川尾朋子の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 書家・川尾朋子氏講演会「書のチカラ―わたし発世界へ!」10月31日に開催 | 人間文化学部 ニュース | 京都学園大学

    川尾朋子氏プロフィール6歳より書を学び,国内外で多数受賞。2004年より祥洲氏に師事し,書の奥深さに更に取り憑かれ,"書に生かされている"ことを強く感じる。古典に向きあう日々の中で,代表作である「呼応」シリーズが生まれる。この作品は,点と点のあいだにある,宙を舞う筆の軌跡に着目したもので,見えないものを想像することをテーマとしている。「呼応」シリーズはNHK大河ドラマ「八重の桜」オープニング映像にも使用された(6月限定)。ライブパフォーマンスやワークショップもこの「呼応」を根底にして行っている。また,"生活の中にある書"として,阪急嵐山駅の「嵐山」をはじめ,寺院の石碑,新聞,テレビ等の各メディア,ファッション,インテリアなど,あらゆる媒体に登場する文字や墨表現も,好評を得ている。1977年 兵庫県生まれ 同志社女子大学卒 京都在住【オフィシャルサイト】http://www.kawaotom...
    引用元: 書家・川尾朋子氏講演会「書のチカラ―わたし発世界へ!」10月31日に開催 | 人間文化学部 ニュース | 京都学園大学

  • 川尾朋子展「眩暈 memai」:2008年10月:イベント:Sawawa ...

    [川尾朋子プロフィール] 6歳より書を学び、公募展・国際展などで多数受賞。 近年は、マチエールにこだわった独自の墨の抽象作品を国内外で発表。 主にモノクロームの狭間にある繊細で透明な色調表現によって、自身の心象・感覚世界を模索している。 展覧会出展のほか、店舗の内装作品、ロゴ・グッズのデザインなど 多方面に於いて精力的に展開。 2004年より祥洲氏に師事。1977年生まれ、同志社女子大学卒
    引用元: 川尾朋子展「眩暈 memai」:2008年10月:イベント:Sawawa ...

  • 川尾朋子展 「眩暈 memai」

    川尾朋子展 「眩暈 memai」 2008年10月4日(土)〜10月13日(月・祝) 金曜日休廊 川尾朋子展「 眩暈 memai」 「墨の世界に魅せられた・・・」 そんな墨女 川尾朋子の初個展「眩暈 memai」開催 「眩暈 #2」 H780×W555mm ケント紙 自家製墨 オープニングパーティー 10月4日(土)17:00〜19:00 オープニングアクト 詩人 三角みづ紀 詩の朗読ライブ(バックに演奏あり) 川尾朋子個展「眩暈memai」に寄せて 心と身体は、決して分離することはできない。心が病むとき、身体も病む。 「平衡感覚の乱れ」は、川尾の心と身体に癒えることのない痕跡を残してきたが、墨という表現媒体を得た時、川尾は一人の表現者として蘇生した。「不安定、アンバランス、不調和、不協和」… 全てのマイナス要因はプラスに、「眩暈memai」の世界に差し...
    引用元: 川尾朋子展 「眩暈 memai」

  • ロンパース展@かもがわカフェ: 川尾朋子

    川尾朋子 ★アーティスト名: 川尾朋子 ★URL: http://kawaotomoko.com/ ★プロフィール:書家。6歳より筆を持つ。 繊細さや 透明感のある独自の墨のマチエールにより、内なる世界を発信 する。また,デザイン・ディスプレイ等も手掛け、生活の中の 書の在り方を追求している。 ★デザインコンセプト:新旧の融合。 ★今回のロンパース展に関する意気込み: 本当は自分のbabyに着せたかったな… 投稿者 ロンパース展 ラベル: 出展作家アーカイブ 0コメント: コメントを投稿
    引用元: ロンパース展@かもがわカフェ: 川尾朋子

