大西清右衛門の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 大西清右衛門 - Wikipedia

    大西清右衛門(おおにし せいえもん)は、千家十職の釜師。大西家は、室町時代後期から400年以上続く京釜師の家。四代目当主が清右衛門をなのり、六代目以降九代目をのぞき、代々の当主は清右衛門という名を継いだ。京都市中京区の三条釜座(かまんざ)に工房があり、「大西清右衛門美術館」も併設されている。現在は十六代清右衛門が当主。十五代の長男として京都に生まれ、大阪芸術大学美術学部彫金科卒業。父が隠居の後、1993年に十六代清右衛門を襲名した。
    引用元: 大西清右衛門 - Wikipedia

  • 大西清右衛門の作品を高価買取(無料査定)-絵画買取のイマジン

    大西清右衛門 プロフィール おおにしせいえもん(1961-) 千家十職の釜師。大西家は、室町時代後期から400年以上続く京釜師の家。四代目当主が清右衛門をなのり、六代目以降九代目をのぞき、代々の当主は清右衛門という名を継いだ。京都市中京区の三条釜座(かまんざ)に工房があり、「大西清右衛門美術館」も併設されている。 弊社では 大西清右衛門 を取り扱っております。 大西清右衛門 を売りたい(高価買取) 大西清右衛門 を買いたい 大西清右衛門 の査定 大西清右衛門 の作品について 専門スタッフが詳しくおうかがい致します。 お気軽にお問合せください。 大西清右衛門 の査定料 大西清右衛門 の弊社での査定について 無料です。 (鑑定機関に依頼する場合は有料になることがございますが、査定金額はあらかじめお伝え致しますのでご安心下さい。) 大西清右衛...
    引用元: 大西清右衛門の作品を高価買取(無料査定)-絵画買取のイマジン

  • 而妙斎宗匠御好 唐金梅捏蓋置 第18回出品作品|第21回 記念チャリティ ...

    大西 清右衛門 おおにし せいうえもん 所属: 釜師 ※この作品は第18回に出品された作品です。 而妙斎宗匠御好 唐金梅捏蓋置 じみょうさいそうしょうおこのみ からかねうめつくねふたおき <経歴> 1961年 十五代大西清右衛門の長男として京都三条釜座にうまれる。 1979年 十五代清右衛門に師事。 1986年 大阪芸術大学 美術学部彫塑科 卒業。 1991年 古来の製鉄法「たたら吹き」の技法で、和銑(わずく)(日刀保たたら)を用いた釜を製作。 1992年 十六代大西清右衛門を襲名。 1995年 茶の湯釜では最古とされる「芦屋釜」の金属組織・成分・製法解明の研究を進める。 1996年 芦屋釜の秘法「挽(ひき)中子(なかご)技法」の再現に成功。甑炉による砂鉄材料を用いた製鉄実験に成功。 1998年 財団法人京釜文化振興財団 大西清右衛門美術館を開設。同館長に就任。 「襲名記念 十六代...
    引用元: 而妙斎宗匠御好 唐金梅捏蓋置 第18回出品作品|第21回 記念チャリティ ...

  • 茶の湯の釜: 紀伊國屋書店BookWeb

    大西清右衛門 [オオニシセイウエモン] 1961年十五代大西清右衛門の長男として京都三条釜座に生まれる。1979年十五代清右衛門に師事。1982年大阪芸術大学美術学部入学。1986年大阪芸術大学美術学部彫塑科卒業。1989年茶の湯雪月花展に出展。1990年利休居士四百年忌に三千家好みの釜を製作。1991年古来の製鉄法「たたら吹き」の技法で、和銑(日刀保たたら)を用いた釜を製作(1992年まで)。1993年十六代大西清右衛門を襲名。1995年「芦屋釜」の金属組織・成分・製法解明の研究を始める。1996年1月、甑炉による和銑製鉄実験に成功。2月、芦屋釜の秘法「挽き中子技法」の再現に成功。1998年3月、京都高島屋にて初個展。10月、大西清右衛門美術館を開設。館長に就任。2000年第23回日本文化デザイン会議2000京都光の茶会に出展。2002年3月、ニューヨーク開催の「The New Way ...
    引用元: 茶の湯の釜: 紀伊國屋書店BookWeb

