増永丈夫の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E5%B1%B1%E4%B8%80%E9%83%8E

    藤山一郎 基本情報 出生名 増永丈夫 別名 ピンちゃん 出生 1911年4月8日 学歴 東京音楽学校 出身地 日本 東京府東京市日本橋区蛎殻町 (後の東京都中央区日本橋蛎殻町) 死没 1993年8月21日(満82歳没) 職業 歌手声楽家作曲家指揮者 活動期間 1930年~1993年 レーベル ビクターテイチクコロムビア日本放送協会
    引用元: http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E5%B1%B1%E4%B8%80%E9%83%8E

  • http://www.weblio.jp/content/%E5%A2%97%E6%B0%B8%E4%B8%88%E5%A4%AB

    藤山 一郎(ふじやま いちろう、1911年(明治44年)4月8日 - 1993年(平成5年)8月21日)は、日本の歌手 声楽家 作曲家 指揮者。本名は増永 丈夫(ますなが たけお)。本名ではクラシック音楽の声楽家 バリトン歌手として活躍した。東京府東京市日本橋区蛎殻町(後の東京都中央区日本橋蛎殻町)出身。東京音楽学校(後の東京藝術大学音楽学部)卒業(首席)。
    引用元: http://www.weblio.jp/content/%E5%A2%97%E6%B0%B8%E4%B8%88%E5%A4%AB

  • http://columbia.jp/artist-info/fujiyama/prof.html

    藤山一郎◇ 本名:増永丈夫 ◇ 生年月日:明治44年4月8日 ◇ 出身地:東京 日本橋 東京音楽学校声楽本科在学中に関東大震災や金融恐慌が発生。その煽りで困窮した家業を助けるため、コロムビアから藤山一郎の名でデビュー。「酒は涙か溜息か」「丘を越えて」などのヒットを放つが、学校の規律に反するため活動を一時停止。卒業後、ビクター テイチクを経て、再びコロムビア専属となる。 終戦後も「青い山脈」「丘は花ざかり」などの大ヒット曲を放つ傍ら、作曲家 指揮者 コーラスの指導者などとしても活躍。 長きに渡り、歌謡曲を通じて国民に希望と励ましを与え、美しい日本語の普及に貢献した功績が認められ、平成4年5月に国民栄誉賞を受賞した。 翌平成5年8月21日、82歳で死去。
    引用元: http://columbia.jp/artist-info/fujiyama/prof.html

  • http://www.yamaha.co.jp/himekuri/view.php?ymd=19990408

    流行歌手でもあった天才バリトン歌手  「青い山脈」で知られる歌手、藤山一郎(本名 増永丈夫)。ヒット曲は、「丘を越えて」「長崎の鐘」「酒は涙か溜息か」など、昭和の歌謡曲の歴史ともいえるものばかりですが、最大のヒット曲は、“新しい朝がきた、希望の朝だ”ではじまる「ラジオ体操の歌」でしょう。1956年に自ら作曲し歌ったこの曲は、いまもラジオ体操の放送の冒頭で聞くことができます。  そんな藤山は、もともとは声楽家志望の音大生でした。ハイバリトンとよばれる低域から高域まで幅広い音域を出せる声を持ち、東京音楽学校(現、国立東京芸術大学)に在学し、「学校はじまって以来の逸材」と大いに期待されていたのです。しかし、関東大震災が元で大きな借金を背負ってしまった両親の苦労を知り、借金返済の足しにと、当時、校則で禁止されていた歌謡曲歌手の副業をはじめます。  学校に副業が知られることを恐れた彼は、「藤山一郎」...
    引用元: http://www.yamaha.co.jp/himekuri/view.php?ymd=19990408

  • http://www.toshiba.co.jp/elekitel/special/2006/13/sp_02_b.htm

     藤山一郎は昭和8年に芸大を卒業すると、ビクター専属となり、本格的なクラシックは本名の増永丈夫で独唱し、同時に、美しいテナーの音色を生かして、流行歌はもちろん、外国民謡、ジャズ タンゴなどのポピュラーソング、内外の歌曲を歌っています。  後にテイチク、さらにコロムビアに転じ、「東京ラプソディー」(昭和11年)、「青い背広で」(昭和12年)、「青い山脈」(昭和24年)、「長崎の鐘」(昭和24年)などのヒットを飛ばしますが、その後の活躍は御承知のとおりです。  昭和初期の歓楽街で一番人気のあったのは藤山と、独特の髪型、直立不動で知られる東海林太郎(1898〜1972)であったといわれています。どこへ行っても、藤山と東海林のレコードがかかっていました。  東海林は早稲田大学から「満鉄(南満州鉄道株式会社)」に進みましたが、音楽の途を捨てがたくエリートサラリーマンを辞め歌手になりました。戦前...
    引用元: http://www.toshiba.co.jp/elekitel/special/2006/13/sp_02_b.htm

