川合真紀の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 埼玉大学 環境制御システムコース - ユーザーモジュール

    画像 名前 川合 真紀 職階 准教授 学位 博士(理学) 所属 理工学研究科 研究部 環境科学 社会基盤部門 環境科学領域 研究分野 応用生態学系 / 遺伝子環境工学 専門分野 ストレス誘導性細胞死の分子機構,ストレス耐性植物の分子育種,代謝工学,環境修復 研究室所在地 総合研究棟10階 TEL/FAX 048-858-9269 / 048-858-9269
    引用元: 埼玉大学 環境制御システムコース - ユーザーモジュール

  • 川合真紀 PDF Download

    川合真紀 教授. 東京大学大学院新領域創成科学研究科、理化学研究所. 日時: 2008 年 2 月 1 日(金)16:0017:00. 場所: 理学部7号館 7-310 室. 共催: 日本化学会北海道支部. 要旨: 走査トンネル顕微鏡 (STM)を用いた、単一分子の化学について最近の研究を紹介す る。 STM非弾性トンネル分光には、固体表面に吸着した分子の振動状 態が反映される [1,2]。 一方、分子を透過する電子は非弾性トンネル過程で分子の振動状態 を励起し、ある確率で. 化学反応を誘起する [2,3]。透過する電子の運動エネルギーに対する分子の運動の 応答から、 ...
    引用元: 川合真紀 PDF Download

  • [応用化学専攻・応用化学科]

    川合 真紀 教授 / KAWAI, Maki [ 柏キャンパス ] 1975 東京大学理学部化学科卒業 1980 東京大学大学院理学系研究科博士課程修了 1980-1985 博士研究員を歴任(理学研究所、 大阪工業試験所(当時)、大阪ガス(株)) 1985 理化学研究所研究員 1988 東京工業大学客員 教授(寄附研究部門担当) 1991 理化学研究所主任研究員 2004 東京大学大学院新領域創成科学研究科 教授 (兼担)
    引用元: [応用化学専攻・応用化学科]

  • 川合 真紀 (理工学研究科 環境科学・社会基盤部門) / Saitama ...

    川合 真紀 カワイ マキ ■ 所属部署名 理工学研究科 環境科学・社会基盤部門 ■ 電話番号 ■ 職名 准教授 ■ FAX番号 ■ 住所 埼玉県さいたま市桜区下大久保255 ■ メールアドレス ■ ホームページURL http://park.saitama-u.ac.jp/~geneenvtech/index.html
    引用元: 川合 真紀 (理工学研究科 環境科学・社会基盤部門) / Saitama ...

  • 川合真紀 | 組織・構成 | 埼玉大学 総合研究機構 環境科学研究センター

    川合真紀 (理工学研究科/環境科学研究センター) 川合 真紀 (准教授) Maki Kawai 植物生理、分子生物学 ・大学院理工学研究科環境科学・社会基盤部門 所属 研究テーマ 「環境ストレス耐性の分子メカニズムと分子育種」 研究内容の図解(PDFファイル) 論文等 Kawai-Yamada, M., Hori, Z., Ogawa, T., Ihara-Ohori, Y., Tamura, K., Nagano, M., Ishikawa, T. and Uchimiya, H. (2009) Loss of calmodulin binding to Bax Inhibitor-1 affects Pseudomonas-mediated hypersensitive response-cell death in Arabidopsis thaliana, J. Biol. Ch...
    引用元: 川合真紀 | 組織・構成 | 埼玉大学 総合研究機構 環境科学研究センター

  • タレントプロフィール:プロダクション東京ドラマハウス

    川合 真紀 (かわい まき) 誕生日 3.11 身 長 158cm 体 重 52kg スリーサイズ B88 W64 H90 出 身 東京都 血液型 O型 趣味・特徴 スノーボード 旅行 英会話 料理 お菓子作り 資 格 普通自動車一種免許 英検準一級 TOIEC 800点 映 画 「un think」(エクスコミュニケーター役/カゲの声) V P 「営業マンのコンプライアンス」 V O 「ディスカバリー 野生の王者たち」 N R J:COM「無料視聴デー」 「ユニセフ募金」 「プリモード2」 「ナチュラルビート」社内ビデオ 「東京スター銀行」ラジオCM ラジオ FM多摩「G-WIND LIVE HOTO SIDE」パーソナリティ TV 「QVCジャパン」 ボイスサンプル タレントプロフィール一覧へ戻る 当サイトのコ...
    引用元: タレントプロフィール:プロダクション東京ドラマハウス

