山本勝俊の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 山本 勝俊 - 研究者 - ReaD & Researchmap

    山本 勝俊         更新日: 08/04/01 00:00 研究者氏名 山本 勝俊   ヤマモト カツトシ URL http://www.tagen.tohoku.ac.jp/labo/muramatsu/index-j.html 所属 旧所属 東北大学 多元物質科学研究所 附属多元ナノ材料研究センター 職名 助教 学位 博士(工学)(東京大学) 研究分野   材料化学 / 無機工業材料 /  材料工学 / 無機材料 物性 /  プロセス工学 / 触媒 資源化学プロセス / Miscテキストで表示1234> Organic-Inorganic Hybrid Zeolites Containing Organic FrameworkScience   300 470-472   2003年Metallic Ni nanoparticles confined in hexagonall...
    引用元: 山本 勝俊 - 研究者 - ReaD & Researchmap

  • 影丸 勝俊 力士情報

    最高位 序二段 166 本名 山本 勝俊 生年月日 昭和54年6月8日 出身地 奈良県吉野郡 身長 体重 179.8センチ 77キロ 所属部屋 井筒 改名歴 鶴山本 勝俊 → 影丸 勝俊 初土俵 平成7年9月 最終場所 平成8年11月 生涯戦歴 11勝18敗14休/27出(7場所) 序二段戦歴 0勝0敗7休/0出(1場所) 序ノ口戦歴 11勝18敗7休/27出(5場所) 前相撲戦歴 1場所 番付外戦歴 1場所
    引用元: 影丸 勝俊 力士情報

  • 北九州学術研究都市 - 研究者情報検索システム

    山本 勝俊/北九州市立大学国際環境工学部・大学院国際環境工学研究科 名前 山本 勝俊 ふりがな やまもと かつとし 生年月日 E-MAIL メールを送信する 大学名 北九州市立大学国際環境工学部・大学院国際環境工学研究科 学科・専攻 (講座) エネルギー循環化学科(先進マテリアル) 担当科目 微分・積分、物理化学実験、化学工学、先端材料工学 応用触媒工学(特論) 役職 准教授 連絡先 TEL 093-695-3264 FAX 093-695-3735 学位 (授与機関) 博士(工学)(東京大学) 取得年 (1)主要な研究テーマ及び研究領域等 研究テーマ・研究領域 多孔体の合成と利用 キーワード ゼオライト、層状化合物、多孔体、水熱合成、固相合成 当該テーマ・領域の概要及び特徴 主な論文・著書又は研究活動 ...
    引用元: 北九州学術研究都市 - 研究者情報検索システム

  • NII研究者リゾルバー - 研究者情報検索

    山本 勝俊 (ヤマモト カツトシ) (Katsutoshi Yamamoto) - ID:1000060343042 科研費研究者番号 : 60343042 直近の所属(KAKENから) : 北九州市立大学 研究分野(KAKENから) : 触媒・資源化学プロセス/無機工業材料/触媒・化学プロセス キーワード(KAKENから): 液相還元法/金属ナノ粒子/層状化合物/複合化/界面活性剤/金属ニッケル/水熱合成/Structure-directing agent/新規物質/メソポーラス物質/ゼオライト/構造指向剤/XRD/ナノ粒子/光触媒/担持触媒/水素化触媒/チタン酸バリウム/チタン酸ストロンチウム/部分硫化/単分散微粒子/ http://rns.nii.ac.jp/nr/1000060343042
    引用元: NII研究者リゾルバー - 研究者情報検索

