宮田年耕の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 国土交通省 道路局 局長 宮田 年耕氏

    宮田 年耕 みやた としたか 広島県出身 56歳 昭和 50年 3月 京都大学院土木工学科修了 昭和 50年 4月 建設省入省 昭和 57年 7月 土木研究所構造橋梁部橋梁研究室主任研究員 昭和 60年 2月 大臣官房政策謀計画官 昭和 62年 1月 道路局企画課課長補佐 平成 2年 4月 中部地方建設局沼津工事事務所長 平成 4年 6月 中部地方建設局企面部企画調査員 平成 5年 4月 有料道路課建設専門官 平成 6年 4月 有料道路課有料道路訓整官 平成 7年 6月 企画課道路事業調整官 平成 8年 7月 建設経済局国際課長 平成 12年 7月 道路局道路環境課長 平成 14年 7月 道路局企画課長 平成 17年 4月 九州地方整備局長 平成 18年 7月 道路局長
    引用元: 国土交通省 道路局 局長 宮田 年耕氏

  • とれいん工房の汽車旅12ヵ月

    国土交通省 の宮田年耕 道路 局長は、 ガソリン (揮発油)税などを集めた 道路特定財源 で「 道路 ミュージカル 」を80回上演し、03〜05年度で計5億2600万円を支出したことを明らかにした。14日の 衆議院 予算委員会 で 保坂展人 議員 ( 社民党 )の指摘に答えた。
    引用元: とれいん工房の汽車旅12ヵ月

  • 前参議院議員山崎力のヤマチャンネル

    今年の講師には前国土交通省道路局長の宮田年耕氏をお願いしました。 課長時代からの付き合いで、道路行政のプロ中のプロです。私が党の国土交通部会長だった6年ほど前から、特に親しくさせていただいていました。昨年夏の退任後、いわば私と同じ浪人中ということで来ていただけました。 行政のある部門の責任者だった人物からナマの考え方、感じ方を聞ける貴重な機会になったと思っています。特に道路整備の遅れが目に付く青森の現状を知る方々にとっては、地元としてこの問題にどう取り組むか、その際に国の立場をどう理解していくかなどについて示唆に富んだ話だったと思いました。
    引用元: 前参議院議員山崎力のヤマチャンネル

  • 【NPO法人 行司】:流れが変わり・・・潮目が変わり始めました。

    国交省道路局長が退任=特定財源めぐる混乱で 政府は24日、国土交通省の宮田年耕道路局長が退任する人事を固めた。道路特定財源の無駄遣い問題などをめぐる混乱を踏まえた。宮田氏は「道路技官のエース」(国交省幹部)とされ、今夏の人事では留任が順当と見られていた。 今回の人事は、秋に控えた道路財源見直し論議を前に、改革に向けた決意を示す狙いもありそうだ。7月4日に発令する同省の幹部人事と併せて発表する予定。 先の通常国会では、道路財源を職員用のマッサージチェアに支出するなどの無駄遣いが明らかになった。道路整備特別会計から収入を得ている公益法人が、職員旅行の費用をほぼ全額負担していたことも分かり、野党の追及を受けた福田康夫首相や冬柴鉄三国交相が釈明に追われた。 国家公務員給与削減を=自民のヒアリングに-橋下大阪知事 自民党の無駄遣い撲滅プロジェクトチーム(座長・園田博之政調会長代理)は25日...
    引用元: 【NPO法人 行司】:流れが変わり・・・潮目が変わり始めました。

  • 難しい議論は要らない。如何に早く造るかだ!

