多比良和誠の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 多比良和誠 - Wikipedia

    多比良 和誠(たいら かずなり、1952年 - )は、日本の生物学者。東京大学大学院工学系研究科教授を経て、東京福祉大学社会福祉学部教授。
    引用元: 多比良和誠 - Wikipedia

  • 多比良の人気ブログ記事トップ10【トレンド百科事典:Navitte!pedia】

    多比良 和誠(たいら かずなり、1952年 - )は、日本の生物学者。 1952年4月 長崎県に生まれる。佐世保工業高等専門学校を卒業後、技官として長崎大学へ就職。長崎大に講演に来た米国人教授の通訳をつとめ、その教授の勧めで渡米・留学する。1977年南イリノイ大学理学部化学生化学科を卒業、1984年イリノイ大学大学院にて博士号(Ph.D.)を取得。ペンシルベニア州立大学博士研究員を経て、1987年に通産省工業技術院(現独立行政法人産業技術総合研究所)の主任研究官となる。1994年筑波大学応用生物化学系教授。1999年より、東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻教授、産業技術総合研究所ジーンファンクション研究センターのセンター長を兼任。 多比良とはの続きを読む
    引用元: 多比良の人気ブログ記事トップ10【トレンド百科事典:Navitte!pedia】

  • 多比良和誠教授発表の論文に関わる調査について

    多比良和誠教授発表の論文に関わる調査について 昨年来、日本RNA学会宛に、本学会の会員である多比良和誠教授(東京大学)発表のRNA研究論文の何件かについて、実験の再現性などに疑義がある旨、国内外の複数名の研究者から連絡がありました。 学会は、本来、このような問題を扱う機関ではなく、研究上の協力、連絡、意見交換を行なう場であります。しかし、この件を看過すれば、科学研究の信頼性および日本のアカデミズムの国際的信用の低下をまねく可能性も考えられます。そのため、本年3月、中立な立場から、国内外の専門家6名に同教授の十報余の論文について意見聴取を行ないました。その結果、全員から実験の再現性に問題があるとの指摘があり、加えて論文の内容についてもさまざまな疑義が呈されました。よって遺憾ながら、学会はこの調査により同教授の論文に関する疑義を払拭するには至りませんでした。 この件が同教授自身と所属する東京大...
    引用元: 多比良和誠教授発表の論文に関わる調査について

  • 『RNAi』

    【多比良和誠先生】略歴 学歴 *****************************プロフィール***************************** 現職: 東京大学大学院 工学系研究科 化学生命工学専攻 教授 産業技術総合研究所 ジーンファンクション研究センター センター長 (株)iGENE 創始者・取締役 略歴:1984年イリノイ大学博士課程終了, Ph.D. 1984年ペンシルベニア州立大学 博士研究員 1987年通産省工業技術院((現)独立行政法人 産業技術総合研究所)主任研究官 1994年筑波大学 応用生物化学系 教授 東京大学大学院 工学系研究科 化学生命工学専攻 教授 産総研 ジーンファンクション研究センター・センター長 兼任 遺伝子・デリバリー研究会 (http://www.gene-delivery.org/)会長 (?2003年度まで) 20...
    引用元: 『RNAi』

  • RNAi - 百科事典ディスマス

    多比良 和誠(たいら かずなり、 1952年 - )は、 日本 の 生物学者 。元 東京大学大学院工学系研究科 教授 。 経歴 佐世保工業高等専門学校 を卒業後、 長崎大学 に 技官 として就職。長崎大に講演に来た米国人教授の通訳をつとめ、その教授の勧めで渡米・留学する。 1977年 、 南イリノイ大学カーボンデール校 理学部 化学生化学科を卒業。 1984年 イリノイ大学 大学院 にて 博士号 (Ph.D.)を取得。 ペンシルベニア州立大学 博士研究員を経て、 1987年 に 通産省 工業技術院(現 独立行政法人 産業技術総合研究所 )の主任研究官。 1994年 、 筑波大学 応用生物化学系教授。 1999年 より、東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻教授...
    引用元: RNAi - 百科事典ディスマス

