宮入行平の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 宮入行平 - Wikipedia

    宮入行平(みやいり ゆきひら、1913年(大正2年)3月17日 - 1977年(昭和52年)11月24日)は、長野県坂城町の刀匠。本名は、宮入堅一。1963年(昭和38年)重要無形文化財保持者(工芸第45号)(いわゆる人間国宝)に認定される。
    引用元: 宮入行平 - Wikipedia

  • 脇指 宮入行平 人間国宝

    宮入行平刀匠は、本名を宮入堅一といい、大正2年3月17日、長野県埴科郡坂城町に父豊吉の長男として代々の鍛冶屋の家に生まれる。14歳の頃より、家業の農具や刃物作りに従事し、作刀への憧れを強くする。昭和7年、群馬県沼田の鉈作りの名人:星野銀光へ一年間弟子入りする。昭和12年、東京市赤坂区氷川町の日本刀鍛錬伝習所(栗原彦三郎昭秀所長)に入門、作刀の修行を始める。その間、新作日本刀展覧会、陸軍軍刀展で多くの賞を受賞する。昭和20年、軍刀制作に従事するも空襲の激しい東京では仕事にならず坂城に帰り作刀する。昭和27年、師栗原彦三郎の呼びかけに応じ、講和記念刀を制作する。昭和28年、美術刀剣の製作が許され作刀が可能になり、文化財保護委員会より製作承認を受ける。昭和30年、(財)日本美術刀剣保存協会の作刀技術発表会で特賞を受賞し、以後、34年まで連続して受賞する。35年、無鑑査となる。昭和38年、50歳の...
    引用元: 脇指 宮入行平 人間国宝

  • 宮入行平や弟子らの作品31点 坂城・鉄の展示館で企画展 | トピックス ...

    宮入行平や弟子の作品が並ぶ鉄の展示館企画展 坂城町の「鉄の展示館」は、町出身の刀匠で人間国宝だった宮入行平(ゆきひら)(1913~1977年)とその弟子、孫弟子計22人の作品を集めた企画展「人間国宝宮入行平とその高弟たち」(信濃毎日新聞社共催)を開いている。工芸品としての刀の魅力に触れてもらおうと、7月11日までの期間中、刀の鍛錬の実演など多彩な催しを開く。 太刀や短刀、脇差しなど31点を、刀工の写真を添えて展示。次男の宮入小左衛門行平(本名・恵)さん(52)=同町坂城=作の72センチの刀には「今でも迷ったり、悩んだりした時は、この作品を見る」とのコメントも。「これだけの弟子が育ったのは、後世に刀を伝えようという先代行平の思いの表れだと思う」と同館学芸員の宮下修さん(37)。 5月16日に、同館隣の町中心市街地コミュニティセンターで日本刀に実際に触れられるイベントを開催。6月6日は、宮入さ...
    引用元: 宮入行平や弟子らの作品31点 坂城・鉄の展示館で企画展 | トピックス ...

  • 宮入行平−にぎわい坂城

    宮入刀匠の直筆 宮入行平 (昭平) 本名/堅一 大正 2年 3月17日生まれ 昭和 2年3月 自家営業従事、同時に作刀の研究。 昭和12年1月 志をたて上京、栗原彦三郎昭秀氏の日本刀鍛錬伝習所に入門。 昭和15年〜 昭和18年 名誉総裁賞、最高名誉賞、海運大臣賞、文部大臣賞。 昭和25年6月 第59回伊勢神宮の後遷宮に際し御神宝太刀並びに鉾、鏃を謹作。 昭和28年10月 作刀許可第二号で文化財保護委員会の許可を受ける。この年から作刀できるようになる。 昭和30年4月 日本美術刀剣保存協会主催第1回作刀技術発表会で「特賞」。 昭和31年11月 信濃毎日新聞社制定「第2回信毎文化賞」受賞。 昭和31年〜昭和34年 作刀技術発表会で連続「特賞」を受賞。 昭和35年以後無鑑査。 昭和37年7月 坂城町名誉町民第1号 に推挙される。 昭和38年5月 重要無形文化財保持者 (工芸第45号)に認定される...
    引用元: 宮入行平−にぎわい坂城