    引き続き、宮田年耕道路局長 (=写真) が「道路と経済・地域振興」と題して講演を行った。 その中で宮田局長は、「人口減少や高齢化、国際競争力などから道路を取り巻く現状は厳しさを増すが、今後の5年から10年が社会資本整備の重要な時期である。東北地方では95%以上が自動車での移動手段を余儀なくされているなど、3大都市や全国を比較しても、まだまだ道路整備は不可欠だ。今後、取り組むべき課題として、未だ6割に過ぎない高規格道路ネットワーク化の整備促進だ。実現すれば、高速道路沿線に工業団地の立地が増え、工業出荷額が大きく伸びる。浜通り地方では、高速道路のネットワーク化によって、高級鮮魚をそのまま首都圏へ直送できるし、Jヴィレッジを活用した地域の振興が図られる。また、輸送時間短縮によって、生命の確保や緊急医療機関へのアクセスが容易になる」と説明した。問題の115号線については、「線形不良区間が多く(R...
    引用元: 難しい議論は要らない。如何に早く造るかだ!

  • 日本風景街道シンポジウム - 女性モータージャーナリスト竹岡圭の晴れ女 ...

    日本風景街道シンポジウムに行ってきました〜。 今回私の役はパネリスト。 国土交通省 道路局長 宮田年耕さんのご挨拶に始まり 東京工業大学名誉教授の中村良夫先生の基調講演 そして 日本経済団体連合会 名誉会長の奥田碩さん 筑波大学大学院システム情報工学研究科 教授の石田東生さん 東オホーツク・シーニックバイウェイ連携会議 代表の高谷弘志 女優の吉本多香実さん 国土交通省 技監の谷口博昭さん と、私、竹岡圭 のパネルディスカッション。 コーディネータートしてNPO法人環境システム研究会 理事長の横島庄治さんが まとめてくださいました。 シーニックバイウェイというのは直訳するとわき道のことらしいんですが ようは中心に道があるのを前提に 美しい景観とはどんなものなのか? 美しい景観を保ち続けるためにはどんなことをやっていたらいいのか? というようなことをさまざまな方面からディスカッションしていくと...
    引用元: 日本風景街道シンポジウム - 女性モータージャーナリスト竹岡圭の晴れ女 ...

  • マーサの時事日記。がんばれ民主党!:国交省は公明党冬柴の嘘は無視して、B ...

    国交省は公明党冬柴の嘘は無視して、Bバイシー1.2を厳守しろ!(参議院予算委員会より) (宮田道路局長Bバイシー1.2と明言) (政府参考人(宮田年耕君) 二月二十八日政府統一見解、読み上げさせていただきます。 一、道路事業においては、便益が費用を上回る、BバイCが一を超えることを採択の基準としているところ。 二、今般、中期計画に合わせて行った高規格幹線道路の未供用区間についての「点検」では、平成十七年の交通センサスを基にした交通量予測値が減少傾向にあることを踏まえ、費用対便益の計算で通常一・〇を用いるところを、交通需要の変動に備えるため、一・二に引き上げて「検証」を行ったところ。 この場合、一・二を下回るものについては、恒久二車線化や一部現道の活用等により、費用対便益が一・二を上回ることが確認されない限り、整備は行わないということを申し上げてきた。 三、ただし、このことをもって高...
    引用元: マーサの時事日記。がんばれ民主党!:国交省は公明党冬柴の嘘は無視して、B ...

  • 自動車会議所ニュース2009年4月

    第152回会員研修会「高速道路の現状と将来」 国土交通省前道路局長 宮田年耕氏が講演 日本自動車会議所は3月24日、東京・港区の日本自動車会館「くるまプラザ」会議室で「高速道路の現状と将来」をテーマに第152回会員研修会を開催し、国土交通省の前道路局長、宮田年耕氏(現在、筑波大学大学院客員教授、鐵鋼スラグ協会顧問)が道路関係4公団の民営化から現在に至る議論のポイントなどを解説しながら、今後の道路行政のあり方や課題について講演した。宮田氏は昭和50年に旧建設省に入省後、道路局企画課長などを歴任し、平成18年から20年まで道路局長を務めるなど、道路行政のエキスパートとして知られる。参加者は約70名。 昭和62年6月に閣議決定された「四全総」によると、政府は国土の骨格となる基幹的な高速陸上交通網として、高規格幹線道路網約1万4,000kmを整備することにしている。高規格幹...
    引用元: 自動車会議所ニュース2009年4月