  • 大西清右衛門 | 茶道具 買取 古美術・骨董 えんや

    大西清右衛門の買取ページ えんや 大西清右衛門 ( おおにしせいえもん ) 大西家は初代浄林より、京都市中京区の三条釜座に四百年続く釜師である。六代浄元の頃より千家の釜師となる。十六代大西清右衛門は、 1961 年京都に生まれる。十代の頃より父、十五代大西清右衛門 ( 浄心 ) に師事して茶の湯釜の技法を学ぶ。大阪芸術大学美術学部彫塑科卒業後、 1993 年十六代大西清右衛門を襲名。茶の湯釜では最も古いとされる福岡県の芦屋釜の研究をし、芦屋釜の挽中子 ( ひきなかご ) 技法の再現に成功した。 1998 年大西清右衛門美術館を開設、館長に就任し、茶の湯釜の振興に尽力している。
    引用元: 大西清右衛門 | 茶道具 買取 古美術・骨董 えんや

  • 京都の声

    大西清右衛門 おおにしせいえもん 昭和36年生まれ。大阪芸術大学彫刻科卒業。平成5年、十六代大西清右衛門を襲名。芦屋釜の研究に着手し、断絶していた「挽中子(ひきなかご)技法」の再現に成功するなど意欲的に活動。平成10年、大西清右衛門美術館を開館。 釜は茶の湯に使われる道具ですが、一般の方はあまり目にする機会がなく、馴染みがないようです。 色が地味で、茶席でも目立たないからでしょう。しかし、お茶の道具というのは、取り合わせを楽しみ、亭主の心遣いを代弁するもの。そして何より調和を重んじます。最初から最後まで茶席に登場する釜は存在感があり、炉から出せば、威圧感がある。だから、できるだけ釜は控えめにしているんですよ。 色が地味で、重たくて大きい、目立たないといったイメージが、逆に釜の特徴です。鉄でできているので、年月を経れば当然さびが出てきますが、いいものであればそれが味わい...
    引用元: 京都の声

  • 大西清右衛門の作品買取します えんや

    大西清右衛門(おおにしせいえもん) 大西家は初代浄林より、京都市中京区の三条釜座に四百年続く釜師である。六代浄元の頃より千家の釜師となる。十六代大西清右衛門は、1961年京都に生ま れる。十代の頃より父、十五代大西清右衛門(浄心)に師事して茶の湯釜の技法を学ぶ。大阪芸術大学美術学部彫塑科卒業後、1993年十六代大西清右衛門を 襲名。茶の湯釜では最も古いとされる福岡県の芦屋釜の研究をし、芦屋釜の挽中子(ひきなかご)技法の再現に成功した。1998年大西清右衛門美術館を開 設、館長に就任し、茶の湯釜の振興に尽力している。 大西清右衛門ギャラリー 茶道具 表千家茶道具 表千家12代 惺斎宗匠 表千家14代 而妙斎宗匠 表千家家元13代 即中斎宗匠 裏千家茶道具 裏千家14世 淡々斎宗匠 裏千家15世 鵬雲斎宗匠 武者小路千家茶道具 茶碗 水...
    引用元: 大西清右衛門の作品買取します えんや

  • 大西清右衛門 - Wikipedia

    大西清右衛門 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 移動: 案内 , 検索 大西清右衛門美術館 大西清右衛門 (おおにし せいえもん)は、 千家十職 の 釜師 。大西家は、 室町時代 後期から400年以上続く京釜師の家。四代目当主が清右衛門をなのり、六代目以降九代目をのぞき、代々の当主は清右衛門という名を継いだ。 京都市 中京区 の 三条 釜座 (かまんざ)に工房があり、「 大西清右衛門美術館 」も併設されている。 現在は十六代清右衛門が当主。十五代の長男として京都に生まれ、 大阪芸術大学 美術学部彫金科卒業。父が隠居の後、1993年に十六代清右衛門を襲名した。 [ 編集 ] 大西家歴代 浄林 (1594 - 1682) :(五郎左衛門) 浄清 (1594 - 1682) :(五郎左衛門) 古田織部 、 小堀遠州 らにつかえ、茶釜師としての大西家の基礎を確...
    引用元: 大西清右衛門 - Wikipedia

  • : 当代(16代) 大西清右衛門 * 鵬雲斎宗匠御好 日月透蓋置 ...

