本田宗一郎の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 本田宗一郎 - Wikipedia

    本田 宗一郎(ほんだ そういちろう、1906年(明治39年)11月17日 - 1991年(平成3年)8月5日)は、日本の実業家、技術者。本田技研工業(通称:「ホンダ」)の創業者。 1906年(明治39年) - 11月17日、静岡県磐田郡光明村(現在の浜松市天竜区)で鍛冶屋をしていた本田儀平と妻みかの長男として生まれる。 1913年(大正2年) - 光明村立山東尋常小学校(現在の浜松市立光明小学校)に入学。在校中に自動車を初めて見る。浜松町和地山練兵場でアート・スミスの曲芸飛行を見学に行き、飛行機を初めて見るなどの経験をする。 1919年(大正8年) - 二俣町立二俣尋常高等小学校(現在の浜松市立二俣小学校)入学。 1922年(大正11年) - 高等小学校卒業、東京市本郷区湯島(現在の東京都文京区湯島)の自動車修理工場「アート商会」(現在のアート金属工業)に入社(当時の表現で「丁稚奉...
    引用元: 本田宗一郎 - Wikipedia

  • セブン&アイのセブンネットショッピング - 書籍 - 本田宗一郎 ...

    本田 宗一郎(ホンダ ソウイチロウ) 1906(明治39)年、静岡県磐田郡光明村に生まれる。高等小学校卒業後、自動車修理工としての修業を経て、28(昭和3)年、浜松市にアート商会浜松支店を開く。37年、東海精機工業を設立。終戦翌年の46年、本田技術研究所を創設して二輪車の製造を開始。48年には本田技研工業を設立、社長となる。1961(昭和36)年、自ら研究部門の陣頭指揮をとり、二輪車の世界グランプリレースを制覇。64年、四輪車のF1レースに日本勢として初挑戦。66年には、二輪車グランプリレースで史上初の5種目完全制覇を達成、世界一の二輪車メーカーの地位を不動のものとする。1973(昭和48)年、本田技研工業社長を退任、取締役最高顧問となってその見事な引き際が脚光を浴びる。89(平成元)年、日本人として初めて米国の自動車殿堂入りを果たす。1991(平成3)年8月、逝去。享年84歳
    引用元: セブン&アイのセブンネットショッピング - 書籍 - 本田宗一郎 ...

  • 本田宗一郎

    本田宗一郎 明治39年11月17日 静岡県生まれ 大正11年 16歳にして丁稚奉公で東京の自動車修理工場に入社。 昭和3年 22歳にして浜松に「アート商会浜松支店」開業。 昭和9年 東海精機として製造部門を独立、ピストンリング製造のため独学を決心。 30歳ながらも翌年から浜松高工に聴講生として通学。 昭和12年 ピストンリング製造に成功。関連した数々の特許も取得。 ピストンリング製造が軌道に乗る。 昭和20年 大地震により工場倒壊、東海精機を会社ごとトヨタに売却、浪人生活を送る。どぶろく作りなども楽しむ。 昭和21年 終戦後の焼け野原にころがるエンジンを拾い集め自転車に取り付けて販売、大ヒットとなる。 昭和23年 本田技研工業設立 昭和24年末 藤沢武夫 を迎え入れ東京進出を決心 昭和25年 東京進出、27年には本社も浜松から移転。ドリーム号、カブ号が大ヒット 昭和29年 藤沢...
    引用元: 本田宗一郎

  • 本田宗一郎

    本田宗一郎 ほんだ そういちろう HONDA Soichiro 1906-1991 静岡県磐田郡光明村(現在の天竜市)に生まれる。 一代で世界のホンダを造り上げた自動車技術者。 経歴と業績 高等小学校を卒業、1939年浜松高等工業学校機械科中退、成功してのち、アメリカのミシガン工科大学、オハイオ州立大学、フランスのエクス・マルセイユ第三大学、イギリスのクランクフィールド工科大学などから名誉学位を得る。生前勲一等瑞宝章、レジオン・ド・ヌール・オフィシエ勲章(フランス)、グラン・オフィシエ勲章(ベルギー)などを受賞、逝去にあたって勲一等旭日大綬賞を贈られる。 高等小学校を卒業後、1922年自動車修理業のアート商会に就職、1928年浜松アート商会を設立、1937年東海精機重工業株式会社と社名を変更し社長となる。1933年に自動車に挑戦し始めた豊田自動織機...
    引用元: 本田宗一郎

  • 本田宗一郎の名言・格言|学歴よりも愛される術を得よ

    本田宗一郎の名言・格言|学歴よりも愛される術を得よ 人間にとって大事なことは、学歴とかそんなものではない。他人から愛され、協力してもらえるような徳を積むことではないだろうか。そして、そういう人間を育てようとする精神なのではないだろうか。 Sponsored Links 株式・為替・トレードなどの投資家やお金のプロたちの言葉を紹介しています。 このページをソーシャルサイトで紹介する。 本田宗一郎のプロフィール 【本田宗一郎 ほんだ・そういちろう】日本の実業家、技術者。1906年、静岡県生まれ。自動車メーカーのホンダ創業者。高等小学校卒業後、東京・本郷区湯島の自動車修理工場「アート商会」入社。6年勤務後、のれん分けの形で浜松市に支店を設立して独立した後、「東海精機重工業株式会社」(現・東海精機株式会社)の社長に就任するが、三河地震により東海精機重工業浜松工場が倒産。同社を退社。その後、浜松市...
    引用元: 本田宗一郎の名言・格言|学歴よりも愛される術を得よ

  • 名誉市民/本田宗一郎

    ●●●本田宗一郎 ◆名誉市民になられた日 平成2年12月1日 ◆生年月日 明治39年11月17日 ◆没年月日 平成3年8月5日(享年84歳) ◆略歴 大正11年4月 アート商会入社 昭和3年4月 浜松アート商会設立 昭和12年4月 東海精機重工業株式会社設立 昭和21年10月 本田技術研究所設立 昭和23年9月 本田技研工業株式会社設立 昭和48年10月 本田技研工業株式会社取締役最高顧問 昭和58年10月 本田技研工業株式会社終身最高顧問 ※このほか、各種民間団体役員、公職などを歴任。 ◆功績 昭和23年9月に本田技研工業株式会社を設立。昭和35年4月から本田技研工業株式会社鈴鹿製作所の操業を始められ、本市における産業の振興に大いに貢献されるなど、市勢の発展を支える原動力となりました。また、「鈴鹿の道は世界に通ず」という理念の下、「く...
    引用元: 名誉市民/本田宗一郎

