岡希太郎の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 岡 希太郎

    氏名 岡 希太郎 所属 東京薬科大学 薬学部 医療薬学科 臨床薬理学研究室 教授 所属先住所 〒192-0392 東京都八王子市堀之内1432-1 民間企業との共同研究の実績産学に関わる競争的研究資金獲得の実績主な公開特許保有する主な研究設備,測定機器 装置NEDO,経済産業省等の公的資金によるプロジェクトとして提案したいテーマ産学連携への思いや産業界へのひとこと著書 共著など 検索経路 大学 独立法人別 東京薬科大学 役職別 教授 担当科目別 データなし ReaD & Researchmap 登録有無別 データなし 研究分野別 データなし 所属学会 団体別 データなし 研究協力可能テーマ名別 データなし 協力形態別 データなし 公開特許題目別 データなし 保有装置名別 データなし 提案テーマ名別 データなし 提案テーマ分野別 データなし アクセス数 0 (0) 読み おかのぞみた...
    引用元: 岡 希太郎

  • クラフト株式会社

    薬学博士 岡希太郎先生プロフィール 1941年生 東京都出身 東京薬科大学卒業、薬学博士(東京大学) 1987年 東京薬科大学・臨床薬理学 教授就任 2004年 コーヒーの研究に着手 2007年 東京薬科大学名誉教授(定年退職) -- 珈琲研究家として現在に至る。 -- 社会活動: 日本薬学会会員、NPO法人・HAB研究機構理事、 NPO法人・日本慢性疾患セルフマネジメント協会広報委員 著書: カフェイン/もうドーピングなどとはいわせない 医薬経済社 2008 コーヒーの処方箋 医薬経済社 2008 珈琲一杯の薬理学 医薬経済社 2007 なるほど くすりの原料と仕組み 素朴社 2007 臨床薬理学 朝倉書店 1996
    引用元: クラフト株式会社

  • クラフト株式会社

    薬学博士 岡希太郎先生プロフィール 1941年生 東京都出身 東京薬科大学卒業、薬学博士(東京大学),米国スタンフォード大学留学 東京薬科大学名誉教授、同生命科学部客員研究員 社会活動: 日本薬学会会員、日本和漢医薬学会会員、 地域薬局薬学会顧問、NPO法人/日本慢性疾患セルフマネジメント協会員 著書: 珈琲一杯の薬理学 医薬経済社 2007 なるほど!くすりの原料と仕組み 素朴社 2007 日本臨床薬理学会編 臨床薬理学(第2版) 医学書院 2003 くすり発見器 �椛「型美術印刷 1982 最近のコーヒー・トピックス 2000 コーヒーはパーキンソン病を予防する 2004 コーヒーは2型糖尿病を予防する 2005 コーヒーは肝臓がんを予防する 2006 コーヒーはアルコール性肝炎を予防する 2007 コーヒーはアルツハイマー病を予防する
    引用元: クラフト株式会社

  • 日本地域薬局薬学会

    岡希太郎 (東京薬科大学名誉教授) 田代眞一 (昭和薬科大学教授) 戸部 敞 (昭和大学薬学部教授) 山元俊憲 (昭和大学薬学部教授) 早瀬幸俊 (北海道薬科大学教授) 小野寺 敏 (昭和薬科大学准教授) 油田 正樹 (武蔵野大学薬学部教授) 油田正樹 (武蔵野大学薬学部教授) 井手口直子 (日本大学薬学部専任講師) 大熊哲汪 (メディカルアソシェイツ代表取締役・長野県) 岡崎光洋 (北海道薬科大学准教授) 篠原久仁子 (フローラ薬局代表取締役・茨城県) 杉山 清 (星薬科大学教授) 瀬谷雅行 (綾部ファーマシー代表取締役・東京都) 栂安雅満 (つがやす薬局代表取締役・北海道) 西村友男 (下谷薬剤師会会長) 野崎芳雄 (野崎薬局代表取締役・神奈川県) 井手若菜 (カネマタ薬局中央店・千葉県) 戸口つとむ (行政書士...
    引用元: 日本地域薬局薬学会

  • クラフト株式会社

    東京薬科大学名誉教授であられる岡 希太郎先生による講演 薬剤師による血糖測定、血圧測定の紹介と実地体験 冗談を交えての先生のお話に参加された方からは笑いがこぼれていました。 珈琲と健康という意外な組み合わせに、皆さんメモをとりながら熱心に聞き入っていました。 質問コーナーでは多くの質問があり時間に限りがあったため、先生は多くの方に囲まれていました。 「質問内容抜粋」 インスタントコーヒーにも同じ成分が含まれている?⇒独特の成分が含まれています 砂糖やミルクを入れても成分は変わらないのか?⇒影響はまったくありません 骨粗鬆症でもコーヒーはのんで良いのか?⇒予防のためなら牛乳たっぷりでどうぞ etc 直接店舗スタッフが機器説明などを行い、雰囲気も和やかでした。 店舗スタッフも夜遅くまで準備した成果もあり、参加者の反応が十二分に感じられました。 参加者からの意見 ...
    引用元: クラフト株式会社