  • http://www.weblio.jp/wkpja/content/%E8%97%A4%E5%B1%B1%E4%B8%80%E9%83%8E_%E8%97%A4%E5%B1%B1%E4%B8%80%E9%83%8E%E3%81%AE%E6%A6%82%E8%A6%81

    藤山一郎 基本情報 出生名 増永丈夫 別名 ピンちゃん 出生 1911年4月8日 学歴 東京音楽学校 出身地 日本 東京府東京市日本橋区蛎殻町 (後の東京都中央区日本橋蛎殻町) 死没 1993年8月21日(満82歳没) 職業 歌手声楽家作曲家指揮者 活動期間 1930年~1993年 レーベル ビクターテイチクコロムビア日本放送協会
    引用元: http://www.weblio.jp/wkpja/content/%E8%97%A4%E5%B1%B1%E4%B8%80%E9%83%8E_%E8%97%A4%E5%B1%B1%E4%B8%80%E9%83%8E%E3%81%AE%E6%A6%82%E8%A6%81

  • http://hon.bunshun.jp/articles/-/961

     藤山一郎、本名増永丈夫は、明治四十四年(一九一一年)生まれ。実家は日本橋のモスリン問屋で経済的に恵まれ、幼少時にピアノを習う。慶應普通部から東京音楽学校(現在の東京芸術大学音楽部)に進むが、世界恐慌のあおりをうけて、家業は廃業する。 家計を助けるアルバイトにレコードの吹込みをはじめ、古賀政男作曲「酒は涙か溜息か」「丘を越えて」が、立て続けに大ヒットする。校外演奏を禁止した学則に触れる恐れがあったが、退学をまぬかれ、首席で卒業した。ビクターに入社後、古賀がいたテイチクに移籍、ここでも「東京ラプソディ」が大ヒット、映画化され、主演もつとめた。さらにコロムビアに古賀とともに移籍する。戦争中、南方慰問に出かけ、ジャワ島で終戦を迎え、捕虜となる。昭和二十一年(一九四六年)帰国。 昭和二十四年、「長崎の鐘」が制作される。また「青い山脈」を奈良光枝とデュエット。映画、歌ともに親しまれた。昭和二十六年の...
    引用元: http://hon.bunshun.jp/articles/-/961

  • http://p.booklog.jp/book/25834/page/340745

     「東京ラプソディー」は、1936年、発売。大歌手、藤山の代表作のひとつであろう。プロローグのようなメロディーではじまり、はずむようなリズムと、明るい歌声で、流れるように進行していく。 (花咲き花散る宵も 銀座の柳の下で 待つは君ひとり...夢のパラダイスよ 花の東京)  銀座でのデイト、神田のニコライ堂の鐘、浅草の踊り子、新宿のダンサー、など当時の流行を感じさせる風物を取り込んで、洒落た世界を描きだしている。もちろん、現実には争いや苦いものが溢れていたのだろうが。作詞の門田ゆたかは、そんな事は、百も承知。あえて、華やいだ楽しい世界を描きだしたのだ。つらい現実を、リアルに唄いあげても、大衆の慰めや喜びには、ひとつもならない。このような、唄にしあげることで、大衆はすこしばかり、夢がもてるのだ。作曲は、古賀政男。そのはかり知れない実力には、敬服するばかりだ。 (収集プロフィール)  藤山 一郎...
    引用元: http://p.booklog.jp/book/25834/page/340745

  • http://www.mansion.co.jp/column/music/music19.html

    19.藤山一郎さん生誕100周年の国民栄誉賞歌手♪  存命中に国民栄誉賞を受賞し、国民的歌手だった藤山一郎さんは、1911年4月8日、東京日本橋蛎殻町に生まれ、今年は生誕100年になります。東京音楽学校(現東京芸術大学)を首席卒業。本名の増永丈夫ではクラシックのバリトン歌手として活躍。流行歌手としては、正統的な歌唱法を武器に、「酒は涙か溜息か」「東京ラプソディー」「丘を越えて」「青い山脈」「長崎の鐘」など多数のヒット曲を世に送りました。 楷書の歌♪  流行歌を、この人ほど明瞭に歌った歌手はいないと言ってもよいほど、日本語を気持ちよく丁寧に、また、持って生まれた明るい歌声で朗々と歌い込みました。背筋をピンと伸ばし、キビキビとした動作と歌いぶりがなんとも言えないほどの清涼感を与えてくれました。しかも、「楷書の歌」と言われたほどの歌い方が、私たちをしゃきっとさせてくれました。 美しい日本語の...
    引用元: http://www.mansion.co.jp/column/music/music19.html

