川合眞紀の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 研究総括

    研究総括川合 眞紀独立行政法人 理化学研究所 理事(兼務)東京大学大学院新領域創成科学研究科 教授1975年3月東京大学理学部化学科卒業1980年3月東京大学大学院理学系研究科博士課程修了(理学博士)1980年-1985年博士研究員を歴任(理化学研究所,日本学術振興会,大阪工業試験所(当時),大阪ガス(株))1985年5月理化学研究所研究員1988年4月 東京工業大学客員教授(寄附研究部門担当)1991年4月理化学研究所主任研究員,埼玉大学大学院客員教授,東京理科大学客員教授,学習院大学客員教授を兼務2004年3月東京大学大学院新領域創成科学研究科教授,理化学研究所 川合表面化学研究室 主任研究員(兼務)2008年4月理化学研究所 和光研究所基幹研究所副所長(兼務)2010年4月独立行政法人 理化学研究所 理事 東京大学大学院新領域創成科学研究科 教授(兼務)1996年第16回猿橋賞20...
    引用元: 研究総括

  • 理研ニュース 2010年5月号|刊行物|理化学研究所|

    4月1日、川合眞紀氏が理事に就任しました。当研究所の発展に尽力された大熊健司氏は3月31日をもって退任しました。 川合眞紀 (かわい まき) 東京都生まれ。1980年3月、東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。理学博士(東京大学)。1980〜1985年、博士研究員を歴任(理化学研究所、大阪ガス(株)など)。1985年5月、理化学研究所入所。触媒研究室研究員・主任研究員、川合表面化学研究室主任研究員、次世代ナノサイエンステクノロジー研究グループディレクターなどを経て、2009年より理研基幹研究所副所長。1988〜1991年、東京工業大学客員教授。2004年より東京大学大学院新領域創成科学研究科教授。 理研ニュース 2010年5月号 研究最前線 ・ 葉緑体から見えてきた細胞内共生による大進化 ・ RIBFで原子核の異常変形領域を探検する SPOT NEWS ・ ハンチントン病の新し...
    引用元: 理研ニュース 2010年5月号|刊行物|理化学研究所|

  • 研究総括

    研究総括 川合 眞紀 独立行政法人 理化学研究所 理事 (兼務)東京大学大学院新領域創成科学研究科 教授 1975年3月 東京大学理学部化学科卒業 1980年3月 東京大学大学院理学系研究科博士課程修了(理学博士) 1980年-1985年 博士研究員を歴任(理化学研究所、日本学術振興会、大阪工業試験所(当時)、大阪ガス(株)) 1985年5月 理化学研究所研究員 1988年4月 東京工業大学客員教授(寄附研究部門担当) 1991年4月 理化学研究所主任研究員、埼玉大学大学院客員教授、東京理科大学客員教授、学習院大学客員教授を兼務 2004年3月 東京大学大学院新領域創成科学研究科教授、理化学研究所・川合表面化学研究室・主任研究員(兼務) 2008年4月 理化学研究所 和光研究所基幹研究所副所長(兼務) 2010年4月 独立行政法人 理化学研究所 理事 東京大学大学院新領域創成科学研究科 教...
    引用元: 研究総括

  • 分子研レターズ61|出版物|分子研について|分子科学研究所

    青年は大志を抱けるか ……川合 眞紀 共同研究から見た分子科学研究所 関谷 博 バッキーボウルの科学 ……櫻井 英博 ニュース UVSOR Workshop on Low-Energy Photoemission of Solids using Synchrotron Radiation (LEPES 09) (UVSOR 国際ワークショップ「放射光を用いた固体の低エネルギー光電子分光」) International Symposium on Chemistry and Material Science 第10回エクストリームフォトニクス研究会「凝縮系における量子の世界」 分子科学研究所一般公開2009 科学未来館と岡崎3研究所の協力協定 新所長の紹介 分子研実験棟耐震改修工事 第8 回自然科学研究機構シンポジウム「脳が諸学を生み、諸学が脳を...
    引用元: 分子研レターズ61|出版物|分子研について|分子科学研究所

