寺澤有の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • <紹介>寺澤有氏がニュースブログを立ち上げる: 情報紙「ストレイ・ドッグ ...

    <紹介>寺澤有氏がニュースブログを立ち上げる 本紙でも、記者クラブの在り方を問うて国を提訴した「記者クラブ訴訟」で何度も紹介、そして、武富士事件では共闘して来たフリーライター仲間の寺澤有氏が、9月9日、 ニュースブログを立ち上げた 。 特に警察の不正情報に強く、これまで寺澤氏の記事が契機となり、首になった警官は数知れず。警視庁本庁からは「出入り禁止」、「敷地内に一歩入っただけで逮捕」とまで恐れられているほど。記者仲間の間では誰もが知るカリスマ的御仁。とはいえ、1967年生まれとまだまだ若い。警察の他、検察、裁判所、会計検査院など、聖域になりがちな組織の腐敗を単行本の他、『週刊現代』、『フライデー』、『週刊プレイボーイ』『フラッシュ』等で徹底追及している。 2005年9月11日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事 アクセス・ジャーナルへ 2005.09.11 報道・マスコミ |...
    引用元: <紹介>寺澤有氏がニュースブログを立ち上げる: 情報紙「ストレイ・ドッグ ...

  • プロフィール

    寺澤 有 (てらさわ ゆう) 1967年2月9日、東京生まれ。大学在学中の1989年からジャーナリストとして、警察や検察、裁判所、弁護士会、会計検査院、防衛省、記者クラブ、大企業などの聖域となりがちな組織の腐敗を追及しはじめる。 過去2回、平沢勝栄・衆議院議員(元警察庁キャリア)と消費者金融大手・武富士から名誉毀損で提訴されるが(損害賠償請求金額は、前者が1780万円、後者が2億円)、どちらも勝利。 2009年公開の映画『ポチの告白』(高橋玄監督)では、原案協力者とスーパーバイザーを務め、特別出演(裁判所職員役)も果たした。 著書(編著、共著も含む)に、『警察庁出入り禁止』(風雅書房)、『PL法があなたを守る 欠陥商品のトラブル解決法』(同)、『PL法事始』(三一書房)、『警察がインターネットを制圧する日』(メディアワークス)、『おまわりさんは税金ドロボウ』(同)、『交通取り締まりのタブー...
    引用元: プロフィール

  • アクセスジャーナル - News & Features

    <紹介>寺澤有氏がニュースブログを立ち上げる カテゴリ: 報道・マスコミ : 執筆者: Yamaoka (2:20 pm) 本紙でも、記者クラブの在り方を問うて国を提訴した「記者クラブ訴訟」で何度も紹介、そして、武富士事件では共闘して来たフリーライター仲間の寺澤有氏(写真)は9月9日、 ニュースブログを立ち上げた 。 特に警察の不正情報に強く、これまで寺澤氏の記事が契機となり、首になった警官は数知れず。警視庁本庁からは「出入り禁止」、「敷地内に一歩入っただけで逮捕」とまで恐れられているほど。記者仲間の間では誰もが知るカリスマ的御仁。とはいえ、1967年生まれとまだまだ若い。警察の他、検察、裁判所、会計検査院など、聖域になりがちな組織の腐敗を単行本の他、『週刊現代』、『フライデー』、『週刊プレイボーイ』『フラッシュ』等で徹底追及している。 この続きを読むには有料購読の登録が必要です。 ...
    引用元: アクセスジャーナル - News & Features

  • 寺澤有「国家公安委員長の記者会見に出席させろ」: 草の実アカデミー(第二 ...

    寺澤有「国家公安委員長の記者会見に出席させろ」 寺澤有(ジャーナリスト)といえば、警察の腐敗追及で知られる。 報道されない警察とマスコミの腐敗~映画「ポチの告白」が暴いたもの(発行インシデンツ) という著書がある。第一言論(記者クラブ加盟社など大マスコミ)に対しても手厳しく、記者会見開放も昔から要求している人物だ。 中井ひろし国家公安委員長の記者会見出席妨害をめぐって訴訟を起こしていもいる。そのため「5・23第二言論サミット」の発言テーマはズバリ「国家公安委員長の記者会見に出席させろ」だ。 実は、寺澤氏がこの「5・23第二言論サミット」の発想の生みの親という見方もできるのである。といっても彼がこの企画を言い出したのではないし、そんなことを言ったらご本人が驚くだろう。それには説明が必要である。 ◇「日刊ソルダート」構想から第二言論サミットへ 2006年、相談しただけで何もしていなくても罪にな...
    引用元: 寺澤有「国家公安委員長の記者会見に出席させろ」: 草の実アカデミー(第二 ...