  • http://today.merrymall.net/bv28_futaba_akiko.html

     二葉あき子は、広島県広島市大須賀町二葉出身の歌手である。1935年に東京音楽学校(現在の東京芸術大学音楽学部)師範科卒業したが、音楽学校在籍中に、後に有名な流行歌手となる藤島一郎(本名:増永丈夫)の美しいバリトンを聴いて感銘を受ける。  在学中に、コロンビアで教育レコードを吹き込んでレコードデビューを果たした。卒業後には、地元広島で現在の広島県立三次高等学校において教鞭をとりながら、上京して学校用教材のレコードを吹き込む。
    引用元: http://today.merrymall.net/bv28_futaba_akiko.html

  • http://rkk.jp/da/archives/2013/03/-201332.html

    『藤山一郎全集(下)〜貴重な遺産〜』(コロムビア COCP-36729〜31[3枚組])オンエア曲:「北太平洋横断飛行マーチ」(1931年)「ローエングリーン (第1幕3場 祈りと終曲)」(1933年)※解説まさいよしなりが今週ご紹介する音源はこちら。国民的大歌手、藤山一郎の生誕100周年を記念して、コロムビアからCD「藤山一郎全集」が上下2セット、それぞれ3枚組で発売。まず上巻3枚組にはヒット曲 有名曲を中心に66曲、続く下巻にはレア盤 貴重盤をセレクトして68曲がそれぞれ収録されている。本日はこの2セットのうち下巻をお持ちした。こちらは珍しい音源を集めてあるということで、その内容はというと、1921(大正10)年、10歳の時に童謡歌手として本名の増永丈夫でデビューした時の音源、特別制作のPR盤やプライベート盤、そして藤山一郎以外の名義で吹きこまれた作品など多岐に及んでおり、そのどれもが...
    引用元: http://rkk.jp/da/archives/2013/03/-201332.html

  • http://www.comparesong.com/song/-1fqtrvINMeY

    藤山一郎が歌唱するシャンソン 「恋人よお寝すみなさい」です。藤浦洸 作詞、高木東六、作曲による優雅なシャンソン歌曲の名曲です。高木東六のフランスの色彩の濃い楽想で、柔らかい美しい藤山一郎の音色に適しています。藤山一郎が歌う高木東六作品はあまり知られていませんが、フランスの香りのする歌曲があります。歌謡曲に批判的だった高木東六はクラシック系歌謡曲において傑作を残しました。昭和6年、藤山一郎は東京音楽学校在校中(現東京芸術大学)に昭和恐慌で膨大な借財を抱えた生家をたすけるためにコロムビアから流行歌手としてデビューしました。「酒は涙か溜息か」「丘を越えて」「影を慕いて」がヒット。昭和8年同校を首席で卒業。「僕の青春」「燃える御神歌」がヒットする一方で、本名の増永丈夫ではクラシックを独唱。藤山一郎には他の高木東六作品には「あこがれのタンゴ」(A面が「水色のワルツ」)があります。作曲者の高木東六は東...
    引用元: http://www.comparesong.com/song/-1fqtrvINMeY

  • http://sohske.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_5e9b.html

    藤山一郎は、明治四十四年、日本橋蠣殻町に生まれる。本名・増永丈夫。慶応幼稚舎時代に童謡歌手としてレコードを吹込む。幼少の頃から、日本の近代音楽の風景を体感した。昭和四年東京音楽学校(現東京芸術大学音楽部)に入学。声楽を船橋栄吉、梁田貞、ヴーハー ペー二ッヒ、指揮 音楽理論をクラウスプリングスハイムに師事。在校中に藤山一郎としてコロムビアからデビュー。《丘を越えて》《酒は涙か溜息か》《影を慕いて》が大ヒットして、これが音楽学校で問題となり停学処分となる。在校中、日比谷公会堂で外国人歌手と伍して《ロ-エングリーン》を独唱し好評を得る。昭和八年、首席で卒業。ビクター専属となる。流行歌、ジャズ、タンゴ、外国民謡、歌曲、独唱曲等を吹込む。また、ベートーヴェンの《第九》ヴェルディー・《レクイエム》等を独唱するなど声楽家増永丈夫でも活躍する。後にテイチク、コロムビアに移り、《東京ラプソディー》、《青い山...
    引用元: http://sohske.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_5e9b.html

