和田正三の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 環境省 報道発表資料−平成21年3月5日−平成21年(第3回)「みどりの学術賞」受賞者の決定について

    1.受賞者和田 正三(わだ まさみつ)九州大学大学院理学研究院特任教授 東京都立大学名誉教授矢原 徹一(やはら てつかず)九州大学大学院理学研究院教授〔参考〕 矢原徹一教授は,中央環境審議会臨時委員(野生生物部会所属)をはじめ,環境省の「絶滅のおそれのある野生生物種の選定 評価検討会」「重要生態系監視地域モニタリング推進事業(モニタリングサイト1000)推進検討委員会」等の委員を務められています。2.授賞式「みどりの式典」平成21年4月24日(金)(於:東京都内)詳細及び本件問い合わせ先については,別添の内閣府発表資料のとおりです。
    引用元: 環境省 報道発表資料−平成21年3月5日−平成21年(第3回)「みどりの学術賞」受賞者の決定について

  • 環境省 報道発表資料−平成21年3月5日−平成21年(第3回)「みどりの ...

    1.受賞者 和田 正三(わだ まさみつ) 九州大学大学院理学研究院特任教授 東京都立大学名誉教授 矢原 徹一(やはら てつかず) 九州大学大学院理学研究院教授 〔参考〕 矢原徹一教授は、中央環境審議会臨時委員(野生生物部会所属)をはじめ、環境省の「絶滅のおそれのある野生生物種の選定・評価検討会」「重要生態系監視地域モニタリング推進事業(モニタリングサイト1000)推進検討委員会」等の委員を務められています。 2.授賞式 「みどりの式典」 平成21年4月24日(金)(於:東京都内) 詳細及び本件問い合わせ先については、別添の内閣府発表資料のとおりです。
    引用元: 環境省 報道発表資料−平成21年3月5日−平成21年(第3回)「みどりの ...

  • 基礎生物学研究所 - 情報制御研究部門 和田正三教授が ...

    情報制御研究部門 和田正三教授が International Union of Photobiology (国際光生物学連合)の会長に就任されました (2004年08月01日) 情報制御研究部門 和田正三教授が International Union of Photobiology (国際光生物学連合)の会長に就任されました。 International Union of Photobiology は4年に1度 International Congress of Photobiology を開催し、世界中の光生物学者が一堂に会して、医学、基礎生物学分野における光の作用について活発な意見交換が行われます。 和田教授は今後次回 Düsseldorf の国際会議までの4年間、会長としてその任期を勤めます。 ニュース一覧へ戻る 前のページへ戻る ページの先頭へ ニュース一覧 プレス...
    引用元: 基礎生物学研究所 - 情報制御研究部門 和田正三教授が ...

  • 第3回みどりの学術賞 受賞者プロフィール 和田 正三:みどりの学術賞 ‐ 内閣府

    和田 正三 わだ・まさみつ 九州大学大学院理学研究院特任教授、東京都立大学名誉教授 昭和16年8月20日、東京都生まれ。 昭和40年、東京大学理学部卒業。 昭和46年、東京大学大学院理学系研究科博士課程単位取得退学。東京大学理学部助手。 昭和47年、理学博士(東京大学)。 昭和56年、東京都立大学理学部助教授。 平成元年、東京都立大学理学部教授。 平成10年、岡崎国立共同研究機構基礎生物学研究所客員教授(併任)。 平成17年、東京都立大学名誉教授。自然科学研究機構基礎生物学研究所特任教授。 平成20年、九州大学大学院理学研究院特任教授。現在に至る。 平成16年、日本植物学会学術賞受賞(「植物の光形態形成に関する研究」に対して)。 平成17年、アメリカ植物生理学会 Corresponding Membership Award 受賞。 平成18年、日本植物生理学会賞受賞 (「葉緑体光定位運動の...
    引用元: 第3回みどりの学術賞 受賞者プロフィール 和田 正三:みどりの学術賞 ‐ 内閣府