  • 珈琲一杯の薬理学 (単行本) | 岡希太郎 | イーブックオフ

    楽天ブックスで購入 珈琲一杯の薬理学 作家: 岡希太郎 1,050円 (新品定価: 1,575 円 → 525円おトク) 在庫なし 岡希太郎の在庫あり商品を探す お気に入りに追加 この商品をお友達に紹介 商品の詳細 出版社 : 医薬経済社 サイズ : 単行本 出版社シリーズ : 発売年月日 : 2007年5月1日 ISBN : 9784902968149 商品紹介 ( 楽天ブックス ) 発行年月:2007年05月登録情報サイズ:単行本ページ数:111pISBN:9784902968149 こんな商品もいかがですか? 生きる力がつく「孤独力」 /文庫 / 町沢静夫 250円 (443円おトク) かわいいこころ-気持ちよくスナオになれる85の方法- /単行本 / 寺門琢己 189円 (861円おトク) 死体洗いのアル...
    引用元: 珈琲一杯の薬理学 (単行本) | 岡希太郎 | イーブックオフ

  • 珈琲一杯の薬理学 |岡希太郎 (メタボリックシンドロームからの離脱 関連グッズ)

    珈琲一杯の薬理学 岡希太郎 医薬経済社 刊 発売日 2007-05-24 コーヒーがよりおいしく 2007-09-05 糖尿病などの生活習慣病に対し予防効果がある事実は、非常に興味深く参考になりました。 歴史的にみても、コーヒーが薬の作用があることもよくわかり、毎朝の飲むコーヒーや 喫茶店で飲むコーヒーに対して少し気を使うようになりました。 ただ、コーヒーの効果を解説している章では、ちょっと難しいかなと思う箇所もありました が、ザ・専門書という感じではなかったのでコーヒー好きの人や、コーヒー雑学を得たい人 などに最適かと思います。 さらに詳しい情報はコチラ≫ 珈琲一杯の薬理学 は、友達に紹介されました。この本を読むと、今までの自分の考え方を反省させられました。私の人生を180度変えた、1冊でもあります。 珈琲一杯の薬理学 を読むと問題とされている事に対してその印象が変わってくると思います。...
    引用元: 珈琲一杯の薬理学 |岡希太郎 (メタボリックシンドロームからの離脱 関連グッズ)

  • コーヒーの処方箋 / 岡希太郎

    以前当ブログで、「珈琲一杯の薬理学」(岡希太郎:医薬経済社)を紹介した。著者は、この本で、コーヒーには実はいろいろな薬理作用があることを明らかにし、多くのコーヒー党を喜ばせた。しかし、ただやたら飲めば良いというものでもないようだ。特定の病気を予防したいのなら、それに合った飲み方があるということで、同じ筆者が書いたのがこの「コーヒーの処方箋」(岡希太郎:医薬経済社)である。 コーヒーにもっとも予防効果があると思われているのは、2型糖尿病、肝臓がん、アルコール性肝炎、パーキンソン病の4つであるが、その他にも肥満、痛風、アルツハイマーなど多くの病気の予防が期待できるという。いかし、生豆に含まれ…
    引用元: コーヒーの処方箋 / 岡希太郎

  • なるほど!くすりの原料としくみ: 紀伊國屋書店BookWeb

    岡希太郎 [オカキタロウ] 東京薬科大学薬学部教授。1941年東京都生まれ、東京薬科大学卒業、薬学博士
    引用元: なるほど!くすりの原料としくみ: 紀伊國屋書店BookWeb

  • メテオMBC:珈琲一杯の薬理学 岡希太郎/著 医薬経済社 医学書・医学 ...

    珈琲一杯の薬理学 書籍名 珈琲一杯の薬理学 出版社 医薬経済社 発行日 2007-05-24 著者 岡希太郎/著 ISBN 978-4-902968-14-9 ページ数 111 販売状況 発売元へ在庫確認いたします 価格(税込) 1,575 円 数量 冊 Tweet 本書は、医薬経済社発行の雑誌「医薬経済」に『珈琲一杯の薬理学』として2005年12月から2006年6月まで連載していたものを改めて書き下ろしたものです。著者はコーヒーメーカーに代わって、学術論文に書かれたコーヒーの健康効果を正確にかつ思いっきり宣伝し、予防医療に役立てようと考え、2006年までに国際医学誌に掲載された学術論文をまとめ、一般の人にもわかるよう「珈琲一杯の薬理学」を書き下ろしました。 珈琲一杯の薬理学 ―目次― 第一章 珈琲一杯の薬史学 Pharmaceutica...
    引用元: メテオMBC:珈琲一杯の薬理学 岡希太郎/著 医薬経済社 医学書・医学 ...

  • 本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館] : 岡希太郎

    岡希太郎 珈琲の処方箋 2009年07月14日20:58 以前当ブログで、 「珈琲一杯の薬理学」 (岡希太郎:医薬経済社)を紹介した。著者は、この本で、コーヒーには実はいろいろな薬理作用があることを明らかにし、多くのコーヒー党を喜ばせた。しかし、ただやたら飲めば良いというものでもないようだ。特定の病気を予防したいのなら、それに合った飲み方があるということで、同じ筆者が書いたのがこの 「コーヒーの処方箋」 (岡希太郎:医薬経済社)である。 コーヒーの処方箋 医薬経済社 945円 Amazonで購入 書評 / 健康・医学 コーヒーにもっとも予防効果があると思われているのは、2型糖尿病、肝臓がん、アルコール性肝炎、パーキンソン病の4つであるが、その他にも肥満、痛風、アルツハイマーなど多くの病気の予防が期待できるという。いかし、生豆に含まれるカフェイン、クロロゲン酸、トリゴネリン...
    引用元: 本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館] : 岡希太郎

岡希太郎 の相関図を読込中

氏名 岡 希太郎 所属 東京薬科大学 薬学部 医療薬学科 臨床薬理学研究室 教授 所属先住所 〒192-0392 東京都八王子市堀之内1432-1 民間企業との共同研究の実績産学に関わる競争的

スポンサードリンク