  • 名誉市民/本田宗一郎

    ●●●本田宗一郎 ◆名誉市民になられた日 平成2年12月1日 ◆生年月日 明治39年11月17日 ◆没年月日 平成3年8月5日(享年84歳) ◆略歴 大正11年4月 アート商会入社 昭和3年4月 浜松アート商会設立 昭和12年4月 東海精機重工業株式会社設立 昭和21年10月 本田技術研究所設立 昭和23年9月 本田技研工業株式会社設立 昭和48年10月 本田技研工業株式会社取締役最高顧問 昭和58年10月 本田技研工業株式会社終身最高顧問 ※このほか、各種民間団体役員、公職などを歴任。 ◆功績 昭和23年9月に本田技研工業株式会社を設立。昭和35年4月から本田技研工業株式会社鈴鹿製作所の操業を始められ、本市における産業の振興に大いに貢献されるなど、市勢の発展を支える原動力となりました。また、「鈴鹿の道は世界に通ず」という理念の下、「く...
    引用元: 名誉市民/本田宗一郎

  • 本田宗一郎氏の略歴と参考文献 - <日本起業家研究会>

    本田宗一郎(ほんだそういちろう) ▼ 略歴 1905年 (明治38年) 静岡県生まれ。 1922年 17歳 高等小学校卒業後、東京の自動車修理工場アート商会入社。 1928年 23歳 アート商会浜松支店を掲げ独立。 1934年 29歳 東海精機設立。 1935年 30歳 浜松高等工業学校機械科(現静岡大学工学部)の聴講生。 1945年 40歳 東海精機をトヨタに売却。 1946年 41歳 本田技術研究所創設。 1948年 43歳 本田技研工業設立。 1955年 50歳 二輪車生産国内第一位に。 1962年 57歳 軽四輪発表。 1965年 60歳 F1初優勝。 1973年 68歳 社長退任。最高顧問に。 1980年 75歳 1兆円企業に。 1986年 81歳...
    引用元: 本田宗一郎氏の略歴と参考文献 - <日本起業家研究会>

  • 本田宗一郎 - Yahoo!百科事典

    本田宗一郎(ほんだそういちろう) [ 日本大百科全書 ( 小学館 ) ] (1906―1991) 実業家。静岡県生まれ。1922年(大正11)高等 小学校 を卒業し、東京・湯島の 自動車 修理工場東京アート商会に徒弟奉公して、自動車の修理技術を身につける。1946年静岡県浜松市に本田技術研究所を創設し、 内燃機関 、車両の製造研究を始める。1947年原動機付自転車用 エンジン 「ホンダA型」を生産、1948年同社を本田技研工業と改め、 オートバイ のエンジンと車体の一貫生産を開始、1955年国内生産1位となる。1963年軽 トラック と小型 スポーツカー を発表、1973年アメリカの マスキー法 ( 大気汚染防止法 )に合格した低公害エンジン「CVCC」搭載の「シビック」を発売、大当たりして 会社 の基盤固めに成功する。1959年から同社オートバイによる国際 レース に 参加 、1964年...
    引用元: 本田宗一郎 - Yahoo!百科事典

  • ホンダ テクニカル カレッジ 関西|ミュージカル「本田宗一郎物語」

    本田宗一郎氏は、明治39年(1906年)現在の静岡県浜松市天竜区に生まれ、天竜の豊かな自然の恵みと鍛冶屋を営む両親の強い影響を受けながら育ち、16歳の時自分の好きなものづくりの道を目指して東京のアート商会に就職しました。その後、幾多の困難に遭遇しましたが常に大きな夢を抱いてその実現を喜びとして、世界をリードする自動車メーカーを一代で築きあげました。 ミュージカル「本田宗一郎物語」は、好奇心の強かった宗一郎の少年時代の数あるエピソードを基に両親と離れて東京へ巣立つまでを、宗一郎のふるさとである天竜の子供たちが演じます。 本田宗一郎氏の生涯にわたる「ものづくりの精神」や、人を引き付けてやまない「人となり」の原点となった少年時代を描いたミュージカルから、常に夢を抱くことの素晴らしさ、ふるさとや家族のありがたさ、ものづくりの大切さをかんじとっていただければと思います。 開催日時 平成21年8...
    引用元: ホンダ テクニカル カレッジ 関西|ミュージカル「本田宗一郎物語」

  • 本田宗一郎(ほんだそういちろう) - 講師紹介 - 日本経営合理化協会AV局

    本田技研工業社長 本田宗一郎 (ほんだそういちろう) 世界的に知られる、戦後日本を代表する技術者型経営者。修理工から一代で会社を世界企業に伸し上げる。 明治39年静岡県生まれ。高等小学校卒業後上京して自動車修理工場で丁稚奉公。22才で独立。28才のとき東海精機を設立。 昭和23年、本田技研工業を創設。オートバイの傑作を次々に作り二輪車で世界最大の企業に育てあげる。小型車にも独自の技術を誇り、低公害エンジンではマスキー法(米国の自動車排気ガス規正法)にもCVCCエンジンを開発、合格し、「技術のホンダ」をいかんなく発揮。創業25周年を迎えると共に社長業を退く。 絶頂期に社長の座を去り、引退を決めた理由を本田氏は以下のように語っている。「CVCCエンジンの開発に際し、私はアメリカのビッグ3に並ぶ絶好の機会だと言った。しかし、その時若い人々から『自分たちは会社のためにやっているのでは...
    引用元: 本田宗一郎(ほんだそういちろう) - 講師紹介 - 日本経営合理化協会AV局

  • 本田宗一郎

    ■ 『本田宗一郎の哲学』 人生はもろ手に帆をあげて生きよ 梶原一騎著 PHP研究所 237page ISBN4569621031 2002/03/27出版 ¥ なぜホンダは勝ち続けるのか?同族経営の否定、鮮やかな引退、財テクとは無縁、技術一本で勝負!本田宗一郎研究の第一人者が描くホンダイズムの原点ここにあり。 序章 ホンダイズムの原点 第1章 語録・本田宗一郎の哲学 第2章 自由奔放な人生 第3章 人の心をつかむ天才 第4章 パートナー藤沢武夫の哲学 第5章 幸福な男の最期 ホンダの創業者に学ぶ自分らしく生きる知恵 。 企業の目的とは? 技術者の使命とは? 逆境の乗り切り方とは? ホンダの創業者にして戦後を代表する経営者が遺した珠玉の言葉。 従業員12万人、連結売上高7兆円超、経常利益5000億円を超える世界企業「本田技研」が産声を上げたのは昭和23年。創業者・本田宗一郎...
    引用元: 本田宗一郎

  • 本田宗一郎 夢を力に 日経ビジネス人文庫 オレンジ ほ 1−1 私の履歴 ...

