境哲男の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 【研究者データ】境哲男(産業技術総合研究所 グループリーダー) 研究課題一覧 - 日本の研究.com

    「境哲男+産業技術総合研究所」でGoogle検索する 境哲男 ツイートサカイ テツオ / , 研究者情報研究者番号 20357081 引用元: 所属機関 産業技術総合研究所 役職 グループリーダー ※このページの情報は科学研究費助成事業データベースに記載された情報を元に生成されています。 必ずしも最新の情報を示しているとは限りません。 [引用データについて] 研究者の研究分野研究分野は登録されていません。 研究者の関連キーワード ランタン 応用 電池 酸化セリウム 酸化ジルコニウム » すべて見る» 隠す 酸化物 固体電解質 アパタイト ケイ素 バリウム 希土類 セラミックス
    引用元: 【研究者データ】境哲男(産業技術総合研究所 グループリーダー) 研究課題一覧 - 日本の研究.com

  • 研究者に関する詳細情報

    研究者データベース > 名前・所属による検索 > 詳細情報 研究者に関する詳細情報 氏名 さかい てつお 境 哲男 所属 ユビキタスエネルギー研究部門 電池システム研究グループ (tel 072-751-9654) ユビキタスエネルギー研究部門 エネルギー材料標準化グループ (tel 072-751-9654) ユビキタスエネルギー研究部門 (tel 072-751-9654) 勤務地 関西センター JST ReaD ReaDのページへ
    引用元: 研究者に関する詳細情報

  • ユビキタスエネルギーの最新技術/境哲男/企画監修 小林哲彦/企画監修 本 ...

    著者情報 境 哲男 (独)産業技術総合研究所ユビキタスエネルギー研究部門電池システム連携研究体長;神戸大学併任教授 ⇒この著者名で検索する ⇒新刊パトロールに登録 同じ著者名で検索した本 自動車用大容量二次電池の開発 佐藤登/監修 境哲男/監修 シーエムシー出版 粉体技術と次世代電池開発 日本粉体工業技術協会/編纂 境哲男/企画監修 シーエムシー出版 自動車用大容量二次電池 佐藤登/監修 境哲男/監修 シーエムシー出版 図解でナットク!二次電池 基礎と応用技術の最前線 小林哲彦/編著 宮崎義憲/編著 太田璋/編著 日刊工業新聞社 このジャンルの本 よくわかる電気の基本としくみ 身近な機器から学ぶ電気の基礎 藤滝和弘/著 ベルリンからの手紙 放射能は国境を越えて 山本知佳子/著 第一種電気工事士筆記試験完...
    引用元: ユビキタスエネルギーの最新技術/境哲男/企画監修 小林哲彦/企画監修 本 ...

  • 月刊「化学」 2010年(65巻)5月号執筆者プロフィール

    境 哲男(さかい てつお) 独立行政法人産業技術総合研究所グループ長(ユビキタスエネルギー研究部門電池システム研究グループ) 4.大阪大学大学院工学系研究科博士課程(1982年修了) 5.エネルギー変換材料とシステム 9.水泳と読書
    引用元: 月刊「化学」 2010年(65巻)5月号執筆者プロフィール

  • J-GLOBAL - 希土類‐Mg‐Ni系水素吸蔵合金の精密構・・・ 【文献】

    境哲男 所属機関: 独立行政法人産業技術総合研究所 ユビキタスエネルギー研究部門 電池システム研究グループ 研究分野: 水素電池、電池材料、水素吸蔵合金、リチウム電池 【詳細情報】 研究者HP 【この人名をキーに探す】 研究者リゾルバー | GeNii | PORTA
    引用元: J-GLOBAL - 希土類‐Mg‐Ni系水素吸蔵合金の精密構・・・ 【文献】

  • J-GLOBAL - 表面コート水酸化ニッケルを用いた非発泡式・・・ 【文献】

    境哲男 所属機関: 独立行政法人産業技術総合研究所 ユビキタスエネルギー研究部門 電池システム研究グループ 研究分野: 水素電池、電池材料、水素吸蔵合金、リチウム電池 【詳細情報】 研究者HP 【この人名をキーに探す】 研究者リゾルバー | GeNii | PORTA
    引用元: J-GLOBAL - 表面コート水酸化ニッケルを用いた非発泡式・・・ 【文献】