    * 「鵬雲斎宗匠御好 日月透蓋置」 当代(16代) 大西清右衛門 質量 的に、文字通り「重い」蓋置です(笑)。 本歌です。 ●鵬雲斎好 日月透蓋置 「十六代 大西清右衛門作 高四・五cm/径五・〇cm 全体がつくね形の打肌で仕上げられた蓋置です。胴の部分、前後に日月の透しが入っています。平成六年、古稀に因んでのお好みです。」 《 淡交社「鵬雲斎千宗室好物聚成 第1巻 茶道具篇・乾」P182の解説より 全文 》 ※平成6年は、当代 清右衛門 襲名の翌年 ●16代 大西清右衛門 (1961〜 ) 千家十職、釜師。15代 大西清右衛門の長男として、京都三条釜座に生まれる。1986年、大阪芸術大学美術学部彫塑科卒業。1990年、利休居士400年忌に三千家好みの釜を製作。古来の製鉄法「たたら吹き」の技法で和銑を用いた釜を製作。 1993年、16代大西清右衛門を襲名。1996年、芦屋釜の秘法「挽き中子...
    引用元: : 当代(16代) 大西清右衛門 * 鵬雲斎宗匠御好 日月透蓋置 ...

  • 販売【茶道具】 当代(16代) 大西清右衛門 *鵬雲斎 宗匠御好 日月透 ...

    【茶道具古物】 当代(16代) 大西清右衛門 *鵬雲斎 宗匠御好 日月透蓋置 * 千家十職・茶道道具 [kbt10019] 販売価格: 販売価格は会員のみ公開 (税込) [完売しました] Tweet 返品特約に関する重要事項の詳細はこちら ▼ 画面 左下より、ログイン(新規登録) して頂きますと、価格が表示され、レジにお進み頂けます。 商品名:鵬雲斎宗匠 御好 日月透蓋置 作者:当代(16代) 大西清右衛門 箱:共箱 付属物:共布・資料(コピー:淡交社「鵬雲斎千宗室好物聚成 乾の部」P135 ならびに P182(解説)の該当箇所) 寸法:高4,5cm・径5,0cm 商品状態:良好 :美品 箱の状態:良好 :美品 付属物の状態:共布は、多少 使用感あり。 :資料は、弊店にてコピーしたもの。 ●鵬雲斎好 日月透蓋置 「十六代 大西清右衛門作 高四・五cm/径五・〇cm 全体...
    引用元: 販売【茶道具】 当代(16代) 大西清右衛門 *鵬雲斎 宗匠御好 日月透 ...

  • 平成21年秋季企画展 寺院ゆかりの茶ノ湯釜 - タウンナビ - 京都で ...

    会場 大西清右衛門美術館 日時 2009/9/4(金)~12/20(日) 10:00~16:30 住所 京都市中京区三条通新町西入釜座町18-1 料金 一般700円、大学生400円、高校生以下無料 お問合せ先 大西清右衛門美術館 電話075-221-2881 FAX 075-211-0316 e-mail webmaster@seiwemon-museum.com ホームページ 大西清右衛門美術館 http://www.seiwemon-museum.com 寺院にゆかりある茶の湯釜に光をあて、その由緒や造形美を紹介されます。 大西清右衛門美術館は京都の地で約400年にわたって茶の湯釜の伝統を 守り続けてきた釜師・大西家の美術館です。
    引用元: 平成21年秋季企画展 寺院ゆかりの茶ノ湯釜 - タウンナビ - 京都で ...

  • 大西清右衛門美術館 平成22年秋季企画展 - タウンナビ - 京都で賃貸 ...

    大西清右衛門美術館 平成22年秋季企画展 京都市中京区にある大西清右衛門美術館において、平成22年秋季企画展として 「茶の湯釜にみる 朽ちの美」と題した展覧会が行われます。 大西清右衛門美術館では、春・秋季に企画展を開催し、大西家歴代の手に なる茶の湯釜をはじめとした茶道具類を公開しています。 今季の展示では、寺院にゆかりある茶の湯釜に光をあて、その由緒や 造形美が多数紹介されます。 古くより、茶の湯と深いかかわりのある寺院には、さまざまな用途や趣向に 応じた釜が愛用されてきました。 永い年月、寺に伝えられ、時代とともに朽ちゆく釜の背景に思いを馳せつつ、 その佇まいを心行くまで堪能してみてはいかがでしょうか? 会場 大西清右衛門美術館 日時 2010/9/3(金)~12/23(木・祝) 住所 京都市中京区三条通新町西入釜座町18-1 お問合せ先 大西清右衛門美術館 電話075-221-28...
    引用元: 大西清右衛門美術館 平成22年秋季企画展 - タウンナビ - 京都で賃貸 ...