    本田宗一郎 夢を力に 日経ビジネス人文庫 オレンジ ほ 1-1 私の履歴書 本田 宗一郎 著 2001年7月 日本経済新聞社出版局 文庫判 269頁 通常24時間以内発送 価格:680円(税込) ☆☆☆☆☆ ISBN:9784532190699 つねに独創的技術を追求し続けた希代の実業家・本田宗一郎。彼が前半生を回顧した日経新聞連載「私の履歴書」に大幅加筆し、その魅力あふれる生きざまと思想を紹介する。後半部には「本田宗一郎語録」も収録。 第一部 私の履歴書 1 浜松在の鍛冶屋に生まれる 2 自動車修理工場に見習い奉公 3 若者と二人で「浜松支店」 4 ピストンリング製造に苦闘 5 バイクからオートバイ造りへ 6 東京に進出、初の4サイクル 7 借り着で藍綬褒章を受ける 8 不況下に不眠不休で代金回収 9 国...
    引用元: 本田宗一郎 夢を力に 日経ビジネス人文庫 オレンジ ほ 1−1 私の履歴 ...

  • 本田宗一郎『俺の考え』|新潮社

    本田宗一郎 / 著 「私たちの会社が一番大事にしているのは技術ではない」日本の自動車エンジンを世界的技術にまで高めたHONDAの創業者、本田宗一郎が爽やかに率直に仕事のエッセンスを語ります。景気の善し悪しを超えて“本物”を生むためのヒントの数々〈技能よりアイデアを〉〈責任回避会議を開くな〉〈「甘い記憶」を叩き出せ〉〈試す人になれ〉等々、一読すれば元気百倍、天才技術者の肉声エッセイ集。 発行形態 : 新潮文庫 判型 : 新潮文庫 ISBN : 978-4-10-146111-3 C-CODE : 0134 整理番号 : ほ-10-1 ジャンル : 経済・産業・労働 ビジネス・経営 発売日 : 1996/04/25 420 円...
    引用元: 本田宗一郎『俺の考え』|新潮社

  • 社長タイプ詳細 - 本田宗一郎タイプ - 社長名鑑| 社長の価値観から ...

    本田宗一郎社長タイプ 本田技研工業創業者 1906年 1991年 1906年、静岡県磐田郡(現在の静岡県浜松市)の鍛冶屋の長男として生まれる。小学校時代、初めて自動車を見た際に強い憧れを抱いたのをきっかけに、1928年、自動車修理工場アート商会に奉公する。のれん分けによる独立を経て、1946年、現在の本田技研工業の基となる本田技術研究所を設立。二輪車レースやF1での世界制覇、世界初の本格二足歩行ロボット「ASIMO(アシモ)」の開発など、「技術のホンダ」としての地位を築き上げた。 本田宗一郎は、4サイクルエンジンの製造を始めたばかりの1954年、当時のオートバイレースの最高峰、イギリスのマン島ツーリング・トロフィーレースの参戦を表明し、わずか7年後に初優勝している。そんな本田のように、このタイプの人も世の中の常識にとらわれることなく、周囲の反対を押し切ってでも自身の信じた道を突...
    引用元: 社長タイプ詳細 - 本田宗一郎タイプ - 社長名鑑| 社長の価値観から ...

  • 【本田宗一郎・生誕100年】 人は誰ひとりとして自分をあきらめては ...

    【本田宗一郎・生誕100年】 人は誰ひとりとして自分をあきらめてはならない 『俺の考え』で読み解く思想とメッセージ(その3) 木内 一朗 【 プロフィール 】 バックナンバー 2006年11月20日(月) 1/4ページ はてな Tweet mixiチェック シェア 本田宗一郎(以下:宗一郎 敬称略)シリーズの第3回目。今回も1枚の図から始まります。 この1枚の図は、本田宗一郎著の『俺の考え』をもとに、あなたと「見えない本田宗一郎」を見るために、(僕が)宗一郎になったつもりで描いた、彼の思考の流れを探るチャートです。 これまでの「おさらい」 図の中にある今シリーズのガイド役を果たす 6つのキーワード については、これまで 第1回 、 第2回 で3つの言葉の読み解きが終わったが、ここまでの話を整理してみよう。宗一郎氏の思考図を見ながらお読み下さい。 ・「時間」は絶対に同条件...
    引用元: 【本田宗一郎・生誕100年】 人は誰ひとりとして自分をあきらめては ...

  • 本田宗一郎

    本田 宗一郎のこれまで ときは70年代半ば、ところは九州の東端大分市、蠍座の星のもと出生。 その類い希なる頭脳で出産時より母親を悩ます。 マラドーナよりもプラティニに憧れるサッカー少年がロックにヤラれたのは小学生のときに聴いた佐野元春。 中学でも相変わらずのサッカー。そのころ作詞を始める。ギターも弾き始める。ラジオ番組にてスター佐野元春と電話で話をし、音楽活動について「とってもいいことだね!」と励まされたことで調子に乗り始める。 だが高校時代は、進学校で落ちこぼれ、好きな子には二度フラれ、家出決行。行方不明説が友人間に流れるなかヒッチハイクで東京まで行く。都庁を観光。すぐに戻るも、中退を叔父数人に制止され、不良にはなれずにきちんと卒業。このころ作曲も始めている。 上京し、美術大学にて詩を学ぶ。また、セックス・ドラッグ・ロックンロールな反抗の60年代、シンガーソングライター、ニ...
    引用元: 本田宗一郎

  • セブン&アイのセブンネットショッピング - 書籍 - 本田宗一郎夢を力に ...

    本田 宗一郎(ホンダ ソウイチロウ) 1906年静岡県生まれ。22歳で独立、浜松で自動車修理工として成功するが飽きたらず、エンジンやピストンリングの研究を始める。戦後、本田技術研究所を創業し、自転車に小型エンジンを載せた通称「バタバタ」を発売。1948年、本田技研工業(株)を創業し社長に就任。オートバイ「ドリーム号」「スーパーカブ号」などを次々に開発し、二輪車で世界のトップメーカーとなった。その後、四輪車に進出、低公害のCVCCエンジンの開発などを成功させ、世界的自動車メーカーを築き上げた。73年、社長を退く。91年8月、肝不全のため84歳で死去
    引用元: セブン&アイのセブンネットショッピング - 書籍 - 本田宗一郎夢を力に ...

