名和高司の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 名和高司 - Wikipedia

    名和 高司(なわ たかし、1957年‐)は日本の経営コンサルタント、経営学者。一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授。
    引用元: 名和高司 - Wikipedia

  • 名和高司 - Wikipedia

    名和高司 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 移動: 案内 , 検索 名和 高司 (なわ たかし、 1957年 ‐)は日本の 経営コンサルタント 、 経営学者 。 一橋大学 大学院国際企業戦略研究科教授。 [ 編集 ] 略歴 1957年‐ 熊本県 生まれ 1980年‐ 東京大学 法学部卒業後、 三菱商事 に入社 1984年‐同社ニューヨークへ転勤 1988年‐ハーバード・ビジネス・スクールに留学 1990年‐同校MBA(経営学修士)を収得、 ベーカー・スカラー (日本人として二人目)を授与される 1991年-三菱商事を退社、マッキンゼー・アンド・カンパニーに移籍(最後のポジションはデレクター/シニアパートナー) 2010年‐同社退社、一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授、ボストン・コンサルティング・グループ シニアアドバイザーに就任 ...
    引用元: 名和高司 - Wikipedia

  • 次回開催イベント

    名和 高司 (なわ たかし) 一橋大学ビジネス・スクール(国際企業戦略科) 教授 東京大学法学部卒、ハーバード・ビジネス・スクール修士(ベーカースカラー授与)。 三菱商事の機械部門(東京、ニューヨーク)に約10年間勤務。 本年5月末まで、マッキンゼーのディレクターとして、約20年間、 コンサルティングに従事。自動車・製造業分野におけるアジア地域ヘッド、 ハイテク・通信分野における日本支社ヘッドを歴任。 日本、アジア、アメリカなどを舞台に、多様な業界において、 次世代成長戦略、全社構造改革などのプロジェクトに幅広く従事。 本年6月より、一橋大学ビジネス・スクール(国際企業戦略科)教授に就任。 同校においては、ビジネスアーキテクチャーとアジアビジネスの2講座を担当。 また、ファーストリテイリングのグローバル・リーダー育成プロジェクトなど、 クライアント企業の国際競争力強化を支援。 IPR(In...
    引用元: 次回開催イベント

  • マッキンゼー戦略の進化 不確実性時代を勝ち残る McKinsey ...

    名和 高司(ナワ タカシ) マッキンゼー・アンド・カンパニーのパートナー。東京大学法学部卒、ハーバード経営大学院修了。三菱商事を経て、マッキンゼー入社。日本、アジア、アメリカなどを舞台に、情報・通信、自動車・プラントなど、幅広いハイテク・サービス分野で、成長戦略や異業種アライアンス、経営変革に取り組んでいる。マッキンゼー全社のハイテク、自動車研究グループの中心メンバーの1人 近藤 正晃ジェームス(コンドウ マサアキラジェームス) マッキンゼー・アンド・カンパニーのアソシエート・プリンシパル。慶応義塾大学経済学部卒、ハーバード経営大学院修了。ハイテク、自動車、消費財産業を中心に、グローバル戦略立案、組織設計、アライアンス設計などのコンサルティングに従事。同時に、日・米・英・仏・独・露などにおいて国家経済政策の立案に従事。マッキンゼーにおけるグローバル戦略グループのリーダーの1人 村井 章...
    引用元: マッキンゼー戦略の進化 不確実性時代を勝ち残る McKinsey ...

  • セブン&アイのセブンネットショッピング - 書籍 - マッキンゼー戦略の ...

