峰久幸義の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 峰久幸義 - Wikipedia

    峰久 幸義(みねひさ ゆきよし、 - )は、日本の行政官。内閣官房参与、復興庁顧問、福島復興再生総局事務局長。過去に、初代復興庁事務次官、国土交通事務次官等を歴任。香川県三豊市出身。
    引用元: 峰久幸義 - Wikipedia

  • 国交省人事

    峰久幸義氏 (みねひさ・ゆきよし=国土交通事務次官)東大法卒。72年旧建設省に入り、道路局次長、自動車交通局長、国土交通審議官など歴任。香川県出身、58歳。 竹歳誠氏 (たけとし・まこと=国土交通審議官)東大法卒。72年旧建設省に入り、都市・地域整備局長、総合政策局長、官房長など歴任。鳥取県出身、57歳。 柴田耕介氏 (しばた・こうすけ=国土交通審議官)京大法卒。73年旧運輸省に入り、自動車交通局保障課長、気象庁次長、総合観光政策審議官など歴任。熊本県出身、56歳。 宿利正史氏 (しゅくり・まさふみ=大臣官房長)東大法卒。74年旧運輸省に入り、航空局次長、自動車交通局長、総合政策局長など歴任。大分県出身、55歳。 本保芳明氏 (ほんぽ・よしあき=大臣官房総合観光政策審議官)東工大院理工修了。74年旧運輸省に入り、海事局・港湾局・総合政策局・航空局審議官、日本郵政公社理事など歴任。...
    引用元: 国交省人事

  • つれづれ雑記 元国土交通省事務次官の峰久幸義が駆け込みで天下り!

    元国土交通省事務次官の峰久幸義が駆け込みで天下り! 住宅金融支援機構 の副理事長に 厚顔無恥というか、恥知らずというか(同じ事ですが)、税金を自分のカネだと思っている腐れ役人ですね。 こういったニュースはどんどん回さないとイカンのではないかと思う次第です。 以下元記事の全文を転記 <元国交事務次官>駆け込み天下り ?住宅機構副理事長に就任 7月28日21時3分配信 毎日新聞 元国土交通省事務次官の峰久幸義 氏(60)が28日付で、住宅金融支援機構の副理事長に就任した。 前任の副理事長は、旧建設省出身で旧国土庁事務次官だった三井康寿 氏(70)で、 旧建設官僚OB同士で天下りポストを引き継いだ形だ 。民主党は政権公約(マニフェスト)で省庁が天下り先を世話するあっせん禁止を打ち出している。衆院選前の駆け込み人事との批判が高まるのは必至だ。 住宅金融支援機構は旧住宅金融公庫を引き継いで0...
    引用元: つれづれ雑記 元国土交通省事務次官の峰久幸義が駆け込みで天下り!

  • 観光経済新聞社 07年7月14日 観光行政

    国交省事務次官に峰久国土交通審議官 峰久幸義氏 国土交通省は10日、幹部人事を発令した。事務次官には、安富正文氏の辞職に伴い、峰久幸義氏(国土交通審議官=前職、以下同じ)が就任した。国土交通審議官には、峰久氏の後任に竹歳誠氏(大臣官房長)、山本繁太郎氏の後任に柴田耕介氏(大臣官房総合観光政策審議官)がそれぞれ就任した。春田謙・国土交通審議官は留任。大臣官房長には、宿利正史氏(総合政策局長)が就いた。 局長クラスの主な異動は、総合政策局長に榊正剛氏(住宅局長)、鉄道局長に大口清一氏(鉄道局次長)、自動車交通局長に本田勝氏(航空局次長)、海事局長に春成誠氏(海事局次長)が就いた。 峰久 幸義氏 (みねひさ・ゆきよし)東京大学法学部卒、72年建設省入り。大臣官房総括審議官、自動車交通局長、大臣官房長などを経て、05年8月国土交通審議官。香川県出身。58歳。
    引用元: 観光経済新聞社 07年7月14日 観光行政