  • ギター寅さんの日記 | 2009年11月20日 書家 川尾朋子さん。

    Entries 2009年11月20日 書家 川尾朋子さん。 先日もお知らせした書家、川尾さんのライブパフォーマンスを見に行ってきました。三角みづ紀さんと、そのユニット(Gとカホンとかいろいろ)のライブに、ゲスト出演されたのです。で、いまさらながら感想文です。 前で詩を朗読しつつ、後ろで川尾さんがバシッと書をしたためる。そんな会でした。 僕は即物的な人間で、教養などかけらもなく、バンドで作る歌も、どこかから借りてきたような詩だったりします。( http://www.myspace.com/kyotottt お暇ならどうぞ、お立ち寄りください。)そんな僕には高尚過ぎる内容の詩でした。そして、ギターリストさんはなかなかのやり手でした。うまい、本当にうまいギタリストでした。久しぶりに、ギターを丁寧に弾く人を見ました。 そして、川尾さんの書は、なんか、年々迫力が出てきたように思います。ショックウエ...
    引用元: ギター寅さんの日記 | 2009年11月20日 書家 川尾朋子さん。

  • 書家 川尾朋子 | information

    書家 川尾朋子 Information Works Profile 川尾朋子ノ日記 Contact Link 最新情報 「Virtual・itis」7/16 sat - 8/12 fri @Satoshi Koyama GALLERY Virtual・itis [vur-choo-uhlit-es] 2011.7.16 sat- 8.12 fri opening reception 7.16 sat 17:00 -19:00 18:00~ 作家によるライブパフォーマンス SATOSHI KOYAMA GALLERY 〒103-0023 中央区日本橋本町3-2-12 新みやこビル501 東京メトロ銀座線三越前駅 A10出口より徒歩3分 JR総武線新日本橋駅 徒歩2分 地図 open 月・金18:30-21:00 土・日12:00-19:00 close 火~木・祝 過...
    引用元: 書家 川尾朋子 | information

  • cafe+bar ilha: 「無彩」

    友人の紹介で知り合った書家。 川尾朋子 。 6月に二人で展示をするという。 ネオンアーティスト 安彦哲男と 。 そして場所は高台寺塔頭「月眞院」。 普段は拝観する事のできない場所で、 光と書が織りなす世界は夜だけ3時間の 特別なパフォーマンス。 これは必見。 6月12日(土)> 20日(日) 18:00ー21:00 _______ 井田将史 個展 『sofa』 今日で二週間。 今日は井田くんのファンが 滋賀から来店。 以前から買ってきてほしいと お願いしていた 名産「ふな寿司」をお土産に。 みんなで試食。 滋賀の魅力を伝えるべく ブログでの紹介を頼まれ。 食べた。 んん〜どぶのあじ。 しかし珍味とは どうしてこんなに高いのか。 _______ 今日は手塚治虫風。
    引用元: cafe+bar ilha: 「無彩」

  • cafe+bar ilha:

    友人の紹介で知り合った書家。 川尾朋子 。 6月に二人で展示をするという。 ネオンアーティスト 安彦哲男と 。 そして場所は高台寺塔頭「月眞院」。 普段は拝観する事のできない場所で、 光と書が織りなす世界は夜だけ3時間の 特別なパフォーマンス。 これは必見。 6月12日(土)> 20日(日) 18:00ー21:00 _______ 井田将史 個展 『sofa』 今日で二週間。 今日は井田くんのファンが 滋賀から来店。 以前から買ってきてほしいと お願いしていた 名産「ふな寿司」をお土産に。 みんなで試食。 滋賀の魅力を伝えるべく ブログでの紹介を頼まれ。 食べた。 んん〜どぶのあじ。 しかし珍味とは どうしてこんなに高いのか。 _______ 今日は手塚治虫風。
    引用元: cafe+bar ilha:

  • 書家 川尾朋子

    書家 川尾朋子 最新情報 2011年7月 2日 ・・・ 「Virtual・itis」7/16 sat - 8/12 fri @Satoshi Koyama GALLERY 2011年7月 2日 ・・・ Worksページ更新いたしました。 2011年6月20日 ・・・ 7月23日(土)「地母神」@鎌倉 [堀内幹X川尾朋子] 2010年12月19日 ・・・ 1/11-15 RECT VERSO CALLERYにて展示(東京) 2010年11月23日 ・・・ 阪急嵐山駅の「嵐山」揮毫 書家 川尾朋子 昨年ベルリンでお世話になったアンドレアスの展示が京都月眞院であります。... 続きを読む このホームページに掲載されている画像等の素材はすべて書家川尾朋子が保有し、無断で複写・転載することを禁じます 書家 川尾朋子 © All Rights Reserved
    引用元: 書家 川尾朋子