  • 本田宗一郎夢を力に: 紀伊國屋書店BookWeb

    本田宗一郎 [ホンダソウイチロウ] 1906年静岡県生まれ。22歳で独立、浜松で自動車修理工として成功するが飽きたらず、エンジンやピストンリングの研究を始める。戦後、本田技術研究所を創業し、自転車に小型エンジンを載せた通称「バタバタ」を発売。1948年、本田技研工業(株)を創業し社長に就任。オートバイ「ドリーム号」「スーパーカブ号」などを次々に開発し、二輪車で世界のトップメーカーとなった。その後、四輪車に進出、低公害のCVCCエンジンの開発などを成功させ、世界的自動車メーカーを築き上げた。73年、社長を退く。91年8月、肝不全のため84歳で死去
    引用元: 本田宗一郎夢を力に: 紀伊國屋書店BookWeb

  • 本田宗一郎ものづくり伝承館 | 視察レポート 都市研究所スペーシア

    本田宗一郎ものづくり伝承館/静岡県浜松市 本田宗一郎ものづくり伝承館(以下、伝承館)は、浜松市の中心部から車で1時間ほど北上した浜松市天竜区にある。本田宗一郎氏はこの地で生まれ育ち、旧天竜市の名誉市民第一号にもなっている。旧天竜市では数々の功績をたたえようと、平成17年に浜松市に合併する前から本田宗一郎氏の記念館を建設する声が上がっていた。平成19年には浜松市が組織した施設運営等の検討会議に旧天竜市の関係団体が参加し、検討の結果、旧二俣町役場(昭和十一年建築)を市が耐震改修し、管理運営を地域のNPO法人に委託することとなった。そこで、旧天竜市の関係団体で組織されたNPO法人本田宗一郎夢未来想造倶楽部が設立され、伝承館の運営を担うこととなった。 伝承館は木造2階建てで、1階正面を入ると、「私の手が語る」と書かれた本田宗一郎市の手の傷を示した大きなパネルに遭遇する。奥には宗一郎の軌跡を...
    引用元: 本田宗一郎ものづくり伝承館 | 視察レポート 都市研究所スペーシア

  • 【本田宗一郎・生誕100年】 研究所というところは99%失敗するところで ...

    【本田宗一郎・生誕100年】 研究所というところは99%失敗するところである 『俺の考え』で読み解く経営思想(その4) 木内 一朗 【 プロフィール 】 バックナンバー 2006年11月27日(月) 1/4ページ はてな Tweet mixiチェック シェア 4回目となる本田宗一郎(=宗一郎 敬称略)シリーズ。今回も1枚の図から始まります。 本田宗一郎著の『俺の考え』をもとに、あなたと「見えない宗一郎」を見るために、(僕が)宗一郎になったつもりで描いた、彼の思考の流れを探る1枚の図である。 図の中にある今シリーズのガイド役を果たす6つのキーワードも、これまで4つが読み解かれ、なんとなく、あなたも“宗一郎”状態になってきているのではないかと思うが、ここまでを整理してみる。 ・誰にも同条件で与えられる「時間」においては、有効活用以外の勝負はない。 ・頭一つ抜きん出るためには...
    引用元: 【本田宗一郎・生誕100年】 研究所というところは99%失敗するところで ...

  • 本田宗一郎との『叱られ問答』 - 経営コラム - 日本経営合理化協会AV局

    「本田宗一郎とホンダS600に憧れ、1964年24才で入社し、1999年60才で退職するまでの35年間を過ごしてきた本田技研工業株式会社や(株)本田技術研究所とは、私にとっていったい何だったのだろうか。夢を与えてくれ一人前の人間に育ててくれた「修養の場」であり、伴侶を得、住いを持ち、子を育て、糧を求めた「生活の場」であり、人様に喜ばれるモノをつくり、誇りや自信をもらった「働きの場」であった。世界中に販売店やサービス工場、生産工場や設備、それに開発の施設があり、これらの「物」とも別れることになる。… 続きを読む
    引用元: 本田宗一郎との『叱られ問答』 - 経営コラム - 日本経営合理化協会AV局

  • 本田宗一郎 夢を力に - | 日経ブック&ビデオクラブ

    現在地 : トップページ > 本田宗一郎 夢を力に 本田宗一郎 夢を力に ―私の履歴書― 本田宗一郎 2001年07月発売 価格 680円(税込) 税込10,500円未満の法人ご購入、個人の方は日経Book.comをご利用ください。 つねに独創的技術を追求し続けた希代の実業家・本田宗一郎。彼が前半生を回顧した日経新聞連載「私の履歴書」に大幅加筆し、その魅力あふれる生きざまと思想を紹介する。後半部には「本田宗一郎語録」も収録。 はじめに 第一部 私の履歴書 1 浜松在の鍛冶屋に生まれる 2 自動車修理工場に見習い奉公 3 若者と二人で「浜松支店」 4 ピストンリング製造に苦闘 5 バイクからオートバイ造りへ 6 東京に進出、初の4サイクル 7 借り着で藍綬褒章を受ける 8 不況下に不眠不休で代金回収 9 国際レ...
    引用元: 本田宗一郎 夢を力に - | 日経ブック&ビデオクラブ

  • 本田宗一郎 - NPO法人 国際留学生協会/向学新聞

    1906年11月17日、現在の静岡県天竜市に、鍛冶職人である父儀平と母みかの子として、本田宗一郎は生まれた。自動車との出会いは、尋常小学校の3年生の時である。村にはじめて自動車がやって来た。村中が大騒ぎとなった。 目の前に黒く照り輝く幌付きのセダンが、狭い田舎道を唸りながら走っている。「これが、自動車だ」。彼は自動車の後ろの取っ手を握りしめ、一緒に走った。エンジンの音、排気とガソリンの臭いにゾクゾクした。まるで空を飛んでいるかのような高揚感。「こんな自動車を作ってみたい」。自動車作りの夢の始まりである。 高等小学校を卒業しても、進学する意志は全くなかった。成績が悪すぎたのだ。1922年春、15歳の宗一郎は東京にある自動車修理会社の「アート商会」に入社、社会人としての第一歩を踏み出す。そして持ち前の器用さでメキメキ腕を上げ、主人も太鼓判を押すほどの腕前となっていた。 6年後の1928年、アー...
    引用元: 本田宗一郎 - NPO法人 国際留学生協会/向学新聞

