土佐坊昌俊の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 土佐坊昌俊 - Wikipedia

    土佐坊 昌俊(とさのぼう しょうしゅん、永治元年8月15日(1141年9月19日)? - 文治元年10月26日(1185年11月19日))は、平安時代末期の僧・武将。
    引用元: 土佐坊昌俊 - Wikipedia

  • 土佐坊昌俊 - 三国志研究会

    会員紹介 [edit] プロフィール † 筆名 土佐坊昌俊 役職 なし 過去の役職 2006-07年会計 入学/入会年度 2006 所属 法学部修士課程1年 出身都道府県 東京 好きな武将 魏延 ↑ [edit] 過去の原稿 † 掲載誌名 タイトル 雑覇19 裏切魂 雑覇20 裏切魂外伝 ↑ [edit] 紹介 † 温厚そうな外見で、実際中身も温厚だけど、彼の書く文章からは微妙な黒さが漂ってる気がする。 - カルピス一万尺
    引用元: 土佐坊昌俊 - 三国志研究会

  • 謡蹟めぐり 正尊 しょうぞん

    土佐坊昌俊は渋谷金王丸の後身と伝承されており、「朝長」の曲では金王丸が義朝の従者の一人として謡われている。 渋谷の金王八幡宮は金王丸ゆかりの神社である。八幡宮の略記に金王丸のことがかなり詳しく記されているので、要約して紹介することとする。 「 金王丸常光は渋谷平三重家の子である。はじめ重家に子がなく、夫婦揃って八幡宮に祈願を続けるうち、金剛夜叉明王が妻の胎内に宿るとの霊夢をみて立派な子が生まれたので、明王の上下の二字をいただいて金王丸と名付けたという。金王丸17歳の時源義朝に従って保元の乱に参加して大功をたて麿の称号を賜った。平治の乱に敗れた義朝は、東国に下る途中尾張国野間の長田忠宗の舘に立ち寄ったところ長田の謀反によって、あえなき最後を遂げられた。金王丸は京都に上り常盤御前に事の由を報告した後、渋谷に帰って出家し土佐坊昌俊と名乗って義朝の霊を弔っていた。 源頼朝との交わりも深く、頼朝挙兵...
    引用元: 謡蹟めぐり 正尊 しょうぞん

  • 土佐坊昌俊とは - はてなキーワード

    土佐坊昌俊 とさのぼうしょうしゅん ( 一般 ) 編集 注目の求人情報 [求人] 川崎税理士事務所への正社員転職 募集内容:税理士業務スタッフ◎長く一緒に活躍してくれる方歓迎! [求人] エヌ・ティー・シー株式会社への正社員転職 募集内容:【経験不問!!】家電や自動車の実験・評価エンジニア※転勤なし 転職ならリクナビNEXT 言及数のトレンド 今週のPV: 24 (89,502位) グラフで詳しく見る 目次 土佐坊昌俊とは 含むブログ 新着エントリー 含むキーワード 注目キーワード マグネシウム 違憲 WebKit 日経平均 ビジネスパーソン しまなみ海道 楽しんご もっと見る 源頼朝 の命令を受けて、 京都 堀川邸の 源義経 を襲撃した人物。失敗して 鞍馬寺 に逃げ込んだが、捕らえられて六条河原に梟首された。 源義朝 の小姓...
    引用元: 土佐坊昌俊とは - はてなキーワード