  • ギター寅さんの日記 | 2010年6月15日 川尾さんの展覧会

    京都の歴史あふれる寺院において、 「黒と白」という接点を持つ2人の作品を展示します。 安彦哲男(ネオンアーティスト) 川尾朋子(書家) 「無彩」 会期:6月12日(土)ー20日(日) 時間:18-21時 会場:月眞院(高台寺塔頭) 〒605-0825京都市東山区下河原町528 連絡先090-8938-4031 (安彦) 拝観料:500円 二日間、お休みを頂きご迷惑をおかけしました。昨日、無事入籍してきました。入籍したその日に、このブログでもなんども紹介している、うちのロゴを作ってくれた川尾さんが、今回ネオンアーティストの安彦さんと合同で展示会をされていたので、行ってきました。 入り口で芳名帳に名前を書くときに気が付いたのですが、連れ合いが同じ苗字を名乗るというのはヘンなもので、慣れるまでには時間がかかりそうです。 月眞院の近くは、まさしく僕が生まれ育った場所です。子供のころ、勝手に境内に入...
    引用元: ギター寅さんの日記 | 2010年6月15日 川尾さんの展覧会

  • 京都から "飛2" の楽しいお知らせ 川尾朋子

    「無彩」 安彦哲男(ネオンアーティスト) 川尾朋子(書家)@月眞院(高台寺塔頭)京都 「無彩」 安彦哲男 (ネオンアーティスト) 川尾朋子 (書家) 1616年高台寺塔頭として建立された月眞院 京都の歴史あふれる寺院において、 「黒と白」という接点を持つ2人の作品を展示します。 会期:6月12日(土)ー20日(日) 時間:18-21時 会場:月眞院(高台寺塔頭) 〒605-0825京都市東山区下河原町528 連絡先090-8938-4031(安彦) 拝観料:500円 なかなか更新できていませんがこのBlogには ネオンマップ と言うカテゴリーがあります。 いつもお世話になってる 安彦さんの作品を掲載させてもらっております。 http://pyung2.blog92.fc2.com/blog-category-4.html そして 20100123メトロ大學2010 『俊読〜shundoku...
    引用元: 京都から "飛2" の楽しいお知らせ 川尾朋子

  • 書家 川尾朋子の日記

    書家 川尾朋子 Information Works Profile 川尾朋子の日記 Contact Link 最新日記 ドナウ川プロジェクト@月眞院 昨年ベルリンでお世話になったアンドレアスの展示が京都月眞院であります。 「THE DANUBE RIVER PROJECT」 (ドナウ川プロジェクト) ● アンドレアス・ミュラー=ポーレ (Berlin,Germany) ●日時:2月19日~27日(無休) 18:00-21:00 ●オープニングパーティ:2月19日(土曜) 18:30~ ※ベルリン在住のサウンドアーティスト 稲尾新吾 によるライ ブパフォーマンス ●月眞院(高台寺塔頭) 605-0825 京都市東山区下河原町528 ※連絡先 sumi@kawaotomoko.com ●ドナウ川プロジェクト概要 ドナウ川はヨーロッパ広域を流れています。ドイツ、オーストリ...
    引用元: 書家 川尾朋子の日記

  • スーツ 着こなしのブログ 看板ができちゃいました!

    川尾朋子さん・・・ナツイのう、ってかマジで。 わしんとこの『吠えるPTA会長』の看板も書いてもらいたいのう。 ってか一杯いきたいもんじゃ。
    引用元: スーツ 着こなしのブログ 看板ができちゃいました!

  • weblog / Sanctum / KYOTO: 11/23 ...