  • 宮入行平 - Wikipedia

    宮入行平 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 移動: 案内 , 検索 宮入行平 (みやいり ゆきひら、1913年(大正2年)3月17日 - 1977年(昭和52年)11月24日)は、 長野県 坂城町の刀匠。本名は、宮入堅一。 1963年(昭和38年) 重要無形文化財 保持者(工芸第45号)(いわゆる 人間国宝 )に認定される。 [ 編集 ] リンク 長野県鉄の展示館 この「 宮入行平 」は 美術家 ・ 芸術家 に関連した 書きかけ項目 です。 この記事を加筆・訂正 などして下さる 協力者を求めています ( P:美術 )。 この「 宮入行平 」は、人物に関連したまだ閲覧者の調べものの参考としては役立たない 書きかけ項目 です。 加筆・訂正 が必要です 。 項目削除 の対象である場合があります( ウィキプロジェクト 人物伝 )。 「 http://j...
    引用元: 宮入行平 - Wikipedia

  • 宮入行平:マピオン大百科

    宮入行平 宮入行平 (みやいり ゆきひら、1913年(大正2年)3月17日 - 1977年(昭和52年)11月24日)は、 長野県 坂城町の刀匠。本名は、宮入堅一。 1963年(昭和38年) 重要無形文化財 保持者(工芸第45号)(いわゆる 人間国宝 )に認定される。 リンク 長野県鉄の展示館 この「 宮入行平 」は 美術家 ・ 芸術家 に関連した 書きかけ項目 です。この記事を加筆・訂正などして下さる 協力者を求めています ( P:美術 )。 この「 宮入行平 」は、人物に関連したまだ閲覧者の調べものの参考としては役立たない 書きかけ項目 です。加筆・訂正 が必要です 。 項目削除 の対象である場合があります( ウィキプロジェクト 人物伝 )。 特別:Categories: 日本刀の刀工 | 人間国宝 | 長野県出身の人物 | 1913年生 | 1977年没 隠しカテゴリ...
    引用元: 宮入行平:マピオン大百科

  • 宮入行平 - 韓国辞書、ウィキペディア

    宮入行平 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 移動: 案内 , 検索 宮入行平 (みやいり ゆきひら、1913年(大正2年)3月17日 - 1977年(昭和52年)11月24日)は、 長野県 坂城町の刀匠。本名は、宮入堅一。 1963年(昭和38年) 重要無形文化財 保持者(工芸第45号)(いわゆる 人間国宝 )に認定される。 リンク 長野県鉄の展示館 この「 宮入行平 」は 美術家 ・ 芸術家 に関連した 書きかけ項目 です。 この記事を加筆・訂正 などして下さる 協力者を求めています ( P:美術 )。 この「 宮入行平 」は、人物に関連したまだ閲覧者の調べものの参考としては役立たない 書きかけ項目 です。 加筆・訂正 が必要です 。 項目削除 の対象である場合があります( ウィキプロジェクト 人物伝 )。 「 http://ja.wikip...
    引用元: 宮入行平 - 韓国辞書、ウィキペディア

  • 宮入行平一門

    故 宮入行平 YUKIHIRA MIYAIRI 本名: 堅一 長野県埴科郡坂城町大字坂城6354 大正2年3月17日生まれ 昭和38年5月 人間国宝 保持者に指定 昭和48年8月 刀号「 昭平 」を「行平」に改める 昭和52年11月24日没 日本刀 各部の名称 故 宮入 清宗 故 高橋 次平 天田 昭次 (人間国宝) 宮城 昭守 故 大久保 和平 渡邊 繁平 河内 國平 藤安 将平 上林 恒平 河内 隆平 渡辺 惟平 秋庭 包平 真鍋 純平 加藤 慎平 新保 基平 古川 清行 松川 清直 兼濱 清周 和泉 清俊...
    引用元: 宮入行平一門

