村松貞次郎の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 村松貞次郎 - Wikipedia

    村松 貞次郎(むらまつ ていじろう、1924年6月30日 - 1997年8月29日)は日本の建築史家。
    引用元: 村松貞次郎 - Wikipedia

  • 日本建築家山脈: 紀伊國屋書店BookWeb

    村松貞次郎 [ムラマツテイジロウ] 建築史家。1924年静岡県生まれ。第八高等学校を経て、48年東京大学第二工学部建築学科卒業。53年東京大学大学院博士課程修了、東京大学工学部助手。61年東京大学生産技術研究所助教授、工学博士。74年東京大学生産技術研究所教授。85年法政大学工学部教授、東京大学名誉教授。日本建築学会副会長、文化財保護審議会専門委員、法務省旧庁舎再利用検討委員会委員長、迎賓館赤坂離宮顧問などのほか、博物館明治村館長を務める。95年「日本近代建築史研究による建築学発展への貢献」で日本建築学会大賞受賞。1997年逝去。編著書に『日本建築技術史』、『大工道具の歴史』(毎日出版文化賞)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
    引用元: 日本建築家山脈: 紀伊國屋書店BookWeb

  • セブン&アイのセブンネットショッピング - 書籍 - 日本建築家山脈 ...

    村松 貞次郎(ムラマツ テイジロウ) 建築史家。1924年静岡県生まれ。第八高等学校を経て、48年東京大学第二工学部建築学科卒業。53年東京大学大学院博士課程修了、東京大学工学部助手。61年東京大学生産技術研究所助教授、工学博士。74年東京大学生産技術研究所教授。85年法政大学工学部教授、東京大学名誉教授。日本建築学会副会長、文化財保護審議会専門委員、法務省旧庁舎再利用検討委員会委員長、迎賓館赤坂離宮顧問などのほか、博物館明治村館長を務める。95年「日本近代建築史研究による建築学発展への貢献」で日本建築学会大賞受賞。1997年逝去。編著書に『日本建築技術史』、『大工道具の歴史』(毎日出版文化賞)など多数
    引用元: セブン&アイのセブンネットショッピング - 書籍 - 日本建築家山脈 ...

  • 村松 貞次郎 - Webcat Plus

    村松 貞次郎 (1924-1997) "村松 貞次郎"(むらまつ ていじろう、1924年6月30日 - 1997年8月29日)は日本の建築史家。 静岡県島田市出身、旧制八高を経て東京大学第二工学部建築学科卒業。1973年、『大工道具の歴史』で毎日出版文化賞受賞。1974年、東京大学生産技術研究所教授。1983年、日本近代建築の評価に基づく都市計画の業績により日本建築学会賞受賞。1984年、定年退官、法政大学教授、明治村館長を務めた。藤森照信は教え子。 日本の建築生産について研究を進め、煉瓦造・鉄筋コンクリート造などの新しい技術が導入される過程を労作『日本近代建築技術史』にまとめた。また、同時代の建築に関わるルポとして、『現... 「Wikipedia」より
    引用元: 村松 貞次郎 - Webcat Plus

  • 村松貞次郎 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

    村松貞次郎 - Wikipedia 村松 貞次郎(むらまつ ていじろう、1924年6月30日 - 1997年8月29日)は日本の建築 史家。 静岡県島田市出身、旧制八高を経て東京大学第二工学部建築学科卒業。1973年、 『大工道具の歴史』で毎日出版文化賞受... http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%91%E6%9D%BE%E8%B2%9E%E6%AC%A1%E9%83%8E 松岡正剛の千夜千冊『大工道具の歴史』 村松貞次郎 こうした日本独自の比例道具を考案したのは、江戸の大棟梁の平内延臣で、和算の成果を 徹底して採り入れた。その『矩術新書』は匠のバイブルになっている。 村松貞次郎 さんが 明治村の館長だったころに、この『... http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0379.html 村松貞次郎 作品一覧: 紀伊國屋書...
    引用元: 村松貞次郎 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