  • みやぎいいモノテクノフェア2005

    事 業 者 名 東北計器工業 株式会社 代 表 者 名 取締役社長 和田 正三 業 種 所 在 地 又 は 住 所 〒981-3600 宮城県黒川郡大和町吉岡字石神沢34-1 連 絡 担 当 者 斎藤 浩信 T E L (022) 345-2104 F A X (022) 345-2114 U R L http://www.tinet-i.ne.jp/keiko/ E - mail h-saitou@keiko.co.jp 会 社 概 要 会社名: 東北計器工業株式会社 創立年月日: 1968(昭和43年)10月 資本金: 9,000万円 株主: 東北電力(株)、大崎電気工業(株)、東日本興業(株) 従業員数: 約300名 展 示 内 容 (展示内容の要約と製品名) 電力量関連の製品の展示 特許・...
    引用元: みやぎいいモノテクノフェア2005

  • みんなの何でも掲示板

    228. 相互リンクお願い申し上げます。 名前: 和田 正三 日付:2007/8/8(水) 18:50 「自然の輝きの中で」 管理人 様 始めまして、「趣味と家族をつなぐ道」 管理人:和田 正三 と申します。 この度「自然の輝きの中で」様をリンクページに設置ご紹介させて頂きました。 勝手ながら、相互リンクをお願いできればと思い、連絡をさせて頂きました。 ご多忙とは存じますが、宜しければ相互リンクをご検討戴ければ幸いです。 ◎拝見させて頂いた所感 住んでる町は世界一です。郷土の自然を愛するお心が伝わって参ります。 自然輝き小田原日記の自然と生き物の写真とお話は、楽しく拝見させて頂いています。 ( 記 ) ◇ サイト名 : 趣味と家族をつなぐ道(バーナーはございません) ◇ ハンドル名 :まめたんく ◇ 名古屋在住 (シニア) ◇ リンク先 : http://www.finv...
    引用元: みんなの何でも掲示板

  • 首都大バイオコンファレンス2009

    第2部 講演会 ( 12 号館 201 室) 13:00-13:10 開会の挨拶 13:10-13:55 基調 講演 和田正三 (九州大学特任教授、東京都立大学名誉教授) 「葉緑体光定位運動の過去、現在、そして将来」 13:55-14:55 研究紹介 廣井隆親(東京都臨床医学総合研究所) 「スギ花粉症に対する舌下減感作療法の治療効果に関わるバイオマーカーの探索」 齊藤 実(東京都神経科学総合研究所) 「 学習記憶装置ショウジョウバエ 」 遠藤昌吾(東京都健康長寿医療センター研究所) 「記憶の不思議−やわらかい脳とは?−」 野中 隆(東京都精神医学総合研究所) 「認知症を科学する−その原因解明と治療を目指して−」 15:10-16:10 研究紹介 斎藤太郎(首都大 生命科学専攻・神経分子機能 ) 「脳で機能するプロテインキナーゼ Cdk5 と神経細胞死」 坂井貴臣(首都大 生命科学専攻・細胞...
    引用元: 首都大バイオコンファレンス2009

  • 和田正三司法書士事務所(東広島市) - Lococom

    和田正三司法書士事務所周辺のクーポン 携帯・PCへ送る ブックマーク 切手買取・貴金属買取 強化中!! 金買取 広島市 切手買取 おたからや広島横川駅前 (広島県西区横川町3-10-23 / ディスカウントショップ) クーポン探して携帯に転送! お店に行ってね 人数を入力し、クーポンを利用をクリック! 完了画面を店員さんに見せよう!ポイントゲット! 和田正三司法書士事務所 周辺の司法書士 店舗・施設名 電話番号 有限会社松田建築設計事務所 082-423-8511 有限会社松本設計 0823-82-7767 株式会社丸一設計 082-422-3826 株式会社丸一設計 082-423-8852 有限会社マルコーコンサルタント 082-439-0771 有限会社丸創 0823-82-0346 三宅社会保険労務士事務所 082-428-3107 有限...
    引用元: 和田正三司法書士事務所(東広島市) - Lococom

  • 林野庁/平成21年(第3回)「みどりの学術賞」受賞者の決定について

    資料1(1)-平成21年(第3回)みどりの学術賞受賞者(PDF:83KB) 資料1(2)-功績調書(和田正三)(PDF:213KB) 資料1(3)-功績調書(矢原徹一)(PDF:220KB) 資料2-平成21年(第3回)みどりの学術賞選考委員会委員(PDF:11KB) 資料3-平成21年(第3回)みどりの学術賞選考委員会委員長コメント(PDF:9KB) 資料4-「みどりの月間」及び「みどりの学術賞」の創設について(PDF:57KB)
    引用元: 林野庁/平成21年(第3回)「みどりの学術賞」受賞者の決定について

  • 報道発表資料:平成21年(第3回)「みどりの学術賞」受賞者の決定について ...

