村上和雄の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 村上和雄 - Wikipedia

    村上 和雄(むらかみ かずお、1936年1月2日 - )は、日本の分子生物学者。筑波大学名誉教授。農学博士(京都大学、1963年)。奈良県天理市生まれ。1983年に、高血圧を引き起こす原因となる酵素「ヒト・レニン」の遺伝子解読に成功。パスツール研究所やハーバード大学を抑えての快挙であった為、一躍注目を集める。
    引用元: 村上和雄 - Wikipedia

  • 村上和雄先生の講演会を運営しました | 講演会運営スタッフ | スタッフ ...

    村上和雄先生の講演会を運営しました♪ 2010年04月07日 【講演会運営スタッフ】 先日、新潟の某メーカーさん主催の「講演会」を運営いたしました。 今回は講師として筑波大学名誉教授の村上和雄(むらかみ かずお)先生をお迎えしました。 村上和雄先生のテーマは ・「プラス思考が人生を成功に導く」 ・「『笑い』と『夢』が、可能性を引き出す」~遺伝子オンの生き方~ ・「笑いと感動が遺伝子をONにする」など 遺伝子研究の第一人者なのです! 村上先生は1936年生まれ。筑波大学名誉教授。 1963年京都大学大学院農学研究科農芸化学専攻、博士課程修了。 同年米国オレゴン医科大学研究員、1968年京都大学農学部助手。1976年バンダビルト大学医学部助教授。 1978年筑波大学応用生物化学系教授となり、遺伝子の研究に取り組む。 1983年高血圧の黒幕である酵素「レニン」の遺伝子解読に成功、世界的な業績とし...
    引用元: 村上和雄先生の講演会を運営しました | 講演会運営スタッフ | スタッフ ...

  • 遺伝子は語るCD - 日本経営合理化協会AV局

    講師紹介 村上和雄 (筑波大学名誉教授) 1936年奈良県生まれ。63年京都大学大学院農学研究科農芸化学専攻博士課程修了。農学博士。オレゴン医科大学研究員、京都大学農学部助手、バンダービルト大学医学部助教授を経て、78年より筑波大学応用生物化学系教授。同大遺伝子実験センター長、先端学際領域研究センター長などを務め、平成11年に退官。83年高血圧の原因となる「レニン」の遺伝子解読に成功。世界的注目を集める。96年日本学士院賞受賞。現在、国際科学振興財団専務理事、茨城県工業技術センター長。著書に『生命の暗号』『遺伝子は語る』など多数。... もっと詳しく 行徳哲男 (日本BE研究所所長) 1933年福岡生まれ。成蹊大卒。労働運動激しき時代、衝撃的な労使紛争を 体験し、“人間とは何か”の求道に開眼。 69年渡米、Tグループの世界と出会い、米国流の行動科学・感受性訓練と、日本の禅や経営哲学...
    引用元: 遺伝子は語るCD - 日本経営合理化協会AV局

  • 村上和雄氏からのメッセージ - 人間学の致知出版社

    村上和雄氏 筑波大学名誉教授 日本は伝統的な精神文化を持ちながら、経済大国となり、科学や技術を発達させてきました。しかし今、大自然の不思議に感動して生きるという生き方、考え方は変化しつつあります。 この様な時にこそ、人間のあり方を問う『致知』が必要になります。日本の輝かしい未来を切り開く気概を持って、ますます前進して頂きたいと思っています。 村上和雄(むらかみ・かずお)筑波大学名誉教授 昭和11年奈良県生まれ。38年京都大学大学院博士課程修了。 53年筑波大学教授就任。遺伝子工学で世界をリードする第一人者。 平成11年より現職。月刊『致知』にて「生命のメッセージ」連載中。 50年にわたる研究活動の結果、村上氏は、心のあり方が遺伝子までも動かすという生命の神秘に気付きました。氏の著書を読み、人間の持つ無限の可能性に触れることで、この世に生を受けたことへの感謝と感動の念とともに、前向き...
    引用元: 村上和雄氏からのメッセージ - 人間学の致知出版社

  • 遺伝子の不思議超入門/村上和雄/著 竹内薫/著本 : オンライン書店e-hon

    村上 和雄(ムラカミ カズオ) 筑波大学名誉教授。国際科学振興財団理事。1936年生まれ。京都大学大学院農学研究科農芸化学専攻、博士課程修了。農学博士。米国オレゴン医科大学、京都大学農学部、米国バンダービルト大学医学部などを経て、78年より筑波大学応用生物化学系教授。同大遺伝子実験センター長、先端学際領域研究センター長などを務め、99年に退官。83年に高血圧の黒幕である酵素「レニン」の遺伝子解読に初めて成功、世界的な注目を集める 竹内 薫(タケウチ カオル) 科学作家。東京大学卒。マギル大学大学院修了。理学博士(専攻は高エネルギー物理学)。活字の世界だけでなく、「たけしのコマ大数学科」(フジテレビ系)、「JAM THE WORLD」(J‐WAVE)など、テレビやラジオでも科学の啓蒙活動を展開(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
    引用元: 遺伝子の不思議超入門/村上和雄/著 竹内薫/著本 : オンライン書店e-hon

  • 東京家政大学/先生・教授(村上 和雄教授)(環境科学)/リクルート進学 ...