  • 平成23年春季企画展「吉祥の茶道具」|Events|AMeeT

    「大西清右衛門美術館」は、1998年に日本初の茶の湯釜の美術館として開館した。毎年春季・秋季企画展が開催され、約400年にわたり茶の湯釜の伝統と技術を守る千家十職の釜師・大西家に伝わる茶の湯釜と茶道具類が公開されている。今季は「吉祥の茶道具」と題し、人生や季節の節目を寿ぐ茶事に用いられる茶の湯釜を中心に、茶道具における華やぎの意匠の数々が紹介されている。 展示品には、二代大西浄清、六代大西浄元、十三代大西浄長、十四代大西浄中、十六代大西清右衛門(当代、館長)による大西家の名品をはじめ、西村道也作<鮑形燗鍋>、十一代中村宗哲作<貝ノ絵朱手桶水指>、十六代永樂即全作<金襴手松喰鶴槌置物>などの多彩な造形が並ぶ。
    引用元: 平成23年春季企画展「吉祥の茶道具」|Events|AMeeT

  • 京都検定 推薦事業 楽洛キャンパス raku-raku campus|京 ...

    ■講師 釜師 大西 清右衛門 氏 (おおにし せいうえもん) ■プロフィール 1961年京都生まれ。江戸時代初期から京都・三条釜座の地で茶の湯釜の伝統を守り続ける釜師・大西家十六代目。「千家十職」の釜師として茶道三千家の御用を務めるほか、全国初の釜の美術館「大西清右衛門美術館」を98年に開設し、茶釜の魅力を伝える。
    引用元: 京都検定 推薦事業 楽洛キャンパス raku-raku campus|京 ...

  • 平安京 プロフィール > 大西清右衛門美術館

    大西清右衛門美術館は、代々の清右衛門が精進を重ね、 工夫を凝らした茶の湯釜の伝統と様式を、広く皆様に公開 するために開設されました 現在、行事・イベントのお知らせはございません。 更新日:2011年7月11日(月) ▲ ページトップへ戻る ウェブサイト 大西清右衛門美術館ホームページ http://www.seiwemon-museu m.com/ 所在地 〒604-8241 京都府京都市中京区三条通新町西入る釜座町18-1 アクセス 地下鉄/烏丸御池より徒歩5分市バス/堀川三条より徒歩5分 お問い合わせ TEL 075-221-2881 FAX 営業時間・休日 平日 土日祝 休日
    引用元: 平安京 プロフィール > 大西清右衛門美術館

  • 大西清右衛門美術館 - 観光・温泉ガイド - Yahoo!トラベル

    大西清右衛門美術館 [美術館・ギャラリー] 約400年にわたり、京都・三条釜座の地で茶の湯釜を作り続けている千家十職の釜師・大西家は、中世「釜座」の歴史を唯一今に継承し、茶の湯釜の伝統と様式を伝えている。その大西家に伝わる茶の湯釜と茶道具類は春と秋の企画展で公開。会期中は釜の名品をじかに手に触れる京釜鑑賞会や、収蔵品を用いた茶会、講演会などを開催している。 名称 大西清右衛門美術館(おおにしせいうえもんびじゅつかん) 所在地 京都府京都市中京区三条通新町西入ル釜座町18 アクセス 京都市営地下鉄烏丸御池駅6番出口→徒歩7分 Yahoo!ロコ - 路線情報で行き方を調べる 車アクセス 名神高速京都東IC7km20分 Yahoo!ドライブで行き方を調べる 駐車場 なし 料金 入館700円 営業時間 10時〜16時30分(入館は〜16時) 休業日 月曜(祝日の場...
    引用元: 大西清右衛門美術館 - 観光・温泉ガイド - Yahoo!トラベル

