岸本忠三の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 岸本忠三 - Wikipedia

    岸本 忠三(きしもと ただみつ、1939年(昭和14年)5月7日 - )は、日本の免疫学者。元・大阪大学総長、大阪大学名誉教授。IL-6の発見者であり、免疫学の世界的権威としてその名を知られる。医学博士(大阪大学)(1969年)。大阪府富田林市生まれ。文化功労者、文化勲章。2009年、日本人初となるクラフォード賞の受賞者に選出された(平野俊夫、チャールズ・ディナレロとの共同受賞)。
    引用元: 岸本忠三 - Wikipedia

  • 「抗体医薬」と「自然免疫」の驚異 新・現代免疫物語/岸本忠三/著 中嶋彰 ...

    岸本 忠三 (キシモト タダミツ)   大阪大学教授。大阪大学医学部卒。阪大医学部長、阪大学長、総合科学技術会議議員などを歴任。米国立科学アカデミー外国人会員、日本学士院会員。日本学士院賞・恩賜賞受賞、文化勲章受章。2009年クラフォード賞受賞。1939年大阪府富田林市生まれ 中嶋 彰 (ナカシマ アキラ)   サイエンスライター・科学作家。東京大学工学部卒。日本経済新聞社入社、編集局科学技術部次長、科学技術担当編集委員などを歴任。1954年兵庫県宍栗市生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
    引用元: 「抗体医薬」と「自然免疫」の驚異 新・現代免疫物語/岸本忠三/著 中嶋彰 ...

  • 岸本忠三 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

    岸本忠三 - Wikipedia岸本 忠三(きしもと ただみつ、1939年5月7日 - )は、日本の免疫学者。元・大阪大学 総長、大阪大学名誉教授。IL-6の発見者であり、免疫学の世界的権威としてその名を知 られる。医学博士(大阪大学)(1969年...http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%B8%E6%9C%AC%E5%BF%A0%E4%B8%89 scientist:岸本忠三研究の真髄を医療へ. 氏名, 岸本忠三 (大阪大学大学院教授・元大阪大学総長). name, Kishimoto Tadamitsu. 顔写真. (写真=大西成明). 1939年, 大阪府生まれ. 1964年, 大阪大学医学部卒業. 1969年, 大阪...http://www.brh.co.jp/s_library/j_site/scientistweb/no59/ 大阪大...
    引用元: 岸本忠三 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

  • 現代免疫物語 花粉症や移植が教える生命の不思議/岸本忠三/著 中嶋彰/著 ...

    岸本 忠三 (キシモト タダミツ)   大阪大学教授。大阪大学医学部卒。阪大医学部長、阪大学長、総合科学技術会議議員などを歴任。米国立科学アカデミー外国人会員、日本学士院会員。日本学士院賞・恩賜賞受賞、文化勲章受章。1939年大阪府富田林市生まれ 中嶋 彰 (ナカシマ アキラ)   サイエンスライター・科学作家。東京大学工学部卒。日本経済新聞社入社、編集局科学技術部次長、科学技術担当編集委員などを歴任。1954年兵庫県宍粟市生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
    引用元: 現代免疫物語 花粉症や移植が教える生命の不思議/岸本忠三/著 中嶋彰/著 ...

  • scientist:岸本忠三

    氏名   岸本忠三 (大阪大学大学院教授・元大阪大学総長) name Kishimoto Tadamitsu (写真=大西成明) 1939年 大阪府生まれ 1964年 大阪大学医学部卒業 1969年 大阪大学大学院医学研究科修了 医学博士 1970年 米国ジョーンズ・ホプキンス大学 リサーチフェロー、客員助教授 1974年 大阪大学医学部助手 1979年 大阪大学医学部教授 1983年 大阪大学細胞工学センター教授 1991年 大阪大学医学部教授 1997年 大阪大学総長 2003年 大阪大学大学院生命機能研究科教授 [ 受賞 ] 1982年 ベーリング・北里賞 1983年 大阪科学賞 1986年 ベルツ賞 1988年 武田医学賞、朝日賞 1990年 日本医師会医学賞、文化功労者 1991年 米国科学アカデミー外国人会員、 国際アレルギー学会賞 1992...
    引用元: scientist:岸本忠三