  • 多比良和誠 とは - Wikipedia@pedia

    「多比良和誠」の@pediaでの説明をチェックする wikipediaの元記事をチェックする 多比良 和誠 (たいら かずなり、 1952年 - )は、 日本 の 生物学者 。元 東京大学 大学院 工学系研究科 教授 。 経歴 1952年 4月 長崎県 に生まれる。 佐世保工業高等専門学校 を卒業後、 技官 として 長崎大学 へ就職。長崎大に講演に来た米国人教授の通訳をつとめ、その教授の勧めで渡米・留学する。 1977年 、 南イリノイ大学 理学部 化学生化学科を卒業。 1984年 イリノイ大学 大学院 にて 博士号 (Ph.D.)を取得。 ペンシルベニア州立大学 博士研究員を経て、 1987年 に 通産省 工業技術院(現 独立行政法人 産業技術総合研究所 )の主任研究官となる。 1994年 、 筑波大学 応用生物化学系教授。 1999年 より、東京大学大学院工学系研究科化学生命工...
    引用元: 多比良和誠 とは - Wikipedia@pedia

  • 多比良和誠教授の公表したコメント:

    多比良和誠教授の公表したコメント: 工学系研究科調査委員会より依頼されました実験結果を裏付けるルシフェラーゼの活性読み取り結果やシークエンスのチャートなど最近のいくつかの生データを提出致しました。しかしながら実験担当者はほとんどの生データをコンピューター上に直接取り込み、整理された実験ノートとしては、記録を残しておりませんでした。そのため実験結果を裏付ける強い物的証拠を提出するには至らず深く反省しております。今後グループとしましてこのようなことがないように、登録された実験ノートを全員に配布し、それを管理するように徹底致しました。 幸いにも、ご指摘のジーンディスカバリーに関する研究につきましては、当該論文の結果に基づきまして、他の表現系を指標にしまして、複数の研究者によって良好な結果が得られております。それらの実験データに関しましては実験ノートの提出が可能です。同様に、当初ご指摘のマキシザイ...
    引用元: 多比良和誠教授の公表したコメント:

  • 多比良和誠 - BIGLOBE百科事典

    多比良 和誠 (たいら かずなり、 1952年 - )は、 日本 の 生物学者 。元 東京大学大学院工学系研究科 教授 。 目次 1 経歴 2 論文捏造疑惑 3 著書 4 関連項目 5 外部リンク 経歴 佐世保工業高等専門学校 を卒業後、 長崎大学 に 技官 として就職。長崎大に講演に来た米国人教授の通訳をつとめ、その教授の勧めで渡米・留学する。 1977年 、 南イリノイ大学カーボンデール校 理学部 化学生化学科を卒業。 1984年 イリノイ大学 大学院 にて 博士号 (Ph.D.)を取得。 ペンシルベニア州立大学 博士研究員を経て、 1987年 に 通産省 工業技術院(現 独立行政法人 産業技術総合研究所 )の主任研究官。 1994年 、 筑波大学 応用生物化学系教授。 1999年 より、東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻教授、産業技術総合研究所ジーンフ...
    引用元: 多比良和誠 - BIGLOBE百科事典

  • 多比良和誠 - Wikipedia

    株式会社 iGENE 多比良和誠教授発表の論文に関わる調査について (日本RNA学会、日付なし) 東京大学工学系研究科調査委員会による記者会見資料 (日経BP、平成17年9月13日) 日本RNA学会会長から実験結果の再現性に関して調査依頼があった論文12編 (日経BP) 今回の調査対象とした論文の内容の概略と日本RNA学会会長からの指摘事項の要約 (日経BP) 多比良和誠教授が関係した事業の調査結果及び今後の対応について ( 新エネルギー・産業技術総合開発機構 、平成18年3月3日) ジーンファンクション研究センターの在り方等に関する検討結果について (産業技術総合研究所、2006年3月31日) 本学教員のRNA関連論文に関する日本RNA学会会長への最終調査報告 (東京大学、平成18年3月30日) 本学教員のRNA関連論文に関する懲戒処分 (東京大学、平成18年12月27日) 化学と生物学...
    引用元: 多比良和誠 - Wikipedia

