本間祐介の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • http://www.shonai-nippo.co.jp/square/feature/exploit/exp117.html

    戦後の昭和20年から50年までの間、本間祐介は酒田の顔であった。その顔は評論家の大宅壮一から何代もかけてできあがった顔、と評されたほどの深みのある立派なものであった。写真家の土門拳の風貌とよく似ており、人を威圧する鋭い眼や、がっしりとした骨格は瓜二つである。本間家の支族に生まれ、二松学舎専門学校に入ったが、叔父の本間光弥(本家当主)が東京で病死すると、帰郷して二度と学生生活には戻らなかった。昭和5年、船場町で釣り道具屋を開いた。天性、モノの良し悪しを見分ける才能に秀でていた。これは兄の順治氏が刀剣鑑定の第一人者であることからも十分に察せられる。同10年以降になると、庄内竿で見るべきものはほとんど氏の店に集まり、竿だけでなく、ハケゴでもタモでも贅沢な物の専門店として賑わった。しかし、18年5月、本家の当主 光正の応召に際し、本家の家庭内のことからお店のことまで一切を任せられ、釣り道具屋をやめ...
    引用元: http://www.shonai-nippo.co.jp/square/feature/exploit/exp117.html

  • http://homepage2.nifty.com/hekisui/thurishi%20a.html

    本間祐介氏(1907~1983)生まれる。父は鶴岡の服部家より酒田の大地主本間光輝の養子となり、その後分家した父敬治の次男として出生、酒田中学を卒業後二松学舎専門学校(今の二松学舎大学)に入るものの、中退し鶴岡の竿師山内善作に師事した。その後船場町にて釣具屋を開業する。戦時中本家の要請に応じ後見人となり、戦後の農地解放の困難を乗り切り、現在の本間家を存続させている。酒田を代表する財界人、文化人として知られ、こと釣竿の鑑定にかけては右に出る者はいなかったと云う人物でもある。この人の竿は通称本間竿と云われているが、竿師としての活躍期間が短かった為数が少ない。陶山槁木の「垂釣筌」、土屋鴎涯の「時
    引用元: http://homepage2.nifty.com/hekisui/thurishi%20a.html

  • http://jja.jsaweb.jp/am/view.php?pubdate=20040930&dir=2004a&number=04a_gl000320

    杉本昌謙 新井 巌 二木伸子 橋本由紀 本間祐介 中池司郎 大正製薬(株)医薬研究所【目的】NC/Ngaマウスのハプテン塗布皮膚炎における皮膚炎発症と皮膚組織中prostaglandins(PGs)産生量との関係を検討するため,TNCB塗布後の皮膚PGs(PGD2,PGE2,PGF2α,6keto-PGF1α)量と皮膚炎スコア及び経表皮水分蒸散量(TEWL)を測定した.【方法】急性モデル:マウス背部に5%TNCB溶液を塗布(感作)し,1週間後,同部位に同溶液を塗布(誘発)して炎症を惹起した.無処置,TNCB塗布(誘発)0,1,3,6,24時間後の皮膚炎スコア,TEWL及びPGs量を測定した.慢性モデル:感作1週間後より1回/週,計4回同様に誘発処置を実施し,炎症を惹起させた.各誘発処置後の皮膚炎スコア,TEWL及び最終誘発処置24時間後のPGs量を測定した.【結果】急性モデル:PGs量は...
    引用元: http://jja.jsaweb.jp/am/view.php?pubdate=20040930&dir=2004a&number=04a_gl000320

  • http://alacarte.product-blog.net/2012/11/24/%e3%82%af%e3%83%ab%e3%83%9e%e7%ab%bf/

    その後、本間祐介氏が東京の牛込の薬屋で中西(「釣の友」の主筆)という人物から酒田で使用している車竿の事を聞かれ使い方を教え竿とリール、ウキ(酒田浮木=中山賢治考案)など一式を送った所、翌月号の「釣の友」に車リールの紙上コーチとして実釣の成果を 紹介されていたという。「釣の友」にリールを使うことの是非を問うた所賛否両論(邪道といい反対する者、スポーツフィッシングとして賛成する者)あり其れ が、半年も続いた。その間ちゃっかりと中西氏は外国製のリールを小型化して「中西式リール」とし、更に「酒田浮木」に多少手を加えて「中西式リール浮木」 といって東京の三越などで販売していたという。
    引用元: http://alacarte.product-blog.net/2012/11/24/%e3%82%af%e3%83%ab%e3%83%9e%e7%ab%bf/

  • http://alacarte.product-blog.net/2012/12/30/%e3%81%8f%e3%82%8b%e3%81%be%e7%ab%bf%e3%80%80%e3%82%80%e3%81%8b%e3%81%97%e3%81%ae%e3%82%af%e3%83%ab%e3%83%9e%e7%ab%bf%ef%bc%88%ef%bc%94%e6%9c%ac%e3%81%a4%e3%81%aa%e3%81%8e%ef%bc%93%e3%82%bb%e3%83%83/

    その後、本間祐介氏が東京の牛込の薬屋で中西(「釣の友」の主筆)という人物から酒田で使用している車竿の事を聞かれ使い方を教え竿とリール、ウキ(酒田浮木=中山賢治考案)など一式を送った所、翌月号の「釣の友」に車リールの紙上コーチとして実釣の成果を紹介されていたという。「釣の友」にリールを使うことの是非を問うた所賛否両論(邪道といい反対する者、スポーツフィッシングとして賛成する者)あり其れが、半年も続いた。その間ちゃっかりと中西氏は外国製のリールを小型化して「中西式リール」とし、更に「酒田浮木」に多少手を加えて「中西式リール浮木」といって東京の三越などで販売していたという。
    引用元: http://alacarte.product-blog.net/2012/12/30/%e3%81%8f%e3%82%8b%e3%81%be%e7%ab%bf%e3%80%80%e3%82%80%e3%81%8b%e3%81%97%e3%81%ae%e3%82%af%e3%83%ab%e3%83%9e%e7%ab%bf%ef%bc%88%ef%bc%94%e6%9c%ac%e3%81%a4%e3%81%aa%e3%81%8e%ef%bc%93%e3%82%bb%e3%83%83/

  • http://www.toshin.com/sem/019337.html

    明治薬科大学合格― 所沢校 ■  本間祐介くん 自分は友人に勧められて、高3の9月に東進ハイスクール所沢校に入学しました。 自分は東進に入るのが遅く、入学する前は週一回の面談で馴染めるかとても不安でしたが、担当の担任助手の... 東京大学合格― 所沢校 ■  渡辺翔太郎くん  高校受験で出遅れた反省から、中3の3月に東進で学習をスタートしました。いくつかの予備校を見学したのですが、映像を使って有名な先生の授業を受けられる点に魅力を感じて、東進を... 早稲田大学合格― 所沢校 ■  伏見紗織さん  東進に入学してから約1年後の高2生の秋ごろ、学校の行事などで勉強に身が入らなかったときに、模試の受け方など私が自分に甘かった部分を担任の先生に指摘され、叱咤されたことが受験...
    引用元: http://www.toshin.com/sem/019337.html

本間祐介 の相関図を読込中

戦後の昭和20年から50年までの間、本間祐介は酒田の顔であった。その顔は評論家の大宅壮一から何代もかけてできあがった顔、と評されたほどの深みのある立派なものであった。写真家の土門拳の風貌とよく似ており

スポンサードリンク