  • http://today.merrymall.net/bv28_fujiyama_ichiro.html

    藤山一郎のプロフィール プロフィール 【通称名】 藤山一郎 【出生名】 増永丈夫 【愛称】 ピンちゃん 【生年月日】 1911年4月8日 【星座】 おひつじ座(牡羊座) 【出身地】 東京府東京市日本橋区日本橋蛎殻町 【出身校】 東京音楽学校卒業 【職業 業種】 歌手 声楽家 作曲家 指揮者 【所属団体】 【血液型】 【身長】 165cm 【体重】 【趣味 特技】 ゴルフ 車 スケート 【好きなもの】 【ペット】 【好きな色】 【好きな言葉】 プロフィール 【通称名】 藤山一郎 【出生名】 増永丈夫 【愛称】 ピンちゃん 【生年月日】 1911年4月8日 【星座】 おひつじ座(牡羊座) 【出身地】 東京府東京市日本橋区日本橋蛎殻町 【出身校】 東京音楽学校卒業 【職業 業種】 歌手 声楽家 作曲家 指揮者 【所属団体】 【血液型】 【身長】 165cm 【体重】 【趣味 特技】 ゴルフ ...
    引用元: http://today.merrymall.net/bv28_fujiyama_ichiro.html

  • http://recochoku.jp/song/S21699149/

    ◇ 本名:増永丈夫◇ 生年月日:明治44年4月8日◇ 出身地:東京 日本橋東京音楽学校声楽本科在学中に関東大震災や金融恐慌が発生。その煽りで困窮した家業を助けるため、コロムビアから藤山一郎の名でデビュー。「酒は涙か溜息か」「丘を越えて」などのヒットを放つが、学校の規律に反するため活動を一時停止。卒業後、ビクター テイチクを経て、再びコロムビア専属となる。終戦後も「青い山脈」「丘は花ざかり」などの大ヒット曲を放つ傍ら、作曲家 指揮者 コーラスの指導者などとしても活躍。長きに渡り、歌謡曲を通じて国民に希望と励ましを与え、美しい日本語の普及に貢献した功績が認められ、平成4年5月に国民栄誉賞を受賞した。翌平成5年8月21日、82歳で死去。
    引用元: http://recochoku.jp/song/S21699149/

  • http://4travel.jp/domestic/area/kanto/tokyo/tokyo/ginza/travelogue/10443729/

       藤山一郎  本名 増永丈夫 の 会  お母様は京都の竹内家から  東京の近房(洋反物問屋)の番頭さん   増永信三郎(元教師)と結婚して   近房のお店を継いだのが  増永丈夫(藤山一郎)のご両親  学生中のデビューで本名では退学の恐れありと  親友の永藤パンの四男坊の永藤秀雄の永藤を  ひっくり返して「藤永」それもチョット  日本一の富士山の山を使い  「藤 山」としたと「一 郎」は  ただ気に入っていたので   そのままに芸名にしたとの伝説  「藤山 一郎」のポスターを見る事が出来ました。 岡本 太郎 と同級生 生涯の親友でした  
    引用元: http://4travel.jp/domestic/area/kanto/tokyo/tokyo/ginza/travelogue/10443729/

  • http://blog.kotogaku.co.jp/article/47483429.html

    1993年(平成5年)8月21日。この日も、私にとって忘れられない一日である。 二十歳前後の青春時代、私には、いわゆる同時代、同年代の青春や感性よりも、昭和前期の感性の方がはるかに親しく感じられた。すなわち18歳、19歳の感傷は、『酒は涙か溜息か』『青春日記』『影を慕いて』にあってこそ、己の感情と等質のものが感得されたのだ。 ことし2011年、平成23年の、この8月21日。往時は多くの言葉を要することのなかった日付の解説を、すこし丁寧に試みる必要を感じている。18年という年月は、やはり相応の長さを有してもいるのだろう。当時の新聞記事の見出しを幾つか、引いてみたい。 "はやり歌"を"かい書"で 藤山一郎さん 歌謡曲の音楽性高める     <毎日> 藤山一郎さん死去 「青い山脈」「丘を越えて」澄んだ歌声残し     <日経> 藤山一郎さん死去 国民栄誉賞  信念「言葉をアクセント通りに」...
    引用元: http://blog.kotogaku.co.jp/article/47483429.html

増永丈夫 の相関図を読込中

藤山一郎 基本情報 出生名 増永丈夫 別名 ピンちゃん 出生 1911年4月8日 学歴 東京音楽学校 出身地 日本 東京府東京市日本橋区蛎殻町 (後の東京都中央区日本橋蛎殻町) 死没 1993年8月2

スポンサードリンク