  • 川合 真紀 准教授インタビュー|埼玉大学工学部 環境共生学科

    川合 真紀 准教授 川合先生 出身地を教えてください。 埼玉県の庄和町というところです。いまは春日部市と一緒になってしまったのでありませんが。生まれは九州ですけれどすぐ埼玉に。それから大学入学で親元を離れるまでずっと埼玉です。 子供のころはどう過ごしていましたか。 普通の子供だったと思います。ピアノをずっとやっていたので音楽が好きでしたね。クラブは小学校、中学校、高校、大学とずっと吹奏楽でパーカッションを担当していました。あと、うちはもともと理科好き一家なんですよ。父親も母親も薬剤師だったし、自然と小さいころから一家総出で夏休みの自由研究で植物採集をやったり、カビの観察とか天体観測をしていました。生き物を飼ったり植物育てたりも好きだったし、そんな小学生でしたね。高校の時は、部活づけの毎日でした。朝連とかもやっていて、今思えばよくやったなあっていう感じなんですが、こつこつやるのが好きなのかも...
    引用元: 川合 真紀 准教授インタビュー|埼玉大学工学部 環境共生学科

  • 表面科学・触媒科学への展開

    岩波講座 現代化学への入門 14 表面科学・触媒科学への展開 川合 真紀,堂免 一成 ■体裁=菊判・上製・カバー・204頁 ■定価 3,780円(本体 3,600円 + 税5%) ■2003年6月27日 ■ISBN4-00-011044-6 C3343 固体の表面は特異な化学反応の場を提供する.その特性を活かして,コンピュータのチップから自動車排気ガスの触媒まで,さまざまな製品が作られている.表面での原子や分子のふるまいを丁寧に解説し,一原子レベルの観察を可能にした走査トンネル顕微鏡を用いた新展開や,光エネルギーを化学反応に活かす光触媒についても紹介する.
    引用元: 表面科学・触媒科学への展開

  • 埼玉大学理工学研究科・環境制御システムコース 遺伝子環境工学研究室

    >>東京大学 分子細胞生物学研究所(前所属先) メンバー紹介 遺伝子環境工学研究分野のメンバー&環境科学研究センターのメンバー <理工学研究科・遺伝子環境工学分野のメンバー> 准教授 川合真紀 博士研究員(PD) 石川寿樹 中曽根 光 技術補佐員 山田裕美子 博士後期 柿本真之 博士前期 岩渕 充 卒研生(B4) 柿沼悠太 北野沙也佳 姜 振祥 <埼玉大学環境科学研究センターのメンバー> 教授 内宮博文 博士研究員(PD) 刑部敬史 笠島一郎 技術補佐員 宮城敦子 余田李華 お問い合わせ 〒338-8570 埼玉県さいたま市桜区下大久保255 埼玉大学 理工学研究科 准教授 川合真紀 TEL/FAX:048-858-9269 E-mail: mkawai@mail.saitama-u.ac.jp ©Copyr...
    引用元: 埼玉大学理工学研究科・環境制御システムコース 遺伝子環境工学研究室