    名和 高司(ナワ タカシ) マッキンゼー・アンド・カンパニーのパートナー。東京大学法学部卒、ハーバード経営大学院修了。三菱商事を経て、マッキンゼー入社。日本、アジア、アメリカなどを舞台に、情報・通信、自動車・プラントなど、幅広いハイテク・サービス分野で、成長戦略や異業種アライアンス、経営変革に取り組んでいる。マッキンゼー全社のハイテク、自動車研究グループの中心メンバーの1人 近藤 正晃ジェームス(コンドウ マサアキラジェームス) マッキンゼー・アンド・カンパニーのアソシエート・プリンシパル。慶応義塾大学経済学部卒、ハーバード経営大学院修了。ハイテク、自動車、消費財産業を中心に、グローバル戦略立案、組織設計、アライアンス設計などのコンサルティングに従事。同時に、日・米・英・仏・独・露などにおいて国家経済政策の立案に従事。マッキンゼーにおけるグローバル戦略グループのリーダーの1人 村井 章子(...
    引用元: セブン&アイのセブンネットショッピング - 書籍 - マッキンゼー戦略の ...

  • Unisys e-@ction Solutions Forum 2001

    名和高司プロフィール プロフィール 東京大学法学部卒業後ハーバード・ビジネス・スクール修了(ベイカースカラー授与)。三菱商事を経て、現在マッキンゼー・アンド・カンパニー東京支社のプリンシパル(パートナー)。日本、米国、アジアなどを中心に、情報・通信、コンピュー夕・エレクトロニクス、自動車、プラントなど、幅広い製造・サービス分野で、新規事業戦略やアライアンス、経営変革に取り組んでいる。マッキンゼー全社の自動車研究グループのアジア地域リーダーおよびエレクトロニック・コマース研究グループのリーダーの一人。マッキンゼー東京支社の@マッキンゼー(ネット事業開発グループ)代表。 主要著書 ・ 「ニューエコノミー時代の自動車産業「株主価値」「無形資産」が重要な時代へ」(日経メカニカル別冊) ・ 「消費者・異業種・ライバルと「共創」モノ作りから顧客価値追求へ転換を」(日経ビジネス) ・ 「ネ...
    引用元: Unisys e-@ction Solutions Forum 2001

  • 学習優位の経営 - 散歩に読書、旅の道草ノート・ブック - Yahoo!ブログ

    学習優位の経営 名和高司 著 ダイヤモンド社 本業こそ次世代成長の宝庫。次世代の成長の可能性は、それぞれの企業の内側に眠っている。それは、企業には事業を続けてきたそれぞれの歴史があり、そこで育まれたDNAが生きているからだ。自社のDNAのどの部分を残し、どの部分を捨てるか。この課題に、外資系コンサルティング会社で20年の経験を積んだ著者が、日本企業の現実に合った解を提示する。 序章 今、なぜ成長か 第1章 スマート・リーンが拓く次世代成長 第2章 資産構造を組み替える 第3章 スマート・リーン経営のダイナミズム 第4章 成長を駆動する組織要件 第5章 組織のメビウス運動 第6章 組織の慣性を打破する 第7章 企業進化の実践 第8章 日本企業復活に向けて 著者情報 名和高司(ナワタカシ) マッキンゼー・アンド・カンパニーディレクター。東京大学法学部卒業、ハーバード経営大学院修了。三菱商事を経...
    引用元: 学習優位の経営 - 散歩に読書、旅の道草ノート・ブック - Yahoo!ブログ

  • オンライン書店ビーケーワン:学習優位の経営 日本企業はなぜ内部から変われるのか

    名和 高司著 税込価格:¥2,100(本体 : ¥2,000) bk1ポイント倶楽部 : 20 ポイント(1%進呈) 国内送料無料でお届けできます 出版 : ダイヤモンド社 サイズ : 20cm / 270p ISBN : 978-4-478-00224-7 発行年月 : 2010.2 利用対象 : 一般 出荷可能時間: 出荷までに要する日数について 配達方法について この本を 1 2 3 4 5 6 7 8 9 冊買う 10冊以上買う お困りの方 在庫切れ等により、 手配できない場合がございます この本を見た人は下記の本も見ています 1 / 1 日本の電機産業に未来はあるのか 図解SCMのすべてがわかる本 松下電器の経営改革 この機能について Powerd by TEAM☆LAB Inc. 内容説明 ...
    引用元: オンライン書店ビーケーワン:学習優位の経営 日本企業はなぜ内部から変われるのか

  • 学習優位の経営 日本企業はなぜ内部から変われるのか/名和高司/著本 ...

