山嶋哲盛の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • http://www.tsutaya.co.jp/works/41144109.html

    まだレビューはありません基本情報 - サラダ油が脳を殺す 生活実用 > 家庭医学 > 脳 心の病気 > 脳の病気 出版社:河出書房新社 アーティスト一覧 - サラダ油が脳を殺す 著者: 山嶋哲盛 サラダ油が脳を殺すのアーティスト一覧 ※マイ棚機能の表示には、TOLへのログインが必要です 【DVDレンタル&セル】今日、恋をはじめます5月24日(金)セル 6月4日(火)レンタルリリース 武井咲&松坂桃李主演で人気少女マンガを実写映画化!【DVDレンタル&セル】ジャッジ ドレッド5月22日(水)レンタル 6月26日(水)セルリリース。近未来、悪を制裁するはブレない法の番人【DVDレンタル&セル】ライフ オブ パイ/トラと漂流した227日6月5日(水)セル レンタル同時リリース。世界中を魅了したアン リーが作り上げた新しい映像世界がここに!!【DVDレンタル&セル】ブレイキング ドーン Part2...
    引用元: http://www.tsutaya.co.jp/works/41144109.html

  • http://www.keibunsha.jp/books/9784905849278.html

    山嶋哲盛(やましま てつもり) 一九五〇年、金沢市生まれ。七五年、金沢大学医学部卒業。七九年、金沢大学大学院医学系研究科修了。現在、同上 脳病態医学講座 再生脳外科学教室助教授(教室主任)。専門は脳神経外科学で、「脳を守るストラテジー」と「脳を再生する先端療法」とを研究開発している。すべての脳疾患の根本原因である神経細胞死のメカニズムとして、九八年に「カルパイン―カテプシン仮説」を提唱した。一般向けの著書としては、『日本科学の先駆者高峰譲吉(岩波ジュニア新書)』などがある。
    引用元: http://www.keibunsha.jp/books/9784905849278.html

  • http://books.google.co.jp/books/about/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%A7%91%E5%AD%A6%E3%81%AE%E5%85%88%E8%A6%9A%E8%80%85%E9%AB%98%E5%B3%B0%E8%AD%B2%E5%90%89.html?id=NbgvAQAAIAAJ

    日本科学の先覚者高峰譲吉: アドレナリン発見物語山嶋哲盛 0 レビューhttp://books.google.co.jp/books/about/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%A7%91%E5%AD%A6%E3%81%AE%E5%85%88%E8%A6%9A%E8%80%85%E9%AB%98%E5%B3%B0%E8%AD%B2%E5%90%89.html?hl=ja&id=NbgvAQAAIAAJ岩波書店, 2001 - 184 ページアドレナリンとタカジアスターゼの発見で、いまなお人類がその恩恵をこうむっている高峰譲吉(一八五四~一九二二)は、幕末の金沢に育ち、国際結婚、アメリカの学界ではサムライ化学者とよばれた。その独創的な研究生活、常に実用を忘れぬベンチャービジネス精神のおりなす波瀾に富んだ生涯を描く感動的な評伝。 この書籍内から レビュー - レビューを書くレビュー...
    引用元: http://books.google.co.jp/books/about/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%A7%91%E5%AD%A6%E3%81%AE%E5%85%88%E8%A6%9A%E8%80%85%E9%AB%98%E5%B3%B0%E8%AD%B2%E5%90%89.html?id=NbgvAQAAIAAJ

  • http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000032798817&Sza_id=C0

    サラダ油が脳を殺す 「錆び」から身体を守る 山嶋哲盛/著出版社名 : 河出書房新社 出版年月 : 2012年8月 ISBNコード : 978-4-309-25269-8 (4-309-25269-9) 税込価格 : 1,500円 頁数 縦 : 238P 19cm 出荷の目安 : 通常1~2日で出荷します この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています 20歳若返る美肌のつくり方 白くてツヤツヤ 北芝健/著 1,365円 あっというまに好かれる声になる! 声が良くなる、いちばんやさしい本 上野由紀/著 1,260円 SQL逆引きレシピ すぐに美味しいサンプル&テクニック160 西沢直木/著 2,310円 人はなぜ依存症になるのか 自己治療としてのアディクション エドワード J カンツィアン/著 マーク J アルバニーズ/... 2,520円 シニアの簡単1人分ごはん ...
    引用元: http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000032798817&Sza_id=C0

  • http://honto.jp/netstore/pd-book_25276353.html

    山嶋 哲盛略歴〈山嶋哲盛〉1950年石川県生まれ。金沢大学大学院医学系研究科修了。脳科学専門医、医学博士。金沢大学大学院医学系研究科 再生脳外科科長。著書に「あなたの脳が危ない」ほか。
    引用元: http://honto.jp/netstore/pd-book_25276353.html

  • http://www.w-kohno.co.jp/contents/book/yamashima.html

      山嶋哲盛著「日本科学の先駆者高峰譲吉」を読む  夏目漱石の「吾輩は猫である」の主人公の猫が住む家の主人の苦沙弥先生は胃腸の調子が悪い。そのためいつも食事の後は消化薬が欠かせない。苦沙弥先生がいつも愛用している消化薬はタカジアスターゼであった。この薬はたいへん人気があった。 タカジアスターゼの初めの2文字のタカは高峰の高からとったものだといわれている。タカジアスターゼは高峰譲吉によって開発されたものだからである。 高峰譲吉については名前ぐらいは知っている人はかなりいるかも知れないが、彼の経歴を知る人は少ないのではなかろうか。なぜなら高峰譲吉は教科書では教えられない人だからである。野口英世に較べるとはるかに認知度は劣る。ところが高峰は野口英世に劣らずもしかしたらそれ以上に世界そして日本に恩恵を与えた人である。なぜ私たちは高峰のことを教えられてこなかったのであろうか。不思議なことである。 ...
    引用元: http://www.w-kohno.co.jp/contents/book/yamashima.html