  • 宮入行平 とは - コトバンク

    宮入行平 【みやいり-ゆきひら】 1件の用語解説(宮入行平で検索) Tweet デジタル版 日本人名大辞典+Plus の解説 宮入行平 みやいり-ゆきひら &nbsp 1913-1977 昭和 時代 の 刀工 。 大正 2年3月17日生まれ。 栗原 昭秀 主宰 の日本刀 鍛錬 伝習 所でまなび,昭和15年から 新作 日本刀展で 受賞 をかさねた。 戦後 作刀は 禁止 されたが,25年 特例 で 伊勢神宮 式年遷宮に際し,神刀を 製作 。30年の第1回作刀 技術 発表 会より5回展まで 連続 特賞 。38年人間国宝。昭和52年11月24日 死去 。64歳。長野県 出身 。 本名 は堅一。初銘は昭平(あきひら)。 ≪絵画・美術品≫なんでも相談室 美術品の評価・鑑定・売却・修復、なんでも相談無料でアドバイス! www.asahi-gallery.co.jp...
    引用元: 宮入行平 とは - コトバンク

  • asahi.com:工芸技術 金工(4) - 週刊人間国宝 - 文化芸能

    今週の人間国宝名鑑 ◆宮入行平(みやいり・ゆきひら) 1963年認定 1913.3.17−1977.11.24 尋常高等小学校卒業後、長野県坂城町で家業の野鍛冶に従事、刀鍛冶の祖父・小左衛門に影響を受け、刀鍛冶を志す。1937年上京し、日本刀鍛錬伝習所に入る。古鉄を加工した卸鉄の技法にすぐれ、美しい地鉄の刀を制作した。 ◆大隅俊平(おおすみ・としひら) 1997年認定 1932.1.23− 1952年から宮入行平に師事して作刀技術を学び、57年作刀活動に入る。古名刀を手本に山城伝や備中青江伝の研鑽に努める。豪壮な造り込みによる格調高い作品を手がけ、なかでも備中青江伝直刃の刃文にすぐれる。 ◆本阿彌日洲(ほんあみ・にっしゅう) 1975年認定 1908.2.23−1996.7.13 幼少から、父・平井千葉に刀剣研磨の手ほどきを受け、のち本阿彌琳雅に師事。本阿彌家の養子となり、室町時代からつづ...
    引用元: asahi.com:工芸技術 金工(4) - 週刊人間国宝 - 文化芸能

  • 第二展示室の紹介

    人間国宝 宮入行平 とその 高弟 たち 当町出身で、長野県では唯一の国重要無形文化財保持者(人間国宝)だった故宮入行平刀匠は、多くの名刀を手がけ、また、数多くの高弟を輩出した点においても、類い稀な現代刀工として評価されています。 本展では、巨匠宮入の作品と共に、師宮入の遺志を継承し、現代刀剣界で活躍している高弟たちの作品を一堂に集った内容です。 宮入行平制作 太刀 会 期 平成22年4月17日(土)〜7月11日(日) 休館日 4 月 19 日(月)・ 26 日(月) 5 月 6 日(木)・ 10 日(月)・ 17 日(月)・ 24 日(月)・ 31 日(月) 6月 7 日(月)・ 14 日(月)・ 21 日(月)・ 28 日(月) 7月5日(月)・12日(月) 入館料 400 円、中学生 以下は 無料。 20 名以上の団体料金/ 300 円...
    引用元: 第二展示室の紹介

  • 交流居住

    人間国宝,宮入行平(1913 - 1977)とその弟子の作品を集めた刀剣展。 優良な鋼として全国に名を知られた日南町印賀地内で生産された「印賀鋼」を捜し求め,昭和50年に日南町を訪れて以降,本町と縁のある宮入行平刀匠とその弟子たちの優れた作品約30点を紹介。 お問い合せ先 日南町美術館 連絡方法 TEL(0859)77-1113 ホームページ http://culture.town.nichinan.tottori.jp/ 参加費用 一般 500円 高校生 300円 中学生以下無料 参加条件 予約の要否 不要 その他・備考 開催場所 日南町美術館 アクセス ●JR伯備線・生山駅下車 - 町営バス多里線・日南町役場前下車●米子から車で50分(R180又は,R181)
    引用元: 交流居住