    名和 高司(ナワ タカシ) マッキンゼー・アンド・カンパニーディレクター。東京大学法学部卒業、ハーバード経営大学院修了。三菱商事を経て、マッキンゼー入社。日本、アジア、アメリカなどを舞台に、情報・通信、自動車・家電、エネルギー・インフラなど、幅広いハイテク・サービス分野で、成長戦略や異業種アライアンス、経営変革に取り組んでいる。2010年春、一橋大学国際企業戦略研究科教授に就任予定(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
    引用元: 学習優位の経営 日本企業はなぜ内部から変われるのか/名和高司/著本 ...

  • 学習優位の経営: 紀伊國屋書店BookWeb

    名和高司 [ナワタカシ] マッキンゼー・アンド・カンパニーディレクター。東京大学法学部卒業、ハーバード経営大学院修了。三菱商事を経て、マッキンゼー入社。日本、アジア、アメリカなどを舞台に、情報・通信、自動車・家電、エネルギー・インフラなど、幅広いハイテク・サービス分野で、成長戦略や異業種アライアンス、経営変革に取り組んでいる。2010年春、一橋大学国際企業戦略研究科教授に就任予定(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
    引用元: 学習優位の経営: 紀伊國屋書店BookWeb

  • 名和 高司 | 戦略の進化01

    講師紹介: 名和 高司(なわ たかし) 一橋大学大学院国際企業戦略研究科 教授 東京大学法学部卒、ハーバード経営大学院修了。三菱商事を経て、マッキンゼー入社。日本、アジア、アメリカなどを舞台に、情報・通信、自動車・プラントなど、幅広いハイテク・サービス分野で、成長戦略や異業種アライアンス、経営変革に取り組む。 マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク・ジャパンのディレクターを経て、同社を退職。現在に至る。 『名和 高司』をamazon.co.jpで検索
    引用元: 名和 高司 | 戦略の進化01

  • ビジネス・ブレークスルー講師紹介 名和 高司

    ビジネス・ブレークスルー講師一覧 > 講師紹介 名和 高司 なわ たかし 名和 高司 『名和 高司』で本を検索 一橋大学大学院国際企業戦略研究科 教授 東京大学法学部卒、ハーバード経営大学院修了。三菱商事を経て、マッキンゼー入社。日本、アジア、アメリカなどを舞台に、情報・通信、自動車・プラントなど、幅広いハイテク・サービス分野で、成長戦略や異業種アライアンス、経営変革に取り組む。 マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク・ジャパンのディレクターを経て、同社を退職。現在に至る。 出演コンテンツおよび出演予定のコンテンツ プロフェッショナル系講座 経営戦略 (3) テーマ別講座 戦略の進化 (3) BPUプロフェッショナル系 経営戦略 戦略の進化01 学習優位の経営 --Familiarity Advantag .... 戦略の...
    引用元: ビジネス・ブレークスルー講師紹介 名和 高司

  • 高業績メーカーは「サービス」を売る: 紀伊國屋書店BookWeb

    名和高司 [ナワタカシ] マッキンゼー・アンド・カンパニーのパートナー。東京大学法学部、ハーバード経営大学院卒。三菱商事を経てマッキンゼー入社。日本、アメリカ、アジアなどを舞台に、情報・通信・メディア、自動車・プラント・電力等、幅広い製造・サービス分野で、成長戦略や異業種アライアンス、経営変革に取り組んでいる。マッキンゼー全社のeコマース、ハイテク、自動車研究グループの中心メンバーの1人。日本支社の@マッキンゼー(ネット事業開発支援グループ)代表
    引用元: 高業績メーカーは「サービス」を売る: 紀伊國屋書店BookWeb

  • オンライン書店ビーケーワン:マッキンゼー戦略の進化 不確実性時代を ...