  • 村松貞次郎 - Yahoo!百科事典

    村松貞次郎(むらまつていじろう) [ 日本大百科全書 ( 小学館 ) ] (1924―1997) 建築史家。静岡県に生まれる。1948年(昭和23)に 東京大学 第二工学部建築学科を卒業。同 大学院 に進み、53年同助手、61年同大学生産技術研究所助教授、74年教授。 関野克 (まさる)らとともに 幕末 ・明治初期の産業建築、洋風 住宅 の調査を進め、技術史・技術論の研究を行う。『日本建築技術史』(1959)では、 れんが などの新材料の生産、木造建築における洋小屋と和 小屋 の二つの技術の系譜、鉄骨や鉄筋 コンクリート の導入といったトピックを通して、建築における技術の 近代化 過程に見取り図を与えた。 56年に 建築設計 体制の変革を旗印として若手建築家・評論家らにより結成された「五期会」で中心的な役割を果たす。1960年代には、同時代の建築動向に対する積極的な発言を展開する。61年か...
    引用元: 村松貞次郎 - Yahoo!百科事典

  • 資料詳細

    書名 道具と手仕事 著者名 村松貞次郎著 出版社 東京 岩波書店 出版年月 1997.2 価格 3000円 ページ数 278p 大きさ 20cm ISBN 4-00-024104-4 件名 大工道具 NDC9 583.8 抄録 今や失われゆく職人の技をいとおしみつつ、鋸、鉋、砥石など道具の誕生や変遷を語りながら、様々なエピソードとともに手仕事の世界を描く。また、自ら「にわか大工」となり、書庫を作りあげた体験も熱く語る。 著者紹介 〈村松貞次郎〉1924年生まれ。東京大学第二工学部建築学科卒業。同大学生産技術研究所教授等を経て、現在、同大学名誉教授、博物館明治村館長。著書に「日本近代建築技術史」「やわらかいものへの視点」など。 資料形態 図書 言語 日本語 マークNo. 97008054
    引用元: 資料詳細

  • 村松貞次郎とは - はてなキーワード

    村松貞次郎 むらまつていじろう ( 一般 ) 編集 注目の求人情報 [求人] 株式会社エコールへの正社員転職 募集内容:【塾講師】中高生向けに英数理の指導。熱意ある方大歓迎★ [求人] 株式会社ファーストへの正社員転職 募集内容:【被災者のための求人】常駐警備 転職ならリクナビNEXT 言及数のトレンド 今週のPV: 23 (147,184位) グラフで詳しく見る 目次 村松貞次郎とは 含むブログ 新着エントリー 含むキーワード 注目キーワード アンドラ コパ・アメリカ 外交官 黒田康作 WebKit 渡辺謙 ハッサム 脳梗塞 もっと見る 1924-1997 建築 史家。 1948年 東京大学 第二工学部 建築学 科卒業。53年同大学助手、 助教授 をへて74年に同 生産技術研究所 教授。現在 博物館 明治村 館長。著作に『日...
    引用元: 村松貞次郎とは - はてなキーワード

  • 村松貞次郎 - Wikipedia

    村松貞次郎 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 移動: 案内 , 検索 村松 貞次郎 (むらまつ ていじろう、 1924年 6月30日 - 1997年 8月29日 )は日本の建築史家。 静岡県 島田市 出身、 旧制八高 を経て 東京大学 第二工学部建築学科卒業。1973年、『大工道具の歴史』で 毎日出版文化賞 受賞。1974年、 東京大学生産技術研究所 教授。1983年、日本近代建築の評価に基づく都市計画の業績により日本建築学会賞受賞。1984年、定年退官、 法政大学 教授、 明治村 館長を務めた。 藤森照信 は教え子。 日本の建築生産について研究を進め、煉瓦造・鉄筋コンクリート造などの新しい技術が導入される過程を労作『日本近代建築技術史』にまとめた。また、同時代の建築に関わるルポとして、『現代建築をつくる人々 設計組織ルポ』(浜口隆一と共著)がある。伝統的な職...
    引用元: 村松貞次郎 - Wikipedia

  • 村松貞次郎 とは - コトバンク

    村松貞次郎 【むらまつ-ていじろう】 1件の用語解説(村松貞次郎で検索) Tweet デジタル版 日本人名大辞典+Plus の解説 村松貞次郎 むらまつ-ていじろう &nbsp 1924-1997 昭和 後期 - 平成 時代 の 建築 史家。 大正 13年6月30日生まれ。昭和49年東大 教授 となる。のち法大教授,平成3年 明治 村 館長 。明治の 洋風 建築を 全国 的に 調査 ・研究し,「 日本 近代建築 総覧 」としてまとめた。7年建築 学会 大賞 。平成9年8月29日 死去 。73歳。静岡県 出身 。東大卒。 著作 に「日本近代建築の 歴史 」「 大工 道具 の歴史」など。 この辞書の凡例を見る (C)Kodansha 2009. 書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。収録人物のデータは2009年...
    引用元: 村松貞次郎 とは - コトバンク

