堂免一成の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 堂免一成 - Wikipedia

    堂免 一成(どうめん かずなり、1953年9月24日-)は日本の化学者。東京大学工学系研究科化学システム工学専攻教授。光触媒の研究で知られる。 1976年 東京大学理学部化学科卒 1982年 東京大学大学院理学系研究科博士後期課程修了 1982年 東京工業大学資源化学研究所助手 1985-1986年 IBM Almaden研究センター 博士研究員 1990年 東京工業大学資源化学研究所助教授 1996年 同 教授 2004年 現職可視光によって水を水素と酸素へ分解する光触媒の研究が有名。また近年では、白金を使わない燃料電池電極の開発にも取り組んでいる。 1990年 日本触媒学会奨励賞 2007年 日本触媒学会賞(学術部門)
    引用元: 堂免一成 - Wikipedia

  • DOMEN

    氏名 堂免 一成 (DOMEN, Kazunari) 生年月日 1953年9月24日 出身地 鹿児島県 略歴 1976年 東京大学理学部化学科卒 卒業論文「銅上における酸水素反応」 1979年 東京大学大学院理学系研究科修士課程修了 1982年 東京大学大学院理学系研究科博士後期課程修了 学位論文「Photocatalytic Reaction on Some Semiconductor Powders」 1982年- 東京工業大学資源化学研究所助手 1985-1986年 IBM Almaden Res. Cent. 博士研究員 1990年- 東京工業大学資源化学研究所助教授 1996年- 東京工業大学資源化学研究所教授 2004年- 東京大学大学院工...
    引用元: DOMEN

  • 堂免一成 - BIGLOBE百科事典

    堂免 一成 (どうめん かずなり、 1953年 9月24日 -)は日本の 化学者 。 東京大学 工学系研究科 化学システム工学専攻 教授 。 光触媒 の研究で知られる。 目次 1 経歴 2 研究 3 受賞 4 外部リンク 5 参考文献 経歴 1976年 東京大学理学部化学科卒 1982年 東京大学大学院理学系研究科博士後期課程修了 1982年 東京工業大学 資源化学研究所助手 1985-1986年 IBM Almaden研究センター 博士研究員 1990年 東京工業大学資源化学研究所助教授 1996年 同 教授 2004年 現職 研究 可視光によって 水 を 水素 と 酸素 へ分解する光触媒の研究が有名 [1] 。また近年では、 白金 を使わない 燃料電池 電極 の開発にも取り組んでいる。 受賞 1990年 日本触媒学会奨励賞 2...
    引用元: 堂免一成 - BIGLOBE百科事典

  • 堂免一成 研究者情報 | T2R2 東京工業大学リサーチリポジトリ

    ヘルプ 堂免一成 研究者情報 研究者情報 研究業績一覧 姓 堂免 DOMEN 名 一成 KAZUNARI 状態 本学を転出・卒業 所属組織 東京工業大学 資源化学研究所 Tokyo Institute of Technology Chemical Resources Laboratory 専門分野 その他 (工業物理化学, 物理化学) 機能物質化学 (機能・物性・材料) 教員プロフィール 講義ノート TokyoTech Open Course Ware 学位論文 Photocatalytic Reaction on Some Semiconductor Powders-Photodecomposition of Water- , 博士(理学), 東京大学, 1982/01/01.
    引用元: 堂免一成 研究者情報 | T2R2 東京工業大学リサーチリポジトリ

  • 堂免一成 - Wikipedia

    堂免一成 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 移動: 案内 , 検索 堂免 一成 (どうめん かずなり、 1953年 9月24日 -)は日本の 化学者 。 東京大学 工学系研究科 化学システム工学専攻 教授 。 光触媒 の研究で知られる。 目次 1 経歴 2 研究 3 受賞 4 外部リンク 5 参考文献 [ 編集 ] 経歴 1976年 東京大学理学部化学科卒 1982年 東京大学大学院理学系研究科博士後期課程修了 1982年 東京工業大学 資源化学研究所助手 1985-1986年 IBM Almaden研究センター 博士研究員 1990年 東京工業大学資源化学研究所助教授 1996年 同 教授 2004年 現職 [ 編集 ] 研究 可視光によって 水 を 水素 と 酸素 へ分解する光触媒の研究が有名 [1] 。...
    引用元: 堂免一成 - Wikipedia