    添付資料 資料1(1)−第3回みどりの学術賞受賞者 (PDF ファイル84KB) 資料1(2)−功績調書(和田正三) (PDF ファイル216KB) 資料1(3)−功績調書(矢原徹一) (PDF ファイル224KB) 資料2−第3回みどりの学術賞選考委員会委員名簿 (PDF ファイル12KB) 資料3−第3回選考委員会委員長コメント (PDF ファイル12KB) 資料4−「みどりの月間」及び「みどりの学術賞」の創設について (PDF ファイル60KB) お問い合わせ先 国土交通省都市・地域整備局 公園緑地・景観課緑地環境室 大石 TEL:(03)5253-8111(内線32972) 直通 (03)5253-8420(夜間直通)
    引用元: 報道発表資料:平成21年(第3回)「みどりの学術賞」受賞者の決定について ...

  • 報道発表資料:平成21年(第3回)「みどりの学術賞」受賞者の決定について ...

    添付資料 資料1(1)−第3回みどりの学術賞受賞者 (PDF ファイル84KB) 資料1(2)−功績調書(和田正三) (PDF ファイル216KB) 資料1(3)−功績調書(矢原徹一) (PDF ファイル224KB) 資料2−第3回みどりの学術賞選考委員会委員名簿 (PDF ファイル12KB) 資料3−第3回選考委員会委員長コメント (PDF ファイル12KB) 資料4−「みどりの月間」及び「みどりの学術賞」の創設について (PDF ファイル60KB) お問い合わせ先 国土交通省都市・地域整備局 公園緑地・景観課緑地環境室 大石 TEL:(03)5253-8111(内線32972) 直通 (03)5253-8420(夜間直通)
    引用元: 報道発表資料:平成21年(第3回)「みどりの学術賞」受賞者の決定について ...

  • KAKEN - 光受容の分子機構(63621004)

    研究分担者 内海 博司 研究者番号: 20025646 京都大学・放射線生物研究センター・助教授 和田 正三 研究者番号: 60011681 東京都立大学・理学部生物学教室・助教授 村田 紀夫 研究者番号: 90011569 基礎生物学研究所・教授 徳永 史生 研究者番号: 80025452 東北大学・理学部物理学教室・助教授 この研究課題のドキュメント 1988年 採択課題 研究実績報告書 研究課題基本情報(最新年度) 研究期間 1988年度~1988年度 研究分野 審査区分 研究種目 重点領域研究 研究機関 理化学研究所 配分額 総額:20400千円 1988年度:20400千円 (直接経費:20400千円) 研究概要(最新報告) 光生物学の目標は、光捕獲の...
    引用元: KAKEN - 光受容の分子機構(63621004)

  • 植物は感じて生きている - 株式会社 化学同人

    目次 1章 環境に応答する植物たち 2章 青い光を感じる 和田正三さん(基礎生物学研究所)に聞く 3章 赤い光を感じる 長谷あきらさん(京都大学)に聞く 4章 気孔の秘密 島崎研一郎さん(九州大学,本書監修)に聞く 5章 寒さをしのぐ知恵 和田 元さん(東京大学)に聞く 6章 重力の下で生きる 高橋秀幸さん(東北大学)に聞く 7章 土の中にある大事なもの 間藤 徹さん(京都大学)に聞く 8章 香りにこめたメッセージ 高林純示さん(京都大学)に聞く このページのトップへ
    引用元: 植物は感じて生きている - 株式会社 化学同人

  • 委員会議事録 - 日本光生物学協会

    (2) 第14回国際光生物学会議について 表記会議について、委員会開催時までに得られた情報が報告された。 1. 参加人数:約600人(日本人:273人) 2. IUPBの次期会長に和田正三委員が、また、副会長に山崎巌北大教授が内定した。 3. 第15回の国際光生物学会議は、2008年にドイツのデゥッセルドルフで開催される。 和田委員がIUPBの次期会長に内定したことを受けて、長年の懸案である日本光生物協会のIUPBへの登録費について検討を要請した。
    引用元: 委員会議事録 - 日本光生物学協会