  • 粉体技術と次世代電池開発 | 研修・セミナーならR&D支援センター

    境 哲男 (独)産業技術総合研究所 ユビキタスエネルギー研究部門 副研究部門長(兼)電池システム研究グループ グループ長(兼)エネルギー材料標準化グループ グループ長;神戸大学大学院 併任教授;(社)日本粉体工業技術協会 電池製造技術分科会 コーディネーター 綿田正治 (株)ブルーエナジー 技術部 部長 堤香津雄 川崎重工業(株) 車両カンパニー 理事 大石鮎太 ホソカワミクロン(株) 大阪本社営業部 国内二次電池プロジェクトチーム リーダー 秋山 聡 日清エンジニアリング(株) 上福岡事業所 所長 佐藤高公 (株)セイシン企業 受託事業部 受託営業部 部長 佐藤浩二 日機装(株) 粒子計測機器部 部長補佐,事業統括室 内藤牧男 大阪大学 接合科学研究所 教授 阿部浩也 大阪大学 接合科学研究所 准教授 長門琢也 (株)パウレック 技術本部 研究開発部 マネージャー 加納良幸 (株)パウレ...
    引用元: 粉体技術と次世代電池開発 | 研修・セミナーならR&D支援センター

  • シーエムシー出版/商品詳細 粉体技術と次世代電池開発

    境 哲男 (独)産業技術総合研究所 ユビキタスエネルギー研究部門 副研究部門長(兼)電池システム研究グループ グループ長(兼)エネルギー材料標準化グループ グループ長;神戸大学大学院 併任教授;(社)日本粉体工業技術協会 電池製造技術分科会 コーディネーター 綿田正治 (株)ブルーエナジー 技術部 部長 堤香津雄 川崎重工業(株) 車両カンパニー 理事 大石鮎太 ホソカワミクロン(株) 大阪本社営業部 国内二次電池プロジェクトチーム リーダー 秋山 聡 日清エンジニアリング(株) 上福岡事業所 所長 佐藤高公 (株)セイシン企業 受託事業部 受託営業部 部長 佐藤浩二 日機装(株) 粒子計測機器部 部長補佐,事業統括室 内藤牧男 大阪大学 接合科学研究所 教授 阿部浩也 大阪大学 接合科学研究所 准教授 長門琢也 (株)パウレック 技術本部 研究開発部 マネージャー 加納良幸 (株)パウレ...
    引用元: シーエムシー出版/商品詳細 粉体技術と次世代電池開発

  • 自動車用大容量二次電池/佐藤登/監修 境哲男/監修 本 : オンライン ...

    自動車用大容量二次電池 地球環境シリーズ 佐藤登/監修 境哲男/監修 出版社名 : シーエムシー出版 出版年月 : 2003年12月 ISBNコード : 978-4-88231-425-7 ( 4-88231-425-8 ) 税込価格 : 68,250円 頁数・縦 : 275P 27cm 出荷の目安 : お取り寄せ 通常3日~3週間で出荷します 商品の内容 [要旨] ニッケル・水素電池のみならず、日本では昨今、リチウムイオン電池やキャパシタの実用化にも至り、まさに米国とは対照的に技術進化と実用化が拡大している。さらに燃料電池システムや燃料電池自動車でも日本が先頭に立ったことを考えれば、いかにこれらの領域の研究や技術水準が高いかが伺い知れる。本書は、このような日本の世界最高水準の研究や技術を体系的にまとめたもので、ここに集められた原稿...
    引用元: 自動車用大容量二次電池/佐藤登/監修 境哲男/監修 本 : オンライン ...

  • 書籍:粉体技術と次世代電池開発

    境哲男 (独)産業技術総合研究所 ユビキタスエネルギー研究部門 副研究部門長(兼)電池システム研究グループ グループ長(兼)エネルギー材料標準化グループ グループ長;神戸大学大学院 併任教授;(社)日本粉体工業技術協会 電池製造技術分科会 コーディネーター 綿田正治 (株)ブルーエナジー 技術部 部長 堤香津雄 川崎重工業(株) 車両カンパニー 理事 大石鮎太 ホソカワミクロン(株) 大阪本社営業部 国内二次電池プロジェクトチーム リーダー 秋山聡 日清エンジニアリング(株) 上福岡事業所 所長 佐藤高公 (株)セイシン企業 受託事業部 受託営業部 部長 佐藤浩二 日機装(株) 粒子計測機器部 部長補佐、事業統括室 内藤牧男 大阪大学 接合科学研究所 教授 阿部浩也 大阪大学 接合科学研究所 准教授 長門琢也 (株)パウレック 技術...
    引用元: 書籍:粉体技術と次世代電池開発