  • 但馬情報特急 - 但馬を拓く道づくりシンポジウム

    開催日2007年8月26日(日) 活力ある地域づくりをめざして ■オープニング ・おおや和太鼓衆「綺羅星」演奏 ■基調講演 宮田年耕 氏(国土交通省道路局長) ■パネルディスカッション ・パネリスト 泉 眞也 氏(但馬ふるさとづくり大学初代学長) 中貝宗治 氏(豊岡市長) 西村美恵 氏(城崎温泉「西村屋」女将) 宮田年耕 氏(国土交通省道路局長) ・コーディネーター 大桃美代子 氏(タレント) −申し込み− 〒650-8571(住所不要) 神戸新聞社広告局業務推進部「但馬を拓く道づくりシンポジウム」係 FAX/078-361-7802、MAIL/ ad-gyomu@kobe-np.co.jp ※上記あて先に、郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号を明記し、はがきまたはFAX、Eメールにてお申し込みください。 先着100人に聴講券をお送りします。 入場料 無料 時間 14:00~16:0...
    引用元: 但馬情報特急 - 但馬を拓く道づくりシンポジウム

  • 公明党 前衆議院議員 いとう渉 - 活動報告: 環状2号線の西南部・南部 ...

    9月4日、いとう渉は名古屋環状2号線(西南部・南部)港区南陽地区整備促進委員会の小塚博会長、西賢二、服部道夫両副会長とともに、国土交通省を訪れ、宮田年耕道路局長に対し、名古屋環状2号線の整備促進に関する要望書を3万3600人の署名簿を添えて提出しました。これには、公明党の江口文雄・名古屋市議をはじめ、自民党の県議、県・市の関係者が同席しました。 市の外周部に整備する名古屋環状2号線は、名古屋都市圏の主軸の道路で、東部と東南部で2010年度の開通に向けて着々と工事が進む一方、名古屋港へのアクセスとして重要な西南部と南部の区間が唯一、事業化されていません。 席上、小塚会長らは、7月に冬柴鉄三国交相(公明党)に対し、同区間について早期に整備計画に格上げし、事業着手を求めたことに触れ、「一日も早い整備をお願いしたい」と強く訴えました。 これに対し、宮田局長は「年末までに(道路整備のあり方を示す)中...
    引用元: 公明党 前衆議院議員 いとう渉 - 活動報告: 環状2号線の西南部・南部 ...

  • アクセス新聞一覧|資料ダウンロード|全国仮設安全事業協同組合 (アクセス)

    宮田年耕国土交通省道路局長・小野辰雄理事長対談(トップ記事) 自治体の建設関係部長に聞く。1 静岡県 古川博一氏 前静岡県土木部長 総会案内 足場の安全性の分類 仮設安全監理者 建設関係資格取得マニュアルに掲載 平成19年度仮設安全監理者特別教育講習会日程
    引用元: アクセス新聞一覧|資料ダウンロード|全国仮設安全事業協同組合 (アクセス)

  • [わかやま新報] がんばってます [2007二階俊博]紀伊半島一周へ新た ...

    2007年11月11日多くの県民の皆さんが待ち望んでいた「高速道路を南紀に」の合言葉に応えて、田辺市で盛大に開通式を迎えた 式典には、冬柴鐵三国土交通大臣、谷口博昭国土交通省建設技監、宮田年耕道路局長、石田孝西日本高速道路株式会社会長、仁坂吉伸和歌山県知事等が顔をそろえておられ、国会議員も自民党から鶴保庸介、世耕弘成、公明党・西博義、民主党・大江康弘の各氏と私が出席した。 紀伊半島一周の夢を乗せて、正確にはこの日の午前11時11分、南紀田辺を出発した。みなべICから南紀田辺ICまでの開通ではあるが、地元の皆さんや私たちの願いは紀伊半島一周への新たなスタートの日と位置づけしている。田辺までの開通はようやく紀伊半島一周への悲願が半分が達成されたことになる。残りの半分、三重県との県境までの実現への熱い想いを込めて県民の代表が集まっていた。 国土交通省は厳しい財政事情の中でも、これだけは地元の要望...
    引用元: [わかやま新報] がんばってます [2007二階俊博]紀伊半島一周へ新た ...