  • KAKEN - 和田 正三(60011681)

    植物の青色光受容体PHOTの光受容とその作用機作 和田 正三 研究期間 : 2001年度~2005年度 研究分野 : 研究種目 : 特定領域研究(B) → 特定領域研究 研究機関 : 東京都立大学 → 基礎生物学研究所 → 東京都立大学
    引用元: KAKEN - 和田 正三(60011681)

  • 読本「生き物の形と力」 和田 正三:みどりの学術賞 ‐ 内閣府

    文・漆原次郎 和田 正三 わだ・まさみつ 昭和16年(1941年)8月20日生まれ。シダ植物などを使って、太陽の光を浴びた草や木がどのように芽を出したり、葉を広げたりするのか、そのしくみを調べている。また、植物によっては、葉っぱに、赤と青の光をいっぺんに受けとる力をもつものがあることをつきとめた。いまも、植物たちが光をどのように感じているかを、小さな細胞(さいぼう)の世界を見つめることで探(さぐ)っている。 植物も動物も、生き物はみな、それぞれの形やそれぞれの力をもっている。その個性(こせい)は、じぶんたちが生きていくために、長い時間をかけてつくりだしてきたものだ。生き物が生きてゆくためのしくみは、私たちの想像(そうぞう)をはるかにこえたふしぎなものなのかもしれない。和田正三さんは、さまざまな生き物がもっている形や力のわけやしくみを知ろうと研究している。 虫が大好きな植物の研究者 和田さん...
    引用元: 読本「生き物の形と力」 和田 正三:みどりの学術賞 ‐ 内閣府

  • 日本分子生物学会2006フォーラム 分子生物学の未来 〜コンファレンス ...

    世話人:井澤 毅(農業生物資源研究所)、和田 正三(基生研) 植物は、光合成により、光エネルギーを変換することで、栄養源を獲得、生存している。この一見、単純な生活環をおくっているかに見える植物であるが、発芽し、根を張った大地の自然環境、特に、その土地での日周変化・四季の変化といった刻々と変化する光環境に適応するために、フィトクロム・クリプトクロム・フォトトロピンといった植物光受容体を介した信号伝達系を駆使し、様々な生理反応を起こすことで、効率的に子孫を残すという、実は、かなり、したたかな生存戦略を身につけている。本シンポジウムでは、その植物がもつ光環境に対する適応戦略のいくつかを取り上げ、その分子メカニズムに迫りたいと考えてる。今回取り上げるのは、光を受けた直後に、「動き」として現れる、静的なイメージの強い植物からは、想像しにくい生理現象から、「青色光による気孔の光開口」と、葉の細胞が適...
    引用元: 日本分子生物学会2006フォーラム 分子生物学の未来 〜コンファレンス ...

  • 和田正三司法書士事務所 広島県東広島市 司法書士事務所情報【クチコミタウン】

    全国各地の司法書士事務所情報やクチコミを紹介! 全国の司法書士 一覧・口コミ・事務所検索 > 広島県 > 東広島市 > 和田正三司法書士事務所 和田正三司法書士事務所 ※司法書士事務所の情報・周辺地図が変更になっている場合がございます。事前に電話連絡等を行って下さい。 郵便番号 〒739-2201 所在地 広島県東広島市河内町中河内793−1 電話番号 082-437-1650 (お問合せ) ホームページ 各司法書士事務所の情報の誤りを発見された方は、 「 司法書士事務所情報変更依頼 」からご連絡下さい。 「司法書士事務所 クチコミタウン」は、全国の司法書士事務所検索のコミュニティサイトです。司法書士事務所体験談・地図情報の正確性は保証しておりませんので、必ず事前確認をお願いします。 閲覧数: 272件 クチコミ数: 0件 最終閲覧日: 2011/07/...
    引用元: 和田正三司法書士事務所 広島県東広島市 司法書士事務所情報【クチコミタウン】