  • エンジニアのための物理化学: 紀伊國屋書店BookWeb

    川合眞紀 [カワイマキ] 1952年東京都に生まれる。1975年東京大学理学部卒。1980年東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。現東京大学大学院新領域創成科学研究科教授、理化学研究所主任研究員。専攻は表面科学。理学博士
    引用元: エンジニアのための物理化学: 紀伊國屋書店BookWeb

  • 川合 眞紀 - 株式会社東京化学同人

    ホーム > 川合 眞紀 川合 眞紀 名前 川合 眞紀 カナ カワイ マキ 著作一覧 エンジニアのための物理化学 J. T. Yates, Jr J. K. Johnson 著 川合 眞紀 宗像 利明 清水 智子 訳 このページのトップへ 新刊 近刊予定 現代科学 分野(ジャンル) 辞典・用語辞典 一般化学・化学実験 化学実験 物理化学 生命系の物理化学 物理化学演習 量子化学・結合論 熱力学・統計熱力学 電気化学 無機化学 無機化学演習 有機化学 有機化学演習 反応機構・電子論 合成化学 立体化学 分析化学 分離・同定法/構造決定法 高分子化学 工学/工業化学 材料科学 バイオテクノロジー 環境科学 生化学 生化学演習 生化学実験法 タンパク質・酵素 糖質・脂...
    引用元: 川合 眞紀 - 株式会社東京化学同人

  • 川合 眞紀

    川合 眞紀 かわいまき/教授/基盤科学研究系 物質系専攻/新物質・界面科学講座/ヘテロ構造新機能物質学 http://www.surfchem.k.u-tokyo.ac.jp 略歴 1975年3月 東京大学理学部化学科卒業、1980年3月 東京大学大学院理学系研究科博士課程修了(理学博士)、1980年−1985年博士研究員を歴任(理化学研究所、日本学術振興会、大阪工業試験所(当時)、大阪ガス(株))1985年5月 理化学研究所研究員、1988年4月東京工業大学客員教授(寄附研究部門担当)1991年4月 理化学研究所主任研究員、埼玉大学大学院客員教授、東京理科大学客員教授、学習院大学客員教授を兼務、2004年3月 東京大学大学院新領域創成科学研究科教授、理化学研究所・川合表面化学研究室・主任研究員(兼務) 教育活動 大学院:...
    引用元: 川合 眞紀

  • 物質系専攻/お知らせ

    2008.4.15 川合 眞紀教授が平成20年度文部科学大臣表彰科学技術賞(研究部門)を受賞されました。 文部科学大臣表彰科学技術賞(研究部門)は、我が国の科学技術の発展等に寄与する可能性の高い独創的な研究又は発明を行った個人またはグループに対し与えられる賞であり、これまで、多くの著名な研究者が受賞されています。このたび、平成20年度文部科学大臣表彰科学技術賞(研究部門)を、本専攻の川合眞紀教授が受賞されました。受賞の対象となりました研究内容は、「固体表面に吸着した単一分子の化学反応の研究」というものです。 近代社会を支えている情報処理デバイスの開発では、さらなる小型化・高性能化により、数ナノメートルサイズでデバイス機能を融資、より大量の情報を拘束に処理するための分子デバイスの激しい開発競争が世界中で繰り広げられています。しかし、分子デバイスの機能の発現には解決しなければならない種々...
    引用元: 物質系専攻/お知らせ

  • 理化学研究所|理研について|役員紹介

    理事 川合 眞紀 就任年月日 平成22年4月1日 主要経歴 昭和60年5月 理化学研究所採用 平成3年5月 同研究所表面化学研究室主任研究員 平成16年3月 東京大学大学院新領域創成科学研究科教授 独立行政法人理化学研究所表面化学研究室招聘主任研究員(非常勤) 平成21年4月 独立行政法人理化学研究所基幹研究所副所長(非常勤)
    引用元: 理化学研究所|理研について|役員紹介

  • 「固体表面と分子そして、期待される女性科学者像」(川合眞紀氏 東京大学 ...