  • 大西清右衛門美術館(京都府 烏丸・河原町)への国内旅行ならJTB

    大西清右衛門美術館の概要 情報掲載ポリシーについて 茶の湯釜の伝統と様式を今に伝える美術館 約400年にわたり、京都・三条釜座の地で茶の湯釜を作り続けている千家十職の釜師・大西家は、中世「釜座」の歴史を唯一今に継承し、茶の湯釜の伝統と様式を伝えている。その大西家に伝わる茶の湯釜と茶道具類は春と秋の企画展で公開。会期中は釜の名品をじかに手に触れる京釜鑑賞会や、収蔵品を用いた茶会、講演会などを開催している。 入場など 入館700円 時間 10時〜16時30分(入館は〜16時) 休み 月曜(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日(土・日曜、祝日を除く)、展示替期間 住所 京都府京都市中京区三条通新町西入ル釜座町18 TEL 075-221-2881 交通 京都市営地下鉄烏丸御池駅6番出口→徒歩7分 スクロール地図で検索する 烏丸・河原町 旅行予約に戻る 旅行ラインナップから探す ...
    引用元: 大西清右衛門美術館(京都府 烏丸・河原町)への国内旅行ならJTB

  • 表千家北山会館:特別展:大西清右衛門家の釜と金工〜茶の湯工芸の伝統と創造〜

    千家十職のなかで、釜を中心とした金工の茶道具を担当する家が大西清右衛門家です。 大西家初代浄林は、山城国・南山城広瀬村の出身です。30歳頃に2人の弟たちと上洛し、三条釜座の座人になりました。元和6年(1620)頃のことで、これが釜師・大西家の始まりです。2代浄清は兄、浄林とともに武家茶人好みの釜をつくり、大西家歴代の中でも第一の名手といわれています。元禄時代、6代浄元の代より、表千家家元の覚々斎、如心斎のもとで千家の釜師を勤めるようになりました。以来、大西家の釜は茶人に愛好され、家業は16代(当代)清右衛門へと継がれ、現在に至っています。 この度の展観では、大西家の歴代の茶の湯釜を中心に、多種多様な伝統の金工の技を紹介いたしました。
    引用元: 表千家北山会館:特別展:大西清右衛門家の釜と金工〜茶の湯工芸の伝統と創造〜

  • 大西清右衛門美術館|京都で遊ぼうART

    三条・四条 大西清右衛門美術館 約400年にわたり、「茶の湯釜」の伝統と技術を守り続けている釜師・大西家に伝わる茶の湯釜をはじめとした茶道具類を展示・公開している美術館。 美術館のある京都・三条釜座(さんじょうかまんざ)は、平安初期からの由緒ある鋳物の町。かつては多くの釜師が軒を連ねたこの地では、大西家を含め2件が現在も釜の制作を行っています。 大西家は、茶道・千家出入りの職人の家系「千家十職」のひとつで、初代・浄林は古田織部や織田有楽斎など、武家茶人の釜を手がけ、そこから現在の当代まで、実に十六代を数えます。 企画展示は年2回開催(春季・秋季の季節開館)。会期中には、お茶席で季節の和菓子とお抹茶をいただける(500円)ほか、館長でもいらっしゃる当代・清右衛門が席主をつとめる茶会、茶の湯釜の名品をじかに手に触れながら楽しむことの出来る鑑賞会などのイベント(いずれも予約制)なども開催されてい...
    引用元: 大西清右衛門美術館|京都で遊ぼうART

  • レポート 公開講座「デザインと文化2」<BR>京都の釜師、大西清右衛門氏 ...

    公開講座「デザインと文化2」 京都の釜師、大西清右衛門氏が「茶釜」について語る 2011年6月4日(土)に、「デザインと文化2」の公開講座が名古屋芸術大学西キャンパスで開催されました。今回は、千家・十職の一人、千利休以来の歴史をもつ茶の湯道具制作に携わる十六代京釜の大西清右衛門氏を招き、茶の湯、茶釜の歴史、伝統技法による制作工程、作品鑑賞のポイントなどを学ぶ講座です。 最初に、清右衛門氏は茶の湯の歴史について触れられました。諸説ありますが、お茶は古くは中国唐の時代より伝わり、奈良時代、鎌倉時代へと引き継がれ、室町時代の千利休を経て、長い歴史の中で茶道として確立されました。その茶の湯の歴史の中で、大西家は400年以上続く釜師の家として、室町時代末期より京都三条釜座にて茶釜を製作してきました。現在の十六代清右衛門氏は、手作りの釜の文化を未来に引き継ぐことを目指し、1998年に大西清右衛門美術館...
    引用元: レポート 公開講座「デザインと文化2」<BR>京都の釜師、大西清右衛門氏 ...