  • 岸本 忠三 - Webcat Plus

    岸本 忠三   (1939-)"岸本 忠三"(きしもと ただみつ、1939年5月7日 - )は、日本の免疫学者。元・大阪大学総長、大阪大学名誉教授。IL-6の発見者であり、免疫学の世界的権威としてその名を知られる。医学博士(大阪大学)(1969年)。大阪府富田林市生まれ。文化功労者、文化勲章。2009年、日本人初となるクラフォード賞の受賞者に選出された(平野俊夫、チャールズ・ディナレロとの共同受賞)。 [略歴] 昭和14年富田林市に生まれる。昭和39年大阪大学医学部卒業、第三内科(山村雄一教授)に大学院生として入局。昭和45年から4年間米国ジョーンズホプキンス大学留学。帰国後、第三内科助手、昭和54年医学部病理病態...「Wikipedia」より 人物名ヨミ キシモト タダミツ 人物別名 Kishimoto, Chūzō Kishimoto, Tadamitsu Kisimoto...
    引用元: 岸本 忠三 - Webcat Plus

  • 免疫機能統御学(中外製薬) | 大阪大学 大学院生命機能研究科

    氏   名 岸本 忠三(きしもと ただみつ) 昭和14年5月7日生 略   歴 昭和39年 3月  大阪大学医学部医学科卒業 昭和44年 3月  大阪大学大学院医学研究科博士課程修了 昭和44年 3月  医学博士(大阪大学) 昭和44年 4月  九州大学歯学部助手 昭和48年 7月  米国ジョーンズ・ホプキンス大学客員助教授 昭和49年 11月  大阪大学医学部助手 昭和54年 4月  大阪大学医学部教授 昭和58年 7月  大阪大学細胞工学センター教授 平成3年 4月  大阪大学医学部教授 平成3年 4月  大阪大学医学部附属病院第三内科長 平成7年 8月  大阪大学医学部長 平成9年 8月  大阪大学総長 平成15年 9月  大阪大学生命機能研究科教授 専   門 免疫学 Bリンパ球に抗体を作ることを指令する分子、インターロイキン6(IL-6)を発見し、ウイルス等の抗原が侵入した時...
    引用元: 免疫機能統御学(中外製薬) | 大阪大学 大学院生命機能研究科

  • 大阪大学大学院 生命機能研究科

    氏   名 岸本 忠三(きしもと ただみつ) 昭和14年5月7日生(63歳) 略   歴 昭和39年 3月  大阪大学医学部医学科卒業 昭和44年 3月  大阪大学大学院医学研究科博士課程修了 昭和44年 3月  医学博士(大阪大学) 昭和44年 4月  九州大学歯学部助手 昭和48年 7月  米国ジョーンズ・ホプキンス大学客員助教授 昭和49年 11月  大阪大学医学部助手 昭和54年 4月  大阪大学医学部教授 昭和58年 7月  大阪大学細胞工学センター教授 平成3年 4月  大阪大学医学部教授 平成3年 4月  大阪大学医学部附属病院第三内科長 平成7年 8月  大阪大学医学部長 平成9年 8月  大阪大学総長 平成15年 9月  大阪大学生命機能研究科教授 専   門 免疫学 Bリンパ球に抗体を作ることを指令する分子、インターロイキン6(IL-6)を発見し、ウイルス等の抗...
    引用元: 大阪大学大学院 生命機能研究科

