山本春也の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 簡易型ビーム解析装置:Baby BAS

    連絡先 山本 春也 物質選択性セラミック材料研究グループ 027-346-9444
    引用元: 簡易型ビーム解析装置:Baby BAS

  • 重イオンデュアルビーム解析システム

    連絡先 山本 春也 物質選択性セラミック材料研究グループ 027-346-9444
    引用元: 重イオンデュアルビーム解析システム

  • KAKEN - 山本 春也(70354941)

    希ガスイオン照射によるナノブリスター形成と触媒表面特性 山本 春也 Project Year : FY2004~FY2005 Research Field : 材料加工・処理 Research Category : 若手研究(B) Research Institution : 特殊法人日本原子力研究所 → 独立行政法人日本原子力研究開発機構
    引用元: KAKEN - 山本 春也(70354941)

  • J-STORE(~水素ガス検知膜 山本 春也~)

    S090002981 2010年3月26日 山本 春也 高野 勝昌 井上 愛知 吉川 正人 水素ガス検知膜 この水素ガス検知膜は、水素を含んだ雰囲気に曝した時の光の透過率の変化を計測することにより爆発限界濃度(約4%)以下の水素ガスを十分に検知できる性能を有し、透明基板1上に、スパッター法などの蒸着法により、順に、酸化白金層2、触媒金属層3を堆積させたものであり、この触媒金属層3側が水素ガス検知面となる。透明基板1の材料は、可視光域の光を透過する石英、サファイアなどの酸化物や、ポリエチレン・テレフタレート(PET)、ポリエチレンなどの有機材料を使用できる。水素ガスを検知する酸化白金層2は、主成分が二酸化白金(PtO 2 )であって、透明基板1にスパッター法などの蒸着法を用いて二酸化白金(PtO 2 )を形成する。酸化白金層2は、膜厚が10n...
    引用元: J-STORE(~水素ガス検知膜 山本 春也~)

  • シリコン単結晶基板上にアナターゼ型の二酸化チタン単結晶膜を作製する方法 ...

    トップ :: C 化学 冶金 :: C30 結晶成長 【発明の名称】 シリコン単結晶基板上にアナターゼ型の二酸化チタン単結晶膜を作製する方法 【発明者】 【氏名】山本 春也 【氏名】サンディ・スギハルト 【氏名】宮下 敦巳 【課題】 シリコンを基板として用いることにより大きな面積のアナターゼ型二酸化チタン単結晶膜を得、窒素酸化物等の有害ガスの分解、除去の反応面積の拡大化が図れる。 【解決手段】 結晶面方位が(100)面のシリコン単結晶基板上に(100)面の窒化チタン(TiN)を積層し、次に(100)面のチタン酸ストロンチウム(SrTiO 3 )を積層することにより、シリコンとアナターゼ型二酸化チタンとの格子不整合を減少させるもので、これによりアナターゼ型二酸化チタンの単結晶成長を可能にする。 【特許請求の範囲】 【請求項1】 シリコン単結晶基板上にアナター...
    引用元: シリコン単結晶基板上にアナターゼ型の二酸化チタン単結晶膜を作製する方法 ...

  • J-STORE(~水素ガス検知膜 山本 春也 特願2007-129338~)

    P08A014211 12974 2009年1月30日 特願2007-129338 特開2008-286542 平成19年5月15日(2007.5.15) 平成20年11月27日(2008.11.27) 山本 春也 高野 勝昌 井上 愛知 吉川 正人 日本原子力研究開発機構 水素ガス検知膜 【課題】安全性に問題が無く、作製方法が単純で再現性良く作製できる水素ガス検知膜を提供する。 【解決手段】石英ガラスなどの透明基板1上に、スパッター法などの蒸着法により、順に、酸化白金層2、触媒金属層3を堆積させ、触媒金属層3として、パラジウムまたは白金を用いる。 【選択図】図1 【背景技術】近年、化石燃料の大量消費に伴い温室効果ガス(CO 2 など)放出による地球温暖化が問題となっており、化石燃料への依存を減らしたエネルギ...
    引用元: J-STORE(~水素ガス検知膜 山本 春也 特願2007-129338~)

  • ウエルカム ビリヤード

    ビリヤード用品専売店 株式会社 日 勝 亭 ショップキューズコム セントラル ニューアート アルファ インターナショナル 日本玉台 プロショップ USA ER SPORTS 山本春也商店 suganuma菅沼(株) キューメンテナンスとキューグッズ 雑誌、CUES T�Uファクトリー HASE CUSTOM CUES
    引用元: ウエルカム ビリヤード