  • 28.29日のチラシを作りましたよ : 佐賀新聞労組のブログ

    < 5月28日に寺澤有さん、常岡浩介さんを招き市民対話集会 UST中継もニコ生もやりますよー > 5月 16 28.29日のチラシを作りましたよ 佐賀新聞労組の猫手企画です。 さて、今月28.29日のイベントチラシを作りましたよ。 関係各所には開催概要は通知してあると思いますが、イベントまであと2週間を切ったところで、東電並みの後出しで大変恐縮です...。ご興味もっていただければ幸いです。 ■ 5月28日(土)市民対話集会チラシ (PDF:552KB) ■ 5月29日(日)結成50周年記念講演会チラシ (PDF:388KB) 29日分は参加締め切りが今日になっていますが、もう少し大丈夫じゃないかな〜?! 何にせよ参加申込は必要ですので、お気軽にお問い合わせください。 ○50周年実行委員会事務局 〒840-8585 佐賀市天神3-2-23 (佐賀新聞労働組合内) sagaroso@b...
    引用元: 28.29日のチラシを作りましたよ : 佐賀新聞労組のブログ

  • 寺澤有 (Yu_TERASAWA) on Twitter

    Name 寺澤有 Location 東京都 Web http://www.incide... Bio 1967年2月9日、東京生まれ。大学在学中の1989年からジャーナリストとして、警察や検察、裁判所、弁護士会、会計検査院、防衛省、記者クラブ、大企業などの聖域となりがちな組織の腐敗を追及しはじめる。 117 Following 8,817 Followers 1,240 Listed 1,128 Tweets Favorites Following View all… RSS feed of Yu_TERASAWA's tweets RSS feed of Yu_TERASAWA's favorites
    引用元: 寺澤有 (Yu_TERASAWA) on Twitter

  • ジャーナリストの寺澤有氏の、取材妨害禁止仮処分命令申立事件の決定通知 ...

    ジャーナリストの寺澤有氏の、取材妨害禁止仮処分命令申立事件の決定通知(東京地検) 2010年04月06日(火) | カテゴリ Web Journal , 政治 | コメント 旧知のジャーナリスト・寺澤有氏が、警察庁における中井国家公安委員長の記者会見に出席させないのは、取材妨害にあたるとして、3月8日、東京地検に取材妨害禁止の仮処分命令の申立を行っていました。その申し立てに対する決定が通知されましたので、以下、 ジャーナリストの寺澤有氏の、取材妨害禁止仮処分命令申立事件の決定通知(東京地検)決定の PDF(1.35MB)) をアップします。 寺澤さんご本人の、多くの方々に事実を知ってもらいたいという希望もありますので、コピー、リンク、拡散、自由といたします。 ※公開した文書に、個人情報と思われるものが含まれていますが、そちらも含め寺澤氏本人から公開して問題ないと確認をとっています。 wri...
    引用元: ジャーナリストの寺澤有氏の、取材妨害禁止仮処分命令申立事件の決定通知 ...

  • <記事紹介>「守屋前次官が名指しした男(防衛省官僚)」(寺澤有 ...

    <記事紹介>「守屋前次官が名指しした男(防衛省官僚)」(寺澤有。『フラッシュ』3月11日号) 今週発売の写真週刊誌『フラッシュ』に、注目すべき記事が出ている。昨年11月、参議院外交防衛委員会で行われた守屋武昌前防衛事務次官に対する証人喚問で、守屋氏が山田洋行から接待を受けた席で、他の防衛省官僚と出くわすことはなかったか旨の質問があった。これに対し、守屋氏がただ一人、姓だけとはいえ、実名を挙げた人物がいた。「フクヤマ」だったが、その後、大手マスコミはなぜか、まったくその人物が誰か追及していない。ジャーナリストの寺澤有氏はこの人物(元陸将)を特定。しかも、コスプレ写真まで入手、さらにある贈収賄疑惑まで取り上げている。その人物とは……。 2008年3月1日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事 アクセス・ジャーナルへ 2008.03.01 防衛(久間章生) | 固定リンク « <連載...
    引用元: <記事紹介>「守屋前次官が名指しした男(防衛省官僚)」(寺澤有 ...