  • 中井准教授グループ主催セミナー

    中井准教授グループの主催セミナー 2008年10月14日(火)−15日(水) 葉緑体関連 国際シンポジウム The Ins and Outs of Chloroplasts オーガナイザー:和田正三(九大)寺島一郎(東大) 中井正人 2008年1月24日(木)−25日(金) 蛋白質の膜透過と膜挿入の分子メカニズム〜その核心に迫る 〜 Protein Translocation and Integration オーガナイザー:伊藤維昭(京大)阪口雅郎(兵庫県大) 中井正人 2006年10月12日(木)−13日(金) 光合成研究の新たな潮流:構造とゲノム そして 未来 〜 New Perspectives of Photosynthesis Research オーガナイザー:民秋均(立命大)井上和仁(神奈川大)宮下英明(京大)大岡宏造(阪大) 中井正人 2004年1...
    引用元: 中井准教授グループ主催セミナー

  • 糸島新聞社 バックナンバー 2007年1月11日号

    H21年5月1日号 みどりの学術賞受賞 前原市出身の矢原九大教授 植物、自然保護などの研究で功績があった研究者に内閣府が授与する「みどりの学術賞」受賞者に、九州大理学研究院の矢原徹一教授(54)と、和田正三特任教授(67)が選ばれ、4月24日、憲政記念館(東京都千代田区)で授賞式が行われた。矢原教授は、前原町筒井原(現在、前原市前原駅南)出身。糸島の自然の中で育ったことが、現在の道を進むことを決定づけたという。 受賞は、進化生物学の分野での功績のほか、植物の絶滅危惧(きぐ)種を網羅したレッドデータブック編集、九大伊都キャンパス(福岡市西区元岡)での生物多様性保全など環境保全活動の功績が理由となった。 矢原教授は「受賞は多くの共同研究者や、保全事業協力者のお力添えのおかげ。皆さんと一緒にいただいた賞だと思っています」と語る。 バックナンバー トップへ >>
    引用元: 糸島新聞社 バックナンバー 2007年1月11日号

  • ぱわわっぷ!メモ!: みどりの学術賞、和田先生と矢原先生

    ブログ「 Y日記-空飛ぶ教授のエコロジー日記― 」で知りました。 和田正三先生と、矢原徹一先生がみどりの学術賞を受賞されたそうです! おめでとうございます! 和田先生とは1年半ほど前に数か月間一緒に実験をさせていただきました。 岡崎からサンプルを前日に調製して持参され、うちの顕微鏡で一日観察(とは言っても私はお迎えがあるので夕方まで)、というのを合計4回くらいご一緒したでしょうか。チャンスと時間が限られているので、いつもその範囲の中で、次はこうしてみよう、結果を受けてその次はこうしよう、と、実に的確な指示を出しておられました。 あと、瞠目させられたのは発想の柔軟さと手先の器用さです。 ある一定の面を比較的長時間のタイムラプスで撮影を試みていたのですが、もともと長時間観察を想定していなかった顕微鏡だったので、自動焦点追跡装置はもちろん装備されていませんし、ステージを少し固く締め付けることすら...
    引用元: ぱわわっぷ!メモ!: みどりの学術賞、和田先生と矢原先生

  • 花も葉っぱも光がだいすき (科学であそぼう (6))|絵本 | 子育て ...

    花も葉っぱも光がだいすき (科学であそぼう (6)) Check シェア Tweet 著者: 和田 正三 出版社: 岩波書店 ISBN: 4001163160 登録人数: 1 人 読み聞かせ回数: 0 回 関連する日記数: 0 件 レビュー数: 0 件 ※サイト全体の登録者数、読み聞かせ回数、関連する日記数です。 Amazonで購入する この絵本をよく読んでいるお子様の年齢分布 この絵本をよく読んでいるお子様の性別分布 この絵本についてのいろいろランキング この絵本を持っている人はこんな絵本も持っています かぶさんとんだ り・り・り・り・り なないろ山のひみつ ぐぎがさんとふへほさん こどものとも(年中向き)2003年5月号 てではなそう きらきら トムは真夜中の庭で グリックの冒...
    引用元: 花も葉っぱも光がだいすき (科学であそぼう (6))|絵本 | 子育て ...