  • Global Innovation Ecosystem 2008

    HOME 講演者一覧 堂免 一成 ワークショップ 堂免 一成 東京大学大学院工学系研究科教授 1976年東京大学理学部化学科卒業後、1982年東京大学理学系大学院化学専門博士課程修了(理学博士)。1982年東京工業大学資源化学研究所(触媒化学部門)助手。1990年東京工業大学資源化学研究所(基礎測定部門)助教授。1994年東京工業大学資源化学研究所(触媒化学部門)助教授。1996年東京工業大学資源化学研究所(触媒化学部門)教授。2004年東京大学大学院工学系研究科化学システム工学専攻教授。その間、「GaN:ZnOを用いて可視光での高効率な水の完全分解を世界に先駆けて達成した」(Nature, 2006)他、論文426報、総説著書112報を発表。また、2007年、平成18年度触媒学会賞(学術部門)を受賞。専門は触媒化学、エネルギ...
    引用元: Global Innovation Ecosystem 2008

  • News & Topics:東京大学 堂免教授 御来社

    12月25日(金)東京大学教授の堂免一成様と講師の高田剛様が当社をご訪問されました。堂免教授は当社社長春日秀之の東京工業大学大学院在籍中の恩師であり、そのご縁もあり今回のご訪問が実現いたしました。 堂免教授は触媒に関する研究を行っておられ、原子・分子レベルでの基礎的な解析から、燃料電池や水分解のための新しい触媒の開発まで幅広く取り組まれております。 触媒とは、化学反応の速度を速める物質のことです。より高機能な触媒を開発することは、環境・エネルギー問題の解決においても大きな役割を果たすと期待されています。 堂免教授はこの分野で世界的な権威であり、光エネルギーを化学エネルギーへ変換することを目的とした水分解光触媒を中心に、高い機能を持った新しい触媒の開発を行っております。太陽光と水から水素を作ることができれば、真にクリーンで再生可能なエネルギー源となります。 当社では、堂免教授に当社概要を説明...
    引用元: News & Topics:東京大学 堂免教授 御来社

  • 東京大学グローバルCOEプログラム 理工連携による化学イノベーション ...

    戻る 堂免一成 所属 大学院工学系研究科化学システム工学専攻 教授 主な研究分野 Photocatalyst for water splitting, Physical Chemistry, Catalysis Phone 03-5841-1148 Fax 03-5841-8838 メール URL http://www.domen.t.u-tokyo.ac.jp/ 研究紹介 触媒は環境・エネルギー問題に対して本質的な役割を演じることが出来ます。本研究室では光エネルギーの化学エネルギーへの変換を行う水分解光触媒の開発を中心に高機能を有する新規な触媒開発を行っています。太陽光と水から水素を生産できれば、真にクリーンで再生可能なエネルギー源となります。そのような人工光合成型反応を実現するための光触媒の開発を行っています。他にも新規...
    引用元: 東京大学グローバルCOEプログラム 理工連携による化学イノベーション ...

  • UCR-Proposal (お問い合わせ)

    ※ は必須項目です e-mail ※ (半角) 前回登録情報呼び出し (メールアドレスの入力が必須) 企業名 ※ 連絡担当者名 ※ 所属部署名 職名 郵便番号 ※ 所在地(住所) ※ TEL (半角 99-9999-9999) FAX (半角 99-9999-9999) 貴社の業種(複数選択可) ※ 農業 林業 漁業 鉱業 建設業 製造業 電気・ガス・熱供給・水道業 情報通信 運輸業 卸売・小売業 金融・保険業 不動産業 飲食店、宿泊業 医療、福祉 教育、学習支援業 複合サービス事業 その他サービス業 公務 その他 貴社紹介URL (半角) 整理番号 5248 研究タイトル 赤外分光法による光半導体材料表面や触媒材料表面に吸着した分子の構造解析 研究者氏名 教授 堂免 一成 お問い合わせ内容 ※ 貴社のご紹介やご意向を含め、お問い合わせの内容を具体的にお書きください。都合によりご希...
    引用元: UCR-Proposal (お問い合わせ)

