斎藤吉久の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 天皇の祈りはなぜ簡略化されたか 宮中祭祀の危機/斎藤吉久/著 本・コミック : オンライン書店e-hon

    斎藤 吉久 (サイトウ ヨシヒサ) 昭和31(1956)年,福島県生まれ。弘前大学,学習院大学を卒業後,総合情報誌編集記者などを経て,現在はフリー。オフィス斎藤吉久を主宰。得意分野は,天皇 皇室,宗教,歴史,食文化など。melma!から「誤解だらけの天皇 皇室」メールマガジンを発信中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
    引用元: 天皇の祈りはなぜ簡略化されたか 宮中祭祀の危機/斎藤吉久/著 本・コミック : オンライン書店e-hon

  • 斎藤 吉久:これまでの講演のご紹介など

    斎藤 吉久 このカテゴリへ戻る 【イメージを拡大】 150,000円(税込) (交通費・宿泊費の実費が別途必要。) 地域: 11-埼玉県 識別番号: g3408 お友達にお知らせする この人物のレビューを書く 担当者に質問する 日本で唯一の宗教ジャーナリスト。日本人の精神史の語り部です。天皇・皇室、宗教、歴史、食文化などに関するホットな話題を分かりやすくお話しします。 <お名前> 斎藤 吉久 <フリガナ> サイトウ・ヨシヒサ <講演料金> 150,000円(90分〜120分程度での目安)。ご相談に応じさせていただきます。 <肩書き> 宗教ジャーナリスト <専門分野・資格名称等> 天皇・皇室(皇位継承問題、女帝論)、宗教(靖国問題、カトリック指導者の政治的暴走)、歴史(近代神道史、東アジア近代史)、食...
    引用元: 斎藤 吉久:これまでの講演のご紹介など

  • 白酒と黒酒新嘗祭に捧げられる2種類の神酒

    斎藤吉久(さいとう・よしひさ) 1956年、福島県生まれ。弘前大学、学習院大学を卒業後、総合情報誌編集記者などを経て、現在はフリー。オフィス斎藤吉久を主宰。得意分野は、天皇・皇室、宗教、歴史、食文化など。雑誌「正論」平成19年9月号に「靖国問題を問い直す9つの視点」、同10月号に「昭和天皇の『不快感』は本当か」を執筆、同11月号では「信仰を忘れた聖職者たち」を木下量煕氏と共同執筆。最近の雑誌発表記事などは「斎藤吉久Webサイト」のアーカイヴズで読めます。
    引用元: 白酒と黒酒新嘗祭に捧げられる2種類の神酒

  • 講師 :斎藤 吉久

    講師名-斎藤 吉久 このカテゴリへ戻る 【イメージを拡大】 150,000円(税込) (交通費・宿泊費の実費が別途必要。) 地域: 11-埼玉県 識別番号: g3408 お友達にお知らせする この人物のレビューを書く 担当者に質問する 日本で唯一の宗教ジャーナリスト。日本人の精神史の語り部です。天皇・皇室、宗教、歴史、食文化などに関するホットな話題を分かりやすくお話しします。 <お名前> 斎藤 吉久 <フリガナ> サイトウ・ヨシヒサ <講演料金> 150,000円(90分〜120分程度での目安)。ご相談に応じさせていただきます。 <肩書き> 宗教ジャーナリスト <専門分野・資格名称等> 天皇・皇室(皇位継承問題、女帝論)、宗教(靖国問題、カトリック指導者の政治的暴走)、歴史(近代神道史、東アジア近代...
    引用元: 講師 :斎藤 吉久

  • 大試験期間中は斎藤吉久先生推薦・拙著ブログ本店をどうぞ - フィリピンの医学教育

    大試験期間中は斎藤吉久先生推薦・拙著ブログ本店をどうぞ 2010-10-17 23:00:41 | お知らせ&連絡先:メール&スカイプ 日本の天皇・皇室問題研究の第一人者である斎藤吉久先生のメールマガジンによって拙著ブログ本店がご紹介と推薦を受けております。こちらも併せてどうぞよろしくお願いします。「9、Dr.Mori Without Borders」がそれであります。 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ お勧めメルマガ&ブログ □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ 1、達南整体療術院・2代目の日記「飯野さ、来らんしょ、良いとごだゾィ」 http://pub.ne.jp/banky/ 2、軍事情報[まぐまぐ!] http://www.mag2.com/m/0000049253.html 3、花岡信昭メールマガジン ht...
    引用元: 大試験期間中は斎藤吉久先生推薦・拙著ブログ本店をどうぞ - フィリピンの医学教育