  • NII研究者リゾルバー - 研究者情報検索

    山本 勝俊 (ヤマモト カツトシ) ( Ka tsut oshi Yamamoto) - ID:1000060343042 科研費研究者番号 : 60343042 直近の所属(KAKENから) : 北九州市立大学 研究分野(KAKENから) : 触媒・資源化学プロセス/無機工業材料/触媒・化学プロセス キーワード(KAKENから): 液相還元法/金属ナノ粒子/層状化合物/複合化/界面活性剤/金属ニッケル/水熱合成/Structure-directing agent/新規物質/メソポーラス物質/ゼオライト/構造指向剤/XRD/ナノ粒子/光触媒/担持触媒/水素化触媒/チタン酸バリウム/チタン酸ストロンチウム/部分硫化/単分散微粒子/ http://rns.nii.ac.jp/nr/1000060343042
    引用元: NII研究者リゾルバー - 研究者情報検索

  • 北九州学術研究都市メールフォーム

    研究者情報 メールフォーム 山本 勝俊 さん宛てのメールを作成します。 氏名 メールアドレス 会社名 所属部署 電話 FAX 通信文 財団法人 北九州産業学術推進機構 産学連携統括センター 〒808-0135 北九州市若松区ひびきの2-1 電話番号 093-695-3006
    引用元: 北九州学術研究都市メールフォーム

  • J-GLOBAL - 液相還元選択析出法によるNi‐Znナノ粒・・・ 【文献】

    山本勝俊 所属機関: 転出・退職者 所属機関確認中 旧所属 東北大学 多元物質科学研究所 附属多元ナノ材料研究センター 【詳細情報】 研究者HP 【この人名をキーに探す】 研究者リゾルバー | GeNii | PORTA
    引用元: J-GLOBAL - 液相還元選択析出法によるNi‐Znナノ粒・・・ 【文献】

  • J-GLOBAL - 骨格内に有機基を含有するゼオライトの合成・・・ 【文献】

    山本勝俊 所属機関: 転出・退職者 所属機関確認中 旧所属 東北大学 多元物質科学研究所 附属多元ナノ材料研究センター 【詳細情報】 研究者HP 【この人名をキーに探す】 研究者リゾルバー | GeNii | PORTA
    引用元: J-GLOBAL - 骨格内に有機基を含有するゼオライトの合成・・・ 【文献】

  • 沿革 | 株式会社山本工業所

    1964年 山本 勝俊 名古屋市北区楠町大字味鋺字西天道(現:楠味鋺)にて創業 1970年 名古屋市北区楠町大字味鋺字北八尻(現:北区西味鋺)に移転 1972年 静岡県磐田郡福田町(現:磐田市福田)に福田工場進出 1974年 創業10年 株式会社 山本工業所と改組 1980年 100m西にALC造り事務所建築 1981年 事務所前に工場移転、NC旋盤1号機導入 1983年 NC2、汎用旋盤、汎用フライス導入 1984年 創業20年 MC1号機、NC3、2D自動プロ導入 1986年 MC2(BT50)、NC4、後づけ4軸導入 1988年 作業服を白色に変更、NC5、MC3、MC4導入 1989年 NC6、パレットチェンジャー3台導入 19...
    引用元: 沿革 | 株式会社山本工業所

  • 研究成果発表データベース [詳細情報]

    メカノケミカル反応を利用したゼオライト合成 我々はこれまでに、メカノケミカル反応を利用したチタノシリケート合成法について報告してきた。この合成法では、ケイ素種とチタン種が原子レベルで混合されたシリカ−チタニア複合粉を固相反応により調製し、ゼオライトへと変換する。本研究 ではこの合成法を応用し、第2 族元素化合物をシリカ、アルミナ粉末とメカノケミカル反応させることで、前駆体をハイドロゲルとしてではなく、粉末として調製する。この様にして得られる、第2 族元素含有前駆体からのゼオライト合成を試みる。 メカノケミカル反応,ゼオライト,固相反応 氏名 所属 山本勝俊 北九州市立大 安田麻理恵 北九州市立大 出田知愛 北九州市立大 五十嵐直子 北九州市立大 池田 拓史 コンパクト化学プロセス研究センター ナノ空間設計チーム
    引用元: 研究成果発表データベース [詳細情報]

  • 研究成果発表データベース [詳細情報]