  • 特集1 RNA干渉 小さなRNAの遺伝子とその標的を探せ:日経サイエンス

    特集1 RNA干渉 小さなRNAの遺伝子とその標的を探せ 多比良和誠 世界的に高く評価されている科学誌Scienceが昨年末「2002年の科学ニュース・トップ10」と題した特集を掲載した。日本で昨年一番話題になったのは素粒子ニュートリノの研究だろうが,国際的には「小さなRNA」が他を抑えて堂々の1位に輝いた。新聞の派手な見出しのことを英語でsplash headlineというが,同誌が紹介した「小さなRNA」の見出しは「Small RNAs Make Big Splash」だった。 小さなRNAの研究で特筆すべきは,多数のマイクロRNAが従来「ジャンクDNA」などと呼ばれてきたタンパク質の設計図が載っていない領域から作られることだ。つまり,役立たずのジャンク(がらくた)と思われていた領域に,細胞の運命を決める重要なマイクロRNA配列が描かれていたのだ。ジャ...
    引用元: 特集1 RNA干渉 小さなRNAの遺伝子とその標的を探せ:日経サイエンス

  • 多比良 和誠

    氏名 たいら かずなり 多比良 和誠 所属 東京大学 大学院工学系研究科 化学生命工学専攻 教授 所属先住所 〒113-8656 文京区本郷7-3-1 ファックス 02-5841-8828 ホームページ http://www.chembio.t.u-tokyo.ac.jp/chembio/labs/taira/index.html メールアドレス taira@chembio.t.u-tokyo.ac.jp ReaD [ReaDページへ] 研究職歴 筑波大学 研究キーワード RNAi, siRNA, miRNA, ribozyme, antisense コンタクト方法 研究室へ直接連絡 民間企業との共同研究の実績 産学に関わる競争的研究資金獲得の実績 主な公開特許 保有する主な研究設備、測定機器・装置 N...
    引用元: 多比良 和誠

  • RNAi法とアンチセンス法: 紀伊國屋書店BookWeb

    多比良和誠 [タイラカズナリ] Ph.D.1984年イリノイ大学大学院理学研究科博士課程修了。東京大学大学院工学系研究科教授。産業技術総合研究所ジーンファンクション研究センター長。株式会社iGENE創始者・取締役
    引用元: RNAi法とアンチセンス法: 紀伊國屋書店BookWeb

  • 多比良和誠とは - Weblio辞書

    「多比良和誠」の関連用語 1 伏見譲 百科事典 12% | | | | | 2 長崎県出身の人物一覧 百科事典 8% | | | | | 3 科学における不正行為 百科事典 4% | | | | | 4 東京大学の人物一覧 百科事典 2% | | | | | 多比良和誠のお隣キーワード 多武峰 多死社会 多段フィードバックキュー 多段式空母 多比理岐志麻流美神 多比良健 多比良和誠 多比良港 多比良町駅 多毛雲 多毛類 多氏 多民族国家 検索ランキング ▼ TOP10 ▼ 11~20 ▼ 21~30 1 聖ワシリイ大聖堂 2 福田善之 3 無期懲役 4 織田信長 5 豊臣秀吉 6 徳川家康 7 豊臣秀勝 8 白木あゆみ 9 お盆 10 リツイート ▼ TOP10 ▼ 11~20 ▼ 21~3...
    引用元: 多比良和誠とは - Weblio辞書

