岩本正和の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 岩本正和|北海道大学-環境ナノ・バイオ工学研究センター

    岩本 正和(イワモト マサカズ)プロフィール名 前 岩本 正和(イワモト マサカズ) 大 学 東京工業大学 研究科 資源化学研究所 教授 電話番号 (+81)-45-924-5227 メールアドレス iwamoto@res.titech.ac.jp URL http://www.res.titech.ac.jp/~organic/top_page.htm 所属学会 日本化学会 電気化学会 日本セラミックス協会 石油学会 ゼオライト学会 触媒学会 アメリカ化学会 日本エネルギー学会 イオン交換学会 有機合成化学協会 研究テーマ/分野 ナノ空間化学,固体触媒化学,環境化学,不斉合成,光機能性材料 経歴年 月   1971 3 九州大学工学部応用化学科卒業 1973 3 九州大学大学院工学研究科応用化学専攻修士課程修了 1976 3 同上博士課程修了     長崎大学工学部助手 1978   同...
    引用元: 岩本正和|北海道大学-環境ナノ・バイオ工学研究センター

  • 研究者プロフィール

    氏名 岩本 正和 よみがな イワモト マサカズ 職名 教授 所属(本務) フロンティア研究機構/研究部門 所属(協力) / / 生年月 1948年 10月 連絡先番号 045-924-5225 ホームページのURL http://www.res.titech.ac.jp/organic/top_page.htm E-mailアドレス iwamoto\9983\res.titech.ac.jp メールアドレスは自動収集を避けるため,正しく表記しておりません。 ご面倒ですが,「\」から「\」までの記号及び数字を「@」に書き換えてメールをお送りください。 研究テーマ 規則性ナノ多孔体化学の開拓 機能性無機材料の開発 メゾ多孔体上での有機化合物の触媒反応 学歴 九州大学大学院工学研究科応用化学専攻博士課程修了(1976) ...
    引用元: 研究者プロフィール

  • 岩本正和 研究者情報 | T2R2 東京工業大学リサーチリポジトリ

    ヘルプ 岩本正和 研究者情報 研究者情報 研究業績一覧 姓 岩本 Iwamoto 名 正和 Masakazu 所属組織 東京工業大学 資源化学研究所 Tokyo Institute of Technology Chemical Resources Laboratory 専門分野 その他 (ナノ空間化学, 機能性無機材料化学) 触媒・資源化学プロセス (触媒・化学プロセス) 教員プロフィール 講義ノート TokyoTech Open Course Ware 学位論文 接触酸化における酸素および被酸化物の吸着と反応性に関する研究 , 工学博士, 九州大学, 1976/01/01.
    引用元: 岩本正和 研究者情報 | T2R2 東京工業大学リサーチリポジトリ

  • (概要)環境触媒ハンドブック

    【監修】 岩本 正和 東京工業大学資源化学研究所教授 【編集委員】 加藤 明 (株)日立製作所日立研究所主任研究員 上甲 勲 栗田工業(株)開発本部吸着・触媒チーム研究主幹 竹中啓恭 経済産業省産業技術環境局技術評価調査課評価企画調査官 堂免一成 東京工業大学資源化学研究所触媒化学部門教授 服部 忠 名古屋大学大学院工学研究科応用化学専攻教授 濱田秀昭 (独)産業技術総合研究所環境調和技術研究部門副研究部門長 持田 勲 九州大学機能物質科学研究所教授 (執筆者全171名) 序論 水処理―湿式 固定発生源の排ガス浄化 水処理―乾式 有機化合物処理 脱硫触媒 温室効果ガスの化学的利用 自動車触媒の...
    引用元: (概要)環境触媒ハンドブック

  • EAJ NEWS:2005-104-13 新入正会員のご紹介

    いわもと まさかず 岩本 正和 東京工業大学資源化学研究所教授 1948年長崎県生まれ。1976年九州大学工学研究科博士課程修了。長崎大学工学部助手、講師、助教授を経て、1987年宮崎大学工学部教授。1990年北海道大学触媒化学研究センター教授。2000年から現職。ナノ空間化学、固体触媒化学、光機能化学の研究に従事。
    引用元: EAJ NEWS:2005-104-13 新入正会員のご紹介

  • 岩本 正和

    いわもと まさかず 岩本 正和 東京工業大学 資源化学研究所 有機資源部門 教授 〒226-8503 神奈川県横浜市緑区長津田町4259 045-924-5228 http://www.res.titech.ac.jp/~organic/top_page.htm [ReaDページへ] 東京工業大学教授 (2000-) 北海道大学教授 (1990-) 宮崎大学教授 (1987-) 長崎大学助教授 (1981-) 長崎大学講師 (1978-) ナノ空間材料, 不均一系触媒反応, 不斉酸化, 固体酸触媒, 機能性無機材料, 窒素酸化物, 環境化学 文部科学省大学設置審委員 環境省大気汚染部会委員 経産省尿素SCR評価委員 NEDO審査委員 JST評価委員 日本化学会 触媒学会 石油学会 ゼオライト学会 日本表面科学会 セ...
    引用元: 岩本 正和