    « 今日はSPENCERx川尾朋子 | メイン | cassowary店番日記11/26 » [ 01.diary ] 2010年11月24日 11/23 SPENCER x 川尾朋子 冷え混んだ京都。 暑がりの僕もようやく冬のコートを装着した。 そんな月がきれいな夜、岡崎の黒谷さんの中にある永運院へ。 もう既に、二人とも友人を超えて親戚のような芸術家の協業を見に行って来た。 きれいな庭には真っ赤なもみじ。 その一角に張り巡らされた和紙。 そこにギターや鍵盤の影が映り、 しずかな音が流れていた。 そして始まった第一部。 二人は一切姿を見せず、影だけで演奏と書を繰り広げた。 様子はあそこにいた人間だけの物。 写真は撮っていない。 不思議な、心地よいライブだった。 さ、そして打ち上げ。 ここからが僕の仕事だ。 大活躍したボランティアの学生ちゃんや川尾の友人たちとともに、 おいしいぶた串とおでん...
    引用元: weblog / Sanctum / KYOTO: 11/23 ...

  • テーマ:イタリアン|阪急沿線口コミ情報サイト「ブログdeバーチャル駅長」

    本日、プラムキューブ試食会に参加するため、阪急本社に行ってまいりました。 阪急電車にも書道家・川尾朋子さんの「嵐山」の文字登場です。 (梅田駅の蛍光灯が反射してしまってすみません。いずれ自然の光の元で撮影できましたら・・・) 12月から登場のお店、後日ご紹介しますね! 「試食会にはワンピースがおすすめ」ということでしたが 写真を撮っていなかったのでなぜか懇談中?の写真です(この話もいずれ・・・) この後でうめだ阪急で16日(火)まで開催 イタリアフェア2010に足を運びました〜 バーチャル駅長さ... 続きを読む
    引用元: テーマ:イタリアン|阪急沿線口コミ情報サイト「ブログdeバーチャル駅長」

  • 書家 川尾朋子 | works

    書家 川尾朋子 Information Works Profile 川尾朋子ノ日記 Contact Link [ Exhibition ] [ Design ] [ Interior ] [ Traditions ] [ Event,Print etc. ] Exhibition | 2010 | 2009 | 2008 | 2007 | 2006 | 2005 | 2004 | Vritual・it is walden gallery (ベルリン/ドイツ) http://www.galerie-walden.de 2010.8.7-8.29 「Virtual・it is」川尾朋子とJudith Umana Ayala(mixed media artist) とのコラボレーションプロジェクト。 過去数十年に渡り、次第に希薄になり...
    引用元: 書家 川尾朋子 | works

  • atomosphere

    2009.04.29 リンクページでもご紹介しております 書家 川尾朋子 さんが、 ジュエリーデザイナー TSUKASA SAWAMURA さんの10周年記念展覧会 [TSU-NA-GA-RI]の会場に作品を提供されているようです。 4月29日(水)〜5月3日(日)まで gallary cafe & bar COLLABO (京都)にて開催中。 是非ご覧になってください。
    引用元: atomosphere

  • FM79.7 EVENT&ART情報2

    2010年06月10日 6月9日ゲスト安彦哲男さん、川尾朋子さん 今日は6月9日→ロックの日 津室レイナです 今日のゲストは、高台寺の月眞院で、現代アートと書画の展示会「無彩」を行われるネオンアーティストの安彦哲男さんと書家の川尾朋子さんにお越しいただきました 芸術家と聞くと話しかけにくい、というイメージがありますが安彦さんも川尾さんも本当に気さくで楽しい雰囲気を打ち合わせから作ってくださいました ネオンアーティスト 安彦哲男さんのアトリエ ネオンアーティスト 安彦哲男さん 作品 書家 川尾朋子さんの作品 全く異なるものを創り出されているお二人がタッグを組まれた今回の展示会「無彩」。これはどのような空間になるのか正直全くイメージつきません この目でしっかり確かめに行きます お二人の作品や活動のお話と「無彩」のコンセプトもインタビューで聞くことが出来ました 是非、安彦さんと川尾さんお二人の笑...
    引用元: FM79.7 EVENT&ART情報2

  • スーツ 着こなしのブログ 20080328

    書家 川尾 朋子「6歳より書を学び,国際展など受賞多数。独自の繊細な墨のマチエールによる心象世界を表現した作品を展開。展覧会出展のほか,ロゴなどデザインやディスプレイ等も手掛け、生活の中の書の在り方を追求。2004年より祥洲氏に師事。」 http://kawaotomoko.com
    引用元: スーツ 着こなしのブログ 20080328