  • 画期的な多比良和誠東大教授の懲戒解雇処分理由 - 日々是好日

    画期的な多比良和誠東大教授の懲戒解雇処分理由 2006-12-28 11:10:37 | 学問・教育・研究 東京大学は昨日、平成18年12月27日に「本学教員のRNA関連論文に関する懲戒処分」を行い記者発表をした。 《教員のRNA関連論文に関する懲戒処分について 東京大学は、本日付けで、大学院工学系研究科所属の教員が信ぴょう性と再現性の認められない多数の論文を共同で作成・発表していたことに関し、下記のとおり懲戒処分等を発令した。》 その懲戒処分の主な対象は多比良和誠教授と川崎広明助手であり、ともに懲戒解雇という厳しいが当然の処分であった。その処分理由も公開されており、多比良教授の処分理由は 別紙1 にある。 多比良教授処分理由は6項にわたるが、下に引用する最初の二つの項目は特に注目に値する。 《1.多比良和誠教授(以下「多比良教授」という。)は、 責任著者として論文の科学的な信頼性について...
    引用元: 画期的な多比良和誠東大教授の懲戒解雇処分理由 - 日々是好日

  • 多比良和誠 - 辞書すべて - goo辞書

    「多比良和誠」で始まる言葉 - 辞書すべての検索結果 すべて 国語 類語 英和 和英 中日 日中 Wikipedia記事検索 の検索結果 1~1 / 全1件 多比良和誠 多比良 和誠(たいら かずなり、1952年 - )は、日本の生物学者。元東京大学大学院工学系研究科教授。 「多比良和誠」の使用例を検索する ソーシャルブックマークに追加: 便利なツール スマートフォン版goo辞書 国語・英和・和英辞書を搭載 goo辞書Twitter 漢字クイズや「今日の名言」配信中 goo辞書 for IE8 IE8 日本語版 RC1 アクセラレータ機能に対応しました! goo複合検索 「ウェブ検索」「教えて!goo検索」「goo辞書検索」など、6種類の検索結果を一画面内で閲覧できます! gooスティック バージ...
    引用元: 多比良和誠 - 辞書すべて - goo辞書

  • 産総研:トピックス - 多比良和誠ジーンディスカバリー研究センター副 ...

    2002年4月15日掲載 多比良和誠ジーンディスカバリー研究センター副センター長、第12回日経BP技術賞を受賞 電子、情報通信、パソコン、機械システム、建設、医療・バイオ、エコロジーの分野において開発された優秀な技術を表彰することを通じて、技術や産業の発展に寄与することを目的に1991年に創設された「日経BP技術賞」の第12回受賞者として産業技術総合研究所ジーンディスカバリー研究センター副センター長の多比良和誠氏が選ばれ、先日4月5日、都内で授賞式が行われました。 多比良氏は「高効率リボザイムの開発」が診断、治療、医療、介護システムの質的進歩に直接・間接的に寄与し、医療水準の向上に貢献する新技術および、医療・食品・化学・農業などの分野におけるバイオテクノロジーの新技術を対象とする「医療・バイオ分野」で、RNA(リボ核酸)を分解する機能を持つ核酸であるリボザイムを二量体にしたり、酵素...
    引用元: 産総研:トピックス - 多比良和誠ジーンディスカバリー研究センター副 ...

  • オンライン書店ビーケーワン:RNAi法とアンチセンス法 新しいRNAの科学と応用

    弊社では現在お取り扱いができません お困りの方 関根 光雄編 多比良 和誠編 税込価格: ¥4,410(本体 : ¥4,200) 出版:講談社 サイズ ISBN 発行年月 利用対象 出荷可能時間 21cm / 226p 4-06-153857-8 2005.6 一般 内容説明 特定の遺伝子の発現を制御し、創薬や遺伝子治療につながるRNAi法とアンチセンス法の基礎から応用までを解説する。化学・生物学・医学・薬学など、多様な切り口から新しいRNAの科学と応用を紹介。 著者紹介 〈関根光雄〉東京工業大学大学院生命理工学研究科教授。 〈多比良和誠〉東京大学大学院工学系研究科教授、産業技術総合研究所ジーンファンクション研究センター長、(株)iGENE創始者・取締役。 書評 作家マップ この本を見た人が見た他の著者をマップで一覧できます。 作家マ...
    引用元: オンライン書店ビーケーワン:RNAi法とアンチセンス法 新しいRNAの科学と応用

