岩重佳治の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • http://blog.livedoor.jp/bengoshiretsuden/archives/51388813.html

    岩重佳治先生にインタビューをさせて頂きました。Q1.貧困問題に取り組むようになったごきっかけを教えてください。 所属している事務所は多重債務者問題に熱心に取り組んでいる事務所です。そこで私も多重債務者の問題に取り組むようになったのですが、仕事をしていく中で実は多重債務者問題も、突き詰めていくと根底には貧困問題があることが分かってきたのです。 私は多重債務の問題をなくしたいという思いから貸金業法等の改正運動に携わってきたわけですが、法改正が実現しても、背景にある貧困問題が無くならない限り問題は解決しません。実際に、以前相談に来られた方がまた相談に来るというような事もありました。それで貧困の問題に取り組もうと思ったのです。
    引用元: http://blog.livedoor.jp/bengoshiretsuden/archives/51388813.html

  • http://mumugi.exblog.jp/12271865/

    「論理と道理」岩重佳治さん@11/13イギリスに学ぶ子どもの貧困対策国際シンポ もうろうとした中でも、昨日のシンポジウムは得るものがたくさんありました。弁護士の岩重佳治さんが紹介された、イギリスの事例の中で、特に印象的だったのは、2010年から2030年までの、未来予想試算。0から4歳までの子ども5歳から12歳までの子ども13歳から16歳までの子ども17歳以上の子どもそれぞれの時期に投じた額と、社会的な負担額の推移を予測したもの。圧倒的に0から4歳までに手厚く投じた場合に、2030年の社会的な負担額が小さくなっています。それには0歳から4歳の、脳の柔軟性が関与しているそうです。国が試算したのではなくて、シンクタンクが試算したと書きとめてます。経済学と、社会学と、教育学と、発達心理?と、福祉と…、あれこれ複合的に組んで試算しないとできない計算なのでしょうが、これがしっかりと示すことができれば...
    引用元: http://mumugi.exblog.jp/12271865/

  • http://www.consumer-education.jp/nice/nlet/nl120.html

    貸金業法等改正のポイントとこれからの消費者教育 岩重佳治 (弁護士) P.1 地域との連携をふまえた消費者教育 −板橋区消費者センター主催「消費生活展」参加を事例として− 魚山秀介 (帝京高等学校教諭) P.5 弁護士会シンポジウム報告 みんなにとどけ 消費者教育 −消費者教育を受ける権利の実現に向けて− 横山哲夫 (日本弁護士連合会消費者問題対策委員会) P.8 書評 『おこづかいゲームブック』『世界は食の安全を守れるか』 P.9 ヨーロッパの学校における消費者教育 (6)教員養成と教員研修 大原明美 (金城学院大学非常勤講師) P.10 連載 リレー トーク 金曜日は金銭教育 山口政之 (千葉大学教育学部附属小学校教諭) P.11 消費者教育講座レポート P.12 研究論文 消費者市民教育 その6 市民と庶民、社会と世間 植苗竹司 (消費者市民教育フォーラム主...
    引用元: http://www.consumer-education.jp/nice/nlet/nl120.html

  • http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1106043411

    岩重 佳治 1958年生まれ。弁護士。多重債務問題の取り組みからスタートし、その背景に貧困の問題があることから、貧困問題に取り組みはじめた。さらに、困難を抱えた人のなかに、子ども期から困難を抱えていた人が多いことに気づいて、子どもの貧困問題に取り組むことになった。日本弁護士連合会貧困問題対策本部委員、女性と子どもの貧困部会所属 埋橋 玲子 1956年生まれ。同志社女子大学現代社会学部現代こども学科教授。保育評価およびイギリスの保育が研究の対象 ベネット,フラン(Bennett,Fran) 1960年代からイギリスで子どもの貧困問題に取り組んできた「子どもの貧困アクショングループ(CPAG:Child Poverty Action Group)」の元代表。オックスフォード大学社会政策 社会福祉学部主席調査研究員。専門は、社会保障政策、ジェンダー、貧困問題 中嶋 哲彦 1955年生まれ。名古...
    引用元: http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1106043411

