松山大耕の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • いざ、京都へ | LCL便り Life Creator ...

    ■ 松山大耕さん/まつやま だいこう 1978年生まれ。東京大学大学院農学生命科学研究科修了。 臨済宗妙心寺派 大本山妙心寺塔頭退蔵院副住職。 外国人への禅指導を自らの英語で取り組まれている。 ********************************************************* □ ご協力のお願い 当日の様子をビデオ撮影,写真撮影等いたします。 後日ワールドコミュニティジャパンのホームページや イベントスタッフによる報告文にて使用する可能性がありますが 予めご了承いただけますと幸いです。
    引用元: いざ、京都へ | LCL便り Life Creator ...

  • LCL便り Life Creator Laboratory BLOG

    ■ 松山大耕さん/まつやま だいこう 1978年生まれ。東京大学大学院農学生命科学研究科修了。 臨済宗妙心寺派 大本山妙心寺塔頭退蔵院副住職。 外国人への禅指導を自らの英語で取り組まれている。 ********************************************************* □ ご協力のお願い 当日の様子をビデオ撮影,写真撮影等いたします。 後日ワールドコミュニティジャパンのホームページや イベントスタッフによる報告文にて使用する可能性がありますが 予めご了承いただけますと幸いです。
    引用元: LCL便り Life Creator Laboratory BLOG

  • 朝坐禅のススメ " 京都朝げいこ|朝からスタート、目覚めるライフ

    松山大耕(妙心寺 退蔵院 副住職) 京都市生まれ。東京大学大学院農学生命科学研究科修了。農学修士。埼玉県平林寺専門道場にて修行。現在、政府観光庁「Visit Japan 大使」として、日本や京都の魅力を広く世界に紹介しています。 関連サイト : http://www.taizoin.com/
    引用元: 朝坐禅のススメ " 京都朝げいこ|朝からスタート、目覚めるライフ

  • 【特集】玉乃光 : nikkansports.com

    松山大耕副住職(30)はこの寺で生まれ、埼玉・新座の平林寺で約3年半修行した。「修行として、精進料理を作ります。 世間が考えるほど特別なものではありません」。なるほど、献立を見ると、「ピリ辛こんにゃく」が目につく。懐石と言うより、定食の小鉢かおつまみといった印象のメニューだ。「当然、お酒も大丈夫ですよ」。そう微笑む副住職を見て緊張が解けた。玉乃光はじめ地元のお酒が名刹でいただける。不思議な気分に浸る。
    引用元: 【特集】玉乃光 : nikkansports.com

  • 担当する僧の紹介 | 京都修学旅行で禅体験

    ◎退蔵院 副住職 松山大耕 退蔵院 副住職 松山 大耕 (まつやま だいこう) 1978年京都市生まれ。東京大学大学院農業生命科学研究科修了。 埼玉県新座市 平林寺専門道場にて修行。 現在、京都国際観光活性化協議会 会員
    引用元: 担当する僧の紹介 | 京都修学旅行で禅体験

  • もくの細道 ~SOMEWHERE ELSE~: 83. 退蔵院方丈襖絵 ...

    以前、友人 勝野大 から紹介された京都のお寺のお坊さん、松山大耕くんから映像制作の依頼を受けました。 大耕は厳しい修行を終え、現在は京都にある妙心寺 退蔵院 の副住職。 あの映画監督マイケルムーアに座禅を指導した事もあるそうで、まさに仏教界の若きホープ! その大耕が新たなチャレンジに挑みます。 それが今年4月から始められた 「 退蔵院方丈襖絵(ふすまえ)プロジェクト 」 。 4 00年前に建てられた重要文化財、退蔵院の襖絵(ふすまえ)を、無名の若いアーティストよって、新たに描くというものです。 「伝統を引き継ぎながら、それに寄りかからず、今を生きる者たちのベストのものを表現していきたい」という大耕の想いから生まれたプロジェクトです。 絵師に選ばれたのは、24才の 村林由貴 ちゃん。現在はお寺に住み込み、修行の日々をおくっています。三年がかりのプロジェクトで、絵を描くのはまだ先なのです。 ガ...
    引用元: もくの細道 ~SOMEWHERE ELSE~: 83. 退蔵院方丈襖絵 ...