  • 本田宗一郎 - NPO法人 国際留学生協会/向学新聞

    1906年11月17日、現在の静岡県天竜市に、鍛冶職人である父儀平と母みかの子として、本田宗一郎は生まれた。自動車との出会いは、尋常小学校の3年生の時である。村にはじめて自動車がやって来た。村中が大騒ぎとなった。 目の前に黒く照り輝く幌付きのセダンが、狭い田舎道を唸りながら走っている。「これが、自動車だ」。彼は自動車の後ろの取っ手を握りしめ、一緒に走った。エンジンの音、排気とガソリンの臭いにゾクゾクした。まるで空を飛んでいるかのような高揚感。「こんな自動車を作ってみたい」。自動車作りの夢の始まりである。 高等小学校を卒業しても、進学する意志は全くなかった。成績が悪すぎたのだ。1922年春、15歳の宗一郎は東京にある自動車修理会社の「アート商会」に入社、社会人としての第一歩を踏み出す。そして持ち前の器用さでメキメキ腕を上げ、主人も太鼓判を押すほどの腕前となっていた。 6年後の1928年、アー...
    引用元: 本田宗一郎 - NPO法人 国際留学生協会/向学新聞

  • 価格.com - 「本田宗一郎」に関連する情報 | テレビ紹介情報

    「本田宗一郎」に関連する情報 6件中 1〜6件目 俺の考え タレントが鑑定価格対決に受験合格グッズを持参。受験の時にずっと使っていたシャープペンシルと心の拠り所にしていたという、その他一般人の「俺の考え」をセットで出品していた。 情報タイプ:書籍 出版社名:実業之日本社 著者名:本田宗一郎 本のタイプ:書籍 ・ 浜ちゃんが! 2010年8月12日(木)00:59〜01:29 日本テレビ 本田宗一郎の見方・考え方 世界のホンダの創始者、本田宗一郎を長年取材してきた梶原一明の本。 表紙が映っていた。 著者名:梶原一明 本のタイプ:書籍 ・ おもいッきりDON! 1155 2009年11月17日(火)11:55〜13:55 日本テレビ Amazon.co.jp ホンダ 1906年の今日はホンダの創始者・本田宗一郎が生まれた日との事で特集が組まれていた。 アイテム:自...
    引用元: 価格.com - 「本田宗一郎」に関連する情報 | テレビ紹介情報

  • 浜松市/中区版広報はままつ

    本田宗一郎の巻・その弐 先人から受け継がれた文化や歴史・・・中区にゆかりのある偉人を紹介するこのコーナー。オートバイ・自動車の技術を世界に誇れるものへ高めた「ホンダ」の創業者「本田宗一郎」をシリーズで紹介します。 技術と格闘する本田流ものづくり 本田宗一郎ものづくり伝承館の理事長が解説します 尋常高等小学校卒業後、自動車修理をしたいという熱い希望を抱いて、東京のアート商会にでっち奉公に出ました。しかし、子守りばかりで、自動車修理の手伝いができたのは半年が過ぎたころでした。 関東大震災が起きたとき、修理工場で預かった自動車を運び出すために、宗一郎は初めて自動車を運転。震災の怖さよりも運転した喜びが勝っていたようです。その後、修理が増え、技術を磨く機会が増えていきました。そして、消防車を修理するために単身で盛岡に出張するなど、どんどん一人前の自動車修理工へと成長していったのです。 ...
    引用元: 浜松市/中区版広報はままつ

  • 本田宗一郎-本田技研工業株式会社

    本田宗一郎氏プロフィール 本田 宗一郎氏(ほんだ そういちろう、男性、1906年11月17日 - 1991年8月5日)は、本田技研工業(通称:「ホンダ」)の創業者。 静岡県磐田郡光明村(後の天竜市、現在の浜松市天竜地区)出身。 1906年 静岡県磐田郡光明村(現浜松市)に生まれる。 1922年 二俣尋常高等小学校卒業、「東京のアート商会」へ入社。 1928年 独立し、浜松市に「アート商会浜松支店」をつくる。 1931年 当時木製だった自動車ホイールを鉄製に変え特許をとる。 1934年 アート商会浜松支店を閉店し、東海精機(株)を設立。 ピストンリングの製造開始。 1935年 浜松高等工業高校(現静岡大学工学部)の聴講生となる。 1936年 全日本自動車スピード大会に出場、自作車で120kmのスピード新記録を樹立したがレース中に事故。 1948年 ...
    引用元: 本田宗一郎-本田技研工業株式会社

  • 本田宗一郎ものづくり伝承館

    ■本田宗一郎の略歴 ・明治39年 11月17日、静岡県磐田郡光明村に出生。(1906年) ・大正11年 4月、東京本郷のアート商会に自動車修理工として入社。 ・昭和3年 独立し、浜松にアート商会支店を設立。 ・昭和8年 磯部さちさんと結婚。 ・昭和14年 東海精機重工業の社長、ピストンリングの製造始める。 ・昭和21年 本田技術研究所設立。自転車用補助エンジン開発。 ・昭和23年 本田技研工業を設立し社長に、従業員34人。 ・昭和24年 オートバイ「ドリーム号」開発。 ・昭和27年 自転車補助エンジン「カブF」発売。 小型エンジン発明で藍綬褒章受賞。 本社を東京に移す。渡米し、工作機械発注。 ・昭和33年 小型バイク「スーパーカブ」発売し大ヒット。 輸出の足固め完成。 ・昭和34年 米国に販売会社「アメリカン・ホンダ」設立。 マン島...
    引用元: 本田宗一郎ものづくり伝承館

  • 浜松市/中区版広報はままつ

    本田宗一郎の巻・その参 先人から受け継がれた文化や歴史・・・中区にゆかりのある偉人を紹介するこのコーナー。オートバイ・自動車の技術を世界に誇れるものへ高めた「ホンダ」の創業者「本田宗一郎」をシリーズで紹介します。 世界一のオートバイメーカーへの挑戦 本田宗一郎ものづくり伝承館の理事長が解説します 1949(昭和24)年、強力な車体と強い馬力のエンジンを持つ、本格的なモーターサイクル・ドリームD型が完成。これは大好評を得て飛ぶように売れましたが、代金の回収に手間取り利益は上がりませんでした。その経営危機を抜群の経営手腕で救ったのが、藤澤武夫です。 「宗一郎にとって、藤澤との出会いは運命だと思います。技術の本田と経営の藤澤でホンダを世界一のオートバイメーカーにしていくのです」と、本田宗一郎ものづくり伝承館を運営するNPO法人の大橋武司理事長は言います。 1952(昭和27)年には、...
    引用元: 浜松市/中区版広報はままつ