  • オンライン書店ビーケーワン:新道具曼陀羅

    この本を 1 2 3 4 5 6 7 8 9 冊買う 10冊以上買う お困りの方 村松 貞次郎文 岡本 茂男写真 税込価格: ¥4,988(本体 : ¥4,750) bk1ポイント倶楽部 : 47 ポイント(1%進呈) 国内送料無料 出版:毎日新聞社 サイズ ISBN 発行年月 利用対象 出荷可能時間 26cm / 190p 一般 出荷までに要する日数について 配達方法について 内容説明 道具を見直す。それは決して懐古趣味ではない。再生のヒントを模索する重要な作業である。道具を手放したら、人はヒトではなくなる。職人の膏血・典雅・情念を映す道具のすがたを、文と写真が心温かく表す。 著者紹介 〈村松〉1924年生まれ。東京大学第二工学部建築学科卒業。著書に「日本近代建築技術史」など。97年死去。 〈岡本〉1929年生まれ。写真家。著書に「...
    引用元: オンライン書店ビーケーワン:新道具曼陀羅

  • 村松貞次郎対談集〈1〉建築の心と技 - 村松 貞次郎 | 感想・口コミ ...

    村松貞次郎対談集〈1〉建築の心と技 Tweet mixiチェック 村松 貞次郎 商品カテゴリー: − Amazonランキング: 1302068位 定価: ¥ 1,365 ユーズド価格: ¥ 2,850 ISBN/ASIN:B000J8WMR2(新建築社) 送料無料! 20ポイント が貯まるカラメル BOOKSで、「 村松貞次郎対談集〈1〉建築の心と技 (1976年) 」を探す! >>詳細ページへ JUGEMユーザーのレビュー・感想 この商品を紹介しているユーザーはまだいません。 » 「村松貞次郎対談集〈1〉建築の心と技 」についてもっと詳しくみる ブクログユーザーのレビュー・感想( 2 件) [ 4.00 ] » ブクログユーザーの「村松貞次郎対談集〈1〉建築の心と技 」のレビューを見る アマゾンユーザーのレビュー・感想 » Amazonユーザー...
    引用元: 村松貞次郎対談集〈1〉建築の心と技 - 村松 貞次郎 | 感想・口コミ ...

  • 建築の心と技−村松貞次郎対談集1 - 古本買取・販売 モズブックス|大阪 ...

    都市・建築 > 建築の心と技−村松貞次郎対談集1 建築の心と技−村松貞次郎対談集1 売り切れ この商品について問い合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける ■著者名:村松貞次郎 ■出版元:新建築社 ■刊行年:昭和52年、重版、カバー、帯 ■サイズ:四六判 ■状態:カバー少汚れ、帯破れ・折れ・シミ有、本文良好。 ■内容:対談相手は、吉田五十八、谷口吉郎、村野藤吾、林昌二、岩本博行、川崎清、吉阪隆正、磯崎新、槇文彦、吉村順三、以上10人。 古書・古本の出張買取なら大阪のモズブックスにお任せください! 誠実査定・高価買取の大阪古書組合加盟店です。 大阪はもちろんのこと、全国出張無料です。 詳しくは 古書・古本買取 のページをご覧ください。 よくある質問をまとめた 出張買取Q&A のページもございます。 お気軽にお電話ください。お問い合わせ電話番号: 0725-55-7906 ...
    引用元: 建築の心と技−村松貞次郎対談集1 - 古本買取・販売 モズブックス|大阪 ...

  • 「村松貞次郎」 復刊リクエスト一覧

    キーワード「村松貞次郎」のリクエスト一覧 5件 0件 表示: 画像付き一覧 テキスト一覧 並び順: 投票数順 新しい順 タイトル順 道具曼陀羅 【著者】村松貞次郎/岡本茂男 【出版社】毎日新聞社 貴重な大工道具の数々が、美麗な写真と共に紹介されており、道具好き必見の書かと思います。 得票数 56票 続道具曼陀羅 【著者】村松貞次郎/岡本茂男 【出版社】毎日新聞社 図書館で読んで以来、すばらしいデザインに魅了されました。昔の職人は潜在的に感性を持っているのでしょう。... 得票数 40票 続々道具曼陀羅 【著者】村松貞次郎/岡本茂男 【出版社】毎日新聞社 黒田辰秋はどんな刃物を使っていたか知りたくなったので 得票数 39票 道具曼陀羅 続道具曼陀羅 続続道具曼陀羅 【著者】村松貞次郎 【出版社】毎日新聞社 ぜひ、手元に置きたいです。 得票数 7票 日本の建...
    引用元: 「村松貞次郎」 復刊リクエスト一覧