  • joseijiho.co.jp

    国土交通省官房長 峰久幸義氏 国土総合開発法、計画、政策大綱の基本、防災、安全安心整備、企業、子育て期、人事配慮を。 伊藤忠商事代表取締役専務・経営企画 担当役員 丹波俊人氏 次世代法、経営戦略に正しい、経営思想、社内体制、躊躇なく活用。 東亜建設工業 鐘崎道生人事部長 家庭環境の中で、男性、育児休業がベストという選択も、従業員に実現してやる価値ある。 五洋建設 佐々木邦彦人事部長 男性も育児休業、法律で認定まできた、魅力のない企業に社員は来ません、適正な利潤を得ていくため体制を作る。 アサヒビール 古田土俊男広報部長 「事業主の子育て支援」教育面でお金が掛かって、本当に国として人口を増やして保ちたい方針であるならば、施策をきちんと。
    引用元: joseijiho.co.jp

  • 第159通常国会-040519-1

    国土交通省の峰久幸義自動車交通局長は十九日の衆院国土交通委員会で、二〇〇二年一月に起きた三菱製大型車のタイヤ脱落・母子死傷事故直後、車輪と車軸とをつなぐ三菱製の部品ハブの肉厚が他社製に比べて薄く、強度上の弱点を抱えていることを示す資料の提出を受けていたことを認めました。日本共産党の穀田恵二議員の質問への答弁。本紙十七日付で国交省が事故直後からハブの構造的弱点を把握していたことを報じましたが、これを認めたものです。 穀田氏は「事故直後、三菱自動車から他社ハブとの比較を示す資料提出を受けたことがあるか」と質問。峰久氏は「ございます」と答えました。 これまで同省は「設計に原因はない」としてリコールを退け被害を拡大させてきましたが、事故直後から知っていたことを認めたことになり責任が厳しく問われます。 穀田氏は、三菱が作成したハブ破損事故リストに基づき全国の事業所に提出させた「自動車事故報告...
    引用元: 第159通常国会-040519-1

  • 町田ポータルサイト ネット生活町田-ニュース・キャンペーン

    国土交通省の峰久幸義事務次官は7日の記者会見で、関東地方整備局道路部の課長補佐級職員が、07年4月から11カ月で190回、計約490万円のタクシー代を使っていたことを明らかにした。道路特定財源を原資とする旧道路整備特別会計からの支出だが、峰久次官は、深夜勤務に伴う帰宅のためで不正はなかったと強調。その一方で、勤務管理などを改善する考えを示した。
    引用元: 町田ポータルサイト ネット生活町田-ニュース・キャンペーン

  • FujiSankei Business i. 総合/国交次官に春田氏

    国土交通省は27日、退任する峰久幸義事務次官の後任に春田謙国土交通審議官を起用する人事を発表した。3人いる国土交通審議官は、柴田耕介氏が退任し、宿利正史官房長、榊正剛総合政策局長が昇格する。竹歳誠国土交通審議官、技術系トップの谷口博昭技監は留任。7月4日付で発令する。 ◇ 【事務次官】 春田謙氏(はるた・けん)東大卒。1972年運輸省。官房長を経て06年7月から国土交通審議官。59歳。東京都出身。
    引用元: FujiSankei Business i. 総合/国交次官に春田氏

  • 三菱ハブの弱点/国交省「資料、ございます」/局長が受領を認める/衆院委で ...

    国土交通省の峰久幸義自動車交通局長は十九日の衆院国土交通委員会で、二〇〇二年一月に起きた三菱製大型車のタイヤ脱落・母子死傷事故直後、車輪と車軸とをつなぐ三菱製の部品ハブの肉厚が他社製に比べて薄く、強度上の弱点を抱えていることを示す資料の提出を受けていたことを認めました。日本共産党の穀田恵二議員の質問への答弁。本紙十七日付で国交省が事故直後からハブの構造的弱点を把握していたことを報じましたが、これを認めたものです。
    引用元: 三菱ハブの弱点/国交省「資料、ございます」/局長が受領を認める/衆院委で ...