  • THE INCIDENTS(インシデンツ)

    トップ 記事 カレンダー プロフィール 作者 寺澤有(ジャーナリスト) 作者プロフィール 1967年2月9日生まれ。警察や検察、裁判所、会計検査院、防衛省、記者クラブなどの聖域となりがちな組織の腐敗を追及する。 メッセージを送る 月額料金: 525円(税込) 申し込む »プロフィール プロフィール 作者プロフィール 1967年2月9日生まれ。警察や検察、裁判所、会計検査院、防衛省、記者クラブなどの聖域となりがちな組織の腐敗を追及する。 Maglogプロフィール 寺澤有(ジャーナリスト)が編集長を務めるブログ
    引用元: THE INCIDENTS(インシデンツ)

  • THE INCIDENTS(インシデンツ)

    作者 寺澤有(ジャーナリスト) 作者プロフィール 1967年2月9日生まれ。警察や検察、裁判所、会計検査院、防衛省、記者クラブなどの聖域となりがちな組織の腐敗を追及する。 メッセージを送る 月額料金: 525円(税込) 申し込む »プロフィール
    引用元: THE INCIDENTS(インシデンツ)

  • 「寺澤有」 【人物情報】 - NAVERテーマ検索

    http://mynewsjapan.com/projects/60?page=2 寺澤有 てらさわゆう 生年月日 1967年2月9日 職種 ジャーナリスト 性別 男 星座 みずがめ座 出身 東京(日本 ) 関連リンク 公式サイト 公式ブログ 公式ブログ 寺澤有との関連検索 同じ年生まれの人物 同じ職種の人物 同じ出身の人物 同じ星座の人物 今、話題の人物 もっと見る 武井咲 史上最年少受賞「最もユリの似合う女性」に 庄司智春 庄司、接触事故を謝罪 北村昭博 映画「ムカデ人間」がい旋舞台挨拶 人物ファインダー 職種などによる絞り込み検索 主な活動 もっと見る 2009 映画 『 ポチの告白 』 (2009年01月) 特別出演 1990 経歴 中央大学 法学部 卒業 (1990年) その他 書籍 『知らないと損する交通違...
    引用元: 「寺澤有」 【人物情報】 - NAVERテーマ検索

  • 【オリコンうがや訴訟12】9999万円の和解金を拒否し、武富士に1兆円 ...

    寺澤有さん。 ジャーナリスト。1967年生まれ。中央大学法学部在学中からジャーナリストとして、警察や検察、裁判所、会計検査院、防衛庁、記者クラブなどの聖域となりがちな組織の腐敗を追及し始める。著書に『警察庁出入り禁止』(風雅書房)、『PL法事始』(三一書房・共著)などがある。 共謀罪反対 オリコンが烏賀陽弘道氏に起こした「恫喝訴訟」から1年。裁判は結審した。警察権力の監視をライフワークにするジャーナリスト寺澤有氏は、警察官への損害賠償請求に始まり、政治家の平沢勝栄から名誉毀損、武富士から2億円の損害賠償請求を起こされ、弁護士費用や経費は計600万円に。武富士には2億2千万円で反訴し、武井会長の逮捕後に上限「9999万円」で懐柔してきたが、「なめるのにもほどがある」と和解条項を蹴った。政治家や企業からの恫喝訴訟、さらに裁判所とも闘ってきた寺澤氏に、裁判の闘い方、制裁の方法について語...
    引用元: 【オリコンうがや訴訟12】9999万円の和解金を拒否し、武富士に1兆円 ...

  • 書籍出版 双風舎

    2009年2月24日 (火) 本の紹介(寺澤有著『報道されない警察とマスコミの腐敗』) 『「子猫殺し」を語る』の配本が1日おくれて、2月26日になりました。印刷工程でトラブルがあったようです。刊行を心待ちにしていただいている読者のみなさんに、深くお詫びいたします。 そんなわけで、同書は本来なら2月25日に配本予定だったのですが、じつはその日には、同じ印刷所で刷り、同じ取次から流通させる、別の会社の本がありました。その本の名前は『報道されない警察とマスコミの腐敗――映画「ポチの告白」が暴いたもの』、著者は友人の寺澤有さん(警察ジャーナリスト)、出版社は「インシデンツ」です。 同社は、寺澤が立ちあげた新しい出版社で、この本が第一作目となります。警察とマスコミの腐った実態を描いた映画『ポチの告白」をめぐる多くの関係者に、ディープなインタビューを重ね、それを収録した本です。 超おもしろそうな...
    引用元: 書籍出版 双風舎