  • 本田宗一郎[ほんだそういちろう]ホンダ創業者

    ホンダ創業者 本田宗一郎[ほんだそういちろう] (1906〜1991) 本田技研工業の創業者。「モノ作りのロマンチスト」と呼ばれた技術者型経営者。自由奔放な性格、明るい人間性、ホンダイズムと称されるチャレンジ精神などから幅広いフアンがいる。自動車修理工から身を起こし、オートバイ「ドリーム号」「スーパーカブ号」などを次々に開発し、二輪車で世界のトップメーカーとなる。その後、四輪車に進出、藤沢武夫とともに一代でホンダを世界的な企業に成長させた戦後を代表する技術型経営者。日本人として初めて米国の自動車殿堂入りを果たす。 生い立ち 1906(M39)年11月17日、静岡県磐田郡光明村(現・天竜市)に生まれる。父儀平、母みかの間に生まれた長男である。父親は鍛冶屋で小さいころから工具とともに育った。早くから機械いじりに興味を持ち、小学校でも試...
    引用元: 本田宗一郎[ほんだそういちろう]ホンダ創業者

  • 送料無料|本|やりたいことをやれ|本田宗一郎|9784569641881 ...

    本 > 教育・資格検定 > 教養 > ライトエッセイ > 人生論 やりたいことをやれ 著者 : 本田宗一郎 (著) 出版社名 : PHP研究所 発行年月 : 2005年 09月 ISBNコード : 9784569641881 ページ数 : 271P 定価 : ¥1,050(税込) boox storeポイント : 30 pt 発送可能日 : お取り寄せ ( 発送可能日について ) 発送可能日「当日~3日」と「お取り寄せ」商品を併せて注文される際のご注意 同じ商品を10冊以上注文される際のご注意 震災の影響による配送の遅延について 目次 第1章 まず第一歩を/第2章 得手に帆あげて/第3章 能ある鷹はツメを磨け/第4章 自分のために働け/第5章 幸福な報酬/第6章 私の“宝物”/第7章 時間はす...
    引用元: 送料無料|本|やりたいことをやれ|本田宗一郎|9784569641881 ...

  • 本田宗一郎とは - Weblio辞書

    本田宗一郎 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/06/23 13:20 UTC 版) 本田 宗一郎 (ほんだ そういちろう、 1906年 11月17日 - 1991年 8月5日 )は、 日本 の 実業家 、 技術者 。 本田技研工業 (通称:「 ホンダ 」)の創業者。 脚注 ^ 後にホンダの系列会社「 本田金属技術 」を設立する。 ^ 同店は現在でも自動車修理工場として存続している。 ^ 現在の「 本田財団 」が行っている事業「YES奨励賞」の原点。 ^ 本田宗一郎 『やりたいことをやれ』 (2005年・PHP研究所 258ページ) ^ ただし、本田の弟・弁二郎の「本田金属技術」や息子・博俊の「無限」など、 親族経営の関連会社 は存在する。 ^ 藤沢武夫 『経営に終わりはない』(1998年・ 文春文庫 43ページ) [ 続きの...
    引用元: 本田宗一郎とは - Weblio辞書

  • 本田宗一郎さんのなう | Amebaなう(アメーバなう)

    本田宗一郎 プロフィール | ブログ | グルっぽ | ピグの部屋 フォローしている 0 人 フォローされている 3 人 2005年、1stフルアルバム「全生活カタログ」をリリース。バンド「青の時代」を結成。2006年、西日本7ケ所を回るツアー「BEST 4 TOUR ‘06」を敢行。2008年6月、青の時代名義… ペタ プレゼント メッセージ 会員登録して、本田宗一郎さんをフォロー(お気に入り登録)しよう 本田宗一郎 さんのなう [ 更新 ] まだ投稿がありません。 レディガガ | なでしこジャパン | 長友結婚 芸能人・有名人なう | 急上昇ランキング | バトルなう | なうネタ
    引用元: 本田宗一郎さんのなう | Amebaなう(アメーバなう)

  • 浜松生まれの世界の偉人を紹介「本田宗一郎ものづくり伝承館」 - 浜松市 ...

    浜松生まれの世界の偉人を紹介「本田宗一郎ものづくり伝承館」 ― 本田氏の「人となり」「ものづくり精神」を紹介する伝承館、4月 1 日にオープン― 本田技研工業(株)の創業者であり、日本を代表する偉大な企業人である本田宗一郎氏。その生涯にわたる「ものづくり精神」や人柄は、死後20 年近く経った今も多くの人をひきつけてやみません。 本田氏は現在の天竜区の前身である磐田郡光明村に生まれ、昭和 48 ( 1973 )年には、天竜市(現 : 浜松市天竜区)初の名誉市民になるなど、浜松市民の大きな誇りでもあります。 浜松市では、人生をものづくりにかけた氏の偉業をたたえ、これからの未来を担う子ども達の夢を育む人材育成の拠点として「本田宗一郎ものづくり伝承館」を整備し、本田氏の「ものづくりの魂」を紹介すると共に、地域の活性化と「ふるさと・天竜・浜松」の全国発信を行っていきます。 ■開館日:平成 22 年 ...
    引用元: 浜松生まれの世界の偉人を紹介「本田宗一郎ものづくり伝承館」 - 浜松市 ...

  • 第2回 本田宗一郎がR25世代だったころ[後編] | web R25

    世界的なメジャー企業の創業者といえば、経営者タイプを想像しがちだが、ホンダの創業者・本田宗一郎は生粋の技術者だった。 1906年、静岡県浜松市で鍛冶屋の長男として生まれた宗一郎は、8歳の時に初めて目にした自動車に感銘を受け、技術者を志す。米フォード社の設立が1903年、英ロールス・ロイス社の設立が1906年だから、時はまさに自動車産業の黎明期だ。 高等小学校卒業後、宗一郎はいわゆる丁稚奉公(でっちぼうこう)の形で東京・湯島の自動車修理工場に就職。彼にとっては幼少期からの念願の職であり、雑用のかたわら、先輩工員の作業を目で見て学び、暇さえあれば専門書を読み漁り、自動車に関する知識をむさぼっていたという。 稼業の鍛冶職で鍛えられたおかげもあってか、現場を任されるようになるとすぐに頭角を現し始めた宗一郎。6年の勤めを終えるころには、界隈で評判の腕利き技術者になっていた。彼が故郷・浜松に戻って自分...
    引用元: 第2回 本田宗一郎がR25世代だったころ[後編] | web R25

  • その時、偉人たちはどう動いたのか? 本田技研工業創業者 本田宗一郎 ...