  • 宮入行平 - 百科事典ディスマス

    宮入行平 (みやいり ゆきひら、1913年(大正2年)3月17日 - 1977年(昭和52年)11月24日)は、 長野県 坂城町の刀匠。本名は、宮入堅一。 1963年(昭和38年) 重要無形文化財 保持者(工芸第45号)(いわゆる 人間国宝 )に認定される。 リンク 長野県鉄の展示館 カテゴリ: 日本刀の刀工 | 人間国宝 | 長野県出身の人物 | 1913年生 | 1977年没 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License. 関連記事 チャート Fiizo ▼ 宮入行平 と関連のある記事を表示しています。 ・ 上林恒平 上林 恒平(かんばやし つねひら、 昭和 24年( 1949年 ) - )は、 山形県 東田川郡 藤島町 (現・ 鶴岡市 )出身...
    引用元: 宮入行平 - 百科事典ディスマス

  • 人間国宝 刀匠 宮入行平 書 『鐡之華』 - Yahoo!オークション

    ・宮入行平 (大正2年3月17日 -昭和52年11月24日没) *昭和38年5月 重要無形文化財保持者(工芸第45号)に認定。 ☆寸法(mm)【素人採寸です】 額寸法:475×1200 書寸法:330×940 ・額裏に知人の鉄工所へ「新築祝」に贈ったとの記載があります。 ☆注意 シミ、汚れ、傷、スレがあります。 ご了承の上ご入札ください。 画面上での写真の色合いと実物との色合いが若干異なる場合があります。 ☆お願い 委託出品です。自己紹介欄をご確認ください。 おわかりになる方のみ、画像にてご判断いただき、納得の上ご入札ください。 この他にも多数の出品を予定しております。どうぞご覧ください。
    引用元: 人間国宝 刀匠 宮入行平 書 『鐡之華』 - Yahoo!オークション

  • 信毎おでかけガイド|刀匠・宮入行平のなたとおの 青木村郷土美術館で展示 ...

    刀匠・宮入行平のなたとおの 青木村郷土美術館で展示 6月29日まで 青木村郷土美術館(桜田義文館長)は、7日から始まる「大法寺・祈りのみち-刀匠宮入父子展」で、人間国宝の故宮入行平(坂城町、1913-77年)が戦後、連合国軍総司令部(GHQ)により武器である日本刀の制作、所持が禁止されていた時代に作ったなた10点、おの1点を展示する。宮入の次男の刀匠、小左衛門行平さん(50)=本名・恵、同町在住=が、すべて宮入作と確認した。 小左衛門行平さんや、坂城町の「鉄の展示館」によると、1945(昭和20)年から53年に解禁されるまで、宮入は農具作りで生計を立てた。なたなどの農具は県内に広く売られ、当時炭焼きが盛んだった青木村では、坂城町の宮入の元へ鍛冶(かじ)用の炭を運んだ人らが購入し「切れ味が良い」と評判になったという。 今回の展示は、宮入が生前、村郷土美術館近くの大法寺三重塔(国宝)に魅せられ...
    引用元: 信毎おでかけガイド|刀匠・宮入行平のなたとおの 青木村郷土美術館で展示 ...

  • 誠友堂: 刀 信州次平作之(KA-010307)

    流石、これこそが宮入行平氏、第一の弟子の作だと、名工の意地と覇気が感じられる立派な作品です。 刀 信州住人源次平作之 昭和辛亥年八月日 武器講拾五之貳 (高橋次平)無鑑査刀匠、長野県無形文化財 katana [Takahashi Tuguhira] Mukansa 価格 特価(price)御成約(JPY) (消費税込。10万円以上の商品は国内送料込) 品番:KA-010307 鑑定書:Peper(Certificate): 現代刀につき未鑑定。 【 無鑑査、長野県無形文化財刀匠 】 国 Country(Kuni)・時代 Era(Jidai): 信州(Shinsyu) 昭和辛亥年(Syouwa era) 刃長: Blade length(Cutting edge): 76.7cm(二尺五寸三分) 反り: Curve(SORI): 2.1cm 元幅: Width at the hama...
    引用元: 誠友堂: 刀 信州次平作之(KA-010307)

  • 遠山光公式ブログ 宮入行平時代展(四)

