木村辰彦の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 木村辰彦 花 F8 油彩 梅野記念館 商品詳細 油絵、絵画、版画、日本画、水彩画の販売ならギャラリーエコール

    木村辰彦 花 F8 油彩 梅野記念館 元額,*1916年 東京生まれ,都立中学を中退,二科技塾に学ぶ,安井曽太郎に師事,1938年 一水会に出品,1941年 岡田賞受賞,1946年 一水会会員,1943年 文展無鑑査,1973年 歿,享年57歳, *梅野記念館,安曇野市豊科近代美術館他収蔵,※こちらの商品は0円と表示されておりますが,お値段はお問い合わせ下さいませ 木村辰彦 花 F8 油彩 梅野記念館 販売価格: 0円(税込) 在庫:1 返品についての詳細はこちら この商品をつぶやく この商品について問い合わせる 友達にメールですすめる この商品のURLを携帯に送る
    引用元: 木村辰彦 花 F8 油彩 梅野記念館 商品詳細 油絵、絵画、版画、日本画、水彩画の販売ならギャラリーエコール

  • http://www.issuikai.org/about/history/013.html

    小史昭和26年 第13回 会員優賞 木村辰彦、鈴木良三 会員佳作賞 高橋貞一郎、小竹義夫(S賞) 一水会賞 早出守雄、中谷龍一 一般佳作賞 西教白洋(雄鶏社賞)、岡勇(プールブー賞)、越智宗茂(F賞) 会員推薦 大津鎮雄、上田哲農、酒見恒平、高森捷三、高見耿太郎、関戸伊三郎、安藤軍治、宮部進一水会とは 会の創立など 創立者プロフィール 物故芸術院会員 運営委員プロフィール 一水会によせて 小史 第1 - 30回 第31 - 60回 第61 - 回
    引用元: http://www.issuikai.org/about/history/013.html

  • http://blog.goo.ne.jp/artsalonchikuma/e/05f5f2772ed05d39ab9b6283f8fe9931

    木村辰彦展と秋の芸術村に行きました2012-09-20 16:15:05カテゴリー: 或る日の出来事 コメント0 Twitter0 Facebook5 はてなブックマーク0さわやかな秋風がとても爽快でした梅野隆さんの少し早目のお彼岸に合わせて墓参りも出来ました。ジャンル:ウェブログあわせて読む 久々の大雪の一日でした 大雪のどんどん焼き 初詣は氏神様の武水別神社 「きゃ〜きもちわる〜い」 これが「トントン」です。 八幡宮の中秋祭の花火「トントン」 ブログ始めました mixiチェック Tweet « ブログ始めました 八幡宮の中秋祭の花火「トントン」 »人気記事 浅見松瑩をご存知か? 明けましておめでとうございます。 白山卓吉をご存知か? 「渡辺文平」をご存知か? 地元小学生の手作り灯籠、今年も活躍中 亀井玄兵衛ご存知か? 無憂樹の作品 森獏郎 「古来稀なる2012展」開催中  16日(日)...
    引用元: http://blog.goo.ne.jp/artsalonchikuma/e/05f5f2772ed05d39ab9b6283f8fe9931

  • http://www.tobunken.go.jp/japanese/bukko/1973.html

    木村辰彦 (洋) 昭和48年11月13日没  一水会会員の洋画家、木村辰彦は、11月13日、死去した。木村辰彦は、大正5年(1916)9月6日、東京、銀座に生まれ、昭和8年(1933)東京都立第四中学校を四学年で中途退学し、二科会美術研究所に入所、同12年以降は安井曽太郎に師事し、昭和13年一水会展に初入選、以後、毎回出品、昭和16年には岡田賞を受賞した。昭和18年文展無鑑査となった。
    引用元: http://www.tobunken.go.jp/japanese/bukko/1973.html

  • http://art-douraku.seesaa.net/article/289706815.html

    長野県東御市(とみし)にあります、梅野記念絵画館にて9/23日まで開催です。木村辰彦展も同期間に開催です。以前から興味のある美術館で、やっと来る機会が作れました。車で行ったのですが、土地感の無い私には非常に分かりにくい道程でやっとこさ辿りついた感も手伝って嬉しさもひとしおでした。興味を持ったのは、梅野隆さんのお父様、梅野満男さんが青木繁•坂本繁二郎の同郷の友人であり、青木繁がまだ名の知れない頃からのパトロンであったという話を聞いてからです。梅野隆さんご自身も、定年まで会社勤めをし、その後退職金を元手にしての蒐集活動が始まります。素晴らしい作品を作っているのに、正当に評価されず埋もれている作家を発掘、蒐集し、研究する活動でした。そんな訳で美術館巡り好き程度の私の知識では、今回の展示会、初めて聞く作家の方ばかり。それでも作品一つ一つがとても輝いて見えたのは、キャプションに書かれた梅野さんの「な...
    引用元: http://art-douraku.seesaa.net/article/289706815.html

木村辰彦 の相関図を読込中

木村辰彦 花 F8 油彩 梅野記念館 元額,*1916年 東京生まれ,都立中学を中退,二科技塾に学ぶ,安井曽太郎に師事,1938年 一水会に出品,1941年 岡田賞受賞,1946年 一水会会員,194

スポンサードリンク