  • もくの細道 ~SOMEWHERE ELSE~

    以前、友人 勝野大 から紹介された京都のお寺のお坊さん、松山大耕くんから映像制作の依頼を受けました。 大耕は厳しい修行を終え、現在は京都にある妙心寺 退蔵院 の副住職。 あの映画監督マイケルムーアに座禅を指導した事もあるそうで、まさに仏教界の若きホープ! その大耕が新たなチャレンジに挑みます。 それが今年4月から始められた 「 退蔵院方丈襖絵(ふすまえ)プロジェクト 」 。 4 00年前に建てられた重要文化財、退蔵院の襖絵(ふすまえ)を、無名の若いアーティストよって、新たに描くというものです。 「伝統を引き継ぎながら、それに寄りかからず、今を生きる者たちのベストのものを表現していきたい」という大耕の想いから生まれたプロジェクトです。 絵師に選ばれたのは、24才の 村林由貴 ちゃん。現在はお寺に住み込み、修行の日々をおくっています。三年がかりのプロジェクトで、絵を描くのはまだ先なのです。 ガ...
    引用元: もくの細道 ~SOMEWHERE ELSE~

  • 自分の役割を"育てる"人/退蔵院 副住職 松山大耕さん(上) | 坊主 ...

    松山大耕さんは、20歳になるまで「お寺を継ぐのは絶対に嫌」と思っていたそうだ。でも、いったん「お寺を継ぐ」と決めると、3年半の厳しい修行に打ち込み、修行後は600キロを托鉢しながら京都まで歩いてしまった。今は、大本山妙心寺山内の塔頭の副住職として求められる"役割"を、とらわれることのない自由な発想で捉えながらアイディアを実行に移している。穏やかで明るいお人柄に秘められた、力強い人生の歩みについてすべてお話いただきました(全二回)。 少年時代はやんちゃな"若年寄" 少年時代は境内が遊び場で、塔頭の子供仲間や小学校の友達とお寺の中で野球をしたり、梵鐘を勝手に鳴らして「梵鐘ダッシュ」をして怒られたりしてましたね(笑)。今は境内で遊ぶ子は見かけなくなりましたけど、野球とかしたらいいと思うんですけどね。「梵鐘ダッシュ」なんかしたら、もちろん怒りに行きますけど(笑)。当時好きだったのは、「水戸黄門」「...
    引用元: 自分の役割を"育てる"人/退蔵院 副住職 松山大耕さん(上) | 坊主 ...

  • 鋼の星

    退蔵院の松山大耕副住職 2008-04-19 12:55:56 | Weblog 先日、Y紙の夕刊コラム「お寺を歩く」に知人の大耕さんの消息が出ていたのでした。新座市の平林寺での厳しい修行をおえて、今は京都妙心寺塔頭の「退蔵院」副住職。東大の大学院生の時に私たちの米作りグループ「若水組」に友人たちと何回か加わって、慣れない農作業に汗を流していました。こういう青年たちには見所があるので名前を覚えていたのでした。 このお寺は、かなり由緒があり、狩野正信の庭園・国宝の瓢鮎図で名高い。武蔵もしばしば通ったそうだ。桜どきは、かなり賑わうようなので、来春には若水組の酒米の純米吟醸原酒を下げて訪ねようと今から楽しみにしている。 コメント (0) | トラックバック (0) |
    引用元: 鋼の星

  • 企画イベント案内 | 企画イベント | 会員向けサービス | 社団法人学士会

    演題 「禅とは? 〜臨済宗大本山の和尚が語る禅の本質、禅問答、そして禅文化〜」 講師 臨済宗大本山妙心寺 塔頭退蔵院副住職 松山 大耕(まつやま だいこう)氏 講師略歴 1978年 1997年 2001年 2003年 2007年 2009年 京都市生まれ 私立洛星高等学校卒業 東京大学農学部卒業 東京大学大学院 農学生命科学研究修士課程修了 埼玉県平林寺専門道場入門 臨済宗大本山妙心寺 塔頭退蔵院副住職 政府観光庁 Yokoso! Japan大使に任命 会場 中央電気倶楽部 (講演:513号室/懇親会:317号室) 参加費 3,000円 (講演会・懇親会込) 定員 60名 (先着順。同伴可。定員になり次第締め切らせていただきます。) 申込方法 件名を 「第5回学士会関西茶話会」 とし、下記の必要項目を記載の上、関西学士会中之島オフィス宛に メールまたはFAX にてお申込み...
    引用元: 企画イベント案内 | 企画イベント | 会員向けサービス | 社団法人学士会

  • 【番外編】自分の役割を"育てる"人/退蔵院 副住職 松山大耕さん ...