    Layered silicate as precursor for zeolite Zeolite materials are prepared via the topotactic condensation of layered silicates. Several layered silicates hydrothermally prepared with using various organic compounds are successfully converted into FER and CDO zeolites by the calcination. The added organic compound is implied to act not only as a spacer but also as a structure-directing agent for ...
    引用元: 研究成果発表データベース [詳細情報]

  • 山本 勝俊/ヤマモト カツトシ/Katsutoshi Yamamoto

    HOME > 学部学科・大学院 > エネルギー循環化学科 > Katsutoshi_Yamamoto 山本 勝俊/ヤマモト カツトシ/Katsutoshi Yamamoto 所属 【学部】エネルギー循環化学科 【大学院】環境システム専攻環境化学プロセスコース 役職/職名 准教授 学位(授与機関) 博士(工学)(東京大学) 担当科目 微分・積分、化学工学、物理化学実験、物質循環論、ゼロエミッション工学 略歴 2007年10月1日より現職 専門分野 無機合成化学、触媒工学、石油化学 研究内容 新規多孔性物質の探索 新しい多孔体合成法の開発 バイオフューエル合成触媒の開発 所属学会 石油学会・ゼオライト学会・化学工学会・触媒学会・日本化学会 Webページ 山本勝俊個人ホームページ (財)北九州産業学術推進機構(研究者ページ)
    引用元: 山本 勝俊/ヤマモト カツトシ/Katsutoshi Yamamoto

  • 株式会社山本工業所

    企業プロフィール ■会社名 株式会社山本工業所 ■カテゴリ 受託加工業 ■従業員数 29人以下 ■代表者名 山本 勝俊 ■住所 〒462-0016 愛知県名古屋市北区西味鋺2丁目401 ( 地図はこちら ) このページの情報を編集 最新ニュース スマートエクスプレス によるニュース記事登録はありません 製品情報 2輪・4輪ショックアブソーバー部品 義肢関節部品 航空機部品 カークーラーフランジ 空圧制御部品 螺旋カム ハウジング 機械ツールホルダー部品 事業内容 金属・樹脂などの精密切削加工等を行う。 保有設備 NC旋盤中空φ50 〜 453台 中空φ45 S6000 センター付1台 中空φ86 〜 50 センター付4台 中空φ65 固定振れ止 センター付1台 縦型MCパレットチェンジャー付5台 A軸付3台 AB軸付2台 CAD・CAM3.0D2台 2.5D2台 旋盤用2台 旋盤2軸デジタ...
    引用元: 株式会社山本工業所

  • ヤマモトロックマシン株式会社

    企業プロフィール ■会社名 ヤマモトロックマシン株式会社 ■カテゴリ 産業機械 ■従業員数 30〜299人 ■代表者名 山本 勝俊 ■住所 〒100-0005 東京都千代田区丸の内2丁目7番3号東京ビル263区 ( 地図はこちら ) このページの情報を編集 最新ニュース スマートエクスプレス によるニュース記事登録はありません 製品情報 ビッガー HRB-1000・1700 立坑穿孔機 YLH-K10S・K10M・K55L レールジャンボ YRJ-210・235 ダウンホールドリル AD-DH スペースドリル ARD-135L・90L ジャックハンマー YS-30・23・14・13 エアードリフター YD-90M・100M・135 LD-90 小割穿孔機 AD04-3 すくい穿孔機 AD05-3・05-4 水平垂直穿孔機 AD06-10MHV エアーラインドリル ALD...
    引用元: ヤマモトロックマシン株式会社