    村上 和雄教授 プロフィール 専門科目:分析化学 略歴:東京都江戸川区出身の江戸っ子。中央大学大学院理工学研究科博士課程工業化学専攻を卒業し、その後中小企業大学校で都道府県の研究所研究員に分析化学・バイオテクノロジーの指導を行う。東京家政大に来て17年になり、その間ブリュッセル自由大学薬学研究所に留学し、バイオセンサーの研究を行う。著書のうち『化学ってどんな科学』は文化系の大学生に向けた化学の教科書。
    引用元: 東京家政大学/先生・教授(村上 和雄教授)(環境科学)/リクルート進学 ...

  • 講演会のNPO法人ザ・シチズンズ・カレッジ - 講演会の講師 村上和雄 ...

    HOME > 過去講演会 > 94期 > 村上 和雄 プロフィール 村上 和雄 (むらかみ かずお) 筑波大学名誉教授 1936年生まれ。'63年京都大学大学院博士課程修了(農芸化学)。同年米国オレゴン医科大学研究員となる。その後、バンダビルト大学医学部助教授を経て、'78年筑波大学応用生物化学系教授となり、遺伝子の研究に取組む。'83年、高血圧の黒幕である酵素「レニン」の遺伝子解読に成功。世界的な業績として注目を集める。'96年日本学士院賞受賞。'99年筑波大学名誉教授に就任し、現在に至る。(財)国際科学振興財団理事、バイオ研究所所長も務める。主な著書に、20万部を超えるベストセラーとなった「生命の暗号」(サンマーク出版)のほか、「生命のバカ力」(講談社+α新書)、「世界は一つの生命からはじまった」(きこ書房)、「遺伝子オンで生きる」(サンマーク出版)、「笑う!遺伝子」(一...
    引用元: 講演会のNPO法人ザ・シチズンズ・カレッジ - 講演会の講師 村上和雄 ...

  • 村上 和雄−プロフィール 株式会社 ルネッサンス・アイズ

    村上 和雄 (ムラカミ カズオ) 現 職 筑波大学 名誉教授 経 歴 1936年1月2日生まれ。 1963年 京都大学大学院農学研究科博士課程修了 米国オレゴン医科大学生化学教室研究員 1976年 米国バンダビルト大学医学部講師・助教授 《昇圧酵素レニンの生化学的研究》 1978年 筑波大学 応用生物化学系教授 (遺伝子実験センター長、先端学際領域センター) 《蛋白質工学、発生工学的研究》 1999年 筑波大学 名誉教授 現在に至る。 (財)国際科学振興財団理事 バイオ研究所所長 《心と遺伝子の相互作用に関する研究》 主な受賞 1982年 朝日学術奨励賞(朝日新聞社) 1990年 マックスプランク研究賞(ドイツ・フンボルト財団) 1993年 日経BP技術賞(日経BP社) 1996年 つくば賞(茨城県科学技術振興財団) 1996年 日本学士院賞(日本学士院) 2001年 岡本国際賞(成人血管...
    引用元: 村上 和雄−プロフィール 株式会社 ルネッサンス・アイズ

  • 村上和雄 of ベストセラーズゲストアーカイブ

    村上和雄氏 インタビュー スイッチ・オンの生き方―遺伝子が目覚めれば、人生が変わる ■ インタビューを聞く (2010.1収録) ■ パーソナリティ:山口佐貴子 【著 書】 スイッチ・オンの生き方―遺伝子が目覚めれば、人生が変わる (amazonへリンク) 【著 者】 村上 和雄 (著) 【出版社】 致知出版社 【価 格】 ¥ 1,260 【書籍の内容】 「この本は、いわば私の50年の遺伝子研究の総決算書であり、また新たな挑戦への決意書ともいえます」 これは、遺伝子研究の大家・村上和雄氏の本書に懸ける思いです。 人には実に98%もの眠ったままの遺伝子が存在するといいます。 では、その遺伝子たちを、目覚めさせることはできるのでしょうか。 本書では、「スイッチ・オンの生き方」につながる心の持ち方や感動の持つ力、ギブ・アンド・ギブの生き方などを紹介。村上氏の長年にわたる研究活動から得た、活きたエ...
    引用元: 村上和雄 of ベストセラーズゲストアーカイブ

  • 人生の暗号 あなたを変えるシグナルがある/村上和雄/著本 : オンライン ...

    著者情報 村上 和雄 1936年生まれ。筑波大学名誉教授。63年京都大学大学院農学研究科農芸化学専攻、博士課程修了。同年米国オレゴン医科大学研究員、68年京都大学農学部助手。76年バンダビルト大学医学部助教授。78年筑波大学応用生物化学系教授となり遺伝子の研究に取り組む。83年高血圧の黒幕である酵素「レニン」の遺伝子解読・・・ ・・・ ⇒ もっと詳しく ⇒この著者名で検索する ⇒新刊パトロールに登録 同じ著者名で検索した本 奇跡を呼ぶ100万回の祈り 村上和雄/著 ソフトバンククリエイティブ 人を幸せにする魂と遺伝子の法則 村上和雄/著 致知出版社 アホは神の望み Stay Honest,Stay Foolish! 村上和雄/著 サンマーク出版 人は何のために「祈る」のか 生命の遺伝子はその声を聴いている 村上和雄/著 棚次...
    引用元: 人生の暗号 あなたを変えるシグナルがある/村上和雄/著本 : オンライン ...

  • 生命(いのち)をめぐる対話 人間の本質と生き方を語る/村上和雄/著本 ...