  • 今月の識者 - 黒岩政経研究所

    宗教ジャーナリスト 斎藤 吉久氏 <略歴> 昭和31(1956)年、福島県生まれ。弘前大学、学習院大学卒業。 オフィス斎藤吉久を主宰。雑誌「正論」平成19年10月号に「昭和天皇の『不快感』は本当か」を執筆、 11月号に「信仰を忘れた聖職者たち」を木下量煕氏と共同執筆。 別冊「正論」第9号(平成20年2月18日発売)には「靖国合祀『日韓のすれ違い』」が掲載されています。 <編集部注> 人形町サロン創刊号に研究ノートを寄稿下さった斎藤氏が「今月の識者」として再登場です。 同氏主宰の「誤解だらけの天皇・皇室」メールマガジンをmelma!から発信しています。 ぜひ読者登録(無料)をお願いします。 http://www.melma.com/backnumber_170937/
    引用元: 今月の識者 - 黒岩政経研究所

  • 天皇の祈りはなぜ簡略化されたか 宮中祭祀の危機/斎藤吉久/著本 ...

    天皇の祈りはなぜ簡略化されたか 宮中祭祀の危機 斎藤吉久/著 出版社名 : 並木書房 出版年月 : 2009年2月 ISBNコード : 978-4-89063-239-8 ( 4-89063-239-5 ) 税込価格 : 1,785円 頁数・縦 : 267P 19cm 出荷の目安 : 通常1~2日で出荷します 商品の内容 [要旨] 天皇陛下ご在位二十年の佳節に、宮内庁は宮中祭祀の「調整」を発表した。ご健康への配慮、ご負担軽減との説明だが、なぜ天皇第一のお務めである祭祀が狙い撃ちにされるのか?千年以上も国と民のために祈り続けられてきた天皇の伝統が、いま断絶の危機を迎えている。政教分離の名のもとに側近らが祭祀を破壊してきた知られざる歴史を検証する。 [目次] 序章 稲作をなさる世界で唯一の君主;第1章 繰り返される祭祀の形骸化;第2章 ...
    引用元: 天皇の祈りはなぜ簡略化されたか 宮中祭祀の危機/斎藤吉久/著本 ...

  • 天皇の祈りはなぜ簡略化されたか: 紀伊國屋書店BookWeb

    斎藤吉久 [サイトウヨシヒサ] 昭和31(1956)年、福島県生まれ。弘前大学、学習院大学を卒業後、総合情報誌編集記者などを経て、現在はフリー。オフィス斎藤吉久を主宰。得意分野は、天皇・皇室、宗教、歴史、食文化など。melma!から「誤解だらけの天皇・皇室」メールマガジンを発信中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
    引用元: 天皇の祈りはなぜ簡略化されたか: 紀伊國屋書店BookWeb

  • 美しき世の面影:「斎藤吉久の天皇学研究所」にご参加、ご支援を!! by ...

    斎藤吉久のメルマガ「誤解だらけの天皇・皇室」からの転載です。 斎藤さんは、あの葦津さんと交流があったそうです。 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ 平成23年4月11日発行 vol.182 □□───────────────────────────────□□ 斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」 (「斎藤吉久の天皇学研究所」メールマガジン) □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ 途中省略 2 「斎藤吉久の天皇学研究所」にご参加、ご支援を!! by 斎藤吉久 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
    引用元: 美しき世の面影:「斎藤吉久の天皇学研究所」にご参加、ご支援を!! by ...

  • About 斎藤吉久

    1956(昭和31)年、福島県生まれ。 弘前大学、学習院大学を卒業後、雑誌編集記者などを経て、ライターとなる。オフィス斎藤吉久を主宰。 得意とするジャンルは、天皇・皇室、宗教、歴史、食文化など。 最近の主な記事・論文は以下の通りです。 「 宮内庁長官『苦言』騒動に思う 」(「明日への選択」平成20年4月号) 「日本人が大切にしてきた多神教文明の価値」 (「人形町サロン」平成20年3月5日) 「靖国合祀『日韓のすれ違い』」(「別冊正論」Extra.09、平成20年2月18日発行) 「信仰を忘れた聖職者たち」 (「正論」2007年11月号、木下量煕氏との共著) 「昭和天皇の『不快感』は本当か」 (『正論』2007年10月号) 「靖国問題を問い直す9つの視点」 (「正論」2007年9月号) 「ふたたびキリスト者への手紙」 (「正論」2007年6月号) 「キリスト者への手紙」 (「正論」2007年...
    引用元: About 斎藤吉久