    名和 高司編著・監訳 近藤 正晃ジェームス編著・監訳 村井 章子訳 税込価格:¥2,100(本体 : ¥2,000) 出版 : ダイヤモンド社 サイズ : 20cm / 221p ISBN : 4-478-37431-7 発行年月 : 2003.3 利用対象 : 一般 出荷可能時間: 収録作品一覧へ 弊社では現在お取り扱いができません 内容説明 「線形思考」から「非線形思考」への進化−。グローバル・マッキンゼーが実践を通じて磨き上げてきた戦略論に加え、日本企業のコンサルティングの現場から学んだ知恵をも紹介する。 著者紹介 〈名和〉マッキンゼー・アンド・カンパニーのパートナー。 〈近藤〉マッキンゼー・アンド・カンパニーのアソシエート・プリンシパル。 書評  出版社コメント ダイヤモンド社 2003/03/13 理論に走り現実から...
    引用元: オンライン書店ビーケーワン:マッキンゼー戦略の進化 不確実性時代を ...

  • スマート・リーン テキスト 資料

    講師プロフィール 名和 高司(なわ たかし)氏 東京大学法学部卒、ハーバード経営大学院終了(ベーカースカラー授与) 三菱商事を経て、マッキンゼー入社。日本、アジア、アメリカなどを舞台に、情報・ 通信、自動車・家電、エネルギー・インフラなど、幅広いハイテク・サービス分野で、 成長戦略や異業種アライアンス、経営変革に取り組んでいる。 著書に「戦略の進化」(ダイヤモンド社、共著)、 「高業績メーカーは『サービス』を売る」(ダイヤモンド社、共著)、 「ハーバードの挑戦」(プレジデント社)など。
    引用元: スマート・リーン テキスト 資料

  • vol.376: 『学習優位の経営』(名和 高司著、ダイヤモンド社 ...

    vol.376: 『学習優位の経営』(名和 高司著、ダイヤモンド社、2009年) 2010年09月18日 | オープニング 学習優位の経営―日本企業はなぜ内部から変われるのか 名和 高司 ダイヤモンド社 皆さんこんにちは。9月も半ばに差し掛かろうかというのに、厳しい暑さが 続きますね。私はというと、9月頭の猛暑の最中に引っ越しを敢行しまして、 心身ともにかなり疲労困憊しました。さらには、少しだけ広くなった我が家 とかなり遠くなった職場という環境の変化になかなか適応できず、やや夏バ テ気味です。とはいえ、せっかく(?)通勤時間が長くなったわけですから、 その時間を有効に活用すべく、せっせと読書に励みたいと思います。もうす ぐ「読書の秋」でもありますからね(しかし秋はいつ頃やって来るのでしょ うか?)。 さて、今回ご紹介する書籍は、長年コンサルティング業に携わった著者の経 験をも...
    引用元: vol.376: 『学習優位の経営』(名和 高司著、ダイヤモンド社 ...

  • 名和高司『学習優位の経営』 - インキュベ日記

    ■ [ book ]名和高司『 学習 優位の 経営 』 学習優位の経営―日本企業はなぜ内部から変われるのか 作者: 名和高司 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2010/02/19 メディア: 単行本 購入 : 1人 クリック : 7回 この商品を含むブログ (2件) を見る マッキンゼー の ディレクター が書いた本。 縦横無尽 の知識や 経験 や 経営 コンセプトを「 イノベーション の<4+1> Box 」という分析ツール(あるいは 統合 理論と言っても良い)に仕立て上げ、解説してくれているのだが、これは 面白い ! しかも俺の ささやか な コンサルティング 経験 の実感にも近しい。本書はぜひ近いうちにもう1回読みたい。 ツイートする Permalink | コメント(0) | トラックバック(0) 電通「鬼十則」 (PHP文庫) PHP研究所 ...
    引用元: 名和高司『学習優位の経営』 - インキュベ日記