    著者情報 村上 和雄 1936年生まれ。筑波大学名誉教授。63年、京都大学大学院農学研究科農芸化学専攻、博士課程修了。同年、米国オレゴン医科大学研究員。76年、バンダビルト大学医学部助教授。78年、筑波大学応用生物化学系教授となり、遺伝子の研究に取り組む。83年、高血圧の黒幕である酵素「レニン」の遺伝子の解読に成功、世界・・・ ・・・ ⇒ もっと詳しく ⇒この著者名で検索する ⇒新刊パトロールに登録 同じ著者名で検索した本 奇跡を呼ぶ100万回の祈り 村上和雄/著 ソフトバンククリエイティブ 人を幸せにする魂と遺伝子の法則 村上和雄/著 致知出版社 アホは神の望み Stay Honest,Stay Foolish! 村上和雄/著 サンマーク出版 人は何のために「祈る」のか 生命の遺伝子はその声を聴いている 村上和雄/著 棚次...
    引用元: 生命(いのち)をめぐる対話 人間の本質と生き方を語る/村上和雄/著本 ...

  • 遺伝子がONになるとは?:私のキャリアノート | Wisdom

    村上和雄 第2回 遺伝子がONになるとは? 村上和雄(筑波大学名誉教授 国際科学振興財団理事) 筑波大学の村上和雄名誉教授は、20年以上に亘って遺伝子研究に没頭してきました。3回シリーズでお届けする今回の第2回目では、人の強い「想い」が遺伝子の働きを変えることを、実際の事例をあげて紹介していきます。 著名な海洋冒険家のジャック・マイヨール氏は、イルカと一緒に泳いでいるうちに水中で5分間息をしないで活動できるようになりました。村上教授は、イルカと一体化したいというマイヨール氏の願望が遺伝子の働きを変えたといいます。恋愛中の女性がきれいになることも、強い恋心が遺伝子の働きを変えるからかもしれません。そして、教授は笑うことで血糖値の上昇を抑えられるという実験も行なっています。 これまでほとんどの人が、遺伝子は生まれたときからずっと変わらないと考えてきました。しかし、村上教授の遺伝子研究では、遺伝...
    引用元: 遺伝子がONになるとは?:私のキャリアノート | Wisdom

  • 村上 和雄とは - Weblio辞書

    村上和雄 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/02/14 07:32 UTC 版) 村上 和雄 (むらかみ かずお、 1936年 1月2日 - )は、日本の 分子生物学者 。 筑波大学 名誉教授 。 農学博士 ( 京都大学 、 1963年 )。 奈良県 天理市 生まれ。 1983年 に、 高血圧 を引き起こす原因となる 酵素 「ヒト・ レニン 」の 遺伝子 解読に成功。 パスツール研究所 や ハーバード大学 を抑えての快挙であった為、一躍注目を集める。 注釈 ^ 『再び接近し始めた「科学」と「宗教」』 産経新聞 2006年3月1日付け「正論」 ^ 村上和雄・小滝透 『科学者が実感した神様の 働き』 天理教道友社、1999年7月。 ISBN 978-4807304530 。62頁。 ^ 『朝日新聞』2008年2月22日 ^ 『茨城の教育...
    引用元: 村上 和雄とは - Weblio辞書

  • 生命のバカ力: 紀伊國屋書店BookWeb

    村上和雄 [ムラカミカズオ] 1936年、奈良県に生まれる。京都大学大学院博士課程を修了。米国オレゴン医科大学研究員、米国バンダービルト大学医学部助教授を経て、1978年、筑波大学応用生物化学系教授となり、遺伝子の研究に取り組む。高血圧の黒幕である酵素「レニン」の遺伝子解読に成功、世界的に脚光をあびる。1996年、日本学士院賞を受賞。筑波大学名誉教授。国際科学振興財団バイオ研究所所長
    引用元: 生命のバカ力: 紀伊國屋書店BookWeb

  • 村上和雄(むらかみかずお) - 講師紹介 - 日本経営合理化協会AV局

    筑波大学名誉教授 村上和雄 (むらかみかずお) 1936年奈良県生まれ。63年京都大学大学院農学研究科農芸化学専攻博士課程修了。農学博士。オレゴン医科大学研究員、京都大学農学部助手、バンダービルト大学医学部助教授を経て、78年より筑波大学応用生物化学系教授。同大遺伝子実験センター長、先端学際領域研究センター長などを務め、平成11年に退官。83年高血圧の原因となる「レニン」の遺伝子解読に成功。世界的注目を集める。96年日本学士院賞受賞。現在、国際科学振興財団専務理事、茨城県工業技術センター長。著書に『生命の暗号』『遺伝子は語る』など多数。
    引用元: 村上和雄(むらかみかずお) - 講師紹介 - 日本経営合理化協会AV局

  • 今野華都子氏・村上和雄氏が講演!モチベーションアップ 社員研修にお役立て ...

    村上和雄 ≪プロフィール≫ 1936年生まれ。'63年、京都大学大学院博士課程修了(農芸化学)。同年、米国オレゴン医科大学研究員となる。その後、バンダビルト大学医学部助教授を経て、'78年筑波大学応用生物化学系教授となり、遺伝子の研究に取組む。'83年、高血圧の黒幕である酵素「レニン」の遺伝子解読に成功。世界的な業績として注目を集める。'96年日本学士院賞受賞。'99年筑波大学名誉教授に就任し、現在に至る。(財)国際科学振興財団理事、バイオ研究所所長も務める。 主な著書に20万部を超えるベストセラーとなった『生命(いのち)の暗号』『人生の暗号』『遺伝子オンで生きる』『アホは神の望み』(いずれもサンマーク出版)、『スイッチ・オンの生き方』(致知出版社)、『愛が遺伝子スイッチON』(海竜社)などがある。「眠っている遺伝子は、どうやって目覚めるのか」をテーマにしたドキュメント映画『SWITCH...
    引用元: 今野華都子氏・村上和雄氏が講演!モチベーションアップ 社員研修にお役立て ...