  • スーツ 着こなしのブログ 200909

    書家 川尾 朋子「6歳より書を学び,国際展など受賞多数。独自の繊細な墨のマチエールによる心象世界を表現した作品を展開。展覧会出展のほか,ロゴなどデザインやディスプレイ等も手掛け、生活の中の書の在り方を追求。2004年より祥洲氏に師事。」 http://kawaotomoko.com
    引用元: スーツ 着こなしのブログ 200909

  • 2011年1月号 of 懐中雑誌ぱなし

    2011.2.5 「懐中雑誌ぱなし 二千十一年二月號」発売されました 「懐中雑誌ぱなし 二千十一年二月號」 目次 目次 春信見立蝶類図譜番外編一の壱 mimicryワークショップ 3 2月の予定表 6 3月の予定表 8 4月の予定表 10 メモ 12 ぬらり言 今井美保 14 ぱなしニュース 15 虚実・旅写真物語(25)月島ツカサ 16 生が一番! その20 青木修 18 したまち映画館「ファンタスティックMr.FOX」まつばらあつし 20 流れる季節、駆けていった馬たち 第二十三回 辻雅之 22 月々のモノがたり 第34回「Couple Dice」くろだあきこ 24 Gallery Syrup #17 「好きよ…好きよ…好きよ…」中野愛子 26 春田さんのかいらんばん Vol.7 有間しのぶ 28 The Song For Me「アニソンのプレイリスト」納富廉邦 30 極私的宝島 No...
    引用元: 2011年1月号 of 懐中雑誌ぱなし

  • GALERIE H2O - これまでの展覧会

    2009年前期の展覧会予定 2月24日~3月8日 川尾朋子展(書) 3月10日~3月15日 村松 愛展(写真) 3月17日~3月29日 西村俊則展(灯り) 3月31日~4月12日 高田美智子展(陶器) 4月18日~5月10日 高田洋一展(現代彫刻) 5月14日~5月24日 金井杜道展(写真) 5月26日~6月7日 id展[洋画8人展](洋画) 6月9日~6月21日 うるわし屋 茶箱・茶籠展(諸工芸)
    引用元: GALERIE H2O - これまでの展覧会

  • weblog / Sanctum / KYOTO: 今日は ...

    « cassowary店番日記11/22 | メイン | 11/23 SPENCER x 川尾朋子 » [ 01.diary ] 2010年11月23日 今日はSPENCERx川尾朋子 寒い。 今日は朝から家で家事に追われている。 年末に向け、すこしずつ掃除をしている。 14時からNHKでグランパスの試合を観戦。 残念ながら負けてしまった。 そこに届いた名古屋からの食料品。 気のきく母上は、緩衝剤に中日新聞。 これを読んで、コーヒーを飲みながら更新中。 怒濤のスケジュールとアクシデントやら私事やらであっという間に11月が末だ。 来月は10日と24日にLIVE CASSOWARY なわけだが、 その10日の出演者、SPENCERのLIVEが本日、京都は永運院にて、 我が偽親戚の妹、書家 川尾朋子との競演。 ドイツで絶賛された2人の協業。 楽しんできます...
    引用元: weblog / Sanctum / KYOTO: 今日は ...

  • asahi.com(朝日新聞社):地母神 - イベント情報 - トラベル

    地母神 三部構成でおくるライブパフォーマンス 川尾朋子 織茂サブの尺八と松下真純のダンス、床絵美のアイヌ民族の唄、堀内乾の改造ギターと川尾朋子の書。三部構成のライブパフォーマンス。 詳細データ イベント会場: 招山由比ケ浜 期間: 2011年07月23日(土) 時間: 16:00 〜 21:00 日時の備考: 注)開催日は、必ず事前に主催者にご確認ください。 料金: 3000円 交通: 会場アクセス(公共交通) /JR鎌倉駅より徒歩15分 駐車場: なし(周辺の駐車場を利用) お問い合わせ: 0467-55-5999 招山由比ケ浜 公式サイトURL: http://shouzanyuigahama.com 情報提供: イベントバンク
    引用元: asahi.com(朝日新聞社):地母神 - イベント情報 - トラベル