  • 支援メッセージ

    意見書 この度の多比良和誠教授の論文問題に関して以下、要望します。 貴大学では本件に関し、調査委員会を設置し、RNA学会が再現性を指摘した12本の論文のうち4本について再現性を追試するよう求めてきました。しかし、RNA関連の実験は材料の調製に長時間を要し、且つ極めて神経を集中させて行う必要があること、また、研究者のノウハウに依存するところが大きく、外部の研究者による確認が短時間では困難であると考えます。調査委員会の追試実験の要求は上記を考慮しますと、余りにも性急過ぎ、実験に対する時間的、環境的配慮が足りないように思われます。
    引用元: 支援メッセージ

  • 化学と生物学の接点がつくるNewバイオテクノロジー/多比良和誠/編集 菅 ...

    著者情報 多比良 和誠 東京大学大学院工学系研究科/(独)産業技術総合研究所 ⇒この著者名で検索する ⇒新刊パトロールに登録 同じ著者名で検索した本 科学者ってなんだ? 梶雅範/編 進藤典男/〔ほか〕著 丸善 切磋琢磨するアメリカの科学者たち 米国アカデミアと競争的資金の申請・審査の全貌 菅裕明/著 共立出版 細胞工学 2005-4 多比良 和誠 監修 学研メディカル秀潤社 このジャンルの本 骨単 原島広至/本文・イラスト 河合良訓/監修 ひとはどこまで記憶できるのか すごい記憶の法則 田中真知/著 我が家にミツバチがやって来た ゼロから始めるニホンミツバチ養蜂家への道 久志富士男/著 虫・コレ 自然がつくりだした色とデザイン 海野和男/著 細胞生物学 尾張部克志/共編 神谷律/共編
    引用元: 化学と生物学の接点がつくるNewバイオテクノロジー/多比良和誠/編集 菅 ...

  • 多比良和誠 - キーワードグラフ - goo ランキング

    [ 多比良和誠 ] の検索数グラフ 2011年07月12日の検索数ランキング: - 位 [ 多比良和誠 ]の検索数グラフ 最新のFlashプレーヤーをインストールしてください '; adsense_srctext += ' '; adsense_srctext += ' '; adsense_srctext += ' '; for (i = 0; i ' + ' '; adsense_srctext += google_ads[i].line1; adsense_srctext += ' - ' + google_ads[i].visible_url + ' '; adsense_srctext += ' ' + google_ads[i].line2 + ' ' + google_ads[i].line3 + ' '; adsense_srctext += ''; } ad...
    引用元: 多比良和誠 - キーワードグラフ - goo ランキング

  • 教授と助手を懲戒解雇/論文疑惑で東大が処分 | 全国ニュース | 四国新聞社

    教授と助手を懲戒解雇/論文疑惑で東大が処分 2006/12/27 17:45 メールで記事を紹介 印刷する 一覧へ 東京大は27日、リボ核酸に関する論文に捏造疑惑を持たれた多比良和誠・工学系研究科教授と、論文の主執筆者の川崎広明助手の2人について「大学の名誉と信頼を著しく傷つけた」として、同日付で懲戒解雇処分にしたと発表。東大の懲戒処分は懲戒解雇、諭旨解雇、停職など6段階あり、最も厳しい処分となった。 会見した浜田副学長は「自白や物証が得られず、捏造という判断はしていないが、論文に信ぴょう性認められない」と説明した。 東大によると、多比良教授は、実験の妥当性や得られたデータを確認せずに、責任著者として信ぴょう性のない論文を多数発表。川崎助手は、実験ノートをつけていないことや、大学の調査委員会に捏造したデータを提出した。この疑惑は、同教授らが発表した論文に関し、日本リボ核酸...
    引用元: 教授と助手を懲戒解雇/論文疑惑で東大が処分 | 全国ニュース | 四国新聞社