  • 外伝「寺澤有ついに逮捕」編 その2 | 共謀罪ブログ

    「外伝「寺澤有ついに逮捕」編 その2」 清水直子 共謀罪シミュレーション小説「今日のキョーボー罪」 外伝「寺澤有ついに逮捕」編 その2 これはフィクションである。 共謀罪法案成立以後、寺澤の警察追及は、確実に失速していた。 内部告発を受けても、裏帳簿の持ち出しを頼んだら、窃盗の共謀罪に問われてしまう。警察のワナだったら、なおさら危険だ。 「もう、潮時か……」 あれは、高校3年生の春だった。寺澤は、自宅近くでバイクRZ250Rに乗っていて、「レーダー式速度取締機」を使った“ネズミ捕り”で、デタラメな検挙をされた。レーダーの測定値をみると、制限速度時速40キロの道路を時速60キロで走行したことになっていた。しかし、実際は、うららかな空気を満喫しようとあえてゆっくりバイクを走らせていたのだ。時速40キロも出ていないと断言できた。 当然、警察官に抗議をしたが、「お巡りさんもそんなにスピードが出てい...
    引用元: 外伝「寺澤有ついに逮捕」編 その2 | 共謀罪ブログ

  • <記事紹介>「警察天下り『おねだり企業』393社全リスト!」(寺澤有 ...

    <記事紹介>「警察天下り『おねだり企業』393社全リスト!」(寺澤有。『フラッシュ』08年4月29日号) 本紙予告通り、『宝島』掲載拒否の圧力にめげることなく、ジャーナリスト・寺澤有氏が取材・執筆した警視庁天下りに関する記事が、4月15日発売の写真週刊誌『フラッシュ』に掲載されている(5頁)。寺澤氏は、警視庁に企業等が求人情報を出しており、わが国警察は各自治体管轄なので、警視庁の場合、東京都情報公開条例により公開せざるを得ないことに目を付け、過去2年ほどの求人票を入手してこのリストを作成した。以下に、その求人票サンプルを転載するが、一般企業の場合は黒塗り部分が多いが、警察関連団体などはほとんどの部分が公開されている。これだけ聞けば、単にリストを公開しているだけと思われるかも知れない。だが、天下り批判をかわすためにアリバイ的に求人しているケースもかなりあると見られるし、採用されれば、何か事件...
    引用元: <記事紹介>「警察天下り『おねだり企業』393社全リスト!」(寺澤有 ...

  • 街カフェTV/街づくり市民会議 解説高知白バイ事件・あそび山事件 高知 ...

    【寺澤有氏 略歴】 1967年2月9日、東京生まれ。大学在学中の1989年からジャーナリストとして、警察や検察、裁判所、弁護士会、会計検査院、防衛省、記者クラブ、大企業などの聖域となりがちな組織の腐敗を追及しはじめる。
    引用元: 街カフェTV/街づくり市民会議 解説高知白バイ事件・あそび山事件 高知 ...

  • 国労西日本本部大会と堺の「大浜まつり」、寺澤有氏と飲む

    国労西日本本部大会と堺の「大浜まつり」、寺澤有氏と飲む 今日から国労西日本本部の定期大会。来賓としてお招きいただいて、日本共産党を代表して連帯のあいさつをさせていただきました。私の初当選の直後、98年秋の臨時国会に旧国鉄債務の処理法案が提出され、私の初仕事はその論繊に立つことでした。(詳しくは「国会論戦データ」http://www.miyamoto-net.net/sanin/981014.html#topを参照して下さい) この論戦で私は、国鉄債務処理についてのわが党の基本的立場をしめすとともに、積極的な修正案を対置してたたかいました。同時に、もう一つの未解決の問題として「1047名のJR不採用問題」があることを指摘し、政府の責任で解決することを求めました。当時の小渕首相は私の質問に「引き続き努力してまいる所存でございます」と答弁しましたが、その後9年を経過して今なお解決していません。...
    引用元: 国労西日本本部大会と堺の「大浜まつり」、寺澤有氏と飲む

  • 【ミニ情報】警察問題ジャーナリスト寺澤有・原案協力の映画『ポチの告白 ...