    宮入行平時代展(四) Posted by 遠山光 on 11.2007 日本刀 4 comments 0 trackback 今年一回目、鉄の展示館に行ってきました。上田を過ぎると寒いです。 本っ当っに寒いです。でも地元の高校生は制服だけで普通に通学しています。 コートも着ずに、です。寒さに強いんだな…。 で、展示ですが、昭和38年に人間国宝に指定されたその前後の作品が展示されています。40年を過ぎた辺りの作刀が特に気に入りました。 茎の棟に為銘が入っている物が何口かありました。けっこう為打ちしています。 「宮入行平一門 新作刀剣展」が高崎スズランデパートで開かれます。 1/17日〜23日 地下一階美術工芸サロン 何か…久しぶりかな?東京に住んでいる頃に何回かお邪魔しました。 高崎かぁ…中途半端に遠いなぁ。 ≪ 乙女湖公園。 仕事始め。 ≫ 最近、宮入一門の御刀をいろいろな所で見かけますね...
    引用元: 遠山光公式ブログ 宮入行平時代展(四)

  • asahi.com:週刊人間国宝 - もっと知るために

    【本・ビデオ】 『鉄と火と水と 刀工宮入行平』 『宮入行平作品集』 『日本刀を研ぐ』 『刀剣鑑定読本』 「『極める』匠の世界 金工2」 「『極める』匠の世界 金工8」 「『極める』匠の世界 金工10」 【本】 『鉄と火と水と 刀工宮入行平』編:宮入一門会 銀河書房 1996年 3883円(品切れ) 1971年に宮入行平(昭平)が著した『刀匠一代』(新人物往来社)を核に、作品や遺墨、書簡などの写真を加えて再編集されたもの。野鍛冶の子が人間国宝になるまでの道のり、臨場感あふれる刀剣制作の工程、育ててくれた人々のことなど、行間に情熱がほとばしる。 坂城町鉄の展示館開館記念『宮入行平作品集』 1000円(税込み、「鉄の展示館」のみで販売) 『日本刀を研ぐ』著:永山光幹 雄山閣 1998年 2200円 著者の半生を振り返りながら、当時の研磨界や研磨のわざを語る格好の入門書。 『刀剣鑑定...
    引用元: asahi.com:週刊人間国宝 - もっと知るために

  • 展覧会情報 | 美術館・博物館・展覧会ならミュージアムカフェ

    「刀(とう)の芸術」 〔~人間国宝 宮入行平の名刀を中心に~〕 近代彫刻界の巨匠・平櫛田中(1872-1979)は、多くの美術品を蒐集していました。 そのコレクションは、日本の古い仏像、近代の彫刻、日本画、陶器、拓本、中国絵画、刀など多岐に渡ります。手元に置いて愛でるだけでなく、自分の勉強のためにと、日常の制作の糧にしました。 本展覧会では、田中が旧蔵していた日本刀、彫刻刀を中心に展示いたします。古名刀や制作の参考にしたと思われる新刀の中でも、重要無形文化財保持者(いわゆる人間国宝・1963年認定)で、戦後日本を代表する刀匠である宮入行平(1913-1977・本名堅一(けんいち)・初号昭平(あきひら))の作はひときわ目を引きます。 宮入行平は長野県埴科(はにしな)郡坂城(さかき)町で、農具や刃物作りをする鍛冶屋の家に生まれました。1937年上京、栗原彦三郎主宰の日本刀鍛錬伝習所に入門。よい...
    引用元: 展覧会情報 | 美術館・博物館・展覧会ならミュージアムカフェ

  • 人間国宝故宮入行平・宮入小左衛門行平 父子作刀 穂高神社御神刀展

    期間限定 人間国宝故宮入行平・宮入小左衛門行平 父子作刀 穂高神社御神刀展 古くより神に奉げられ神様が宿るとも信じられた日本刀、穂高神社では人間国宝と崇められた故宮入行平と、御子息で現在若手刀匠として活躍中の宮入小左衛門行平氏が鍛えた名刀、神社に奉納された刀剣類を展示。 本年遷宮時に宮入氏より奉納された御神刀 会 場 : 穂高神社御船会館 開催日時 : 平成22年1月元旦〜1月17日 午前9時〜午後5時まで 入場料 : 大人 : 500円 中高生 : 300円 小学生 : 100円 この機会を是非お見逃しなく。 〒399-8303 長野県安曇野市穂高6079 TEL 0263-82-2003 FAX 0263-82-8770 穂高神社 社務所 メールは...
    引用元: 人間国宝故宮入行平・宮入小左衛門行平 父子作刀 穂高神社御神刀展

