山崎剛平の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 山崎剛太郎 | スカラベ広場Ⅱ

    山崎剛太郎という名前を見て、つい山崎剛平と勘違いした。 赤塚書房版『新進小説選集』全6輯を通して見る機会を得た。巻末の「作家略歴」はすべての作家が掲載されているわけでもなく、山崎が収録された第3巻目(1941.12.13)には大きな誤記(誤植)もある。ただ、山崎が福岡市出身であることは間違いなさそうだ(以下の「博多市」は原文ママ)。自民党政治家の山崎某と縁戚ではなかろうか。×村剛太郎という政治家もいたように記憶する。 山崎剛太郎 1917(大正6)年12月16日、福岡県博多市にて生る。11歳の時母を失う。1934(昭和9)年、東京府立第四中学校を4年修了、早稲田第一高等学院文科に入学し、1937(昭和12)年4月同大学の文学部仏蘭西文学科に進み、その間同人雑誌「阿房」の同人となりて「阿房」を主として、その他「作品」「早稲田文学」に創作、エッセイ等を発表。1940(昭和15)年3月...
    引用元: 山崎剛太郎 | スカラベ広場Ⅱ

  • 図書出版 創元社_連載・読み物【古書往来_21】

    私は以前から、兵庫県赤穂の造り酒屋出身で歌人でもある山崎剛平が昭和10年に創め、早稲田大の級友、浅見淵(ふかし)や尾崎一雄が編集者として参加し、第一小説集叢書で太宰治『晩年』や尾崎の『暢気眼鏡』を始めとする昭和文学の名作を次々と出した小出版社、砂子屋書房に関心をもっていたので、古本探索でも砂子屋書房刊行本には常に注目してきた。 それで自然と同書房刊の仲町貞子の小説集『梅の花』と随筆集『蓼(たで)の花』の評判を聞き知り、汚本ながら手に入れたことがある(例によって今は手離してしまい手元にないが)。 ただ、その折は集中して読まなかったせいか、それほど強烈な印象は受けなかった。 それに、仲町貞子が現在、文学史の上でどんな評価をされているか、又その生涯や人間像についてのまとまった本が今まで全く出ていなかったので、今ひとつ鮮明なイメージが浮かばなかったのだ。 ところが、最近、朝日の書評欄に小さく、...
    引用元: 図書出版 創元社_連載・読み物【古書往来_21】

  • ブレニーDSの気ままな一日:2009年04月02日

    › ブレニーDSの気ままな一日 › 2009年04月02日 2011年3月1日リニューアルしていよいよスタート ブレニーは爆発価格でGO ★3DV+パインビレッジ宿泊はオールシーズン 宿泊無料 あり得ない ¥18690 ★7月~10月でも2DV+パインビレッジ宿泊でビックリの ¥16695 ★11月~6月なら2DV+パインビレッジ宿泊で、ぶったまげで ¥14595 ★clubブレニーメンバー登録(無料)で 前泊も更に半額 詳しくは ブレニーWEBへGO ダイビングスクールも体験ダイビングもブレニーなら安全・安心 2009年04月02日 石垣の寒さに心折れました… 天気 曇り 風 北東 気温 20℃ 水温 23℃ 昨日はひさしぶりに ガッツリ 焼肉食べに行きました I YAKINIK Uどーも RENA です まじホルモンたまらん(´∀`●) さてさて本日はFANダイビングが 2名 とシュノ...
    引用元: ブレニーDSの気ままな一日:2009年04月02日

  • むらた はるみ【村田春海】『村田春海詩集』1937

    尾崎一雄・小宮山明敏・山崎剛平らの同人雑誌「主潮」によった早稲田露文の早熟詩人の遺稿集。 刊行は昭和 12 年であるが、活躍期の大正末〜昭和初期の作品が、編年体で収められてゐる。 萩原朔太郎ら口語詩黎明期の詩人たちを愛読した詩人は、黒田辰男、河盛好蔵らと堺での同人誌活動を経て、上京ののちロシア文学に傾倒、一過的だがプロレタリア詩にも手を染めてゐる。そして卒業後、翻訳・ 小説へと文学者として生活の資を得る方途を模索するも失敗。焦燥と鬱屈を生来の蒲柳の質は支へきれなかったと見える。愛妻が病み始めてからは何かなしくづしの挫折と不幸が年譜には窺はれ、哀れでならない。 装釘は露文の盟友黒田辰男。まるで『転身の頌』のサイズを『黒衣聖母』の布地で作ってしまった やうな豪華版詩集は、遺稿集としても破格である。けだし転身を図るも詩壇評価の確定なく終った数々の詩編は、この立派な容器に編まれた後も、 3...
    引用元: むらた はるみ【村田春海】『村田春海詩集』1937

