宮本純之の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • http://www.csj.jp/es/riskayumi.html

    平成13年10月に、宮本純之博士から日本化学会「持続可能な発展におけるリスク研究 と化学者の役割」研究会(略称:リスク研究会)の設立申請書が提出され、平成15年1月 に準備会が発足した。その設置理由は、新しい観点に立ち、化学会会員の行動規範と環 境憲章に則してリスク研究の進路と化学者の役割を明らかにするためである。同月中に 化学会において、宮本純之(委員長)、池田三郎、辛島恵美子、北村 卓、栗原紀夫、 中村収三、西原 力(オブザーバー:黒川幸郷)が集まり、研究会の発足および今後の 方針についてフリー トーキングをもち、リスク研究とともに化学会会員へのリスクの 考え方の啓蒙(リスクコミュニケーション)の重要性を再確認した。しかし、第2回目 の準備会を計画していたところで、宮本委員長が急逝され、活動も中断したままになった。 環境 安全推進委員会の委員である北村 西原を中心に再...
    引用元: http://www.csj.jp/es/riskayumi.html

  • http://www.chem-t.com/cgi-bin/passFile/NCODE/10812

    2003年04月14日 <訃報>宮本純之氏(みやもと じゅんし=元住友化学常務理事、国際純正応用化学連合委員) 【カテゴリー】:人事/決算 【関連企業 団体】:住友化学、環境省 14日午前2時32分、肝不全のため東京都中央区の病院で死去、71歳。通夜は16日午後6時から7時、葬儀 告別式は17日正午から午後1時、東京都中央区築地3ー15ー1、築地本願寺第二伝道会館で。喪主は妻、典子(ふみこ)さん。自宅電話は03−3665−7557番。    昭和32年、京都大学大学院卒、住友化学に入社。宝塚総合研究所長、技師長などを経て平成3年常務理事、同6年顧問。財団法人 化学物質評価研究機構顧問、国際純正応用化学連合委員。とくに環境問題に高い見識をもち、内分泌撹乱物質問題検討委員会委員(環境省)、化学物質審議会委員(経産省)などのほか、内閣府の総合科学会議環境プロジェクト委員として活躍した。理学博士...
    引用元: http://www.chem-t.com/cgi-bin/passFile/NCODE/10812

  • http://www.pvc.or.jp/news/43-06.html

    ★ 宮本純之博士を招き、内分泌撹乱物質問題テーマにJPEC講演会  本号掲載の《視点 有識者に聞く》にご登場いただいた国際純正応用化学連合(IUPAC) 環境問題上級顧問の宮本純之博士を講師に招いて、当協議会主催の講演会「内分泌撹乱化学物質―研究の現状と課題」が10月30日午後、東京千代田区のJEMAホールで開催されました。講演の中で宮本博士は、内分泌撹乱作用のメカニズムや国際的な協力の中で進められる研究の現状などを説明した上で、「科学者は正しい知見の取得とその正確かつ平易な伝達、産業界はレスポンシブルケアの推進、メディアはセンセイショナリズムを排した正確かつ多面的な報道、行政当局は科学的かつ的確な施策の推進、そして市民は正しい情報を理解する努力が必要」と述べて、化学物質と共存できる社会を国民各層の努力で作っていくことの重要性を訴えました。 ★ 出展レポート(1)/「ジャパンホームショ...
    引用元: http://www.pvc.or.jp/news/43-06.html

  • http://www.jacom.or.jp/archive01/contents_note/huhou/huhou03.html

    ○宮本純之氏(元住友化学工業(株)常務理事 国際純正応用化学連合委員 (財)化学物質評価研究機構技術顧問)は4月14日午前2時32分国立がんセンターで肝不全のため死去。71歳。通夜は16日午後6時から告別式は17日正午12時から築地本願寺第二伝道会館で執り行われる。喪主は妻典子さん。
    引用元: http://www.jacom.or.jp/archive01/contents_note/huhou/huhou03.html

宮本純之 の相関図を読込中

平成13年10月に、宮本純之博士から日本化学会「持続可能な発展におけるリスク研究 と化学者の役割」研究会(略称:リスク研究会)の設立申請書が提出され、平成15年1月 に準備会が発足した。その設置理

スポンサードリンク