    「固体表面と分子そして、期待される女性科学者像」(川合眞紀氏 東京大学大学院新領域創成科学研究科 教授) イベント情報詳細 2009/2/24 15:30~17:00 「固体表面と分子そして、期待される女性科学者像」 川合眞紀氏 東京大学 大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻 教授 於/東工大すずかけ台キャンパス 資源化学研究所2階第1会議室 連絡先/資源化学研究所教授 池田富樹 TEL:045-924-5240 E-mail:tikeda[#]res.titech.ac.jp ※メールアドレスの[#]は小文字@に直してください。
    引用元: 「固体表面と分子そして、期待される女性科学者像」(川合眞紀氏 東京大学 ...

  • 科学技術・学術審議会学術分科会 大学共同利用機関特別委員会委員等名簿

    平成15年2月27日現在 委 員 石 井 紫 郎 東京大学名誉教授 川 合 眞 紀 理化学研究所主任研究員 ◎ 小 平 桂 一 総合研究大学院大学長 笹 月 健 彦 国立国際医療センター研究所長 臨時委員 鳥 井 弘 之 東京工業大学教授(原子炉工学研究所) 日本経済新聞社論説委員 科学技術・学術審議会会長 末 松 安 晴 国立情報学研究所長 専門委員 石 井 米 雄 神田外語大学長 石 毛 直 道 国立民族学博物館長 井 口 洋 夫 宇宙開発事業団宇宙環境利用研究システム長 大...
    引用元: 科学技術・学術審議会学術分科会 大学共同利用機関特別委員会委員等名簿

  • 2009年度 | 研究年次報告書 | 基幹研究所

    次世代ナノサイエンス・テクノロジー研究グループ 川合 眞紀 電子ナノ機能研究チーム 川合 眞紀 研究年次報告書 光ナノ機能研究チーム 河田 聡 研究年次報告書 スピンナノ機能研究チーム 石橋 幸治 研究年次報告書 生体分子ナノ機能研究チーム 前田 瑞夫 研究年次報告書 電子複雑系科学研究グループ 髙木 英典 電子複雑系設計・理論チーム 古崎 昭 研究年次報告書 d電子相制御チーム 髙木 英典 研究年次報告書 π電子相制御チーム 加藤 礼三 研究年次報告書 界面電子相制御チーム 石橋 幸治 研究年次報告書 単量子操作研究グループ 外村 彰 デジタル・マテリアル研究チーム フランコ・ノリ 研究年次報告書 巨視的量子コヒーレンス研究チーム 蔡 兆申 研究年次報告書 量子ナノ磁性研究チーム 大谷 義近 研究年次報告書 量子現象観測技術研究チーム 外村...
    引用元: 2009年度 | 研究年次報告書 | 基幹研究所

  • 審査員の夫 採択 最先端研究支援プログラム|ニュース|ロハス・メディカル

    このワーキングチーム24人の1人である川合眞紀・東京大学大学院教授の夫が、同じ分野の研究者である川合知二・大阪大学産業科学研究所教授で、知二氏が配分対象者に選ばれた。夫が応募しているにも関わらず審査員を辞退しない、または妻が審査員なのに応募するという夫妻のケジメのなさには呆れるほかないが、選定対象として知二氏が本当に適切だったのか疑問視する声もある。夫妻の研究分野であるナノサイエンスには、カーボンナノチューブの発見者としてノーベル化学賞候補に毎年名前の挙がる飯島澄男氏がおり、飯島氏も応募したのに落選しているからだ。
    引用元: 審査員の夫 採択 最先端研究支援プログラム|ニュース|ロハス・メディカル

