松本英志の相関図 ウェブ上の情報から、スパイシー独自のアルゴリズムで生成しています。

×

プロフィール

  • http://nipponism.net/wordpress/?tag=%E6%9D%BE%E6%9C%AC%E8%8B%B1%E5%BF%97

    意見交換会 議題 「冬場の電力危機を暴く ー 原発なしでも電力は足りる!」平成23年11月30日(文京区民センター) 意見発表:松本英志(元コンピューターエンジニア)  クリック▶▷意見交換会「冬場の電力危機を暴く」PDF全文を見る    【意見骨子】 「電力危機」を述べるならば、電力会社や御用学者の言い分ではなく、客観的事実に基づく数値に依らなければ議論は成立しないし、説得力も持たない。 「発電実績」「許認可最大出力」「設備利用率」の三点を押さえれば、日本の電力事情並びに我が国の発電供給能力が明確に理解できる。 この三点の数値は、電力の行政官庁である経済産業省 資源エネルギー庁の電力統計データにもとづいて算出したものであり、恣意的な見解などを一切排除している。 結論は原子力から火力への全面的な切り替えによる「電力需要の充足」は決して不可能なことではなく、電力政策の切り替えによって可能であ...
    引用元: http://nipponism.net/wordpress/?tag=%E6%9D%BE%E6%9C%AC%E8%8B%B1%E5%BF%97

  • http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51515655.html

    >松本英志さん 本日の街宣もご苦労様でした。いつも有り難うございます。 日本が主権国家ではなく、現代型の植民地状態にあることは仰せの通りでしょう。 その事実を現代日本人が認識していないことも然り。ただ、その事実を端的且つ簡潔に伝えるには、法治国家において法律に基づいて武器の携行が認められ、法に基づいて武器を使用した警察官が逆に罰せられることで、国 社会を成り立たせる根幹が揺るがされていることを伝える手法が有効でしょう。こういう本末転倒な事態を覆すには法に定められた警察官の武器使用をより積極的に行なっていく以外にありません。 脱占領下、脱植民地状態にはまず基本として「排外主義」の台頭は不可欠です。そこからでなければ侵略者 支配者に抗う気概も生まれません。
    引用元: http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51515655.html

  • http://alisonn.blog106.fc2.com/blog-entry-335.html

    【「日本の楽園」】 by 松本英志>自分も同じ立場なら天下りしまくって不労所得をガバガバ稼ぐでしょうけど。 そういう不謹慎な事を言ってはいけません、怒!(笑) まあ、天下り財団の理事長あたりになると、出勤は朝11時頃で、午後4時頃には退社(?)して、といっても仕事らしい仕事もせずに豪華な理事長室でゴルフのクラブを振っているだけだとか、銀座の高給バーに直行、という毎日であるそうな。それで年収数千万円とか。 これはまだバブルが崩壊して間もない頃のハナシですが、ある著名な輸入促進機関(○プ○)に天下りしたある通産(当時)官僚の実態であるそうな。その元官僚にアゴで使われたことのある人から聞いたハナシですから、多分ほんとうのことでしょうね。
    引用元: http://alisonn.blog106.fc2.com/blog-entry-335.html

  • http://www.youtube.com/watch?v=0rzpqXu9UEU

    講師:松本英志(元コンピューターエンジニア) ※問題提起の後、意見交換を行います。  日時:11月30日(水) 18:00開場 18:30開始場所:文京区民センター(3ーD会議室 )説明『西村修平ブログ』http://nipponism.net/wordpress/主権回復を目指す会 http://www.shukenkaifuku.com/※悪意にもとづく動画の転載、紹介などはお断りします
    引用元: http://www.youtube.com/watch?v=0rzpqXu9UEU

  • http://www.ustream.tv/recorded/15282744

     ◆永井清之 八木康洋 松本英志 野村旗守 瀬戸弘幸 西村修平  ◆平成23年6月10日  ◆説明 http://www.shukenkaifuku.com/info/main.htm  ◆説明 http://www.shukenkaifuku.com/KoudouKatudou/Koudoukatsudoukiroku.html  ◆主権回復を目指す会 http://www.shukenkaifuku.com/  ◆主権回復を目指す会 在日特権を許さない市民の会 せと弘幸Blog『日本よ何処へ』  ◆※悪意にもとづく動画の転載、紹介などはお断りします
    引用元: http://www.ustream.tv/recorded/15282744