  • 明倫学区にゆかりのある

    大西清右衛門さんは当学区と美術館について、「美術館は大西歴代の仕 事と茶の湯釜の魅力を紹介するとともに、釜座町の伝統を今に伝えることを使命としておりま す。こうした独自の文化を持つことが京都の奥深さであり、これを次の世代に伝えることが自分の責務と思っております。 また私どもは、三世代の繋がり(祖父母、父母から子に伝え学ぶこと)の大切さを感じています。 地域の幅広い世代の方々に釜座の文化に触れていただき、伝統と創造についての意識を、歴史ある地域の生活のなかで自然に生かして貰えたらと願っていま す。と語っておられます。
    引用元: 明倫学区にゆかりのある

  • 茶の湯案内5釜・香合 大西清右衛門 小田栄一(稀少) - Yahoo! ...

    ◇茶の湯案内5◇釜・香合 大西清右衛門 小田栄一(稀少) 商品詳細 他にもたくさん出品していますので、ご覧ください。 素人の保管ですので、折れ、スレ、破れ、書き込み などがある場合があります、神経質な方、完璧な商品をお望みの方は御遠慮ください。 トラブル防止のためにも、疑問があれば気軽に質問してください。落札間際の質問には答えられない場合もありますが、24時間以内に返答するように心がけますので、ノークレーム、ノーリターンでお願いします。 自己紹介欄 もご覧ください。 支払詳細 ・ ジャパンネット銀行 ・ 新生銀行 ・ Yahoo!かんたん決済 送料、補償の有無 送料300円(補償なし) 記載の送料は実際の送料と異なる場合がありますが、表記の価格を送料とさせていただきますのでご了承願います。 送料の差額は梱包手数料とさせていただきます。 補償なしの場合、定...
    引用元: 茶の湯案内5釜・香合 大西清右衛門 小田栄一(稀少) - Yahoo! ...

  • 茶道具作家紹介_詳細|茶道具 買取・売却の極意|いわの美術|東京都、神奈川県

    茶道具作家紹介 更新日 2009/10/20 作家名 大西清右衛門 おおにし せいえもん 称号・通称 千家十職 略歴 初代 浄林(仁兵衛) 寛政3年没 74才 2代 浄清(五郎左衛門) 天和2年没 89才 3代 浄玄(仁兵衛 貞亨元年没 55才 4代 浄頓(清右衛門) 元祿13年没 56才 5代 浄入(新兵衛) 正徳6年没 70才 6代 浄元(清右衛門) 宝暦12年没 74才 7代 浄玄(清右衛門) 天明3年没 64才 8代 浄本(清右衛門) 天明5年没 39才 9代 浄元(佐兵衛,了雪) 文化8年没 63才 10代 浄雪(三右衛門,清右衛門) 嘉永5年没 76才 11代 浄寿(三右衛門,清右衛門) 明治8年没 68才 12代 浄典(三右衛門) 明治2年没 29才 13代 浄長(清右衛門) 昭和18年没 78才 14代 浄中(清右衛門) 昭和35年没 73才 15代 当代...
    引用元: 茶道具作家紹介_詳細|茶道具 買取・売却の極意|いわの美術|東京都、神奈川県

  • 「釜」第4話『作れるという幸福』 - 産業動向 - Tech-On!

    春本番にはまだ少し早い一日、大西清右衛門(おおにしせいうえもん)の工房では、鋳型に霰(あられ)を打つ作業が進められていた。作業を担当する岸野健義は、大西と芸術大学時代からの「仲間」で、大学卒業後、本格的に釜師の仕事に入った大西がスカウトしてこの工房の一員となった。それからすでに15年以上のキャリアを積んできた彼もまた、大西家の技術継承を担う一人である。
    引用元: 「釜」第4話『作れるという幸福』 - 産業動向 - Tech-On!