  • 書家HILOKI

    祥洲の公式サイト 墨写空間&祥洲の墨の世界 書する時間 ーjust be myself- 書家 五十棲 環さんのサイトです。 書家川尾朋子website 書家 川尾 朋子さんのサイトです。 PIANO TRIO "mug" OFFCIAL WEB SITE jazz pianotrio "mug"のホームページです。 京都 ゲストハウス はんなり 京都市上京区のゲストハウス はんなりさんのサイトです。 office underpar 京都のデザイン事務所アンダーパーさんのサイトです。 atomosphere 有限会社 MASUICHI 書家 片岡正克さんのサイトです。 京都市内に5店舗を展開されている「焼き肉家 益市」さんのサイトです。 杉本美穂きもの学院SARAヘアメイクスクール GEN...
    引用元: 書家HILOKI

  • 三角みづ紀/川尾朋子 | 眩暈

    SEARCH ECD taynton 5b BATTLES BOREDOMS 津山篤 にせんねんもんだい ロレッタセコハン zazen moools hat shoes  CATEGORY アーティスト一覧 レーベル一覧 ECD less than TV ExT(永田一直) 美人レコード BLACK SMOKER ROMZ/HONCHO SOUND ドリーム開発 UPSET(DJ YOGURT) OILWORKS STRICTLY ROCKERS UNIVERSAL MARGINAL HE?XION! TAPES ギューンカセット ヤバン/大人レコード 7 e.p. ガールフレンドレコード PONG‐KONG RECORD OTO RECORDS rev-nod...
    引用元: 三角みづ紀/川尾朋子 | 眩暈

  • 墨集団翔Sho SUMI三人展

    墨集団翔Sho SUMI三人展 遊離 2007年12月1日(土)〜12月9日(日) 展示風景≫ 墨集団翔Sho SUMI三人展 『遊離』 ■出展作家 川尾朋子 / 鈴木晶子 / 福西教之 墨集団翔Sho/新たなる「書の前衛」 戦後書道界を彩った様々な新思潮。中でも前衛書は最も華やかな大輪の花を咲かせたが、そこに次代に継承すべき結実はなかった。墨集団翔Sho(代表・祥洲)の若き3人は、それぞれのポリシーと方法論をもって、今この荒野に新たな芽吹きの時を迎えた。 川尾朋子は、現代病とされるアレルギーに苦しむ自分と真正面から対峙する。「過反応-疼痒-♯1」を見て、なによりも生理的な共感を覚えた。「墨のマチエール」を通して皮膚感覚を形象化する。大変な才能とセンスである。 鈴木晶子の「荊-ibara-」は、光を求めて荊の道を歩む心象風景を表現。しかし「想い」にこだわりなが...
    引用元: 墨集団翔Sho SUMI三人展

  • 2/2 自分のデザイングッズがノーリスクで作れる [男のこだわりグッズ ...

    モノとしてのクオリティも考えたサービス 実際に作ってみたブックカバー。 書家川尾朋子さんの作品をデザインしたもの ブックカバーは、写真の右側のカバーのように、文庫サイズのメモ帳に被せた状態で送られてきました。単にカバーだけで送られてくるよりも、何となく気持ち良くて、ガイド納富のブックカバーもこういう風にした方がいいのかも、と思いました。 ブックカバーの中はシンプルな構造。 ブックカバーの機能として見ると、サイズは固定であまり厚い本には対応しませんし、栞もなく、カバーと本との一体感もなく、ガイド納富オリジナルカバーに比べれば、まあ普通のブックカバーとしか言い様はないのですが、でも、価格を考えると、それなりという感じです。何より、結構手触りが良いのと、思った以上にプリントの質が高く、微妙な墨の表現を再現していたのは大したものだと思うのです。流石富士フィルムという感じでしょうか...
    引用元: 2/2 自分のデザイングッズがノーリスクで作れる [男のこだわりグッズ ...