  • 186 土佐坊昌俊邸址

    鎌倉史跡・寺社データベース 土佐坊昌俊邸址 186 とさのぼうしょうしゅんていあと 宝戒寺から小町大路を辻説法旧跡の方向に南へ行くとすぐに鎌倉青年団が建てた「土佐坊昌俊邸跡」の碑がある。土佐坊昌俊(とさのぼうしょうしゅんは)はもともとは興福寺西金堂の堂衆で、後に鎌倉の頼朝に使えるようになった武士である。源頼朝が文治元年(1184年)平家追討などで手柄を上げた弟の義経を討つことを決めた際に、その襲撃役として京都に派遣されたことで有名である。頼朝の弟の義経は戦術巧みで平家の追討や木曽義仲を討つことなどに手柄を上げが、軍功が重なるにつれ頼朝は義経を警戒し、また平家追討が終わった後、朝廷から頼朝に無断で位を授かってしまったことで両者の関係は完全に悪くなってしまった。頼朝はついに義経を討つことを決心し、武将に指示するが、多くの武将は義経の戦術に巧みなことや頼朝の肉親を討つ...
    引用元: 186 土佐坊昌俊邸址

  • 土佐坊昌俊|キーワード|コブス オンライン

    働く人の仕事&恋愛ポータルサイト HOME > 人気 > キーワード > 土佐坊昌俊 コブスキーワードとは、コブスの中にあるコンテンツの単語とウィキペディアの中にある単語を結びつけるコンテンツです。リンクされたキーワードをクリックするとその意味を表示します。 →携帯版は こちら 土佐坊昌俊 土佐坊 昌俊(とさのぼう しょうしゅん、生年未詳 - 文治 元年 10月26日 ( 1185年 11月19日 ))は、 平安時代 末期の 武将 ・ 僧侶 。 カテゴリー: 平安時代の人物 武士 渋谷氏 日本の僧 1185年没 詳細をwikipediaで見る キーワードを含むページ ユーザー登録すると様々な特典を受けられます。 おトクなユーザー特典とは? 100マイポプレゼントキャンペーン COBSユーザー登録 登録情報変更 退...
    引用元: 土佐坊昌俊|キーワード|コブス オンライン

  • しずかblog: 土佐坊昌俊

    土佐坊昌俊邸跡 小町大路沿いに土佐坊昌俊邸跡の石碑が建っている。 頼朝から京都・堀川にいる義経を討つことを命じられた昌俊は、出発前に頼朝に面会し、自分にもしものことがあったら、下野に残してきた年老いた母と子供たちに情けをかけて欲しいといったと伝えられている。 結局、義経暗殺は失敗に終わり、捕らえられた昌俊は六条河原で処刑された。 しかし、これには異説もあり、以前、義経の父・義朝に仕えていた昌俊を、義経は殺すことができず逃がしたという。 今となってはどちらが真実か闇の中である。 FC2ブログランキング参加中! 投票にご協力お願いします⇒ FC2 Blog Ranking 土佐坊昌俊については過去の記事2006年3月8日「左女牛井之跡」もご覧下さい。 http://shizuka.cocolog-tnc.com/shizuka/2006/03/index.html 投稿者 しずか 時刻 00時...
    引用元: しずかblog: 土佐坊昌俊

  • aoya3: ウソを許して

    ウソを許して ウソを許して 守り伝えられた下京の説話 源頼朝に仕えていた土佐坊昌俊(とさのぼうしょうしゅん)は、文治元年(1185)、義経追討を命じられ京に上りました。 昌俊はまず堀川邸に義経を訪ねましたが、上洛の目的を怪しまれ、義経を暗殺する意志がない旨を誓紙に書かされたそうです。 昌俊はその約束を破って堀川邸を襲撃しましたが失敗し、六条河原で処刑されました。 最期に臨んで昌俊は、忠義のために偽りの誓約をする者の罪を救ってほしいと願ったといわれます。 これにちなんで、昌俊の慰霊のために創祀された冠者殿社(かんじゃでんしゃ)は「誓文」の神として信仰されるようになりました。 こうした言い伝えをもとに、地元の商人たちは日ごろ商売上のかけ引きでやむを得ずついた「嘘」を祓い清めてもらおうと、毎年10月20日に詣でたのが「誓文払」で、いつしかこれに合わせて大売り出しをする風習も生まれました。 今も冠...
    引用元: aoya3: ウソを許して