  • 2008年度 | 研究年次報告書 | 基幹研究所

    次世代ナノサイエンス・テクノロジー研究グループ 川合 真紀 電子ナノ機能研究チーム 川合 眞紀 研究年次報告書 光ナノ機能研究チーム 河田 聡 研究年次報告書 スピンナノ機能研究チーム 石橋 幸治 生体分子ナノ機能研究チーム 前田 瑞夫 研究年次報告書 電子複雑系科学研究グループ 髙木 英典 電子複雑系設計・理論チーム 古崎 昭 研究年次報告書 d電子相制御チーム 髙木 英典 研究年次報告書 π電子相制御チーム 加藤 礼三 研究年次報告書 界面電子相制御チーム 石橋 幸治 研究年次報告書 単量子操作研究グループ 外村 彰 デジタル・マテリアル研究チーム フランコ・ノリ 巨視的量子コヒーレンス研究チーム 蔡 兆申 研究年次報告書 量子ナノ磁性研究チーム 大谷 義近 研究年次報告書 量子現象観測技術研究チーム 外村 彰 研究年次報告書 交差相関物...
    引用元: 2008年度 | 研究年次報告書 | 基幹研究所

  • サイエンス チャンネル | 番組紹介

    生涯学習の一環として開かれた和光市民大学講座(主催:和光市教育委員会)では、理化学研究所の研究員たちが「ナノテクノロジーとは?―その目指すもの―」をテーマに講演を行いました。そのなかで川合真紀博士は、ナノ化学への理解の仕方として、大きなものを切り分けてより小さな領域に近づいていく発想ではなく、もともとナノスケールである原子や分子を動かしたり組み立てたてて、新しい材料や機能を求めてゆくアプローチを紹介し、具体例としてカーボンナノチューブや硫化銀を利用した2点スイッチデバイスなどを挙げました。番組では、この川合博士の講演の模様をお伝えします。 (*)の番組は、都合によりインターネットでは放送できません。 ご了承ください。
    引用元: サイエンス チャンネル | 番組紹介

  • 埼玉大学 環境制御システムコース - スタッフ紹介

    ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む お問い合わせ リンク集 サイト内の現在位置です: トップ > 研究分野 > 遺伝子環境工学 > スタッフ紹介 スタッフ紹介 教員 名前 職名 研究題目 メッセージ 川合 真紀 准教授 研究室HPへ 職員 山田裕美子 (技術補佐員) 研究員 名前 研究題目 メッセージ 石川 寿樹 環境ストレス耐性イネの分子育種 中曽根 光 植物の環境ストレス応答の解明 この記事の1行目に飛ぶ Back to Top 物質循環制御 環境総合評価 応用生態工学 遺伝子環境工学 研究紹介 スタッフ紹介 現場支援型プロジェクト (大学院GP) 地域環境システム 環境センシング エコエレクトロニクス 都市基盤 埼玉大学へのアクセス 構内案内図 建物内案内図 お問い合わせはこ...
    引用元: 埼玉大学 環境制御システムコース - スタッフ紹介

  • 理化学研究所|理研Navi|ビデオライブラリー|研究紹介

    ナノ物質をあやつる 21世紀のナノテクノロジーに向けて 青柳克信 川合真紀 原正彦 2003年制作 29分 理研ではナノテクノロジーの時代となる21世紀に向けてさまざまな最先端の研究が行われている。カーボンナノチューブを用いた量子ドットデバイスの研究を行う青柳克信博士、走査トンネル顕微鏡(STM)を用いてひとつひとつの分子を観察したり、動かしている川合真紀博士、分子や原子など個々の要素の個性を取り入れた「曖昧で不確実な材料、およびシステム」を探求しながらナノテクの未来を見据える原正彦博士の取り組みを紹介。
    引用元: 理化学研究所|理研Navi|ビデオライブラリー|研究紹介

  • KAKEN - 川合 真紀(70177640)

    分子凝集体表面の化学に関する成果取りまとめ 川合 真紀 研究期間 : 2000年度~2003年度 研究分野 : 研究種目 : 特定領域研究(B) → 特定領域研究 研究機関 : 理化学研究所 → 特殊法人理化学研究所 → 独立行政法人理化学研究所
    引用元: KAKEN - 川合 真紀(70177640)

  • KAKEN - 川合 真紀(70177640)

    分子凝集体表面の化学に関する成果取りまとめ 川合 真紀 Project Year : FY2000~FY2003 Research Field : Research Category : 特定領域研究(B) → 特定領域研究 Research Institution : 理化学研究所 → 特殊法人理化学研究所 → 独立行政法人理化学研究所
    引用元: KAKEN - 川合 真紀(70177640)