  • 村上 和雄 の講演依頼/講師派遣は 日本経営開発協会/関西経営管理協会

    村上 和雄 (むらかみ かずお) 筑波大学名誉教授 人生 科学 「遺伝子は語る」 「人生の暗号」 「生命の暗号」 「科学と宗教の接点を求めて」 「いい出会いで人生が決まる」 「感動や笑いが遺伝子をONにする」 「よい遺伝子を目覚めさせる方法」 バイオテクノロジーの世界的権威。 生命科学の最先端の現場から「サムシング・グレート」と「生命の暗号」の秘密を説く。 感動”や“笑い”が遺伝子をONにする!〜サムシング・グレート」からの伝言〜 略歴 昭和11年奈良県生まれ。 38年京都大学大学院博士課程修了、同年米国オレゴン医科大学研究員。米国バンダビルト大学助教授などを経て、53年筑波大学応用生物化学系教授に就任。 58年には高血圧の黒幕である昇圧酵素「レニン」の遺伝子の全暗号解読に初めて成功界的な業績として注目を集める。 遺伝子工学では世界をリードす...
    引用元: 村上 和雄 の講演依頼/講師派遣は 日本経営開発協会/関西経営管理協会

  • 筑波大学名誉教授/村上和雄の出演依頼はタレント依頼.comへ

    タレント依頼.com トップ > 村上和雄 村上和雄 村上和雄 (ムラカミカズオ) ジャンル 文化人 誕生日 1936/1/2 性別 男 村上和雄の出演可能なイベント 講演会/トークショー 村上和雄 の出演依頼・ご相談はこちら 村上和雄 について <現職> 筑波大学名誉教授 経歴 1936年1月2日生まれ 1963年 京都大学大学院農学研究科博士課程修了 米国オレゴン医科大学生化学教室研究員 1976年 米国バンダビルト大学医学部講師・助教授 《昇圧酵素レニンの生化学的研究》 1978年 筑波大学 応用生物化学系教授 (遺伝子実験センター長、先端学際領域センター) 《蛋白質工学、発生工学的研究》 1999年 筑波大学 名誉教授 現在に至る。 (財)国際科学振興財団理事 バイオ研究所所長 《心と遺伝子の相互作用に関する研究》 受賞 1982年 朝日学術奨励賞(朝日新聞社) 1990年...
    引用元: 筑波大学名誉教授/村上和雄の出演依頼はタレント依頼.comへ

  • 「笑い」と「感動」で生命力を高める! | 村上和雄| セミナーズ

    講師紹介 村上和雄 1936年生まれ。63年京都大学大学院農学研究科農芸化学専攻、博士課程修 了。同年米国オレゴン医科大学研究員。京都大学農学部助手、バンダビルト 大学医学部助教授を経て、筑波大学応用生物化学系教授となり、遺伝子の研 究に取り組む。83年高血圧の黒幕である酵素「レニン」の遺伝子解読に成 功、世界的な業績として注目を集める。96年日本学士院賞受賞。著書は『サ ムシング・グレート 大自然の見えざる力』『生命の暗号 あなたの遺伝子が 目覚めるとき』など多数。
    引用元: 「笑い」と「感動」で生命力を高める! | 村上和雄| セミナーズ

  • 村上和雄プロフィール

    村上和雄(むらかみ・かずお) 筑波大学名誉教授。1936年生まれ。DNA解明の権威。世界に先駆け、高血圧の黒幕である酵素”レニン”の遺伝子解読に成功。世界的な業績として注目を集めている。 最先端の遺伝子工学の研究から「感性と遺伝子は繋がっている」ことを究明。人間の「眠れる遺伝子」の持つ、想像を超える可能性を目覚めさせ開花させる方法を解き明かす。科学の世界に身を置きながら、哲学・宗教・宇宙観を展開。飾らない人柄と軽妙洒脱な語り口に絶賛の声が集まる。『生命の暗号』(サンマーク出版)『幸福の暗号』(徳間書店)『遺伝子は語る』(致知出版社)『未来からのコンタクト』(黙出版)他著書多数。
    引用元: 村上和雄プロフィール

  • まなびピア愛媛2004

    村上和雄(むらかみ・かずお) 筑波大学名誉教授。1936年生まれ。DNA解明の権威。世界に先駆け、高血圧の黒幕である酵素”レニン”の遺伝子解読に成功。世界的な業績として注目を集めている。最先端の遺伝子工学の研究から「感性と遺伝子は繋がっている」ことを究明。人間の「眠れぬ遺伝子」の持つ、想像を超える可能性を目覚めさせ開花させる方法を解き明かす。科学の世界に身を置きながら、哲学・宗教・宇宙観を展開。飾らない人柄と軽妙洒脱な語り口に絶賛の声が集まる。『生命の暗号』『遺伝子オンで生きる』(サンマーク出版)『笑う!遺伝子』(一二三書房)『生命のバカ力』(講談社+α新書)他著書多数。
    引用元: まなびピア愛媛2004