  • 斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」 - 軍事情報

    斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」 OGK ( 2007年10月23日 23:26) | 個別ページ | トラックバック(0) 先週の今日のことです。 とても哀しいニュースを見ながら、 「神話教育を無視した戦後教育は、民族の魂からうるおいを奪い、かさかさした人間を生み出す仕組みに成り下がった。 年代を下がるごとに少なくなる皇室、神道に関する国民の知識・常識・感覚が、戦後日本人の精神を荒廃させている根源なのではないか」 と思っていたところ、 並木書房の奈須田さんから、「こういうメールマガジンがあります」とのメールをいただきました。 なんとも不思議な偶然に驚きました。 まずはこれを見てください。 「メルマガ発行の趣旨 日本のように君主制を採用する国は世界的に少なくありませんが、神話の世界につながるほど古い歴史を持ち、国の歴史とともに、1つの王朝が連綿と続いているのは日本の天皇しかありません。...
    引用元: 斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」 - 軍事情報

  • 頬白親父の一筆啓上 : 「王」? - livedoor Blog(ブログ)

    < ブログの紹介『斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」』 ヨハネ・パウロ二世も > 2007年11月27日 00:30 カテゴリ カトリック 愛する祖国【日本】 「王」? 「王」について、少し調べてみた。 現在、我が日本には「王殿下」はいらっしゃらないようである。 皇室典範では、第2章に「皇族」との章を設け、皇族の定義を第5条に定めている。 「第5条 皇后、太皇太后、皇太后、親王、親王妃、内親王、王、王妃及び女王を皇族とする。」 そして、「王」とは、次条第6条は、次のように定めている。 「第6条 嫡出の皇子及び嫡男系嫡出の皇孫は、男を親王、女を内親王とし、三世以下の嫡男系嫡出の子孫は、男を王、女を女王とする。」 つまり、「王」とは、「三世以下の嫡男系嫡出の子孫」のこと。 具体的には、
    引用元: 頬白親父の一筆啓上 : 「王」? - livedoor Blog(ブログ)

  • 頬白親父の一筆啓上 : 王であるキリスト - livedoor Blog(ブログ)

    < Jリーグディビジョン1第33節 ブログの紹介『斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」』 > 2007年11月25日 22:45 カテゴリ カトリック 愛する祖国【日本】 王であるキリスト 11月25日の日曜日。我らがカトリックでは『王であるキリスト』のミサが捧げられた。 「王」については、ヨハネ福音書では、ピラトからの尋問への主イエスのお答えを伝えている。 「そこで、ピラトはもう一度官邸に入り、イエスを呼び出して、『お前がユダヤ人の王なのか』と言った。イエスはお答えになった。『あなたは自分の考えで、そう言うのですか。それとも、ほかの者がわたしについて、あなたにそう言ったのですか。』ピラトは言い返した。『わたしはユダヤ人なのか。お前の同胞や祭司長たちが、お前をわたしに引き渡したのだ。いったい何をしたのか。』イエスはお答えになった。『わたしの国は、この世には属していない。もし、わたし...
    引用元: 頬白親父の一筆啓上 : 王であるキリスト - livedoor Blog(ブログ)

  • 斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」 - メルマ!

    発行者プロフィール http://www.namiki-shobo.co.jp 日本人の精神史の語り部、日本で唯一の宗教ジャーナリスト。「斎藤吉久の天皇学研究所」代表。著書に『天皇の祈りはなぜ簡略化されたか』など。 過去の発行記事 2010年 (56) 2009年 (51) 2008年 (57) 2007年 (12) 2011/7/3 2011/5/15 2011/5/11 2011/5/7 2011/5/6 2011/5/5 2011/5/5 2011/5/3 2011/4/26 2011/4/17 2011/4/11 2011/4/6 2011/4/4 2011/4/1 2011/3/31 2011/3/27 2011/3/19 2011/3/10 2011/3/3 2011/3/2 2...
    引用元: 斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」 - メルマ!

  • 斎藤吉久メールマガジンNo.183「朝鮮語抹殺政策と漢字抹殺政策 ...

    斎藤吉久メールマガジン No.183[March 14, 2007] ◆以下の記事について、評価のほどをよろしくお願いします。 評価のフォームはこのメルマガの末尾にあります。高めの点数をつけていただけるとたいへんうれしいです。 また、友人・知人の方にも購読をおすすめいただければありがたいです。 斎藤吉久のブログから「朝鮮語抹殺政策と漢字抹殺政策」 朝鮮日報が韓国の国語学者・李煕昇氏の自叙伝を紹介しています。 http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2007031402688 李煕昇氏は日本による朝鮮語抹殺政策のシンボルといわれる1942年の朝鮮語学会事件の渦中の人です。 昭和13年の第三次朝鮮教育令によって朝鮮半島ではそれまでとは異なり、内地人と朝鮮人が机を並べて勉強できるようになりました。一方で、朝鮮語が「必修」から...
    引用元: 斎藤吉久メールマガジンNo.183「朝鮮語抹殺政策と漢字抹殺政策 ...