  • 「元国土交通省事務次官の峰久幸義氏(60)が28日付で、住宅金融支援機構 ...

    解決済みの質問 「元国土交通省事務次官の峰久幸義氏(60)が28日付で、住宅金融支援機構の副... tousen2 さん 「元国土交通省事務次官の峰久幸義氏(60)が28日付で、住宅金融支援機構の副理事長に就任した。≪駆け込み天下りか?≫」という記事が有りますが、そもそも理事とはどんな役職ですか? 唯でさえ国家財政が苦しい時、名ばかりの役職を温存するより、実労者を大事にした方が良いと思うのですが・・・・・・ 御茶飲んで、踏ん反り返っている老人に、多額の税金を使うのは勿体無い!気がしますが。。。。 一体その組織のトップに立つ理事とは、如何なる「使命」「役割」「重要性」が在るのでしょうか?教えて下さい! 違反報告 質問日時: 2009/7/29 08:04:23 解決日時: 2009/8/13 05:13:29 回答数: 1 閲覧数: 270 ソーシャルブックマークへ投...
    引用元: 「元国土交通省事務次官の峰久幸義氏(60)が28日付で、住宅金融支援機構 ...

  • 国土交通省・事務次官の峰久幸義氏、「観光庁」という組織体制は重要 ...

    国土交通省・事務次官の峰久幸義氏、「観光庁」という組織体制は重要 2007/7/12(木) Tweet 国土交通省の新事務次官に就任した峰久幸義氏がこのほど、専門紙の記者会見に応じ、所感を表明した。国土交通行政全般としては、「幅広く国民生活に直結している」とした上で、「自然災害や交通の安心・安全をはじめ、アジア・ゲートウェイや観光立国推進などの地域を含めた経済発展、美しい国土づくりが課題」とし、一つ一つの施策を着実に実行していく考えを示した。このほか、省庁再編から7年が経過し、格段に実効性が上がっているとの考えを示したが、まちづくりと観光行政など、ハードとソフトを一体的に実効性のあるものに取り組むとし、こうした点は省庁一丸で取り組んでいく考えだ。 アジア・ゲートウェイ構想のある航空施策については、羽田、成田の工事を着実に進めていくことのほか、羽田の再拡張については「距離だけ...
    引用元: 国土交通省・事務次官の峰久幸義氏、「観光庁」という組織体制は重要 ...

  • ガソリン税、そんなの関係ねェ: 新宿酒場ロン<武田じゅうめい>

    « パンツをはいた猿 | トップページ | 峰久幸義のオッパッピ » ガソリン税、そんなの関係ねェ なぜ自民党は額に青筋を立て、声を張り上げ「絶対死守」を叫ぶのか。 この位の勢いで年金問題をやってくれればたいしたものだが。 ガソリン税25円問題。 民主党も自民と同じ穴のムジナで、少し様子がおかしくなってきた。 一番の理由は、地方議員と知事からの猛反発で、2兆6千億円の財源がなくなったら地方の道路整備はできない、その皺寄せは福祉・教育にいくのだと脅かす。民主の大江康弘・参院議員やそれに賛同する民主議員も道路絶対死守を叫ぶ。 このくらい声を大にして、年金問題、雇用景気問題、高齢者福祉問題、等々に体を張ってもらえば良いのだが、なぜかそうはならず道路財源だけに必死になるのはどういう訳だろうか。 ガソリン税を安くしても、大衆からは1銭の献金も入らぬが、土木建設会社からは2~3%のキックバックが入るか...
    引用元: ガソリン税、そんなの関係ねェ: 新宿酒場ロン<武田じゅうめい>