  • さきがけ:界面の構造と制御

    研究総括: 川合 眞紀 ((独)理化学研究所 理事/東京大学大学院新領域創成科学研究科 教授) 研究領域の概要 本研究領域は、異種材料・異種物質状態間の接合界面に着目し、新たなナノ界面機能および制御技術の創出およびその応用を目指す研究を対象としています。 具体的には、異なる物質系の界面における構造および機能を制御し、さらに高付加価値を有する機能を創出するには、最新の分子工学、界面工学、薄膜工学、精密材料創製化学、ナノメカニクス、精密分子操作、表面反応ダイナミクス、精密加工などの分野における、ナノスケールレベルの界面の観測や分析手法の開発およびそれによる知識の蓄積、界面のナノ構造制御技術などが不可欠であり、これら広い観点を背景とした着想をもつ研究を対象とします。 一方、細胞や組織などの生体関連物質をデバイスの一部として扱う研究において、界面は重要な機能を担うが、現時点では開拓的な研究分...
    引用元: さきがけ:界面の構造と制御

  • 無機化学I

    »基本情報 »関連授業 »関連書籍 »関連論文 »掲示板 タグ: 川合眞紀 冬学期 出席 試験 期末試験 基本情報 授業科目名 無機化学I 授業科目名(英語) 時間割コード 03-700311 開講所属 応用化学科、化学システム工学科、化学生命工学科 時限 水曜日10:40-12:10 学期 冬学期 単位数 1.5 備考 教室 駒場 教室(英語) ページトップに戻る 担当教員一覧 教員名 教員所属 役職 川合 眞紀 ページトップに戻る 詳細情報 講義題目 (Course Title) 無機化学I 授業の目標・概要 (Course Objectives/Overview) 本講義は無機化学の入門コースであり、無機化学の全分野を俯瞰的に理解しアドバンストな講義(無機化学II、III等)を聴講するための基礎...
    引用元: 無機化学I

  • 高品質酸化物界面を実現し、初めて分数量子ホール効果の検出に成功(新たな ...

    : 「界面の構造と制御」(研究総括:川合 眞紀 理化学研究所 理事) : 「酸化物界面への電気的・磁気的機能性の付加と制御」 : 塚崎 敦(東京大学 大学院工学系研究科附属量子相エレクトロニクス研究センター 特任講師) : 平成20年10月〜平成24年3月
    引用元: 高品質酸化物界面を実現し、初めて分数量子ホール効果の検出に成功(新たな ...

  • Kawai Laboratory, University of Tokyo

    東京大学 » 新領域創成科学研究科 » 物質系専攻 » 川合・��木研究室 » Awards & Honors Awards & Honors 川合眞紀教授が平成20年度日本化学会賞を受賞 March 30, 2009 平成20年度第61回日本化学会賞を、川合眞紀教授が受賞されました。受賞内容は、「STMによる表面単分子の振動および反応ダイナミクス」です。表彰式ならびに受賞記念講演が、日本化学会第89春季年会(日本大学理工学部船橋キャンパス、2009年3月27-30日)で行われました。 Read More 荒船竜一JSTさきがけ研究員が平成20年度表面科学会・論文賞を受賞 November 13, 2008 表面科学会・論文賞は、表面科学の進歩発展に特に大きく貢献したと認められる原著論文に対し与えられる賞です。このたび、平成20年度表面科学会・論文賞を、荒船竜一JS...
    引用元: Kawai Laboratory, University of Tokyo