  • nkysdb: 山本 春也

    nkysdb: なかよし論文データベース http://staff.aist.go.jp/miyagi.iso14000/Works/Review/coop/about.html 山本 春也 様の なかよし論文データベース Search this DB (by Google ) (宣伝 ^_^); 雲仙のビデオクリップ集 薩摩硫黄島火山の解説 深部地質環境研究コア 世界の地質調査所 伊豆諸島の文献 (磯部氏) 火山ライブラリ (火山の会) 鉱物トランプ (地質標本館) + (A list of literatures under single or joint authorship with "山本 春也" ) 共著回数と共著者名 (a list of the joint author(s)) 大貫 敏彦 , 山本 春也 , 村上 隆 楢本...
    引用元: nkysdb: 山本 春也

  • 【POOL BOOK】 ビリヤード用品ショップ

    山本商店 ヤマモトショウテン TEL.03-3200-3633 / FAX.03-3200-3855 (有) 山本春也商店 http://www.yamamoto-ltd.com/ 8
    引用元: 【POOL BOOK】 ビリヤード用品ショップ

  • pub_euc

    ``クラスター誘起による2次電子のエネルギー分布'' 内山瑠美、工藤博、岩崎渉、冨田成夫、島邦博、笹公和、石井聡、鳴海一雅、 楢本洋、斉藤勇一、山本春也、金子敏明 日本物理学会 第60回年次大会、東京理科大学野田キャンパス2005年3月24日〜27日 ``イオン誘起電子分光による結晶場共鳴干渉励起の観測'' 若松博也、永田優、冨田成夫、工藤博 日本物理学会 第60回年次大会、東京理科大学野田キャンパス2005年3月24日〜27日 ``高速炭素クラスター入射による炭素薄膜からの2次電子放出'' ナノ学会 第3回大会、仙台市民会舘2005年5月8日〜10日 ``クラスター入射による炭素薄膜からの2次電子放出'' 依田聡、内山瑠美、石井聡、笹公和、冨田成夫、工藤博 日本物理学会 2005年秋季大会、同志社大学京田辺キャンパス2005年9月19日〜22日 ``水素様イオン共鳴干渉励起の時間発展の観...
    引用元: pub_euc

  • 可視光応答型光触媒の製造方法 - 特開2005−349316 ...

    トップ :: B 処理操作 運輸 :: B01 物理的または化学的方法または装置一般 【発明の名称】 可視光応答型光触媒の製造方法 【発明者】 【氏名】勝田 博司 【氏名】伊東 一昭 【氏名】海野 英雄 【氏名】相馬 光枝 【氏名】山本 春也 【氏名】武山 昭憲 【氏名】吉川 正人 【課題】 本発明は広い可視光領域で反応する高性能で、しかも簡単に大量製造が可能な可視光応答型光触媒の製造方法を提供することを課題とする。 【解決手段】 金属チタン粉末又は金属チタンスポンジを出発原料としてチタン粉末を作り、このチタン粉末と硫黄粉末とを混合して空気の進入を制御しつつ、容器中で350℃から500℃の間で加熱し、まずTiとSの反応を優先させ、続いて酸素と反応させることを特徴としている。 【特許請求の範囲】 【請求項1】 金属チタン粉末又は金属チタンスポンジを出発原料...
    引用元: 可視光応答型光触媒の製造方法 - 特開2005−349316 ...

  • 2nd Meeting Program

    P-11 a-SiC単結晶への高エネルギーNiイオン注入とその熱アニーリング挙動 嶋谷成俊、中江隆則、塩野剛司、川面 澄、荒井重義、堀野裕治*、杢野由明*、 藤井兼栄*、竹下英文**、山本春也**、青木 康**、楢本 洋** (京都工芸繊維大学工芸学部、大阪工業技術研究所*、日本原子力研究所**)
    引用元: 2nd Meeting Program

  • ABE Hiroaki

    total:152 [2001] 81. [ R ] イオンビームを用いた黒鉛の非晶質化過程とカーボンオニオン生成.[CPC研究会 炭素素原料科学と材料設計III,3,(2001),5-14] 阿部弘亨, 山本春也, 宮下敦巳 [2000] 82. [ O ] In-situ observation of growth process of titanium metal compound thin films by ion implantation.[JAERI-Review 2000-024 (2000) 190 TIARA Annual Report 1999,(2000)] Y. Kasukabe, H. Tani, Y. Yamada, H. Abe 83. [ O ] Electrical and optical properties of C...
    引用元: ABE Hiroaki

山本春也 の相関図を読込中

連絡先 山本 春也 物質選択性セラミック材料研究グループ 027-346-9444

スポンサードリンク