村瀬均裁判長の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • 嘘を事実と認定した村瀬均裁判長

    これらの話を総合して考えると村瀬均裁判長はいまの裁判所の中ではそうとう誠 実で信頼のおける裁判官だったことがわかります。それがなぜ変わってしまっ たのか。この事件のバックには,当日卒業式に来賓として参加していた土屋たか ゆき都議が君が代斉唱時,卒業生に起立を命じたがほとんど誰も従わなかったと いう事実があります。それを根に持った土屋都議は生徒の不起立の責任を藤田さ んに負わせようとして都議会でこれを問題にし,それを受けて都教委と学校が警 視庁に被害届けを出したのです。
    引用元: 嘘を事実と認定した村瀬均裁判長

  • http://www.labornetjp.org/news/2006/1149128268930staff01/

    これらの話を総合して考えると村瀬均裁判長はいまの裁判所の中ではそうとう誠 実で信頼のおける裁判官だったことがわかります。それがなぜ変わってしまっ たのか。この事件のバックには、当日卒業式に来賓として参加していた土屋たか ゆき都議が君が代斉唱時、卒業生に起立を命じたがほとんど誰も従わなかったと いう事実があります。それを根に持った土屋都議は生徒の不起立の責任を藤田さ んに負わせようとして都議会でこれを問題にし、それを受けて都教委と学校が警 視庁に被害届けを出したのです。
    引用元: http://www.labornetjp.org/news/2006/1149128268930staff01/

  • http://www.kyuenkai.org/seimei/-2007/seimei-itabasi.htm

     昨日5月30日、東京・板橋高校「威力業務妨害事件」に対して、東京地裁刑事第9部(村瀬均裁判長)は罰金20万円の有罪判決を言い渡した。  この事件は、2004年3月、東京都立板橋高校の卒業式に来賓として参加した同校元教諭・藤田勝久さんが、開式前に保護者席の父母に対して、日の丸・君が代の強制の実態を報道した週刊誌のコピーを配布し、「国歌斉唱のとき教職員は立って歌わなければ処分されます。ご理解願ってできたら着席をお願いします」と静かに訴えた、このことを卒業式を遅らせた威力業務妨害として起訴したものである。  藤田さんと弁護団は、この事件が言論・表現の自由を抑圧し、卒業式でほとんどの生徒が君が代の斉唱の際に起立しなかった「責任」を藤田さんに押し付けた不当なものであること、藤田さんの行為は開会式の20分も前のことであり、ビラ配布は教頭の退去要求以前に終了しており、藤田さんは教頭や校長に退去を言...
    引用元: http://www.kyuenkai.org/seimei/-2007/seimei-itabasi.htm

  • http://kyuenkai.org/shinbun/2006/20060625.htm

     一昨年3月、東京都立板橋高校の卒業式に来賓として参加した同校元教諭・藤田勝久さんが、開式前に父母に対し、国歌斉唱の際に着席をお願いしたことを「威力業務妨害」とされた事件で、東京地裁(村瀬均裁判長)は5月30日、罰金20万円の判決を言い渡しました。  この判決に対し救援会は、31日に山田善二郎会長名で声明を出しました。声明は、裁判所の判断が、事実をゆがめ、憲法で保障された言論の自由に関連して「一定の意思の表明であっても、他人の業務を妨害していいことにはならない」と形式的に判断していることを批判し、「戦争をする国」づくりが進められているもとで、相次いでいる言論活動への弾圧の流れと軌を一にするものであると指摘。さらに、「今回の判決は、東京都教育委員会等による、子どもと教師の内心の自由をおかす日の丸・君が代の強制と、公安警察の言論・表現の自由に対する弾圧を追認したものであり、断じて許すことはで...
    引用元: http://kyuenkai.org/shinbun/2006/20060625.htm

  • http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2005/07/nhk3_2020.html

     番組構成料委託料を詐取したとして、詐欺罪に問われた元NHKチーフプロデューサー磯野克巳被告(48)の公判が29日、東京地裁(村瀬均裁判長)で行われ、2330万円の追起訴分について「間違いありません」と認めた。共犯とされる元企画会社役員久保田芳文被告(53)も認めたが、検察側は磯野被告が「大丈夫だ。ばれっこない」と久保田被告に犯行を促したと説明した。これで磯野被告が詐取したとして起訴された計6230万円分すべてが審理入りし、いずれも認めた。
    引用元: http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2005/07/nhk3_2020.html

  • http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/f-et-tp0-060209-0018.html

