-16:00 料金 800円(飲み物つき、展覧会入場料含む) 定員 50名 会場 せんだいメディアテーク 6階ギャラリー4200 ホワイエ 再生にはRealPlayer(無料版)が必要です。 「高嶺格 大きな休息 明日のためのガーデニング1095㎡」展開催にあわせて開催する、作家・高嶺格と本展監修者・吉岡洋による対談。これまでの作品を振り返りながら、現在の社会におけるアートの可能性について考えます。 ゲストプロフィール 高嶺格(たかみね ただす) 美術作家。1968年鹿児島生まれ。京都市立芸術大学工芸科漆工専攻、岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー(IAMAS)卒業。京都造形芸術大学客員教授。90年代初頭より、個人およびグループでパフ...
    引用元: スタジオレクチャー|高嶺格 吉岡洋

  • yamashirodaisuke lifelog : 僕の仕事紹介

    2007年 09月 13日 僕の仕事紹介 以前も紹介しましたが。 哲学者の吉岡洋氏をお招きして、市民と一緒に一冊の本をつくるプロジェクト。 月に2〜3回の編集会議を繰り返して、順調にすすんでおります。 9/29に公開対談を行います。 みなさん、山口に来る事は難しいと思いますが、本ができあがる過程を お楽しみください。 僕を含めみんな素人なので、ある意味こわいもの知らずです。 meets the artist ブログ by yamashirodaisuke | 2007-09-13 15:43 | Trackback | Comments( 0 ) トラックバックURL : http://lifelog.exblog.jp/tb/7437463 トラックバックする(会員専用) [ ヘルプ ] ※このブログはトラックバック承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでトラッ...
    引用元: yamashirodaisuke lifelog : 僕の仕事紹介

  • yamashirodaisuke lifelog:2007年09月

    2007年 09月 13日 僕の仕事紹介 以前も紹介しましたが。 哲学者の吉岡洋氏をお招きして、市民と一緒に一冊の本をつくるプロジェクト。 月に2〜3回の編集会議を繰り返して、順調にすすんでおります。 9/29に公開対談を行います。 みなさん、山口に来る事は難しいと思いますが、本ができあがる過程を お楽しみください。 僕を含めみんな素人なので、ある意味こわいもの知らずです。 meets the artist ブログ ▲ # by yamashirodaisuke | 2007-09-13 15:43 | Trackback | Comments( 0 )
    引用元: yamashirodaisuke lifelog:2007年09月

  • Space in CyberSpace TOP

    本サイト Space in CyberSpace(スペース・イン・サイバースペース) は吉岡洋が管理する個人ウェブサイトです。現在IAMASのウェブサーバを使わせてもらっています。 甲南大学で働いていた1998年に、個人のウェブサイトとして作成しました。サイト名は、サイバースペースの中の「すき間(Space)」、あるいは「サイバースペースに隙間を空ける(spacing cyberspace)」みたいなことを考えてつけました。2000年にIAMAS に移ってからしばらくは忙しくてあまりちゃんと管理も更新もできていませんでしたが、2006年秋に京都に戻ったのを機会に、また少しずつ整備しています。 内容はほとんどテキストのみで、構造はシンプルです。 News には最近の活動を、 Lecture には大学での講義に関する情報を載せています。また E-text にはオンラインの作文や出版物の一部の電...
    引用元: Space in CyberSpace TOP

吉岡洋 の相関図を読込中

氏名 よしおか ひろし 吉岡 洋 所属 愛知県立大学 情報科学部 地域情報科学科 教授 所属先住所 〒480-1198 愛知県長久手町大字熊張字茨ヶ廻間1522-3 研究職歴 京都大学 防災研

スポンサードリンク