  • キャスト紹介|俳優・斉木隆行のオッサンがんばれ!!日記

    お馴染みの今回のキャスト さんを紹介しますね! まずは… 土佐坊昌俊役の平沼成基さん 景光役の堂屋将之さん 茜役の竹間梨香さん 皆鶴役の山川ひろみさん 有綱役の大塚寛之さん 義経役のたかさきゆこさん 弥生役中嶋さとみさん 刹那役の鈴木綾さん 海苔平役の藤田清二さん 静御前役の栗林里莉さん 鬼一法眼役の鈴木真理さん お安役のあいかさん 平知章役の山岡竜弘さん 弥六家季役の斎藤潤樹さん 木蓮役の菅家ゆかりさん そしてまだ平知盛役のケイ ジェイさんと源頼朝役の藤 田慶輔さんがいるのですが 写真が撮れてないです… すみません… こんなメンバーで 『Benkei』~静恋の涙~ やらせて頂きました! 皆様、本当にありがとうございました☆
    引用元: キャスト紹介|俳優・斉木隆行のオッサンがんばれ!!日記

  • 若宮大路幕府旧跡(小町) - ふらり 鎌倉-武家の古都

    ページビュー 54536 <[石碑]宇津宮辻子幕府旧跡(小町... | [石碑]土佐坊昌俊邸址(小町)> 2010-10-21 若宮大路幕府旧跡(小町) 石碑 宇津宮 稲荷 から小道を 八幡宮 の方向に300 メートル ほど進むと、「 若宮大路 幕府 跡」の石碑がある。 若宮大路 幕府 は 親王 屋敷とも呼ばれ、4 代将 軍 藤原頼経 の1236年から9 代将 軍守邦(もりくに) 親王 の1 333 年の 幕府 滅亡まで 政治 が行われた所。 しかし、宇津宮辻子 幕府 も 若宮大路 幕府 も同じ場所であったが、出 入り口 が 若宮大路 側に変わったので呼び方が変わったともいわれている。 Permalink | コメント(0) | トラックバック(0) | 07:45 コメントを書く スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください 画像認証 トラックバック - http...
    引用元: 若宮大路幕府旧跡(小町) - ふらり 鎌倉-武家の古都

  • ふらり 鎌倉-武家の古都

    ページビュー 54535 <[石碑]宇津宮辻子幕府旧跡(小町... | [石碑]土佐坊昌俊邸址(小町)> 2010-10-21 コメントを書く スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください 画像認証 トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/namakura-bushi/20101021/1287657294 <[石碑]宇津宮辻子幕府旧跡(小町... | [石碑]土佐坊昌俊邸址(小町)> プロフィール namakura-bushi 鎌倉市民、観光地だけでなく季節の自然や動植物も紹介する。 最新タイトル [史跡]足利尊氏の墓(山ノ内) [史跡]百八やぐら(二階堂) [神社]離山富士見地蔵尊(大船) [神社]山蒼稲荷神社(大船) [動物]アカゲラ [その他]源頼朝像(梶原) [史跡]日野俊基の墓(梶原) [神社]葛原...
    引用元: ふらり 鎌倉-武家の古都

  • 徒然彩時記 : 華麗なる大立ち回り!?―『義経』vol.43「堀川夜討」

    タイトル : [大河ドラマ]義経 第43回「堀川夜討」 土佐坊昌俊祭ですよぉ〜♪ 渋谷金王丸→土佐坊昌俊? 番組冒頭でも紹介していたように、土佐坊昌俊の前身は渋谷金王丸であるという伝承があります。 渋谷金王丸は『平治物語』に出てくる人物で、源義朝の小姓として東下りに付き従い、主君が討たれると敵の囲みを突破して都に戻り、常盤御前に源義朝の死を伝えたとされます。その後は出家して主君の菩提を弔ったということで賞賛されていますが、現代的感覚でいえばそんなことより庇護者を失った常盤母子に仕えて護ってやれよという感じですかね。 さて、そんな渋谷金王丸と土佐坊昌俊が結...... more
    引用元: 徒然彩時記 : 華麗なる大立ち回り!?―『義経』vol.43「堀川夜討」