  • 学習優位の経営 | 名和高司:著 | 書籍 | ダイヤモンド社

    学習優位の経営 日本企業はなぜ内部から変われるのか 名和高司:著 価格(税込):¥ 2,100 発行年月: 2010年2月 取り扱い可能 判型/造本:46上型 頁数:272 ISBN:978-4-478-00224-7 内容紹介 市場でのポジショニングを重視する欧米型の戦略論は果たして日本企業にも有効なのか。外資系コンサルティング・ファームに勤める著者は、本業を重視する日本企業ならではの戦略があるはずだと説く。それは事業から学ぶ仕組みを作ること。トヨタ、ユニクロ、セブンイレブンなど豊富な事例と共に、学習型戦略論を提起する。
    引用元: 学習優位の経営 | 名和高司:著 | 書籍 | ダイヤモンド社

  • ダイヤモンド ハーバード・ビジネス・ライブラリー(Diamond ...

    [論文] 著者:宇田左近 名和高司 事業と金融の「共創」による、全く新しいタイプの事業、「金融型事業」が台頭し、すでにいくつかの成功例が出現しつつある。この「金融型事業」を、われわれマッキンゼー東京支社の金融グループと産業グループではV ... more 価格(税込):¥525、ページ数:24 p、左綴 The McKinsey 1999年09月発行 [商品説明]
    引用元: ダイヤモンド ハーバード・ビジネス・ライブラリー(Diamond ...

  • 喜三郎の酒・雨後の月・マッキンゼー戦略の進化

    マッキンゼー戦略の進化 名和高司/近藤正晃ジェームス編著・監訳 「たった一つの戦略では成長までの完全な絵は描けない。唯一無二の戦略にこだわるアプローチは、経営者が抱える難題を単純化しすぎている・・・(中略) ベスト・カンパニーは七つの戦略的自由度を考慮し、その大半をうまく活用している。 1.既存顧客の最大化 2.新規顧客の獲得 3.製品・サービスのイノベーション 4.バリュー・デリバリー・システムのイノベーション 5.業界構造の改善 6.地理的拡大 7.新規事業分野への進出」 (Chapter3「成長への階段」より)) 「マッキンゼー式●●」「MBA×××」といった類のビジネス本は相変わらず隆盛である。私もその手の賢そうな本を読むのが好きで、企画書やプレゼンで使える横文字の言い回し、もっともらしい理論はないかと、BOOK OFFなんかでまとめ買いしては読んでいる。もちろん実...
    引用元: 喜三郎の酒・雨後の月・マッキンゼー戦略の進化

  • JBOOK:マッキンゼー戦略の進化 不確実性時代を勝ち残る:名和 高司 他:書籍

    マッキンゼー戦略の進化 不確実性時代を勝ち残る 不確実性時代を勝ち残る 名和 高司 他 商品種別: 書籍 定価: 2100円 (税込) 本体価格: 2000円 販売価格: 2100円 (税込) ▼一配送あたり3,000円(税込)未満のご注文は送料分のポイント付与! ポイント: 3% ポイント還元! (本体価格に対して) ▼3点以上でポイント2%上乗せ! 販売状況 販売中止 販売状況について 発行年月: 2003年03月 発売元: ダイヤモンド社 ISBN: 9784478374313 旧IS: (4478374317) sku: 2112194 Tweet ■ 内容紹介 /マッキンゼー戦略の進化 不確実性時代を勝ち残る■ 「線形思考」から「非線形思考」への進化 ―戦略に唯一最善解はない― 理論に走り、戦略の基軸を求...
    引用元: JBOOK:マッキンゼー戦略の進化 不確実性時代を勝ち残る:名和 高司 他:書籍

名和高司 の相関図を読込中

名和 高司(なわ たかし、1957年‐)は日本の経営コンサルタント、経営学者。一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授。 1957年‐熊本県生まれ 1980年‐東京大学法学部卒業後、三菱商事に入社

スポンサードリンク