  • http://www.ustream.tv/recorded/16322497

    西村修平 児島謙剛 松本英志 有門大輔 まきやすとも 平成23年5月29日 説明 http://www.shukenkaifuku.com/info/main.htm 説明 http://www.shukenkaifuku.com/KoudouKatudou/Koudoukatsudoukiroku.html 主権回復を目指す会 http://www.shukenkaifuku.com/ 主権回復を目指す会 政経調査会 NPO外国人犯罪追放運動 ※悪意にもとづく動画の転載、紹介などはお断りします
    引用元: http://www.ustream.tv/recorded/16322497

  • http://hibi-zakkan.sblo.jp/article/57014973.html

    松本英志様わざわざご返事ありがとうございます。その通りでございまして(YouTubeの)、「右」「左」という括りではなく、日本の将来、これからを生きる人、子孫のために活動している人なんだなと思っておりました。私は何もできませんが、昨日生まれた子、今を懸命に生きる子供 学生、明日生まれる子にとって希望が持てる日本にしたいです。そのために官邸デモ他、参加できるときは進んで参加して声を上げて行きます。私にはこれくらいしかできません。Posted by みつ at 2012年07月13日 06:01
    引用元: http://hibi-zakkan.sblo.jp/article/57014973.html

  • http://hibi-zakkan.net/archives/13008294.html

    9. 松本英志 2012年07月13日 04:54 みつさん >あの松本英志さん ? とは、「あの日の丸を持っている」、「いわゆる右派」の松本英志、という意味でしょうか?(^_^) YouTubeですっかりお馴染み、ですからね。 はい、全くそのとおり、なのですが、私は30年前から一貫して「断固反原発」です。 「右から考える脱原発デモ」にも、よく参加しています。 本来ならば、「日本の民族派」こそが、「脱原発」の先頭に立っていなければおかしいのですが (日本の子供たちを守れ、日本の山河を大地を、水を食べ物を守れ、で)、そういう人たちは「右派の中では例外中の例外」で、「右派」の大半が原発推進勢力という全く逆立ちした構図、になっているのが悲しいかな、日本の現実です。 原発を推進してきたのは、国家権力「官僚」と独占資本「電力会社」で、つまり「原発とは権力」です。 野田や仙谷のよう...
    引用元: http://hibi-zakkan.net/archives/13008294.html

  • http://hibi-zakkan.net/archives/13008324.html

    1. 松本英志 2012年07月14日 20:48 全く、日本人の「アホウぶり」いや、「依存根性ぶり」には呆れてしまう! ここまで来ても、まだ、マスゴミなど信用して、マスゴミ情報に頼ろうとしているのか? インターネットがある現在、ちょっと「地震の年表(日本)」を調べてみるだけで、「史上空前の大津波」だの「1000年に一度の大地震」だの、見え透いた大嘘だとすぐにわかる。 明治に、昭和にと、今回を上回るような「三陸大津波」は二度も来ているし、大正時代の関東大震災の死者は実に10万人を超えている。 さらには、「ペリーの黒船」が来航した幕末は巨大地震が毎年のように来襲した時代で、二日続きの安政東海地震 安政東南海地震を含めて一年間に4回も巨大地震に襲われ、その翌年には安政江戸地震で1万人以上もの死者が出る、というような「大地動乱の時代」だったのである。 ところが、「幕末維新」ものドラマは...
    引用元: http://hibi-zakkan.net/archives/13008324.html

  • http://blogs.bizmakoto.jp/kaimai_mizuhiro/entry/3662.html

    松本英志から開米瑞浩への返信 | 2012年5月25日 07:40 | 返信 開米様初めてコメントいたします。確かに「中濃縮プルトニウム」しか生成されない「軽水炉」でのプルトニウム型原爆製造はまず不可能です。 「運転期間を短縮して...」という方法についても、日本の「核武装」を禁じているNPTにもとづくIAEAの監視があるのでまず無理でしょう。しかし、一つ抜け穴があって、それは「軽水炉」と「高速増殖炉」を組み合わせる方法です。これがあの「核燃料サイクル」なわけですね。「核燃料サイクル」とは、原発の「軽水炉」と「再処理工場」と「高速増殖炉」の三点セットです。①六ヶ所村の「再処理工場」で、原発の「軽水炉」で生成された使用済み核燃料から「中濃縮プルトニウム」を取り出す。 ②その「中濃縮プルトニウム」を「ブランケット」を装着した「高速増殖炉」にセットして稼動させると、「超高濃縮プルトニウム」が生...
    引用元: http://blogs.bizmakoto.jp/kaimai_mizuhiro/entry/3662.html

松本英志 の相関図を読込中

意見交換会 議題 「冬場の電力危機を暴く ー 原発なしでも電力は足りる!」平成23年11月30日(文京区民センター) 意見発表:松本英志(元コンピューターエンジニア)  クリック▶▷意見交換会「冬場の

スポンサードリンク