  • 会員紹介 : 東大三国志研究会ウェブサイト

    会員紹介 現役会員 要請亭矢寸比古 書く文和 門+活 火口豚炎上 もみじ饅頭 うまよし カルピス一万尺 土佐坊昌俊 智真 ふところみかん ワジマヌリ さんしのや maito ととたけ 三木杉 ハニカミ王平 征東将軍 OB・OG ていいく 猛将楽進 佐野-銀河鉄道999-×郎 西安賓館 蔡文姫 江東の燕 司馬懿太郎 呉班ですよ 讃岐うどん 賈充120パーセント 佐竹幕府を開く会 楽有 紳々と竜々 肯定☆袁術 2次韓嵩 ハイ、笑止 郭嘉咆哮 汝南の曹 陳宮問答歌 棗華 ひょう 加賀劉禅 偏尺 騒人志向 けざわ☆ひがし 虞翻中傷
    引用元: 会員紹介 : 東大三国志研究会ウェブサイト

  • 土佐坊昌俊 - Wikipedia

    土佐坊昌俊 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 移動: 案内 , 検索 土佐坊 昌俊 (とさのぼう しょうしゅん、生年未詳 - 文治 元年 10月26日 ( 1185年 11月19日 ))は、 平安時代 末期の 武将 ・ 僧侶 。 目次 1 生涯 1.1 金王丸について 2 参考文献 3 金王八幡神社(金王八幡宮) 4 関連項目 4.1 外部リンク [ 編集 ] 生涯 大和国 興福寺 金剛堂の堂衆で、年貢の問題で大和国針の庄の代官を夜討ちにした為、 大番役 として上洛していた 土肥実平 に預けられる。実平に伴われて関東に下向したのち 源頼朝 に臣従し、 御家人 として 治承・寿永の乱 に参加する。 文治 元年( 1185年 ) 10月9日 、頼朝と弟の 義経 が対立すると、頼朝は 京 にいる義経を誅するべく御家人達を収集するが、名乗り...
    引用元: 土佐坊昌俊 - Wikipedia

  • 「ミニ 写真探訪・金王八幡宮」 渋谷金王丸は土佐坊昌俊だった - 能楽 ...

    「ミニ 写真探訪・金王八幡宮」 渋谷金王丸は土佐坊昌俊だった 気になるところ、もの、ひと / 2010-04-11 04:38:53 昨日はカメラ片手に〜〜ではない 正確には、右肩にキャノンkiss3 左肩にはペンタックスK200Dの二機をぶら下げて 目黒川の桜と、渋谷の金王八幡宮の金王桜を 散策がてら二機の撮り比べを兼ねて撮影して来ました。 東京都内の染井吉野は、もうそろそろ終わりそうで 目黒川には桜花が流れてとても綺麗、風情ある景色でした。 金王八幡宮は 能『朝長』に ♪義朝親子、鎌田、金王丸とやらん♪ と青墓の長者(シテ)が語りますが、 その金王丸をお祭りしています。 「先生! あの金王丸は実は土佐坊昌俊なんですって!」 とお弟子さんに言われ 「うそ〜違うだろ〜」 と、答えてしまいましたが、どうも気になり神社を訪れると やはり事実でした。 さて、その土佐坊こと 土佐坊昌俊は、...
    引用元: 「ミニ 写真探訪・金王八幡宮」 渋谷金王丸は土佐坊昌俊だった - 能楽 ...