    【ミニ情報】警察問題ジャーナリスト寺澤有・原案協力の映画『ポチの告白』(高橋玄監督作品) 最近、本誌はジャーナリストの寺澤有氏とひさびさに会う機会があった。その際に手渡されたのが左のハガキ。細かい字で何やらびっしりと書かれていたが、本誌は何のことかよく分からず、ジャケットの内ポケットにハガキをしまい込んでしまった。要は興味がなく、早く本題に入りたかったわけである。 そんな本誌の所作を見逃さないのが、寺澤有の寺澤有たる所以だ。後日メールで、『ポチの告白』を「商業映画として制作、公開するのは大変だったんですよ」と伝えてきた。その時、初めてこのハガキが試写会の入場券を兼ねていることを知ったという次第である。 そして、寺澤氏が教えてくれた『ポチの告白』の予告編(=左写真)を見てみた。これはハッキリ言って、たいへんな問題作になることは間違いない、と思った。予告編を見ただけでもそれがヒシヒシと伝わって...
    引用元: 【ミニ情報】警察問題ジャーナリスト寺澤有・原案協力の映画『ポチの告白 ...

  • 寺澤有氏、『交通取り締まりのタブー!』出版: 情報紙「ストレイ・ドッグ ...

    寺澤有氏、『交通取り締まりのタブー!』出版 ●4月1日より発売。宝島社『別冊宝島Real063』 フリーライター仲間で、警察問題に滅法強い寺澤有氏が、『交通取り締まりのタブー! 反則金+放置駐車違反金で1千億円超え! お巡りさんウハウハのカラクリ』(1470円)なるタイトルの新書を出した。 交通取り締まり名目で、警察がいかに利権を手にしているのか、全編に渡り暴露されており、まさに寺澤氏故のつくりと内容。 なかでも注目されるのが、オービス(速度違反自動監視装置)裁判闘争記。実は寺澤氏自身、このオービスで測定され、スピード違反の通知を受けたのだが、それは「誤作動」していて冤罪と主張し、以来、実に5年近く、公判20回以上を経て徹底抗戦しているのだ。そして、その過程では、何とあのオカルト大嫌いの大槻(義彦早稲田大)教授が寺澤氏側の証人として出廷し、オービスは「誤動作」すると証言しているのだ。その大...
    引用元: 寺澤有氏、『交通取り締まりのタブー!』出版: 情報紙「ストレイ・ドッグ ...

  • COHAKU KAIRASHI

    光のこと、技術的なこと、 一眼レフからコンパクトデジタルカメラ、 簡単なことから難しいことまで、気軽にあれこれレクチャーしていただけます。 <プロフィール> 寺澤有雅 1973年静岡県生まれ 東京都在住 コマーシャルを中心に活動中 http://arigapictures.co.jp <日時> 6月17(金) 1回目 11:00~13:00 2回目 15:00~17:00 6月18 (土) 1回目 11:00~13:00 2回目 15:00~17:00 参加料金 ¥2,000 (お茶・お菓子付) カメラ&他機材・撮りたいモノ&素材がありましたらご持参ください。 なお、頂戴した参加料金のうち¥1,500と、展示物の収益全額を、 東日本大震災への義援金として、日本赤十字社へ寄付させていただきます。 <申し込み方法> ご希望のお日にちと時間帯、参加者全員のお名前を明記の上、 メールにてお申込みく...
    引用元: COHAKU KAIRASHI

  • 報道の自由求め 寺澤有氏の記者クラブ訴訟、進行中:MyNewsJapan

    報道の自由求め 寺澤有氏の記者クラブ訴訟、進行中 岡崎新 09:23 06/03 2005 原告による「意見陳述書」と、フリーランスとして発行された取材許可証(2004年12月15日) きたる2005年6月8日午前10時30分、東京地裁527号法廷にて、フリージャーナリスト寺澤有氏本人が、自身にとって2つ目となる「記者クラブ訴訟」の尋問で法廷に立ち、記者クラブ制度の問題点を陳述する。この日本における「報道の自由」の実態が明らかになる裁判について、マスコミは一切報じていない。 本訴訟は、寺澤氏が、記者クラブ所属の報道機関とは異なる差別的待遇を受け不利益を被ったとして、国を被告として、国家賠償法に基づき248万円の賠償を請求しているもの。裁判所が「司法記者クラブ」に所属する記者にしか傍聴席と判決要旨を交付しないのは、憲法十四条(法の下の平等)と、憲法二一条(表現...
    引用元: 報道の自由求め 寺澤有氏の記者クラブ訴訟、進行中:MyNewsJapan

寺澤有 の相関図を読込中

<紹介>寺澤有氏がニュースブログを立ち上げる 本紙でも、記者クラブの在り方を問うて国を提訴した「記者クラブ訴訟」で何度も紹介、そして、武富士事件では共闘して来たフリーライター仲間の寺澤有氏が、9月9日

スポンサードリンク