  • http://d.hatena.ne.jp/watto/20090518

    ■山嶋哲盛『日本科学の先駆者 高峰譲吉―アドレナリン発見物語』(岩波ジュニア新書)asin:4005003753 『ストレスとはなんだろう―医学を革新した「ストレス学説」はいかにして誕生したか (ブルーバックス)』には『高峰譲吉の生涯―アドレナリン発見の真実 (朝日選書)』からの引用も多い。実は『高峰譲吉の生涯』も入手済みなのだが、本書のほうがジュニア新書ということで読みやすそうだったので、先に読んでみた。本書の主人公は、タカジアスターゼとアドレナリンの発明者にして製薬会社の三共(現 第一三共)の創業者。高峰はアメリカで日本の米麹菌を麦のふすまに植えつけて発酵させウイスキーの原酒にする事業を試みた。タカジアスターゼはその事業の挫折の過程で偶然に発見されたものらしい。アドレナリン精製に実際に成功したのは、高峰の助手であった若い分析化学者 上中啓三である。その経緯は、上中の研究ノートを引用しな...
    引用元: http://d.hatena.ne.jp/watto/20090518

  • http://d.hatena.ne.jp/waiiwaii/searchdiary?word=%2A%5B%CB%DC%5D

    さて、セミナー修了後に山嶋哲盛先生に「リモートポイント エメラルドナビゲーター」の感想を聞いたところ、「とても良いので、是非購入したい」とのこと。「値段がちょっと高くて2万5千円くらいしますよ〜」と伝えると、「3月までは大学の経費を使えないから4月以降に購入するからどこで買えるか教えて欲しい」とのことだったので、後日nttx storeさんのサイトをお伝えすることにした。映画の影響もあってか、今年に入ってからは毎週講演会の講師をしているそうだ。そんな先生のお墨付きの「リモートポイント エメラルドナビゲーター」はプレゼン成功の必須アイテムといっても過言ではなさそうだ。
    引用元: http://d.hatena.ne.jp/waiiwaii/searchdiary?word=%2A%5B%CB%DC%5D

  • http://ochikochi.shop-pro.jp/?pid=19051273

    幕末に生まれ、タカジアスターゼの開発、アドレナリン結晶化の成功など、世界的業績を残した高峰譲吉の伝記。  著者:山嶋哲盛  発行:2001.6初版  出版社:岩波書店(岩波ジュニア新書)  形状:新書 184ページ  状態:中古A  送料:クロネコメール便160円 《カバー裏より》 (略)高峰譲吉(一八五四〜一九二二)は、幕末の金沢に育ち、国際結婚、アメリカの学界ではサムライ化学者とよばれた。その独創的な研究生活、常に実用を忘れぬベンチャービジネス精神のおりなす波瀾に富んだ生涯を描く感動的な評伝。 《目次より》 1 蚕が火薬に 2 鉄騎児、長崎へ 3 医学が化学に 4 英国留学 5 高峰流実学研究 6 南部娘キャロライン 7 米麹でウイスキーを 8 譲吉、シカゴヘ 9 ウイスキー造り頓挫 10 胃薬 タカジアスターゼ 11 血止め薬 アドレナリン 12 松楓殿 13 三共株式会社 14 無...
    引用元: http://ochikochi.shop-pro.jp/?pid=19051273

  • http://www.city.hakui.ishikawa.jp/sypher/www/info/detail.jsp?id=4082

     平成24年4月20日、市役所4階会議室で、市民公開講座が開催され、山嶋哲盛氏(金沢大学大学院医学系研究科再生脳外科科長)が「脳を錆びさせないコツ」と題し講演をしました。  脳がいきいきと働くための油を選ぶポイントなど、脳と食用油の関係を分かりやすく解説していただき、会場に詰めかけた約50人の受講者は、熱心にメモを取り、質問をしていました。  講演に先立ち行われた食生活改善推進協議会の総会では、開田会長が「「私たちの健康は、私たちの手で」をモットーに、各種行事で食の大切さを広めていきたい」とあいさつし、山辺市長は「健康は最高の財産であり、原点は食生活。食改さんの役割は重要です」と感謝と激励のあいさつをしました。
    引用元: http://www.city.hakui.ishikawa.jp/sypher/www/info/detail.jsp?id=4082

  • http://schuricht.exblog.jp/m2008-08-01/

    山嶋哲盛「日本科学の先駆者 高峰譲吉」(岩波ジュニア新書)  副題は「アドレナリン発見物語」。 高峰氏は、ベンチャー起業家の先駆けでもあります。理化学研究所設立の立役者でもあり、その功績は野口英世氏に勝るとも劣らないはずなのですが、日本での知名度は低いですね。 ジュニア新書ですが、大人も読むべし! ■  [PR]▲ by oktohru | 2008-08-25 01:34 | 読書 | Trackback | Comments(0)
    引用元: http://schuricht.exblog.jp/m2008-08-01/

山嶋哲盛 の相関図を読込中

まだレビューはありません基本情報 - サラダ油が脳を殺す 生活実用 > 家庭医学 > 脳 心の病気 > 脳の病気 出版社:河出書房新社 アーティスト一覧 - サラダ油が脳を殺す 著者: 山嶋哲盛 サラ

スポンサードリンク