  • 堂免 一成 | NIMS

    プロフィール 堂免 一成 (ドウメン カズナリ) 物質・材料研究機構 中核機能部門-ナノ材料科学環境研究拠点 太陽光利用分野 光化学エネルギー変換グループ グループリーダー メール: DOMEN.Kazunari nims.go.jp 電話: 029-859-2186 茨城県つくば市千現1-2-1 [交通アクセス] 外部参照 Google Scholar 検索 人名で探す 研究ユニットで探す 論文で探す (準備中)
    引用元: 堂免 一成 | NIMS

  • UCR-Proposal (お問い合わせ)

    ※ は必須項目です e-mail ※ (半角) 前回登録情報呼び出し (メールアドレスの入力が必須) 企業名 ※ 連絡担当者名 ※ 所属部署名 職名 郵便番号 ※ 所在地(住所) ※ TEL (半角 99-9999-9999) FAX (半角 99-9999-9999) 貴社の業種(複数選択可) ※ 農業 林業 漁業 鉱業 建設業 製造業 電気・ガス・熱供給・水道業 情報通信 運輸業 卸売・小売業 金融・保険業 不動産業 飲食店、宿泊業 医療、福祉 教育、学習支援業 複合サービス事業 その他サービス業 公務 その他 貴社紹介URL (半角) 整理番号 5249 研究タイトル 遷移金属酸化物を用いるナノシートやメソポーラス固体酸触媒の開発 〜バイオマス燃料生産などへの応用〜 研究者氏名 教授 堂免 一成 お問い合わせ内容 ※ 貴社のご紹介やご意向を含め、お問い合わせの内容を具体的にお...
    引用元: UCR-Proposal (お問い合わせ)

  • 新規事業研究会月例会講演要旨2005-1

    講演:『 太陽光と水から水素を創る光触媒 』 東京大学大学院工学系研究科 教授 堂免 一成 氏 講演日:平成20年4月12日(土)於て 東工大(大岡山) 百年記念館 【講演要旨】 現在、地球的規模で環境問題やエネルギー問題が起こっています。特に化石資源の利用により排出される二酸化炭素の増加に起因する地球温暖化は深刻な問題となりつつあります。 もし、太陽光と水から水素を大量に製造し、エネルギー源として利用できれば、人類は再生可能でクリーンなエネルギー源を手にすることになります。 そのような夢の化学反応の研究が現在どの程度まで進んでいるのか、また今後どのように進展する可能性があるのか、ということについて国内外の状況を交えながらお話します。 【略歴】 堂免 一成 最終学歴 1982年3月東京大学理学系大学院化学専門博士課程修了 学位:理学博士 職 歴 ...
    引用元: 新規事業研究会月例会講演要旨2005-1

  • NII研究者リゾルバー - 研究者情報検索

    堂免 一成 ドウメン カズナリ Domen Kazunari 研究者リゾルバーID: 1000010155624 科研費研究者番号 : 10155624 所属(KAKENから): 東京大学/大学院・工学系研究科/教授 (※注)この項目の値は科学研究費補助金データベースにおける最も新しい報告書に記載された所属を表示しています.必ずしも現在の所属を示しているとは限りません.
    引用元: NII研究者リゾルバー - 研究者情報検索