  • JBOOK:日本近代建築の歴史:村松 貞次郎 著:書籍

    日本近代建築の歴史 岩波現代文庫S 111 村松 貞次郎 著 商品種別: 書籍 定価: 1155円 (税込) 本体価格: 1100円 販売価格: 1155円 (税込) ▼一配送あたり3,000円(税込)未満のご注文は送料分のポイント付与! ポイント: 3% ポイント還元! (本体価格に対して) ▼3点以上でポイント2%上乗せ! 販売状況 販売中 買い物カゴに入れる 販売状況について 発行年月: 2005年04月 発売元: 岩波書店 ISBN: 9784006031114 旧IS: (4006031114) sku: 2597389 Tweet ■ 内容紹介 /日本近代建築の歴史 ■ 建築はその姿・形によって,もっとも雄弁に時代を語る存在である.西洋化を受け止めた明治の棟梁たち,お雇い外国人たちの活躍,日本人建築家の誕生,...
    引用元: JBOOK:日本近代建築の歴史:村松 貞次郎 著:書籍

  • 建築のワタショウ|住宅ローンのマル秘テク

    福島県の注文住宅なら(有)ワタショウにお任せください 施工例 福島県田村郡 N・H 様邸 所在地:福島県田村郡三春町八島台 1990年 9月完成 1990年度三春町建築賞受賞 審査委員長 村松貞次郎氏(東京大学名誉教授) ・・・他の写真を見る 福島県田村郡 K・E 様邸 所在地:福島県田村郡三春町山田 1993年 8月完成 1995年度三春町建築賞受賞 審査委員長 村松貞次郎氏(東京大学名誉教授) ・・・他の写真を見る 福島県郡山市 W・T 様邸 所在地:福島県郡山市冨田町 1994年12月完成 高気密高断熱住宅 トステム�潟Tーモマスター工法 ・・・他の写真を見る 福島県田村郡 M・Y 様邸 所在地:福島県田村郡三春町下舞木 1996年10月完成 1995年度三春町建築賞受賞 選考委員長 大高正人氏(法政大学教授) 19...
    引用元: 建築のワタショウ|住宅ローンのマル秘テク

  • 大工道具の歴史/村松 貞次郎 著本 : オンライン書店e-hon

    大工道具の歴史 岩波新書 青版G 65 村松 貞次郎 著 出版社名 : 岩波書店 出版年月 : 1973年8月 ISBNコード : 978-4-00-416065-6 ( 4-00-416065-0 ) 税込価格 : 798円 出荷の目安 : 通常1~2日で出荷します この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています 大逆事件 死と生の群像 田中伸尚/著 2,835円 知者たちの言葉 ソクラテス以前 斎藤忍随/著 798円 荒地 T・S・エリオット/作 岩崎宗治/訳 882円 消費税のカラクリ 斎藤貴男/著 756円 発掘調査のてびき 全2巻 文化庁文化財部記念物課/監修 奈良文化財研究所/編 5,250円 王陵の考古学 都出比呂志/著 756円 沖縄ノート 大江健三郎/著...
    引用元: 大工道具の歴史/村松 貞次郎 著本 : オンライン書店e-hon

  • 最新ニュース - aacaシンポジウム「よみがえる三菱一号館 ...

    冒頭の挨拶で、aacaの中島会長は、亡き村松貞次郎氏からの言葉と共に、明治村への移転保存をせずに復元を前提とした解体から数えて41年、万を期しての竣工であると感慨を述べました。 基調講演は、建築史家の鈴木博之青山学院大学教授。コンドルが師事したウィリアム・バージェス、来日後に入門した絵師河鍋暁斎から受けた薫陶を解説しつつ、当時の時代背景を明らかにしました。 設計監理を請け負った三菱地所設計からは、地中から発掘された遺構のスライドなどを前に、明治の図面と解体時の実測図、写真などから設計寸法を追い出したという2年に及んだ工事の経緯が報告されました。
    引用元: 最新ニュース - aacaシンポジウム「よみがえる三菱一号館 ...

  • MILBOOKS -online book seller-:商品詳細 ...