  • ダボス、そんなの関係ねェ: 新宿酒場ロン<武田じゅうめい>

    « 峰久幸義のオッパッピ | トップページ | 朝青龍、そんなの関係ねェ » ダボス、そんなの関係ねェ スイス・ダボス会議。 元々はヨーロッパ伝統の政治経済会議だった。 世界はヨーローパを中心に回っていると認識する、上流階級のパワーエリートの円卓会議。 今回、そこで、ビル・ゲイツが、アフリカ・アジアの農業支援に3億600万ドル(330億円)を寄付すると発表した。 年内にマイクロソフトを勇退するビル・ゲイツは、妻メリンダと設立した「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団」を通して、医療や教育などの分野で多くの支援を現在行っている。 今後はこのゲイツ財団に専念するそうな。 彼は 「世界中にある飢えと貧困を根絶するには、農業の改革に本腰を入れる必要がある」とスピーチを行い、会場では総立ちの拍手が起こったという。 さて、我が福田総理は同じにアフリカに対して、1兆円の資金援助を行うと演説したが、拍手の大...
    引用元: ダボス、そんなの関係ねェ: 新宿酒場ロン<武田じゅうめい>

  • 事務次官に峰久氏/国交省幹部人事 | 全国ニュース | 四国新聞社

    事務次官に峰久氏/国交省幹部人事 2007/07/04 17:50 メールで記事を紹介 印刷する 一覧へ 国土交通省は4日、安富正文事務次官が辞職し、後任に峰久幸義国土交通審議官が昇格する幹部人事を発表した。10日付で発令する。 峰久氏の後任には竹歳誠官房長を充て、官房長に宿利正史総合政策局長を起用する。総合政策局長には榊正剛住宅局長が就く。 山本繁太郎国土交通審議官は内閣官房内閣審議官に出向。その後任に柴田耕介総合観光政策審議官を起用する。春田謙国土交通審議官と谷口博昭技監は留任。 石川裕己海上保安庁長官は辞職し、後任に岩崎貞二自動車交通局長を充てる。後任の自動車交通局長には、本田勝航空局次長が昇格する。 平田憲一郎鉄道局長と冨士原康一海事局長は辞職し、後任にそれぞれ大口清一鉄道局次長、春成誠海事局次長を起用する。 出先機関では、近畿運輸局長に各務正人航空・鉄道事...
    引用元: 事務次官に峰久氏/国交省幹部人事 | 全国ニュース | 四国新聞社

  • 日刊建設工業新聞 - 今日のニュース

    国土交通省は27日、峰久幸義事務次官が勇退し、後任に春田謙国土交通審議官が就任するなど、7月4日付で発令する幹部人事を正式発表した。新たに決まった局長級幹部の異動では、国土交通審議官に昇格する榊正剛総合政策局長の後任に大口清一鉄道局長、榊総合政策局長が兼務していた建設流通政策審議官に小澤敬市土地・水資源局長を起用する。地方整備局も関東、北陸、中部、近畿、四国、九州の5カ所で局長を交代させる。 大口氏の後任の鉄道局長には北村隆志総合政策局次長、小澤氏の後任の土地・水資源局長には押田彰水資源機構理事をそれぞれ充てる。辻原俊博国土計画局長と春成誠海事局長は勇退し、後任の国土計画局長には川本正一郎官房審議官(住宅局担当)、海事局長には伊藤茂政策統括官が昇格する。航空局長には前田隆平航空局官房審議官(総政・航空担当)が就く。宿利正史官房長が兼務している北海道局長には奥平聖官房審議官(北海道局担当)を...
    引用元: 日刊建設工業新聞 - 今日のニュース

峰久幸義 の相関図を読込中

峰久 幸義(みねひさ ゆきよし、 - )は、日本の行政官。内閣官房参与、復興庁顧問、福島復興再生総局事務局長。過去に、初代復興庁事務次官、国土交通事務次官等を歴任。香川県三豊市出身。 1972年 東

スポンサードリンク