  • 川合真紀 教授・高木紀明 准教授 研究室

    新物質・界面科学講座 [ヘテロ構造新機能物質学] 川合真紀 教授・高木紀明 准教授 研究室 研究室ホームページ TEL: 04-7136-3787(川合), 04-7136-3786(高木) FAX: 04-7136-3792 e-mail: maki@k.u-tokyo.ac.jp (川合) n-takagi@k.u-tokyo.ac.jp (高木) 表面では、私たちが慣れ親しんだバルクの性質とは大きく異なる物性を多数見ることができます。私たちは、表面に形成される低次元ナノ構造の物性および、固体表面における化学反応に関して、局所プローブを用いた表面解析手法を駆使し研究を行っています。近年は特に、ナノメートル領域の新規機能発現に着目し、金属表面における単一分子の振動励起とそれに伴う化学反応、分子個々の伝導性、金属原子のナノワイヤーを作製しその物性を探索する研究などを走査トンネ...
    引用元: 川合真紀 教授・高木紀明 准教授 研究室

  • 川合真紀

    川合真紀 KAWAI-YAMADA MAKI 1967年生
    引用元: 川合真紀

  • - 授業詳細

    講義番号 T67050 授業科目名[英語授業科目名] 生物学序説 [Fundamental Physical Chemistry] 担当教員[ローマ字表記] 川合 真紀 , 大野 豊 [ Kawai,Maki , Ohno, Yutaka] 科目区分 学部専門科目 開講学部 工学部 開講学科 環境共生学科 単位数 2 必修・指定選択・選択の別 開講学期(期別) 前期 曜日時限 木2 教室 工-54 対象年次 1 ~ 科目群 初年次教育科目 クラス指定 環境共生学科所属学生 他との関連(関連科目) 生物学 履修条件(授業に必要な既修得科目または前提知識) 環境共生学科の学生 テーマ・副題 高校生物の知識を確定し、大...
    引用元: - 授業詳細

  • 科学技術・学術審議会 研究計画・評価分科会 第2期ナノテクノロジー・材料 ...

    (委員) 澤岡主査、井上委員、魚崎委員、大泊委員、川合知二委員、川合真紀委員、岸委員、北澤委員、米屋委員、榊委員、中村志保委員、横山委員の各委員 (文部科学省) 川上基礎基盤研究課長、奈良材料開発推進室長、水元室長補佐 ほか
    引用元: 科学技術・学術審議会 研究計画・評価分科会 第2期ナノテクノロジー・材料 ...

  • 200305riken5

    351-0198 和光市広沢2-1 理化学研究所・表面化学研究室 川合真紀 電話048-467-9405、Fax 048-462-4663 e-mail: maki@postman.riken.go.jp
    引用元: 200305riken5

  • 平成11年度研究評価小委員会研究評価報告書について 2.各論 (1)総合 ...

    平成11年度研究評価小委員会研究評価報告書について 2.各論 (1)総合研究 (a) 機能調和酸化物新機能材料創製に関する研究 (研究期間:第 期 平成9~11年度) 研究代表者:川合 真紀(理化学研究所表面化学研究室主任研究官) (1) 総 評 本研究は、異なる機能を有する遷移金属を含む複酸化物を原子レベルで数種類接合させ、それぞれの機能を順に変換して(調和させて)、今までに無い材料を創製することである。そのために、理論、材料創製技術、構造評価技術、周辺技術の4つのサブテーマにおいて研究を推進した。 具体的な研究成果としては、2種類の高温超伝導薄膜を自由に積層し、ビスマス系超伝導体にみられる固有ジョセフソン効果を他の超伝導体の超伝導領域を用いて発現させるデバイスや4層の薄膜が最初の光の情報を光-電荷-磁気構造変化ー電気伝導度変化と変換して取り出せる4層構造複合薄膜ディバイス等、世界に...
    引用元: 平成11年度研究評価小委員会研究評価報告書について 2.各論 (1)総合 ...