  • 岸本忠三 - キャンパスシティ

    岸本忠三 2011年06月18日 16時26分岸本忠三に関する紹介や解説、ページを紹介しています。キャンパスシティでは大学生の生活をより豊かにする「キャンパスライフ・エンジン」を目指していきます。 ... 岸本 麻依 2011年06月13日 11時27分 岸本 麻依に関する紹介や解説、ページを紹介して ...岸本 麻依 さん 2011年06月18日 15時53分岸本 麻依 さんに関する紹介や解説、ページを紹介しています。キャンパスシティでは大学生の生活をより豊かにする「キャンパスライフ・エンジン」を目指していきます。 ... 岸本麻依 弘前中央 2011年06月14日 01時11分 岸本麻依 弘前中央に関する紹介や ...岸本 麻依 2011年06月20日 09時41分岸本 麻依に関する紹介や解説、ページを紹介しています。キャンパスシティでは大学生の生活をより豊かにする「キャンパスライフ・...
    引用元: 岸本忠三 - キャンパスシティ

  • 大阪大学 先端科学イノベーションセンター ピアス(皮膚再生技術)共同研究部門

    経歴1961年 福井県生まれ 1986年 大阪大学大学院医学研究科修士課程修了(細胞工学センター 岸本忠三教授) 1992年 京都大学医学博士取得(医化学第二 沼正作教授) 1992年 日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社川西医薬研究所分子生物学 研究員 1997年 関西医科大学附属肝臓研究所分子遺伝学講師(黒崎知博教授) 1999年 京都大学大学院医学研究科分子免疫・アレルギー学助手(木梨達雄教授) 2003年 ジェノミディア株式会社探索研究部マネージャー 2007年 ジェノミディア株式会社取締役 2009年 大阪大学特任教授 専門キーワード 分子生物学、シグナル伝達、創傷治癒、トランスレーショナルリサーチ、技術経営業績概要 → こちら 所属学会 日本分子生物学会、日本ケミカルバイオロジー学会、日本再生医療学会、研究・技術計画学会社会活動 関西広域バイオメディカルクラスター 盛和スカラ...
    引用元: 大阪大学 先端科学イノベーションセンター ピアス(皮膚再生技術)共同研究部門

  • いのちの不思議: 紀伊國屋書店BookWeb

    岸本忠三[キシモトタダミツ]1939年大阪府富田林市に生まれる。1969年大阪大学大学院医学研究科修了。医学博士。1979年大阪大学医学部教授。1997年大阪大学総長。総合科学技術会議議員、米国国立科学アカデミー外国人会員、日本学士院会員。専門は免疫学。恩賜賞・日本学士院賞、文化勲章、ロベルト・コッホゴールドメダル(ドイツコッホ財団)他多くを受賞
    引用元: いのちの不思議: 紀伊國屋書店BookWeb

  • 現代免疫物語 (ブルーバックス) エキサイト ブックス

     [11月30日] 『現代免疫物語』(岸本忠三・中嶋彰著:日本経済新聞社)を読了した[ 畝源 The ブログ ] at 07:28:45 現代免疫物語―花粉症や移植が教える生命の不思議岸本 忠三 / / 日本経済新聞社ISBN : 4532163463スコア選択: ※※※※2000年に発刊された本だ。免疫に関する本は何冊か、このブログでも紹介してきた。岸本忠三氏という名前は、読む前には不勉強で記憶になかったが、かなり有名な免疫学の権威のお医者さんらしい。共著者として名前が挙がっている中嶋彰氏は日経新聞の科学担当の編集委員だそうだ。そのせいか、難しい、ややもすると多数の専門用語で頭が混乱しそうになる免疫の話を、素人にも実に興味深くわかりやすく説いている。免疫学史というわけでもないが、アレルギーを引き起こすIgE(免疫グロブリンE)という抗体を発見した石坂公成(きみしげ)夫妻の話から説き起...
    引用元: 現代免疫物語 (ブルーバックス) エキサイト ブックス

  • オンライン書店ビーケーワン:「抗体医薬」と「自然免疫」の驚異 新・現代 ...