  • 村上和雄講演会のページ

    ■日時 平成16年12月8日(水)午後2時〜 ■場所 真壁町総合福祉センター2階大会議室 ■講師 村 上 和 雄 先生(筑波大学名誉教授) ■受講料 無 料 プロフィール 村上 和雄(むらかみ かずお) 1936年生まれ。筑波大学名誉教授。1963年京都大学大学院農学研究科農芸化学専攻、博士課程修了。同年米国オレゴン医科大学研究員、1968年京都大学農学部助手。1976年バンダビルト大学医学部助教授。1978年筑波大学応用生物化学系教授となり、遺伝子の研究に取り組む。1983年高血圧の黒幕である酵素「レニン」の遺伝子解読に成功、世界的な業績として注目を集める。1994年より先端学際領域研究センター長を務めた。1996年日本学士院賞受賞。著書に『科学は常識破りが面白い』(光文社)、『生命の暗号』、『人生の暗号』、『遺伝子オンで生きる』(以上サンマーク出...
    引用元: 村上和雄講演会のページ

  • 村上和雄の名言

    村上和雄の名言 村上和雄の名言 村上和雄の名言を集めました。 先人達の言葉が未来へ…そしてあなたへ届きますように。 地球の名言 > 村上和雄の名言 sponsored link 村上和雄の名言 「 村上 和雄 (むらかみ かずお)」(1936〜) 日本 の分子 生物学者 、筑波大学名誉 教授 。 1983年に、高血圧を引き起こす原因となる酵素「ヒト・レニン」の遺伝子解読に成功し、 世界的に注目を集めた人物。 (出典:ウィキペディア) 著書一覧(提供:楽天)を見る→ 人間には持って生まれた能力の差があるというが、 実は天才でも普通の人でも、 遺伝子の持っている三十億の遺伝子情報は、誰しも同じで、 能力の差とはその中の遺伝子がオンになっているか、 オフになっているかの差に過ぎない。 社会生活を送るうえで、常識は大切です。 ただ、自分の仕事への姿勢とか人生に対する態度が、 常識の...
    引用元: 村上和雄の名言

  • 全国町村会 | コラム

    TOP > コラム 村上 和雄(むらかみ かずお) 大震災に遭遇して思う………H23/05/23 小惑星探査機『はやぶさ』の活躍………H23/02/14 ビル・ゲイツ氏の慈善事業………H22/10/11 幼児は天才である………H22/07/05 細胞同士の助け合い………H22/04/05 21世紀は日本の出番………H22/01/18 新型インフルエンザと人体の見事な防御機構………H21/9/28 他人の心を読み取る………H21/6/29 ノックアウト・マウスの創作から学んだこと………H20/12/15 新しい医療誕生の夜明け………H20/08/25 真の健康とは………H20/05/12 人類は一つの家族である………H20/02/11 陽気な心は遺伝子を活性化する………H19/10/15 世界で注目されている日本食………H19/07/...
    引用元: 全国町村会 | コラム

  • 講師プロフィル(村上 和雄 氏)−未来企業研究会/イズミヤ総研

    村上 和雄 氏 筑波大学名誉教授 <プロフィール> 1936年、奈良県天理市生まれ。 1963年京都大学大学院博士課程修了(農芸化学)、 同年米国オレゴン医科大学研究員、京都大学農学部助手、
    引用元: 講師プロフィル(村上 和雄 氏)−未来企業研究会/イズミヤ総研

  • 村上 和雄プロフィール - 講師派遣 - ココデシカ Coco-de-sica

    村上 和雄 むらかみ かずお 現職 筑波大学 名誉教授 著書 1963年京都大学大学院 博士課程終了 米国オレゴン医科大学研究員 1976年米国バンダビルト大学医学部助教授 1978年筑波大学 応用生物化学系 教授 1999年筑波大学 名誉教授 (財)国際科学振興財団 理事 バイオ研究所長 主な受賞 1990年マックスプランク研究賞(ドイツ・フンボルト財団) 1993年日経BP技術賞(日経BP社) 1996年日本学士院賞(日本学士院) 2001年岡本国際賞(成人血管病研究振興財団) 講演テーマ 遺伝子をONにする 著書 「生命の暗号」「生命の暗号�A」「人生の暗号」「サムシンググレート」 「遺伝子オンで生きる 」 (サンマーク出版) 「科学は常識破りが面白い」(光文社カッパブックス) 「生命のバカ力」(講談社+α新書) 「イネゲノムが明かす『日本人のDNA』」(家の光協会)...
    引用元: 村上 和雄プロフィール - 講師派遣 - ココデシカ Coco-de-sica

  • 【村上和雄 先生】(財)国際科学振興財団 『心と遺伝子研究会』 眠れる ...

    【村上和雄 先生】(財)国際科学振興財団 『心と遺伝子研究会』 眠れる良い遺伝子を目覚めさせよう << 作成日時 : 2007/12/01 12:37 >> ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0 私は生命科学の現場に40年近くおり、特に、後半は、遺伝子の研究に従事していました。 その間、新しい遺伝子工学を取り入れることができ、幸いにも研究が予想以上に進み、多くの感動的なドラマに出会うことができました。 2000年には、ヒト・ゲノムの全遺伝子暗号(塩基配列)がほぼ解読され、20世紀の科学の最大の成果だといわれました。 しかし、この成果より、もっともっと凄いことがあります。 それは、解読される前に、すでにその暗号が書かれていたという事実です。 万巻の書物に匹敵するヒトの情報が、極微の空間に書き込まれ、しかも、その情報は、いま、一刻の休みもなく、私たちの身体の中で正確に解読...
    引用元: 【村上和雄 先生】(財)国際科学振興財団 『心と遺伝子研究会』 眠れる ...