  • 無彩 月眞院

    2010年6月14日 午後9時配信 無彩 月眞院 ネオンアーティスト安彦哲男さんと書家 川尾朋子さんの作品展「無彩」が高台寺塔頭 月眞院において始まっています。 すべての色が混ざれば、黒になる。すべての光が集まれば、白になる。白と黒が究極の表現方法のように感じた安彦さんの白と黒のネオンの光が庭に浮かび上がっています。室内では点と線を使ったモノクロの感覚世界を模索する川尾さんの書が独特の世界を醸し出しています。 歴史ある寺院での異なる2人のエネルギーが放つ白と黒の空間を感じて下さい。 無彩 ところ: 月眞院(東山区下河原町ねねの道沿い) とき: 6月12日(土)〜20日(日) 時間: 18時〜21時 拝観料: 500円 交通: 市バス「東山安井」下車
    引用元: 無彩 月眞院

  • 京町家駅舎で再出発 阪急嵐山駅で記念式典 : 京都新聞

    式典で同社の若林常夫常務は「四季折々の嵐山を感じてもらえるよう工夫した。京阪神からも観光に来てもらいたい」とあいさつ。京都を拠点に活動する書道家の川尾朋子さんが書いた駅名案内板を除幕した。
    引用元: 京町家駅舎で再出発 阪急嵐山駅で記念式典 : 京都新聞

  • リンク | 随筆 | 高潤生ホームページ

    ギャラリー 展覧会案内 随筆 教室案内 プロフィール リンク メール 書家祥洲の墨の世界 書家 大西美弥子 書と言葉の世界 書家 片岡正克のサイト atomosphere 書家 五十棲 環 書する時間- just be myself - 書家 川尾 朋子 website 書家 HILOKI 書の世界 書家 福田匠吾 The world of black andwhite かな篆刻 東方篆刻研究会 私の友人であり、現代書の代表作家である福田祥洲氏のサイトです。 書家大西美弥子さんのサイトです。 書家片岡正克さんのサイトです。 書家五十棲環さんのサイトです。 書家川尾朋子さんのサイトです。 書家HILOKIさんのサイトです。 書家福田匠吾さんのサイトです。 私の主宰する東方篆刻研究会の日々の活動を記したブログです。 トップページ 本サイト...
    引用元: リンク | 随筆 | 高潤生ホームページ

  • シッタカブリアンの午睡 変貌し続ける若手書家...「川尾朋子展 呼応」

    現代美術は面白い (341) ドキュメントDVD (51) 100円本雑読乱読 (33) 好きな装丁あれこれ (6) パフォーマンス見聞 (15) レコードジャケット (11) DANCE 4 ALL への道のり (8) 演劇ラボ 2011年夏の公演への道のり (42) ワークショップ・朗読 (8) TOY! TOY! TOY! (3) MUSIC (6) 追悼… (7) あっちこっち… (5) ?と思う事、!と思う事、◎と思う事 (37) 描きちらかし (3) つかの間なギタリスト (2) 未分類 (0)
    引用元: シッタカブリアンの午睡 変貌し続ける若手書家...「川尾朋子展 呼応」

  • artscape 展覧会レビュー 08年1月

    小吹隆文/福住廉/村田真/酒井千穂 12/7〜12/8 墨集団翔 Sho Sumi 三人展 遊離 12/1〜12/9 マキイマサルファインアーツ [東京] 新たな書の前衛たる「墨集団翔」の中心的な作家である川尾朋子、鈴木晶子、福西教之による三人展。皮膚アレルギーの触覚性を形象化しようとした川尾による墨のマチエールは複雑な重層性を描き、身体組織を顕微鏡で拡大したかのようなイメージを見せていた。 [12月7日(金) 福住廉] ヤノベケンジ展「トらやんの大冒険──ファンタスマゴリア」 12/7〜1/19 アートコートギャラリー [大阪] 今年8月に鹿児島県霧島アートの森で個展を行なった際に出版された絵本作品『トらやんの大冒険』の出版記念展。《トらやん》、直筆原画、ドキュメント写真、映像などに加え、新作の亀のシャンデリ...
    引用元: artscape 展覧会レビュー 08年1月

川尾朋子 の相関図を読込中

川尾朋子氏プロフィール6歳より書を学び,国内外で多数受賞。2004年より祥洲氏に師事し,書の奥深さに更に取り憑かれ,"書に生かされている"ことを強く感じる。古典に向きあう日々の中で,代表作である「呼応

スポンサードリンク