  • 真下基行 - 百科事典ディスマス

    関連ワード (すべての関連を見る) 土佐坊昌俊 庄氏 塩谷氏 児玉弘行 丹党 埼玉県出身の人物一覧
    引用元: 真下基行 - 百科事典ディスマス

  • 千鳥会地車紀行: 北王子 右面土呂幕

    « 北王子 左面縁葛・連子 | メイン | 北王子 右面土呂幕 » 2007年3月21日 (水) 北王子 右面土呂幕 右面土呂幕:土佐坊昌俊 義経館を襲う 投稿時刻 13時11分 北王子地車紹介 | 個別ページ トラックバック このページのトラックバックURL: http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347009/13500383 北王子 右面土呂幕 を参照しているブログ: コメント コメントを投稿 名前: メールアドレス: (ウェブ上には掲載しません) URL: この情報を登録する コメント:
    引用元: 千鳥会地車紀行: 北王子 右面土呂幕

  • 千鳥会地車紀行: 北王子地車紹介

    北王子 右面土呂幕 右面土呂幕:土佐坊昌俊 義経館を襲う 投稿時刻 13時11分 北王子地車紹介 | 個別ページ | コメント (0) | トラックバック (0)
    引用元: 千鳥会地車紀行: 北王子地車紹介

  • 【本音トーク】パート2:土佐坊昌俊

    【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど) kmotokun.exblog.jp 土佐坊昌俊 登録されたポストがありません。 投稿ボタンをクリックして投稿してください。 前のページ 次のページ Top | Log-in あらかんにリーチしかけたおじさんのブログです by motokunnk カテゴリ 全体 公園・庭園・遊歩道 神社・仏閣・城郭 記念碑 スポーツ全般 最新技術 美術館・博物館・美術 Racing Car 街の風景 橋 日記 その他 未分類 最新のコメント lotus49ford .. by motokunnk at 19:34 ノスタルジックカーショー.. by lotus49ford at 07:58 lotus49fordさ.. by motoku...
    引用元: 【本音トーク】パート2:土佐坊昌俊

  • 土佐坊昌俊邸跡の話 - 素人(アマ)のひとりごと - Yahoo!ブログ

    全体表示 [ リスト ] < 湘南町屋:サンバード フリーズドライの大根おろし > 土佐坊昌俊邸跡の話 傑作(13) 2011/7/10(日) 午前 5:49 鎌倉よ、なぜ 読書 Yahoo!ブックマークに登録 先日の青砥橋、釈迦堂切り通し散策の際に、 鶴岡八幡宮近くの小町あたりの駐車場に車を止めたのだが、 ぶらぶら歩いていると、「土佐坊昌俊邸跡」という碑を見つけた。 この名前、どこかで聞いたことがあるが、すぐに思い出せない。 石碑を読むと、「堀河館ニ義経ヲ夜襲シ利アラズシテ死セシ者・・・」 堀河館で思い出した。 お話はもうこの石碑の書きだしの通り、そのまんまなのであるが、 土佐坊昌俊邸は源頼朝の命で、京にいる源義経を襲撃する。 義経は頼朝の弟で、平家との数々の合戦を指揮して勝利し、 最後には壇ノ浦で平家を滅ぼすにいたった。 普通なら源氏にとっては最大の功労者と考...
    引用元: 土佐坊昌俊邸跡の話 - 素人(アマ)のひとりごと - Yahoo!ブログ

  • 最後まで義経を裏切らなかった

    最後まで義経を裏切らなかった 1175年ごろ 義経と五条大橋で戦い、敗れて家来になる 1185年 義経を襲った土佐坊昌俊と戦い圧勝する 1186年ごろ 安宅の関所で見事な演技をして通ることに成功する 1189年4月30日 裏切った 藤原泰衡と戦い最後まで義経を守りつづけた
    引用元: 最後まで義経を裏切らなかった

  • 横浜・川崎の歴史−早川城の歴史

    金王八幡神社(こんのうはちまんじんじゃ)が鎮座する東京都の渋谷は、土佐坊昌俊の祖父、桓武天皇の孫高望王の子孫と名乗る秩父党の河崎冠者基家が、1051年(永承6年)に、前九年の役での武功により与えられた武蔵国豊島郡谷盛庄にあたる。
    引用元: 横浜・川崎の歴史−早川城の歴史

  • 義経(第43回)のあれこれ - 果報は寝て待て!

