本山一夫の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • http://toshibabookplace.booklive.jp/product/index/title_id/40001960/vol_no/009

    新時代の分子標的-マイクロRNAの可能性-作者名:井上裕 / 本山一夫 / 森正樹ジャンル:医学系専門誌 / 医学全般出版社:メディカルレビュー社ページ数:5ページ販売開始日:2013年04月17日 Tweet パソコン Android DB50作品内容マイクロRNAは22塩基の小RNA分子でありタンパクをコードしない新しいタイプの核酸である。2000年以降、多くのマイクロRNAがヒトをはじめとする多くの生物種で知られるようになり、現在ヒトでは885個のマイクロRNAが知られている。発生や発癌といった重要な生物機能に関与することが知られており、幹細胞における機能も報告されるようになった。本稿では、マイクロRNAの歴史と注目を集めるに至った過程、さらには癌に関連するいくつかのマイクロRNAについて紹介し、分子標的としての可能性について論ずる。続きを見る閉じる
    引用元: http://toshibabookplace.booklive.jp/product/index/title_id/40001960/vol_no/009

本山一夫 の相関図を読込中

新時代の分子標的-マイクロRNAの可能性-作者名:井上裕 / 本山一夫 / 森正樹ジャンル:医学系専門誌 / 医学全般出版社:メディカルレビュー社ページ数:5ページ販売開始日:2013年04月17日

スポンサードリンク