    Tweet 本田 宗一郎(1906年 - 1991年) 本田技研工業創業者。自動車修理工から身を起こし、日本の自動車エンジンを世界最高レベルにまで高めた天才的エンジニア。何よりも「独創性」にこだわり、人まねを嫌った。藤澤武夫という名伴侶を得て、一代で「世界のホンダ」を築いた名経営者であった。ネアカで自由奔放な性格、ユーモア精神に溢れるという人間的魅力をそなえ、誰からも愛され、慕われた。晩年は引き際鮮やかに後進に道を譲り、「交通渋滞が起きて迷惑をかけるから」と社葬を禁じたことも有名。 エピソード1:製造業転換 エピソード2:社業飛躍の決断 エピソード3:世代交代 年表 他の偉人たちをみる <会員登録> ・会員登録(無料)してアドバイザーに相談しよう。今なら8つの特典が手に入る! <アドバイザーに相談> ・あなたにピッタリな専門家を探せる、無料で...
    引用元: その時、偉人たちはどう動いたのか? 本田技研工業創業者 本田宗一郎 ...

  • 「本田宗一郎 夢を力に—私の履歴書」本田宗一郎【著】

    <内容> つねに独創的技術を追求し続けた希代の実業家・本田宗一郎。彼が前半生を回顧した日経新聞連載「私の履歴書」に大幅加筆し、その魅力あふれる生きざまと思想を紹介する。後半部には「本田宗一郎語録」も収録。 <目次と構成> はじめに 第一部 私の履歴書 1 浜松在の鍛冶屋に生まれる 2 自動車修理工場に見習奉公 3 小僧っ子から神様へ 4 若者と二人で「浜松支店」 5 ピストンリング製造に苦闘 6 バイクからオートバイづくりへ 7 東京に進出、初の四サイクル 8 借り着で藍綬褒章を受ける 9 不況下、不眠不休で代金回収 10 国際レースに勝ち世界一へ 11 米国並みの研究費をつぎこむ 12 社内にしみわたる理論尊重の気風 第二部 履歴書その後(一九六二年─一九九一年) 1 疾風怒濤の十年 2 F1への挑戦 3 小型自動車に賭ける 4 さわやかな退任 5 ...
    引用元: 「本田宗一郎 夢を力に—私の履歴書」本田宗一郎【著】

  • セブン&アイのセブンネットショッピング - 書籍 - 本田宗一郎 男の ...

    本田宗一郎 男の幸福論 お客様おすすめ度 ☆☆☆☆☆ 著者/訳者 梶原一明/著 出版社名 PHP研究所 ( PHP研究所 ) 発行年月 1982年02月 サイズ 227P 20cm 販売価格 1,260円 取扱状況 品切れ 取り扱い表記について ラッピング 対象外 商品をフォローする 友達にメールで教える Twitter Facebook mixi
    引用元: セブン&アイのセブンネットショッピング - 書籍 - 本田宗一郎 男の ...

  • 本田宗一郎(本田技研工業株式会社創始者)

    本田宗一郎 本田技研工業株式会社創始者 1906年静岡県生まれ。 父親は鍛冶屋で小さいころから工具とともに育った。早くから機械いじりに興味を持ち、小学校でも試験管や機械が出てくると勉強したが、それ以外は無関心で通信簿の成績は芳しくなかった。高等小学校の頃父親が自転車屋に転業。 1946年、「本田技術研究所」を設立し、1948年「本田技研工業株式会社」を設立。 内燃機関の研究を続け、その特許を利用して、オートバイの生産を開始、四輪自動車への進出を図り、今日の「世界のHONDA」を創り上げた。 1952年に藍綬褒章を受章。1973年、初の天竜市名誉市民になる。 1981年、勲一等瑞宝章を受章。 1991年、84歳で逝去。勲一等旭日大綬章を受賞し、正三位に叙せられる。 「モノ作りのロマンチスト」と呼ばれた技術者型経営者。自由奔放な性格、明るい人間性、ホンダイズムと...
    引用元: 本田宗一郎(本田技研工業株式会社創始者)

  • 本田宗一郎 - Wikipedia

    本田宗一郎 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 移動: 案内 , 検索 ほんだ そういちろう 本田 宗一郎 生誕 1906年 11月17日 日本 静岡県 磐田郡 光明村 死没 1991年 8月5日 (満84歳没) 職業 実業家 、 技術者 表 ・ 話 ・ 編 ・ 歴 本田 宗一郎 (ほんだ そういちろう、 1906年 11月17日 - 1991年 8月5日 )は、 日本 の 実業家 、 技術者 。 本田技研工業 (通称:「 ホンダ 」)の創業者。 目次 1 略年譜 2 エピソード 3 叙勲等 4 主な著作書籍 5 評伝 6 参考文献 7 脚注 8 外部リンク [ 編集 ] 略年譜 1906年 - 11月17日、 静岡県 磐田郡 光明村(現: 浜松市 天竜区 )で 鍛冶屋 をしていた 本田儀平 と妻 み...
    引用元: 本田宗一郎 - Wikipedia

  • 本田宗一郎のブログ

    プロフィール プロフィール | なう | ピグの部屋 ニックネーム: 本田宗一郎 自己紹介: 2005年、1stフルアルバム「全生活カタログ」をリリース。バンド「青の時代」を結成。2006年... >>続きをみる ブログジャンル: クリエイター / 音楽 メッセージを送る アメンバーになる プレゼントを贈る [ 記事作成・編集 ] *本田宗一郎リンク* CDのご購入はこちらから→ TOWER RECORDS ONLINE もしくはこちら→ CDJournal.com *本田宗一郎ライブ* 5.1 福島 ワンノートカフェ 福島県いわき市東田町2丁目16-11 0246-63-4522 時間:夜 5.2 福島 (いわき市内避難所) (詳細不明) 時間:昼 5.2 福島 don3 福島県いわき市小名浜大原字東田75-4 0246-52-2...
    引用元: 本田宗一郎のブログ

  • 本田宗一郎のプロフィール

    本田宗一郎 プロフィール ブログ なう ピグの部屋 ペタをつける アメンバーになる メッセージを送る プレゼントを贈る プロフィール ニックネーム 本田宗一郎 自己紹介 2005年、1stフルアルバム「全生活カタログ」をリリース。バンド「青の時代」を結成。 2006年、西日本7ケ所を回るツアー「BEST 4 TOUR ‘06」を敢行。 2008年6月、青の時代名義のシングル「休日の空」でメジャーデビュー。 2010年、ソロ活動開始。 マイプロフィール 出身地 大分県 出身校 多摩美術大学 ホームページ http://www.hondasoichiro.com 定番 趣味 ヒッチハイク/フランス語/写真 長所 健康/人が好き 短所 頑固/人が時に嫌い ちょっと自慢できること パンダ「トントン」の名付け親の一人 最近ハマっているものは? コーヒー 平均睡眠時間は...
    引用元: 本田宗一郎のプロフィール