  • 国交省 幹部人事を発表---道路局長、異例の退任(レスポンス)27日23 ...

    話題のニュースですね。 え・・・そんな・・・ 幹部人について、もっと掘り下げて調べてみます。 宮田年耕道路局長に関して気になることはもちろんですが、道路局長や本田勝自動車交通局長はなんだかとても楽しそうですね。 なんと、内藤政彦東北運輸局長は、とてもすごいと思います。 かつ、気になったこととして、新日石とガソリンについて、とても気になります。 そして実は、カーライフはなかなか良さそうです。 冬柴国土交通相は26日、峰久事務次官が勇退し、春田国土交通審議官が次官に昇格する幹部人事を決め、発表した。7月4日付で発令する。局長級では、宮田年耕道路局長が退任し、後任には金井道夫中部地方整備局長が就く。道路局長の退任は異例で、道路財源無駄遣いなどの責任をとった格好だ。本田勝自動車交通局長は留任。自動車交通局の技術安全部長は、松本和良部長が勇退し、後任に内藤政彦東北運輸局長が昇格する。《レスポンス 編...
    引用元: 国交省 幹部人事を発表---道路局長、異例の退任(レスポンス)27日23 ...

  • ラーメンツケメ~ン

    話題のニュースですね。 え・・・そんな・・・ 幹部人について、もっと掘り下げて調べてみます。 宮田年耕道路局長に関して気になることはもちろんですが、道路局長や本田勝自動車交通局長はなんだかとても楽しそうですね。 なんと、内藤政彦東北運輸局長は、とてもすごいと思います。 かつ、気になったこととして、新日石とガソリンについて、とても気になります。 そして実は、カーライフはなかなか良さそうです。 冬柴国土交通相は26日、峰久事務次官が勇退し、春田国土交通審議官が次官に昇格する幹部人事を決め、発表した。7月4日付で発令する。局長級では、宮田年耕道路局長が退任し、後任には金井道夫中部地方整備局長が就く。道路局長の退任は異例で、道路財源無駄遣いなどの責任をとった格好だ。本田勝自動車交通局長は留任。自動車交通局の技術安全部長は、松本和良部長が勇退し、後任に内藤政彦東北運輸局長が昇格する。《レスポンス 編...
    引用元: ラーメンツケメ~ン

  • 建設省

    女性時報のTOPへ 国土交通省の目次へ 皇室、国と国、絆に強い意志 建設省建設経済局国際課長 宮田年耕氏 建設省としても建設関連企業の海外での活動を支援していくことが重要、と宮田年耕氏(本省で) JICA,OECFなどの経済援助および技術協力は、アジア諸国のみならず世界の国々の基盤づくりに大きく関与して、ODAの質的変化の要請にも対応し、環境案件に対して円借款のレートが0.75%とさらに低く、中国をはじめ世界の森林保護、水質汚染防止に役立てようとの試みが実施されている。国際協力の中で日本が蓄積した技術を世界の国々に伝えていくことも重要と考え、地震国の技術者の人達が日本の耐震に関する最先端の技術を習得し、自国に活かせるシステム造りを構築していくことは極めて有効で、日々の積み重ねがベーシックなインフラを造る基礎となることは明白。日本が途上国...
    引用元: 建設省

宮田年耕 の相関図を読込中

宮田 年耕 みやた としたか 広島県出身 56歳 昭和 50年 3月 京都大学院土木工学科修了 昭和 50年 4月 建設省入省 昭和 57年 7月 土木研究所構造橋梁部橋梁研究室主任研究員 昭和 60

スポンサードリンク