    【番外編】自分の役割を"育てる"人/退蔵院 副住職 松山大耕さん お気に入り 票 0 票 2009年06月29日 ちょっとお久しぶりの「坊主めくり番外編」です。今回は、妙心寺の塔頭寺院 退蔵院 副住職 松山大耕さんのインタビューを振り返りつつ、yuzukiさんに記事の感想を伺っています。松山さんのスマートでクールな佇まい、そして笑顔とユーモアを絶やさない親しみある雰囲気は、やはり禅僧ならではのものなのでしょうか? お寺の3代目としての可能性とは? yuzukiさんの実感あふれる"メダカ"コメントも興味深い(?)です。 ※番外編では、みなさんの感想などのコメントもお待ちしています。 ( twitterする? ) 今回は、今までで一番若い方でしたので、お話の内容もフレッシュでございました。 そうですね、子どもなら誰もが突いてみたいであろう梵鐘を突いたお話などは、なかなか聞けないお話でし...
    引用元: 【番外編】自分の役割を"育てる"人/退蔵院 副住職 松山大耕さん ...

  • 京都おもしろ宣言−京都新聞

    | バックナンバー▼ | 伝統と革新 観光客に禅体験企画 妙心寺塔頭退蔵院副住職・松山大耕氏 禅の精神をたたえ四季折々の表情を見せる退蔵院・余香苑(京都市右京区花園) 国際観光都市京都の活性化については、いつも何を革新するのかが問われる。しかし、どんな革新にせよ、その土台となる伝統が守られていてこそ可能なのではないか。そのことを、いま退蔵院で進めようとしている「ゼン・エクスペリエンス・ツアー」を例に取り上げ論じてみたい。 私は禅寺の長男として生まれた。禅寺の本山は徹底して伝統と格式が重んじられ、特に妙心寺の気風は敷居が高く、規律も厳格である。当然ながら宗派の組織は秩序立ち、檀信徒の信頼関係も濃(こま)やかで、同時に枯淡を尊び、そのためかえって観光政策に力を入れることは少なかった。境内に象徴的に目につくのは「松」であり、常時緑が生い茂るため、禅の世界では永遠不滅を表している。色鮮やかに変化す...
    引用元: 京都おもしろ宣言−京都新聞

  • おのぞみドットコム - 真剣な会話 - [妙心寺 退蔵院]副住職 松山大耕さん

    おのぞみドットコム > 真剣な会話 > [妙心寺 退蔵院]副住職 松山大耕さん 真剣な会話 臨済宗大本山妙心寺の塔頭(たっちゅう)・退蔵院副住職。現在29歳の松山氏は東京大学大学院を卒業後、24歳で仏門に入った。2006年からは実家・退蔵院で禅体験を外国人に紹介するツアーを企画。持ち前の鋭い考察力と学生時代に各国を旅した経験を活かし、規律の厳しい妙心寺で新しい試みを行っている。 インタビューをしていく中で驚いたのは、松山氏の京都の文化継承・発信に対する使命感。今後間違いなく、京都を牽引する存在となっていくことだろう。 Q. 東大まで出て、お寺を継ぐことに抵抗はなかったですか? 大学受かったときはね、確かに寺を継がなくてもいいのかもなっていう気持ちはありました。私が進んだ文�Uという学部は、官僚や弁護士を目指してる人が多いところなんですよ。だから、入学当初はなんとなく自分もそっ...
    引用元: おのぞみドットコム - 真剣な会話 - [妙心寺 退蔵院]副住職 松山大耕さん

松山大耕 の相関図を読込中

■ 松山大耕さん/まつやま だいこう 1978年生まれ。東京大学大学院農学生命科学研究科修了。 臨済宗妙心寺派 大本山妙心寺塔頭退蔵院副住職。 外国人への禅指導を自らの英語で取り組まれている。 ***

スポンサードリンク