    元NHK磯野被告に懲役8年求刑 NHK番組構成委託料詐取事件で詐欺罪に問われた元チーフプロデューサー磯野克巳被告(49)の論告求刑公判が9日、東京地裁(村瀬均裁判長)であり、検察側は懲役8年を求刑した。検察側は元企画会社役員ら4人と共謀した同事件について「愛人との交際費を捻出(ねんしゅつ)するために磯野被告が起こした事件。指導的、中心的な役割を果たした」と指摘した。[2006/2/10/00:05]  最新ニュース 記事バックナンバー  また未成年アイドル…元モー娘が喫煙謹慎 [10日14:00] ポストウッチーに平井理央アナ抜てき [10日11:02] ベルリン映画祭開幕19作品「金熊賞」競う [10日09:25] アンディ一夜限りの日本公演で熱唱 [10日09:16] ケンタロウがメダリストにできたて料理 [10日07:44] 上戸彩、チョコでフィギュア高橋を激励 ...
    引用元: http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/f-et-tp0-060209-0018.html

  • http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2006/05/30194831/

     東京都立板橋高校の卒業式で、出席した保護者らに国歌斉唱時に起立しないように求め、式を妨害したとして、威力業務妨害罪に問われた同校の元教諭・藤田勝久被告(65)の判決が30日、東京地裁であった。  村瀬均裁判長は「被告の行為は厳粛であるべき式典に悪影響を与えるだけでなく、実際に式の進行を一時停滞させ、非難は免れない」と述べ、罰金20万円(求刑・懲役8月)の有罪判決を言い渡した。藤田被告は、即日控訴した。  弁護側は「卒業式を混乱させた事実がない」と無罪を主張したが、判決は「教頭の制止や校長の退場要求に従わずに大声を上げ、開式が2分遅れた」と指摘。その上で、「式の妨害が直接の目的ではなく、式はほぼ支障なく行われた」として、罰金刑を選択した。  判決によると、藤田被告は2002年3月に同校を定年退職。04年3月の卒業式に来賓として出席し、開式直前に保護者らに「国歌斉唱の時は着席をお願いします」...
    引用元: http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2006/05/30194831/

  • http://wind.ap.teacup.com/people/920.html

        世にも不思議な冤罪事件        (「救援」第447号2006,7,10発行より)  2006年5月30日、東京地裁刑事第9部、村瀬均裁判長は、板橋高校卒業式事件の被告に罰金20万円の有罪判決を下した。  この裁判の有罪、無罪はコインの裏表である。  被告が有罪なれば告訴した横山洋吉は救われる。  被告が万一無罪となれば現副知事・横山及び都議・土屋敬之は誣告罪の汚名を着る。土屋を「私の切り込み隊長」と言う知事・石原の責も当然問われることとなる。  地裁のエリート裁判官、次席裁判官・村瀬にとっては否応なしの端からの有罪の認定しか取るべき道はなかったのだと言えよう。  判決文を読み上げる村瀬は自信なくまことに哀れであった。  被害届を出すに当たって何を罪とするかに苦悩した都教委は、警察の指導のもと、被害の内容の欄に「供述調書の通り」と書いた。  誰の何時の供述調書なのか訳の分からぬ...
    引用元: http://wind.ap.teacup.com/people/920.html

  • http://university.main.jp/blog2/archives/cat23/

     昨春の東京都立板橋高校の卒業式で、君が代斉唱の際の起立に反対する発言をして式の開始を遅らせたとして、威力業務妨害罪に問われた元同校勤務の元教諭、藤田勝久被告(64)の初公判が21日、東京地裁(村瀬均裁判長)であった。藤田被告は「刑事法廷の場に立っていることが納得できない」と述べ、起訴自体を違法として公訴棄却を申し立てた。
    引用元: http://university.main.jp/blog2/archives/cat23/

  • http://www.geocities.co.jp/SweetHome-Green/6533/essay/nhkfushoji.html

    東京地裁(村瀬均裁判長)で、NHKの不正支出で詐欺罪に問われた元チーフプロデューサー磯野克巳(48)と、イベント企画会社社長上原久幸(48)の初公判が開かれた。両被告は起訴事実を認めている。
    引用元: http://www.geocities.co.jp/SweetHome-Green/6533/essay/nhkfushoji.html