  • 理研ニュース 2010年11月号|刊行物|理化学研究所|

    理研ニュース 2010年11月号 研究最前線 ・ 細胞の顔“糖鎖”を知り、疾患の診断・治療へ ・ 脳の計算原理に迫る 特集 ・ 理研文化を受け継ぐために 川合眞紀 理事に聞く SPOT NEWS ・ 生物に必須な元素「セレン」、生体内に取り込まれる仕組みが明らかに 新たなタンパク質医薬の開発に道 ・ 固体表面上の分子一つひとつの性質を調べる新手法を確立 シリコンに代わる次世代デバイス開発に貢献 ・ 心臓形成にIP 3 レセプターが重要な役割を果たす 先天性心疾患の新たな治療法などの開発に期待 FACE ・ 人類未到の光をつくり出す研究者 TOPICS ・ 「X線自由電子レーザー(XFEL)施設」愛称募集! ・ 平成22年度 神戸研究所 一般公開開催のお知らせ ・ 平成23年度「大学院生リサーチ・アソシエイト(JRA)」を募集 原酒 ・ 横浜研究所10周年記念イベント
    引用元: 理研ニュース 2010年11月号|刊行物|理化学研究所|

  • 審査員の夫 採択 最先端研究支援プログラム コメント欄|ロハス ...

    >夫が応募しているにも関わらず審査員を辞退しない、または妻が審査員なのに応募するという夫妻のケジメのなさ が問題なのではなく、 >ワーキングチーム24人の1人である川合眞紀・東京大学大学院教授 の「東京大学大学院」教授が選考委員であることが問題でしょう。 例の海道医師の厚労省研究資金配分の殆どを研究実績もないのに「東大教授」という肩書きだけで「東大医学部」教授が掠め取った事件と同じく。 投稿者:前々期高齢者 | 2009年10月07日 21:38 | 117.18.201.219
    引用元: 審査員の夫 採択 最先端研究支援プログラム コメント欄|ロハス ...

  • 「界面の構造と制御」 −募集要項

    【さきがけタイプ】 ○戦略目標「異種材料・異種物質状態間の高機能接合界面を実現する革新的ナノ界面技術の創出とその応用」の下の研究領域 「界面の構造と制御」 研究総括:川合 眞紀(東京大学大学院新領域創成科学研究科 教授、理化学研究所 川合表面化学研究室 主任研究員) 研究領域の概要 本研究領域は、異種材料・異種物質状態間の接合界面に着目し、新たなナノ界面機能および制御技術の創出およびその応用を目指す研究を対象としています。 具体的には、異なる物質系の界面における構造および機能を制御し、さらに高付加価値を有する機能を創出するには、最新の分子工学、界面工学、薄膜工学、精密材料創製化学、ナノメカニクス、精密分子操作、表面反応ダイナミクス、精密加工などの分野における、ナノスケールレベルの界面の観測や分析手法の開発およびそれによる知識の蓄積、界面のナノ構造制御技...
    引用元: 「界面の構造と制御」 −募集要項

  • JVSJ2 : Vol. 51 (2008) , No. 2

    2007年ノーベル化学賞受賞者,Gerhard Ertl 先生の紹介 102-103 川合 眞紀 公開日: April 3, 2008 [ 抄録 ] [ PDF (320K) ]
    引用元: JVSJ2 : Vol. 51 (2008) , No. 2

  • エンジニアのための物理化学 - 株式会社東京化学同人

    ホーム > エンジニアのための物理化学 エンジニアのための物理化学 著者 J. T. Yates, Jr J. K. Johnson 著 川合 眞紀 宗像 利明 清水 智子 訳 ジャンル 物理化学 出版年月日 2010/01/12 ISBN 9784807907175 判型・ページ数 A5・384ページ 定価 本体3,900円+税 在庫 在庫あり ネット書店を選択 選択して下さい Amazon e-hon 全国書店ネットワーク セブンネットショッピング 本やタウン 楽天ブックス JUNKUDO ネットストア HON 紀伊国屋書店 ビーケーワン ブックサービス この本に関するお問い合わせ、感想 目次 主要目次:熱力学の基礎―熱力学関数/量子論―発展の歴史/シュレーディンガー方程式と波動関数/電子・原子・分子のエネルギー論への量子論の応用/統計力学―基本概...
    引用元: エンジニアのための物理化学 - 株式会社東京化学同人