  • 分科会|電池製造技術分科会|一般社団法人 日本粉体工業技術協会

    コーディネータ 境 哲男 (独)産業技術総合研究所 副コーディネータ 堤 敦司 東京大学 代表幹事 仲田 眞三 アイシン産業(株) 副代表幹事 大石 鮎太 ホソカワミクロン(株) 副代表幹事 鈴木 弘充 日清エンジニアリング(株) 平成10年8月に当協会初のプロジェクト型分科会として発足した電池製造技術分科会は本年で満13年を迎える。 最近では、地球温暖化防止対策としてのCO2削減のための自動車搭載用の電池、風力・太陽光発電などに必要な電池、また、IT関連のモバイル機器に必要な小型電池など、高性能の電池の開発及びそれらの製造技術の開発が強く求められている。 世界の電池産業をリードする次世代電池を嚆矢とする最先端電池技術の開発については、全て、粉砕、分級、混合、分散、造粒、表面改質、晶析、乾燥、焼成、粒子測定に至るナノオーダーの粉体処理技術...
    引用元: 分科会|電池製造技術分科会|一般社団法人 日本粉体工業技術協会

  • 第57回粉体工学研究講習会

    講 義 内 容 : 第一部 粉体技術と次世代電池開発 ( 9 : 40 − 11 : 40 ) 1. 電池利用技術の進展と要求性能 �@ 携帯機器分野 �A 自動車分野 �B 産業機器分野 2.ニッケル水素電池と粉体技術 �@負極材料 �A正極材料 3.リチウムイオン電池と粉体技術 �@セパレータ材料 �A負極材料 �B正極材料 �C電解質材料 第二部 電池をつくるための粒子合成 ( 12 : 40 − 14 : 40 ) 1.電池電極材料 �@ 各種電池の電極材料 �A リチウム二次電池正極材料の現状 �B リチウム二次電池次世代正極材料と粉体技術 2.セラミックス粒子の合成法 �@ 気相合成法 �A 固相合成法 �B 液相合成法 3.エアロゾル技術を用いたリチウム二次電池正極材料の合成 �@ 噴霧熱分解法 �A 噴霧熱分解法による球状ナノ構造粒子の合成 �B 噴霧熱分解法によるカーボン...
    引用元: 第57回粉体工学研究講習会

  • 粉体技術と次世代電池開発: 紀伊國屋書店BookWeb

    境哲男 [サカイテツオ] (独)産業技術総合研究所ユビキタスエネルギー研究部門副研究部門長(兼)電池システム研究グループグループ長(兼)エネルギー材料標準化グループグループ長。神戸大学大学院併任教授。(社)日本粉体工業技術協会電池製造技術分科会コーディネーター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
    引用元: 粉体技術と次世代電池開発: 紀伊國屋書店BookWeb

  • 【BJ-6】 - バッテリージャパン- [国際]二次電池展 | 2次電池 ...

    リチウムイオン電池用負極材料の開発動向 [講師] (独)産業技術総合研究所 ユビキタスエネルギー研究部門 電池システム研究グループ長/ 神戸大学大学院 併任教授 境 哲男 リチウムイオン電池は、携帯機器用途から電気自動車まで利用されつつあるが、飛躍的な高容量化とともに、超急速充放電や低温特性の改善を図るためには、負極材料の変革が必要とされる。最近の開発動向と将来展望について紹介する。 <講演者プロフィール> 1982年 大阪大学大学院工学研究科博士課程修了 1982年~ 通産省工業技術院大阪工業技術試験所入所(水素電池の研究開発) 1987年~88年 工業技術院研究開発官付(水素エネルギー技術の研究管理) 1992年~93年 ストックホルム大学アレニウス研究所客員研究員 1997年 大阪工業技術研究所研究企画官補(研究企画管理) 1998年 同所電池研究室長(リチウムイオン電池の研究開発)...
    引用元: 【BJ-6】 - バッテリージャパン- [国際]二次電池展 | 2次電池 ...

境哲男 の相関図を読込中

「境哲男+産業技術総合研究所」でGoogle検索する 境哲男 ツイートサカイ テツオ / , 研究者情報研究者番号 20357081 引用元: 所属機関 産業技術総合研究所 役職 グループリーダー ※

スポンサードリンク