    岸本 忠三著中嶋 彰著 税込価格: ¥1,029 (本体 : ¥980)bk1ポイント倶楽部: 9ポイント(1%進呈) 出版 : 講談社 サイズ : 18cm / 286,7p ISBN : 978-4-06-257633-8 発行年月 : 2009.3 利用対象 : 一般 出荷可能時間: 出荷までに要する日数について 配達方法について この本を 123456789 冊買う 10冊以上買う お困りの方 ◆ 本の贈り物はいかがですか?【ギフトラッピング】承ります →くわしくはこちら お得なお買い物10,000円以上ご購入キャンペーンで 【 bk1ポイント1,000ポイント 】を進呈!※ 【10,000円以上ご購入キャンペーン】は10,000円以上(税抜)のご購入と、お客様のご応募が必要です。また、【10,000円以上ご購入キャンペーン】にご応募いただ...
    引用元: オンライン書店ビーケーワン:「抗体医薬」と「自然免疫」の驚異 新・現代 ...

  • 現代免疫物語―花粉症や移植が教える生命の不思議 - 岸本 忠三, 中嶋 ...

    岸本 忠三(きしもと ただみつ、1939年5月7日 - )は、日本の免疫学者。元・大阪大学総長、大阪大学名誉教授。IL-6の発見者であり、免疫学の世界的権威としてその名を知られる。医学博士(大阪大学)(1969年)。大阪府富田林市生まれ。文化功労者、文化勲章。2009年、日本人初となるクラフォード賞の受賞者に選出された(平野俊夫、チャールズ・ディナレロとの共同受賞)。 略歴 昭和14年富田林市に生まれる。昭和39年大阪大学医学部卒業、第三内科(山村雄一教授)に大学院生として入局。昭和45年から4年間米国ジョーンズホプキンス大学留学。帰国後、第三内科助手、昭和54年医学部病理病態学教授、昭和58年細胞工学センター教授を経て平成3年より第三内科教授。この間一貫して免疫学の研究にとりくみ、Bリンパ球増殖、分化機構を解明し、インターロイキン6(IL-6)を発見する。その後、IL-6とその受容体、シ...
    引用元: 現代免疫物語―花粉症や移植が教える生命の不思議 - 岸本 忠三, 中嶋 ...

  • 岸本忠三 - Wikipedia

    岸本 忠三(きしもと ただみつ、1939年5月7日 - )は、日本の免疫学者。元・大阪大学総長、大阪大学名誉教授。IL-6の発見者であり、免疫学の世界的権威としてその名を知られる。医学博士(大阪大学)(1969年)。大阪府富田林市生まれ。文化功労者、文化勲章。2009年、日本人初となるクラフォード賞の受賞者に選出された(平野俊夫、チャールズ・ディナレロとの共同受賞)[1][2]。
    引用元: 岸本忠三 - Wikipedia

  • JST戦略的創造研究推進事業 特別シンポジウム「世界を魅せる 日本の課題 ...

    次に、小間篤研究主監(JST)をモデレーターに、岸本忠三先生(大阪大学教授)、北野宏明先生(システム・バイオロジー研究機構会長)、佐藤勝昭先生(JST戦略的創造研究推進事業さきがけ研究総括)の3名をパネリストに迎え「目利きが選び育ててきた科学技術の未来とは?」をテーマにしたパネルディスカッションを行いました。小間研究主監によるJST戦略的創造研究推進事業の紹介の後、山中先生を見いだした元CREST研究総括である岸本先生、プレイングマネージャーとしてERATOプロジェクトを推進した北野先生、さきがけ研究総括として研究者を支え育てる佐藤先生に、これまでの戦略的創造研究推進事業のなかで生まれてきた成果や、研究の芽・人を発掘し育てることの意義などについて議論していただきました。
    引用元: JST戦略的創造研究推進事業 特別シンポジウム「世界を魅せる 日本の課題 ...