  • 兵庫県立 人と自然の博物館

    国際賞、国内賞とさまざまな賞の選考などにも関与していますが、今年度のみどりの学術賞の選考にも参加しました。受賞者が、前の(社)日本植物学会長の和田正三さんと、日本生態学会長の矢原徹一さんでした。どちらも個人的に親しい方ですので、知人の栄誉を喜ばせていただきました。
    引用元: 兵庫県立 人と自然の博物館

  • 形態形成学研究室

    形態形成学研究室 1. 構成 和田正三、門田明雄、鐘ヶ江健、及川和聡( D5 )、上中秀敏( D2 )、中島大輔( M2 )、半澤 郁奈子( M1 )、 山田岳( M1 )、坪井秀憲(卒研生)、武藤彩希(卒研生)、山下弘子(卒研生)、佐藤良勝(客員研究員)、高橋文雄(科学研究費研究支援者)、豊岡博子(学術振興会特別研究員) 2. 研究紹介 本研究室では光情報によって制御される植物の発生や生理現象(近年は特に葉緑体光定位運動)の光受容から信号伝達、現象発現までの素過程を、シロイヌナズナ、ホウライシダ、ヒメツリガネゴケなど実験目的に適した材料を使用し、分子生物学、細胞生物学、生理学などの技術を駆使して解析している。一部の実験は基礎生物学研究所光情報研究室と有機的な相互補助関係による共同研究として行われている。 ホウライシダフィトクロム 3 の機能解析 ホウライシダフィトクロム 3 ( phy3...
    引用元: 形態形成学研究室

  • ボーイスカウト浜松12団 -浜松12団情報 -

    団指導者 団委員長 杉山 雅章(まさあき) 副団委員長 (広報 担当) 山田 美つ江 副団委員長 (野営 担当) 和田 正三 副団委員長 (進歩 担当) 斉藤 晶子 静岡県連盟トレーニングチーム 副団委員長 (NPO担当) 西村 清矢 浜松地区コミッショナー
    引用元: ボーイスカウト浜松12団 -浜松12団情報 -

  • イネのトランスポゾン 2003/01/24(金) 11:15:11

    東京大学大学院農学生命科学研究科の平野博之・助教授と岡崎国立共同研究機構基礎生物学研究所の和田正三・教授、菊池一浩・助手らの研究グループは、イネの「動く遺伝子」である、トランスポゾンのMITE(Miniatutr Inverted−repeat Transposable Elements)型因子が、現在でも、活発に転移することが確認された。実際に転移することを確認した。このMITE型のトランスポゾンは、「かつて転移能力を持ち、今は動かなくなっている」と考えられていた。この結果は、視点は異なるが、ジョージア大学と京都大学でもほぼ同時期に確認された。 平野・助教授らの研究グループは、昨年12月に解読、公開されたイネのゲノムDNAをコンピューターで解析し、430塩基からなる短いトランスポゾンを発見。非常に高い相同性を持つことから、現在も転移し、増幅している可能性が高い。また研究の結果、葯培養を...
    引用元: イネのトランスポゾン 2003/01/24(金) 11:15:11

  • 『蛋白質核酸酵素』 2001年7月号

    ■Review 脂質で修飾された蛋白質を膜から遊離させるABCトランスポーター 徳田 元・松山伸一 植物における青色光受容体 今泉貴登・和田正三 ■Short Review 凝集蛋白質を再生する――効率的な凝集抑制手法の開発 津本浩平・三沢 悟・熊谷 泉 糖脂質のトポロジーと認識機能 佐藤智典 ヘパラン硫酸スルホトランスフェラーゼの構造生物学 角田佳充・L.C.Pedersen・根岸正彦 酵素触媒反応を背後から支援する機能構造 深溝 慶・A.H.Juffer・R.Brzezinski ■Topics リボソームはリボザイムであった――X線結晶解析が解き明かすペプチド転移反応のメカニズム 鈴木 勉・渡辺公綱 ■ゲノム情報 マウス・ゲノム塩基配列決定の状況と意義 大城戸利久・坂井勝呂・古野正朗・林崎良...
    引用元: 『蛋白質核酸酵素』 2001年7月号

  • 大阪府立図書館蔵書検索 書誌詳細表示

    資料区分 図書 媒体種類 一般図書 タイトル 植物の百科事典 責任表示 石井龍一‖編 岩槻邦男‖編 竹中明夫‖編 土橋豊‖編 長谷部光泰‖編 矢原徹一‖編 和田正三‖編 出版地 東京 出版者 朝倉書店 出版年月 2009.4 ページ数 10,548p 大きさ 27cm ISBN 978-4-254-17137-2 価格 ¥20000 内容紹介 植物がもたらす諸現象は植物がどのように演出しているのか。植物の生活を通して植物の世界に通底する原理を理解できるよう、植物のはたらき・生活・かたち・進化・利用などに関する用語を解説する。 一般件名 植物‖便覧 Shokubutsu‖benran 分類・AVジャンル 470.36 著作の言語 jpn 目...
    引用元: 大阪府立図書館蔵書検索 書誌詳細表示