  • PIE2007:Photo Album:So-netブログ

    ケンコーはレンズベビー使いの川合真紀さん、レンズベビー作例紹介 SIGMA18-50mmF2.8 Av、F2.8、1/160、EV1.0、ISO1600、f50mm
    引用元: PIE2007:Photo Album:So-netブログ

  • 表面物理学 - Wikipedia

    ^ a b 川合真紀・堂免一成 『表面科学・触媒科学への展開』 (岡崎廉治 他編 『岩波講座現代化学への入門』 14巻) 岩波書店 、2003年。
    引用元: 表面物理学 - Wikipedia

  • 岩波講座 現代化学への入門〈14〉表面科学・触媒科学への展開 エキサイト ...

    岩波講座 現代化学への入門〈14〉表面科学・触媒科学への展開 【著者】 川合 真紀 堂免 一成 【編集】 岡崎 廉治 イメージを拡大 価格:¥ 3,780 (税込) ユーズド価格:¥ 3,000 ( ユーズド出品リスト ) 発送可能時期:在庫あり。 単行本 ;192 p ;サイズ : 866(hundredths-inches) 出版社 : 岩波書店 Amazon.co.jp 売上ランキング: 587346 このページのトラックバック(0) ※以下の内容は個人が運営するブログに書かれたエントリです。 こちら をご一読の上、ご覧下さい トラックバックはありません エキサイトブログ ユーザーならブックマークレット機能を利用してこのページに トラックバック できます。 このページのトラックバックURL: ...
    引用元: 岩波講座 現代化学への入門〈14〉表面科学・触媒科学への展開 エキサイト ...

  • member

    茅 幸二 中央研究所(DRI) ・ 所長 長田 義仁 特任顧問 和田 達夫 DRI 和田超分子科学研究室・主任研究員 川合 真紀 DRI 川合表面科学研究室・主任研究員 佐甲 靖志 DRI 佐甲細胞情報研究室・主任研究員 原 正彦 フロンティア研究システム 局所時空間機能研究チーム・チームリーダー 小林 俊秀 DRI 小林脂質生物学研究所・主任研究員 甘利 俊一 脳科学総合研究センター(BSI)・センター長 高島 明彦 BSIアルツハイマー病研究チーム・チームリーダー 中野 明彦 DRI 中野生体膜研究室・主任研究員 林崎 良英 DRI 林崎生体分子機能研究室・主任研究員 長田 裕之 DRI 長田抗生物質研究室・主任研究員 合原 一幸 DRI 分子情報生命科学研究推進グループ・客員研究員 武藤 豪志 DRI 分子情報生命科学研究推進グループ・協力研究員(流動的ポスドク) 土屋 陽一 DRI...
    引用元: member

  • 埼玉大学理工学研究科・環境制御システムコース 遺伝子環境工学グループ

    お問い合わせ 〒338-8570 埼玉県さいたま市桜区下大久保255 埼玉大学 理工学研究科 准教授 川合真紀 TEL/FAX:048-858-9269 E-mail: mkawai@mail.saitama-u.ac.jp
    引用元: 埼玉大学理工学研究科・環境制御システムコース 遺伝子環境工学グループ

  • 埼玉大学理工学研究科・環境制御システムコース 遺伝子環境工学研究室

    お問い合わせ 〒338-8570 埼玉県さいたま市桜区下大久保255 埼玉大学 理工学研究科 准教授 川合真紀 TEL/FAX:048-858-9269 E-mail: mkawai@mail.saitama-u.ac.jp
    引用元: 埼玉大学理工学研究科・環境制御システムコース 遺伝子環境工学研究室

  • 東大・分生研・細胞機能

    * 川合真紀 講師 は平成20年4月より埼玉大学理工学研究科に移動しました。
    引用元: 東大・分生研・細胞機能

  • えがりて122号 男女共同参画推進本部の活動状況

    阿藤 誠 (国立社会保障・人口問題研究所副所長) 川合 真紀 (理化学研究所主任研究員) 小谷 直道 (読売新聞社編集局総務)
    引用元: えがりて122号 男女共同参画推進本部の活動状況

  • 細胞機能・ポストドクターの募集

    応用生態工学研究室/遺伝子環境工学グループ(川合真紀 准教授)
    引用元: 細胞機能・ポストドクターの募集

  • Tomofumi Susaki

    2000 年 4 月 〜 2003 年 3 月 博士研究員(理化学研究所基礎科学特別研究員) ・金属 adatom 、超薄膜などの光電子分光( 表面化学(川合真紀)研究室 )
    引用元: Tomofumi Susaki

  • マップカメラ | マップカメラ情報 | これは遊べる ...