  • 本田宗一郎夢を力に—私の履歴書 (日経ビジネス人文庫) - マイミンティー

    本田宗一郎夢を力に―私の履歴書 (日経ビジネス人文庫) 本田は「私の履歴書」でこう述べている。「私がやった仕事で本当に成功したものは、全体のわずか1%にすぎないということも言っておきたい。99%は失敗の連続であった。そしてその実を結んだ1%の成功が現在の私である」 自動車修理工から身を起こし、一代で巨大自動車メーカーを築き上げ、「HONDA」ブランドを世界にとどろかせた希有の成功が1%でしかないならば、残りの99%はなんなのか。本田の言葉をたどると、失敗した99%にこそ、たぐい稀な人間ドラマが見つけられる。 本書は本田が56歳のときに連載した「私の履歴書」と、1962〜1991年の足取りをまとめた編著者による「履歴書その後」、さらに「本田宗一郎語録」の3部構成で描きだしている。外国から体中に部品を巻き付けて強引に飛行機に乗り込んだり、四輪自動車への進出を規制する官僚にたて突いたりと...
    引用元: 本田宗一郎夢を力に—私の履歴書 (日経ビジネス人文庫) - マイミンティー

  • Honda | お客様相談センター | 本田宗一郎関連書籍

    ホーム > 豆知識 > 本田宗一郎関連書籍 タイトル 著者・編集者 出版社 出版年 ざっくばらん 本田宗一郎 自動車ウィークリー社 ’60.7 得手に帆をあげて 本田宗一郎 わせだ書房新社 ’62.3 ’77.6再 私の履歴書17 本田宗一郎 日本経済新聞社 ’62.12 俺の考え ブームを作る経営秘密 本田宗一郎 実日新書 ’63.9 スピードに生きる 本田宗一郎 実日新書 ’64.2 経営のこころ 本田宗一郎他 日刊工業新聞社 ’74.1 青年諸君 本田宗一郎他 PHP研究所 ’75.3 技術人精神 本田宗一郎他 ダイヤモンド社 ’77.10 私の履歴書(6)経済人 本田宗一郎他 日本経済新聞社 ’80.8 私の手が語る 本田宗一郎 講談...
    引用元: Honda | お客様相談センター | 本田宗一郎関連書籍

  • サイエンス チャンネル | 番組紹介

    (101)本田宗一郎 歴史に名を残す科学者たち。彼らはどんな道を経て偉大な発明や発見にたどりついたのか。そんな彼らの人生を案内人が紹介していきます。さらに現代の研究者を取材することで、彼らの功績を浮き彫りにしていきます。 今回は、日本のオートバイ開発の先駆者、本田宗一郎です。 及川わたる 大聖泰弘 早稲田大学理工学術院 (*)の番組は、都合によりインターネットでは放送できません。 ご了承ください。
    引用元: サイエンス チャンネル | 番組紹介

  • 本田宗一郎 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

    プロフィール情報はありません 本田 宗一郎(ほんだ そういちろう、1906年11月17日 - 1991年8月5日)は、日本の実業家、技術者。本田技研工業(通称:「ホンダ」)の創業者。略年譜 1906年 - 11月17日、静岡県磐田郡光明村(現:浜松市天竜区)で鍛冶屋をしていた本田儀平と妻みかの長男として生... Feペディア(出典:Wikipedia)で詳細を見る
    引用元: 本田宗一郎 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

  • 送料無料|本|本田宗一郎 やってみもせんで、何がわかる|伊丹敬之 ...

    本田宗一郎(一九〇六~一九九一)本田技研工業株式会社の創立者にして技術者。 夢へ向かうエネルギーと人間的魅力に溢れ、周囲の人々を奮い立たせそして、一つにまとめあげた。 徒手空拳からスタートし、ホンダという世界屈指の組織を作り上げた宗一郎は、今もなお求められる経営者像を体現している。 大きな夢を天衣無縫に追い続けた男の人生を描き出す。
    引用元: 送料無料|本|本田宗一郎 やってみもせんで、何がわかる|伊丹敬之 ...

  • 本田 宗一郎の名言

    本田 宗一郎の名言 本田 宗一郎の名言 本田 宗一郎の名言を集めました。 先人達の言葉が未来へ…そしてあなたへ届きますように。 地球の名言 > 本田宗一郎の名言 sponsored link 本田宗一郎の名言 「本田 宗一郎」(1906〜1991) ホンダ(本田技研工業)を一代で築き上げた戦後の日本を代表する経営者。 バイクの「三ない運動」が全盛期の頃、全国のPTAから「暴走族の親玉」と呼ばれ、 徹底的に激しい非難を浴びせられましたが、 「高校生から教育の名の下にバイクを取り上げるのではなく、 バイクに乗る際のルールや危険性を十分に教えていくのが 学校教育ではないのか」と発言し、事態は終息に向かいました。 また、この事件を機に、 全国の学校で「安全運転講習」が始められるようになったそうです。 関連書籍一覧(提供:楽天)を見る→ 1 / 2 / 3 困らなきゃだめです。人間と...
    引用元: 本田 宗一郎の名言

  • 本田宗一郎 - Yahoo!みんなの検定

    本田宗一郎の「やらまいか!」検定 カテゴリ: 日本語 登録タグ: 初級 おすすめ度: - 総合ポイント: 1 合格率: 0% 受験者数: 0名 合格者数: 0名 お気に入りの検定への登録者数: 0名 コメント数: 1 公開日: 2008年10月12日 問題数: 10問 判定基準: 1問以上の正解 この検定を違反報告する コメント(1) この検定のコメントを見る場合は、「コメントを見る」をクリックしてください。 コメント(1件)を見る コメントを投稿するには、 Yahoo! JAPAN IDでのログイン と利用登録が必要です。 コメントを投稿または削除するにはJavaScriptを有効にしてください。 ※全角250文字以内で入力してください。
    引用元: 本田宗一郎 - Yahoo!みんなの検定

本田宗一郎 の相関図を読込中

本田 宗一郎(ほんだ そういちろう、1906年(明治39年)11月17日 - 1991年(平成3年)8月5日)は、日本の実業家、技術者。本田技研工業(通称:「ホンダ」)の創業者。 1906年(明治3

スポンサードリンク