  • http://www.asahi.com/shimen/articles/TKY201305020524.html

    岩重佳治弁護士  就職難や不安定な雇用のため、学生時代に借りた奨学金が返せなくなった人を支援するための「奨学金問題対策全国会議」。3月末の立ち上げに奔走した事務局長の岩重佳治弁護士に話を聞いた。「制度の問題点を明らかにして、改革へと世論を動かしたい」という。  公的奨学金事業を担う日本学生支援機構によると、… 続きを読むこの記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。 登録申し込み ログインする(会員の方)無料会員登録はこちら朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら
    引用元: http://www.asahi.com/shimen/articles/TKY201305020524.html

  • http://matuchan.blog.ocn.ne.jp/ocnt2pisqlf46s4/2013/02/post_a195.html

    奨学金問題に取り組む岩重佳治弁護士生活苦から学生時代に借りた奨学金の返済に困っている人が増えている。不景気で就職難やリストラなど働く環境が悪化していることが影響しているとみられる。なかには、奨学金の返済遅延が足かせとなって、夢をあきらめたり、結婚ができなかったりする若者も少なくない。この問題に詳しい弁護士は「日本の奨学金制度の抜本的な改善が必要だ」と指摘している。奨学金事業を請け負う日本学生支援機構の資料によると、奨学金の返済が遅れている要返還者と未返還者を足した人数は、2004年の198万人に対して2011年が334万人と、7年間で130万人以上も増えている。奨学金を返せない人は、ここ数年で急増しているのだ。奨学金には、返還義務のない「給付型」と卒業後に返還義務が生じる「貸与型」の2種類があるが、日本では全体の約9割が貸与型だとされる。しかも無利子ではなく、「有利子」の貸与型を利用せざ...
    引用元: http://matuchan.blog.ocn.ne.jp/ocnt2pisqlf46s4/2013/02/post_a195.html

  • http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130318-00000305-bengocom-soci

    奨学金制度の課題について語る岩重佳治弁護士 生活苦から学生時代に借りた奨学金の返済に困っている人が増えている。不景気で就職難やリストラなど働く環境が悪化していることが影響しているとみられる。なかには、奨学金の返済遅延が足かせとなって、夢をあきらめたり、結婚ができなかったりする若者も少なくない。この問題に詳しい弁護士は「日本の奨学金制度の抜本的な改善が必要だ」と指摘している。 奨学金事業を請け負う日本学生支援機構の資料によると、奨学金の返済が遅れている者は、2004年の約25万人に対して、2011年が約33万人と増加している。 奨学金には、返還義務のない「給付型」と卒業後に返還義務が生じる「貸与型」の2種類があるが、日本では全体の約9割が貸与型だとされる。しかも無利子ではなく、「有利子」の貸与型を利用せざるを得ない学生が多いのが、日本の特徴だ。日本学生支援機構による奨学金では、有利子が...
    引用元: http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130318-00000305-bengocom-soci

  • http://edu.chunichi.co.jp/?action_kanren_detail=true&action=education&no=3029

    設立準備を進める「奨学金問題対策全国会議」について説明する岩重佳治弁護士=19日、東京都内で  大学卒業後に奨学金の返済で苦しむ若者が多い現状を打開したいと、全国各地の法律家や学者らが、3月にも「奨学金問題対策全国会議」(仮称)を設立する。返済困難者の救済だけでなく、奨学金制度の抜本的な改善を求める運動を展開する方針だ。(白井康彦)  会社員の平均給与の減少など家計の悪化が目立ち、大学生の奨学金利用者の割合は年々上昇。今は約5割に達している。卒業後、日本学生支援機構への返済が遅れている人も増え続け、2012年3月末で約33万人に及ぶ。  今後は、大学卒の男女が結婚した場合、およそ4分の1の夫婦は、2人とも奨学金を返済していくことになる。合計の返済月額は、2万〜4万円程度の夫婦が多くなりそうだ。  全国会議の代表幹事の1人に就任予定の大内裕和 中京大国際教養学部教授は「奨学金の返済ができるの...
    引用元: http://edu.chunichi.co.jp/?action_kanren_detail=true&action=education&no=3029

岩重佳治 の相関図を読込中

岩重佳治先生にインタビューをさせて頂きました。Q1.貧困問題に取り組むようになったごきっかけを教えてください。 所属している事務所は多重債務者問題に熱心に取り組んでいる事務所です。そこで私も多重債務者

スポンサードリンク