  • 免疫機能統御学<組織|大阪大学免疫学フロンティア研究センター

    主任研究者岸本 忠三 . . . . . 詳しいプロフィール教授 06-6879-4431 学歴 1969.3 大阪大学大学院医学研究科 博士修了 職歴 1974.11 大阪大学医学部助手 1979.4 大阪大学医学部教授 1983.7 大阪大学細胞工学センター教授 1995.8 大阪大学医学部長 1997.8 大阪大学総長 2003.9 大阪大学生命機能研究科教授 研究内容 IL-6によるTreg/Th17細胞分化の制御機構の解明および抗IL-6受容体抗体をツールとした免疫難病発症機構の解明 業績 論文 IL-6 and its receptor ; A paradigm for cytokines. Science 258: 593-597 1992. Cytokine signal transduction. Cell 76: 253-262 1994. Structur...
    引用元: 免疫機能統御学<組織|大阪大学免疫学フロンティア研究センター

  • 岸本忠三元総長、平野俊夫教授がクラフォード賞を受賞 — 大阪大学

    ホーム 最新情報 ニュース&トピックス 2009年 1月 岸本忠三元総長、平野俊夫教授がクラフォード賞を受賞 Infoニュース&トピックス岸本忠三元総長、平野俊夫教授がクラフォード賞を受賞2009年1月16日(金) すべての方 2009年1月15日(木)スウェーデン王立科学アカデミーより、岸本忠三元総長(生命機能研究科寄附講座教授)と、平野俊夫医学系研究科・医学部長(生命機能研究科教授)へのクラフォード賞授与が発表されました。日本人として初めての受賞となります。 授賞式は本年5月11日(月)にストックホルムのスウェーデン王立科学アカデミーにて執り行われます。最新情報 ニュース&トピックス 年月別で絞り込み 2011年 2010年 2009年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 2008年 利...
    引用元: 岸本忠三元総長、平野俊夫教授がクラフォード賞を受賞 — 大阪大学

  • 創造性の育成塾講師プロフィール 岸本忠三 先生 (文化勲章・元大阪大学 ...

    創造性の育成塾 講師プロフィール 岸本忠三 先生   (文化勲章・元大阪大学総長 生命機能研究科免疫制御学講座) 日本の免疫学者。ヒト遺伝子の一つ、IL-6の発見者であり、免疫学の世界的権威としてその名を知られる。医学博士。      動画公開授業 ■2008年8月4日:第3回夏合宿 講義「“病”を防ぐ体のしくみ」 http://juku.netj.or.jp/meta/souzou_g03043_j_080408.asx http://juku.netj.or.jp/live/profile/03kishimoto.html (※第3回夏合宿ページ)  「今日のひとこと」への寄稿   
    引用元: 創造性の育成塾講師プロフィール 岸本忠三 先生 (文化勲章・元大阪大学 ...

  • 現代免疫物語 岸本忠三 中嶋彰 花粉症 移植 生命の不思議 切手可 ...

    仕様・状態 ★商品名 現代免疫物語 岸本忠三 中嶋彰 花粉症 移植 生命の不思議 切手可 ★商品説明 除籍図書ですので、ビニールカバー、シール、印あります。 状態は良く、読むのに全く支障はありません。 アルコール消毒後、雨濡れ防止の為、ビニール袋に入れて発送致します。 2000年初版発行。333ページ。定価1785円。日本経済新聞社。 ★お支払い イーバンク・JNB・郵便振替(ぱるる)・新生銀行・ヤフーかんたん決済など。 オークション開始金額が2000円未満の場合、切手でのお支払いも可能です。 切手払いの場合、落札金額×110%+送料のお支払いとなります。 ★ひとこと お手数お掛けしますが、入札前に 自己紹介欄をご覧下さい。 落札者様は、ヤフーからの落札メールに記載してある出品者からのメッセージをご覧頂き、取引ナビよりご連絡お願い致します。
    引用元: 現代免疫物語 岸本忠三 中嶋彰 花粉症 移植 生命の不思議 切手可 ...