  • Oririnal papers

    (2006年度) 山本勝俊 , 小野寺麻衣子, 池田卓史, 村松淳司 「層状シリケートを経由したゼオライト合成」第 99 回触媒討論会 , 神戸 (2007) 吉永勝己 , 山本勝俊 , 佐藤修彰, 村松淳司 PLD法による硫黄ドープジルコニア透明薄膜合成」 第 99 回触媒討論会 , 神戸 (2007) 澁谷薫, 山本勝俊 , 村松淳司 「液相還元選択析出法によるCu系担持触媒の調製」第 99 回触媒討論会 , 神戸 (2007) 遠藤光彦, 砂川洋二, 山本勝俊 , 村松淳司 「液相還元法により合成した金属ナノ粒子のキャラクタリゼーション」 第 99 回触媒討論会 , 神戸 (2007) (2005年度) 山本勝俊 ,Salomon Eduardo Borjas Garcia, 村松淳司「メカノケミカル反応を利用した新しいチタノシリケート合成法」第 97 回触媒討論会...
    引用元: Oririnal papers

  • KAKEN - 選択的液相還元析出法によるナノ合金粒子の合成と触媒活性 ...

    山本 勝俊 研究者番号: 60343042 東北大学・多元物質科学研究所・助手 佐藤 修彰 研究者番号: 70154078 東北大学・多元物質科学研究所・助教授
    引用元: KAKEN - 選択的液相還元析出法によるナノ合金粒子の合成と触媒活性 ...

  • 公益社団法人石油学会|表彰|奨励賞(千代田化工建設賞)

    奨励賞(千代田化工建設賞) 複合化による新しいゼオライト系物質の合成に関する研究 山本 勝俊殿(東北大学多元物質科学研究所 助手) 山本氏は,これまで一貫してミクロ・メソ多孔体の有機‐無機ハイブリッド化あるいは金属‐メソ多孔体ハイブリッド化などの,「複合化」された規則性多孔体の合成について精力的に研究してきている。異質の構造要素を独自の手法により複合化することで,相乗的な機能の向上を図る点が同氏の研究の大きな特徴である。 顕著な成果として,まず有機‐無機ハイブリッドゼオライト(ZOL)の合成が挙げられる。ZOLは,結晶性ミクロ多孔体の骨格に有機基を組み込んだ初めての成功例であり,独創性は極めて高い。有機とのハイブリッド化によって疎水性が大きく向上したことと,有機部分の修飾による誘導化の可能性が広がった点で実用的に価値がある。本研究の過程では,予期されていなかったケイ素‐炭素結合の開裂などの...
    引用元: 公益社団法人石油学会|表彰|奨励賞(千代田化工建設賞)

  • (公財)日本板硝子材料工学助成会 助成研究の紹介 平成16年度事業実績 ...

    新規構造を持つZn含有ゼオライトの合成 東北大学 多元物質科学研究所 助手 山本勝俊 近年では規則的に配列したゼオライトのような細孔構造を利用したの合成は重要な課題である。 新しい構造を持つゼオライトを合成するにはいくつかの戦略が考えられるが、Zn は、酸素12員環以上の細孔を持つ、大細孔ゼオライトの合成を目的とナノデバイイス、への応用を念頭においたキャラクタリゼーションを行うものである。本研究では、安価で、比較的単純な構造を持つ有機化合物(例えばヘキサメチレンイミンとテトラエチルアンモニウムヒドロキサイド)を組み合わせて用いる。これにより工業的にも合成、利用が可能な物質の合成を目指すが“trial and error”で得られるのが現実である。そのため、本研究においても大量の合成実験が必要オートクレーブを特注し、回転装置を取り付けた恒温槽中に固定し、オートクレーブごと回転、攪拌さ...
    引用元: (公財)日本板硝子材料工学助成会 助成研究の紹介 平成16年度事業実績 ...

  • トピックス / 科学 / こどもふれあい広場 / 西日本新聞

    ツアーを始めた吉塚和治教授(48)は「皆さんの高校の先輩には優秀な学生が多い。私たちの大学に入学して、先輩に負けないくらい優秀な研究者や技術者になってほしい」。講義を担当した山本勝俊准教授(40)は「物理や化学をしっかり勉強して、大学に入学してほしい」と未来の科学技術者たちにエールを送った。
    引用元: トピックス / 科学 / こどもふれあい広場 / 西日本新聞