  • 村上和雄 - Wikipedia

    村上和雄 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 移動: 案内 , 検索 村上 和雄 (むらかみ かずお、 1936年 1月2日 - )は、日本の 分子生物学者 。 筑波大学 名誉教授 。 農学博士 ( 京都大学 、 1963年 )。 奈良県 天理市 生まれ。 1983年 に、 高血圧 を引き起こす原因となる 酵素 「ヒト・ レニン 」の 遺伝子 解読に成功。 パスツール研究所 や ハーバード大学 を抑えての快挙であった為、一躍注目を集める。 目次 1 略歴 2 サムシング・グレート 3 著書 4 共著 5 CD 6 注釈 7 外部リンク [ 編集 ] 略歴 1958年 京都大学 農学部 農芸化学科卒業 1963年 京都大学 大学院 農学研究科農芸化学専攻 博士課程 修了、オレゴン医科大学 研究員 (生化学教室) 1968...
    引用元: 村上和雄 - Wikipedia

  • 「つつしみ」の法則: 紀伊國屋書店BookWeb

    村上和雄 [ムラカミカズオ] 1936年生まれ。筑波大学名誉教授。1976年バンダビルト大学医学部助教授。1978年筑波大学応用生物化学系教授となり遺伝子の研究に取り組む。1983年高血圧の黒幕である酵素「レニン」の遺伝子解読に成功、世界的な業績として注目を集める。1994年より先端学際領域研究(TARA)センター長を務めた。マックスプランク研究賞・日本学士院賞受賞
    引用元: 「つつしみ」の法則: 紀伊國屋書店BookWeb

  • 『スイッチ・オンの生き方』著者インタビュー:村上和雄氏 - 人間学の致知出版社

    『スイッチ・オンの生き方』著者インタビュー:村上和雄氏 『スイッチ・オンの生き方』 【38億年の歴史がつまった遺伝子】 村上和雄・著 1,260円(税込) 月刊『致知』の連載でもお馴染み、遺伝子研究の第一人者・筑波大学名誉教授の村上和雄氏の最新刊。発売以来、村上氏のラジオ出演が大きな反響を呼ぶなど話題となり、読者から次々と感動の声が寄せられています。 本書に、50年にわたる研究成果のエッセンスを凝縮した村上氏に、その思いを伺いました。 本書への思い 「私たちの生命を生かすため、細胞の中で絶え間なく活動している遺伝子には、世代を超えて情報を伝達する働きがあります。 その世代というのは、ずっとさかのぼって最初の生き物にまでたどり着くことができる。つまり、私たちの遺伝子には、地球の生命誕生の瞬間から今日に至るまで、約38億年の歴史が刻まれています。私たちは、38億年を生き抜いた勝者といえるのです...
    引用元: 『スイッチ・オンの生き方』著者インタビュー:村上和雄氏 - 人間学の致知出版社

  • 村上和雄ドキュメント SWITCH 遺伝子が目覚める瞬間:作品紹介 ...

    村上和雄ドキュメント SWITCH 遺伝子が目覚める瞬間 村上和雄ドキュメント SWITCH 遺伝子が目覚める瞬間 サンマーク出版 村上和雄ドキュメント SWITCH 遺伝子が目覚める瞬間 ホーム > 作品紹介 > 「SWITCH」について 人間の無限の可能性を追い続ける科学者、村上和雄博士の研究の軌跡と、遺伝子がオンになった人々の生き様を追った感動のドキュメンタリー 人間の遺伝子には、1000文字×1000ページの百科事典約3200冊分の情報が入っていると言われています。しかし、私たちは生涯、その数パーセントしか使っていないことが様々な研究の結果により明らかになりました。 バイオテクノロジーの世界的権威・村上和雄博士は言います。 「眠っている遺伝子のスイッチをオンにすれば、人間の可能性は無限大だ」と。 では、私たちの遺伝子は、いかにしてオンになるのか。 あなたの遺伝子も、スイッチが入...
    引用元: 村上和雄ドキュメント SWITCH 遺伝子が目覚める瞬間:作品紹介 ...

  • ガン克服講座 元気日記 - 筑波大学名誉教授の村上和雄先生を知ってますか

    記事一覧へ 頑張っている教え子を紹介します かとう道場 2005/10/06 筑波大学名誉教授の村上和雄先生を知ってますか 最近、NHKや民放、たとえば「報道2001」とか「世界一受けたい授業」などに出演されている。 遺伝子工学の分野では超有名な村上和雄先生。 著書には、「生命の暗号」「人生の暗号」「サムシング・グレート」「生命のバカ力」「笑う遺伝子」が挙げられる。 とくに最近は、笑って健康遺伝子にスイッチONということで、吉本興業と組んで、お笑いで健康になるという研究をされている。 最近ある方の紹介で村上和雄先生にお会いした。 そこでいろいろお話をさせていただいて、来年愛知県一宮で講演をしていただけることとなった。 私は、元気笑楽校(しょうがっこう)を11月から開講する。人生笑って楽しくいこうってこと。 皆さん知らず知らずのうちに眉間にしわを寄せていたり、怒り顔で人相が悪くなっていません...
    引用元: ガン克服講座 元気日記 - 筑波大学名誉教授の村上和雄先生を知ってますか

  • 講演会のNPO法人ザ・シチズンズ・カレッジ - TCC講演会@USEN ...