  • 植物の百科事典 | 主題書誌データベース | 国立国会図書館

    [書誌情報] 責任表示: 石井竜一,岩槻邦男,竹中明夫,土橋豊,長谷部光泰,矢原徹一,和田正三 編 出版者: 朝倉書店 出版年月日: 2009.4 請求記号: RA211-J20 書誌ID: 000010116807 [書誌情報 続き] 出版地: 東京 資料形態: 548p 27cm 注記: 書誌注記:索引あり ISBN: 978-4-254-17137-2 全国書誌番号: 21593400 件名: 植物学 標目: 石井, 竜一 1940- / 岩槻, 邦男 1934- / 竹中, 明夫 NDLC: RA211 NDC: 471 本文の言語: jpn [書誌情報 追記] [書誌情報 追記] 出版地: 東京 資料形態: 548p 27cm 注記: 書誌注記:索引あり ISBN: 978-4-254-17137-2 全国書誌番号: 21593400 件名: 植物学 標目: 石井, 竜一 194...
    引用元: 植物の百科事典 | 主題書誌データベース | 国立国会図書館

  • 研究者プロフィール

    No. 学内種別 書名・タイトル 全著者名 掲載誌名・出版社名 出版年月 1 著書 研究者、学生のためのテクニカルライティング 野村港二 編 みみずく書房 2009/04 2 著書 植物の百科事典 (編者)和田正三,矢原徹一,竹中明夫,長谷部光泰,岩槻邦男,石井龍一,土橋 豊 朝倉書店 2009/04 3 著書 藻類30億年の自然史 第二版 藻類からみた生物進化・地球・環境 井上 勲 東海大学出版会 2007 4 総説 植物になるという進化 -ハテナ発見の意義ー 井上 勲・岡本典子 細胞工学別冊 植物細胞工学シリーズ23,植物の進化 基本概念からモデル生物を活用した比較・進化ゲノム学まで(清水健太郎・長谷部光泰 監修) 2007 5...
    引用元: 研究者プロフィール

  • 本のご紹介 :『植物の百科事典』 朝倉書店 千里ニュータウン+万博×小山 ...

    本のご紹介 :『植物の百科事典』 朝倉書店 << 作成日時 : 2010/04/13 21:21 >> ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2 石井龍一 ・岩槻邦男 ・竹中明夫 ・土橋豊 ・長谷部光泰 ・矢原徹一 ・和田正三 編 『植物の百科事典』 朝倉書店 定価21,000円(税込) 2009年 この百科事典、目次を追っていきますと、1.植物のはたらき、2.植物の生活、3.植物のかたち、4.植物の進化、5.植物の利用、6.植物と文化−−−編者はバリバリの理系の先生方なのですが、ひと味変わった構成です。もっと変わっている?のは、文化人類学が専門のカンチョーが執筆陣に加わっていること!植物と文化の章のなかの 「こころと植物」(pp.442〜449) の項を担当しています。すいはくが、歴史博物館から総合博物館への脱皮をめざして“自然”を展示にとりこむ努力をしているのもむべな...
    引用元: 本のご紹介 :『植物の百科事典』 朝倉書店 千里ニュータウン+万博×小山 ...

  • 委員会議事録 - 日本光生物学協会

    日時:平成11年11月12日(金)18時から19時 場所:兵庫県立先端科学技術センター(播磨科学公園都市) 出席者: 小野高明(光合成研究会)、櫻井実(代理;日本化学会)佐藤公行(日本植物学会)、和田正三(日本植物生理学会、 深田吉孝(日本生化学会)、津田基之(日本生物物理学会)、徳永 史生(日本動物学会)、大石 正(日本比較生理・生化学会)
    引用元: 委員会議事録 - 日本光生物学協会

和田正三 の相関図を読込中

1.受賞者和田 正三(わだ まさみつ)九州大学大学院理学研究院特任教授 東京都立大学名誉教授矢原 徹一(やはら てつかず)九州大学大学院理学研究院教授〔参考〕 矢原徹一教授は,中央環境審議会臨時委員

スポンサードリンク