  • 研究助成:選考委員 - 公益財団法人 旭硝子財団

    委員長 中西 八郎 東北大学監事・名誉教授 委員 淺野 泰久 富山県立大学工学部生物工学科教授 岡田 清孝 自然科学研究機構・基礎生物学研究所所長 川合 眞紀 東京大学大学院新領域創成科学研究科教授、理化学研究所理事 河本 邦仁 名古屋大学大学院工学研究科教授 西郷 和彦 高知工科大学副学長、東京大学名誉教授 寺前 紀夫 東北大学大学院理学研究科教授 檜山 爲次郎 中央大学研究開発機構教授、京都大学名誉教授
    引用元: 研究助成:選考委員 - 公益財団法人 旭硝子財団

  • エンジニアのための物理化学 エキサイト ブックス

    エンジニアのための物理化学 【著者】 Jr.,John T. Yates J.Karl Johnson 【翻訳】 川合 眞紀 、 宗像 利明 、 清水 智子 イメージを拡大 価格:¥ 4,095 (税込) ユーズド価格:¥ 2,866 ( ユーズド出品リスト ) 発送可能時期:在庫あり。 単行本 ;367 p ;サイズ : 835(hundredths-inches) 出版社 : 東京化学同人 Amazon.co.jp 売上ランキング: 661719 このページのトラックバック(0) ※以下の内容は個人が運営するブログに書かれたエントリです。 こちら をご一読の上、ご覧下さい トラックバックはありません エキサイトブログ ユーザーならブックマークレット機能を利用してこのページに トラックバック できます...
    引用元: エンジニアのための物理化学 エキサイト ブックス

  • 市政だより2007年9月号・お知らせ・講座・催し・仙台市

    東京大学教授の川合眞紀氏、東北大学教授の川崎雅司氏、1996年ノーベル化学賞受賞者のH.W.クロトー氏を招き、分子科学や人工ナノ構造などについての話を伺います。
    引用元: 市政だより2007年9月号・お知らせ・講座・催し・仙台市

  • KAKEN - 川合 真紀(70177640)

    ナノリンク分子の電気伝導 川合 眞紀 研究期間 : 2005年度~2009年度 研究分野 : 研究種目 : 特定領域研究 研究機関 : 東京大学
    引用元: KAKEN - 川合 真紀(70177640)

  • 会議日程

    閉会の辞 (川合 眞紀 日本独立行政法人理化学研究所 理事)
    引用元: 会議日程

  • HOPEミーティング 第3回ホープミーティング開催概要

    委 員 岡田 安弘 (大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構教授) 川合 眞紀 (独立行政法人理化学研究所理事) 川上 則雄 (京都大学大学院教授) 村上 洋一 (大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構教授) 山中 卓 (大阪大学大学院教授)
    引用元: HOPEミーティング 第3回ホープミーティング開催概要

  • 東京大学グローバルCOEプログラム 理工連携による化学イノベーション|受賞

    理工連携による化学イノベーション 受賞 東京大学GCOE 理工連携による化学イノベーション 受賞 2009/02/03 (Tue) 応用化学専攻 川合 眞紀教授が日本化学会賞を受賞 応用化学専攻 川合 眞紀教授が「STMによる表面単分子の振動および反応ダイナミクス 」により第61回 日本化学会賞を受賞しました。 おめでとうございます。 詳細はこちら へ 前の記事へ 次の記事へ 2009/05/13 (Wed) 第7回ナノ学会・若手優秀発表賞 2009/04/06 (Mon) 化学専攻 平岡秀一准教授、若手科学者賞を受賞 2009/04/06 (Mon) 応用化学専攻 藤田誠教授、文部科学大臣表彰 2009/04/06 (Mon) 化学生命工学専攻 山下誠講師が若手化学者賞を受賞 2009/03/13 (Fri) 平成20年度 ...
    引用元: 東京大学グローバルCOEプログラム 理工連携による化学イノベーション|受賞

  • メテオMBC:エンジニアのための物理化学 川合眞紀・宗像利明・清水智子 ...