    ケンコー レンズベビー新ホームページ「lensbabies.jp」オープン。川合真紀先生の作品で、レンズベビーを紹介。
    引用元: マップカメラ | マップカメラ情報 | これは遊べる ...

  • 表面励起プロセスの化学/学会出版センター

    書名 表面励起プロセスの化学 シリーズ・ナンバー 季刊化学総説 12 編 日本化学会 編 企画・編集担当者 工藤徹一・川合知二・川合真紀・鯉沼秀臣・堂免一成・増原 宏・村田好正 サイズ/頁 B5判/190頁 ISBN [刊] ISBN 4-7622-4658-1 [91.6刊] 価格 本体価格 3495円 まえがき I 表面の多様性 1 表面の多様性 ・・・村田好正 II 表面吸着種の励起プロセス 2 表面励起状態とは? ・・・村田好正・堂免一成 3 表面吸着種の紫外レーザー励起反応 ・・・堂免一成 1 実験装置 1.1 絶縁体上の吸着種の光励起 1.2 金属上の吸着種の光励起 2 定常光による表面光反応 文献 4 表面吸着種の光分解 ・・・川崎昌博 1 分子の吸着と...
    引用元: 表面励起プロセスの化学/学会出版センター

  • チャレンジ・サイト|内閣府男女共同参画局 -- 個人事例紹介

    ポスト不足を乗り越えて 研究を続けてきた化学研究者 独立行政法人 理化学研究所 主任研究員 東京大学教授 川合真紀さん [埼玉県和光市]
    引用元: チャレンジ・サイト|内閣府男女共同参画局 -- 個人事例紹介

  • ナノバイオの夏合宿,八ヶ岳で開催。質疑応答が止まらない - 産業動向 ...

    【写真】東京大学 教授で理化学研究所 主任研究員の川合 真紀氏
    引用元: ナノバイオの夏合宿,八ヶ岳で開催。質疑応答が止まらない - 産業動向 ...

  • Onoe Laboratory

    尾上 順 ,川合知二:化学, 42 , 718 (1987). ”光化学から生命の起源を考える” 尾上 順 ,川合知二:化学工業, 39 , 201 (1988). ”半導体微粒子光触媒を用いたアミノ酸生成” 尾上 順 ,川合真紀,川合知二:表面, 26 , 825 (1988). ”レーザー誘起表面反応とプロセスへの応用” 尾上 順 ,武内一夫:化学工学, 54 , 654 (1990). ”半導体微粒子の表面光化学” 尾上 順 ,武内一夫:粉体と工業, 22 , 1 (1990). ”半導体微粒子の光・化学エネルギー変換機能とその応用” 尾上 順 :化学工学, 55 , 552 (1991). ”原子1個1個を制御する究極”技(わざ)”〜走査トンネル電子顕微鏡によるアトムマニュピレーション〜” 尾上 順 ,武内一夫(分担執筆):先端レーザーテクノロジー(日経技術...
    引用元: Onoe Laboratory

  • 日本植物生理学会-研究室ホームページの紹介 ~西関東地区~

    大野 豊 日本原子力研究開発機構・量子ビーム応用研究部門・バイオ応用技術ユニット・量子ビーム遺伝子資源研究グループ 神谷 勇治 理化学研究所・植物科学研究センター・成長制御研究グループ 川合 真紀 埼玉大学大学院・理工学研究科・環境科学社会基盤部門・遺伝子環境工学分野 榊原 均 理化学研究所・植物科学研究センター・生産機能研究グループ 篠崎 一雄 理化学研究所・植物科学研究センター・機能開発研究グループ 嶋田 幸久 理化学研究所・植物科学研究センター・ゲノム機能統合化研究チーム 白須 賢 理化学研究所・植物科学研究センター・植物免疫研究グループ 杉本 慶子 理化学研究所・植物科学研究センター・細胞機能研究ユニット 関 原明 理化学研究所・植物科学研究センター・植物ゲノム発現研究チーム 豊田 哲郎 理化学研究所・生命情報基盤研究部門 ...
    引用元: 日本植物生理学会-研究室ホームページの紹介 ~西関東地区~