  • http://university.main.jp/blog3/archives/2006/05/index.html

     東京都立板橋高校の卒業式で、君が代斉唱に反対し保護者に着席を呼びかけ式典を混乱させたとして、威力業務妨害罪に問われた元教諭藤田勝久被告(65)に対する判決公判が三十日、東京地裁であった。村瀬均裁判長は「被告の行為は厳粛であるべき式典に悪影響を与える恐れがあり、実際に式の遂行業務が一時停滞した」として罰金二十万円(求刑懲役八月)を言い渡した。弁護側は即日控訴した。 ……[同ニュース] ■君が代判決:都立高の元教諭に罰金「懲役刑は不相当」 ■元高校教諭に罰金刑、卒業式の君が代斉唱で不起立求め ■君が代反対元教諭に罰金 『式典を停滞させた』
    引用元: http://university.main.jp/blog3/archives/2006/05/index.html

  • http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-04-22/14_01_0.html

     昨年の東京都立高校の卒業式で「君が代」の強制を批判する発言をし、「威力業務妨害」の罪で起訴された元教諭の初公判が二十一日、東京地裁(村瀬均裁判長)で開かれました。弁護側は元教諭の行為は犯罪にあたるものではなく、起訴自体が「日の丸・君が代」強制への批判を抑え込むための違法な言論弾圧だと主張。実質審理に入る前に公訴を棄却するよう求めました。
    引用元: http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-04-22/14_01_0.html

  • http://yaplog.jp/lawyaz-klub/monthly/200605/

     板橋高校の元教諭が卒業式前に、参加した保護者に「君が代」斉唱時に着席するよう呼びかけた行為について業務妨害罪に問われていた裁判で、東京地裁(村瀬均裁判長)は、罰金20万円の不当判決。東京新聞  6/1追記:東京新聞が特報で詳しく報じています。続きを読む… Check 表現の自由 |  URL |  トラックバック(0)
    引用元: http://yaplog.jp/lawyaz-klub/monthly/200605/

  • http://hamoblo.com/ichigojam/index.php?type=4&date=20050606&page=

    元NHKチーフプロデューサー磯野克巳被告(48)=公判中=の番組構成委託料詐取事件で、共犯として詐欺罪に問われたイベント企画会社社長上原久幸被告(49)の論告求刑公判が6日、東京地裁(村瀬均裁判長)であり、検察側は懲役3年を求刑した。 公判はこの日結審。判決は7月6日に言い渡される。 論告で検察側は「磯野被告の地位や権限を悪用した悪質巧妙な犯行。磯野被告に分け前を持ち掛けられ経営資金欲しさなどから加担した。NHKの金を私物化する利己的な犯行」と述べた。 また「NHKの財源は全国の視聴者から徴収する受信料。犯行は国民のNHKへの信頼を損ない多数の受信料不払いにつながった」と指摘した。 http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1198815/detail
    引用元: http://hamoblo.com/ichigojam/index.php?type=4&date=20050606&page=

  • http://d.hatena.ne.jp/antonian/20060601

    東京都立板橋高校の卒業式で、君が代斉唱に反対し保護者に着席を呼びかけ式典を混乱させたとして、威力業務妨害罪に問われた元教諭藤田勝久被告(65)に対する判決公判が三十日、東京地裁であった。村瀬均裁判長は「被告の行為は厳粛であるべき式典に悪影響を与える恐れがあり、実際に式の遂行業務が一時停滞した」として罰金二十万円(求刑懲役八月)を言い渡した。弁護側は即日控訴した。 
    引用元: http://d.hatena.ne.jp/antonian/20060601

  • http://www5f.biglobe.ne.jp/~constanze/nomarin428.html

       東京都立板橋高校の卒業式で、出席した保護者らに国歌斉唱時に起立しないように求め、式を妨害したとして、威力業務妨害罪に問われた同校の元教諭・藤田勝久被告(65)の判決が30日、東京地裁であった。        村瀬均裁判長は「被告の行為は厳粛であるべき式典に悪影響を与えるだけでなく、実際に式の進行を一時停滞させ、非難は免れない」と述べ、罰金20万円(求刑・懲役8月)の有罪判決を言い渡した。藤田被告は、即日控訴した。        弁護側は「卒業式を混乱させた事実がない」と無罪を主張したが、判決は「教頭の制止や校長の退場要求に従わずに大声を上げ、開式が2分遅れた」と指摘。その上で、「式の妨害が直接の目的ではなく、式はほぼ支障なく行われた」として、罰金刑を選択した。       (読売新聞) - 5月30日12時17分更新       本日5月30日、東京地裁第104号法廷は82名...
    引用元: http://www5f.biglobe.ne.jp/~constanze/nomarin428.html

村瀬均裁判長 の相関図を読込中

これらの話を総合して考えると村瀬均裁判長はいまの裁判所の中ではそうとう誠 実で信頼のおける裁判官だったことがわかります。それがなぜ変わってしまっ たのか。この事件のバックには,当日卒業式に来賓として参

スポンサードリンク