  • 東京工業大学ホームページ | 最近の研究成果

    <資源化学研究所 教授 堂免一成> あらゆる分野で触媒研究が進められているが,堂免一成教授らの研究グループは一般の固体酸触媒の活性を上回るナノサイズのシート状チタンニオブ酸「シート凝集体」を開発した.液体酸触媒は強い酸強度をもつため活性が高いが,副産物や反応後の酸の除去など多くの問題点を抱えており,高活性の固体酸触媒の開発に期待は大きい. シートの層間に陽の電荷を持ったアルカリ金属が入った層状金属酸化物のシートをソフト溶液プロセスで剥離し,プロトン(水素イオン)に入れ替えて,ランダムに再凝集したシート凝集体にする.表面積は元のものより150倍にアップする.これによって層間では得られない反応が可能になった.今回の実験ではチタン量が異なる2つのチタンニオブ酸のシート凝集体を作製した. 約70度Cの温度で酢酸とエタノールの混合物に触媒を入れて,酢酸エチルの生成量を調べた結果,含水ニオブ酸,モ...
    引用元: 東京工業大学ホームページ | 最近の研究成果

  • イベント・広報:研究所イベント

    講演題目: 光エネルギーを用いる水からの水素製造 講 師: 堂免一成 教授(東京大学大学院工学系研究科化学システム工学専攻) 日 時: 平成19年12月18日(火) 16:00ー17:30 場 所: 北1号館1F会議室 水を水素と酸素に分解して得られる水素は、製造時に二酸化炭素の生成を伴わない。もしこの水の分解を太陽エネルギーを用いて行えば、クリーンで再生可能なエネルギーキャリアーとしての水素を得ることが可能となる。このような水素製造法にはいくつかのオプションがあるが、本講演では、光触媒を用いる人工光合成型の水分解反応の現状と今後の見通しについて紹介する。特に、最近講演者らが用いている非酸化物系無機材料をベースとした光触媒系の構築について詳しく述べ、課題や今後の研究の方向性について議論する。 備考:堂免先生は数年前まで東工大資源研教授として在籍されておられました。 ...
    引用元: イベント・広報:研究所イベント

  • バーロー物理化学問題の解き方/藤代亮一/著 大門寛/著 堂免一成/著本 ...

    同じ著者名で検索した本 バーロー物理化学 上 Gordon M.Barrow/著 大門寛/訳 堂免一成/訳 東京化学同人 バーロー物理化学 下 Gordon M.Barrow/著 大門寛/訳 堂免一成/訳 東京化学同人 岩波講座現代化学への入門 14 岡崎廉治/〔ほか〕編集委員 岩波書店 このジャンルの本 世界で一番美しい元素図鑑 セオドア・グレイ/著 ニック・マン/写真 若林文高/監修 武... 放射能のはなし 野口邦和/著 分子軌道法 藤永茂/著 第2種放射線取扱主任者試験問題と解答例 第52回(平成22年) 日本アイソトープ協会放射線取扱主任者部会/編集 『有機化学』ワークブック 巻矢印をつかって反応機構が書ける! 奥山格/著
    引用元: バーロー物理化学問題の解き方/藤代亮一/著 大門寛/著 堂免一成/著本 ...

  • 研究体制 - 東京都地域結集型研究開発プログラム

    代表研究者 東京大学大学院 工学系研究科 教授 堂免 一成 副代表研究者 東京都立産業技術研究センター 吉田 裕道 コア研究室 地方独立行政法人 東京都立産業技術研究センター 城南支所内 東京都ナノテクノロジーセンター〔 地図 〕 参加大学 (五十音順) 慶應義塾大学 首都大学東京 東京医科歯科大学 東京大学 東京薬科大学 早稲田大学 参加企業・団体 (五十音順) 柴田科学(株) 東京工業塗装協同組合 東京都環境科学研究所 ナプソン(株) 日本軽金属(株) 日本バイリーン(株) (株)日立プラント建設サービス (株)三菱化学科学技術研究センター 理研計器(株) △このページのTOPへ戻る 事業背景 | 研究体制 HOME | ご挨拶 | 事業概要 | 研究内容 | 成果報告 | アクセス | お問い合せ
    引用元: 研究体制 - 東京都地域結集型研究開発プログラム

堂免一成 の相関図を読込中

堂免 一成(どうめん かずなり、1953年9月24日-)は日本の化学者。東京大学工学系研究科化学システム工学専攻教授。光触媒の研究で知られる。 1976年 東京大学理学部化学科卒 1982年 東京大学

スポンサードリンク