  • 取り扱い作家:美術品買取|古美術やかた【京都】

    美術品買取|古美術やかた【京都・東京】 ホーム > 美術品 買取 取り扱い作家 大西清右衛門―おおにしせいえもん 略歴 千家十職の釜師。 大西家は、室町時代後期から400年以上続く京釜師の家。 四代当主が清右衛門を名乗り、 六代目以降、当主は代々清右衛門という名を継いでいる(九代目を除く)。 工房は、京都市中京区の三条釜座にあり、 「大西清右衛門美術館」が併設されている。 当代は、十六代。 美術品買取 に関するお問い合わせや 美術品買取 のご相談は、メール・お電話などでお気軽にどうぞ! 美術品買取 のご相談は 定休日も含めて毎日AM9:00〜PM9:00まで受付 けております。 メールにて画像を添付してお問い合わせいただく場合は、 yakata-@mb.infoweb.ne.jp までお願いいたします。(メールソフトが起動します) 美術品の買取について 美術品の買取についての説明ペ...
    引用元: 取り扱い作家:美術品買取|古美術やかた【京都】

  • 建築商会業務日誌: 大西清右衛門美術館

    大西清右衛門美術館 12/05〜06 実施完了に向けて作業 12/07 雑誌「室内」 の取材。まちづくりという捉え方に疑問もあるが、京都で起こっている事例を、 町家倶楽部 の小針さんの案内で、編集者と一緒に見て回る。小針さんとは、立ち上げの頃からもう10年になるだろうか。最近お互いの活動を詳しく報告していなかったので、近況を知るいい機会であった。12/08 収録があると前日の稽古で聞いていたので、千家十職の大西清右衛門美術館を訪れる。実は始めてお目にかかったのは、自分たちが町家を探しまわっていたとき。周囲をウロウロしていて美術館に聞きに入り、そのとき応対されたのが当代ご自身だったそうで・・・。色々ご縁があるもんです。まさかこちらは当代自ら応対しているとは思ってないので、失礼があったかも、と冷や汗かきました。実際、十職の中でも最年少だそうです。 投稿日 2005/12/08 茶道 | リンク...
    引用元: 建築商会業務日誌: 大西清右衛門美術館

  • 大西清右衛門美術館 : 京都中心部 :JRおでかけネット

    大西清右衛門美術館 約四百年にわたり「茶の湯釜」の伝統と技を守り続ける千家十職の釜師・大西家に伝わる茶の湯釜をはじめとする茶道具類を公開する美術館。美術館のある京都・三条釜座は、平安時代からの鋳物町で、かつて多くの釜師が軒を連ねたこの地では、大西家を含む二軒が現在も釜づくりを行っている。春・秋の二季に開館され、会期中には、十六代清右衛門が席主をつとめる茶会や、茶の湯釜の名品をじかに手にふれて楽しむことのできる鑑賞会などの行事も催される。 開館時間 10:00〜16:30(入館は16:00まで) 住所 京都府京都市中京区三条通新町西入ル釜座町18-1 お休み 毎週月曜(祝日の時は翌日)、夏期、冬期 料金 有料 お問い合わせ先 大西清右衛門美術館 Tel:075-221-2881 関連のホームページを見る アクセス JR「京都駅」から9・50系統のバス「堀川三条」〜徒歩...
    引用元: 大西清右衛門美術館 : 京都中心部 :JRおでかけネット

  • 大西清右衛門 | 茶道具 | 絵画、美術品、茶道具、和服の買入 こはく堂

    大西清右衛門 プロフィール 大西清右衛門千家十職。大西家の家祖は、古くから釜制作に従事する。2代浄清は古田織部などの釜師として有名であり、歴代の中でも第一の名手と言われている。7代浄玄は2代浄清に次ぐ名手と言われ、中興の祖とされる。当代16代 清右衛門 大西清右衛門のお茶道具、買い取りいたします。
    引用元: 大西清右衛門 | 茶道具 | 絵画、美術品、茶道具、和服の買入 こはく堂

大西清右衛門 の相関図を読込中

大西清右衛門(おおにし せいえもん)は、千家十職の釜師。大西家は、室町時代後期から400年以上続く京釜師の家。四代目当主が清右衛門をなのり、六代目以降九代目をのぞき、代々の当主は清右衛門という名を継い

スポンサードリンク