    村上 和雄 (むらかみ かずお) 筑波大学名誉教授 講題 いのちの暗号−遺伝子が目覚めるとき− 講演日 2005年12月14日(水):大手町KDDIホール 放送日 3月1日(水)〜3月31日(金) 毎日 1日4回 放送時間 6時〜8時 12時〜14時 18時〜20時 0時〜2時 参考 | 村上 和雄プロフィール | 講演会参加者感想文 |
    引用元: 講演会のNPO法人ザ・シチズンズ・カレッジ - TCC講演会@USEN ...

  • 東京家政大学|環境教育学科|研究室紹介《村上和雄/環境分析研究室》

    Department of Environmental Education, Tokyo Kasei University 井上 宮雄 二川 正浩 新関 隆 藤森 文啓 松木 孝幸 宮内 正厚 村上 和雄 宮本 康司 吉原 富子 TOPへ 村上 和雄 環境分析研究室 担当授業科目 物理化学 I 、物理化学 II 、エコロジー論、環境分析実験 環境有機化学、セミナー、卒業研究 環境分析研究室 卒業研究 1.環境汚染物質の高速液体クロマトグラフィー、 イオンクロマトグラフィーに よる分析法の研究 2.環境(河川、湖沼、海)中の汚染物質の測定。 フェノール系環境ホルモンの 測定法の研究。 3.キャピラリー電気泳動によるイオン性物質 (環境汚染物質をはじめ種々の物 質の測定。 4.酵素や微生物の働きを利用するバイオセンサーによる種々の物質の測定。 5.バイオリアクターに...
    引用元: 東京家政大学|環境教育学科|研究室紹介《村上和雄/環境分析研究室》

  • .FM放送ラジオ番組『ベストセラーズチャンネル』あの村上和雄氏が登場 ...

    .FM放送ラジオ番組『ベストセラーズチャンネル』あの村上和雄氏が登場!『スイッチ・オンの生き方―遺伝子が目覚めれば、人生が変わる』(致知出版社)を取り上げました。(企画・プロデュース:起業家大学、パーソナリティ:山口佐貴子、音声配信:2010年3月末開始) [内閣府認証特定非営利活動法人起業家大学] (news2u) 2010年03月30日(火)09時00分配信 山口佐貴子がパーソナリティを務める.FM放送ラジオ番組『ベストセラーズチャンネル』(起業家大学企画・プロデュース)では『スイッチ・オンの生き方―遺伝子が目覚めれば、人生が変わる』(致知出版社)の著者である村上和雄氏に、書籍執筆の動機や裏話、書籍には書くことができなかったさらに深い書籍の内容などを番組で語っていただきました。 起業家大学が企画・プロデュースを行う、.FM放送ラジオ番組『ベストセラーズチャンネル』( http://be...
    引用元: .FM放送ラジオ番組『ベストセラーズチャンネル』あの村上和雄氏が登場 ...

  • 村上 和雄さんの旅メモ - Yahoo!トラベル

    村上 和雄さんは旅びと登録していません。 旅メモ トップ 村上 和雄 男性/AB型 プロフィールを見る 友だち登録 メッセージを送る メッセンジャーを送る 送信 友だち (13人) p a n d a _ s e n n s e i つゆ草 ハッシ〜 月光山洗心庵 h a p * y * a d o 3 6 想碧 友だち一覧 旅びと登録済み
    引用元: 村上 和雄さんの旅メモ - Yahoo!トラベル

  • 「笑い」が病を治す?! 「心」と遺伝子の不思議な関係 村上 和雄 氏

    遺伝子にはスイッチ機能があり、ONにもOFFにもなる。心と遺伝子は密接につながっているんです。 「笑い」が病を治す?! 「心」と遺伝子の不思議な関係 筑波大学名誉教授 村上 和雄 氏 むらかみ かずお 1936年奈良県生れ。63年京都大学大学院博士課程修了。米国オレゴン医科大学研究員、米国バンダービルト大学医学部助教授を経て、78年筑波大学応用生物化学系教授、99年より筑波大学名誉教授、(財)国際科学振興財団バイオ研究所所長を務めている。パリのパスツール研究所、ハーバード大学に先んじた「ヒト・レニン」遺伝子の解読や、イネゲノムの解読などの功績がある。著書に『人は何のために「祈る」のか』(祥伝社)、『遺伝子オンで生きる―こころの持ち方であなたのDNAは変わる!』、『生命の暗号―あなたの遺伝子が目覚めるとき』、『サムシング・グレート―大自然の見えざる力』(いずれもサンマーク出版)、『生命のバカ...
    引用元: 「笑い」が病を治す?! 「心」と遺伝子の不思議な関係 村上 和雄 氏

  • JBCCホールディングス株式会社 | 村上 和雄氏 × 石黒 和義 心と ...