  • 頬白親父の一筆啓上 : 宗教ジャーナリスト斎藤吉久氏ブログ ...

    2007年04月05日 23:44 カテゴリ カトリック 日記 宗教ジャーナリスト斎藤吉久氏ブログ 自分からの情報を宗教ジャーナリスト斎藤吉久氏がご自身設置されているブログで紹介してくださいました。 http://web.mac.com/saito_sy/iWeb/SAITO%20Yoshihasa%20Website/08D5FC1D-C6C9-11DA-B337-000A95D44250/A9D5ABF8-E31A-11DB-9130-000A95D44250.html kasahara_7524 コメント( 0 ) トラックバック( 0 ) トラックバックURL コメントする 名前 メール URL 情報を記憶 評価 -- 1(最低) 2 3 4 5(最高) 顔 星
    引用元: 頬白親父の一筆啓上 : 宗教ジャーナリスト斎藤吉久氏ブログ ...

  • 女性天皇が認められない理由男系が維持してきた無私なる祈りの連鎖:イザ!

    斎藤吉久のイザ! ブログ 日本人の精神史の語り部、斎藤吉久が独自の視点で天皇・皇室、宗教、歴史に関するニュースを取り上げます。 トップ ブログ コメント ブックマーク お気に入りRSS ジャンル: izasaitoさん 日本人の精神史の語り部、日本で唯一の宗教ジャーナリスト、斎藤吉久(さいとう・よしひさ)です。 「斎藤吉久メールマガジン」「誤解だらけの天皇・皇室」をmelma!から発信中。 斎藤吉久Webサイト ブログランキング 【全体】 631位/23,660人中 【世界から】 44位/872人中 最新ブログエントリ 国会図書館の納本漏れと両陛下の被災地御訪問 今日、被災地福島を訪問される陛下──土日返上で国民を励まされ… ルーツは1つではない──日本語の起源は朝鮮半島にある? 「避難区域」設定はどこまで科学的なのか──このままでは被災地… ...
    引用元: 女性天皇が認められない理由男系が維持してきた無私なる祈りの連鎖:イザ!

  • 特集

    2008年10月29日 ご皇室と宮中祭祀について考える - 日本人が認識するべき原点と変遷 ■ 本日のニュース Pick Up ■ ご皇室と宮中祭祀について考える - 日本人が認識するべき原点と変遷 皇室ジャーナリストの斎藤吉久氏をお迎えし、昨今、ご皇室の在り様について活発な議論が交わされている中、廃止の検討さえも見られるようになってきた「宮中祭祀」について、そもそも祭祀とは、そして天皇とは何なのかという原点から、戦後における祭祀の変遷と「破壊」の過程などにも触れていただきながら、じっくりとお話を伺います。 ◆ VTR : 平成20年 靖國神社春季例大祭 勅使参向 [平成20年4月22日] 斎藤吉久 皇室ジャーナリスト 1956(昭和31)年 福島県生まれ。弘前大学、学習院大学を卒業後、総合情報誌『選択』編集記者などを経て、ライターとなる。オフィ...
    引用元: 特集

  • ミリタリー/読み物

    斎藤吉久=著 四六判並製 268ページ 発行日 :2009.01.25 最新版 :2009.01.30 本体価格 ¥1700 税込価格 ¥1785 今上陛下は即位後、祭祀の正常化に努められましたが、ご即位20年を前にして、側近らによる破壊がふたたび始まりました。昭和の時代と同様、ご高齢、ご健康問題が理由とされていますが、真因は誤った政教分離の考え方、そして日本の多神教文明の価値を見誤っていることにあります。まさに宮中祭祀は危機のときを迎えているといわざるを得ません。天皇の祭祀が日本の多神教文明の中心であれば、なおのことです。側近たちは取り返しのつかないことをしています。(本文より)
    引用元: ミリタリー/読み物

斎藤吉久 の相関図を読込中

斎藤 吉久 (サイトウ ヨシヒサ) 昭和31(1956)年,福島県生まれ。弘前大学,学習院大学を卒業後,総合情報誌編集記者などを経て,現在はフリー。オフィス斎藤吉久を主宰。得意分野は,天皇 皇室,宗

スポンサードリンク