  • 多比良 - 辞書すべて - goo辞書

    多比良 町駅 多比良町駅(たいらまちえき)は、長崎県雲仙市国見町船津にある、島原鉄道島原鉄道線の駅である。急行が停車する。 多比良 和誠 多比良 和誠(たいら かずなり、1952年 - )は、日本の生物学者。元東京大学大学院工学系研究科教授。 多比良 健 多比良 健 (たいら けん、9月19日 - )は、日本のナレーター・声優。株式会社シグマ・セブン所属。身長170cm、体重62kg。 多比良 港 多比良港(たいらこう)とは、長崎県雲仙市にある港湾である。地方港湾に指定されている。
    引用元: 多比良 - 辞書すべて - goo辞書

  • 送料無料|本|RNAi法とアンチセンス法 新しいRNAの科学と応用|関根 ...

    本 > 人文・社会 > 理学 > 生命科学 > 生命科学一般 > RNAi法とアンチセンス法 新しいRNAの科学と応用 RNAi法とアンチセンス法 新しいRNAの科学と応用 著者 : 関根光雄 (編) : 多比良和誠 (編) 出版社名 : 講談社 発行年月 : 2005年 06月 ISBNコード : 9784061538573 ページ数 : 226P 定価 : ¥4,410(税込) boox storeポイント : 126 pt 発送可能日 : 品切れ ( 発送可能日について ) 現在品切れとなっておりますが、入荷お知らせに追加いただくと 商品入荷次第お知らせのメールをお送りいたします。 入荷お知らせについて 発送可能日「当日~3日」と「お取り寄せ」商品を併せて注文される際のご注意 同じ商...
    引用元: 送料無料|本|RNAi法とアンチセンス法 新しいRNAの科学と応用|関根 ...

  • 東大教授のRNA論文は「捏造同然」 - nikkansports.com ...

    東京大大学院工学系研究科の多比良和誠教授(53)の論文疑惑で、東大調査委員会(委員長・松本洋一郎同科教授)は27日「現段階で論文の実験結果の再現には至っていない」とする報告書を発表した。記者会見に同席した浜田純一副学長は「捏造(ねつぞう)同然とみえる」と述べ、多比良教授と主執筆者の川崎広明助手(37)の処分を懲戒免職も含めて検討していることを明らかにした。
    引用元: 東大教授のRNA論文は「捏造同然」 - nikkansports.com ...

  • 実験医学 RNAiのサイエンス(羊土社ホームページ)

    実験医学 実験医学 2004年3月号 Vol.22 No.4 RNAiのサイエンス 多比良 和誠 /企画 定価 1800円+税 2004/02発行 B5 114ページ ISBN 9784897068220 在庫なし RNAiは,目的の遺伝子の発現を簡便かつ迅速に抑制する方法として大変注目されています.最近では,その分子機構も徐々に明らかになってきました.RNAi現象は多くの生物種に共通にみられ,特異的mRNA翻訳抑制機能や,遺伝子サイレンシング,トランスポゾン転移抑制機能など,大変興味深い知見が得られています.それは科学的にも非常に重要な新概念であることが示唆され,技術面だけでなく,広い分野の研究者の期待を集めています.本特集では,その基盤となる分子メカニズムを中心に,植物,線虫,ショウジョウバエ,ヒトなど各生物種について幅広くご紹介するとともに,RNAiの医療...
    引用元: 実験医学 RNAiのサイエンス(羊土社ホームページ)

多比良和誠 の相関図を読込中

多比良 和誠(たいら かずなり、1952年 - )は、日本の生物学者。東京大学大学院工学系研究科教授を経て、東京福祉大学社会福祉学部教授。佐世保工業高等専門学校を卒業後、長崎大学に技官として就職。長崎

スポンサードリンク