  • 講演会のご案内

    〒808-0135 北九州市若松区ひびきの1-1 北九州市立大学国際環境工学部エネルギー循環化学科 山本 勝俊 E-mail: katz@env.kitakyu-u.ac.jp Tel.:093-695-3264
    引用元: 講演会のご案内

  • 講演会のご案内

    〒808-0135 北九州市若松区ひびきの1-1 北九州市立大学国際環境工学部エネルギー循環化学科 山本 勝俊 E-mail:katz@env.kitakyu-u.ac.jp Tel.:093-695-3264
    引用元: 講演会のご案内

  • 柴田 浩幸

    42. [ 論 ] レーザフラッシュ法による溶液の熱拡散率測定用セルの開発.[東北大学多元物質科学研究所素材工学研究彙報,61(1,2),(2005),64-68] 柴田浩幸,牧原昌平,山本勝俊,太田弘道,村松淳司 43. [ 論 ] In-Situ Observed Dynamics of Peritectic Solidification and δ/γ Transformation of Fe-3 to 5 At. Pct Ni Alloys.[Metallurgical and Materials Transaction A,36A(11),(2005),3065-3074] Yuji ARAI, Toshihiko EMI, Hasse FREDRIKSSON, Hiroyuki SHIBATA 44. [ 論 ] On crystal growth a...
    引用元: 柴田 浩幸

  • 会告2007年6月掲載

    世話人 池田拓史(産総研・東北センター)TEL 022-237-3016;山本勝俊(東北大・多元研)TEL 022-217-5165
    引用元: 会告2007年6月掲載

  • 環境化学プロセス工学科

    物質循環講座 ・講座紹介へ ・上江洲一也 ・森田洋 ・山本勝俊
    引用元: 環境化学プロセス工学科

  • 大学院・専攻別 教員紹介

    HOME > 国際環境工学部について > 教員紹介 > 大学院・専攻別 教員紹介 大学院・専攻別 教員紹介 環境システム専攻 コース名 担当教員 環境化学プロセス コース 朝見 賢二 黎 暁紅 吉塚 和治 西浜 章平 浅岡 佐知夫 鈴木 拓 秋葉 勇 李 丞祐 山本 勝俊 環境バイオシステム コース 櫻井 和朗 上江洲 一也 中澤 浩二 礒田 隆聡 平野 雄 原口 昭 河野 智謙 森田 洋 上田 直子 環境資源システム コース 楠田 哲也 門上 希和夫 伊藤 洋 石川 精一 大矢 仁史 安井 英斉 水野 貞男 乙間 末廣 二渡 了 野上 ...
    引用元: 大学院・専攻別 教員紹介

  • 【平成20年度 シラバス】北九州市立大学 国際環境工学部 平成19年度 ...

    ○ ○ ○ ○ 分析化学 吉塚 和治 ○ ○ ○ ○ 環境分離操作 西浜 章平 ○ ○ ○ ○ 環境機器分析 鈴木 拓 ○ ○ ○ ○ 化学センサ工学 吉塚 和治 ○ ○ ○ ○ 環境分析実習 吉塚 和治 上江洲 一也 西浜 章平 ○ ○ ○ ○ 化学工学 山本 勝俊 ○ ○ 単位操作 上江洲 一也 本文の注意書きを参照 ○ ○ ○ ○ 環境保全技術実習 原口 昭 森田 洋 河野 智謙 ○ ○ 工業化学プロセス(H16.17入学生) 上江洲 一也 ○ ○ 工業化学プロセス(H18.19入学生) 浅岡 佐知夫 ○ ○ ○ ○ ゼロエミッション工学 山本 勝俊 ○ ○ 無機化学...
    引用元: 【平成20年度 シラバス】北九州市立大学 国際環境工学部 平成19年度 ...

山本勝俊 の相関図を読込中

山本 勝俊         更新日: 08/04/01 00:00 研究者氏名 山本 勝俊   ヤマモト カツトシ URL http://www.tagen.tohoku.ac.jp/labo/mur

スポンサードリンク