  • 東京工業大学|最新情報|岩本 正和 教授が紫綬褒章受章

    岩本 正和 教授が紫綬褒章受章 2010年春の褒章で, フロンティア研究機構 (資源化学研究所兼任)の 岩本 正和 教授 が「材料化学研究(ナノ空間触媒化学の開拓)」の業績で紫綬褒章を受章しました。 紫綬褒章は,学術研究や芸術文化,技術開発において功績をあげた人に贈られるものです。岩本教授は,ナノメートルサイズの超微少空間を使った場合に発現する新しい触媒プロセスを開拓してきました。本褒章では、種々の排気ガスに含まれる窒素酸化物の接触除去、バイオエタノールのプロピレンへの高選択的転換、固体触媒を用いた不斉接触酸化の実現等、それまで実現不可能あるいは未踏とされていた種々の固体触媒反応系の開拓が評価されました。 岩本教授は同様の研究成果で,文部科学大臣表彰科学技術賞や東レ科学技術賞を受賞,本年5月19日には石油学会賞を受賞します。 今回の受章をうけ、岩本教授は次のようにコメントしています。 「大...
    引用元: 東京工業大学|最新情報|岩本 正和 教授が紫綬褒章受章

  • 東京工業大学|最新情報|岩本 正和 教授が紫綬褒章受章

    岩本 正和 教授が紫綬褒章受章 2010年春の褒章で, フロンティア研究機構 (資源化学研究所兼任)の 岩本 正和 教授 が「材料化学研究(ナノ空間触媒化学の開拓)」の業績で紫綬褒章を受章しました。 紫綬褒章は,学術研究や芸術文化,技術開発において功績をあげた人に贈られるものです。岩本教授は,ナノメートルサイズの超微少空間を使った場合に発現する新しい触媒プロセスを開拓してきました。本褒章では、種々の排気ガスに含まれる窒素酸化物の接触除去、バイオエタノールのプロピレンへの高選択的転換、固体触媒を用いた不斉接触酸化の実現等、それまで実現不可能あるいは未踏とされていた種々の固体触媒反応系の開拓が評価されました。 岩本教授は同様の研究成果で,文部科学大臣表彰科学技術賞や東レ科学技術賞を受賞,本年5月19日には石油学会賞を受賞します。 今回の受章をうけ、岩本教授は次のようにコメントしています。 「大...
    引用元: 東京工業大学|最新情報|岩本 正和 教授が紫綬褒章受章

  • 教員情報 - TOKYO TECH OCW

    923 33 English ? ホーム > 教員情報 教員情報 : 岩本 正和 (iwamoto masakazu) 所属部局 所属部局(大分類) 所属部局(小分類) フロンティア研究センター 共同研究部門 資源化学研究所 有機資源部門 担当講義一覧 ●概要・シラバス・講義ノート ◎概要・シラバス 全て表示 1 3 公開 状況 No 講義名 学科・専攻名 開講年度 (推奨学期) 公開・ 更新日 アクセス指標 1 化学環境学特論第二 化学環境学専攻 H18年度 後期 2008/1/7 2 触媒化学特論 物質電子化学専攻 H23年度 前期 2011/3/23 3 物理化学特論(総) 化学環境学専攻 H23年度 前期 2...
    引用元: 教員情報 - TOKYO TECH OCW

  • セブン&アイのセブンネットショッピング - 書籍 - 環境触媒 ...

    お客様おすすめ度 ☆☆☆☆☆ 著者/訳者 岩本正和/監修 加藤明/〔ほか〕編集委員 出版社名 エヌ・ティー・エス ( エヌ・ティー・エス ) 発行年月 2001年11月 販売価格 62,370円 ポイント 594ポイント *ポイントについて 取扱状況 1~3週間で発送 取り扱い表記について ラッピング 対象外 出版社に在庫確認後、取寄せます。 商品をフォローする 友達にメールで教える
    引用元: セブン&アイのセブンネットショッピング - 書籍 - 環境触媒 ...

  • 日本化学会ディビジョン | ご案内

    幹事紹介 役職 写真 氏名/所属 主査 岩本 正和(東京工業大学) 副主査 丹羽 幹(愛知工業大学) 副主査 村松 淳司(東北大学) 幹事 江口 浩一(京都大学)
    引用元: 日本化学会ディビジョン | ご案内

  • 東京工業大学ホームページ | 最近の研究成果

    <資源化学研究所 教授 岩本正和> 石油化学工業では今,エチレンの需要が減少しブテンやプロピレンの需要増加が起きている.岩本正和教授の研究グループでは,エチレンの二量化反応でブテンを選択的に製造する触媒の探索を行い,新たに合成したNi-MCM-41という固体触媒が高温水添反応条件下で,ブテン選択率93%を達成できることを見出した.また反応温度を上げるとプロピレンもかなりの量が生成するという. エチレンの選択的二量化は通常,均一系錯体触媒を利用して高圧液相で行われている.またシリカなどの担体にニッケルを担持した固体触媒の研究も以前は盛んに行われていた.しかし,これらの反応は高圧下,バッチ式で行われることが多く,反応・分離工程で多くのエネルギーを消費するプロセスである.活性・選択性もそれほど高くない.岩本教授らの研究グループではテンプレートイオン交換法で作製したNi-MCM-41が酸触媒,オ...
    引用元: 東京工業大学ホームページ | 最近の研究成果

岩本正和 の相関図を読込中

岩本 正和(イワモト マサカズ)プロフィール名 前 岩本 正和(イワモト マサカズ) 大 学 東京工業大学 研究科 資源化学研究所 教授 電話番号 (+81)-45-924-5227 メールアドレス

スポンサードリンク