  • 第三次「早稲田文学」と昭和の作家たち(山崎剛平と砂子屋書房)

    山崎剛平と砂子屋書房 尾崎一雄 の『暢気眼鏡』、太宰治の『晩年』をはじめ、多くの文芸書を世におくった昭和前期の特異な出版社として、砂子屋書房の名は昭和文学を語るに欠かせない存在である。 砂子屋書房の創始者、山崎剛平(1901〜)は兵庫県生れ、大正15年早大国文科卒。在学中から歌人として窪田空穂に師事し、歌誌「槻の木」を創刊主宰する一方、高等学院同級の 尾崎一雄 らと「主潮」「文芸城」「新正統派」などの同人に加わっていた。 砂子屋書房を創立したのは昭和10年10月10日のことで、 浅見淵 、 古志太郎 が出版企画に参与した。当時は不景気の時代で、新人作家の作品集などはほとんど出版されなかったが、経営には全くの素人の文学青年ばかりで作られたこの書肆の最初の仕事は、そうした未だ無名の新進作家たちの作品集を「第一小説集」と名づけ、叢書として刊行するというものだった。外村繁の『鵜の物語』をその第一...
    引用元: 第三次「早稲田文学」と昭和の作家たち(山崎剛平と砂子屋書房)

  • 老を言はむや——岩本素白の随筆(その2) - qfwfqの水に流して ...

    山崎剛平の著書『老作家の印象』に素白について八十頁余の記述があり、その経緯についても語られているので紹介しよう(名を譲り受けた現・砂子屋書房より刊行。なお、先代の砂子屋書房、正しくは「まなごや」と訓む)。
    引用元: 老を言はむや——岩本素白の随筆(その2) - qfwfqの水に流して ...

  • セブン&アイのセブンネットショッピング - , - 若き日の作家 砂子屋 ...

    お客様おすすめ度 ☆☆☆☆☆ 著者/訳者 山崎剛平/著 出版社名 砂子屋書房 発行年月 1984年03月 販売価格 2,100円 ポイント 20ポイント *ポイントについて 取扱状況 1~3週間で発送 取り扱い表記について ラッピング 対象外 出版社に在庫確認後、取寄せます。 商品をフォローする 友達にメールで教える
    引用元: セブン&アイのセブンネットショッピング - , - 若き日の作家 砂子屋 ...

  • セブン&アイのセブンネットショッピング - 書籍 - 老作家の印象 砂子 ...

    お客様おすすめ度 ☆☆☆☆☆ 著者/訳者 山崎剛平/著 出版社名 砂子屋書房 発行年月 1986年07月 販売価格 3,150円 ポイント 30ポイント *ポイントについて 取扱状況 1~3週間で発送 取り扱い表記について ラッピング 対象外 出版社に在庫確認後、取寄せます。 商品をフォローする 友達にメールで教える
    引用元: セブン&アイのセブンネットショッピング - 書籍 - 老作家の印象 砂子 ...

  • 即決『老作家の印象』山崎剛平/砂子屋書房 - Yahoo!オークション

    商品画像 小さな画像をクリックすると、下に拡大表示されます。 即決『老作家の印象』山崎剛平/砂子屋書房のページトップに戻る 商品説明 ◆落札に際してのお願い お手数ですが、落札いただけましたら、 当方からの連絡を待たずに、 ご送付先の住所・氏名・電話番号及び、 ご希望の支払い方法と配送方法のご連絡を頂けますと助かります。 ◆商品について 『老作家の印象』山崎剛平 砂子屋書房刊 1986年7月発行 初版・函・帯付き。 ◆状態について 小口に少シミ、帯に少イタミ、函に少ヤケ、経年なり並。 ◆配送方法・送料 ・ゆうメール(ポスト投函、補償なし)で340円 ・レターパック500で500円(局員が配達先へ対面でお届けし、受領印または署名を頂きます。補償なし) ・はこBOON(宅配便・送料等は下記よりご確認下さい) 他の配送方法をご希望の場合は、その旨ご連絡下さい。 ...
    引用元: 即決『老作家の印象』山崎剛平/砂子屋書房 - Yahoo!オークション