  • 長野のエース 宮入恵さん

    プロフィール 1957 年 坂城町に生まれる 1977 年 父 宮入行平に師事。後に福島県、藤安将平に師事。 1982 年 文化庁より作刀承認を受ける 1983 年 新作名刀展初出品し、努力賞を受賞。以後、平成 12 年までに優秀賞、特賞を受賞 高松宮賞も6回受賞 2000 年 新作刀展覧会無鑑査に認定される 2003 年 日本橋高島屋において3度目の個展を開催 活動内容 昭和 52 年人間国宝である今は亡き実父宮入行平師に師事。 昭和 58 年 第 19 回新作名刀展に初出品。 努力賞。 以後、努力賞 5 回、優秀賞、寒山賞、毎日新聞社賞、高松宮賞 6 回受賞。 数々の受賞暦で今もっとも注目される刀匠のひとりである。
    引用元: 長野のエース 宮入恵さん

  • 誠友堂: 刀 立子山住人将平作(KA-010308)

    【解説】刀匠銘は、将平。本名は正博。福島県福島市立子にお住まいです。昭和21年11月10日生まれ。41年に人間国宝であられた宮入行平師に入門し高弟となります。47年に作刀承認を受け、同年の第8回新作名刀展に初出品し、努力賞を受賞。以後も優秀賞3回、奨励賞6回、努力賞7回、平成2年には日本美術刀剣保存協会会長賞を受賞するなど多くの受賞歴がある非常に腕前の良い刀匠です。また古刀再現の糸口を見出した現代刀匠きっての名工であり、美術刀剣としての美しさのみならず、その強靭さは上古刀にように、刃こぼれをきたさぬ独特の刃の粘りと、折損しない適度な柔軟味を兼ね備えた、実用にもじゅうにぶんに耐えうる美術刀剣です。将平刀は折れず見事に耐え抜き、町井に『平成の真雄』と絶賛されるほどです。 2009年のフジテレビ番組内に於いて、鉄パイプを刀で切断するという試みが行われ、太さや厚みの異なる様々な鉄パイプに斬りつける...
    引用元: 誠友堂: 刀 立子山住人将平作(KA-010308)

  • 刀匠・宮入行平のなたとおの 青木村郷土美術館で展示 | トピックス ...

    宮入行平作のなたと、おのを手にする桜田館長 青木村郷土美術館(桜田義文館長)は、7日から始まる「大法寺・祈りのみち-刀匠宮入父子展」で、人間国宝の故宮入行平(坂城町、1913-77年)が戦後、連合国軍総司令部(GHQ)により武器である日本刀の制作、所持が禁止されていた時代に作ったなた10点、おの1点を展示する。宮入の次男の刀匠、小左衛門行平さん(50)=本名・恵、同町在住=が、すべて宮入作と確認した。 小左衛門行平さんや、坂城町の「鉄の展示館」によると、1945(昭和20)年から53年に解禁されるまで、宮入は農具作りで生計を立てた。なたなどの農具は県内に広く売られ、当時炭焼きが盛んだった青木村では、坂城町の宮入の元へ鍛冶(かじ)用の炭を運んだ人らが購入し「切れ味が良い」と評判になったという。 今回の展示は、宮入が生前、村郷土美術館近くの大法寺三重塔(国宝)に魅せられ、度々訪れていたことから...
    引用元: 刀匠・宮入行平のなたとおの 青木村郷土美術館で展示 | トピックス ...