  • 日本植物生理学会-研究室ホームページの紹介 ~老化・細胞死~

    大野 豊 日本原子力研究開発機構・量子ビーム応用研究部門・バイオ応用技術ユニット・量子ビーム遺伝子資源研究グループ 且原 真木 岡山大学・資源植物科学研究所・分子生理機能解析グループ 川合 真紀 埼玉大学大学院・理工学研究科・環境科学社会基盤部門・遺伝子環境工学分野 草場 信 広島大学大学院・理学研究科・附属植物遺伝子保管実験施設 小泉 望 大阪府立大学大学院・生命環境科学研究科・応用生命科学専攻・植物バイオサイエンス分野・植物遺伝子科学講座・植物分子育種学研究グループ 幸田 泰則 北海道大学大学院・農学院・生物資源科学専攻・作物生産生物学講座・作物生理学専門分野 後藤 デレック 北海道大学・創成研究機構 佐藤 文彦 京都大学大学院・生命科学研究科・統合生命科学専攻・細胞全能性発現学講座・全能性統御機構学分野 佐藤 康 金田 剛史 愛媛大学...
    引用元: 日本植物生理学会-研究室ホームページの紹介 ~老化・細胞死~

  • 日原由香子 | 組織・構成 | 埼玉大学 総合研究機構 環境科学研究センター

    センター長 内宮 博文 分子環境科学部門 小松 登志子 浅本 晋吾 王 青躍 大西 純一 小竹 敬久 坂本 和彦 関口 和彦 畠山 晋 濱本 昌一郎 吉門 洋 環境生態学部門 淺枝 隆 V.D.Madjarova 内宮 博文 金子 康子 川合 真紀 竹澤 大輔 仲本 準 西山 佳孝 日原 由香子 藤野 毅 三輪 誠 社会環境学部門 田中 規夫 川本 健 久保田 尚 窪田 陽一 佐々木 寧 外岡 豊 宮尾 百合子 睦好 宏史 八木澤 順治 研究支援者・技術補佐員 アドバイザリーボード 日原由香子 (理工学研究科/環境科学研究センター) 日原 由香子 (准教授) Yukako Hihara 植物生理学・分子生物学 1970 年生 ・大学院理工学研究...
    引用元: 日原由香子 | 組織・構成 | 埼玉大学 総合研究機構 環境科学研究センター

  • 教員紹介|埼玉大学工学部 環境共生学科

    川合 真紀 准教授 Kawai-Yamada, Maki 専門分野:遺伝子環境工学、植物分子生物学 担当科目:生物学序説、生理・生化学、遺伝学、環境共生学実験III 近年、人類の活動による大規模な地球環境の破壊や、急激な人口増加による食料不足が大きな問題となっています。私は、植物の有する環境適応能力を解明して最大限に引き出す事により、植物の有用形質を利用した物質生産システムの構築を目指しています。また、植物と環境との関わり合いを科学的に解明し、不良環境でも生育可能な植物の分子育種や、環境修復植物技術の開発へと結びつく研究をおこなっています。 環境問題に対してバイオテクノロジーでどのような解決策を提案できるか、一緒に考えて行きましょう。
    引用元: 教員紹介|埼玉大学工学部 環境共生学科

川合真紀 の相関図を読込中

画像 名前 川合 真紀 職階 准教授 学位 博士(理学) 所属 理工学研究科 研究部 環境科学 社会基盤部門 環境科学領域 研究分野 応用生態学系 / 遺伝子環境工学 専門分野 ストレス誘

スポンサードリンク