  • 砂子屋書房オンラインショッピングサイト/商品詳細 『老作家の印象』

    著者:山崎剛平 「昭和10年代の出版人が語る」徳田秋声・田山花袋・国木田独歩・岩本素白・秋艸道人・斎藤茂吉・空穂会 販売価格(税込): 3,000 円 申し訳ございませんが、只今品切れ中です。
    引用元: 砂子屋書房オンラインショッピングサイト/商品詳細 『老作家の印象』

  • 浅見 淵

    これら文学青年たちの同人活動はいわゆる文芸復興の機運の高まりに合致する。 浅見はほかに早稲田で同級だった山崎剛平の砂子屋書房の創業(S10)に参画し、雑誌や 小説集の編集、出版企画に当たった。外村繁「鵜の物語」や太宰治「晩年」という第1創作集 の出版(S11)を手がけ、自らも初の評論集「現代作家研究」(S11)などを出版している。 昭和12年には<早稲田文学>の編集を尾崎から引き継いで(尾崎は砂子屋書房の編集へ) 2年間担当するなど、小説から評論、編集、出版企画などの分野へ活動の比重を移すが、 この背景には同人活動を通じた若い文学青年たちとの交友の広がりと深まりがあり、 浅見生来の”人間好き”からくる暖かい目が作者とその作品に注がれていったといえよう。 昭和11年発行の「文藝年鑑」の「文筆家総覧」に初めて名前が載った。この年、37歳である。 住所は下谷区谷中坂町(現台東区)とある。雑司ヶ谷...
    引用元: 浅見 淵

  • 都筑省吾のプロフィル | 尾崎一雄論

    尾崎一雄全集 第十一巻 単線の駅 早稲田の高等学院時分から窪田空穂について歌を学んだ十何人といふグループの中で、都筑君と山崎剛平とは特に親しい間柄だつた。戦前砂子屋書房といふ本屋をやり、今は郷里で造り酒屋の楽隠居に納まつている山崎君も、在京時分はいつも都筑君とつながつていたものだ。この二人ほどのんびりゆつたりしたペアはちよつと珍しいな、と、私は憶ひ出すごとに微笑を誘はれる。 昭和48年7月 都筑省吾短歌筆墨展作品集 0
    引用元: 都筑省吾のプロフィル | 尾崎一雄論

  • 早稲田古本ネット: 古本共和国 第1号('86)

    古本共和国 第1号('86) [ 古本共和国 ] 私の古本屋・・・小栗 康平 山崎剛平と砂子屋書房・・・森 直太郎 わせだの杜に 古書街・図書街の排書・・・雲英 未雄 特集1 私と早稲田の古書街 「早稲田」の古本屋さん・・・紅野 敏郎 早稲田古書店街の今昔・・・栗坪 良樹 魔界への煽動・・・西原 和海 あの頃、そして、この頃・・・大井 邦雄 無題・・・長谷川 郁夫 早稲田と穴八幡神社・・・斎藤 直成 特集2 早稲田古書街の歴史 三十年を回顧して・・・鈴木 藤好 早稲田古書店街近三十年・・・鶴本 憲治 明治・対象の河鍋書肆・・・河鍋 肇英 ミニ早稲田風土記・・・伏見 弘 古書市場の仕組・・・向井 佑之輔 おすすめの100冊 2004年07月21日 トラックバック:
    引用元: 早稲田古本ネット: 古本共和国 第1号('86)

  • 外村繁

    <文学生活>の編集発行には、途中から実質上は浅見と砂子屋書房(山崎剛平)が 当っており、その浅見は昭和12年4月に尾崎と入れ替わりで<早稲田文学>の編集に 携わることになった。<文学生活>の廃刊がこれに関係しているかは不明だが、 「草筏」は浅見の計らいで<早稲田文学>に連載(S12/10〜S13/5:S13/2を除く)し、 昭和13年5月に完結した。起稿後3年余を経ての完結だった。
    引用元: 外村繁

  • 砂子屋書房オンラインショッピングサイト/商品一覧ページ

    著者:山崎剛平 「昭和10年代の出版人が語る」徳田秋声・田山花袋・国木田独歩・岩本素白・秋艸道人・斎藤茂吉・空穂会 価格(税込): 3,000 円
    引用元: 砂子屋書房オンラインショッピングサイト/商品一覧ページ

山崎剛平 の相関図を読込中

山崎剛太郎という名前を見て、つい山崎剛平と勘違いした。 赤塚書房版『新進小説選集』全6輯を通して見る機会を得た。巻末の「作家略歴」はすべての作家が掲載されているわけでもなく、山崎が収録された第

スポンサードリンク