  • ほっとミュージアム 各館データ

    企画展 ☆夏の企画展「宮入行平が愛蔵したコレクション 南画家・長井雲坪」〜9/11(日) 所在地 〒 389-0601 埴科郡坂城町坂城6313-2 公共交通 しなの鉄道坂城駅下車徒歩3分 道路案内 上信越道坂城ICから10分 開館時間 午前10時〜午後4時30分(入館は4時まで) 休館日 月曜日(祝日は開館、翌日休館)12/28〜1/4 入館料金 (常設時) 一般400円 中学生200円 小学生以下無料 展示内容 坂城町が生んだ人間国宝・宮入行平刀匠の作品と鍛錬技術の紹介。 坂城町の鉄を中心とした金属加工の製品や最先端の技術、新素材などを紹介。 観覧時間 その他 (販売・友の会等)
    引用元: ほっとミュージアム 各館データ

  • 日本刀・刀剣の紹介サイト【平成名刀会】 − 宮入小左衛門行平 刀

    銘文 (表)宮入小左衛門行平 (裏)平成玖年仲秋 彫宗寿 昭和52年11月、実父である人間国宝・宮入行平(昭平)師の急逝により修業半ばであった宮入刀匠は父の高弟、藤安将平氏に師事しました。志津に私淑した“親方”の伝法を踏襲しつつ古名刀を研究し、すでに独自の境域を完成させているといえます。平成8年からは曾祖父の「小左衛門」と父の「行平」の名を合わせて刀工銘を小左衛門行平に改めています。平成12年には、新作名刀展無鑑査に認定されました。本作品は平成9年に作刀された刀です。刃文は難しいとされる焼幅の浅い湾れ乱れになり、小沸がよく付き、刃は明るく冴える。地鉄は板目肌に杢目が交じり、地沸・地景が見所です。切先伸びごころの姿は志津を彷彿とさせる趣きがあり、また彫金師の柳村宗寿氏による「草の倶利伽羅」と梵字の彫りが、より一層本作品の美しさを引き立てています。 ― 宮入小左衛門行平(みやいり こざえもんゆ...
    引用元: 日本刀・刀剣の紹介サイト【平成名刀会】 − 宮入小左衛門行平 刀

  • 過去の特別展 - 田中美術館

    田中美術館トップページ > 過去の特別展 > 「刀(とう)の芸術」〜人間国宝 宮入行平(みやいりゆきひら)の名刀を中心に〜 井原市ウェブサイトへ 過去の特別展 春季企画展 「刀(とう)の芸術」〜人間国宝 宮入行平(みやいりゆきひら)の名刀を中心に〜 会期 平成22年3月27日(土)〜平成22年6月27日(日) 休館日 月曜日(ただし、5月3日は開館、5月6日は休館) 入館料 一般:400円(300円) 65歳以上の高齢者:無料 高校生以下:無料 ※( )内は団体20名以上の料金 内容 近代彫刻界の巨匠・平櫛田中(1872-1979)は、多くの美術品を蒐集していました。 そのコレクションは、日本の古い仏像、近代の彫刻、日本画、陶器、拓本、中国絵画、刀など多岐に渡ります。手元に置いて愛でるだけでなく、自分の勉強のためにと、日常の制作の糧にしました。 本展覧会では、田中が旧蔵し...
    引用元: 過去の特別展 - 田中美術館

  • 無形民俗文化財 宮入法廣 | 東御市

    宮入法廣氏は、昭和31年(1956年)、刀匠宮入清宗氏の長男として長野県坂城町に生まれました。人間国宝の故宮入行平氏は清宗氏の兄であり、法廣氏にとっては伯父にあたります。 法廣氏は昭和53年(1978年)、國學院大學文学部を卒業後、石川県松任市(現:白山市)在住の人間国宝隅谷正峯氏に師事し、5年間の修行を経て昭和58年(1983年)に独立し、平成7年(1995年)まで坂城町において父清宗氏とともに作刀に専念しました。平成8年(1996年)に旧北御牧村八重原に鍛刀道場を構えて現在に至っています。 昭和58年(1983年)の「新作名刀展」(コンクール)に初出品後、特別賞8回・優秀賞4回・「新作小品展」特別賞6回・優秀賞5回をそれぞれ受賞しました。平成7年(1995年)12月には、39歳という最年少で新作名刀無鑑査の認定を受けるとともに、旧北御牧村無形文化財に指定されました。 作風は、師伝の備前...
    引用元: 無形民俗文化財 宮入法廣 | 東御市

宮入行平 の相関図を読込中

宮入行平(みやいり ゆきひら、1913年(大正2年)3月17日 - 1977年(昭和52年)11月24日)は、長野県坂城町の刀匠。本名は、宮入堅一。1963年(昭和38年)重要無形文化財保持者(工芸第

スポンサードリンク