    職人のミクロコスモス ― 仕事場と道具 " 村松貞次郎 岡本茂男 土田一郎 二村次郎 遠藤元男 安田武 六角鬼丈 遠藤利克 安田武 多木浩二 清野文男(著者) 福住治夫(編集) 村松貞次郎(監修) 田淵編集美術事務所(デザイン) [発行所] INAX出版 [シリーズ名] INA BOOKLET [発行年] 1990年 [版刷] 2版1刷 5巻3号 [構成数] 1冊 [フォーマット] A4変型 タテ205×ヨコ210mm [ボリューム] 80頁 [図版] カラー、モノトーン [言語] 日本語 [コメント] 斧鍛冶、蔦鍛冶、刀鍛冶、研ぎ師、鋸鍛冶、建築金物鍛冶、漆芸家、塗師、京唐紙、鍛金、切ばめ、錐、桶屋、下駄、鋸目立て、鉋鍛冶、鋸鍛冶・・・熟練の時間を刻んだ道具たちと、それらの配置が語る身体運動の軌跡。「生活の全体によって全身の動きとして」ある職人の仕事について、その仕事場とともに人と道具...
    引用元: MILBOOKS -online book seller-:商品詳細 ...

  • 日本語を学んだことがありますか(小田研究室)

    ○村松貞次郎『大工道具の歴史』岩波新書(青版867) ・言語学を専門とする方に、何か日本語に関する面白い本を教えてください、と頼んだらご紹介くださいました。「ことば」について学ぶことが多い本です。税別:640円(ある古書店では、1,000円。パラフィン紙できれいに包まれていた。お買い得だったと思う。もしも、近くの古書店の岩波新書一律 200円コーナーにでもあったら、また買う。)
    引用元: 日本語を学んだことがありますか(小田研究室)

  • INAX | INAXについて | 文化活動 | INAX出版 | 職人 ...

    職人のミクロコスモス 仕事場と道具 著者 村松貞次郎、遠藤元男、多木浩二 定価 1,050円(税込) A4判変型(210mm×205mm) 並製 80頁 ISBN 978-4-87275-514-5 1985年9月6日発行 熟練の時間を刻んだ道具たちと、それらの配置が語る身体運動の軌跡…。職人の仕事場を磁場に、人と道具が紡ぎだす濃密な関係を捉えて「手仕事」の意味を問う。 職人のミクロコスモス 村松貞次郎 【図版構成】 居職の道具と仕事場 (文)岡本茂男 岡林金一郎 [斧鍛冶] /畠中勉 [蔦鍛冶] /水野正範 [刀鍛冶] /伊野治一 [研ぎ師] /中屋幸吉 [鋸鍛冶] /横山義雄 [建築金物鍛冶] /赤地友哉 [漆芸家] /西川孫助 [塗師] /千田堅吉[京唐紙] /河内光明 [鍛金] /西山眞直 [切ばめ] /新井行雄 [錐] /鈴木政江 [桶屋] /大野喜義 [下駄] /山本宮次 [鋸...
    引用元: INAX | INAXについて | 文化活動 | INAX出版 | 職人 ...

  • 建設業設計部 - Wikipedia

    「建設業設計部」は、1961年11月号から1962年5月号までに 雑誌 「 新建築 」に連載された「ルポルタージュ・設計組織を探る」で、 建築史家 の 村松貞次郎 (当時 東京大学生産技術研究所 助教授 )によって詳しく取り上げられる。村松はその際に、明日をになう建築家として紹介し、彼らこそ明日の建築界のチャンピオンであるというタイトルの論考で発表する。これによって建築界では論争がおこる。 村松はさらに、設計・施工一貫を推す と主張し、建設会社の設計部が設計するだけでなく、同じ会社の工事部局が建設施工を担当する設計と施工の一貫手段の方が、近代的で良いという見解を示している。
    引用元: 建設業設計部 - Wikipedia

  • エンジニア・アーキテクト - Wikipedia

    そもそもは 村松貞次郎 が自著で幕末から明治初期にかけて、ヨーロッパの 建築家 が来日し活躍する前に、 技術者 の領分で活躍していた建築従事者を指して建築家的技術者(エンジニア・アーキテクト)と紹介している。彼らはヨーロッパの建築家ではなくまたそうした教育を受けておらず今日の目で見ても完全に エンジニア であり、自分が持つエンジニアとしてのキャリアで次々と西洋建築を日本に建てていった。
    引用元: エンジニア・アーキテクト - Wikipedia

村松貞次郎 の相関図を読込中

村松 貞次郎(むらまつ ていじろう、1924年6月30日 - 1997年8月29日)は日本の建築史家。静岡県島田市出身、旧制八高を経て東京大学第二工学部建築学科卒業。1973年、『大工道具の歴史』で毎

スポンサードリンク