    カテゴリーメニュー 基礎医学 基礎・関連科学 臨床医学:基礎 臨床医学:一般 臨床医学:内科 臨床医学:外科 医学一般 衛生・公衆衛生 医療技術 看護学 保健・体育 栄養学 薬学 歯科学 ソフトウエア関連 人気ランキング 書籍TOP10 1. 小児アレルギー疾患総合ガイドライン2011 2. 小児呼吸器感染症診療ガイドライン2011 3. コメディカルのための静脈経腸栄養ハンドブック 4. 私の生き方連絡ノート 5. 療養費の支給基準 平成22年度版 6. 平成22年度版 診療報酬医科 現役講師のつくった点数早見表 7. 新・胃X線撮影法ガイドライン 改訂版(2011年) 8. 標準採血法ガイドライン [DVD付き] 9. 介護報酬の解釈(平成21年4月版) 指定基準編 10. 糖尿病療養指導ガイドブック 2011 雑誌TOP10...
    引用元: メテオMBC:エンジニアのための物理化学 川合眞紀・宗像利明・清水智子 ...

  • *研究成果 <課題別>*

    著者・発表者 山本真祐子1)、荒船竜一2)、高木紀明1)、川合眞紀1,3) 表題 レーザー非弾性光電子分光における光電子散乱機構 発表先 表面・界面スペクトロスコピー 2009 著者・発表者 Ryuichi Arafune, Mayuko Q, Yamamoto, Noriaki Takagi, and Maki Kawai 表題 Mechanism of vibrational excitation in inelastic photoemission from solid surfaces 発表先 Phys. Rev. B 80, 073407 (2009). 著者・発表者 山本真祐子2,荒船竜一1,高木紀明2,川合眞紀2,3 表題 レーザー光電子放出過程における非弾性振動励起チャンネル 発表先 日本物理学会 2009年秋季大会 ...
    引用元: *研究成果 <課題別>*

  • 研究シーズ詳細情報(No.108) 湊 丈俊 - 東北大学研究シーズ集

    【共同研究者】 山本 嘉則 機構長(原子分子材料科学高等研究機構) 研究者データベースを見る 金 有洙 准主任研究員(理化学研究所) 川合 眞紀 教授(東京大学)
    引用元: 研究シーズ詳細情報(No.108) 湊 丈俊 - 東北大学研究シーズ集

  • 総務省|政策評価・独立行政法人評価委員会|政策評価・独立行政法人評価委員 ...

    (独立行政法人評価分科会所属委員) 阿曽沼元博独立行政法人評価分科会長、山本清独立行政法人評価分科会長代理、田渕 雪子、森泉陽子の各委員 縣公一郎、浅羽隆史、石田晴美、梅里良正、岡本義朗、川合眞紀、河野正男、河村小百合、木村琢麿、柴忠義、鈴木豊、瀬川浩司、園田智昭、��木佳子、玉井克哉、野口貴公美、宮内忍、山谷清志の各臨時委員 (総務省) 横山均評価監視官、平池栄一評価監視官、高橋巧調査官、平野誠調査官、萬谷優人調査官
    引用元: 総務省|政策評価・独立行政法人評価委員会|政策評価・独立行政法人評価委員 ...

川合眞紀 の相関図を読込中

研究総括川合 眞紀独立行政法人 理化学研究所 理事(兼務)東京大学大学院新領域創成科学研究科 教授1975年3月東京大学理学部化学科卒業1980年3月東京大学大学院理学系研究科博士課程修了(理学博士)

スポンサードリンク