小尾嘉郎の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 小尾嘉郎

    小尾嘉郎 おび かろう 1898.5.20(明治31)〜 1974.12.8(昭和49) 大正 昭和期の建築技手 埋葬場所: 2区 2種 6側 山梨県北巨摩甲村字五町田(現 高根町)出身。父が相場に失敗し財産を失う。1918(T7)名古屋高等工業建築科に第14期生として入学。 この時の建築科長は夏目漱石の義弟としても知られる鈴木禎次(雑司が谷にある漱石の墓石は鈴木のデザイン)である。 嘉郎は鈴木の助手として松坂屋の設計を数多く手がけた。21卒業し,東京市電気局工務課に勤務。 住宅の懸賞設計にこつこつと応募し,そして26に,震災で焼失した庁舎を再建するための神奈川県庁舎懸賞設計競技に応募し,一等(賞金五千円)に当選した(発表は6月)。審査委員長は佐野利器。当時の神奈川県知事は池田宏(2-1-2-5)であった。 また軍人会館(現在の九段会館)建築設計案懸賞募集に応募し,佳作に入選...
    引用元: 小尾嘉郎

  • http://tabireki70.blog114.fc2.com/blog-entry-305.html

    これを受けて再建されたのが現在の第4代目の県庁舎です。 この第4代目の建設に当たっては、初めて建設設計を公開コンペにより幅広く建築家を募集したそうです。 このコンペの結果、採用されたのが「小尾嘉郎」という方の案でした。 小尾嘉郎(おびかろう)という人は、1898(明治31)年、山梨県出身の建築技手です。名古屋高等工業建築科に入学し、当時建築科長であった夏目漱石の義弟である鈴木禎次の助手として松坂屋の設計を多く手掛け、卒業後は1921(大正10)年、東京市電気局工務課に勤務する傍ら住宅の懸賞設計にこつこつと応募していたようです。 そして、1926(大正15 昭和元)年、神奈川県庁舎コンペで賞金5,000円の1等に当選したのでした。 昭和初期の金銭価値から言えば、当時の米10kgが3円20銭、コーヒー1杯が10銭のだったようですので、当時の1円は現在の凡そ2,000~3,000円と換算されると...
    引用元: http://tabireki70.blog114.fc2.com/blog-entry-305.html

  • http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%9D%E5%86%A0%E4%BD%B5%E5%90%88%E5%BC%8F

    神奈川県庁舎 (小尾嘉郎、成富又三、1928) 名古屋市庁舎 (平林金吾、1933) 京都市美術館 (前田健二郎、1933) 軍人会館(現 九段会館) (川元良一、1934) 関東軍司令部 (現 中国共産党吉林省委員会)(1934) 静岡県庁舎 (中村與資平、1937) 東京帝室博物館 (現 東京国立博物館) (渡辺仁、1937) 樺太庁博物館 (現 サハリン州郷土博物館) (貝塚良雄、1937) 満州国国務院 (現 吉林大学校舎) (1939) 台湾高雄市役所 (現 高雄市立歴史博物館) (大野米次郎、1939) 満州国軍事部 (現 吉林大学校舎) 満州国司法部 (現 吉林大学校舎)
    引用元: http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%9D%E5%86%A0%E4%BD%B5%E5%90%88%E5%BC%8F

  • http://jiten.biglobe.ne.jp/j/07/cc/41/67f544ff4a4bf489ed98745c1124bfb4.htm

    神奈川県庁舎 (小尾嘉郎、成富又三、1928) 名古屋市庁舎 (平林金吾、1933) 京都市美術館 (前田健二郎、1933) 軍人会館(現 九段会館) (川元良一、1934) 関東軍司令部 (現 中国共産党吉林省委員会)(1934) 静岡県庁舎 (中村與資平、1937) 東京帝室博物館 (現 東京国立博物館) (渡辺仁、1937) 樺太庁博物館 (現 サハリン州郷土博物館) (貝塚良雄、1937) 満州国国務院 (現 吉林大学校舎) (1939) 台湾高雄市役所 (現 高雄市立歴史博物館) (大野米次郎、1939) 満州国軍事部 (現 吉林大学校舎) 満州国司法部 (現 吉林大学校舎)
    引用元: http://jiten.biglobe.ne.jp/j/07/cc/41/67f544ff4a4bf489ed98745c1124bfb4.htm

  • http://tabireki70.blog114.fc2.com/?mode=m&no=305

    これを受けて再建されたのが現在の第4代目の県庁舎です。 この第4代目の建設に当たっては、初めて建設設計を公開コンペにより幅広く建築家を募集したそうです。 このコンペの結果、採用されたのが「小尾嘉郎」という方の案でした。 小尾嘉郎(おびかろう)という人は、1898(明治31)年、山梨県出身の建築技手です。名古屋高等工業建築科に入学し、当時建築科長であった夏目漱石の義弟である鈴木禎次の助手として松坂屋の設計を多く手掛け、卒業後は1921(大正10)年、東京市電気局工務課に勤務する傍ら住宅の懸賞設計にこつこつと応募していたようです。 そして、1926(大正15 昭和元)年、神奈川県庁舎コンペで賞金5,000円の1等に当選したのでした。 昭和初期の金銭価値から言えば、当時の米10kgが3円20銭、コーヒー1杯が10銭のだったようですので、当時の1円は現在の凡そ2,000〜3,000円と換算されると...
    引用元: http://tabireki70.blog114.fc2.com/?mode=m&no=305

  • http://wpedia.goo.ne.jp/wiki/%E5%B8%9D%E5%86%A0%E4%BD%B5%E5%90%88%E5%BC%8F

    神奈川県庁舎 (小尾嘉郎、成富又三、1928) 名古屋市庁舎 (平林金吾、1933) 京都市美術館 (前田健二郎、1933) 軍人会館(現 九段会館) (川元良一、1934) 関東軍司令部 (現 中国共産党吉林省委員会)(1934) 静岡県庁舎 (中村與資平、1937) 東京帝室博物館 (現 東京国立博物館) (渡辺仁、1937) 樺太庁博物館 (現 サハリン州郷土博物館) (貝塚良雄、1937) 満州国国務院 (現 吉林大学校舎) (1939) 台湾高雄市役所 (現 高雄市立歴史博物館) (大野米次郎、1939) 満州国軍事部 (現 吉林大学校舎) 満州国司法部 (現 吉林大学校舎)
    引用元: http://wpedia.goo.ne.jp/wiki/%E5%B8%9D%E5%86%A0%E4%BD%B5%E5%90%88%E5%BC%8F

小尾嘉郎 の相関図を読込中

小尾嘉郎 おび かろう 1898.5.20(明治31)〜 1974.12.8(昭和49) 大正 昭和期の建築技手 埋葬場所: 2区 2種 6側 山梨県北巨摩甲村字五町田(現 高根町)出身。

スポンサードリンク