  • 佐々木正人「時速250kmのシャトルが見える (光文社新書)」 - 千早振る日々

    <[本] 岸本忠三・中嶋彰「[asin:4... | [本] 松尾和浩「[asin:479733888...>2009-04-07■[本] 佐々木正人「時速250kmのシャトルが見える (光文社新書)」アフォーダンスという概念を知ったのは、ずいぶん前のことになる。友人の話でこの本の著者を知り、何冊か本を読んでみたのがきっかけだった。人間が周囲から刺激を受けて行動をするという図式ではなく、空間と環境の側に、人間に行動を促すような意味があるのだという考えを提示するこの概念は、ずいぶんと新鮮で面白いものに感じられた。同時に、アフォーダンスはデザインの分野でよく使われていることを知った。一方で、人間が環境と接して動くことの最たるものであり、選手たちの無駄のない動きにいつも感動させられるスポーツというものにも、アフォーダンスの関わりというものがあるのではないかと思いながら、そのときはそういう本は見つ...
    引用元: 佐々木正人「時速250kmのシャトルが見える (光文社新書)」 - 千早振る日々

  • 公益財団法人 国際科学技術財団 / JAPAN PRIZE 2011

    歴代受賞者略歴 2000年代 1990年代 1980年代 岸本 忠三 ( きしもと ただみつ ) 博士の主な略歴国籍 日本 生年月日 1939年5月7日(71歳) 学歴 1964年 大阪大学医学部卒業 1969年 大阪大学大学院医学研究科修了 医学博士 職歴 1969年 九州大学歯学部助手(生化学) 1970年 米国ジョンズ・ホプキンス大学フェロー、客員助教授 1974年 大阪大学医学部助手 1979年 大阪大学医学部教授 1983年 大阪大学細胞工学センター教授 1991年 大阪大学医学部教授 1995年 大阪大学医学部長 1997年 大阪大学総長 2004年 総合科学技術会議議員 2006年 大阪大学大学院生命機能研究科寄附講座教授 2007年 公益財団法人千里ライフサイエンス振興財団理事長 勤務先 大阪大学 大学院生命機能研究科 免疫機能統御学講座 565-0871 大...
    引用元: 公益財団法人 国際科学技術財団 / JAPAN PRIZE 2011

  • プログラム / 第21回和漢医薬学会大会

                    プログラム 講演 特別講演I   ホロトロピック・センター構想 天外伺朗 特別講演II   IL-6; 分子生物学と医学 岸本忠三 シンポジウム   シンポジウムの詳しい内容を各オーガナイザーが紹介しています。 シンポジウム I   和漢薬資源今昔−温故知新− 企画者: 御影雅幸(金沢大学 薬学部 教授)   小松かつ子(富山医科薬科大学 和漢薬研究所 助教授) シンポジウム II   オール・ジャパン、コンソーシアム形成について 企画者: 柴原直利(富山医科薬科大学 和漢薬研究所教授) シンポジウム III   自然治癒力を考える 企画者: 川喜多卓也(カネボウ薬品株式会社)   済木育夫(富山医科薬科大学 和漢薬研究所 教授) ...
    引用元: プログラム / 第21回和漢医薬学会大会

  • 学会誌 ファルマシア2009年7月号

    オピニオン   血清療法から抗体医薬へ 免疫学の100年/岸本忠三…645 カレンダー   2009〜2010…648   Editor's Eye…652   最前線   なぜ今,抗体医薬品か?/伊藤勝彦…655   セミナー   抗体医薬品の非臨床薬効試験/大槻昌彦…661   抗体医薬の安全性試験/小林 潔…667   抗体医薬品のPK/PD/寺尾公男…672   抗体医薬品の品質・安全性確保/山口照英・川崎ナナ…677   抗体医薬品の生産技術/川嶋裕幸…683   抗体医薬品における特許/長谷川智子…689   抗体分子の改変 より優れた抗体医薬を目指して/増保安彦…693   話題   抗体医薬の現状と展望/斉藤幹良・岡部尚文…699   FYI(用語解説)   ヒト化抗体;低分子抗体…688   ベンチャーだより   「ものづくり」ベンチャーを目...
    引用元: 学会誌 ファルマシア2009年7月号

岸本忠三 の相関図を読込中

岸本 忠三(きしもと ただみつ、1939年(昭和14年)5月7日 - )は、日本の免疫学者。元・大阪大学総長、大阪大学名誉教授。IL-6の発見者であり、免疫学の世界的権威としてその名を知られる。医学博

スポンサードリンク