    義経(第43回)のあれこれ 2005年10月31日 | 大河ドラマ いや〜,今回もやってくれました「義経」! どんなことをしてくれるか内心楽しみだった土佐坊昌俊の堀川夜討。 見事に一般に知られている話から,ドラマオリジナルストーリーに変わってしまってましたね。 特に! 「おお,土佐坊!」「おお,武蔵坊!」って,なんであんたらお友達なのさ!? 弁慶って偏屈者かと思いきや,意外と顔が広かったんですね…などと思わずにはいられない場面でした。 古典平家では鎌倉から土佐坊なる者が上京したと聞いた義経が,わざと昌俊を屋敷に招いて,「お前,鎌倉から送られてきた刺客だろ?」と直接問いただし,びびった昌俊は,「いえいえ,そんなことありません」ということで,起請文を7枚書いてその場を凌いだはずでした。 古典読んだときは,この場面の義経の洞察力にニヤリとしましたが,今回のドラマの義経さまは,萌さんに「部下...
    引用元: 義経(第43回)のあれこれ - 果報は寝て待て!

  • 義経 43の2: ねこづらどき

    義経 43の2 義経 第43回 「堀川夜討」その2 暗闇の都大路を走る怪しい人影。 堀川館。具足を着込んだまま、仮眠をしている郎党達。脇息にもたれて、うたた寝をする義経。 堀川館の門前に集まった土佐坊昌俊とその手勢。狙いは義経の命と下知を下す昌俊。 2人の手下が塀を乗り越えて門の閂を外し、その開いた扉から門内へとなだれ込む手勢。その気配に気付いた義経の郎党達。その郎党達が潜んでいる部屋の前に展開した昌俊の手勢。 その頃、まだこの異変に気付くことなく自室で眠り続けている義経と、彼に寒さ避けの着物を被せてやっている静。そのとき、異様な気配を感じたのか、義経が不意に目を覚まします。 「ドラマでは昌俊の軍勢が堀川館に攻め込んだ事になっていますが、吾妻鏡や平家物語では義経がわずかな手勢を率いて討って出たと記されています。義経記では、喜三太を初めとする郎党達が門外の敵と戦ったとされていますね。いずれも...
    引用元: 義経 43の2: ねこづらどき

  • 鎌倉史跡碑事典 (土佐坊昌俊邸址)

    土佐坊昌俊邸址 (とさぼうまさとし・ていあと) 大正十四年(1925)三月建 鎌倉町青年団 碑文 堀川館に義経を夜襲し利あらずして死せし者 是土佐坊昌俊なり 東(吾妻)鑑文治元年(1185)十月の条に 此の追討の事人々に多く以て辞退の気あるの処 昌俊進んで領状(承諾)申すの間 殊に御感(感歎)を蒙る 巳(すで)に進発の期に及んで御前に参り 老母並に嬰児等下野(しもつけ)の国に有り憐憫(れんびん:憐情)を加えしめ給ふべきの由之を申す云々 とあり 其の一度去って又還らざる悲壮の覚悟を以て門出なしけん此の壮士が邸は 即ち此の地に在りたるなり 説明 土佐坊昌利は、堀川の館にいる源義経(よしつね)を夜におそいましたが、逆に殺されてしまいました。吾妻鑑(あづまかがみ)によると、この事が次のように書かれています。義経を討つ者を募っているとき、みんな辞退したい...
    引用元: 鎌倉史跡碑事典 (土佐坊昌俊邸址)

土佐坊昌俊 の相関図を読込中

土佐坊 昌俊(とさのぼう しょうしゅん、永治元年8月15日(1141年9月19日)? - 文治元年10月26日(1185年11月19日))は、平安時代末期の僧・武将。大和国興福寺金剛堂の堂衆で、年貢の

スポンサードリンク