    一覧へ戻る (右)遺伝子学者 村上和雄氏 村上和雄博士は、世界に先駆けて高血圧に関係するヒトレニンの全遺伝情報解読に成功し、バイオテクノロジーの泰斗として知られる科学者である。遺伝子研究から、人知を超えた"サムシング・グレート"の存在を確信され、多数の著作、講演を通じてその不思議な世界を世に知らしめてこられた。現在はまた、遺伝子の潜在的な能力の開拓や「笑い」の医療への活用など、心と遺伝子をテーマにした研究も推進されている。ひたすら謙虚に前向きに、生命の謎を追究する科学者の純粋な志に触れ、明るくてユーモアあふれるお人柄に接して、世の中の喧騒を一瞬忘れ、思い切り笑い、そして38億年の生命進化の不思議に眼を瞠った。 愉快な講演のできるまで サムシング・グレートのメッセンジャーとして アンテナを研ぎ澄ましてとらえた「出会い」のタイミング 祈りが科学のテーマになる時代 科学者の人...
    引用元: JBCCホールディングス株式会社 | 村上 和雄氏 × 石黒 和義 心と ...

  • 送料込「生命の暗号 あなたの遺伝子が目覚めるとき」村上和雄 ...

    ご覧頂き、ありがとうございます。 本商品は、「生命の暗号 あなたの遺伝子が目覚めるとき」筑波大学教授 村上和雄・著です。 <紹介文> バイオテクノロジーの第一人者が最先端の研究成果をもとに、遺伝子 ON の生き方を提言する。 船井幸雄氏絶賛! ◎ 生命の不思議を解読する ◎ 遺伝子が目覚めるとき ◎ 環境で遺伝子が変わる ◎ 遺伝子 ON にして生きる ◎ この生命設計図の不思議 ◎ だれが生命の暗号を書いたか ※ 中古品のため、カバー等に薄い汚れ傷があり、天地、側面にも、薄いですが、汚れ傷、薄いしみがあります。但し、内側はきれいです。気になる方は、ご入札を控えてください。 ※ なお、「連絡先・入金・発送について」ご連絡後、即ご入金いただきましても、仕事の関係上、直には、ご返信できないこともあります。その際は、大変に失礼かもしれませんが、商品の発送時に、ご入金と発送のご連絡を同時にすること...
    引用元: 送料込「生命の暗号 あなたの遺伝子が目覚めるとき」村上和雄 ...

  • 遺伝子の不思議が解き明かされてきた:私のキャリアノート | Wisdom

    Wisdomホーム > 成功ストーリー > 私のキャリアノート > 第3回 村上和雄 第3回 遺伝子の不思議が解き明かされてきた 村上和雄(筑波大学名誉教授 国際科学振興財団理事) 筑波大学の村上和雄名誉教授は、20年以上に亘って遺伝子研究に没頭してきました。3回シリーズでお届けする今回の第3回目では、遺伝子のまだまだ解き明かされていない不思議や謎を取り上げていきたいと思います。 人間の遺伝子は、凡人もノーベル賞クラスの天才もほとんど差がないということが分かっています。両者の間には、0.1%の差しかないそうです。また、常時使われている遺伝子情報は3〜10%にすぎないといいます。つまりあとの90〜97%は何をしているのか分かっていないのです。 村上教授は、この謎の部分に強い興味を持っています。この謎の部分に、生命の神秘を解く暗号があるかもしれないからです。教授...
    引用元: 遺伝子の不思議が解き明かされてきた:私のキャリアノート | Wisdom

  • いい話の新聞記事 村上和雄

    筑波大学名誉教授/村上和雄先生/2003年3月取材 科学と宗教の接点を求めて 村上和雄教授は1983年夏、世界に先駆けてヒト・レニン遺伝子の解読に成功し一躍その名を世界に轟かせた。 当時、遺伝子工学の分野ではフランスのパスツール研究所や米国のハーバード大学などがヒト・レニン遺伝子の暗号解読にしのぎをけずっていた。村上先生は創立10年ほどだった筑波大学の学生たちと「朝起き!正直!働き!」を合言葉に食事時間はおろか睡眠時間までも削って、まさに命がけで日夜研究に没頭しみごとに金字塔を打ち立てたのである。 「私は、学生たちが世界に勝った喜びで抱き合いながら躍り上っている姿を見ながら、遺伝子の暗号というのはいったいなんなんだという思いが胸のうちに湧きあがっていました」 村上先生はこのとき、遺伝子の奥の奥にある『サムシンググレート』の存在をはっきりと感じたという。 「遺伝子には人間が生...
    引用元: いい話の新聞記事 村上和雄

  • 村上和雄-癒しフェア

    村上 和雄(むらかみ かずお) 筑波大学名誉教授。米国オレゴン医科大学、京都大学農学部、米国バンダービルト大学医学部等を経て、1978年より筑波大学応用生物化学系教授。同大遺伝子実験センター長、先端学際領域研究センター長等を務め、99年に退官。83年に酵素「レニン」の遺伝子解読に初めて成功、世界的な注目を集める。90年、マックス・プランク研究賞、96年、日本学士院賞を受賞。 著書は「そうだ!絶対うまくいく!」(海竜社)、「笑う!遺伝子」(一二三書房)、「遺伝子オンで生きる」(サンマーク出版)、「生命のバカ力」(講談社 +α新書 )、ほか多数。
    引用元: 村上和雄-癒しフェア

村上和雄 の相関図を読込中

村上 和雄(むらかみ かずお、1936年1月2日 - )は、日本の分子生物学者。筑波大学名誉教授。農学博士(京都大学、1963年)。奈良県天理市生まれ。1983年に、高血圧を引き起こす原因となる酵素「

スポンサードリンク